今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

こんばんは。

私は中学・高校時代の6年間柔道部に所属していました。初段、女です。
高校を卒業して11年経つのですが、最近柔道を再開したいと思うようになりました。
高校を卒業してからは、進学先・就職先ともに柔道とは縁がなく、高3夏の最後の大会以来一度も練習をしていません。
また柔道以外の運動もしておらず、体力・技術はかなり低下していると思います。

私は中学から部活動で柔道を始めたため、いわゆる柔道教室や個人が開設している柔道場に通った経験がないので、雰囲気などがつかめません。
再開するのであれば、近隣の柔道場・教室だと思うのですが、どこも基本的には幼~小学生向けで、10年以上ブランクがある大人が通っても大丈夫なのかな~と不安に思います。

長い空白期間の後に柔道を再開した方、大人になってから柔道を始めた方などいらっしゃいますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

近隣の体育館や町道場でやってはいかがでしょうか?



柔道は月謝も安いしオススメです。
またあなたが女性なら歓迎されますよ。
恐らく前半は教える立場になると思います。
子供達と一緒に練習するって楽しいですよ。

後半は大人同士で練習するでしょうが、
柔道って周囲と一緒に練習するからきついですよね。
それも最初のうちです。
周囲についていけなくても誰も怒らないから大丈夫でしょう。
あとはその指導者の人間性ですね。
色々と見てみましょう。

見学は自由ですからね。

この回答への補足

ありがとうございました。
早速この秋から近所の道場で再開することになりました!

補足日時:2012/10/30 16:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徐々に慣れながら、柔道を楽しみたいと思います。

お礼日時:2012/10/30 16:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

柔道」に関するQ&A: 柔道着の洗濯は・・・

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会人でも・・・柔道をやりたい。

私は30代男性です。仕事もしています。結婚はしていません。

題名にもありますが、柔道を本気でしたいのです。

仕事はしていますが、それを投げ打ってでも柔道がしたい。オリンピックに引かれたとか、そうなんじゃないんです。もともと柔道を30過ぎから思いきり練習しようと恥ずかしながら、こんな考え方を持って働いてきた者です。

いざ、30過ぎに計画通り貯めたお金で、よし柔道をやるぞと、柔道を出来る環境を考えると・・・、当たり前?ですが何処にもないんです・・・。
市役所の生涯学習課やら、色んな所へ電話しても何処にもないんです・・・。塾程度や、週3回程度30分間集まって、やれる場所とかありますが、私のイメージとは程遠いのです・・・。
私は仕事を辞めてでも柔道が本気でしたい・・・。
もちろんやれる環境があれば、柔道をしていれば怪我もするでしょうし、仕事をしてれば、少なからず怪我の影響は出るわけで、甘いです、甘いですが、このご時世の中、仕事は間違いなく辞めます、初志貫徹ではないですが、自分のあの当時の気持ちを貫きたい・・・。仕事をしてれば、柔道をする時間も少しは減るわけで、手を抜く事はしたくないんです。働きながら柔道をする事が手を抜く事では、ないです。が、しかし私は柔道へ時間であれ自分の力であれ、出来るだけ全てを捧げたいんです。本気です。柔道が好きで働いてきたと言っても過言では有りません。むしろ、柔道がありキツイ仕事も頑張って来れました。

それこそ年齢制限とかはないわけだし、もちろん無理でしょうけど、出来れば日本代表になりたい、位な気持ちで望みたいんです。もちろん成れるチャンスがあれば、成ります。
その位な所で、柔道がしたいんです・・・。

私は30代男性です。仕事もしています。結婚はしていません。

題名にもありますが、柔道を本気でしたいのです。

仕事はしていますが、それを投げ打ってでも柔道がしたい。オリンピックに引かれたとか、そうなんじゃないんです。もともと柔道を30過ぎから思いきり練習しようと恥ずかしながら、こんな考え方を持って働いてきた者です。

いざ、30過ぎに計画通り貯めたお金で、よし柔道をやるぞと、柔道を出来る環境を考えると・・・、当たり前?ですが何処にもないんです・・・。
市役所の生涯学習課...続きを読む

Aベストアンサー

段位と強さは必ずしもリンクしませんよ。
例えば一線級のオリンピック選手でも、日本だとせいぜい3~4段位です。なかには2段~初段なんちゅうのもあったりします。今回のようなオリンピックや世界大会のあとに、成績によっては特例という訳ではないけど昇段する場合もあるようですが、それでも乱取りなど一部が免除されるだけで、ほかにやることやっとかないといけません。今後、例えば現役を退いて指導者や教育者などになる場合には段位などは大きく関わってきますが・・・関係者の会合に出席する場合、段位で席次の上下が決まったりね。

なんでかっていうと、練習と試合に忙しくて昇段審査を受けている暇がないからです。昇段審査は乱取りの得点ももちろん大事ですが、基本は礼法や型なんですね。どんなに強くても、これができなきゃ話になんない。これを練習しているとぶっちゃけたはなし、試合にはとうてい勝てません。。。あとは経験と年齢、柔道への貢献など様々は要素が複雑に絡み合います。

強さ≠段位です。

んで、遠い?近くに道場がない? ふ~ん。
それ仕事や今の生活投げ打ってでも柔道がしたいのでしょ?
だったら東京にでてくるべきでしょう。
全て自分の都合のよいようにはできませんよ。
どっかで何かしらの犠牲をはらわなきゃ。
それが必ずしも正しい方法とは限らないけど、でもどっかで何かハードルを一つ二つは跳び越え、時には振り払い、押し倒すようなことがないとダメなんぢゃないですか?

これで悩む(躓く)ようなら、今はそういう時期ではないのでしょう。ある意味あなたがやるべきことではないのかもしれません。

段位と強さは必ずしもリンクしませんよ。
例えば一線級のオリンピック選手でも、日本だとせいぜい3~4段位です。なかには2段~初段なんちゅうのもあったりします。今回のようなオリンピックや世界大会のあとに、成績によっては特例という訳ではないけど昇段する場合もあるようですが、それでも乱取りなど一部が免除されるだけで、ほかにやることやっとかないといけません。今後、例えば現役を退いて指導者や教育者などになる場合には段位などは大きく関わってきますが・・・関係者の会合に出席する場合、段位...続きを読む

Q柔道選手の体はなぜあんなにすごいの?

オリンピックを見ていても、柔道選手は特別いい体をしているなとおもうんですが、前にテレビで野村選手が器具を使った筋トレはしたことないって言っていたのですが、どうやってあんな体を作りだしたんでしょうか??
また、普段柔道選手はどういう練習メニューをされているんでしょうか?栄養補給のタイミング等も教えてほしいです。

Aベストアンサー

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自分の身体の移動に加え、相手の身体をコントロールするという性質を持っています。
競技の間ずっと50キロ以上時には100キロ以上の物体(しかも自分の動きに逆らおうとする物体)をコントロールしようとし続けるなんて競技はオリンピック種目の中でも、重量挙げのようなものは別として柔道とレスリング以外にありません。
したがって当然に筋トレ的要素が他の種目に比べ高くなります。

さらに柔道は恒常的に畳に叩きつけられるという要素もあるため、必然的に身体が大きく、というより「分厚く」なる要因が非常に高いのです。(これはやってみると分かりますが、単純に筋トレなどで身体を鍛えていても投げられる耐性はできません)

相手を投げる動作などで「ウォーッ」と力を身体に加える動作を、昔は「気張り」などと呼び、この反復継続が柔道に適した身体を作り上げると言われていました。

そのため必然的に柔道家は分厚く強い体型を備えることになります。

ところで、そのような競技のトップ選手の身体で60キロそこそこの選手というのは、実は男性としてはかなり元の体型が小さな部類に含まれる体型なのです。
つまり背も高くないし、また胸郭や肩幅その他の骨格も元々は比較的キャシャな部類に入る体型なのです。
(余談ですが谷亮子が長く世界のトップに君臨できたのも、女子とはいえ柔道という競技で48キロ以下に体重をセーブするのは、元の身体がかなり小さい=世界、特に欧米の層が極端に薄いという「僥倖」もありました)

ですので60キロそこそこの選手というのは、元の骨組みが小さいところに筋肉がつくので、写真で見るとかなり「いい身体」に見えます。
これはちょうど、さほどたいした運動をしていないジャニーズの男の子や、ウォーターボーイズの男の子とかが痩せているとかなり「いい身体」に見えるのと同じ原理です。

60キロ級の選手はたしかに裸の肉体は見事ですが、実際に向かい合ってみるとその体型は80キロ・100キロ級の選手と比べると、その「圧倒感・存在感」にははるかに及ばないのが実感できます。

ましてや身体を「造形」する専門家であるボディ・ビルダーには、「いい身体」って意味ではとても及びません。
ビルダーがあなたにとって「異様」に見えるのは、おそらくビルダーがコンテスト時に極限まで脂肪を削ってしまうことや、身体に特殊なオイルを塗ったりすることなどの要素から、見慣れていないって原因があると思います。
(もちろん筋力も柔道家ではビルダーに勝てませんが)。

ですので60キロクラスの柔道家が、スポーツ選手の中でも「格別」に思えるのは、あなたの「錯覚」もひとつあります。

(2)とはいえ、同じ60キロ級のスポーツ選手の中でも他の競技に比べ、たしかに「ゴツイ」印象を与えることも事実です。

これはボクシングと比較するとその特異性が際立ちます。
ボクシングと言う競技は、まずバーベルを挙げるような筋力よりも、筋肉をパーンとはじかせるバネのような筋肉特性が求められます。
また柔道に比較すると試合時間が極めて長く、持久力勝負の要素がとても大きいのです。
実際ボクシングはパンチ力なんかよりも、持久力の要素の方が強いくらいで、試合前半の生きの良いパンチではダウンしないのに、後半お互いフラフラになった状態でのパンチでKOが起きるなんてのはこれが理由です。

ボクサーが柔道家のような筋肉を付けたら、とても10ラウンド12ラウンドみたいな長丁場は持ちません。
しかし柔道家は相手の重い体重をコントロールする能力が求められ、かつそれは長くて10分程度の時間です。

そのためかなりゴツイ身体が備わるのです。
さらに軽量級では必然的に体重の減量で脂肪をそぎ落とすので、質問者さんのおっしゃるような「いい身体」が出来るわけです。

さて、ではそのようなゴツイ体型が柔道だけで出来るのかと言えば、たしかに思いっきり食事をして柔道の稽古をオーバーワークにならないレベルでやれば、ある程度は出来ると思います。
何十年も前の柔道選手は、さほど筋トレの知識実践が無くても、そういう体型を作っていた事実がありますから。

しかし現代のオリンピッククラスのトップ選手で、一切筋トレをしないという選手はおそらく居ないと思います。

単純に稽古量がハンパ無いというだけでは、大きな身体は出来ません。
たしかに柔道にはエビや脇締めなど独特な稽古法がありますが、これらは筋肉を大きくするという種類の運動ではありませんし、またそれが素人にとってキツイのは、経験が無いからだけで、一流柔道家にテニスを練習に参加させたらあっと言う間にへばることでしょう。

ちなみに余談ですが、個人的好みとしては、私は一番好きな体型は120キロクラスの格闘家の身体です。
ジュロム・レ・バンナに憧れてます(笑)
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=banner

なにか補足質問があればどうぞ。

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自...続きを読む

Q子どもが柔道を習い始めましたが…

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来てくださっているので、仕方のないことですが、
稽古中、ご自身のお子さん(兄弟さん)や、親しいお子さんの指導に一生懸命で、
うちの子は、時々声をかけてもらえる程度で、熱心に指導してもらえることがほとんどありません。

入門して数ヶ月…週4回、2時間の練習には一度も休まず参加していますが、
初回に礼法や受け身を教わり、2回目に大腰を教わっただけで、
3回目以降は打ち込みや乱取りをするように言われ、当然、毎回やられっぱなしです。

また、練習試合をやる際も、うちの子の相手は、「頑張れ」「技かけろ」と声をかけれもらえますが、
うちの子は応援されることが一度もなく…開始数秒であっけなく投げられて終わりです。


息子には、投げられるのも練習の一つ、まずは受け身を覚えないと!と励まし、
最初の頃は、息子自身も、頑張って投げられ続けていましたが、
最近になって、負けてばかりで悔しい、強くなりたい、と、練習から帰ると1時間ほど泣き叫ぶようになりました。
(週4回なので、なぐさめたり、励ましたりするのも辛くなってきました。)

上級生の動きを見学して、打ち込み乱取りを続けていれば、
特に指導してもらわなくても上達するのであれば、励まして様子を見たいと思いますが、
柔道経験がなく、的確なアドバイスもできませんが、親として何かしてあげられることがあるなら、
家でも練習をさせたいと思っています。

柔道経験のある方、子どもの指導をされている方のご意見を聞かせていただけたら嬉しいです。

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来...続きを読む

Aベストアンサー

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、初心者が短期間で強くなるなんて漫画の
世界だけです。通常の社会人だって、できない事は5W1Hなどをしっかり
考えて対策を考えて行動します。子供にそれを求めるのは難しいかも
しれませんが、どんな世界にだって頭を使う事は求められるのです。
プロ野球の現役最年長である山本昌選手も同じ事を言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=FYEUNzj3o5Q

20年ぐらい前の柔道漫画にだって、柔「道」っていうんだから長い。
完璧な技を持ってる者なんて無に等しい。5-6年の経験を持っていても
それはよちよち歩きを卒業したぐらいだ。みたいな言葉がありました。

個人的印象ですが、習って数ヶ月ですといくつかの技を教えてもらって
その中から得意技を1つか2つ、徹底的に練習して磨き上げ「始める」
時期なのです。全国大会にでる高校生だって、持ち技は驚くほど少ない。
但し、その一つ一つが武器なのです。

「学問に王道無し」と言いますが、柔道も同じです。
俺の親も師範も同じ事を言うでしょうが、俺も同じ言葉を贈ります。
「泣き叫ぶぐらいの時間があれば考えろ。泣き叫ぶだけで強くなる
ならばそうしろ。ありえないけどね」

現状だと、強豪選手の練習相手にしかなりません。サンドバッグですな。
慰めるだけではその繰り返しにしかならないので、その次を導いてあげましょう。
それは柔道未経験の方にでもできます。

最後に、強くなる時期なんて皆バラバラです。
打ち込み(適格な技の反復練習)の強化は継続ですな。立ち技で
勝てなければ寝技もあります。個人的には寝技の強い奴はむちゃくちゃ怖い。
怪我をする事なく楽しんでください。勝つ事のみを求めると歪みますので。

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、...続きを読む

Q柔道の選手が痩せない理由

棟田選手とか柔道家には太っている人が非常に多いですがなぜ毎日ハードな練習をしているのに痩せないのでしょうか?相撲取りは朝食抜きで練習をし昼食を取った後に昼寝をするから太っているのは知っていますが柔道の選手はそのような生活はしてないはずなのになぜでしょう?

Aベストアンサー

他の回答者の皆さんのおっしゃるとおりです。

私もいくつか補足させていただきます。

1.まず幼少時・少年期にスポーツを始める際に、柔道を選択する男子には割合的に他のスポーツにくらべ肥満体型の少年や、身体の大きな傾向の少年が一定数含まれているという要素が大きいです。

脂肪細胞というのは、近年の研究では成長後もいくぶんか数を増やすということが分かってきましたが、それでも基本的には幼少時の栄養状態や遺伝的素養によりある程度決定されると言われています。
そして肥満とはこの脂肪細胞が増えるのではなく、元々持っている各脂肪細胞ひとつひとつが大きくなることを意味します。

つまり柔道を子どもの頃からやっている男児は比較的大食いで、脂肪細胞の数も多く太りやすい体質をもっている人が多いのです。

ご存知のとおり、筋肉を増大する際には充分な負荷過重プラス充分な栄養が必須となります。
そしてその際にはある程度脂肪も増量するのが一般です。
(ボディ・ビルダーなどはこの増量期の後に意識的に減量期を実施し、脂肪をそり落とします)

柔道の選手は元々の増大しやすい体質プラス激しい運動量にともなう多量のカロリー摂取により、身体が大きくなりやすい性質を持っているといえます。

もちろん中量級以下の選手では、試合に向けての減量がなされるのですが、重量級ではその必要が無いため、充分な栄養+激しい運動+元々の体質⇒運動しているのに肥満体型、となるのでしょう。

2.柔道の競技特性と体型については次の質問の、私の回答No6をお読みください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4860274.html

3.なお相撲取りの食事についてですが、多少誤解をお持ちです。

相撲取りは一日2食で太るといわれていますが、実際の相撲取りは2食ではない人の方が多いです。

たしかに朝食を多量にとると充分な稽古が出来ないことや、かつての豊かでない時代に充分に吸収を行いたいという理由などから、伝統的に朝食はとらない風習があり、朝食は食べない力士は今でも多いです。

しかし近年は空腹状態からの激しい運動&その後の多大なカロリー摂取は血糖値の急激な落下上昇を招くという危険から、朝稽古前に軽く腹に入れるという部屋もあると聞きます。

そしてなにより、力士はその後昼と夜の2食しか食べないわけでなく、一般的に間食や夜食を充分に食べるのが普通です。

ですから力士が太るのは2食だからではなく、あくまでも通常人の数倍のカロリーを摂取するからであると考えるべきです。

ちなみにここ20年くらいには力士の筋トレ採用がかなり一般化しているので、夜などに充分な筋トレをしてその後たっぷりと夜食をとるという力士は沢山いると聞きます。

特に太れなくて悩んだ寺尾(現・錣山親方)のようないわゆる「ソップ型」の力士などは、寝る前に夜食を一生懸命食べるのに苦しんだなんて逸話は沢山あります。

他の回答者の皆さんのおっしゃるとおりです。

私もいくつか補足させていただきます。

1.まず幼少時・少年期にスポーツを始める際に、柔道を選択する男子には割合的に他のスポーツにくらべ肥満体型の少年や、身体の大きな傾向の少年が一定数含まれているという要素が大きいです。

脂肪細胞というのは、近年の研究では成長後もいくぶんか数を増やすということが分かってきましたが、それでも基本的には幼少時の栄養状態や遺伝的素養によりある程度決定されると言われています。
そして肥満とはこの脂肪...続きを読む


人気Q&Aランキング