システムメンテナンスのお知らせ

地元に有名な山があります。
小さい時から、救助隊員の二次災害を心配していました。

なので現在、
雪山登山は自殺行為に等しいと思っています。
大自然の厳しさを物理的に考えた場合、遭難者は出て当たり前だと思います。

なのになんで、救助してあげる習慣が、日本にはあるんでしょうか?
また海外では、救助してあげる習慣が、あるんでしょうか?
不謹慎かなあ・・・と周りに聞く勇気が、
子供時代から有りません。教えて下さい。

日本って全体的に、過保護が主流で、自立心促す習慣がない様な・・・
使えない社員が居ても、解雇されずに発覚されない様、
周りがかばってるし。
雪山救助も文化の一つなんですかね?
二次災害の被害者の身内が可哀想で辛いんですが・・・

gooドクター

A 回答 (13件中1~10件)

雪山遭難救助は、やっぱし人道的なかんがえからやっていると思います。

 自衛隊 警察 消防は、災難救助が
仕事ですので、上司の命令が有れば 拒否出来ないので
大変だと思います。 わずかな危険手当で行くのですから
冬山遭難は、命がけです。
地元の消防団、登山会も、冬山の捜索は手当が一日5万円
出るとは言え、保険金を掛けて行くのですが、死んでしまったら 割が合わないでしょう。(夏山の手当は3万円)

私自身は、 冬山登山は自殺行為だと思ってます。
みんなが 自粛すべきだと思います。

最近は 夏山でも中高年の単独遭難が増えてます。
自分の力量が判らず 遭難が多い。
自分勝手な人が多く、山岳ガイドのアドバイスを聞かずに事故に遭う人も 多いそうです。

夏山でも ヘリコプターを飛ばすと すぐに1千万円
掛かってしまいます。

慎重さが 要りますね。

私も親戚の家の高さ数百メートルの裏山で、4月に山菜取りに行き 滑落したこと有りますから。
幸い 大したこと無く済みましたけど 雪崩は怖いです。
何も装備に無く 長靴履いて入ってしまいので。
春になってのポカポカ陽気でしたので油断でした。
家から500m以内の距離だと タカを括ってました。 
    • good
    • 0

人命救助です。



どんな「軽率な行動に基づく結果」であろうと、人の命よりも重いものはない、という思想に基づくものです。

そして、雪山登山は確かに軽率な行為であろう、ということが公序良俗としてあるのだからこそ、「民間による救助活動は有料」なのだと思います。

もし、「軽率な行動をするような命は、ほうっておけばいい」というのが公序良俗である社会であれば、当然救助などしないでしょう。救助行動そのものがおっしゃるとおり危険な行為で、不幸な結果を招くリスクがあるのですから。

一方、海の事故は一概に「軽率な行動の結果」とも言えませんし、海難救助は、雪山での捜索に比べれば一概に危険ともいえないので(危険なときは捜索しないのだから)、無料でおこなう、と考えると分かりやすいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

10件レスが入りましたので、締め切らせて頂きます。
学術的かつ物理的に語って下すった方々、ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2004/02/14 19:30

>二次災害の被害者の身内が可哀想で辛いんですが・・・



かわいそう? それは本人にしかわからないこと。
ホントに嫌なら、二次災害に遭うような仕事に就かなければいいわけで。あなたみたいに。
    • good
    • 0

たとえどんな理由であれ、死にそうになっている人を見殺しにすることはできません。


だから救助に向かうんだと思います。
それは海外でも同じですし、冬山に限りません。
海水浴に行っておぼれた人も、救助に行きますよね。
車で遊びに行って事故に遭った場合でも、救急車は出動しますよね。

冬山は危険ですが、危険は冬山だけに存在しているのではありません。
冬山でも、十分な準備と計画、装備を持って、天候に注意すれば事故は回避できます。
自殺行為などではありません。

しかし、経験の少ない人が不充分な装備でいけば、これは自殺行為です。
したがって、遭難者は非難されるべきだと思っています。
だからといって、見殺しにするわけにはいきません。

また、二次災害が予想されるときは救助隊も向かいませんし、
冬山の場合、救助隊員も登山をする人がほとんどです。
自分も登山をするから、遭難した人、その家族の気持ちも分かるんですね。
だから救助に向かうんです。


ちなみに、遭難した場合の救助費用は、警察はタダですが、民間は有料です。
捜索範囲が広範囲の場合は警察だけでは捜索できないので、民間の協力を求めます。
それにかかった費用は、遭難者が支払います。
遭難者の家族が民間にお金を支払うのをケチったために捜索が遅れて、死亡したケースもあるそうですよ。
私も冬山に入るので、救助費用を支払う保険に入っています。
    • good
    • 0

登山する人の気持ちはわかりません。


「そこに山があるから」なんて言いますが。
私は「自然」が怖いので、スノーボードに行くだけでオロオロします(笑)

#6さんも書いておられますが、最近は知識もないのに
安易な気持ちで、驚くほど軽装で登山する人がかなり多く、
登山管理?をされている人も相当苦労されているみたいです。

でも、そうやって遭難して救助された人には、
ヘリ代の支払いなど、痛いしっぺ返しが来るのですから
ある意味因果応報ですよね。
確かに二次災害の被害者の方には胸を裂かれそうになります。
でも、以前自衛隊のイラク派遣の件で、
マスコミが自衛隊員のご家族の方に「不安じゃないですか」などと
卑怯なインタビューをしてましたが、皆さんが「それが仕事ですから」と
はっきり答えておられてすごいなあ、偉いなあと思いました。

ご家族の方も、仕事として不安はあるけれど誇りを持っておられると思います。

ただ、文化とか習慣というのとはやや違うと思います。
下水管にはまってしまった野良犬を助けて
工事費を請求された依頼主を愚かだとは思いませんよね?
ただ、いつから日本は過保護になっちゃったんだろうとは思いますが。。
(本来日本って過保護な風習無かったと思うので)
    • good
    • 0

 子犬が車に轢かれて辛い思いをした女の子の作文を思い出しました。

「世の中に車は、いらないと…」悲しむ内容でした。

 聖徳太子以来、日本人特有の文化でもある「和」の文化に疑問を抱いておられるのでしょうか?…。判官贔屓も日本人の文化の特長ですね。デメリットしか考えられませんか?文化というものは、一長一短があり切り離すことは不可能と私は思っています。

>日本って全体的に、過保護が主流で、自立心促す習慣がない様な…

「グローバルスタンダードの世」だろうが「護送船団の世」だろうが自立心のないやつは、どの世で生まれようとも一緒です(^▽^)

 雪山救助ですか?人道的な考えに、海外も日本もありません。人命救助を誇りにし、生業にしておられる方が大半です。人命救助に差別心は必要ありません。

 ちなみに遭難者は、何百万というお金を救助隊に支払います。

 自立心を奮い立てて、世の中をもっと感じてください。あなたも自立心が欠けていると思いましたよ。
 そして回答者の方々により様々な意見を頂戴する。これが「和」の文化のメリットですよね?(*’▽’)/
私は日本の文化が、大好きです。
    • good
    • 0

習慣という言葉がでるのはちょっと意外ですね。


遭難者を助ける、という行為は習慣と言う言葉でくくるべきものではないと思います。
すべきこと、できることがあるのに手を出さないというのはちょっと違うかな?と思います。
(NO.3さんの意見に近いですかね)
あと、新聞報道ですがあの大学では保険に入っていたので救助にかかった実費を負担する方針を伝えたとのことです。
    • good
    • 0

そうですよね。

遊びに行くだけの話なんですからね・・・

この前テレビでやってたんですが、
最近の登山者はかなり横着になっているみたいですね。
携帯電話が普及して山でもつながるものだから、
明日会社があるから救助隊よぶとか、疲れてしまったから救助隊呼ぼう、そんな人までいるらしいですよ。

あとお金の問題があって、県の救助隊のヘリが出払っていて使えないときは民間業者に頼むことになるのですが、ヘリ一機が一時間50万くらいで、救助隊員の人件費、諸経費で何百万円ってかかってしまって、それは助けられる人の負担になるんですね。(もちろん事前に承諾は得るのですが)県が救助すると、もちろんその費用は県の負担になります。

そこでまた横着な人がいて、富山・岐阜だとほとんど県が助けてくれるけど、長野はエリアが広いので、民間業者になってしまうことが多いので、遭難しても富山・岐阜まで行こう・・・なんて話もあるらしいです。
    • good
    • 0

わたしもそう思います。


二次災害の被害者の身内の方は、本当に可哀想に思います。
遊びで行く登山は税金や善意で助ける制度はなくせばいいと思います。すべて自費で救助するというようにすれば、
甘い計画や装備で登山することもないでしょう。

特に老人がハイキング(夏山登山)して「民間のヘリは金がかかるから県警のヘリで救助に来い」とテレビの某番組内で救助要請していたときには腹が立ちました。
しかもヘリを出すほどの病人でもないのに!!

「遊びの登山は救助も民間(ビジネス)」のほうが
いいと思います!!
    • good
    • 0

本当はそれでいいと思います。

しかし今回の事例は学校が引き起こした事故だったため、さすがにそれだけは出来なかったのかもしれません。きっと反省してくれていると信じています。あれだけ世間を騒がせてしまったのですから。しかし、14人もの大所帯だったのでその意識も欠落しているかもしれません。子ども(大学生)達は、これから就職を控えているので顔出しは問題があったと思います。その代わりと言っては何でしたが、保護者がテレビに映っていたところを見ると、こっぴどく叱られたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング