忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

30代女性です。
恵まれた環境の女性を妬んでいます。
詳しくは書けません。
生まれながらに持った恵まれた環境が、その後の人生をも穏やかに恵まれたものにしており、その恵まれた生まれと環境に助けられ、いつも幸せに穏やかにし、そしてその周りの人間もが、彼女には穏便でなんでも許してしまいたくなるという、その女性を妬んでいるんです。
私と真逆の環境だからです。

人は人。自分は自分の幸せがある。自分が大人げない。いろいろ考えていますが、どうしてもその女性にイライラする自分がいます。正直にいえば、甘ったれて、イライラしてしまいます。そう思う自分も情けないとは思います。
こおいう時に、こおいう考え方をしたほうがいい、こおいう風にとらえてはどうか?
というようなアドバイスなど教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

私は、こういう風に考えます。


どんな金持ちも、どんな美女も、必ず変化して、最後は誰でも間違いなく死ぬと。
豪華で華やかに見えても、それがずーと続くってありえないしネ。

と言いながら、目の前に、自分の状況より恵まれてる人がいると、面白くないのは
これ、人間の自然な姿です。
生まれつきの美女は、当然全てにおいて得します。
生まれつき金持ちも同じ。

でも、その金は、自分のモノじゃないから、全く関係ないです。

目の前に居るから目に付くだけで、みんなが自分と同じ感じか、または下なら
ジェラシー無い訳です。

でも何よりも「自分の存在が一番」に気がつけば、人がどうだろうと関係ないです。
それと、例えば、弁護士とか医者とか、世界的ピアニスト、バレーりナーとか
セレブの人々は、凄い努力してると思います。

普通に暮らしてては、彼らにはなれません。
遊ぶ時間もなく死ぬほど勉強し、死ぬほどレッスンして、手に入れてるもんです。

それと、うちの近くにはいい家が多いですが、そこには大抵、窮屈な姑が居たり自由がありません。
表面から見えない「マイナス」が、必ず人にはあります。
完全完璧隙間なく100%永遠に幸せな人間なんて、絶対にいません。
私は、その人の表面より、裏を見ます。

それとこれ、私の個人的感想ですが、タレントの「神○うの」って居ますよネ。
金が余ってて、何回も結婚式あげるのが趣味らいし彼女。
彼女の結婚相手は、パチンコ業界の金持ちでしょ。
パチンコって、ある意味、悪徳だなと思うので、全然、ブランドじゃないなと私は考えるのです。
そういうふうに、自分独特の「モノの見方」をして行くことによって
ただ「羨ましい」とは、ならないんですよ。

「こおいう時に、こおいう考え方をしたほうがいい、こおいう風にとらえてはどうか?」
「なんかあるだろ?」と、裏を見るのです。

贅沢しすぎて早死したり、金持ちだけど、息子がヤク中だったり、美人の有名人だって
自殺するんです。
複雑怪奇なのが人間。

あなたはあなたの精神を強くして、自分の良い点をたくさん見つければいいんです。

天上天下唯我独尊です。
自分を尊重するのです。
人なんか、どうでもいいんです。

で、ムカツク時は「ふ~ん。そう」と軽くスルーするだけ。
だって、あなたの問題じゃないから。
世界の人口、70億人ぐらい?
日本は1億2000万人ぐらいでしょ。

その中の、たったひとりの目の前の人間なんか、問題視しない事です。
あなたの目線を違う方向に意識向けたらいいんじゃないかな。
意識は、自分だけに向けたら?
発見あるかも。
    • good
    • 53
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても人間味のある回答で、しっくりと受け入れることができました。
私は、生まれながらのどうにもならない不平等を妬んでるんです。女が女を。これは、きれいごとではなかなか処理できないんです。
表面から見えない「マイナス部分」や「裏」、確かにこおいうことを考えて、人は納得して生きているのかもしれませんね。「自分独特のモノの見方」これいいですね。すごく受け入れやすいものです。「なんかあるだろ?」と、裏を見る。素敵です!chandinkoさんは、色んな経験をされているように感じました。

人を妬んでるときって、その相手しか見えていないのかもしれません。何十億の人間がいるうちの、ただ一人って考えると、ものすご~~~く、考えるのがばかばかしくなってきました。自分だけに意識を向ける。これが大事ですね。

お礼日時:2012/08/22 14:00

私が30年近く勤務していた職場にも、人から妬まれやすい同僚が、各部署に一人はいたように覚えています。


彼女らの特徴
「天真爛漫、無邪気に人の善意を信じて疑わない」
彼女らは他人に寛大で、人助けも惜しみなく出来る。
しかし一方では、他人の好意や善意によって身を持たせようとしている節が垣間見れるのです。
そのことに本人は気付いていません。
無意識の内に相手にも同じことを要求しているので、反感を買ってしまうのです。
若い間はそれでもいいでしょうが、いくつになってもこのままではイタイ大人です。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます。
僻まれる側についてのご意見参考になりました。
確かに「僻まれやすい人」が存在しますよね。そんな天使のような、おりこうな自分が大好きな人。私がキライなのもそんな人かもしれません。ものすごく的確は表現に、ずいぶんすっきりしました。私もこのような「イタイ人」とは関わりたくありません。

お礼日時:2012/08/22 13:46

何となく分かります。


私も似たような環境で成長しました。
幼なじみの同級生なんですが、明るくて可愛くてお金持ちで頭もいい。
だから男の子にはとてもモテました。
対照的に私はいいところ無しでしたが、成績では負けなかったので、ある意味いいライバルでした。

高校生くらいのときかな?家が徒歩1分くらいの近所だから仲良くしてもらってたんですが、いつもこういう私と付き合ってくれるのは、私がこの子の引き立て役になってるから?とか思うようになりました。
彼女は天真爛漫ではあったので、そういう考えなんて持たなかったのかも知れませんが、そう思わせる私の心に悪魔がいたのかもです。

彼女はよく言ってました。「女は愛嬌だ」と。
成人になっても時々思い出します。
ブスでも性格ブスにはなりたくないな、って。
確かに愛嬌のある人は、顔はいまいちでも人が寄って来るんですものね。

彼女は医者と結婚しました。
可愛い娘2人を出産しました。
でもいつしか音信不通というか、年賀状も来なくなりました。
噂では膠原病になったとか・・・・
幸せそうに見えて、実は厳しかったりするものです。

成功している人は運もあるでしょうけど、必ず努力がいるものです。
生まれもった才能を伸ばしていくのにも、隠れた努力がいるのです。
凡人は凡人並みの努力しかやってないから凡人で生きていくしかないのです。

私は育児で精神的にも肉体的にもボロボロだった頃、以前は夜にやっていた「オーラの泉」の美輪明宏の言葉に救われた気がしました。
「宿命(自分の生涯)は変えられないけど、運命は人生の青写真みたいなもので、自分で設計変更出来る」っていう内容だったかな?

私は落ち込んだ時には、一旦ゴンと沈むだけ沈みますが、浮上したらプラス思考に切り替わります。
同じ人生を生きるのだったら、楽しく生きた方がいいじゃない?っていう考え方。
勿論、落ち込むときには最低最悪のことばかりイジイジ考え続けますけど、2~3日くらいで立ち直りますかね。

物は見方に寄りけりなんですよ。
あの有名なピカソは物を普通に観なかったんです。
コーヒーカップとソーサーの絵を画くときって、大体普通は横から画きますよね。
でも彼は真下(〇だけ)とか真上(二重丸に取って付き)の物を画いたんです。
人は見方によって変わるものかも知れないです。

あとスピリチュアルなものの影響とか?
私は殆ど占いとかも信じないし(でも自分でやるタロットは妙に当たるんで、怖いんで5年に1回くらいやる程度)でももしかしたら、そういうマイナスの世界に引き込ませる何かがあるのかも知れないです。
私は自分の性格上、先日はちょっと危なかった(これが憑依か!?って思わせる現象が起こったんで)初めて自分のお祓いに行ったくらいですが、自分をしっかり持っている人には憑依しない、とか聞くんで、一回そっちの方も見て頂いたらどうでしょう?
まあ、変な霊感商法にだけは捕まらないように、と思いますが・・・
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何度も読みました。生まれながらの恵まれた環境にプラスして、努力や苦労があったのかもしれませんね。楽に何もせずに手に入れたような、そんな風に思っていました。

本当に、見方によりけりなんですね。ピカソのお話を聞いてそう思いました。私は、ほんの一部をみて、さもや全体を知っているような錯覚にとらわれていたことに気がつきました。まさに、何かにとらわれていたのかもしれません。「マイナスの世界に引き込ませる何か」根底に何か奥深いものがあるのかもしれませんね。
やっぱり「自分をしっかり持っている」これが大事ですね。ありがとうございます。
どうせなら、一回の人生、楽しく生きるようにします。

お礼日時:2012/08/20 21:48

ただ一つ言えることは、


私たちは他人の人生について、多くの場合憶測でしか知らないということです。
つまり人の人生の底を流れているものがどういうものであるかを、
私たちはほとんど知らないのです。
彼女が今回の人生で物質的に、愛情的に恵まれていることが、
前回の人生において、貧困と暴力の遺棄のなかで苦悩のうちに死に、
魂に負った深い傷を癒されて、再び転生を始める気力を取り戻し、
そのような彼女のために準備されたのが、今回の人生であるかもしれないのです。
またある人は、
貧しさにあえぎ、常に金銭の欠乏に追いまくられる今回の人生であることが、
前回の人生が物質的な豊かさに恵まれたことで贅沢と放蕩を尽くし、
その結果今回の人生が、
貧しさと欠乏を体験するために準備された人生であるかもしれないのです。
私たちの誰もが、このような秘められたドラマの下に人生を展開しています。
誰の人生にも「光と影」があり、
光だけの人生がないように、影だけの人生というものもありません。
あなたが彼女に見るものが光の部分だけのように見えるならば、
必ず、彼女の人生にも間違いなく影の部分があります。
そして多くの場合、その影の部分を他人が知ることはありません。
ですから自分と他人の運命を比較することに意味がないばかりか、
羨んだり、嫉妬したりする理由も必要もないのです。
今回の人生だけ、という短いスパンで考えると、
人生は生まれたときから不公平に満ちているように見えるものですが、
繰り返される転生というスパンで見るとき、その帳尻は合っているのです。
ですから、羨ましいとか妬ましいと思いそうになったら、
その人は「今それを体験する必要があってそれを受け取っている」
というように解釈し、「自分の知らない理由がある」と考えるとよいと
思います。
また「自分の与えたものが受け取るもの」という宇宙の法則からすると、
あなたが他人に多くの愛を与えると、回りまわって、
あなたも多くの愛を受け取ることになります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
読んでいて鳥肌がたちました。
「光と影」。これは分かりやすいですね。誰の人生であれ、どちらも存在し、そして人の目に入りやすいのは他人の光だけ場合がほとんどでしょうね。私自身も、よほどの間柄でない限り、影の部分は見せていないと思います。確かに、そう考えると比較することに意味を感じなくなります。

「今それを体験する必要があってそれを受け取っている」というのは、これまでに思いもよらない考えで、すごいと思います。その逆の体験をどこかでか、前世でかで経験しているのだろうと考えると、トントンになるように思えます。

「自分の与えたものが受け取るもの」これを忘れないようにします。

お礼日時:2012/08/20 21:36

わかります。

本当に、いけないこと、どうしようもないことと思っても、嫉妬してしまうこと
がありますよね。
特に、生まれた家が金持ちか貧乏かとか、親や愛情あふれる親か、子供を子供とも思わないような虐待を
平気で行うような親かどうかとか・・・。
自分ではどうしようもない部分が、将来まで左右することについて、嫉妬するのは
自然なことです。

このことばかり考えていると、本当に自分のためにならないので、私はなるだけ考えないように
しています。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。
分かっていただけて嬉しいです。
色々言っても、どうにもならない部分が、一生を左右すると思います。
自分の生まれを選択できないのが、子供の最大の不幸だと思っています。
私もあまり考えないように努力します。

お礼日時:2012/08/20 21:26

確かに僕も若いときはそう思いました。


人は不公平だとね。

個人的な話で恐縮ですが、僕には身体の不自由な妹がおります。
病気で車椅子です。
そういう妹がいるので、不幸とか幸福とか、そんなものは全くただの運程度にしか思えないのです。
妹は病気で歩けない。
何も悪いことをしてないのに、です。

だけど妹は僕が思うほど、不幸ではないのでしょうとも思います。

>生まれながらに持った恵まれた環境が、その後の人生をも穏やかに恵まれたものにして
そうかもしれません。
しかし、momoxyzさんはこの女性の不幸や大変さを本当の意味では理解できないのです。
あるかもしれない不幸を感じることが出来ない。
心穏やかな環境があってもいつも眉間に皺を寄せている人もいるでしょう?
それは彼女の性分なのです。

僕が妹を不幸と思うけど妹はさほど思わないようにです。
僕が妹なら自殺してます、そのくらい大変そうです。
だけど妹は笑っているし、生きています。
僕が妹を理解できないように、momoxyzさんもその方を人生を理解できない。
そう思えば、ただただ、闇雲に相手を羨ましがることもないでしょう?
僕はそう思って生きていますよ。

追伸
>こおいう時に、こおいう考え方をしたほうがいい、こおいう風にとらえてはどうか?
日本語で書く時は「こういう時に」と書きます。
こ【お】いうというのは間違ってますよ。
発音ではそうですが、書く時は気をつけましょう。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。人の人生なんて理解できないですよね。穏やかでない人生であっても、幸せそうにしている人もいますし、その逆もいますし。それに穏やかかどうかは、私がみて思うことと、本人が感じていることはぜんぜん違うかもしれませんね。
不平等だらけの世の中で、なにが恵まれてるとされてるのかさえ、考え方によって違いますしね。
妹さんのお話、ありがとうございます。幸せそうな妹さんと、優しいお兄さんを想像しました。追伸、ありがとうございます。気をつけますね。

お礼日時:2012/08/20 21:21

質問者様は今までに自分に与えられた力を振り絞って自分の抱く夢や目標に努力された事がありますか?


恵まれた環境に生を受けた者は、やはりその方の先代の努力により成し得たものですから比較すべきものではないですよね。
病気で生きたくても生きられない人達からすれば質問者様はどうでしょう。
人を花に例えた場合、全ての人間が同じ花では無いはず、早咲きで脚光を浴びる人もいれば遅咲きで輝く人もいる。まだまだ30代で若いのなら目先の小さな事に捕らわれず、もっと視野を広げて たった一度の人生を笑えるように謳歌してください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
花の例えは分かりやすいですね。
人は人、自分は自分、と考えるより、花の一生で考えると何だか柔軟に考えれそうです。

お礼日時:2012/08/20 20:04

わかってないとしたら恥を重ねることになるので指摘するけど、「こおいう」なんて書くと知能が低く思われてしまいがちだから気をつける。

基礎国語だし、わかってやってるとしたら「そおいう」レベルの人脈に囲まれているから平気で使ってしまうわけで、「そおいう」人は恵まれた環境にそぐわない、と思われても仕方ないよ。

あと暇なせいもあるんじゃない。少しでも這い上がるために何をするという意識が少ない。ろくでもない考えばかりしていると、そろそろ「環境のせいでなくて本人の資質」と断定される年代だよ。(っていうか既になっているんだけど・・・)
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご指摘ありがとうございました。もっともだなと思いました。
這い上がるために何かをするという意識、ですね。心がけたいと思います。

お礼日時:2012/08/20 20:02

芸能人がまさにそれだと思います


綺麗だったりお金持ちだったり人気者で・・・

さらに一般人は、その自分より綺麗でお金持ちで幸せそうな人を見るために
お金を出して見に行き、応援する・・・

自分には理解できないと思っていたのですが
好きなバンドができてライブに行ってしまいました・・・
元気をもらって帰ってきました

見ていて自分もあんな輝きたいななんて少し思ったけど
歌が下手だ・・・見た目も・・・

人間はやっぱり外から見て価値観があり
差別や不平等なのです

自分はテレビでドキュメンタリーをよく見ます
自分よりも大変な人はたくさんいるんだと気づかされます

日本のテレビは華やかで幸せそうなものばかりやっています
現実はというとそうではありません

よく日本の平均年収が500万前後というのを目にしますが
正しいのかもしれませんが現実には200万~300万の人が
一番多いのではないでしょうか
なので年収300万だったとしたら自分は他より貧乏なんだと
思ってしまうかもしれません

女性が理想の結婚相手に上げるものの1つに
年収1000万というのがよくあります
自分はそれを聞くと「あぁ自分は結婚してはいけないんだ」なんて
思った時期もあります
しかし、データによると30代くらいまでで1000万稼ぐ人なんて
そんなにいないと言ってました
40代以上の人との結婚なら少し多いかもですが

現実を違う目線で見ると違うものが見えてくるのです・・・

ちょっと的外れだったらすいません
自分をしっかり持っていれば意外と周りが気にならなくなります
自分は世間知らずだったので昔は流されて生きていて
何であの人は上手くいって自分は上手くいかないんだろうって
常に思っていました
自分を理解することで、自分の本当に好きなもの好きなこと嫌いなもの嫌いなこと
自分の能力、自分のだめなとこ、いいとこなどがわかれば
生活を無理をしないようになれたように思います
頑張ってもほめてもらえないのであればがんばらない
真面目にやっても疲れるだけならテキトーにやる
何でも完璧に上手くやるなんて無理という考え方で
全てが丸くは収まらないというような
そこを理解できるようになりました

支離滅裂ですが
話しをきちんと聞いてくれる人がいるといいです
そういう人を探してみるのもいいと思います

わかりずらい長文ごめんなさい
微力ながら応援してます
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は「自分をしっかり持っていれば意外と周りが気にならなくなります」この言葉に、目が覚めたような感じがしました。
そうなんですよね。何か今の自分が不安定で、自分がないというのか、。。
だから周りが気になる。しかも楽しているのが面白くないという。。。
自分をしっかりと持つために、今の自分を振り返ってみます。

お礼日時:2012/08/20 19:58

 ごめんなさい。


 私は、いつも、「病(やまい)は、気から」という言葉を教訓
にしています。
 人は、信じる事が、生きる気力をつくる事につながるのだ
と思います・・・。
 楽天的に!!ですね・・・。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。心の病だと思います。
そしてそれを引き起こしているのも自分、どんどん悪化させてるのも自分。
そうですね。楽天的に!! ですね。
参考になりました。

お礼日時:2012/08/20 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恵まれた人と、恵まれない人。

恵まれた人と、恵まれない人。

綺麗事抜きで聞いてください。

いわゆる「運が良い」というか、恵まれた人生を歩んでいる人っていますよね。逆に、光と影のように、そういう光のような人がいるってことは、影のように、あまり恵まれない人もいますよね。

これって否定できない事実です。

そりゃ、生きていれば、誰にだって良いこと、悪いことはあるでしょう。それでも、やっぱり「恵まれた人」「恵まれない人」ってあると思うんです。

どうしてなんでしょうか。どうしてみんな平等じゃないんですか。理不尽なんですか?
前世でよっぽど悪いことしたんでしょうか?

恵まれた人は、良いですけど、恵まれなかった人は人生辛すぎます。

ごちゃごちゃ言いましたが、私が聞きたいのは、どうして「恵まれた人」と「恵まれない人」という差が、人間には存在するのかということです。

神様しか答えを知らないと思いますが、皆様のご賢明な意見をお聞きしたいです。

イケメン(美人)でお金持ち、病気もせずに楽しい毎日の人がいる一方で、すべてにおいてその逆のような人もいる。こんな仕打ちに我慢できません。

よく「神様は乗り越えられる苦労しか与えない」とか言いますけど、ふざけるな!って話です。それだったら私は、ひ弱で我慢など一切できない、弱虫の人に生まれたかったです。そしたら、乗り越えられる試練もたかがしれてますからね。

恵まれた人と、恵まれない人。

綺麗事抜きで聞いてください。

いわゆる「運が良い」というか、恵まれた人生を歩んでいる人っていますよね。逆に、光と影のように、そういう光のような人がいるってことは、影のように、あまり恵まれない人もいますよね。

これって否定できない事実です。

そりゃ、生きていれば、誰にだって良いこと、悪いことはあるでしょう。それでも、やっぱり「恵まれた人」「恵まれない人」ってあると思うんです。

どうしてなんでしょうか。どうしてみんな平等じゃないんですか...続きを読む

Aベストアンサー

考え方にもよるけど、進化のためかもしれない。

遺伝子が異なるのは、進化のためであって、ずっと同じ遺伝子でいたなら進化は無くなる。
要するに、最初の生命は進化することの変わりに不平等を生んだのかも知れない。

なので、科学的見地からは、違いがあるのは仕方ないこと。
宗教的な見地からはどうだか知らない。

あなたは自分を含め、不平等な社会を変えようとしたことはありますか?
私は思ったことはあっても行動しないし、多分あなたもしていない。
つまり、人間はみんなの平等よりも、自分の幸福を選ぶということです。
なので、社会的な見地からいけば、不平等さは今後も残るものと言えます。

法律も、平等になる権利はくれますが、平等な環境を最初から準備すると言うことはしていません。


さて、スタートラインはどうあれ、私は幸せになりたいです。
不公平だと文句を言って「そうだね」と言われるよりも、
不公平なりにもがいて楽しみたいと思います。

そう思える時点で恵まれてると言うのも分かってますけど、
それでもそうやって行くしかないのだと思います。

個人的には、人間の価値は、スタートからどれだけ伸びたのか、だと思っています。
世襲政治家とかはマイナスもいい所だなと思います。
環境に問題がありつつも努力してる人は応援したいと思ってます。
それはあくまで好みの問題です。

考え方にもよるけど、進化のためかもしれない。

遺伝子が異なるのは、進化のためであって、ずっと同じ遺伝子でいたなら進化は無くなる。
要するに、最初の生命は進化することの変わりに不平等を生んだのかも知れない。

なので、科学的見地からは、違いがあるのは仕方ないこと。
宗教的な見地からはどうだか知らない。

あなたは自分を含め、不平等な社会を変えようとしたことはありますか?
私は思ったことはあっても行動しないし、多分あなたもしていない。
つまり、人間はみんなの平等よりも、自分の幸福を選...続きを読む

Q幸せな人をみると「死ねばいいのに」と思う

今まで散々悪いことしてきました。
12歳の頃に離婚して母方へ。
そこで母の男、学校で虐待の日々。
居場所も無くこの世を怨む日々。
唯一の憧れで癒しだった初恋の人。
その人の前で気絶するほど恥ずかしいことを虐げられてから
性癖も変態になったとおもう。
その頃の荒んだ心のまま世の中に唾を吐きながらオッサンになった。
友達も彼女も作らないで休日は魚釣。
魚だけは相手にしてくれたから。
あと2ちゃんみたいな便所の落書きみたいなサイト。
上に悪いことって書いてますが目に見える悪いことではないんです。
ココには書けない陰湿な変態行為です。
いい行い(仕事やその他)をして実は凄く陰湿な変態行為にエクスタシーを感じ
それの為に仕事やボランティアをしてきました。
そうやって自分なりにこの世に仕返しをしてきたのです。
ニコニコしながら心の中は(死ね)と刃を持っていました。
生活全てにそんな感じを抱いてました。
人類滅亡が夢でした。若い女が惨殺されるニュースを凄く快感に感じてました。
人の不幸が大好きでした。人の幸せが大嫌いでした。
そして何も得ず何も幸をも感じず愛も知らず空白の30年が過ぎ
今生きています。今になって物凄く空しいです。
結婚したい、愛を感じたいと思うけど今までの
捻くれた感情が邪魔をします。人を好きになりたいけど難しいです。
「人類は増え過ぎて不要。人が大嫌い」
という感情が全然消えません。今は変態行為を辞めてます。
猛烈にしたい衝動が襲いますがなんとか我慢してます。
しかし人嫌いがなかなか治りません。
困っている人を助けるのは好きです。医療の仕事をしていますが苦しみからの解放へ向けて
一生懸命やっています。ところが仲間や彼女や家族と
幸せそうな人をみると腹が立つというか妬んでしまうのです。
自分が幸せだったり余裕があれば心のゆとりが出来るのでしょうがなかなか出来ません。
腐った心を改善したい。何かいい方法はないでしょうか?

今まで散々悪いことしてきました。
12歳の頃に離婚して母方へ。
そこで母の男、学校で虐待の日々。
居場所も無くこの世を怨む日々。
唯一の憧れで癒しだった初恋の人。
その人の前で気絶するほど恥ずかしいことを虐げられてから
性癖も変態になったとおもう。
その頃の荒んだ心のまま世の中に唾を吐きながらオッサンになった。
友達も彼女も作らないで休日は魚釣。
魚だけは相手にしてくれたから。
あと2ちゃんみたいな便所の落書きみたいなサイト。
上に悪いことって書いてますが目に見える悪いこ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんは、生への執着が強いのでしょうね。

「人を妬む・恨む」と言うコトは、まだ人生に対して、欲や色気とか、あるいは未練があるからです。
その先は、妬む・恨むなどと言う感情も無くなりますから。
諦めとか絶望とかに支配され・・・最後は自死などを選択することになります。

しかし質問者さんの場合は、「死ねばいい」など、攻撃性や排他性に転換していますので、他人の命より自分の命を優先する傾向で、言い換えたら、かなり自己愛が強いワケです。

こんな書き方をすると、質問者さんは自己愛の権化みたいですが、自死を選択するなどに比べたら、はるかに「健全」で、「普通」「一般的」ですよ。

また、虐められた不幸な過去などの影響からか、ご自身に対しては、かなり卑下しておられる部分がある様ですが、そういう部分を拭いされば、恐らく現在のご自身の立場などには、それなりに満足や納得が出来る部分があるのでは無いですか?

「人の不幸が大好き」などと言うのも、「他人の不幸は蜜の味」なんて言う言葉があるくらいだし。
決して健全などとは言えませんが、しかし私などでも、正直なところは、富裕者の事件などは「ザマアミロ」などと思ってしまいます。
少なくとも異常とは言えず、これも普通とか一般的な感覚に含まれる範疇では?と思います。

「若い女が惨殺されるニュースを凄く快感に感じる」などは、一種の性癖ですが、性癖も「男女合意であれば変態とは言えない」と言う説もあり、また「内心で感じる」範囲では、日常生活には影響は及ぼしません。
社会から変態と認識されるかどうかは、内心でどう感じるか?では無く、理性で制御が可能か?と言う部分のみで判断されます。
質問者さんが性癖を広言して回るなら別ですが、心の中で快感を感じている範囲においては、誰も質問者さんのコトを変態などとは認定しませんし、認定など出来ません。

もし私が質問者さんとごこかで接触すれば、恐らくは「普通の人」と感じるでしょう。
従い、「腐った心」は、質問者さんの内の世界にとどめておけば、別に改善する必要も無いですよ。
違う言い方をしますと、私の内心・内面をありのまま吐露しても、質問者さんら第三者には「腐った心」と言うことです。

質問者さんは、自分の劣情や俗悪な感情を「悪いもの」と考え過ぎなだけかと思います。
人は人を妬んだり恨んでも「構わない」のです。
それはありのままを受け入れて、その上で、理性を働かせ、自分の劣情などは抑え込み、社会の一員として、他人の目に映る「言動」部分には、劣悪部分は反映させなければ良いだけですよ。
社会が認知する「悪」などは、劣悪な本性のまま、「行動」や「発言」を行うことですから。

それと自分を自分だけで判断なさらないコトですよ。
他人の目に映っている質問者さんが、どの様なモノか?を、少し意識してみて下さい。
それほど悪く映っていないと思います。
ソチラが社会が認識する質問者さんであって、質問者さんの内面など、誰も知りませんし、コチラは「質問者さんだけの社会」で、他人は立入禁止区域です。
その世界では、悪質であっても劣情の塊であっても、「自由」です。

その自由であるべき部分を、現実社会での足かせにしてしまっているから、質問者さんは不自由なんだと思いますよ。
心を開くのは、一部の親密な関係の人に対してだけであり、また心の全てを開く必要もありませんし、開くべきでもありません。

たとえどんなに親密な関係であっても、仮に心を全て開いて、即ち欲望のまま行動すれば・・・
人間同士など、かなりの確率で、「殺し合い」などになってしまうのではないか?と思いますよ。
仮に理性や知性が全くなければ、目の前にいる人間など、肉の塊に過ぎず、食欲の対象(食糧)とか、あるいは異性間だと、性欲の対象ですので。

同種や家族などを食糧の対象とは見ないのが、本能や知性や理性であり、その理性が必要なのは、実際の行動のみです。
心の中では、「食べちゃいたい」などと感じるのは、「普通」ですよ。

質問者さんは、生への執着が強いのでしょうね。

「人を妬む・恨む」と言うコトは、まだ人生に対して、欲や色気とか、あるいは未練があるからです。
その先は、妬む・恨むなどと言う感情も無くなりますから。
諦めとか絶望とかに支配され・・・最後は自死などを選択することになります。

しかし質問者さんの場合は、「死ねばいい」など、攻撃性や排他性に転換していますので、他人の命より自分の命を優先する傾向で、言い換えたら、かなり自己愛が強いワケです。

こんな書き方をすると、質問者さんは自己愛の権...続きを読む

Q育った環境の違いによるひがみ

自分の卑屈さに悩みます。

わたしは育った環境が劣悪だったのと親にロクな扱いを受けずに来たのでだいぶ人と違ってゆがんだ性格をしています。

わたしのことをよく知る人は「家庭環境で苦労しているから仕方ないよ」などと同情してくれますが、幸せそうな人や苦労せず育った人、親から甘やかされて生きてきた人などを目の当たりにすると、憎いしムカツクしどうしようもなくひがんでしまいます。

育った環境とかって自分ではどうしようもできないのですごく不公平だと思ってしまいます。

かたや自分のような、人から見ればそれこそ不幸な子がいれば、なんの苦労もなしに親から溺愛されて育った子もいる。

世の中クソだな、と本気で思ってしまいます。

詳しいことはあまり書きたくないので伏せますが、親や周りからさんざん虐待や嫌がらせ、裏切りを受けてきたため人に対して常に敵対心があります。

甘い考えの人や親に甘えている人などを見ると憎くてしょうがないです。

最近彼氏と喧嘩をしました。
別れそうな感じです。

彼はわたしと違って、両親揃った家族円満な家庭で幸せに育った子です。
そこからまず引け目を感じ、彼の妹がいるのですが、その子はず~っと親元で甘えて暮らし、身の回りの世話も何もすべて母親にやってもらって生きてきた子です。

そして、ハタチそこそこで子供ができ、いわゆるデキ婚をしました。
父親はショックで体を壊し、結婚式の費用を用立てるので家庭は火の車でわたしの彼氏もそれ以降援助を続けています。

そこまで親兄弟に迷惑をかけてまで結婚し、のうのうと生きている彼の妹が憎くて仕方ないです。

実家を出たこともなかったので、料理はおろか洗濯機の操作方法もわからないような状態でした。

それでもなんとかなるんじゃない?などと言ってのんきに構え、親に対しても悪びれる様子も一切なし。

なんなんだ、この子は、と正直怒りを覚えました。
さらに兄であるわたしの彼にさんざん金の無心をしてきました。
彼だってふつうのサラリーマンなのでそんなに余裕もないのに。
本気でイライラしちゃいました。

そして昨日彼が、妹がmixi日記に載せた家族3人の画像を見せてきました。
本気で憎くて一気に食欲もなくなりました。

ロクに社会にも出ずに親元で楽して生きてきて、さっさと子供作って今はのうのうと専業主婦してるハタチそこそこのガキがどう暮らしてようとわたしには関係ないです。

そんな写真見たくもなかったです。

こっちは生まれてからさんざん苦労して生きてきているのにこんな楽な生き方してるナメたガキなんて見たくないです。

彼に対してもものすごく腹が立ったのでそれから責め立てて大喧嘩しました。

やっぱりわたしは同じように苦労人で親がいない相手のほうがいいのかもしれない、とすごく思いました。

どうしても満足な家庭で育った相手にはひがみ根性で接してしまいます。

わたしみたいな子は彼みたいな育ちの子とは付き合えないですかね?
似たような育ちの人じゃないとこういう質問にも答えづらいかとは思いますが。

アドバイスいただけると幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

自分の卑屈さに悩みます。

わたしは育った環境が劣悪だったのと親にロクな扱いを受けずに来たのでだいぶ人と違ってゆがんだ性格をしています。

わたしのことをよく知る人は「家庭環境で苦労しているから仕方ないよ」などと同情してくれますが、幸せそうな人や苦労せず育った人、親から甘やかされて生きてきた人などを目の当たりにすると、憎いしムカツクしどうしようもなくひがんでしまいます。

育った環境とかって自分ではどうしようもできないのですごく不公平だと思ってしまいます。

かたや自分の...続きを読む

Aベストアンサー

あー、mixiに家族の写真載せちゃう人…やだなぁって思っちゃいます、私も。
すごく無神経な感じがしますよね。
ネットにプライベートなことについて堂々とかける人って、いろんなこと(プライバシーの問題とか、他人からどう見られるかとか)への配慮が足りないんだなぁっていうのも感じます。


質問者さまはすごく大変な体験をされてきた方なのだなぁと思います。
子どものときにおこったことって、全然自分ではどうしようもないものだし、今必死に立て直しているのに、他の人からはさも自分にも責任があるようにやいのやいの言われてしまうし、とっても理不尽なことだと思います。


>わたしのことをよく知る人は「家庭環境で苦労しているから仕方ないよ」などと同情してくれますが、幸せそうな人や苦労せず育った人、親から甘やかされて生きてきた人などを目の当たりにすると、憎いしムカツクしどうしようもなくひがんでしまいます。

ひがんでいるということを自覚しているのに、治せって言われても治せないですよね。
難しいことだと思います。

質問者さまが今おいくつかはわかりませんが、電気のスイッチをパチンとやるように、そうそう切り替えられることではないと思います。

自覚せずに周囲に敵意をまき散らしているような人も世の中にはたくさんいますし、そういう人に比べると質問者さまはずっと自分をセーブできる人なのだと思います。


>アドバイスいただけると幸いです。

うーん、こんなネット上の文章だけのやりとりでアドバイスになるかわかりませんが…。

私もちょっと家族でごたごたした経験のある人間で質問者さまが書かれていることに近い気持ちをずーっと抱いていました。

もう、親も憎いし周りの人間も憎いし、子どものときの自分をどうにもしてくれなかった社会も憎いし。

ただ、ある日突然こう思ったんです。

「私はもう大人だし、自分でやりたいようにやれるのに、どうして過去のことばっかり考えてるんだろう!!」

ぱーっと「今までもったいないことしてたなぁ」と思えたんです。

もちろん、急に全ての思考が切り替わるわけじゃないですし、今だに「あ~~~!」と思うことはありますし、よその家の話を聞いてイライラしたりカチンとくることはあります。

しかし、前よりずいぶん自分をコントロールできるようになったし、「私が幸せじゃなかったからって、相手が幸せであってはいけないという道理はない。むしろできることならみんな幸せでいてほしい」って思えるようにちょっとずつなってきたんです。

なぜそのときそう思いつけたか、考えてみると、その時私のまわりには、「私と違って満足な家庭で育っているけど、私の話を聞いて否定したりびっくりしすぎたりしないで、理解しようとしてくれる人」が居てくれたからだなぁ、と思うんです。

全然育った家が違っても、理解しあえる可能性をその友達から見いだせていたのだと思います。

そうなると、自分の話を聞くだけでなく、相手の話を聞けるようになり、相手の話を聞いていると今まで自分が「満足な家庭」と思っていた家にも、自分の家にはなかった問題や困難があって、それはスケールは違うけど比べるものではないんだな、ということも分かってきました。
それでも、「うちの家のが大変だった」とは思いますが、「自分が大変だったのは事実だけど、それは相手が大変だったことを否定するものじゃない。比べるものじゃない」と心の中で唱えるようにしています。

おそらく、自分を尊重してくれる人に出会えたことで、相手を尊重できるようになってきたのだと思います。


何が言いたいかというと、考えって「改めろ」っていくら言われても改められるものではないと思うんです。

質問者さまは自分を変えたいと思ってここに質問できるくらいの人なんですから、自分を日常の中でも徐々に変えていけるのではないでしょうか。

きっとそれは自分一人の力でどうにかするものではないと思いますし、恋人とか友達とか専門家とかの力を借りて徐々にやっていくものなのだと思います。

全然急がなくてもいいと思います。
私だって、彼氏さんの妹さんのこと「いやだなぁ」って思っちゃうくらいにまだまだ修行が足りません。

ただ、自分のことをもっと親しい人にたくさん話してわかってもらう努力をするのは1つの手かな、と思いました。
わかってもらわないと、助けてもらうことも難しいですしね。

あー、mixiに家族の写真載せちゃう人…やだなぁって思っちゃいます、私も。
すごく無神経な感じがしますよね。
ネットにプライベートなことについて堂々とかける人って、いろんなこと(プライバシーの問題とか、他人からどう見られるかとか)への配慮が足りないんだなぁっていうのも感じます。


質問者さまはすごく大変な体験をされてきた方なのだなぁと思います。
子どものときにおこったことって、全然自分ではどうしようもないものだし、今必死に立て直しているのに、他の人からはさも自分にも責任がある...続きを読む

Q恵まれた環境にいる人への嫉妬のなくしかた

会社の同僚の女性の話です。
・実家暮らしで家に生活費を入れていない
・家事は一切親に任せっきりで、お弁当も母親に作ってもらっている。

という女性がいるのですが、最近、専業主婦だった母親がパートを始めており、彼女には一人暮らしをして欲しい、あるいは家に三万円くらいはお金を入れて欲しいと言っているそうです。
しかし、彼女は、毎月の給料がろくに残らないため、家にお金を入れるのは無理だと言っています。

私は、この話を聞いてものすごく腹が立ちました。
「甘い!!!」と怒鳴り散らしたくなってしまったんです。

私は、
・大学の学費や生活費は奨学金とバイトで賄った
・彼氏と同棲しており、家賃や生活費は折半だが、結婚資金の貯金と奨学金の返済とで自由になるお金は限られている
・実家は新幹線がないと行き来できない場所にあり、家事はもちろん、経済的に助けてもらおうとは考えたこともない。仕送りはできないが、借金もしない。
・家事は彼と分担している。

という状況であり、経済的には彼女より苦しい状況にいます。だけど、これは私自身が選んだ生活だから、不幸だとは思っていません。

それなのに、彼女がものすごく恵まれているように見えてしまい、腹が立ってしまいます。

手取りの給料は私も彼女もほぼ同じです。
彼女の話を聞く限り私よりは確実に貯金ができる状況にいるはずなのに、なんでそこまで親に甘えられるのか、理解できずにいます。

この怒りがなくなり、「人は人、自分は自分」ときっちりと割り切れるようにするには、どういった心がけをすればよいのでしょうか?
どうにもならない感情なのでしょうか?
嫉妬を感じてしまう自分が醜く、恥ずかしく感じてしまっています。

分かりにくい文章ですみません。
アドバイスよろしくお願いします。

会社の同僚の女性の話です。
・実家暮らしで家に生活費を入れていない
・家事は一切親に任せっきりで、お弁当も母親に作ってもらっている。

という女性がいるのですが、最近、専業主婦だった母親がパートを始めており、彼女には一人暮らしをして欲しい、あるいは家に三万円くらいはお金を入れて欲しいと言っているそうです。
しかし、彼女は、毎月の給料がろくに残らないため、家にお金を入れるのは無理だと言っています。

私は、この話を聞いてものすごく腹が立ちました。
「甘い!!!」と怒鳴り散ら...続きを読む

Aベストアンサー

例えば、ご質問者さんと同じ状況で「さらに両親にも仕送りをしている人」がいたとします。。。実際現実にいるでしょうね。
その方が、ご質問文を読んだらどう感じられるでしょうか?
少なくとも、自分の選んだ道を、自分で切り開けて生きていける状況にある事、これだけで、ありがたいことだとは思えませんでしょうか?

たとえば、考えたくも無いでしょうが、もし、親御さんが急に倒れて長い闘病生活を送るとなったら、今のご質問者さんの生活は成り立たないでしょう?

・・人が羨ましく思えること。
それは誰にでもあるし、正直、お弁当も作ってもらっている彼女は、甘えてるんぢゃない!!って、私も思います。

でも、そんな感情って自分自身のことばかり中心になってて、自分の周りに「感謝する気持ち」が薄れている時によく起こるように思うんです。

わたしは、「心配しなくても、人と比べたり、嫉妬する気持ちはあって当たり前だ」と自分の感情を素直に受け止めます。そのかわり、そんな自分が嫌でも有るので、まわりに「感謝する気持ち」を持てるように気持ちを切り替えるように心がけています。「人は人、自分は自分」の考え方は受身的過ぎるし、なんか「世知辛く」感じてしまって私はあまり好きではないんです。

それより「感謝する事」の方が、自分自身の心も暖かくなれるように思うんです。人にも暖かくなれます。嫌な嫉妬心も、いつのまにか薄らいでいくんですよ♪

ご質問者さんは、「がんばっている自分ばかりが大変!」で、不特定多数の人、または、元気で暮らしてくれている両親に「感謝する気持ち」を忘れているのではないでしょうか?

自分自身の感情と照らし合わせながら、お返事してみました。すこしでもお力になれれば嬉しいです♪

例えば、ご質問者さんと同じ状況で「さらに両親にも仕送りをしている人」がいたとします。。。実際現実にいるでしょうね。
その方が、ご質問文を読んだらどう感じられるでしょうか?
少なくとも、自分の選んだ道を、自分で切り開けて生きていける状況にある事、これだけで、ありがたいことだとは思えませんでしょうか?

たとえば、考えたくも無いでしょうが、もし、親御さんが急に倒れて長い闘病生活を送るとなったら、今のご質問者さんの生活は成り立たないでしょう?

・・人が羨ましく思えること。
そ...続きを読む

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Qお金持ちの方は、貧乏人のことをどう思っていますか。

子供の頃からお金持ちにすごく、コンプレックスがあります。
羨ましいというより、貧乏な自分が恥ずかしいという気持ちがあります。

私の小学校の学区は高級住宅街で医者や弁護士の子供ばかりで、一流企業の社宅が建ち並ぶところです。(私立小学校は、当時は女子校が一つだけしかない地方都市です)うちは、先祖の代からたまたま住んでいた土地にローンで建て直して住んでいただけで、親の経済力では住める土地ではないです。

テストは、ほとんど解りましたが、有名進学塾と家庭教師のいる私立中学受験組より目立つと何となく惨めだし、「貴女は頭いいから受験すれば必ず受かるのに勿体ないわ」という純真無垢な残酷な質問に答えることが恥ずかったので、わざと間違えていました。

高校も皆、東京の大学を受験したのに、私だけ地元の大学にしか行けませんでした。

就職してからも、無資格なのに、親のお金で海外留学して英語だけは堪能な人達が入ってきては、私の地位を脅かしました。
それでも社会は実力が財産ですから、負けずに頑張りましたが、子供が産まれてから、また、恥ずかしい思いをしています。

出産した産婦人科では、医者や野球選手の奥様達が高級車でやってくるのに、私だけ小さな国産車で恥ずかしかったです。
よく診察が一緒になって仲良くなった素敵な奥様もイギリスの高級車で、ランチなど誘っていただきましたが、うちの事情を知られるのが恥ずかしいので、こちらから疎遠にしました。

またまた、うちは、夫がただの公務員の分際で、官舎が高級住宅街にあるので、周りのママ友も皆さん素敵なマンションに住んで、習い事の送り迎えは、8割りが外車です。家を行き来する仲になったら、うちは困るので親しくなりすぎないように壁を作って接しています。今年、国内旅行に行ったら、うちの夫の職業を知ってる人から、「よくそんなゆとりあるね」と、言われて、それから貧乏人が旅行行くのも無理しているようで恥ずかしいので、行ったことは誰にも話していません。

私は、小さい頃から親が離婚もしくは、夜逃げなどでいいから貧乏な街に引っ越して、友達を作りたいなと思ってましたし、今も、なぜこんな場所に官舎を建てたのだろう、もっと肩の力を抜いて付き合える地域にあればいいのにと思います。(年々、給料が下がるので民間アパートに住む経済的ゆとりはありませんので引っ越しは不可能です)

祖父が、高級車を一年に一度買い換える程、裕福でしたが、子供達は仲が悪く、寂しい晩年だったので、お金持ちが必ずしも幸せではないのは分かっていますし、私も背伸びしてお金持ちの世界にいたいとは思いませんのに、いつも周りはお金持ちばかりの境遇におかれるので、これは何かの学びなんだろうなと最近は思っています。

そもそも恥ずかしいと私が思ってることをお金持ちの方はどんな風に思っているのでしょうか。長年の経験からお金持ちの方の方が、おっとりとして、気遣いのできる優しい方が多いようですが、内心は貧乏人を可哀想に思ったり、見下したりしているのでしょうか。
早く学びを得て、このような境遇から抜け出したいです。
この境遇から、どんなことを学べばよいのでしょうか。

子供の頃からお金持ちにすごく、コンプレックスがあります。
羨ましいというより、貧乏な自分が恥ずかしいという気持ちがあります。

私の小学校の学区は高級住宅街で医者や弁護士の子供ばかりで、一流企業の社宅が建ち並ぶところです。(私立小学校は、当時は女子校が一つだけしかない地方都市です)うちは、先祖の代からたまたま住んでいた土地にローンで建て直して住んでいただけで、親の経済力では住める土地ではないです。

テストは、ほとんど解りましたが、有名進学塾と家庭教師のいる私立中学受験組よ...続きを読む

Aベストアンサー

長くなりますが、なにか参考になればと思います。

小さい頃、父親の仕事の都合で海外に住んでいたことがあります。
20年以上も昔の話で、海外と言っても英米のような先進国というわけでもなかったので
その当時、日本人は見慣れない東洋人というだけで奇異な目で見られていました。
簡単に言えば、ちょっとした人種差別のようなものが、ごく普通にあったようです。

私はまだ小さかったので、その頃の記憶や思い出はほぼありませんが
母が当時のことをトラウマになるぐらい気にしていて、
未だに「日本人は差別されている、海外に行ったら見下されないように何もかもきちんとしていなければならない」というようなことを言ったりします。
海外に旅行に行き、何かトラブルがあると、差別されていないかどうか判別するのに必死で、
娘の私からしてみれば単なる業務上のミスのようなことにも、常にぎすぎす神経を張り詰めています。
母にとっては、荷物の運び間違いも連絡ミスも店員の横柄な態度も、すべて差別扱いです。

何が言いたいかというと、
質問者さんの言うように「差別」というのは実際にあちこちに転がっているもので、
お金持ちか貧乏か、という種類以外にもいくらでもあるものですが、
過去の経験を気にして行動するかどうかは、本人の裁量で決められます。
そして、気にすればするほど「差別された」という経験は増えていくものだと思います。
母を見ていてそう思います。

引っ越して境遇を変えたとしても、
ご自身が必要以上に気にして囚われたままでは、
どこへ行っても「お金持ちVS貧乏」の視点はついてきてしまうと思います。

一度すべての経験や視点をはずして、
素のままの自分はどうしたいのか?
この人と人間として仲良くしたいのか?本当に環境を変えて引っ越したいのか?
周囲がお金持ちだからどうだからという理由ではなく、自分がどうしたいのかを基準に
ものごとを考える癖をつけるといいかもしれないです。

長くなりますが、なにか参考になればと思います。

小さい頃、父親の仕事の都合で海外に住んでいたことがあります。
20年以上も昔の話で、海外と言っても英米のような先進国というわけでもなかったので
その当時、日本人は見慣れない東洋人というだけで奇異な目で見られていました。
簡単に言えば、ちょっとした人種差別のようなものが、ごく普通にあったようです。

私はまだ小さかったので、その頃の記憶や思い出はほぼありませんが
母が当時のことをトラウマになるぐらい気にしていて、
未だに「日本人は差別さ...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q25年間、苦労知らずの人生でした。

小中高大、社会人の今。苦労と呼べる辛いことはなにもありませんでした。これが普通と思っていましたが、ある人から「なにも苦労がない人生なんてあるわけがな い」といわれました。

でも、本当になかったんです。
思い出せないだけかなぁ、と思いましたが、思い当たりません。

辛いと感じなかっただけかもしれませんが、、、、、

私は変ですか?

母にも聞いたら、母も辛いことはなかったと言っていました。
強いて言うならば、祖父母と叔母が亡くなった時かなぁ、と。

そしていわれました。
お母さんもあなたもそういう星の生まれなんだよ。と。

そっかぁ、あはは。と、会話は終わりました。

お付き合いしている彼からも、
大事にほんわか育てられてきたんだろうね。と言われました。
いやいや、普通に育てられましたが、、、と思いました。

会社の上司からも、
あなたはあれね、抜けているけど憎めないのよね。と言われました。
私は仕事では、業務上も私的にも上司にお世話になっています。「抜けている」で済ましてくれる上司の懐が深いだけな気がしますが、、、

私の様な方はいらっしゃいますか?
漠然としていますが、なにかお言葉いただきたいです。

よろしくお願いします。

小中高大、社会人の今。苦労と呼べる辛いことはなにもありませんでした。これが普通と思っていましたが、ある人から「なにも苦労がない人生なんてあるわけがな い」といわれました。

でも、本当になかったんです。
思い出せないだけかなぁ、と思いましたが、思い当たりません。

辛いと感じなかっただけかもしれませんが、、、、、

私は変ですか?

母にも聞いたら、母も辛いことはなかったと言っていました。
強いて言うならば、祖父母と叔母が亡くなった時かなぁ、と。

そしていわれました。
お母さんもあな...続きを読む

Aベストアンサー

苦労しないで生きてきたって、すごい。

自分は仕事で苦労の連続だったので、、、恋愛でも結構くろうしているかな。笑

でも、世の中には、あなたみたいな人生を送っている人がいることも、知っています。お金持ちの家系に

生まれたお嬢様的な人ですね。 進学も仕事もすべて、誰かにアドバイスされて進んできたんではないで

すか。そういう人って欲がないから、、私にとって、魅力的な人なんですよね笑

まあ強いて言えば、リーダーにはなれないですよね笑 まあならなきゃいいんですが。

苦労のある人生は、自分を成長させることが出来ますよ。

苦労から耐えるためにいろいろな哲学や考え方を身につけます。強く生きていく考え方をつけないと、

その苦労に押しつぶされるからです。

その成長がいいとするのか、、

あなたみたいな人生がいいのか、、、どちらがいいのかは、、、人の選択ですので、

あなたは成長よりも、そちらの人生を選んだ方なのですよ。

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q子供を産んだことのない女性の特徴

子供を生んだことのある女性と、そうでない女性とは、肉体的精神的に、どのように違うのでしょう

か?というのは、うちの会社には、女性の管理職が二人いるのですが、

二人共、40歳を越えて独身。もちろん、子供はいません。

私の妻は、私との間に、3人子供がいて、年齢も、その二人と同じくらいです。

妻と彼女たちを比べると、言葉では言い表せにくいのですが、肉体的にも精神的に

も、妻の方が丸みや優しさがあるような感じがします。それに比べて、件の二人は、ちょっと何か殺

伐とした乾いた感じと言いましょうか、冷たいような、そんな印象を受けます。

もともと、女性の体というのは、子供を生み、育てるような、機能になっているわけで、そのような

機能を、40歳過ぎてまで利用しないということは、やはり何か精神的、肉体的に、影響を

及ぼすのではないか、と考えるのですが。皆様はいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの間、責任が伴う生活を強いられることになります。
その間20年です。自分のことならまだしも、自分以外のひとつの人格を持った人間として、毎日毎日接していかなければなりません。その覚悟が必要になってきます。

当然、精神的に鍛えられます。精神的に強くならざるを得ない状況になります。
それと同時に、母親としての温かさ、やさしさを併せ持たなくてはいけません。
子どもに対しての強さと温かさ、これが同時に必要になってくるのだと思います。
これが母性と言われるものではないでしょうか。

子どもを持たない人は、ひとりの人間を育てる仕事ではありません。
専門的な仕事を持ったとしても、自己責任で向き合えばいいだけです。
子どもに対しての責任、自分のことだけを考えればいい責任、その大きさや覚悟には大きな違いがあるはずです。

子どものいない人は、良くも悪しくも自分の生活中心です。
衣食住、すべてにおいて、自分が欲しい物を好きなだけ買えます。
子どもがいると、そういうわけにはいきません。
まずは、子どものこと(もの)、その次に自分のこと、です。
自分以外の人間のことを優先に考える習慣、これが知らず知らずのうちに身についてしまうのかもしれません。

「子をもって知る親の恩」という言葉がありますが、「親の気持ちはこうなんだ」、「親は、こんなふうに自分を育ててくれたんだ」と理解できるのは、子どもを持ってこそ、本当に理解できるものです。
子どもを産んだことのない人は、その言葉を本当の意味で理解できていないように思います。
親の気持ちや、その有り難さは、実際に自分が親になって経験したからこそ、理解できることではないでしょうか。

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング