共産主義の軍隊は「赤軍」、共産主義排除は「赤狩り」などといわれます。
一方、反共は「白」といわれたりしますが、これって何か由来があるのでしょうか。
左翼・右翼の由来がフランス革命後の国民議会にあるということは知っているのですが……。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

(1)赤旗の由来:


やはり私の言う通り、フランス革命時に赤旗が採用されかけたのです。結局三色旗に落ち着きましたが...。これが赤旗の嚆矢なり!

以下を参照してください。(参考URLと同じ)
http://www.miyazaki-nw.or.jp/soccer/htmlfold/dif …

カール・マルクスが娘のアンケートに答えて、「好きな色は赤」と答えたのは事実だが、これと赤旗とは何の関係もない。

(2)フランス革命に関する資料:

http://members-1.home.ne.jp/lionsboy/hattori/035 …
http://www5a.biglobe.ne.jp/~french/indexx.html

(3)ロシア革命と白軍:

「白(衛)軍」は反革命軍であり、別に白旗を掲げていた訳ではない。確かロシア革命前から、皇帝派(=権力)によるテロを「白色テロ」、革命派によるテロを「赤色テロ」と呼んでいた。この呼び方は当然、革命派の呼び方です。以下、ロシア革命に関する簡単な説明。白軍の記述もあり。

http://members-1.home.ne.jp/lionsboy/hattori/048 …
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ww1/honbun/russia%20 …

参考URL:http://www.miyazaki-nw.or.jp/soccer/htmlfold/dif …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

かなり核心に迫った文献ですね。どうもありがとうございます。
「赤旗」の起源がフランス革命にあるという説の信憑性はかなり高そうですね。
なぜ「赤」かは容易に想像が付きます。

お礼日時:2001/05/22 19:47

north073さん、ご指摘ありがとうございます。



革命で打倒された帝政は「ロマノフ王朝」です。

最期の皇帝ニコライ12?世は、実は英国人のはず。欧州の王室は互いに縁戚関係にありました。皇帝、貴族等の公用語は「フランス語」です。

旧レニングラードは、
1)ぺテルスブルグ
2)ぺテログラード
3)レニングラード
4)ぺテルスブルグ
と名を変えました。ぺテルスブルグはドイツ風の名前で、第一次大戦前(中?)に2)に変えられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの回答ありがとうございました。
みなさんの意見を聞いて、赤・白=共産主義・反共ではなく、
フランス革命を起源とする革命・反革命の象徴と言うことが判りました。
こうして考えると、やはりフランス革命というのは、
政治史的にも多大な方面に影響を与えた革命だったのだと思い知らされますね。

お礼日時:2001/05/22 20:20

アルベール・ソブール『フランス革命』岩波新書(青)によると、1793年にサン=キュロットにより赤い帽子が採用され、以後革命精神の象徴となった、という記述があります。


つつけばまだいろいろと出てきそうですが、少なくともフランス革命期に遡ることはできそうです。

また、白は、フランス王家の色ですよね。ブルボン家に限った話か、カペー朝にも共通の話かはわかりませんし、たとえばハプスブルグ家やロシア(すみません王家の名前を忘れました)にも共通するかどうかは調べなければわかりませんが。
家に固有の色があるということは、たとえばイギリスの薔薇戦争で、白薔薇の家と赤薔薇の家に分かれて戦った例があるとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>また、白は、フランス王家の色ですよね。
そうだったんですか?
そうなると反革命=王党派=白 という連想が成り立ちますね。
やはり右翼・左翼の語源と同様、フランス革命に由来を求めるのが正しいようですね。

お礼日時:2001/05/22 20:16

ゴメンなさい。

「何故白か?」の答えになってなかったですね。

推測ですが、「赤でないから」だと思います。「黒」は当時アナーキストを象徴する色でした。アナーキスト以外でも「黒百人組」などという右翼テロ集団がいましたが...。

帝政ロシアは今のロシア国旗と同じ赤白青の横三色旗です。ですから「帝政ロシアの色が白」とは言えないのではないかと思いますが自信ないです。
    • good
    • 0

答えは単純です。


マルクスが好きな色だから。情熱の色。
後の人がそれを象徴的に使ったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

どうやら共産勢力の象徴として用いられた赤旗から「赤軍」「赤狩り」といった言葉も作られたみたいですね。なぜ「青」ではなくて「赤」なのかとなると、諸説あるようですが、「マルクスが好きな色」という説もあるんですね。
しかし共産主義=マルクス崇拝といったイメージはあまりないのですが……。

お礼日時:2001/05/21 19:02

19世紀革命派が赤い旗を用いたことから、らしいです。



原文・詳細は以下のHPです。

参考URL:http://www.kt.rim.or.jp/~katsuma/jiten.f/aka.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「国際共産趣味ネット」……こんなサイトがあったとは……。
なかなか便利そうですが「なぜ19世紀革命派が赤旗を採用したのか」
というのが判りませんね。

お礼日時:2001/05/21 18:53

赤旗は旧ソ連とは何の関係もありません。



私の記憶ではフランス革命当時の旗に由来すると思ったのですが、結局三色旗がフランス国旗になりました。血の色というのは正しと思います。

旧ソ連や、中国、それに労働組合旗に赤旗が使われるのも、こうした経緯があるからです。

あまりそのものズバリのURLがなく、下記に少なくとも1890年第2インターナショナルでのポスターに描かれた赤旗くらいしか見つかりませんでした。ロシア革命が1917年ですから、これよりズッと前です。

「白」も詳しくないのですが、私が知る限りでは、ボルシェビキ率いるロシア10月革命後の内戦で、反革命軍に対して付けられた名前「白衛軍」からだと思います。自らそう名乗っていたかどうか不明。ボルシェビキ率いる軍隊は「赤衛軍」を名乗っていました。

反革命軍は、コルチャック、デニキンらの言わば軍閥です。有名なコサック騎兵は帝政ロシア時代から皇帝と密接な関係にあり、革命後も反革命軍としてボルシェビキ政権に対抗したため、内戦に敗れた後は国外に亡命したりして彼らの文化・伝統を守ったようです。

この時日本も「シベリア出兵」と称して、火事場泥棒的にロシアに侵略しました。彼らもまた、原爆投下後、火事場泥棒的に旧「満州」に侵攻し略奪の限りを尽くしました。後者だけ強調するのも前者だけ語るのも片手落ちでしょう。

参考URL:http://yokohama.cool.ne.jp/yokohama/5146/go!_go! …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
フランス革命はよくロシア革命に対してつよい影響を与えたと言われるので、そこらあたりに起源がある可能性は高いですね。
「白衛軍」というのは初めて聞きました。なぜ「白」なんでしょうか。

お礼日時:2001/05/21 18:50

旧ロシアの旗の地色からではないでしょうか。


労働者の血の色の赤地に鎌とハンマーが交差した絵の旗から。
と私は思っているのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり「血の色」なのでしょうか。

お礼日時:2001/05/21 18:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜに赤?

左翼はなぜに「赤」といわれるのでしょうか?
日本赤軍・・・
共産主義のソ連の国旗が赤い・・・

詳しい方もそうでない方も答えお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 No.3さんの参考にもあるようにフランス革命での戒厳令の旗が「革命旗」と流用したことが始まりです。それ以降、赤旗は革命・階級闘争の象徴とされ、赤色も革命で流された人民の血を表すとされました。特にロシア革命によってソ連が団体旗・国旗とし、その流れを汲む中国やベトナム・北韓(北朝鮮)など社会主義・共産主義を称する国や、共産党などが取り入れました。
 左翼が即社会主義・共産主義というわけではないのですが(日本の右翼団体や戦前の軍部急進派は国家社会主義・農本主義的色彩が強く、天皇家や親英米保守とは異なっています)、日本の左翼運動がマルクス・レーニン主義の影響を強く受け入れているため、左翼=共産主義と見なされたので、共産党のシンボルである赤旗から、左翼団体に対して「赤」という隠語が用いられました。
 さらには拡大解釈でマルクス主義でない団体・思想へも、左翼的という意味で「アカ」という一種の侮蔑語として用いられています。


(他の回答にはネタもありますから、真に受けない方がいいかもしれません)

Q政治でいう右や左とはどういう意味でしょうか?

政治でいう右や左とはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

【右派】保守的・国粋主義的な思想傾向。また、その立場に立つ人や団体。フランス革命における国民公会で議長席からみて右側に保守派のジロンド派が座った事に由来する。→右翼思想、右翼主義
【左派】急進的・革命的な政治勢力や人物。ことに、社会主義的または共産主義的傾向の人や団体。フランス革命時、国民公会で急進派のジャコバン派が議長席から見て左側に座った事に由来する。→左翼思想、左翼主義

上記の様に言葉の意味としては定義がありますが、実際の政治の世界には中道左派・右派、保守右派・左派、リベラル右派・左派、など様々な考え方に分けられ、時代の流れ、情勢でその捉え方は大きく変わってくるものです。

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q資本主義と民主主義の関係について教えてください。

 資本主義と民主主義の関係について教えてください。
 全くわかりません。
 民主化=資本化なんでしょうか?
 わかりません。
 お願いします。

Aベストアンサー

資本主義と民主主義というのは別のカテゴリーの言葉ですので、=で結ぶのは難しいですが。
資本主義とは,一般に私有財産の存在を認め、経済主体が利潤の獲得を目的とした経済活動する経済体制です。
貨幣が元手として投下され,もうけ(利潤)とともに回収されたとき,貨幣は利潤を生みだす資本として用いられたことになります。
なにか特定の財を手に入れたり,消費するためだけに貨幣を使うのではなく,より多くの貨幣の獲得を目的として貨幣を資本として用いることから資本主義とよばれるわけです。これに対峙するのは社会主義経済ですね。

民主主義は全体主義・専制主義と対峙する政治体制。
かつては王政資本主義なども数多かったのですが、現在では、大きなグループとしては共産全体主義対民主主義・資本主義が二大勢力となっているため、民主化と資本主義導入がリンクしがちになっているものと思われます。

Q北朝鮮は民主主義なんですか?

タイトルの通りです。
なぜ「朝鮮民主主義人民共和国」なのか疑問です。
初歩の初歩のような質問で申し訳ないのですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義(ism)ではありません。ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。
 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独裁ということもあります。
 つまり民主制であるなしと、国民の自由や権利・福祉が保証されているか否かは別問題であり、また自由主義や社会主義などの主義とも別物です。
 ただし、いわゆる“民主的”という言葉が、参政権や思想信条の自由などが保証されている状態を指すため、両者が混同されるのでしょう。

 それと、朝鮮民主主義人民共和国という呼称はあくまでも外国語です。なぜなら漢字を廃止しているからです。正式名称をカタカナ表記すると「チョソンミンジュジュイインミンコンファグク」です。

 つまり、彼らにとっての“民主主義”と、われわれの“民主主義”は別物だということですね。

 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義(ism)ではありません。ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。
 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独...続きを読む

Q2ちゃんで「sageろ」と言われましたが、どんな意味で、どんな目的があるのでしょうか?

2ちゃんで「sageろ」と言われましたが、どんな意味で、どんな目的があるのでしょうか?
また、その方法を教えてください。
メール欄に「sage」と入れればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

そのまま書き込むとスレッドが1番上に来ます。
すると荒らしなどが書き込むことも多くなるので、sageろということです。
メール欄にsageと書き込むと、スレッドは上がりません。


人気Q&Aランキング