現在、ある資格をビデオによる通信講座で勉強しています。
全30巻で30万円かかりました。このビデオ事体は非常によくできた内容なんですが、確かに高かったなーと思います。
もし、資格に合格すると、このビデオは不要になるのですが、ネットオークション等で売っても、法律には抵触しないのでしょうか?
勿論、コピーして売ったりはしません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ビデオのほとんどは映画の著作物と解されると思います。


したがって、法律上は「頒布権(はんぷけん)」という権利が及ぶことになります。
この権利は、何回売り買いをしたとしてもずっと及ぶ権利で、著作権者の許諾をとらずに勝手に譲り渡したり、貸し借りしてはいけないという権利です。
ですから、著作権者に無断でネットオークションで売ることはできないというのが条文どおりに読んだときの結論です。

ところで、ゲームソフトも映画の著作物だという判断が法廷でなされています。
ところが、これは「映画の著作物」だけど「頒布権」が及ばないという判断がこのあいだ東京高裁と大阪高裁でされました。中古ソフトの販売をめぐる訴訟です。
「頒布権」というのは映画館にフィルムを渡すことについて考えられた権利だから、ゲームソフトのようなものにまでは及ばないというのが、だいたいの内容です(細かいところは両裁判所で食い違っています)
これは現在最高裁に上告されていますので、最終的には最高裁の判断待ちということになります。

さて、ビデオの場合はどうなるのか? 最高裁の論理構成次第では「頒布権」が及ばない(したがって、きちんと買ったものならネットオークションで勝手に売ってもかまわない)と解される余地が出てくる可能性もあるかと思います。

実際の役には立たずに申し訳ありません。

shoyosiさんのおっしゃっているように、講座の契約で「教材を他人に譲ってはいけません」と書いてあれば、ネットオークションで売ることは契約違反になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
販売している会社のほうに問い合わせて、法的に抵触しないか確かめたほうが無難ということええしょうか。

お礼日時:2001/05/20 21:20

 映画の著作物以外の著作物につきましては、著作権法上の頒布権はないので、譲渡は自由にできます。

しかし、債権的な権利がある場合(契約などで)は、それにより責任が生じる場合があります。

参考URL:http://deneb.nime.ac.jp/kihon/ken9.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
申し込みの用紙を探して考えます。

お礼日時:2001/05/20 21:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資格通信講座:これは詐欺ですか?

10年前に職場にかかってきた電話勧誘である国家資格の通信教育講座を勧誘された友人が、疑うこともなく30万払ってしまったそうです。
忙しくて全く勉強せず、試験も受けずそのまま教材を捨ててしまったのですが、10年も経った先日あたりから突然、先の講座を主催した業者とは違う名前で電話がかかって来て、以下のような勧誘を受けたそうです。
とりあえず一部伏字にしておきます。

===========================================================
●●●●●●協会が無くなったので、業務を引き継いだ●●●●●●協会です。
資格取得をされていないのでしたら、30万円を返金します。
ただ、返金するにはまず47万円で講座を再受講して、もし年1回の国家試験に4回不合格なら、その不合格通知4通を提出すれば全額返金します。
===========================================================

友人は「返金しなくてもいい」と断ったのですが、執拗に長電話で勧誘され、昨日も何度「必要ありません」と電話を切ってもその後、20回近い電話を繰り返されたそうです。

今日もまた、同じ電話が何度もかかってくると思うのですが、これはどう考えても詐欺ではないでしょうか。

相手は、自分の連絡先を言わず資料も送れないと言い、電話でしか返事を受け付けないと言うそうです。
しかも「返事をもらうまで何度でも電話をする」とまで言ったそうです。

10年前に職場にかかってきた電話勧誘である国家資格の通信教育講座を勧誘された友人が、疑うこともなく30万払ってしまったそうです。
忙しくて全く勉強せず、試験も受けずそのまま教材を捨ててしまったのですが、10年も経った先日あたりから突然、先の講座を主催した業者とは違う名前で電話がかかって来て、以下のような勧誘を受けたそうです。
とりあえず一部伏字にしておきます。

===========================================================
●●●●●●協会が無くなったので、業務を引き継いだ●●●●●●協会で...続きを読む

Aベストアンサー

> これは詐欺ですか?

可能性は非常に高いですが、断定できません。
消費者センターに相談し、判断を仰ぐとか。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

--
> しかも「返事をもらうまで何度でも電話をする」とまで言ったそうです。

差し当たり、着信拒否すればよいのでは?

Q売ってしまったプレミアビデオを取り戻したい

今年の1月8日に古本等を扱うお店にビデオを
売りに行きました。そのとき300円という査定をされて
その時は一応納得して売って帰りました。
しかし後でそのお店のホームページを見ると
プレミア価格ということで何と13800円で売っていました
とても残念な気分になってしまいました。
そこで、今からでもビデオを返してもらえるでしょうか?
ビデオをもっていたという証拠はあるのですが
半年近くもたってしまったから無理でしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

該当する法律は消費者契約法になります。
取消を要求できます。2桁ことなるので同法4条4項2号の「対価」の説明が不十分のため、同法4条1項1号の重要事項の不告知と思われます。
また、時効は、価値について事実を知った時から6ヶ月です。契約から5年後であっても時効になります。(同法7条)

Q録画ビデオを売ります・買いますは犯罪なんですか?

よく売買掲示板を見ると
~と言うアニメ・番組・ドラマ等々の~話を売って下さい
もしくは買いますと言う書き込みが
かなりありますがこれは法律で言うところの著作権違反に
あたるのでしょうか?それならかなりの人間が法を
侵している事になりますが・・・どうなのでしょう?

Aベストアンサー

こちらも専門家の方の見解です。

 ・http://homepage3.nifty.com/itaru_watanabe/television/videokashikari.html
  録画ビデオの貸し借り等について

 詳しくは直接お読みになるのが一番だと思いますが,『掲示板で不特定多数の会員に対して行われる、録画ビデオの貸与を依頼する発言またはテレビ番組の録画を依頼する発言は、著作権法第30条が認める「私的使用のための複製」の範囲を越える複製、即ち著作権を侵害する行為を呼び掛けるものである』とあります。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/itaru_watanabe/television/videokashikari.html

Q下請法に抵触しますか?

ある大企業(以下A社)からの受託加工を請け負っています。
一部私たちの加工以外に協力工場へ依頼している工程があるのですが、
この協力工場が生産できなくなってしまいました。
その為、他の協力工場へ移管する予定ですが、単価が倍近く上がってしまいます。
他にお願いできるところがありません。

そのことを発注先であるA社に連絡して、4M申請を行わなくてはならない。
これは理解しています。

今の価格では大赤字になってしまい、私たちも赤字のまま生産しなくてはならなく困ると申し入れましたが、
「現在、量産品であり価格が上がることは認められない」
「価格変更はA社に起因することではないので、私たちの企業努力で何として欲しい」
とのことです。

受発注形式はWEB-EDIで受信確認していますが、納期は回答できない状況ですので回答していません、

このような状況で、私たちで出来る精一杯の見積りを提示しようと考えています。
恐らく価格は認められない、今までの価格で行って欲しいと付き返されることが予想されます。

このような状況で、A社は私たちが赤字で行うことを知りながら、
今までの価格でやりなさいと言って来る事は下請法に抵触するのでしょうか?

ある大企業(以下A社)からの受託加工を請け負っています。
一部私たちの加工以外に協力工場へ依頼している工程があるのですが、
この協力工場が生産できなくなってしまいました。
その為、他の協力工場へ移管する予定ですが、単価が倍近く上がってしまいます。
他にお願いできるところがありません。

そのことを発注先であるA社に連絡して、4M申請を行わなくてはならない。
これは理解しています。

今の価格では大赤字になってしまい、私たちも赤字のまま生産しなくてはならなく困ると申し入れま...続きを読む

Aベストアンサー

下請法に定める資本金要件や取引要件などを満たすことを前提にコメントすれば、下請法抵触を問うのは非常に難しいでしょうね。

はじめに、「赤字で行うことを知りながら」とのことですが、この点については残念ながら、「後発的事情により赤字となってしまうことが見込まれても、なお契約を履行するかどうか」は御社の経営判断によるところであり、A社には無関係の事情です。そのため、それのみを根拠として違法とするのは、自己の事情を他人に押し付けることに他ならず、法的には認め難いものといわざるを得ません。

したがって、それ以外の理由に基づき下請法違反を問えないかどうかを検討することになります。

この点、まず、価格を上げないことは減額とは異なりますから、4条1項3号違反にはなりません。

その他にも、お書きの内容に基づく限り、次に挙げるものを除き、違反が見られません。

かろうじて違法性を問えそうなのは、4条1項5号の「買いたたき」です。ただ、「協力工場が生産できなくなってしまいました」という、発注先にとって専ら外部要因によるときは、同号の「買いたたき」とは言い難いものと思います。

そうすると、お書きのケースで下請法違反を問うのは、残念ながら、非常に難しいものがあります。

参考URL:
http://www.jftc.go.jp/sitauke/index.html
http://www.jftc.go.jp/sitauke/19textbook.pdf

下請法に定める資本金要件や取引要件などを満たすことを前提にコメントすれば、下請法抵触を問うのは非常に難しいでしょうね。

はじめに、「赤字で行うことを知りながら」とのことですが、この点については残念ながら、「後発的事情により赤字となってしまうことが見込まれても、なお契約を履行するかどうか」は御社の経営判断によるところであり、A社には無関係の事情です。そのため、それのみを根拠として違法とするのは、自己の事情を他人に押し付けることに他ならず、法的には認め難いものといわざるを得...続きを読む

Qドラマを見てて実際には探偵会社(勿論届出済み)が

ドラマを見てて実際には探偵会社(勿論届出済み)が

マンションに侵入して調査する事は住居侵入罪にならないのですか?

「正当な理由」は確かにありますが・・

Aベストアンサー

その居住者が訴えれば、そうなります。警察ですらできない芸当ですから。
ちなみに警察も裁判所の許可を得て初めて侵入出来ます。
ただドラマにリアリティ求めても…って気がしますけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報