人気雑誌が読み放題♪

可能不可能は考えないものとします

現在19歳無職男
サッカー経験は小4までです

今から出来る最善の行動、練習方法などを教えてください
最終的にどうアピールできるところまでいくかなど
サッカーの為だけだとしたらわざわざ大学に行くより社会人でやっていた方がいいのでしょうか+?
サッカーに費やす時間は24時間とれます

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

おはようございます。



どうよら可能な限りトップレベルに近いサッカーを体験されたいのですね。基礎から学んでいく必要がありますね。

アルバイトでも、定職でも仕事をまず安定させながら地域のクラブを探すのがいいかと思います。

最善の行動や練習方法、とかは自分で考えてください。自分で考え決断する力がなければレベルアップはしません。

大学でサッカーを「学ぶ」のもいいことです。サッカー以外のことを学ぶことも大事な時期です。サッカーに24時間費やす必要もないし。そんな選手は世界中どこにもいません。

サッカーの「楽しさ」とか「夢」とか、自分はどう考えているのだろう・・自問しながら答えを自ら出してください。夢物語のようなことがサッカーでは一杯あります。挫折と成功を繰り返しながらステップアップしていきます。

高校時代ラグビー高校日本代表にも選ばれた選手が、大学からサッカーを始めて日本代表に定着したことがあります。荒削りでしたが、ダイナミックなサイドバックでした。リタイア後は指導者として活躍されました。「ドーハの悲劇」の時、オフト代表監督の横にいた代表コーチの清雲栄純さんです。

「環境」はサッカー向上のひとつの要素ではありますが、私はそれほど重視しません。すべては「あなたが考え決める」ことです。選択肢は無限にあるのですから。

自分で決めたことなら言い訳も人のせいにも出ません。頑張れると思いますよ。
    • good
    • 3

お住まいがどちらかはわかりませんが、


プロを目指しているJFLもしくか、その下部リーグに所属しているクラブ等を当たってください。

入れてもらえなかったら、どんどんその下のクラブを探して、入れてもらえるところを当たりましょう。
そこが「あなたの現在地」です。
そこからは、どんどん練習してどんどん上のクラブに渡り移ってみる方法が現実的です。
3年でJFLのチームに入れるくらいにならないと、プロは無理でしょう。

サッカー歴でなくても、19まで運動を第一線で行っていた人であることを願っています。
10歳から運動していないのなら、諦めてください。
ある程度の基礎体力が望めない方は、体づくりだけで3年はかかるでしょうから。。。
    • good
    • 4

こんな所でそんな初歩以前の事聞く時点で誰も真剣に考えている人間だなんて思ってないです。


真剣に考えてる人間は既に自ら行動しています。
プロクラブやサッカーチーム関係者に直接電話したりクラブに行ったりとか、多少迷惑かけてしまうとしてもね。

・・・申し訳ない。サッカー選手でしたね。
その辺のチームに所属すればなれますよ(笑)
何もしなくても所属するだけでOKです。
    • good
    • 2

最近、ラノベと同レベルの妄想が多いですね。



ヒキニートがドラフト首位で獲得された新人に憧れるようなモノです。
日本は海外ブランドに弱いので、今すぐ、海外のユースやその更に下のチームに
入れるかどうか、そこで実績を上げるしかないでしょう。

まあ、実際は門前払いでしょうが。
    • good
    • 0

プロになりたいのか


とりあえず真剣に試合に挑める現場を求めているのか

社会人と気軽にいいますが
現状、会社経営がかなり厳しく予算縮小で活動休止するところが多数出ているので
解散する不安を無くサッカーに挑むには大学が無難かと

野球と違ってサッカーの場合は個人練習でもどうにかやっていけるのでしょうが
天皇杯出場を目指すようなチームでもさがしてみてはいかがでしょうか。
そこでレギュラーになれるかどうかは分かりませんが
高いレベルの環境で練習していけば、色々と得るものもあるかと。

アビスパですら、テスト受講生には
『即戦力しか要らない』
『将来性の見込みなど求めていない』
と門前払いの状態です。

とりあえず、どこか入れるチームを探すことからじゃないでしょうか。
    • good
    • 2

まずは100mを10秒台で走れないと非常に険しい道になります


素で11秒台で走れなければ諦めた方がいいです
走力は才能が左右します
技術は素晴らしいけど一瞬のダッシュ力がない人はごまんと居ます
逆にいうと走るセンスさえよければそこそこ活躍できてるのが現状です
リフティングが素人以下でもその走力で日本代表で活躍した選手は少なくないです

遊びでいいからまずなんかのクラブの練習に飛び込んでからです
    • good
    • 2

それこそJリーグに所属するプロはスポンサーついて、球団からも年俸もらってサッカーに集中できる環境はありますよね。



でも下部のリーグの方々は普通に仕事して、自分の生活費や遠征費、活動費は自分で稼いでいます。
まずは活動資金を得るために働きましょう。働きながら下部リーグに所属しましょう。

それかいっそ海外に行くとか。とりあえず物価の安い東南アジアあたりがよろしいかと思います。
    • good
    • 1

あなたが、云う『サッカー選手』がどのレベルかに依ります。



日本国内に限定しても、J1,J2等のプロリーグや、その下位?のオフィシャル(企業)チームに属するなら、サッカーでお金を儲けられるための技術や器量が必要です。


アマチュア団体であれば基本的には来る者は拒まずですが…

この回答への補足

回答ありがとうございます
目標は前者です

補足日時:2012/10/30 21:01
    • good
    • 2
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q28歳からサッカーを始めます。

<質問>
28歳のサッカー初心者の男性が、どのようにサッカーが上達する練習をしていけばよいのでしょうか?

以下の自分の弱点に対し、どのようなトレーニングをつめば、克服できるのでしょうか?
どうかよろしくご教授ください。

<自己紹介>
すでに草サッカーチームに所属し、1年経っています。
チームメイトは大学生もしくは社会人までサッカーやってきている人しかいません。
だから、私は経験年数1年というところですが、チームのお荷物状態です。

右利き。172cm, 64kg.
リフティング可能回数:10回

<サッカートレーニングに対する予算>
月3万円

<ポジション>
右サイドハーフもしくは右サイドバック。

<自分が判断する自分の強いところ>
チームの中で、ある程度走れる(中レベル)。

<自分が判断する自分の弱点>
ボールコントロールの下手さ。
視野が極端に狭すぎる。
ボールを簡単に失う。

<自己練習内容>
ランニング5km 週3回
体幹トレ 週3回

Aベストアンサー

 33歳からリフティング始めましたら、それまで十回しかできなかったのが一週間で百回は越えるようになりました。学生サッカー経験者で、試合にはあまり関係なかったですが、ボール中心を良く見てヒットする基本にはなります。 下記のURLページ中ごろの、「小野伸二選手のリフティング講座」youTube、この解説には私の回答履歴2pの「リフティングのこつ」質問への答えがピッタリ、御参照を。
 手前味噌で申し訳ないけど、私同級生に日ハムファイターズの正捕手担ったのがいて、モノ凄い運動神経だったけどサッカーだけは今一だった。シロートさん何が目立って違うかというと、インステップキックとトラップができない。こればかりは集中訓練必要です。
 トラップの基本としてのリフテ;ボール投げ上げ、足甲固定して球の中心に、最初は当てるだけ。次に足引いて空中に一瞬ボールをストップ静止させる感覚、次はインサイドで同様。これ全ての基本です。足引かず止めずちょっと蹴り上げればリフテです。
 インステップ;おそらく土グランドだと芝上のようにボール浮いてないので、中心と甲をインパクトさせるには体、軸足側に倒して真っ直ぐ蹴る事、そうしないとダフるでしょう? 最初は足首反さず蹴り上げず、低い弾道で前に押し出す感じ。前傾で体かぶせたり、後傾だと弾道どうなるか?色々試して。 最初にインフロントでカーブ掛けたりすると癖になるので後にして下さい。一月集中でかなり改善可能。
 <ボールを簡単に失う> ボールが足に付かないでしょう? すぐ体から離れてっちゃう。
 ドリブル練習にはコーンを使った左右両足でのスラロームは必要で、これは回答No1様の言う通り、少年教室参加も良いかも、大抵コーンでやってますから。なければ代用工夫して、南米では路上でやります。 次に足裏での引き球コントロール、これ憶えると次元変るよ。
 利き足インサイド足裏で球上を撫でるようにボール一回転進めて、それを連続して前進あるいは円周描いて戻ってくる。これは時間掛かるかも、だから慣れるには日頃から足裏にボール置く事です。
 <右サイドで、走力有り>ならば、単なるランニングではなく、トップスピードでボール使ったロングドリブル錬、その方が早く馴れます。ボールの突き出し方はクリスチャノ・ロナウド参考に。
 キック練習;ある程度の広さ必要、壁打ちできる所ありますか? 思いっきり蹴れればトラップ練習にもなるんだけど。 近場で蹴り仲間募集したら如何? 東京の公園でやってると大抵誰か一緒にやろうよ、となります。 代表試合前のアップで、W中村それぞれ二人組になって近距離から段々離れて黙々とキックしてました。2タッチ、ワントラップ、ダイレクト、と全てのキックで確認、二人は別次元でしたね。
 <右サイド>だとセンタリングやロビング必要ですか? インステップ憶えたら、インフロントでボールを上に上げるには、インパクト後フォロースルー時に足首返すと良い(土グランド)。
サイドバックで簡単に抜かれない為には細かいステップ・フットワークでの準備(cf、マリノス中沢の練習)。フェイント予測して、掛かったフリしても重心と意識は逆足にも残して置いて、足出して対応できる準備しておく。全て細やかなフットワークは必須(cf,テニスのスプリットステップ動画)
 <視野が極端に狭>;TVや映画など見る時、一点集中でなく何となく全体を一ぺんに見る、で一瞬で細部に何があったか憶いだす。 TVサッカー試合でも、ボール集中でなく逆サイドとか敵DFラインの配置とか同時に把握する、何となくで結構。 小笠原選手は顔挙げた時、最初に見ると言うか眼に入るのは、一番遠くで動いてるモノだそうです。
 キック瞬間は必ずボール見ないとダメですが、馴れれば視線落としてても、何となく周囲も把握できるようになります、意識は向けてないとダメですが。逆に視線上げてても、蹴る一瞬だけボール見れるようにもなれます。
 後は、お荷物でも楽しんでやって下さい。リフテ巧くいったら又どうぞ知らせて下さい。 
 
 

参考URL:http://www.newsdigest.de/newsde/content/view/1612/17/

 33歳からリフティング始めましたら、それまで十回しかできなかったのが一週間で百回は越えるようになりました。学生サッカー経験者で、試合にはあまり関係なかったですが、ボール中心を良く見てヒットする基本にはなります。 下記のURLページ中ごろの、「小野伸二選手のリフティング講座」youTube、この解説には私の回答履歴2pの「リフティングのこつ」質問への答えがピッタリ、御参照を。
 手前味噌で申し訳ないけど、私同級生に日ハムファイターズの正捕手担ったのがいて、モノ凄い運動神経だったけど...続きを読む

Qプロサッカー選手になるには

現在20歳の大学2年です
サッカー部には所属してません
プロになるには、どのような選択肢がありますか?
どうしても諦められません、レベルに関係なく
なるべく沢山のルートをお願いします。

Aベストアンサー

他の方が仰っているように「大学サッカーで名を売る」が現段階では最も現実的です。無論今からでは限りなく可能性は低いです。
または日本でプロを目指すのではなく、海外に出て現地でプロ入りを目指す方法もあります。(日本代表の中澤選手はこのような経歴を経て今に至ります。彼の場合は高校卒業後すぐでしたが。)

ただ「本場のサッカーを体験する」だけならばお金を出せばツアーなり留学なりを利用して参加出来ます。お金を払っている訳ですから、それなりに試合にも出してもらえるでしょう。ただ、所詮はお客なのでプロ契約にこぎつけるのは不可能に近いです。
一方「本気でプロ選手を目指す」なら、実力で周りに認められなくてはなりません。文にすると薄っぺらいですが、言葉の壁や差別も少なからずあるでしょうから、限りなく厳しい世界です。大学でサッカーをやる方が可能性は高いかもしれませんね。ただ日本に比べ裾野が遥かに広いので、チャンスは少なくないと思います。

とはいえ一番重要なのはコネだと思います。コネがなければ受け入れ先も見つからないでしょうし、安心してサッカーに打ち込めないでしょうからね。今までのサッカー人生で、どこかにコネを持った人間との接点はありませんか?

アルゼンチンにウラカンというクラブが所属しているのですが、そこには加藤友介選手という22歳の日本人FWが在籍しています。まだベンチが定位置らしいですが、途中出場からゴールを決める等しっかりと戦力として認められているそうです。彼は18歳の時に南米に渡ったそうで、やはり南米にコネのある方を通じてクラブを紹介してもらったそうです。ウラカンは長らく2ndディヴィジョンから抜け出せなかったのですが、昨シーズンに昇格圏内に入り、来シーズンからはトップリーグで戦う事が決まっています(ボカやリーベルと同じディヴィジョン)。

他の方が仰っているように「大学サッカーで名を売る」が現段階では最も現実的です。無論今からでは限りなく可能性は低いです。
または日本でプロを目指すのではなく、海外に出て現地でプロ入りを目指す方法もあります。(日本代表の中澤選手はこのような経歴を経て今に至ります。彼の場合は高校卒業後すぐでしたが。)

ただ「本場のサッカーを体験する」だけならばお金を出せばツアーなり留学なりを利用して参加出来ます。お金を払っている訳ですから、それなりに試合にも出してもらえるでしょう。ただ、所詮...続きを読む

Q大人から始めてプロ級になれるもの

今、大学1年生なんですが、今から始めてプロ級になれるものって何かあると思いますか?例えば囲碁とかは、今から始めて頑張ったらプロ級になれるものなのでしょうか?何かありましたら、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

趙治勲のお兄さんが小学生で日本に囲碁留学にきて、「遅すぎた!」と思って、幼稚園だった弟の治勲を「彼なら間に合う」と、呼び寄せたそうです。
それは本当のプロの世界の話で、逆に早期教育してもほとんどはプロになれないわけで、うまいアマチュアなら今からでも大丈夫かも。

No.9さんのおっしゃるように、自分が先天的にどんなものに向いているか、探し出すことが先決です。
あまりに自分だけ上達がのろいと、練習がつらくなり、結局は挫折しがちです。
なんとなく心魅かれる、子供のときから得意だったものは何ですか。

周囲で、楽器を自ら始めてプロレベルの人って、なぜかほとんど理数系の人です。
学科の得意と、趣味も関係があるのかもしれません。

そのあと良い師を探す。お金がどのくらいかかるかも調べた方がいいですね。~道と呼ばれる伝統的なものは、月謝以外にけっこうかかります。

Q大学生になってから、本気で練習すればプロテニス選手になれますか?

大学生になってから、本気で練習すればプロテニス選手になれますか?

今までラグビー、サッカーをやってきました。前者は地区選抜でしたが諦めてしまい、後者は東京都代表候補までいきましたがポジションがキーパーでヘルニアになってしまい、サッカーをやるのはつらく、あきらめかけているところです。友達もテニスやっていて楽しそうでテニスがやりたくなり、自分は何か物事をやるなら頂点を取りたい性格なので、そのテニスをやるからには頂点を目指したい。なので本気でやります。逃げはしません。こういう性格ですが、是非、可能性を教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 みなさんお書きになっているとおり、大学からテニスをはじめて、ATP(世界)ツアーをまわるランキングプレーヤーになるのはまず無理でしょう。
 しかし、JTAランキング200位以内に入ることは十分可能です。
 もちろん人並みはずれた才能(シングルスの場合は特に脚力とメンタル)となみなみならぬ努力、めぐまれた環境が必要ですが。

 とまれ、何事もやってみなくは始まりません。
 見る人が見ればセンスなんてものはすぐにわかりますから。
 ただテニスは腰をローテーションさせる動きが多いので、ヘルニアの再発は覚悟しておいたほうがいいでしょう。
 
 いずれにしろ、現代のスポーツで18才から始めて頂点に立てるのは、一部のウィンタースポーツ(スキーやボードも無理です)やモータースポーツくらいしかないですね。

 本当にキーパーで都代表候補に選ばれるくらいなら、今後、なんのスポーツを始められても、そこそこ(区代表)まではいくでしょうから、心から楽しめるスポーツを見つけられるといいですね。

 もちろん粘りづよくサッカーを続けられてもいいとおもいますよ。

 こんにちは。

 みなさんお書きになっているとおり、大学からテニスをはじめて、ATP(世界)ツアーをまわるランキングプレーヤーになるのはまず無理でしょう。
 しかし、JTAランキング200位以内に入ることは十分可能です。
 もちろん人並みはずれた才能(シングルスの場合は特に脚力とメンタル)となみなみならぬ努力、めぐまれた環境が必要ですが。

 とまれ、何事もやってみなくは始まりません。
 見る人が見ればセンスなんてものはすぐにわかりますから。
 ただテニスは腰をローテーションさせる動きが...続きを読む

Q30歳を超えてからのデビュー

今現在スポーツに関しては素人です。(水泳と卓球・ボディビルの経験はあり)
30歳を超えてから、練習してプロになれるスポーツ種目はありますか?
またその競技で30歳を超えてプロになった選手は誰ですか?

Aベストアンサー

プロゴルファーには年齢制限がないようです。
なので、趣味に毛が生えた(と言っても実力は必要です)程度でも
プロテストは受けられます。

また、地方にもよりますが、ダーツの大会で賞金が出ることが
あります。大きな大会なら数十万~程度の賞金がでるようです。
なので、上位に食い込めば足代+飲み代くらいはでるようです。

ボウリングは、下の年齢制限(16歳以上)はあるものの、上の
年齢制限はないようです。

とりあえず、思いつくものをあげてみました。
趣味+αで考えるなら、やはり年齢が上がっても続けられるものを
選んだほうが楽しめるとおもうので、結構お年をめしてる方も
プロとして活躍しているスポーツを選んでみました。
(周りでやっている人がいるスポーツを選んでいるので、
マイナースポーツは全然考慮していませんが、ボブスレーや
スケルトン(どちらもウィンタースポーツ)で30台の方が
オリンピックを目指していたりするので、マイナースポーツでは
もっとたくさんありそうな気はします。)

QJリーグチームって入団テストしてたりするんですか?

プロ野球チームの場合(たしか吉井投手が戦力外通告受けたあとオリックスのテスト受けてたと思うのですが)、一般公開の「入団テスト」ってないんですかね。

と、ここまで書いて以下のサイトを見つけたのですが、これは「解雇された元Jリーグ選手」向けのようです。
http://www.j-league.or.jp/release/000/00000391.html

「知られざる新人」が、トライアウトで発掘されて活躍していくというのは、古今東西のスポーツ漫画の王道だと思うのですが、それを可能にする「一般公開の入団テスト」みたいのって、Jリーグチームにはないんですかね。

先日キャプテン翼を読んでてふと気になったので、誰かご存知の方いらっしゃったらお教え願えませんか。できれば実際の募集広告のリンクみたいのもあれば面白いのですが。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

サッカーと野球の組織の違いもあるとおもいます。
たいていのスポーツの場合、「日本サッカー協会」とか「日本バレーボール協会」とか協会の下に組織が統一していますが、野球はそういうのがありません。
野球は乱暴に言うと、「日本野球機構(プロ野球)」「日本野球連盟(アマチュア野球)」「日本学生野球協会 (全日本大学野球連盟、日本高等学校野球連盟)」など、それぞれが勝手にやってる状態です。各協会ごとでいざこざや問題が噴出してたりします。私が子どもの頃は、引退した選手からしか公式に野球を教えてもらうことはできなかったりしました。(野球でプロがアマにかかわりを持つのは許されない!、触るだけでも不可!)
野球では連盟や協会ごとのつながりが希釈なので、個人で動く人の受け皿を各所にもうけなければならないのでは?、と思います。

その点サッカーは、野球に比べ風通しはかなりいいと思います。
学生の頃は、クラブチームのユースを選択するもよし、学校のクラブもよし。
大会も、J1→J2→JFL→都道府県リーグ→地域リーグときちんとピラミッドができてますし。
天皇杯という大会は、プロアマとわず、チーム登録してあればどんなチームでも参加できますし。
サッカーがうまければ、チームをステップアップしながらどんどん上をめざせる環境はどんどんできあがっていると思います。

サッカーと野球の組織の違いもあるとおもいます。
たいていのスポーツの場合、「日本サッカー協会」とか「日本バレーボール協会」とか協会の下に組織が統一していますが、野球はそういうのがありません。
野球は乱暴に言うと、「日本野球機構(プロ野球)」「日本野球連盟(アマチュア野球)」「日本学生野球協会 (全日本大学野球連盟、日本高等学校野球連盟)」など、それぞれが勝手にやってる状態です。各協会ごとでいざこざや問題が噴出してたりします。私が子どもの頃は、引退した選手からしか公式に野球を...続きを読む

Q明日も走りです、もうヤバイです。

みなさんこんにちわ。
私は高1でサッカー部に入っているものなんですが、
サッカーを始めて8年目くらいになるんですがいまだに体力がありません。試合でも後半は中途半端になってしまい、どうしても後悔してしまいます。昔からなかなかきついトレーニングをしてきたんですが、体力面では一向に良くなる気配はありません。
週二回は走りがあるのですが、体力のない私にとってとても辛いです。内容は、40分間を自分のペースで走るものや、ダッシュを繰り返す練習もあります。どうしたらこれらの練習を乗り越えられるでしょうか。シャトルランなどでもやっている人もいる疲れにくい走法や、試合中などでも短時間でなるべく体力を回復する方法、呼吸法など、サッカーに適していることを知っている方がいらっしゃいましたら何でもいいので教えてくださると嬉しいです。ほんとしんどいんです(涙)明日も走りです・・・。
物などに頼っても仕方がないとは思うんですが、「ヴァーム」っていうはちのこか何かが入った飲料をサッカー部の人に紹介されたんですが、あれは多少楽になるでしょうか。マラソン選手のキューちゃんも飲んでいるんだとか・・・。どういう原理で楽になるんでしょうか。あと、飲料タイプとゼリータイプがありますが、どちらがいいでしょうか。明日はかなりきつい走りらしいので一日を乗り切れればと思いまして・・・。
あと、睡眠時間って体力に関係しますか?たまにとても調子が良い日があるんですが、睡眠が関係しているのか、それとも違うことで調子が良いのかうまく研究できていません・・・。
ご回答よろしくおねがします!

みなさんこんにちわ。
私は高1でサッカー部に入っているものなんですが、
サッカーを始めて8年目くらいになるんですがいまだに体力がありません。試合でも後半は中途半端になってしまい、どうしても後悔してしまいます。昔からなかなかきついトレーニングをしてきたんですが、体力面では一向に良くなる気配はありません。
週二回は走りがあるのですが、体力のない私にとってとても辛いです。内容は、40分間を自分のペースで走るものや、ダッシュを繰り返す練習もあります。どうしたらこれらの練習を乗り越...続きを読む

Aベストアンサー

 サプリメントなどの情報はほかの方にお任せします。今すぐ寝なさい。

 トレーニングして体力向上及びコンディション維持を図るなら睡眠は絶対条件です。最低8時間は寝るべきです。ある欧州クラブチームのFWは毎日9時間寝てコンディションを保っていると聞きます。私は高校の時陸上をやっていましたがやはり8時間以上睡眠をとって初めて朝練・昼練・夜の筋トレをこなすことができました。というより体が勝手に睡眠を求めていました。

 あと、寝るタイミングも大切です。夜10時以前に寝ればベストコンディションで明日に臨めるでしょうが、それ以降は保証できません。日付をまたぐなどもってのほかです。人間の体は体内時計を持っており、日の出・日の入りにあわせてスイッチがオン・オフするようにできています。これを守らないと体内時計が狂い、いくらたくさん寝ようと体調が狂います(時差ぼけと同じです)。脱線ですが、労働法で夜10時から朝5時までを「深夜勤務」と位置づけて、給与を通常の1.25倍にし、また同時間帯に未成年者(18歳未満)の勤務を禁じているのは以上の理由も深く関係しています。今われわれが夜更かしをし、眠いながらも日々の仕事をこなしているのは著しく自然に反しているのですが、これが日常化しているため感覚が麻痺しているだけです。生活リズムを改善するだけで、あなたはもっと健康に、自分の力を発揮できるはずです。がんばってください。

 サプリメントなどの情報はほかの方にお任せします。今すぐ寝なさい。

 トレーニングして体力向上及びコンディション維持を図るなら睡眠は絶対条件です。最低8時間は寝るべきです。ある欧州クラブチームのFWは毎日9時間寝てコンディションを保っていると聞きます。私は高校の時陸上をやっていましたがやはり8時間以上睡眠をとって初めて朝練・昼練・夜の筋トレをこなすことができました。というより体が勝手に睡眠を求めていました。

 あと、寝るタイミングも大切です。夜10時以前に寝ればベストコ...続きを読む

Q高校から始めてプロになったサッカー選手はいますか?

高校から始めてプロになったサッカー選手はいますか?

Aベストアンサー

要するにあなたが本気かどうかです。努力は嘘をつきません。ランニングをみんなが
5キロ走ってるなら自分は15キロ走る気持ちとか
人の何倍も努力しなければプロにはなれませんがんばれ!
僕と同じ青少年!!

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q体が硬いのはサッカーには致命的?

小学校3年の息子が少年団のコーチに体が硬いとの指摘を受けました。だからドリブル突破が出来ないとのことでした。サッカーにおいて(スポーツ全般にも言えることなのかもしれませんが)体が硬い名選手というのは生まれない物なんでしょうかね?

Aベストアンサー

#6です。

たとえば2m近い長身でなおかつ50mを5.5秒で走る選手がいれば、少々体が硬いなんてことはハンデにもならないと思うんですよね。
それはちょっと極端ですが、何か欠点があっても他に何か素晴らしい長所があれば、衆に秀でた選手になれる可能性は十分あるはずです。私が『体の硬さを補う方法なんていくらでもある』と言うのはそういう意味ですし、『だから決して悲観的になる必要はない』と思います。

かつてのジーコやトニーニョ・セレーゾがそうだったように、一流選手の全てが必ずしも完璧なアスリートであるとは限りません。日本代表クラスの選手でも鈴木隆行や大久保嘉人、西沢明訓などは体が硬いともっぱらの噂ですし。(←人に聞いた話ですので真偽は知りませんが・・・)

私自身がかつて一緒にプレーした中で最もレベルが高かったのは『プロでは成功しなかった』『惜しくもプロになれなかった』というランクの選手ですが、彼らの中にはえっ?と驚くくらい体の硬い人も実際何人かいました。
まあ彼らを『体が硬くてもここまでやれる』と見るか『体が硬いからダメだった』と見るかは意見の分かれるところかもしれませんが(笑)。でも少なくとも私は、魔法のような変幻自在のテクニックを繰り出しジャンピングボレーも楽々とこなす彼らを見て、後者の見方は出来ませんでした。

サッカーをやるのに、足は遅いより速いほうがいいですし、背は低いより高いほうが有利ですし、頭も悪いよりは良いほうが見込みありますし、体が硬いよりは『柔らかい方が良い』と思います。
身長はそう簡単に伸ばせませんが、#7さんも言われるように体の柔らかさはトレーニング次第である程度までは得られるものですから、そのための努力は大いにすべきだと思います。

でも『体が柔らかくなければ駄目』とまで言われると、そういう意見には少なからず疑問を感じます。

#6です。

たとえば2m近い長身でなおかつ50mを5.5秒で走る選手がいれば、少々体が硬いなんてことはハンデにもならないと思うんですよね。
それはちょっと極端ですが、何か欠点があっても他に何か素晴らしい長所があれば、衆に秀でた選手になれる可能性は十分あるはずです。私が『体の硬さを補う方法なんていくらでもある』と言うのはそういう意味ですし、『だから決して悲観的になる必要はない』と思います。

かつてのジーコやトニーニョ・セレーゾがそうだったように、一流選手の全てが必ずしも...続きを読む


人気Q&Aランキング