【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

90年製ゴルフCLIについて質問です。
以前は89年製に乗っていて、このサイトで何回か質問させていただきました。
現在は、2台目のゴルフに乗っています。

以前にも似たような症状にあって、このサイトで質問していたのですが、それとはちょっと違う症状に悩まされています。

1.2日くらい運転しない(出張などで)と、エンジンがなかなか掛かりません。
2.セルを何回も回すと、「ボッボッボ」とようやく繋がって、エンジンが始動します
3.その後、暫く(数分間)は低回転になると、ノッキングを起こしてエンストしそうな状態になります。
4.エンジンが暖まると症状は消えます。

1以外の症状は半年くらい前より、雨の日に主に症状がみられました。
1の症状は2ヶ月前頃より見られます。
以前にも似たようなことがあり、その際の解決方法を同じく、燃料ポンプ(タンク内)を変えたのですが
全く症状が変わりませんでした。

この症状の原因は何と考えられますか。

ご教示お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どうも、#2です。



ブローバイガスじゃなかったっすか。1か月に1回の洗浄って、多いような気がするっすけど。。。プルップルしてなければ、過去にやった件とワーゲンポルシェで見た事ある症例をそれぞれ考えてみましょうか。若い頃ゴルフ2を散々修理したんっすよ、お客さんの奴だけど。

俺が今乗ってるオペル・ベクトラでも起こったんだけど、エンジンヘッドカバーガスケットが擦り切れちゃって、そこからプラグホールにエンジンオイルが溜まって始動不良が起こったんっすよ。若い頃散々修理したゴルフ2もやっぱこのヘッドカバーの継ぎ目からのオイル漏れが全然直んない、で修理しまくったんっすけどね。
あの頃からYANASEは当て馬的・客寄せパンダ的にワーゲン売ってて「ワーゲンって、そういうクルマですからね。。。ところでこのメルセデスなんか、いかがです?」っつー商売やってたからね。真面目に修理しようとしねえんでやんの。時が過ぎてワーゲンが自社ブランドのディーラー立ち上げてオペルがその役を担ったんだけどね。
っつーおじさんの思い出話はさておき、オイルが漏れてプラグホールに溜まっちゃうとプラグコードの伝導率が著しく下がるからね?で、不思議な事に一旦エンジンがあったまると安定するっつー。。。オルタネーターの発電でそうなるんだろうね。

っつー事でエンジンのヘッドカバーとシリンダーヘッドの間の継ぎ目を確認してください。はがき位の暑さの紙がスッ。。。と入るくらいの余裕がある、ヘッドカバーの留めボルトの所にエンジンオイルが滲んでいないか、っすね。どっちかが該当すれば間違いなくガスケットがご臨終でオイル漏れを起こしてますわ。
確か19RVってオペルみたいなDOHCの真ん中にカバーがあるようなタイプじゃなくて四角いヘッドカバーにプラグ側が長い筒のプラグコードが刺さってた奴だったと思うんっすけど、これだとしたらチョイ厄介なんっすよね。オペルみたいな奴だとプラグコードカバーを外せば一目瞭然で作業も楽なんだけど、箱の奴だとしたらプラグの再利用は諦めてもらう、となっちゃうっすね。プラグコードも、微妙っすね。
雑に言えば漏れたオイルをプラグホールからスポイトで丁寧に抜き取って底が見えるまで根気よく抜く、抜けたらプラスチックを変色させないブレーキクリーナー(俺はワコーのBC9を愛用)をヒッタヒタになるまでスプレーして、ボロ布か紙なんかに吸い取らせる。俺はキッチンペーパーを愛用してるけどね。で棒的なものに紙を巻いてグリグリ回して汚れを取る、なんっすわ。実際これだけの作業なんっすけど、オペルなんかだとプラグコード抜かないからプラグコード自体のプラグへの密着度からオイルが侵入しなくて再利用が可能なんっすよ。だけど俺の記憶が正しければ、どうしてもコードを1回引っこ抜かないと作業ができないからプラグもプラグコードも交換を大前提でやんないといけなくなっちゃうんっすわ。オイル漏れが原因なら引っこ抜いたらオイル漬けになっちゃうからね。

で、そもそもの原因はガスケットがご臨終なわけだから、ガスケットも新品交換したほうがイイっすね。本国だと日本円換算で2000円程度、ディーラーでも1万円位の代物っすからね。
取り外すのはそんな難しくないんっすよ。ヘッドカバーのボルトを外してチョイと衝撃与えりゃすぐ外れちゃう。あんまり力任せだとヘッドカバーが割れちゃうからチョイとした衝撃ね。で、シリンダーヘッドの角で手を切らないように。スパッと切れるからね。
で、古いガスケットはイカせんべい的にペッタンコになってるから。もしくは愛知のえびせんべい的に。これを全部外したら新しいガスケットを取り付けてヘッドカバーを戻したら完了っすわ。取り付けの時ボルトは中心から「の」の字の順番で絞めていくんっすよ。で、仕上げはボルトを8Nmで絞め込む、と。そんな強く締めないっすよ。この辺検索で調べると結構作業手順が出てるはずっすよ。


っつーのが思いつく案件の楽なほう。ただの消耗品交換だからね。それでも直らなければワーゲンポルシェで見たチョイメンドクセエほうだと思うっす。

90年モデルでしょ?俺が大学卒業した辺りの頃でしょ?そうなるとこの事例が起こっても仕方ない話だと思うんっすよ。

燃料を霧状に噴霧するインジェクションにはね、燃焼室側とフューエルライン側に2か所ゴムパッキンがついてるんっすよ。
これはおいそれと腐食するようなヤワなものじゃない、始終ガソリンに浸されんだから対策はきっちり取られたゴムを使用してるんっすよ。それも両端の2か所に装着して密閉度を確実なものにしてるんっすわ。
だけど23年経ってるでしょ?このクルマが生まれた頃に産まれた赤ん坊が23歳だからね?当然劣化が起こってても不思議じゃないんっすよ。俺だってこの23年で70kgだった体重が100kgになって今じゃ70kgに戻してるからね?LサイズだったのがLLになって今ではMサイズだからね?自慢です。
このインジェクションのパッキンが劣化すると燃焼室に入らない外気が侵入する、外の空気が微量で入るとガソリン混合気の比率が崩れちゃう。そうなると必然的に爆発の力が足りなくなる、爆発の力が足りないから最初に掛からないし掛かった時も歯切れが悪い、低回転でエンストしそうになる、と。あったまると症状が治まるのはエンジン自体があったまって体積が膨張してインジェクションの隙間を自動で埋めてるから、と推測するんっすよ。
この症状は俺がワーゲンポルシェで初めて見たケースで、症状がよく似てるんっすよ。1気筒でも空気が入るとそうなっちゃうからね。ただ矛盾点としては毎日乗り続けると症状が出ないの下りっすね。微弱な亀裂や劣化ならこういう症状になるのかな、とこの矛盾に対してはフワッとした事しか考えらんねえっすね。
ココだとすれば対策は、BOSCHでインジェクションのパッキンだけの販売があるかを確認して、あるならパッキンだけを取り寄せて交換。なければインジェクションをまるっと交換っすね。理想は4気筒全部交換、だけど本国価格で1本7000円、ディーラーだとバラ売りせずに4気筒セットで3万円、とか言うのかなぁ。。。


っつー事で今のところ思いつくのはこんな感じっすね。お財布の関係と見るべき優先順位からまずは俺が以前よくやったオイル漏れ対策をやってみてから、それでも直らなければインジェクションを引っこ抜いてチェックしてみる順番をお勧めするっすわ。

この回答への補足

毎度詳しい説明ありがとうございます。
1週間出張でエンジンをかけることがなかったのですが、昨日久しぶりにかけたところ・・・、何と一発でかかりました。こんなことは久しく無かったのですが・・・。ヘッドカバーのオイル漏れを確認しましたが、漏れは無いようでした。(すいません、夜だったので詳しくは解りませんでした)明日からまた出張ですので、今週末明るいところで確認してみます。

補足日時:2013/01/29 23:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
今週も月曜日から金曜日迄出張で乗る機会が無く、金曜日の夜にエンジンを掛けたら、一発でかかりました。自然治癒かと思って、土曜日は一度も乗らず本日(日曜日)エンジンを掛けようとすると・・・・、症状再発です。昨日・本日共晴れていたのですが・・・。この際に確認したことはアイドリングの安定度ですが、やはりフラフラしていませんでした。なんだか良く判らなくなってきました。ヘッドカバーのオイル漏れもやはり無いようです。若干奥側はオイルが滲んでいるようですが、これは昔から同じ状態だと思います。もう少し様子みてみます。こちら雪国でなかなか休日が晴れません。春になったら詳しく見てみます。

お礼日時:2013/02/03 20:11

こんにちは



以前ゴルフ2と3に乗っていました!大好きな車です!
症状からしてイグニッションコイルの不良だと思います。
ボンネットを開けて真ん中より少し右側でワイパーの下あたりに付いていませんか?
四角い部品でプラグコードが刺さっています
よく見ると黒い部分に小さなヒビ(クラック)のようなものがありませんか?
ヒビがあるようでしたら交換したほうが良いですよ!
プラグに電気を送る部品ですがそのヒビから電気逃げてしまい調子が悪くなります、
いわゆる漏電です。
ですので雨の日など湿度の高い時やエンジンが冷えていてガソリンが燃焼しにくい時に症状が出やすくなります!!
ゴルフでは定番トラブル部品です、インターネット等で購入されてご自分で交換されてみてはいかがですか?作業は簡単ですよ(ボルトで留まっていますので簡単な工具は必要ですが・・・)
実際に車を見ていないのでなんとも言えませんが確率は高いです。
違う場合はまたご質問ください

この回答への補足

回答ありがとうございます。
イグニッションコイルの黒い樹脂部を確認しましたが、ヒビは無かったです。但し夜に確認したので、出張開けの今週末に再確認してレポートします。

補足日時:2013/01/29 23:58
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。No3さんにも書きましたが症状が再発しましたが、今迄とは発生の経緯が違っています。イグニッションコイルは安そうなので、どこかのタイミングで変えてみようかと思います。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2013/02/03 20:16

ひとつ確認なんっすけど、アイドリング中のタコメーターの針って、プルップル震えてません?症状消えたぜ、っつってもプルップルしてません?



それね、アイドルバルブ(ワーゲンではアイドルスタビライザーっつーらしいっす)とその周辺の不調と思われるんっすよ。

なんか俺、しょっちゅうブローバイガスでアイドルバルブの固着、って答えてるような気がするんっすけど、2nd.ゴルフの場合チョイと事情が違うってのがあるんっすよ。
人様のみんカラブログなんっすけど、ちょうど写真と図面付きで紹介してる所がある(http://minkara.carview.co.jp/userid/271060/blog/ …)んで見てもらうとして。。。アイドルバルブのIN(添付図7)とOUT(添付図5)のホースの材質の関係で、2ndゴルフはホースがよく捻じれるんっすよ。まずは捻じれと割れを確認してください。3rd以降でも頻繁に起こるワーゲンの持病みたいなモンなんっすけど、3rd以降はそれなりに改良されるらしく、そこそこ発生率は下がってるんっすよ。でも基本5万km毎に交換なさい、って場所だから画期的な改良にはなってないんっすよ。

で、アイドルバルブ(添付図1)そのものも、INとOUTにブローバイガスが詰まって中のセンサーがベットベトに固着してる、ってのも確認しときたいっすね。
多分ココが固着してるから仰ってる3と4の症状が現れる、詰まり切ってるかホースが捻じれてるか裂けてるから1と2の症状が現れてる、って踏んだんっすよ俺は。

とりあえずアイドルバルブを外して、エンジンコンディショナーっつーケミカル剤をINとOUT穴から吹き出すほど噴霧して、中のキッタネエ真っ黒い見た事ない汚れが出なくなるまで噴霧して安置、を繰り返してください。で、引くほど黒い汚れが一切出なくなったらバーダル(http://csoshop.shop25.makeshop.jp/shopdetail/004 …)やナスカルブ(http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%8 …)なんかの耐熱性に優れた潤滑剤をヒッタヒタになるほど吹き付けて、元通りに組み直して下さい。多分1発で掛かると思いますよ?ホースが捻じれてたり裂けてたりしなければ。
で、1発で掛かったらバッテリーからバッテリー端子を外して1時間ほど置いてください。ECUリセットが目的なんっすけど、2ndゴルフが10分以内でリセット完了すんのか、30分待つ奴なのか60分待つ奴なのか忘れたので、とりあえず1時間安置してください。
で、1時間掛けてECUリセットしたら高速で100km/h定速走行を5分、もしくは1時間ほど市街地を走ってください。最初のうちはタコメーターの針がフワッフワな状態になるけどそれで正解。ECUが適正値を探ってる状態なんで試運転が終われば針がピタッと納まりますわ。

どの道ブローバイホースはワイパーブレードみたいな消耗品なんで、これを機に交換しちゃうのをとりあえず勧めとくっすわ。

これやっても変わんない、っつったら、もうひとつ心当たりがあるんでその旨補足に記して下され。十中八九、アイドルバルブだと思うけどね。
「ゴルフ2のエンジン不調」の回答画像2

この回答への補足

回答ありがとうございます。
アイドルバルブはWEBを参考にクリーニングは1回/年程度行っているのですが、ホースに関しては未確認でした。
週末に上記内容を試してみます。
試した結果は、またレポートします。

補足日時:2013/01/18 11:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
週末に確認しましたが、ホースの極端な潰れは確認出来ませんでした。 最近は毎日エンジンを掛けているので、症状はみられませんが、
今週は出張で3日間エンジンを掛けることがないので、今度のエンジン始動時にアイドリングの調子を確認します。今迄の記憶ではアイドリングは特に不安定ではなかったヨウナ・・・。

お礼日時:2013/01/21 22:55

90年式なら、まずは、デスビ方式かな?


出来れば、ディーラーで
偽自身に、腕が有るなら色々触るのは、有りですが、
壊しては、いけないし、、、、

デスビの、接点の、異常、
プラグの寿命、
エアフロセンサーの異常、
色々考えられます。
一つずつ、潰していくのが、セオリーですが、
部品を、手に入れるだけで、結構掛かります。
店なら、他人さんの、部品を、付けたりして、確かめられますが、
個人に、至っては、ポンコツ街道で、手に入れて当たるか?
それとも、同じ車の友人に部品を借りて試すしか有りません。

暖気までの問題なら、燃調の問題が有ります。
エアフロメーターか、単純に、スロットルボディーの中の汚れが激しい、気がします。
いちど、ディーラで相談して下さい。
先の方は、高いです、
後者なら、意外に、安いですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。
スロットルボディの洗浄は実施したことが無いので、一度試してみる予定です。

お礼日時:2013/01/18 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォルクスワーゲンゴルフ2の不具合

’90年製のフォルクスワーゲンゴルフ2に乗っています。細かい故障は何度か経験していますが(笑)、過去3回エンジンが急にかからないトラブルが発生しています。
もちろんガス欠、バッテリー上がりなどではありません。
その3回とも共通しているのが、ゆるい上り坂を走行後(エンジンに多少の負担がかかり)サービスエリアなどでエンジンを切った後に、しばらくして(5~10分)セルを廻すと、エンジンが掛からなくなってしまうというものです。
過去の2回はJAFを呼んだりしている間に運良くエンジンがかかりました。(エンジンが冷めたからだと思うのですが。)
今回はロードサービスに来てもらうまで掛かりませんでした、ハンディバッテリーをゴルフに繋ぐとすぐにかかり、その後も問題は出ていません。
そのロードサービスの方々も、セルとかバッテリーに問題は無いようで、原因は分からないと言われました。もしかすると、エンジン温にセンサーがあって、高くなり過ぎるとかからなくなるのかもしれないと言われていましたが。
その後は、エンジンに負担のかかる走行後は、直ぐにはエンジンを切らないようにしております。
勿論ディーラーに行くのが1番なのですが、普段には支障無く走っているし、症状が出ない時に行くのも…と思ってまだ行っておりません。
どなたかゴルフ2に詳しい方、原因を教えてください。

’90年製のフォルクスワーゲンゴルフ2に乗っています。細かい故障は何度か経験していますが(笑)、過去3回エンジンが急にかからないトラブルが発生しています。
もちろんガス欠、バッテリー上がりなどではありません。
その3回とも共通しているのが、ゆるい上り坂を走行後(エンジンに多少の負担がかかり)サービスエリアなどでエンジンを切った後に、しばらくして(5~10分)セルを廻すと、エンジンが掛からなくなってしまうというものです。
過去の2回はJAFを呼んだりしている間に運良くエンジンが...続きを読む

Aベストアンサー

症状が発生する経緯から推測いたしますと・・・・

「燃料供給ラインのパーコレーション」
(ガソリンが異常加熱され蒸発し、空間が生じる)

ではないでしょうか?
こうなると生じた空間がガソリンの圧力で埋まらないと、
次の点火・始動をすることが出来なくなってしまいます。
また、気化することによって膨張していますから、
冷えて膨張圧力が下がらないと、ガソリンの供給が
さまたげられたままになってしまいます。

これらの症状を発生する要因としては・・・・
「燃料供給機能の低下」が考えられます。
具体的には「燃料フィルターの目詰まり」とか、
「燃料ポンプの能力劣化」などとなります。
あるいは「燃圧レギュレータの不良」もありえます。

燃料フィルターは定期交換部品です。
燃料ポンプも10万kmで交換される部品のひとつです。
燃圧レギュレータは、エンジンに送るガソリンの圧力を
一定に保つ機能を持っていますが、経年変化によって
圧力を正常に維持出来なくなってしまう場合があります。

いずれにしても、専門の整備技術と計器(燃圧計)が
無いと調べることは出来ませんので、症状を詳しく
説明して点検してもらってください。

そのままですと、やがて始動不可能になる場合があります。

症状が発生する経緯から推測いたしますと・・・・

「燃料供給ラインのパーコレーション」
(ガソリンが異常加熱され蒸発し、空間が生じる)

ではないでしょうか?
こうなると生じた空間がガソリンの圧力で埋まらないと、
次の点火・始動をすることが出来なくなってしまいます。
また、気化することによって膨張していますから、
冷えて膨張圧力が下がらないと、ガソリンの供給が
さまたげられたままになってしまいます。

これらの症状を発生する要因としては・・・・
「燃料供給機能の低下」が考...続きを読む

Qゴルフ2のアイドリング不調についての質問です。

ゴルフ2のアイドリング不調についての質問です。

最近主にエンジン始動時にアイドリングが不安定になります。1000回転前後を上下して、ひどいときはガクガクになってすぐにでもエンジンが止まりそうになります。15~20分くらい走ると落ち着くような気がします。

実は似たような症状はここ1年の間に2、3度ありまして、そのときの原因は(1)アクセルペダルが踏まれたことを認識するスイッチ?コネクタ?の断線、(2)燃圧レギュレーターの故障、(3)サーモスタット故障によるオーバークールでした。

(3)は2010年3月に修理してもらいましたが、それ以来クーラントがどこかから漏れているようで(しっかりしたお店なので修理が不十分だったとは考えにくい)、ここ1か月の間に2回応急処置として冷却水(本当に水)を追加しました。クーラントが少ないと水温異常のランプがつきますが、量が足りていれば水温は問題なさそうです。

これらから総合的に見て、アイドリング不調の原因として何か思い当たることはありますでしょうか?ここ1年で故障が立て続けに起こっており、仕事にも影響が出てしまうため、場合によっては新車への買い替えも考えなければいけないと思っています。どなたかアドバイスお願いします。

ゴルフ2のアイドリング不調についての質問です。

最近主にエンジン始動時にアイドリングが不安定になります。1000回転前後を上下して、ひどいときはガクガクになってすぐにでもエンジンが止まりそうになります。15~20分くらい走ると落ち着くような気がします。

実は似たような症状はここ1年の間に2、3度ありまして、そのときの原因は(1)アクセルペダルが踏まれたことを認識するスイッチ?コネクタ?の断線、(2)燃圧レギュレーターの故障、(3)サーモスタット故障によるオーバークールでした。

(3)は2010年3月...続きを読む

Aベストアンサー

ハンチングが原因でないとすると、ある一定時間の経過後に
安定することは、一般的に水温センサーの不具合が考えらます。
まだ換えていないのであれば、部品代も安く自分でDYIが出来ると
思います。

それとは別に、サーモスタット修理以降にクーラントが
漏れているとなると修理に問題があったと考えるのが普通です。
一度、お店に相談されたら如何ですか?

アイドリング不調には色んな原因があり、単発、複数の要素
が絡みます。
まずは目視点検でデスビ、ローター、プラグ、プラグコード
バキュームホース、ブローバイホース、ポンプリレー等

愛着があってもう少し乗るつまりなら、多少お金をかけてでも
予防的に交換できる物は交換された方がベストです。

Qゴルフ2 エンジンが不調です。

こんにちは。
89年型ゴルフについて質問です。
最近朝晩が冷え込んできてから下記の症状に悩まされています。
{症状}
・朝晩の冷えた状態でエンジンを始動した直後の、「一時停止」や赤信号で停止すると、始動する際にアクセルを踏み込んでも回転数が上がらず、前に進みません。
・その際は、マフラーから「ボッボッボッ」と不発音が聞こえます。
・エンジンが暖まると症状が消える為、修理工場に持ち込んでも「症状を見ないと判らない」と言われてお手上げです。
交差点等で素早く反応したいときに、前に進まないことが
あり、対向車との関係で危険を感じる時もあります。
不具合の原因は何が考えられるでしょうか。
どうか、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

始動直後からどの位の時間で症状が消えるのでしょうか?せいぜい10~15分以内ではないですか?肌寒い季節になって来たので少々長めになっているかも。おそらく水温センサーがある温度範囲で異常な値を出していると思われます。始動後、徐々に冷却水温が上昇し異常な温度範囲を超えると何事も無かったように正常になります。
水温センサーは冷却水温低=抵抗値高、逆に冷却水温高=抵抗値低となります。つまり断線=抵抗値∞ですが、この場合冷却水温が上昇すると過濃混合気となり、プラグがカブりエンストします。エンストもせず不調も回復するのですから断線ではないはずです。ためしに朝一番の始動前に水温センサーの配線を外して始動してみて下さい。
不調のハズの10~15分間が好調になれば水温センサー交換要です。配線を元に戻してもトラブルコードがECUに記憶されるはずですので修理の際、工場でその旨を伝えリセットしてもらう必要があります。水温センサーはRV型エンジンの場合ラジエターアッパーホースのエンジン側にある青カプラー(2極)のヤツです。
修理工場さんはディーラーですか?症状が出なくても車両を預かるとか、センサーを外して冷水につけて抵抗値を測定するとかいくらでも方法はあるハズで、、、解らないから言い訳してるように聞こえますけど。ただ水温と抵抗値の数値的関係を示したグラフは車種によって違うのでディーラーでしか分からないと思います。

始動直後からどの位の時間で症状が消えるのでしょうか?せいぜい10~15分以内ではないですか?肌寒い季節になって来たので少々長めになっているかも。おそらく水温センサーがある温度範囲で異常な値を出していると思われます。始動後、徐々に冷却水温が上昇し異常な温度範囲を超えると何事も無かったように正常になります。
水温センサーは冷却水温低=抵抗値高、逆に冷却水温高=抵抗値低となります。つまり断線=抵抗値∞ですが、この場合冷却水温が上昇すると過濃混合気となり、プラグがカブりエンストします。...続きを読む

Qgolf2の警告灯について

 現在使用しております1991年式ゴルフ2(19RV)について質問させていただきます。

 現在警告ランプと思われるものが走行中点滅するようになりました。しかし何を意味しているかが分からないのです。
 
 メーターパネルの中央部、水温計の真下に警告灯および表示灯があります。実際にお乗りになられた方は分かると思いますが、上に5灯下に5灯の計10個のランプが設置されております。上5灯は左から方向指示、バッテリー、水温、オイル、ハイビームの順です。

 現在点灯しているランプは下5灯の一番左です。イグニッションオンで点灯、エンジンをかけると点滅します。
 マニュアルにも書いてありませんし、ネットを調べても分かりません。ディーラーも近くにない状況です。

 点灯に至るまでの経過ですが、走行中に突然不規則に明滅するようになり、また上り坂では時々点灯しないときもありましたが、2日ほどして走行中、規則的に点滅するようになりました。走行状態はいままでと変わりなく、それだけに気味も悪く感じます。

 相当古い車で現在乗っておられる方も少ないと思われますが、ご存知の方ございましたらご教授いただきたく思います。よろしくお願いいたします。

 

 

 現在使用しております1991年式ゴルフ2(19RV)について質問させていただきます。

 現在警告ランプと思われるものが走行中点滅するようになりました。しかし何を意味しているかが分からないのです。
 
 メーターパネルの中央部、水温計の真下に警告灯および表示灯があります。実際にお乗りになられた方は分かると思いますが、上に5灯下に5灯の計10個のランプが設置されております。上5灯は左から方向指示、バッテリー、水温、オイル、ハイビームの順です。

 現在点灯しているランプは下5灯の一番...続きを読む

Aベストアンサー

ひとつお尋ねしますが、アイドリング時にタコメーターの針がバラけるでしょ?ピタッと止まらずに貧乏ゆすり的にカタカタカタ…って。

ゴルフ2nd.だと独自の表示方法してるけどね、世界的に一般的な表示は管に湯気のマーク(添付写真上)なんっすよ。VWはCATランプっつってるみたいっすけどキャタライザーワーニングランプ、一般的には『触媒警告灯』っつーんっすよ。

じゃあ触媒がご臨終なの??って慌てたら相当そそっかしいっすね。触媒警告灯が示すのは触媒の温度と排気浄化装置の不具合それに吸気系統全般の不具合っすから。ザックリ言って空気の入り口から出口まで、なんっすよ。
この手のトラブルはゴルフ2nd.だけじゃなくて欧州車全般で頻繁に起こる事っす。いや国産車でもバンバン発生してるんだけど警告灯が点かないからね。国産車だと壊れたその特に警告灯が点くからね。その点欧州車は壊れる前に出るから良心的っす。

で、質問文を読んで
> エンジンをかけると点滅します。
> 走行中に突然不規則に明滅するようになり、また上り坂では時々点灯しないときもありましたが、2日ほどして走行中、規則的に点滅するようになりました。
っつー下りで確証が持てたんっすけど、確実に『吸気系』、それもスロットルチャンバー周りっすね。写真は俺が前に乗ってたOPELで申し訳ねえんっすけど、吸気ダクトが最後に到着する所がスロットルチャンバー(写真下・矢印で示した所)で、その中がキッタネエ状態なんだと思うっすよ。質問者様の添付写真でわずかに見える走行距離から8万5千kmか18万5千kmと推測されるので、スロットルチャンバーの可能性はほぼ100、と踏んでるっす。
だから最初にアイドリング時のバラけが出てないか確認したんっすわ。この症状は走行中には変化が現れないっすから。

悪さしてるのはスロットルチャンバーの横に付いているアイドル調整バルブね。一番手っ取り早いのはバルブを新品に交換する事っす。ハッキリ言ってチョイDIY好きとかガンプラ作れるスキルがあれば誰でもできる作業で終了っす。

車両年式と型式が分かればfebi bilstein 正規代理店(http://www.yellow-magic.jp/)に問い合わせれば安く手に入るっすよ。ディーラーで頼むと高くつくっすからね。
ディーラーもしくはBOSCH提携工場(http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/shop_search/)に持ち込む場合は1日預けることになるっす。っつーのもエンジンに熱が残っていると取り付けているネジが舐められてバカになっちゃう。鉄の体積が膨張していない冷間時に作業をするのが鉄則っすから。これはDIYでも絶対守ってくだされ。さもないと最悪スロットルチャンバーごと交換っつー憂き目にあうっすよ。
で、自分でやる場合はバックス的な店とかで『エンジンコンディショナー』っつーケミカルを用意するっす。インジェクション用を用意してくだされ。大体1000円位っす。それに潤滑スプレーっす。CRCは熱に弱くてすぐダメになるからBARDAHLの潤滑スプレー(http://csoshop.shop25.makeshop.jp/shopdetail/004000000001/)辺りがお勧めっすね。あんまり売ってないけど。
まずエアダクトを取り外して、スロットルチャンバー横に付いているアイドル制御バルブを外す、外したアイドル制御バルブをエンジンコンディショナーでまんべんなくスプレーして泡漬にする、モコモコ泡が汚れを落としている間にスロットルチャンバーの中にもエンジンコンディショナーを吹き付けて泡漬にする、これを5回繰り返せば確実に真っ黒い汚れが落ちるっす。汚れが出なくなるまで繰り返してくだされ。
で、アイドル制御バルブの可動部分(指で触って簡単に動く部分)に潤滑剤が垂れるほどスプレーしたら元通りに組み上げて完了っす。
もちろん新品のアイドル制御バルブが手元にあれば古い奴は洗ってやる必要はねえっす。スロットルチャンバー内部だけをきれいに泡漬にしてくだされ。

で、あとは1時間ほどのアイドリングもしくは試運転に出てエンジンコンディショナーを完全燃焼させるんっすわ。これで警告灯の点滅は収まるっす。
たいていは「ゴルフ2 アイドルバルブ交換」検索でDIYでやっている人の作業手順が閲覧できるっすよ。

アイドル制御バルブの交換もしくは洗浄っつーケアをこのまま放置しとくとね、信号停車で急にエンジンストールから始まって、やがて停車時にエンジンが勝手に500~3000rpmに上がったり下がったりする『ハンチング』が発生するっす。それ以前に燃費の悪化、トルクの悪化が始まるんっすよ。「もう古いクルマだからねぇ…」は、通用しねえっす。

理想としては 1:エアフィルターとフューエルフィルターの交換 2:プラグとプラグコードそれにイグニッションコイルの交換 3:エンジンオイルの交換 も同時に行いたい所っすね。理想はこれ全部やる、なんっすけど優先順位で1・2・3と分けておいたっす。Febi bilstein正規代理店にアイドル制御バルブをオーダーするならね、ついでにフィルターとプラグとプラグコードとイグニッションコイルも一緒にオーダーするとイイっすよ。で、取り付け依頼するならディーラーだと持ち込みはお断りだったりするからBOSCH提携工場に持って行くんっすよ。1日預かりだけどね。

蛇足っすけど、こういう症状が出る時はVAG-COM(http://item.rakuten.co.jp/auc-hokubeiya/vag405?s-id=adm_browsehist_item)を持ってるとずいぶん気が楽になるっすよ。VAG-COMはね、ディーラーの診断機とほぼ同じでECU情報を呼び出して警告灯の点滅理由を表示してくれて、リセットもできちゃう奴っすから。

ひとつお尋ねしますが、アイドリング時にタコメーターの針がバラけるでしょ?ピタッと止まらずに貧乏ゆすり的にカタカタカタ…って。

ゴルフ2nd.だと独自の表示方法してるけどね、世界的に一般的な表示は管に湯気のマーク(添付写真上)なんっすよ。VWはCATランプっつってるみたいっすけどキャタライザーワーニングランプ、一般的には『触媒警告灯』っつーんっすよ。

じゃあ触媒がご臨終なの??って慌てたら相当そそっかしいっすね。触媒警告灯が示すのは触媒の温度と排気浄化装置の不具合それに吸気系統全般の...続きを読む

Qゴルフ2のCATランプ

こんにちわ。平成3年式のゴルフ2に乗っています。最近CATランプが頻繁に点滅します。下道で50~60キロくらいで走行するには問題が無いのですが、高速に乗ったり80キロ以上くらいでると点滅します。それはまた速度を落とすと消えます。
エンジンもボッボッボッと振動がしています。居間まではありませんでした。これはどのようなことが考えられるのでしょうか。車検が今年の6月までなので致命的な故障でなければこのままゆっくりと乗っておきたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

CAT(キャタライザー)ランプが点くということは、触媒が高温になっている可能性があります。

原因として、失火による触媒過熱。
通常4気筒全部が燃焼して、正常なところ、1気筒が点火せず、そのガソリンが燃焼せず、そのまま触媒に流れて、過熱している可能性があります。

具体的には、プラグ、プラグコード、などがあります。

エンジンがボッボッボッとなっていることから、単気筒不具合の不調と思われます。

CATセンサーの不具合でないのなら、上記の場合、高額な修理にはならないと思います。

QゴルフII 燃料ポンプの故障と点検について

92年のゴルフIIに乗っているものですが、
先日、燃料ポンプ付近よりキーンと言う異常音がなり
その後ガス欠のような状態でエンストしました。

燃料ポンプの故障だとは思うのですが
燃料ポンプを9V電池でつなぐと動作はしていたので
一応通電チェックとして改めて車に燃料ポンプをつないだのですが
動いてる様子がありません。

ポンプが動かないのはエンジンを回してないからでしょうか?
ちなみにキーはONにしています。
それとタンク側のリフトポンプは最初に勢いよくガソリンが出ています(一定量出ると停止します)

今回の質問の求めてる回答は
(1)燃料ポンプの作動チェックはエンジンを回さなければいけないのか?
(2)燃料ポンプでなく電気系統の故障なのか?
(3)異音があったのは燃料ポンプの寿命で電池で動いたとしても交換したほうがようのか?

すみませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

(1)はその通りです。キーONで最初の数秒しか作動しません。それは初期作動を良くするためのもので、吸気信号が来ないと止まります。
(2)おそらくポンプだとは思いますが、燃圧等計れば正確な診断が出来ます。
(3)ポルシェ等にも言えますが、国産車よりは燃料ポンプの作動音は大きいです。ただ動いていてもOKではありません。燃圧が規定値以上ないと不可ですよ。

Qゴルフ2 オーディオ配線

ゴルフ2のオーディオ配線について質問です。
別件の修理をしたら、オーディオが動かなくなりました。修理完了直後は動いていたのですが、その後に再度オーディオを引っ張り出して、配線の整理などしていたら動かなくなりました。アース配線が切れ切れだったので、それが原因かと思い加工したのですが駄目でした。
症状としては、電源は生きています。オーディオに付いているCDは起動音がしますが、ラジオが動かない且つオーディオの液晶パネル及び表示系が全く反応していません。配線のイルミネーションのラインの電圧は反応しません(電圧があると光る簡易チェッカーで確認)そこで質問です。
・原因と思われる物は何でしょうか。
・イルミネーションラインは通常は電圧は無いのでしょうか。
・もし、イルミネーションラインの電圧が無いことが異常であれば、このラインのヒューズが怪しいと思うのですが、ヒューズは存在するのでしょうか。ヒューズボックス内のヒューズを全部確認したのですが、全部正常でした。
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

カーオーディオの接続は常時電源、ACC電源、イルミネーション、アース、スピーカー線、アンテナです。

古い輸入車にはACC電源が無いので(ゴルフ3からある)常時電源とACC電源は車両側の常時電源に接続して

アースをボディに取れば動きます。(イルミネーションは取らなくても動く)

イルミネーションのラインを接続しなくても表示はします。

イルミネーションのラインを繋ぐとポジション時(ライトオン)に表示の明るさが暗くなるだけ

通電チェッカーで確認して接続、イルミはメーター裏からも取れるので繋げてみてください。

デッキ側の接点不良の可能性が高いのでバッテリーに直接繋いでみて電源が入るか確認してみてください。

後はデッキ側のカプラーの元に通電チェッカーでテストして電気が来てればデッキ本体の故障です。

Qフォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

フォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

Aベストアンサー

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防いでいるゴムなんかも溶かしちゃって。。。#2さんが指摘している不具合が起こっちゃう原因って、人よりクルマに詳しかったり拘ったりするのが逆に働いちゃった!!ってのが原因だったりするんっすよ。

例えばVWでもGTIとポロではメーカー推奨のオイルって、全然違うでしょ?それって、そういう事なんっすよ。

一番難しいのが中間グレードとか中間よりチョイいいモデルっすね。どの辺までグレード上げたらいいのか、迷ったりしちゃうっす。
そういうのがメンドクセ!っつーならディーラーで純正オイルを入れてもらうのが一番っすね。

でもバックス的な店に行ってもふらりとホームセンター的な店に行っても「安くて良さそう」なオイルがあるとつい入れたくなっちゃうっすよね。ラーメン出てきたら、食っちゃうよね。。。巨乳って、見ちゃうよね。。。っつーのと同様、人情っす。

そういう時のために車検証入れに入っている取扱説明書を読んでおくんっすよ。たいていはエンジンオイルの項に適正オイルの粘度と等級(グレード)が書いてるっすから、それと同等のオイルを入れていれば社外品でもOKっす。何しろ純正オイルも社外オイルもオイルの品質を管理する団体のチェックを通さないと売れない仕組みになっているっす。逆に言えば入れ物のロゴ以外は同品質だから純正も社外品もヘッタクレもねえんっすわ。#1さんが言ってるのって、こんな感じの事だと思うっす。
取扱説明書ばかりじゃなくてディーラーのフロントで尋ねればオイルの粘度と等級を聞いてみるとすぐに教えてくれるっすよ。教えてくれなかったらココで再度質問を立ち上げれば割とすぐに誰かが教えてくれるっす。

あとはメーカーが推奨しているオイルメーカーのオイルっつーのも手っすね。VW/AUDIだとバナナで釘が打てるでおなじみの モービル1 とドイツの リキモリ(Liqui-Moli) と フックス(Fuchs) なんか推奨してるっすね。


っつー事でまずはご自分のVWのグレードに見合うオイルの粘度と等級を知っておく必要があるっすね。それさえ知っていれば社外のオイルでも、平気なんです。

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防い...続きを読む

QゴルフのO2センサー

ゴルフ'93 GLi E-1H2E AT右ハンドルです。O2センサーといわれるものはどこについてますか?ネットで写真はいちおう調べたんですがよくわからないものが多かったのでした。O2センサが悪くなるとゴルフは具体的にどのような症状が出ますか?O2センサーは突然故障しますか?

*あとO2センサは排気センサーともいいますか?

Aベストアンサー

エキゾーストマニホールドは
エンジンの排気側に取り付けてある排気の集合管を
指して言います
触媒とは排気ガスを浄化する装置(機械的なものではありませんが)でありエキゾーストマニホールド以降の
大体運転席と助手席の間の下ぐらいの位置にあります
ケーブルが1本刺さっているのでわかると思います

QゴルフIIのメンテについて

昨日、約17年ぶりにゴルフIIを買ってしまいました!91年式のGLIなのですが、車検はとりあえず通すだけで、その後、整備をしようと思うのですが、ラジエターのリザーバータンク内がサビ色で水も茶色なのですが、交換した方がいいのでしょうか?また、水温計が動かないのですが、センサーか何か悪いのでしょうか?ライト(H4)のレンズが両方とも内側に水滴が付いて曇っているのですが、拭けば済むことでしょうか?また、オートロックが機能があるのにできません。リアシートの後ろのほうで何かポンプのような音だけがしばらく続きますが、これが原因でしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

 ゴルフIIですか、なつかしい。同年代のランチア・デルタを所有していました。
 早まってはいけません、まずはラジエーターのロワーホースを抜いてクーラントを全交換。水温センサは結構消耗品なので交換。これで水温計が動かなければメーター回りか?クーラントがまっ茶っ茶だと、もしかするとウオーターポンプの羽根が腐ってるかも知れません。暖機してしばらくするとサーモスタットが開き、ラジエーターのアッパーホースが熱くなります。熱くならなければサーモスタット交換。修理はなるべく金のかからないパーツを交換していって、理詰めで行くのが本道です。パーツも解体パーツを捜してみましょう。
 ライトの水滴はハウジング後ろ側のゴムブーツ?が劣化して機密性が失われ、雨水が進入してしまっているのでしょう。オートロックはソレノイドが焼けちゃったのかな?シート下の音は電磁フーエルポンプの音ですからご心配なく。それよりもこれくらいの年式だとブレーキが心配。ローターの減り、パッドの減り、ブレーキホースのヒビワレなどのチェックをお忘れ無く。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング