本格論争、本格ミステリ論争等のキーワードで検索すると、東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』を二階堂黎人さんが本格とは言えないと批判したことに端を発する論争ばかりが引っ掛かります。
しかし、井上夢人さんの『ダレカガナカニイル…』文庫版の解説で大森望さんが「かつて"本格"論争がミステリー界をにぎわした当時、"無格"という概念を打ちだした井上夢人らしい発言だが、たしかに『ダレカガナカニイル…』のようなミステリーを前にすると、本格も変格もないだろうという気がしてくる。」と書いておられ、容疑者X以前に本格ミステリに関する論争があったことが伺えますが、この論争はどのようなものだったのでしょうか。
それぞれの作家、批評家の立場や論争の流れ、終息の形やどんな誌上で行われたのか等、詳しく教えて頂けると有り難いです。
また、他にもミステリ界隈で嘗て起こった論争がありましたら、そちらも知りたいと思います。

A 回答 (2件)

島田荘司著『本格ミステリー宣言』『本格ミステリー宣言II』、島田荘司・綾辻行人対談『本格ミステリー館』での島田荘司の提案する本格ミステリーの定義が引き起こした論争のことかな。


実際に本にあたって読むほうがいいと思います。
ほかの論争の一例をあげると、横山秀夫作『半落ち』の直木賞落選理由をめぐるもの。こちらはWikipediaの「横山秀夫」の項目、または「林真理子」の項目をご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、読んでみたいと思います。
半落ちの騒動は聞いたことがありました。論争というより林真理子の一方的な批難のような気がしないでも無いですが……(笑)
回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2012/10/19 22:22

私は詳しく読んだことはないのですが、甲賀三郎という推理作家が80年位前に、本格ミステリ論争を繰り広げています。


大下宇陀児、木々高太郎、江戸川乱歩と言った名前と検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

甲賀三郎というと本格推理小説というのを言い始めた人でしたかね。
色々読んでみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/19 23:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「容疑者 室井慎次」は「交渉人 真下 正義」を見ていなくても話が分かりますか?

過去の質問を検索したら、「容疑者 室井慎次」見たけど良く分からないかったというのがあって余計心配になりました。

私は「交渉人 真下正義」も見たのですが、見ていない人と一緒に「容疑者 室井慎次」を見たらその人は面白く無いですか?一応それまでのドラマと映画2本は見ています。

あと「交渉人」で分からなかった謎は「容疑者」で明らかになっているのでしょうか?こちらも合わせて教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
どこまでがネタばれとなるか分からないのですが、公式に書いてある程度です。



『交渉人』を見ていないと分からない、と言う点は無いと思いますので大丈夫ですよ。

私もう~ん?となる点がありました。警察構造が複雑(私の理解力の関係もあるかもですが)で、混乱してしまったのです。
警視庁と警察庁の違い等を予習しておくと分かりやすいかも…?
分かる人は分かると思いますが私は分かりませんでした^^;
「お勉強」したのでもう一度見に行こうかと…。

『交渉人』の謎、『容疑者』ではまったく一切そのことには触れていません。
交渉人2の話もあるようですし、そこで分かるのではないのでしょうか?

Q遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。

遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。
第一弾が「白夜行」で、今は「分身」を読んでいます。
次にオススメの本は何でしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の回答を見て、やっぱり人によって感覚が違うので面白いなと思いました。
20冊以上は読みましたが、私にとっては白夜行は、トップクラスです。
幻夜は、まあ続きということで・・・というぐらい。

流星の絆は、珍しくほのぼのとして好きです。
逆にさまよう刃は、とても重いけれどそれはそれでよかったです。
秘密はとてもよくできたストーリーだと思います。
新参者は、発想がとてもユニークです。
赤い指も好きな方です。
手紙は、映画の方がどちらかというとラストの感動は大でした。

ちょっと変わったところで仮面山荘殺人事件はコテコテのサスペンス劇場っぽくて
好きです。

というぐらいですが、どれからでもいいのではないかと思いますよ

Q映画「容疑者室井慎次」の犯人女優の名前

容疑者室井慎次にラストで犯人とわかった女優の名前だれかしりませんか?かわいいので知りたいです

Aベストアンサー

木内晶子さんではないでしょうか?

参考URL:http://www.jame.or.jp/izawa/kinouchi.html

Q東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」という一文がありましたが、これはどの本のことをいっているのでしょうか?
加賀刑事が出てくる本は全部読んでいたつもりですが、思い浮かばなくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も東野圭吾さんの本が大好きです。
加賀恭一郎シリーズもしっかりチェックしてます。

>新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」

こちらの文章ですね、私も気になりました。
それで多分なのですが・・
加賀恭一郎が好きになったバレリーナのお話がありました。(眠りの森)
その好きになった女性が罪を犯してしまい、加賀さんが解決するけれど、
女性をこれから弁護して守っていく・・という流れの結末だったと思います。

それが、「弁護側の情状証人として出廷した」なのかなぁ・・と想像しました。
いかがでしょうか。

Q「容疑者 室井慎次」のプログラム

「容疑者 室井慎次」のプログラムで。柳葉敏郎氏のインタビューのページ、室井慎次の経歴設定で

99年7月警「視庁に復帰、01年7月警察庁刑事局刑事企画課課長補佐、警視正の階級に戻る。03年4月より現職。」

の「」内部分がシールで訂正されています。

このシールの下、最初は何が書いてあったのか、剥がしてみた方がおられたら、教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の持っているパンフは誤植のままで訂正のプリントが入っています。
ですので、はがさずともわかりますので書きますね。

正=「01年7月警〔察〕庁刑事局刑事企画課課長補佐」

誤=「01年7月警〔視〕庁刑事局刑事企画課課長補佐」です。

警察庁が正しいのに警視庁になっています。

質問者様がお持ちのパンフはどうかわかりませんが実はもう一つ
間違いがあります。
八嶋智人さんの(灰島弁護士役ですね)インタビューのところで
「灰島法律事務所所長 弁護士」の下が「灰〔原〕秀樹」になっています。
(かなり致命的なミスのような気がしますが 笑)

ということで参考まで。

Q東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」について質問です。

東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」について質問です。

この本を読みましたが、犯人当てにどうしても確信が得られません。
この後、読まれる方に邪魔にならない程度でも結構なのですが、
犯人の特定(男か女かでOK)とその根拠を教えてもらえたらと思います。

袋とじまで読みましたが、どうしても確信がもてず、消化不良です。どなたかパンシロン役をお願いします。

Aベストアンサー

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-konno/impressions/Higashino_34_ex.htm

Q「交渉人 真下正義」、「容疑者 室井慎次」 次は誰?

(1)「踊る大捜査線」シリーズで本編以外のスピンオフ企画として上記2作品がありますが、
同シリーズで次に映画化されて主役になるキャラクターは誰だと思いますか?
選んだ理由もありましたら、お願いします。
個人的には、和久さんで作って欲しいけどなぁ…、無理だし。

(2)スピンオフではなく本編(青島君主役)で、続編は製作されると思いますか?

普段、あまり邦画を見ることってないのですが、このシリーズは見てしまいます。

Aベストアンサー

僕も、このシリーズは面白いですねそれはさて置き

1、1番さんの言う通りその可能性は無いと思います
あくまで、噂ですがこのような記事が有ります(一部抜粋)

●フジテレビいくら何でも・・・

「交渉人 真下正義」がヒット中のフジテレビ。次の柳葉敏郎主演の「容疑者 室井慎次」も決定しているが、これに腹を立ててるのが織田裕二。

「踊る3」の打診をされたときに、「長さんの一周忌が終わってないのに、映画のことは考えられない」と断ったのに、フジは金儲けのために、次々とシリーズ映画を作製。フジテレビは、これに味をしめて、なんと深津絵里主演の「恩田すみれ」や、北村総一朗主演の「神田署長」も企画してるという。これには織田裕二も堪忍袋の緒が切れて「もう映画に出ない。フジとの決別も考える」と漏らしたそうだ。

前回の映画では、他の芸能プロを差し置いて、織田裕二の事務所が映画製作に出資していたことが判明。後で反感を買った。これで、織田裕二の事務所も相当稼いだはず。収入を考えれば当然「踊る3」をやった方がいいが、こだわり派の織田裕二には納得できないかもしれない。見てみたいな、織田裕二と柳葉敏郎がバチバチやり合う撮影現場を。
http://homepage3.nifty.com/nonu/gfujitv16.html

2、上にも書きましたが、多分無いですね
「「踊る3」の打診をされたときに、「長さんの一周忌が終わってないのに、映画のことは考えられない」と断ったのに、フジは金儲けのために、次々とシリーズ映画を作製。フジテレビは、これに味をしめて、なんと深津絵里主演の「恩田すみれ」や、北村総一朗主演の「神田署長」も企画してるという。これには織田裕二も堪忍袋の緒が切れて「もう映画に出ない。フジとの決別も考える」と漏らしたそうだ。」
と書いてる?事は多分無いのでは?
と思います(僕的には、復活して貰いたいですが・・・)

あと補足としてこのような文書?があります

●「踊る大捜査線3」はもう実現不可能?
織田裕二がカンカンらしい。織田はいかりや長介が死んだことや、今は月9に集中していることもあって、「踊る3」については断っていた。ところが、フジが織田の了承をとらずにユースケサンタマリア主役の映画を作る発表をしてしまった。しかも犬猿の仲の柳葉敏郎主演の映画の計画もあったという。織田は一時月9降板を口にしたらしい。
http://homepage3.nifty.com/nonu/gaaaa.html

僕も、このシリーズは面白いですねそれはさて置き

1、1番さんの言う通りその可能性は無いと思います
あくまで、噂ですがこのような記事が有ります(一部抜粋)

●フジテレビいくら何でも・・・

「交渉人 真下正義」がヒット中のフジテレビ。次の柳葉敏郎主演の「容疑者 室井慎次」も決定しているが、これに腹を立ててるのが織田裕二。

「踊る3」の打診をされたときに、「長さんの一周忌が終わってないのに、映画のことは考えられない」と断ったのに、フジは金儲けのために、次々とシリーズ映画を...続きを読む

Q東野圭吾さんレベルの作品・作家を教えてください!

昨年会社を退職し、自由時間ができたので読書に没頭しています。
といっても作家及び作品に対する情報は乏しく、とりあえず話題の方の本を読んでいます。

東野さんの中では特に下記4つが好きです。
「白夜行」「幻夜」
「パラレルワールド・ラブストーリー」
「時生」

ワクワク・ハラハラするもの、意外性のあるものが好きで、おまけに感動がついてきたら最高です(パラレル、時生は感動しました。でも「秘密」「分身」はあまり好きではありません)。
上記4つが好きならコレも好きだろう!と思われる作品を教えて頂けませんか?

また、色んな方の作品を読んでみたいので、オススメの作家さん・作品を教えてください! 
短編集ではなく長編がいいです。文庫本で出ているもの希望です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)
・島田荘司さん「占星術殺人事件」に始まる御手洗潔シリーズ。ミステリーという要素以外の人の心を打つような深さがある作品は「異邦の騎士」「数字錠」「最後のディナー」「最後の一球」など。ただこれらの作品はシリーズの順番に読んだほうがいいと思います。
・貫井徳郎さん「慟哭」(悲しいお話だけど先が読めずハラハラ)「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」3部作
・乙一さん「暗いところで待ち合わせ」(感動的な要素が強い)
・坂東眞砂子さん「狗神」(日本古来の風俗を意識した作品)
・貴志祐介さん「青の炎」(悲しく感動的)「黒い家」(映画化。社会派ホラー)「ISOLA-13番目の人格―」(ミステリー?)
・筒井康隆さん「時をかける少女」(おなじみ)「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」(七瀬シリーズ3部作)
・加納朋子さん「一番はじめにあった海」(ちょっと変わったミステリー?)

ぜひご参考までに。

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)...続きを読む

Q容疑者 室井慎次

映画を見てきました。大体の内容は分かったのですが、大杉漣さんの役って何だったんですか?ワンシーンしか出てこなくて分かりませんでした。

Aベストアンサー

こんにちは。

#1さんのおっしゃるとおりです。
もう少し詳しく書くと、
MOVIE1では警視庁公安部の部長
容疑者では警察庁警備局公安課の課長
です。

参考まで。

Q東野圭吾について

 日本語を勉強中の中国人です。東野圭吾の作品はいかがでしょうか。いま中国上海で村上春樹とともに、一番よく売れる日本の作家です。私はずっと前に、「秘密」を読んだことがあります。もしよい作家でしたら、「秘密」以外に、一冊お勧めください。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 「白夜行」はオススメですよ。
 あと「容疑者Xの献身」。こちらは、映画にもなってます。

 他には「時生」もオススメです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報