本格論争、本格ミステリ論争等のキーワードで検索すると、東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』を二階堂黎人さんが本格とは言えないと批判したことに端を発する論争ばかりが引っ掛かります。
しかし、井上夢人さんの『ダレカガナカニイル…』文庫版の解説で大森望さんが「かつて"本格"論争がミステリー界をにぎわした当時、"無格"という概念を打ちだした井上夢人らしい発言だが、たしかに『ダレカガナカニイル…』のようなミステリーを前にすると、本格も変格もないだろうという気がしてくる。」と書いておられ、容疑者X以前に本格ミステリに関する論争があったことが伺えますが、この論争はどのようなものだったのでしょうか。
それぞれの作家、批評家の立場や論争の流れ、終息の形やどんな誌上で行われたのか等、詳しく教えて頂けると有り難いです。
また、他にもミステリ界隈で嘗て起こった論争がありましたら、そちらも知りたいと思います。

A 回答 (2件)

島田荘司著『本格ミステリー宣言』『本格ミステリー宣言II』、島田荘司・綾辻行人対談『本格ミステリー館』での島田荘司の提案する本格ミステリーの定義が引き起こした論争のことかな。


実際に本にあたって読むほうがいいと思います。
ほかの論争の一例をあげると、横山秀夫作『半落ち』の直木賞落選理由をめぐるもの。こちらはWikipediaの「横山秀夫」の項目、または「林真理子」の項目をご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、読んでみたいと思います。
半落ちの騒動は聞いたことがありました。論争というより林真理子の一方的な批難のような気がしないでも無いですが……(笑)
回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2012/10/19 22:22

私は詳しく読んだことはないのですが、甲賀三郎という推理作家が80年位前に、本格ミステリ論争を繰り広げています。


大下宇陀児、木々高太郎、江戸川乱歩と言った名前と検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

甲賀三郎というと本格推理小説というのを言い始めた人でしたかね。
色々読んでみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/19 23:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「容疑者 室井慎次」は「交渉人 真下 正義」を見ていなくても話が分かりますか?

過去の質問を検索したら、「容疑者 室井慎次」見たけど良く分からないかったというのがあって余計心配になりました。

私は「交渉人 真下正義」も見たのですが、見ていない人と一緒に「容疑者 室井慎次」を見たらその人は面白く無いですか?一応それまでのドラマと映画2本は見ています。

あと「交渉人」で分からなかった謎は「容疑者」で明らかになっているのでしょうか?こちらも合わせて教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
どこまでがネタばれとなるか分からないのですが、公式に書いてある程度です。



『交渉人』を見ていないと分からない、と言う点は無いと思いますので大丈夫ですよ。

私もう~ん?となる点がありました。警察構造が複雑(私の理解力の関係もあるかもですが)で、混乱してしまったのです。
警視庁と警察庁の違い等を予習しておくと分かりやすいかも…?
分かる人は分かると思いますが私は分かりませんでした^^;
「お勉強」したのでもう一度見に行こうかと…。

『交渉人』の謎、『容疑者』ではまったく一切そのことには触れていません。
交渉人2の話もあるようですし、そこで分かるのではないのでしょうか?

Q遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。

遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。
第一弾が「白夜行」で、今は「分身」を読んでいます。
次にオススメの本は何でしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の回答を見て、やっぱり人によって感覚が違うので面白いなと思いました。
20冊以上は読みましたが、私にとっては白夜行は、トップクラスです。
幻夜は、まあ続きということで・・・というぐらい。

流星の絆は、珍しくほのぼのとして好きです。
逆にさまよう刃は、とても重いけれどそれはそれでよかったです。
秘密はとてもよくできたストーリーだと思います。
新参者は、発想がとてもユニークです。
赤い指も好きな方です。
手紙は、映画の方がどちらかというとラストの感動は大でした。

ちょっと変わったところで仮面山荘殺人事件はコテコテのサスペンス劇場っぽくて
好きです。

というぐらいですが、どれからでもいいのではないかと思いますよ

Q中国船長を処分保留で釈放!? 日本を守る自衛党を!?

中国船長を処分保留で釈放!? 日本を守る自衛党を!?

昨日中国が日本人4人を人質にとったと思ったら、
今日日本は船長を処分保留で釈放し中国へ帰す超弱腰なことになりましたね。
予想通りの展開と言えますが貧弱すぎる日本は一体どうしたらいいのでしょうか?
民主党=中国党と言われるくらいなのでこれはもうどうでもいいですが、
本気で日本を守れる政治が必要ですよね?
たとえば日本自衛党を創立してスパイ防止法や9条をリアルな驚異にに対応できるように、
当然防衛力も足かせをはずし防衛軍としてもいいくらいの状況ではないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような質問をしてた人がいたのですね。
私も同感です。例としてはスイスが中立国を保っているのはやはり軍事力があるからですね(質問者さんがそういう意味じゃないんだけど…というならすみません)

「平和一番!戦争反対!」って言ってれば戦争は起きない、ってそんな免罪符ありませんし…
平和ボケしてる日本人は一度沖縄を侵略されたりとかされたりでもしない限り目が覚めないでしょう。
他国ならとっくの昔に暴動起きてますよ…

あと予想ですが民主になってから生活が苦しくなってく一方でこういう問題に関心を寄せる余裕がないのかもしれませんね。

>貧弱日本
私がもし総理とかなら一矢報いるに日本企業の工場を中国から撤退させる事ですね、これだけでも失業者が溢れ返りますよ。
そして中国・韓国・北朝鮮のような極東3馬鹿とは付き合わずその周辺国(タイ・ベトナム・フィリピン・インド)とかと仲良くしたほうがまだマシです。
この三馬鹿とわかりあえるとは到底思えませんし何より昔から付き合ってロクな事はありませんでした。

>日本を守る政治
少なくとも民主じゃ駄目、裏で実はすごい事やってたんだよ!って事でも起きない限りです。
民主=中国党、全然間違いじゃないですね(笑)

>自衛党
左翼団体が騒ぎそうですね、まぁ知らんけど。
侵略戦争するわけじゃないですし防衛軍はあっても悪くないでしょう(雇用も増えそう)

私としては民主も中国もですが同じ日本国民にいい加減目を覚ませと苛立ちを感じますね

こんな長文回答で失礼します

同じような質問をしてた人がいたのですね。
私も同感です。例としてはスイスが中立国を保っているのはやはり軍事力があるからですね(質問者さんがそういう意味じゃないんだけど…というならすみません)

「平和一番!戦争反対!」って言ってれば戦争は起きない、ってそんな免罪符ありませんし…
平和ボケしてる日本人は一度沖縄を侵略されたりとかされたりでもしない限り目が覚めないでしょう。
他国ならとっくの昔に暴動起きてますよ…

あと予想ですが民主になってから生活が苦しくなってく一方でこういう問題に...続きを読む

Q東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」という一文がありましたが、これはどの本のことをいっているのでしょうか?
加賀刑事が出てくる本は全部読んでいたつもりですが、思い浮かばなくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も東野圭吾さんの本が大好きです。
加賀恭一郎シリーズもしっかりチェックしてます。

>新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」

こちらの文章ですね、私も気になりました。
それで多分なのですが・・
加賀恭一郎が好きになったバレリーナのお話がありました。(眠りの森)
その好きになった女性が罪を犯してしまい、加賀さんが解決するけれど、
女性をこれから弁護して守っていく・・という流れの結末だったと思います。

それが、「弁護側の情状証人として出廷した」なのかなぁ・・と想像しました。
いかがでしょうか。

Qなぜ日本は容疑者の段階で実名など個人情報が公開されるのか。

以前こちらで『なぜ韓国では犯罪者の氏名公開が少ないのか。』
と質問させていただいたところ、『推定無罪の原則があるから』と
いうご意見をいただきました。

たぶん日本にもこういったものはあるのだと思いますが、普通に
実名や顔写真など個人情報が公開されています。逃亡して指名
手配されているのならともかく、逮捕されていてまだ裁判も
終わっていないのにこのように個人情報が公開されるのは法的に
問題ないのでしょうか?

日本は精密司法で99%有罪になるらしいので、容疑者≒犯罪者と
してもいいのかもしれませんが、少々疑問を感じました。
海外ではどうなのかももしご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

それは逮捕されて無いからです。
逮捕されれると ご存知の通り「被告」となり法律で保護されます。
被疑者の場合、日本の法律では一般市民同等で、報道の自由に当てはまり、個人保護法に違反しない限り報道の自由が認められます。
従って1分前前までは実名報道だが、逮捕と同時にAさん報道に変わる日本の事実がありますよ。

Q東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」について質問です。

東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」について質問です。

この本を読みましたが、犯人当てにどうしても確信が得られません。
この後、読まれる方に邪魔にならない程度でも結構なのですが、
犯人の特定(男か女かでOK)とその根拠を教えてもらえたらと思います。

袋とじまで読みましたが、どうしても確信がもてず、消化不良です。どなたかパンシロン役をお願いします。

Aベストアンサー

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-konno/impressions/Higashino_34_ex.htm

Q「容疑者 室井慎次」沖田管理官のセリフ

終盤 室井が桜井に事情聴取しているシーンで沖田管理官(真矢みき)が灰島弁護士になにか囁いてますね
「○○○をご存知ですね?」と言った様に聞こえたのですが… あれはなんと言っていたのでしょう?灰島弁護士に対する痛撃になってたように思えるのですが…

Aベストアンサー

私も気になってました。
おそらく、ですが「石本一馬」(室井のことも襲った金?銀?髪の人物)ではないでしょうか。
パンフレットで確認したので彼の名前はあっているとは思いますが…。

Q東野圭吾さんレベルの作品・作家を教えてください!

昨年会社を退職し、自由時間ができたので読書に没頭しています。
といっても作家及び作品に対する情報は乏しく、とりあえず話題の方の本を読んでいます。

東野さんの中では特に下記4つが好きです。
「白夜行」「幻夜」
「パラレルワールド・ラブストーリー」
「時生」

ワクワク・ハラハラするもの、意外性のあるものが好きで、おまけに感動がついてきたら最高です(パラレル、時生は感動しました。でも「秘密」「分身」はあまり好きではありません)。
上記4つが好きならコレも好きだろう!と思われる作品を教えて頂けませんか?

また、色んな方の作品を読んでみたいので、オススメの作家さん・作品を教えてください! 
短編集ではなく長編がいいです。文庫本で出ているもの希望です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)
・島田荘司さん「占星術殺人事件」に始まる御手洗潔シリーズ。ミステリーという要素以外の人の心を打つような深さがある作品は「異邦の騎士」「数字錠」「最後のディナー」「最後の一球」など。ただこれらの作品はシリーズの順番に読んだほうがいいと思います。
・貫井徳郎さん「慟哭」(悲しいお話だけど先が読めずハラハラ)「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」3部作
・乙一さん「暗いところで待ち合わせ」(感動的な要素が強い)
・坂東眞砂子さん「狗神」(日本古来の風俗を意識した作品)
・貴志祐介さん「青の炎」(悲しく感動的)「黒い家」(映画化。社会派ホラー)「ISOLA-13番目の人格―」(ミステリー?)
・筒井康隆さん「時をかける少女」(おなじみ)「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」(七瀬シリーズ3部作)
・加納朋子さん「一番はじめにあった海」(ちょっと変わったミステリー?)

ぜひご参考までに。

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)...続きを読む

Q容疑者は「男」、被害者は「男性」、なぜでしょうか?

NHK含め、事件の報道を見ていますと、
容疑者は「男」もしくは「女」、
被害者は「男性」もしくは「女性」と言われています。
容疑者は容疑が確定した訳でもないですし、人権は容疑者・加害者も被害者も平等だと思います。
なぜこのような呼び分けがなされるのはどうしてでしょうか?

ご存知の方、お教えくだされば幸いです。

Aベストアンサー

 私も疑問に思ったことがあります。
ただ、「容疑者」としてフルネーム、年齢、職業、大きな事件では生い立ちから現在の生活環境までをさらされている時点でもはや人権もプライバシーもあったものではなく、容疑者≒犯人というのがマスコミ、世間一般の感覚ではないでしょうか?
 これが未成年だと一変して厳重に保護されるのだから不思議なものです。

Q東野圭吾について

 日本語を勉強中の中国人です。東野圭吾の作品はいかがでしょうか。いま中国上海で村上春樹とともに、一番よく売れる日本の作家です。私はずっと前に、「秘密」を読んだことがあります。もしよい作家でしたら、「秘密」以外に、一冊お勧めください。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 「白夜行」はオススメですよ。
 あと「容疑者Xの献身」。こちらは、映画にもなってます。

 他には「時生」もオススメです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報