『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

個人差もあるとは思いますが、よろしくお願いします。

とあるイベントに参加するんですが、スノボかスキーを数時間滑る時間があります。
前に2回ほどスノボを選択して参加したんですが、クツと板のつけ方も分からないほど
の初心者で、友達もつけ方が分からず傍に居た参加者(初対面)に聞いてなんとか
つけました。

いざ滑ってみると、滑れないというより、とにかく恐怖!
直進で滑るのが精一杯なんですが、でもまっすぐ下りるとどんどん加速して><

上級者の滑りをみて体重移動をやってみるものの、傾斜のせいか腰が引けてるのか
どんどん左に寄って行きます。
なのでスケボーみたいにしてジャンプしてまっすぐにするんですけど、気がつけば
左に・・・・・。

教えてもらう人とかもいないので、何をどうしたらいいか分からず終りました。

なので今年はスキーにしてみようかと思うのですが、スキーも同じくらい難しいですか?
(ちなみに教えてくれる人は今回もいません。メインは別なんで)
スピード感が怖いのでゆっくり滑れるとまだいけるかな?と思うんですが、スキーも
早いですか?無理して骨折するとメインイベントに参加出来ないので、無理はしない
つもりでいます。

滑らないという選択肢もあるんですが、一緒に行く人が滑るので私もどっちかは
選ぼうと思ってます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ゲレンデ初心者の方は、スキーのほうが楽だと思います。



ボードは両足が一枚の板に固定されてしまうので、バランスをとるのが難しいです。
スピードの調整やターンも慣れるまで時間がかかるかと思います。
「木の葉すべり」という、初心者向けの滑り方もあります。
斜面に対して板を横にして、右に体重をかけて右斜め下にむかっていく。
ゲレンデの端のほうまできたら、またそのまま左に体重をかけて左下に向かっていく。
ゲレンデを横に使うほうが斜面がゆるくて安全ですが、落ちないように気をつけてください。
止まる時は両足でかかと側に体重をきゅっとかけます。つま先側をあげる感じです。
止まらない!と思ったら、しりもちをついてください。
転ぶ前に自分からしりもちをつくほうが安全です。

スキーは初心者は「ボーゲン」という滑り方です。
板をつま先側を閉じてかかと側を開いた八の字にします。
そのまま滑っていき、止まる時は足の内側に力を入れ、板を外側に押します。
内股にする感じです。内側のエッジを立てて止めるのです。
このときもゲレンデを直進するのではなく、斜めに進んでいってください。
ゲレンデを横断するようで気が引けますが、車と一緒で、初心者の人には近づかないようにみんな注意してくれるので大丈夫です。

文章で読んでもよくわからないと思うので、あくまで参考にしてくださいね。
図解などがあるサイトを探してみるともう少しイメージしやすいかもしれません。
一番は誰かに実際に教えてもらえることですが・・・。

慣れている人でも骨折するスポーツです。
安全に楽しんできてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「木の葉すべり」を検索して動画をみてみました。
スノボでもこれならやれそうです!
前にやってたのは、ジャンプして板を直滑降になる角度にしてました。
(当然スピードが出ますよね・・・・)

スキーの「ボーゲン」も見てみました。
イイ感じですね!これも出来そうな気がします!

でも参加者のほとんどがスノボなんで、スノボをやりたいという気持ちも
あるので、もう少し考えます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/15 20:17

私はスキー派です。


他の方同様板が離れるかつ、ストックがあるのでとっつき易かったです。リフトの乗り降りも楽と言うのも一因ですね。
スキー教室のあるゲレンデなら半日コースだけでもそこそこ滑れるようになりました。
スノボでも同様だと思います。

後は質問者さんがどちらが楽しめるかと思います。
自然が相手なのでどちらも注意して、怪我のないよう楽しんでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりスキーが良さそうですね。

スノボは2回経験しましたが(と言っても2時間程度×2)
全然上達してません><
スノボはサブ的なものなので、毎回教室は無く数時間楽しむだけ
なんです。

心配ありがとうございます。
無理は絶対しません!メインに参加出来ないくらいなら滑りません(笑)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/16 20:11

こんばんは



何歳なのかしら?と思って読んでました。
これからは滑れるようにならなくてもいいのでしたら、#3の仰る滑り方でいいと思います。
運動神経良くて、三半規管が発達していれば、小一時間もレッスン受ければ
簡単な滑り方でしたらできるようになります。

一つ、スノボーってきれいに滑れる人が(ワンメイクとか多いので)少ないので
それほど気にならないのですが、スキーはある程度の年齢でボーゲン(ハノ字)&男性だと
見た目辛いかと思います。
勿論、ご本人が楽しめればそれはそれでいいんですよ。

取り敢えずエッジを使って降りられるようになると楽しめるかと思います。
リフトは降りるとき他の人の邪魔にならないよう、最低でも片足で滑れるようになってから
乗ったほうがいいかもしれません。
あの場で転んだりすると恥ずかしいだけでなく危ないので・・・。

それとスノボーは緩斜面の死亡事故が多いので気を付けてくださいね。
では楽しんで!

http://www.kokusen.go.jp/news/data/a_W_NEWS_077_ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

年齢は29歳です。

多分ですが、今後スノボやスキーに自分で行くとは思わないので
今後は滑れなくても大丈夫です。

ただ、イベントの時には必ず初日の夜は滑る事になるので、ある
程度楽しめたらいいな程度で考えています。

死亡事故まであるんですね・・・・。
気をつけます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/15 21:59

私は運動音痴だと自覚しています。



そんな自分でも、スキーはすぐに滑ることができました。
しかしスノーボードは丸二日習っても5m進めば転ぶばかりでした。

以前別の機会に、インナーマッスルを鍛えるトレーニングなどしましたが、その際の考察で、スノーボードでは特にそういったバランス感覚が大事なようでした。

一方のスキーは、ひとまず腰を落として板を八の字に開き、左右に重心を移すだけで曲がったりできるので、そこまで体幹が鍛えられていなくても、一応滑ったり曲がったりはできるように思えました。
(腰を落として、背中を丸めて前かがみになると安定しやすいと思います)

ウィンタースポーツは比較的怪我をしやすいものですので、楽しむことを第一としながらも安全は最優先としてください。
くれぐれも仲間に引っぱられて中級・上級者コースなどへ行かないよう。
またゲレンデの途中で止まったり転んだりした時は、上から滑ってくる他の方と衝突しないよう常に回りを気にしてください。

準備体操では念入りにストレッチし、また、一時間ゲレンデにいたら10分は休憩・水分補給をするなど心がけると良いと思います。

楽しいイベントになるといいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は運動は好き(球技は得意)なんですけど、スノボ5メートルも滑れませでした。
(下の方は滑れない子でいっぱいで、ある意味混雑してた)

やっぱりスキーの方がイイんですね。
スキーにしようかな♪

リフトは前に初心者コースかな?ちょっと上のところに行きましたが、大変でした。
なので中級、上級なんて無理です;;

ストレッチはやってなかったです・・・・。
今回はちゃんとやろうと思います!

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/15 20:06

どちらも見よう見まねでできるもんではないですよ。


スキーのほうが両足が動くのとストックがあるので、とっつき易いかもしれません。
でもスピードも出やすいので、暴走もしやすいです。
教えてくれる人がいないなら、怪我しに行くようなもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下の方でちょろちょろ滑ってるだけなので、暴走はしない・・・・・
と思ってます><

それでも慎重にするようにします。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/15 19:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Qスキーウェアとスノボウェアって違うの?

今度、初めてスノボをするのですが、スキーウェアとスノボウェアはやっぱり違うのでしょうか?
どのように違うか教えてください。
また、スキーウェアでスノボをすることは無理でしょうか?
知っている方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには
このガードがついていないものもあります。ということ。
このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。
しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。
ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。
(金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため)
あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。
(これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです)
ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて
手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、...続きを読む

Qスキーウェアの下に着るものを教えてください

学校のスキー教室で福島まで行って3泊4日でスキーをすることになりました。
そこで質問です。
皆さんはスキーウェアの下に何を着ていますか?
私は長袖Tシャツ、パーカー、タイツ、コーデュロイの長ズボン(伸縮するものです)を着ようと思っているのですが、やめたほうがいいものや、着るといいものなどを教えてください。
あと靴下も教えてくださると嬉しいです。
厚手のほうがいいのか、学校に行くのと同じのでいいのか迷っています。
ちなみに中二の女です。
スキーセットは学校で借りることになっています。
スキーウェアとニット帽、ゴーグル、グローブは学校で借りることも出来ますが、私は自分で持って行きます。
回答お待ちしています。

Aベストアンサー

中に着る服ですが長Tはいいですねしかしパーカーはフードが邪魔になるので出来ればトレーナーの方がいいですよ。
ウエアーの中にいれると邪魔ですし変に汗をかきます。
外に出しても転べば雪がついて溶けると濡れます。
他に用意しておくとよいものにタオルがあります。
顔を洗う時に使うサイズの細長い物です。
これをスキーを滑る前、服を着るときに背中に入れておくと汗を吸収してくれて下着等が濡れて寒くなるのを防止できます。
お昼ご飯を食べている時にタオルを抜けばさっぱりとします。
再度スキーを滑る時に背中が汗で濡れていないので寒くありません。
またタオルは首に巻いておくとマフラー変わりになり、いざとなったら汗を拭いたり転んで塗れた時も拭けます。
もし吹雪いたら顔に巻いてマスクにもなります。
首に巻いて服の中に入れておけば目立ちません。
万が一誰かが転んで怪我をした時もタオルがあると止血や固定する道具になるので結構使えます。

下の服ですが出来るならジャージの方が動きやすいですよ。
スキーブーツはスネのあたりまであるので中のズボンの裾が狭かったり長いとブーツが邪魔でモコモコします。
ブーツを裾の中に入れられる太さのズボンか裾を折っても邪魔にならない物が良いです。
ジャージでしたら柔らかいので裾をブーツの中に入れることも可能です。

靴下は厚手の物の方がいいですよ。
ブーツって結構中が痛い事があるので厚手だとクッション代わりになりますしフィット感も良いです。

中に着る服ですが長Tはいいですねしかしパーカーはフードが邪魔になるので出来ればトレーナーの方がいいですよ。
ウエアーの中にいれると邪魔ですし変に汗をかきます。
外に出しても転べば雪がついて溶けると濡れます。
他に用意しておくとよいものにタオルがあります。
顔を洗う時に使うサイズの細長い物です。
これをスキーを滑る前、服を着るときに背中に入れておくと汗を吸収してくれて下着等が濡れて寒くなるのを防止できます。
お昼ご飯を食べている時にタオルを抜けばさっぱりとします。
再度スキ...続きを読む

Qスキー経験者にボードははいりやすい?

スキーが好きなのですがあまり上達しなしくて、
初級と中級のボーダーラインにいるような状態です

スキーは持っていないので毎回レンタルしています
で、ボードセットで安いのを見つけたのでボードに転向しようかと迷っています
スキーとボードって全然違いますか?
考えが甘いでしょうか?
またボードのメンテナンスって大変ですか?

Aベストアンサー

スキーからボードに転向したものです。
全く違うと言う人もいるでしょうし、スキーをやってた人は上達しやすいと言う人もいますね。スキーをから入った人はボードもできるけど、ボードから入った人はスキーができないとも言われます。ボードから入ってスキーへ転向する人がいないだけかもしれませんが。

ここからは私の個人的意見です。
全く違うものではないと思います。体の動き、体重のかけ方は確かに違います。しかし、同じ雪上、そして膝をうまく使わなければいけないところ、バランスを取らなければいけないところは一緒だと思っています。

まだスキーも中級手前のようですし、パラレルターンができるところでしょうか?あまり難しく考えずにボードにチャレンジしてみれば良いと思います。スキーがプロ級だからといってボードを始めていきなり滑れる人なんていません。誰だって最初はこけるんです。へっぴり腰だったりするんです。転向して、合わなければスキーに戻れば良いんです。1回チャレンジしただけでスキーに戻るのはやめて下さいね。

ボードのメンテナンスは徹底的にやれば大変ですが簡単にすれば簡単です。http://www.geocities.jp/hijikawastorm/sub20.htm

スキーからボードに転向したものです。
全く違うと言う人もいるでしょうし、スキーをやってた人は上達しやすいと言う人もいますね。スキーをから入った人はボードもできるけど、ボードから入った人はスキーができないとも言われます。ボードから入ってスキーへ転向する人がいないだけかもしれませんが。

ここからは私の個人的意見です。
全く違うものではないと思います。体の動き、体重のかけ方は確かに違います。しかし、同じ雪上、そして膝をうまく使わなければいけないところ、バランスを取らなければい...続きを読む

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

Qスキー:スピードが怖いです

ある程度ゆるやかなところならぜんぜん問題ないんです。
でもかなり急なところをすべると、どうしてもスピードがついてしまいます。
わざわざ雪しぶきをたてるようにしないと、ブレーキにならないんです。
急な斜面でも、味わうように滑っている上級者がいるじゃないですか。
あんなのになりたい。
どうすればいいですか?
また、大きくすべるのと、きざむようにすべるのと、ちゅうくらいにすべるのでは、どれがスピードつきますか?

Aベストアンサー

>スピードが怖いです。
悪い事じゃないっすよ。無理にとばして,事故るよりずっといいです(^^;
>わざわざ雪しぶきをたてる
雪面をこすっているんですね。(スキッディングと言うのですが)エッジで斬る感覚をつかめば,ターンが格段にうまくなり,安定します。だから,上級者は,急斜面を余裕で降りていけるんですよ。
ターンの基本は,
 外足に加重して,曲がる,というか,勝手に曲がってもらう。
 状態は常にまっすぐ。
 足首と膝を曲げる。特に足首は,靴を思いっきり押すような感じで。スキー靴の一番上のバックルや,パワーテープ(マジックテープ)は,緩くしておくとまげやすいっすよ。
ぜしゃのひとがいってるように,たいじゅうがかかとにのったり,こしがひけるとまげやすいのですが,スピードが少しついてくると,暴走を始めます。多分,あなたは,それでは??つちふまずの前の方に体重をのせるようなイメージ滑ってみましょう。

Qひとりでスノボデビューしたいけど怖気づいています

24歳女です。
1年前からスノボに挑戦したくて、初めてだし一人で行ってスクールで講習を受けようと考えていたのですが、いざシーズンが始まると不安になり、予定を先延ばしにし続けていました。

先日やっと重い腰を上げ、夜明け前に起きて車で3時間もかけてゲレンデに行ったのに
結局引き返してしまいました……。
それは主にこんな理由なんですが。

・平日の朝でゲレンデに人が少なかった
・いてもカップルや家族連れやグループばかり
・レンタルショップのバイトのにーちゃんが今時のタイプでしかも無愛想で声をかけられなかった
・用具やウェアの選び方や、勝手がわからない
・自分が浮いているのではと人目を気にしてしまった

結局その日は街まで足を伸ばして、お寺と本屋とカフェと映画館と団子屋に行き帰りました。
本来はそういう過ごし方のほうが好きな人間です。
私は超運動オンチだし、スノボを嗜んでいる人って今時のキラキラしたにーちゃんねーちゃん(いわゆるリア充)が多いイメージがあり、真反対の自分には色々と荷が重過ぎました…。

しかしスノボがしたいという思いは消えていません。
最近友達数人で3月に春スキーに行こうという話になりました。
足手まといにならないよう、その日まで今度こそ一人で練習しておきたいです。

こんな度胸なしの自分へ一人でスノボをする上でのアドバイスや、
実際に一人でスノボデビューした方のお話が聞きたいです。
よろしくお願いします。

24歳女です。
1年前からスノボに挑戦したくて、初めてだし一人で行ってスクールで講習を受けようと考えていたのですが、いざシーズンが始まると不安になり、予定を先延ばしにし続けていました。

先日やっと重い腰を上げ、夜明け前に起きて車で3時間もかけてゲレンデに行ったのに
結局引き返してしまいました……。
それは主にこんな理由なんですが。

・平日の朝でゲレンデに人が少なかった
・いてもカップルや家族連れやグループばかり
・レンタルショップのバイトのにーちゃんが今時のタイプでしかも無愛想で声を...続きを読む

Aベストアンサー

他の回答者さんたちは、かなり楽観的なアドバイスをしてくれていますね。
もっと、
現実的な助言をしてあげないと、
実際に困るのは、質問者さんです。

はっきり言えば、
3月の友だちとの春スキーで、間違いなくあなたは、
足手まといになります。
他の友だちは、それなりに滑れるのですよね。
それでしたら、絶対に足手まといです。
あなたがいるせいで、他の友だちは、リフトに乗れない、好きなコースに行けない状態になります。
あなたが、友だちを思うなら、
「私、一人で練習してるから、ほっておいて滑ってきて。ランチになったら、戻ってきて、一緒に食べようね。」
と、あなたは言わなくてはなりません。
そして、午後も、おそらく離ればなれです。夕方まで。

スノボがしたい気持ちがあって、
友だちの足手まといになりたくないのでしたら、
最低3回は、ゲレンデに足を運んで、スクールで頑張ってみましょう。
1回行ってスクールで練習したら、リフトに乗って、滑れるようになれるのは、
スポーツをがっちりやってて、運動神経やバランスや体力、根性がある女性です。
自称、運動音痴というあなたですから、そう簡単には、いきません。
もしかしたら、何もできずに1日終わるかも知れません。
スノボを舐めてはいけません。
始めるのに、ハードルは低いですが、上達するには、ハードルが高いのです。

ですから、あなたが根性出すことを、考慮しても、
3日必要だと思います。(度胸は無くても根性はあるかもしれないので。)

1番現実的に良い方法は、
スキーに変更することです。
スキーでしたら、1日通えば、1番下のコースでリフトに乗って、滑って降りてこれるようになることは、可能です。
スノボよりも、初歩の上達が早いです。
理由は、基本的に立って止まっていられるからです。
ブレーキがかけやすいこと。
スピードを自分で緩めることが簡単なことです。

スノボは、立てない、止まれない、ブレーキ無い、ですから。

以上が、指導員である僕のアドバイスです。

他の回答者さんたちは、かなり楽観的なアドバイスをしてくれていますね。
もっと、
現実的な助言をしてあげないと、
実際に困るのは、質問者さんです。

はっきり言えば、
3月の友だちとの春スキーで、間違いなくあなたは、
足手まといになります。
他の友だちは、それなりに滑れるのですよね。
それでしたら、絶対に足手まといです。
あなたがいるせいで、他の友だちは、リフトに乗れない、好きなコースに行けない状態になります。
あなたが、友だちを思うなら、
「私、一人で練習してるから、ほっておいて滑っ...続きを読む

Qスキー初心者の必要物品リスト…

 スキー初心者です。
 急遽スキーに行くことになりそうです。

 スキーをするにあたり何が必要なのでしょう。
 スキーウェアはわかるとして...
 教えてください。

 また、必要な物のなかでレンタルができ購入の
 必要がないものはなんでしょうか。
 
 何だから色々と出費もかさなりそう...。
 そもそも今からスキーグッズを購入できるもの?
 シーズン的に、今頃買う人もいないのかなぁ。
 さっぱりわかりません。
 
 HELP!

 

Aベストアンサー

こんばんは

<レンタル可能品>
スキー板、ストック、スキーブーツ、スキーウェア

<レンタルされている可能性のあるもの>
スキーグローブ、ゴーグル、帽子(ニット帽等)

※これらはレンタルしていない場合がありますので、事前のスキー場に問い合わせをし、レンタルが無い場合はご自身で買った方が良いと思われます。

※もしtanpopo2904さんが常に眼鏡をかけておられる方なら、メガネ用ゴーグルもしくはコンタクトレンズのいずれかが必要になります。

<その他>
ネックウォーマー・・・首に巻く防寒具でアルペンなどに売っています。吹雪いたときには必須です。

アンダーシャツ・・・本当は汗を吸いにくい専用のものがあります。でも、個人的には、今回お試し程度なら、Tシャツを着て、スキーを続けそうだと思ったら専用のものを買っても良いと思います。ただ、それでは風邪をひきやすいという説もあります。

長袖ハイネックシャツもしくは長袖タートルシャツ(ユニクロなど)

薄手の長袖セーターもしくは薄手のフリース・・・吹雪いているときなどにスキーウェアの下に着ます。

タイツ・・・tanpopo2904さんが女性なら厚手のタイツで可能とおもわれますが、ストッキングは破れますので不可です。男性なら、同じくスポーツショップやユニクロに売ってます。

スポーツソックスか少し長めの靴下

日焼け止め・メンソレータムリップ

チケットホルダー(リフト券を入れるものですが、スキー場のリフト券売り場でも売っています。)

スキーグッズは大手スポーツショップ(アルペン・ヴィクトリアなど)で今でも売っており、今後もずっと続けるのなら、専用のものを買ってもいいと思います。(いまならバーゲン価格ですね)
ただ、続けるかどうかわからないなら、とりあえず身近で代用できるものがあれば使ってもいいと思います。
また、小物などはスキー場の売店等で売っていることもありますが、割高なことが多いようです。

なお、必ず汗をかきますので、日帰りでも下着などの着替えは必ず持っていかれたほうが良いと思います。

書いている途中で席を外したので、かなり重複してます。すいません。

こんばんは

<レンタル可能品>
スキー板、ストック、スキーブーツ、スキーウェア

<レンタルされている可能性のあるもの>
スキーグローブ、ゴーグル、帽子(ニット帽等)

※これらはレンタルしていない場合がありますので、事前のスキー場に問い合わせをし、レンタルが無い場合はご自身で買った方が良いと思われます。

※もしtanpopo2904さんが常に眼鏡をかけておられる方なら、メガネ用ゴーグルもしくはコンタクトレンズのいずれかが必要になります。

<その他>
ネックウォーマー・・・首に巻...続きを読む

Qスキーは、運動苦手な人でも、初級者コースぐらいなら滑れるようになりますか

 昨年、今年と2泊3日で苗場、中里に家族で行きました。
40代でスキーを初めてトライし、だーれもこけてないところで、一人こけまくって、少々こりゃむかないのかなと、落ち込んでます。
 子どもたちは、あっという間に上達します。
運動は苦手な私が、初級者コース位なら、ボーゲンでおりてこられるようになれるかなー。
スクールにも入ったんだけどなー。
なだらかなところでも、恐くてハの字にすぐして、ズズズと落ちてく感じ。でとまれなくて、ころんでとまる。の繰り返し。
 家族と一緒にすべりたよー。
あきらめるのは、まだ早いかなーなんて。質問というより、愚痴になってしまいました。 ごめんなさい。

Aベストアンサー

こんにちは
自分は雪国育ち(長野県出身です)なのであまり参考にならないかもしれませんが、
子供がすぐすいすい滑れるようになるのは、雪面との距離が我々よりも比較的短く、恐怖心が少ないからだって聞いたことがあります。
この恐怖心っていうのが曲者です。恐怖心があると、腰が引けちゃうので自然とスキー板が前に出て、板だけが先に滑り出して制御不能になって転んじゃうのです。転ぶと痛いのと恥ずかしいのとで、また恐怖心が増大しちゃいます。
これを取り除くためには

1 楽しい晴れた日でかつ、あんまり寒すぎない、周囲を見回すと景色が綺麗な日にスキーに行く。
2 親しい、気の置けない友人と行く。(家族だと足手纏いに、なんてかんがえちゃうのかなあ?)
3 何でも慣れが大切。できたら3・4日は続けて滑る。
4 スキースクールは楽しくて優しい先生を選びたい。スパルタ式はダメ。できたら旦那に隠れてつきあいたいぐらいのイケメンを選ぶ。(いまどきはやらないけれど、鬼コーチだったら即やめる)
5 少しでも滑れたら、気分は王様。私はゲレンデクィーンだと思う。イメージトレーニングってとっても大事。
6 名画「私をスキーに連れてって」を繰り返し見て、「恋人はサンタクロース」を聴きまくる。

技術的なこと
7 最初だから転んでも恥ずかしくない、転ぶのが当たり前だから、変な怪我をするような転び方だけは避けるようにする。(手を突く、前のめりに転ぶ のがケガの多い危険な転び方です)
8 平らなところでゆっくり歩くことをまず覚える。ゲレンデスキーの前に、旦那と二人でクロカンスキーにチャレンジして慣れるっていう手もある。
9 立つ位置が大切。「母指球」なんて難しいことを言うスクールスタッフがいますが、板はハの字で、その中心にきちんと立つ。
  腰は曲げません。ひざを曲げます。ひざは前後にしか曲がりません。
  その状態で、出そうなおしっこを我慢するような気持ちでちょっと太ももをしめてあげます。
これが基本姿勢です。ちょっとやってみましょう。
10 右・左・右・左とゆっくり体重移動します。急激に移動はしないで、様子を見ながらジワーっと力をかけるように心がけてください。

あとはとにかく楽しむことです。綺麗な景色に感動して、リフトにドキドキして、旦那とミニ雪合戦しましょう。お客や子供が見てないところで、旦那に抱きついてチューしましょう。
そうすれば滑れなくったってパラダイス。
グッドラック。

こんにちは
自分は雪国育ち(長野県出身です)なのであまり参考にならないかもしれませんが、
子供がすぐすいすい滑れるようになるのは、雪面との距離が我々よりも比較的短く、恐怖心が少ないからだって聞いたことがあります。
この恐怖心っていうのが曲者です。恐怖心があると、腰が引けちゃうので自然とスキー板が前に出て、板だけが先に滑り出して制御不能になって転んじゃうのです。転ぶと痛いのと恥ずかしいのとで、また恐怖心が増大しちゃいます。
これを取り除くためには

1 楽しい晴れた日でかつ...続きを読む

Qサングラスとゴーグルどちらが良いですか?

昨年のスキーで スキー用のサングラスをバキッと踏んでしまいました
結構なお値段を出して購入したサングラスだったのに
あっけなく真ん中から割れてしまったのがショックだったので
外れにくく、壊れにくそうなゴーグルにしようかと思っています

サングラス=スキー  ゴーグル=スノボ と勝手なイメージがあるのと
子連れののんびりスキー(子どもにあわせてゆっくりボーゲンです)なのにゴーグルは大げさかしら・・・と心配になりまして・。

スキーヤーの皆さんはどちらをしていますか?
よいアドバイスお待ちしていますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。
たぶん、土休日に行くとお手軽ファミリースキーヤーが多いので、スキー=サングラスというイメージになるんじゃないかと思います。それと「私をスキーに連れてって」世代のイメージかな?

ガッツリ滑る本格派が多い平日だと、スキーヤーのゴーグル比率がグンと上がっているような気がします。

一方、スノーボードは怪我率や初心者の死亡率がスキーより高いことから、最初からゴーグルと最低でも厚手のニット帽というのが定着しているんだと思います。

我が家は親子とも、一般ゲレンデを滑る限りはゴーグルとヘルメット完備です。(キッズゲレンデでそり滑りはともかく…)
何年か前、某有名スキー場で転んだボーダーのエッジがちょうど子供の頭に当たり、脳挫傷になったといういたましい事故がありました。
それこそ子供を股に挟んで初級コースを滑っていて、上級コースとの交差点で事故が起こったそうです。
相手がスキーであっても、外れた板が宙を舞って飛んでくることだってありえます。

そんな話を聞いてからは、2歳の子供にスキーを始めさせた時点からヘルメットですし、親も「手本」としてヘルメットを被るようにしています。

私も初心者の頃は大袈裟と思ってました。
しかし、2級を取る頃には安全性、快適性を考えたらゴーグルしか考えられなくなりました。今ではレンズカラーで3種類のゴーグルを持っていき、天候によってセレクトしています。(晴天用=偏光グレー、悪天候用=イエロー、どっちつかず=偏光ピンク)

ゴーグルも偏光でダブルレンズだと、1万円以上はします。
しかし、オークションやアウトレットで型落ちを探して5千円くらいで買ってます。
機会があればお店で試着して、どの型が自分の顔に合うかチェックしています。

こんにちは。
たぶん、土休日に行くとお手軽ファミリースキーヤーが多いので、スキー=サングラスというイメージになるんじゃないかと思います。それと「私をスキーに連れてって」世代のイメージかな?

ガッツリ滑る本格派が多い平日だと、スキーヤーのゴーグル比率がグンと上がっているような気がします。

一方、スノーボードは怪我率や初心者の死亡率がスキーより高いことから、最初からゴーグルと最低でも厚手のニット帽というのが定着しているんだと思います。

我が家は親子とも、一般ゲレンデを滑...続きを読む


人気Q&Aランキング