出産前後の痔にはご注意!

オーナー(大家)が変わった時の賃貸アパートの契約について質問させていただきます。

賃貸アパートのオーナーが変わり、今までと文言の違う内容の新しい契約書で契約しろと新オーナーから言われました。(重要事項説明書は添付されていません)
「オーナー欄は違っても今までの契約書が有効なはずなので、そのままでいいのでは?」と言ったら
「新しい契約を結ばないなら出て行って貰って結構」と言われ、新契約書で契約しないなら出ていって欲しいという態度も示されました。
正直、連帯保証人の印鑑を貰うのも手間だし、契約書の内容に素人の私では気付かない落とし穴があるかもしれないため、新しく契約書を交したくありません。
また契約日が新しくなることの不利益もあるような気がします。

新しい契約書で契約を結ばなければならないでしょうか?


なお新しい契約書の内容は、素人見では酷いと言える内容ではなく、現状追認の極普通の内容のように見えます。
新オーナーとの賃貸契約に際し不動産屋は間にいません。(会ってないだけかもしれません)
今まで同様、どこかの会社の社長が買って社員向けの寮みたいな感じで使うようなので、管理会社はありせん。私は前オーナーが社員向けの寮のように使うために買う前から住んでいて、入居当時は、間に不動産屋さんがいましたが、入居時の不動産屋から1度管理会社(不動産屋)が変わり、前オーナー時にその後管理会社がなくなっており、間に立ってくれる人がいない状況です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

不動産会社の者です。



ご参考下さい。

#2 in_go-ingさんの回答を支持します。

基本的に競売による取得は(質問者様の賃貸借契約時に既に抵当権が有った場合において)
法律の改正で(意図としては占有して立ち退き料を求める方たちを排除する為に)
借主は新たな貸主と再度契約を合意締結しなければ6カ月以内に退去しなければなりません。

物件の取得方法により異なりますので、何が何でも借主が守られると言う訳ではありません。

今ちょうど弊社でも「貸主変更」の物件が有り、手続き中です。
詳細はかけませんが「競売」ではありません。
契約書を再度作りませんが、貸主変更覚書を作成送付しました。
内容的には貸主が変わる事の合意、賃料の振込先の変更以外の事は原契約書に従う。以上

競売で無い限り、前貸主と借主(質問者様)が契約した内容を新貸主が引き継ぐ事が前提です。
そうしないと貸主が変わるたびに契約内容の変更出来てしまい、借主に著しく不利だと思います。

私の認識が絶対とは思いませんが、#2さんのご回答は間違っていないと思います。
    • good
    • 6

>新しい契約書で契約を結ばなければならないでしょうか?


競売物件だと、契約を締結しなければ
「不法占拠になるので6ヶ月で退去させられても致し方ない」状況です。

>なお新しい契約書の内容は、素人見では酷いと言える内容ではなく、現状追認の極普通の内容のように見えます。
契約書は、「各物件、各不動産屋ごとのオリジナル」なのでそういうものです。
契約書をチェックして、同意出来ない個所があれば交渉し、
特に問題がなければ締結されれば良いかと思います。

何と言っても大家さんなのですから、敵対する相手ではありません。
    • good
    • 5

競売による所有者変更なら



新所有者と契約の締結が必要。


それ以外、売買や相続であれば必要なし。
    • good
    • 10

借地借家法31条1項により、賃借人は引渡し後の第三者に登記なくして対抗できます。


(この規定により古典的な「売買は賃貸借を破る」という法則が崩れ、賃貸借の物権化の議論に決着をつけます)。
したがって賃貸人(オーナー)が変わろうと賃借人は自らの賃借権を対抗できます。

賃貸人がどのような経緯で物件を取得したかは関係ありません。
競売だとうとなんだろうと関係ありません。

また、新賃貸人が現在の賃貸借契約を更新しない場合は借地借家法28条により保護されます。
    • good
    • 7

 大家しています。

現住物件を買った経験もあります。

 まずは、『賃貸アパートのオーナーが変わり』の経緯が大切です。質問者様が契約を結ぶ前からの担保としてその不動産があり、その債務のために『競売』を通っていると質問者様には住む権利はなくなります。新所有者は6ヶ月の猶予をもって立退きを要求することが出来ます。

 通常の売買で所有権が移転されたのであれば、新所有者は旧所有者と質問者様の間の契約は引継ぐことになります。敷金等の『預入金』も新所有者に引継がれています。
 この場合、新たに契約書を作成する必要はありませんが、新所有者の意向で契約書を作成することは可能です。ここで、そのための『手数料』等の負担があるなら拒否するにも正当な理由がありますが、『連帯保証人の印鑑を貰うのも手間だし』は『保証人』と契約者の関係が悪化している場合も推測され新所有者には良い印象は与えないでしょう。通常更新時には法的には不要な『保証人』の承諾書を再度求めて『保証人』の意思確認をせざるを得ないところに大家を追い込みます。そこで『保証人』の意思確認が取れなければ『退去要請』となるでしょう。要は、たかが契約書の作り直しで大家と揉めて悪印象を与えても何のメリットもないということです。

 『契約日が新しくなることの不利益もあるような気がします。』と言われても更新時期を後ろに延ばすようなバカな大家はいません。旧契約書の残存期間の契約にしかならないでしょう。内容が不安なら「もとの契約書と同じ文言にしてください」と言えば良いだけです。

 いずれにしても『どこかの会社の社長が買って社員向けの寮みたいな感じで使うよう』や『新しい契約を結ばないなら出て行って貰って結構』は既に新所有者は契約書くらいでゴネている質問者様に“出て行ってもらいたい”と考えているようですから、住みにくい住環境にはなるでしょう。ゴネて住み続けることは出来ますが、引越しを考えておくべきかもしれません。

 私が現住物件を買った際にも、私は契約書の作成までしませんでしたが、“ここぞと?”ゴネる居住者さんもいました。でもそういう方は住みにくくなったようで皆さん引越しされました。(笑) 大家や『管理会社』には居住者さんを“住みにくくする”手立てはたくさんあります。些細なことでゴネても何のメリットもありません。
    • good
    • 5

原則新しい契約書を締結する必要はありません。



まず、以前の賃貸人との間で締結した賃貸借契約の期間は何年ですか?
当該期間内での話しを前提とします。

前賃貸人の地位を譲り受けている新賃貸人が契約を巻き直したいなら、それは新たな
普通賃貸借契約締結の意思表示であり、あなたが応じなければ契約は成立しません。
追い出されることもありませんし、契約を解除することも認められません。

新賃貸人は賃貸借契約から生ずる債権を譲渡されていますが、
賃借人に対する債務を変更する場合(原状回復義務の範囲の変更、賃借権の内容を変える等)
はあなたの同意が必要です。

但し、敷金返還債務は当然に新賃貸人に移転しない(前賃貸人がなお義務を負う)とされていますので、
その変も合わせて確認されてはいかがでしょうか。

なお、仲介人がいない場合は重要事項説明書を交付する義務はありません。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸物件の所有者が変わった場合の敷金の取り扱い

賃貸物件の所有者が変わった場合の敷金の取り扱いについて教えて下さい。

約10年ほど入居していた賃貸アパートを退去することになり、管理会社と相談していた際に、管理会社のほうから「敷金の返還については確約できない」旨の話があり、困っています。

10年前に入居したときの家主(オーナー)さんは、同じアパートの3階に住むお婆ちゃんで、仲介会社を通じて、家主さんと賃貸借契約を結びました。
家賃は、家主さんの個人口座に振り込んでいました。
(この時点では、決まった管理会社というものはなく、何か支障やトラブルがあれば、家主のお婆ちゃんに直接相談して解決し、さしたる問題もなく過ごしてきました。)

ところが、2年ほど前に、突然、市外の聞いたこともない不動産会社から、「アパートの所有者と管理会社が変わったから、今後は家賃をこちらに振り込んでくれ」という内容の手紙が届きました。
最初は「振り込め詐欺」かと思ったのですが、家主さんに聞いてみると、「手紙に書かれてる内容はウソではないので、今後は家賃をその管理会社宛てに振り込んでくれ」とのこと。
(このときの家主さんの様子から、アパートの譲渡が決して円満になされたわけではない印象は受けましたが、もちろん詳しい経緯などはわかりません。)

半信半疑でしたが、とりあえず指示通り家賃は新しい管理会社へ払い続けました。
(新しい所有者や管理会社と改めて賃貸借契約を取り交わしたりはしてません。)
しかし、その会社自体が遠方にあって日常の管理がまったく出来ておらず、トラブル対応も遅れがちなので、今回、転居することにした次第です。

ところが、管理会社との打ち合わせ中に敷金(4か月分)の返還に話が及ぶと、先方から「アパートの所有権を移転した際に、前の家主=お婆ちゃんから敷金を預かっていないので、敷金の返金に応じられるかわからないし、返金できたとしても時間がかかるかも」と言われてしまいました。

話が長くなりましたが、アパートの所有をめぐるゴタゴタのとばっちりを、どうして入居者がかぶらないといけないのか納得がいきません。
どなたか、こんな私に良きアドバイスをお願いします。
(ちなみに、前の家主のお婆ちゃんは、姿を見かけないと思ったら、いつの間にかアパートから出て行ったみたいです。)

賃貸物件の所有者が変わった場合の敷金の取り扱いについて教えて下さい。

約10年ほど入居していた賃貸アパートを退去することになり、管理会社と相談していた際に、管理会社のほうから「敷金の返還については確約できない」旨の話があり、困っています。

10年前に入居したときの家主(オーナー)さんは、同じアパートの3階に住むお婆ちゃんで、仲介会社を通じて、家主さんと賃貸借契約を結びました。
家賃は、家主さんの個人口座に振り込んでいました。
(この時点では、決まった管理会社というものはなく、何...続きを読む

Aベストアンサー

 大家しています。

 居住者に居る物件を買ったことがありますが、その際は契約書も全て引き継ぎ、敷金も引き継いでいます。

 質問者様の場合も、大抵は契約書の最後の方に綴じ込まれている、『敷金預り証』があると思いますのでそれで新しい所有者に請求してください。

 『アパートの所有権を移転した際に、前の家主=お婆ちゃんから敷金を預かっていない』は旧所有者と新所有者の間での引き継ぎの不備だけですから質問者様には関係ないことです。

 『敷金の返金に応じられるかわからない』も“ふざけた”言い分で、『敷金預り証』を持って裁判所に行けば返さざるを得ないのです。

 『返金できたとしても時間がかかるかも』と言っているなら、「では裁判所で小額訴訟をします。」と言いましょう。『敷金預り証』は敷金を“預かっている”ことの証明ですから争うことも出来ない事実で、ゴネてもダメだと分かるはずです。

Q急な、貸主変更と確認覚書を送付ってありえますか?

2005年12月22日付けで貸主の変更についての覚書が送られてきて
同12月30日までに新しい貸主に対する賃料の支払いと覚書の送付してくれとの内容でした。

(1)賃料支払いの1週間前といのが直前すぎると思ってしまうのですが
こういうことは普段あり得る事なのでしょうか?

(2)部屋を選んだ理由の1つに貸主・管理が三井不動産住宅リースというのもあったのですが
それが有限会社FGIインベストメント・ツーという会社になったようなんですが
この会社がどういう会社なのか情報をお持ちの方はいらっしゃいますか?
ネットで検索しても名前すら出てこないので少し不安になっていまして…

Aベストアンサー

『貸主の変更についての覚書』が(三井不動産住宅リースと新所有者)双方からの書類でしたら問題はないと思います。

オーナーチェンジは結構あるものです。 但し、振込先の変更等事務的なことは最低でも1ヶ月以上の余裕があるものですが、必ずしもそれが問題とはいえません。 (勿論商道徳上、余裕を持って行うべきなのですが)

また、以前の所有者も必ずしも『三井不動産住宅リース』とは限りません。 この会社は「オーナー」の代理としてサブリースで賃貸しているケースが多いのです。

今回は、オーナーチェンジと同時に「管理会社」等も完全に移行したのでしょう。

なお、オーナー変更後も「既存の契約内容」は有効です。

Q【オーナーチェンジの物件、現在賃貸中の方に退去していただくには?】

お詳しい方、宜しくお願いします。

投資用ではなく、自分が住むためのマンションを探しております。今、いわゆるオーナーチェンジの物件があり、その物件を購入して自分で住みたい、と考えております。

この場合、現在賃貸でお住まいの方(以下、Aさんとします)には、退去していただかなくてはなりませんが、仲介不動産屋さんの話では、若干のお金をお支払いする必要がある、との事です。

法律上、この様な場合、どのような規定があるのでしょうか?素人が考えますに、現行の賃貸契約が有効な期間内は、Aさんに権利があるとしても、更新するかどうかは、新しいオーナー(物件を購入できたら、私)が決定できるような気がします。例えば、退去していただく場合、契約更新時の○○ヶ月前に、告知する義務がある、なし、等、教えて下さい。また、法律上の解釈はともかく、トラブルに発展するのは何としても避けたいのですが、このようなケースでは、例えば、Aさんがどうしても退去しない場合、などご存知の方、教えて下さい。

出来ましたら、返答を速めに頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

#2です

ついでに...。

一般に事業用賃貸物件は入居者が居る状態での取引が普通です

むしろ入居者が入れば募集の手間、リスクも有りませんから好まれます

「追い出し費用が必要」との理由での値引は困難と思われます

Q所有者・管理会社変更に伴う賃貸借承継に関する通知書

・「所有者・管理会社変更に伴う賃貸借承継に関する通知書」に印を押しても良いのでしょうか?
・不利益になることはないでしょうか?
・なぜこの書類に印を押さないといけないのでしょうか?
・押さないとどうなるのでしょうか?

■経緯
・部屋を借りて4年になります
・先日知らない人が来て、この建物の所有者が変更されたので、書類に印を押すように言われました
・説明を求めると、「所有権が既に建物の持主からこの会社に移管された」ことを告げられました
・別で渡された書類には「建物の取り壊しを行うことを決定しました」と書かれていました

■質問
・事前に建物所有者から説明もなく、賃貸管理会社から何の連絡もなく、釈然としません
・これは、従うしかないのでしょうか?
・また「所有者および管理会社変更に伴う賃貸借承継に関する通知書」の意味が分かりません
・内容は「建物所有者」と交わしていた契約を「この新しい会社」が継承することの通知、と、従来の契約内容が書かれているのですが、この書類に判を押す理由が分かりません。何のために押す必要があるのでしょうか? 継承されてしまった以上、意味がない書類と思うのですが、法律的には違う解釈をするのでしょうか?

■最後に
・建物取り壊し決定を、知らない人にいきなり告げられたことが一番ショックです
・建物所有者は、部屋を借りている人に事前通知する必要はないのでしょうか?
・また、賃貸管理会社は、所有権が変わることを、借人に伝える必要はないのでしょうか?
・また、新しい所有会社は、借人の同意もなしに、建物を取り壊しを決定することができるのでしょうか?
・自分の感覚では、前回更新時の契約終了まではこの契約が有効だと思っているのですが、そうなのでしょうか? その後はもう出て行くしかないのでしょうか?

・「所有者・管理会社変更に伴う賃貸借承継に関する通知書」に印を押しても良いのでしょうか?
・不利益になることはないでしょうか?
・なぜこの書類に印を押さないといけないのでしょうか?
・押さないとどうなるのでしょうか?

■経緯
・部屋を借りて4年になります
・先日知らない人が来て、この建物の所有者が変更されたので、書類に印を押すように言われました
・説明を求めると、「所有権が既に建物の持主からこの会社に移管された」ことを告げられました
・別で渡された書類には「建物の取り壊しを行うこと...続きを読む

Aベストアンサー

>建物を取り壊すのは所有者の自由です。
人が住んでる家を勝手に壊したら器物損壊で逮捕されます。
何か相手が指摘たら容赦なく110番することが必要です。

まず相手に所有権の証明と所有権移転の経緯を求めましょう。

この手の問題のポイントは、どうやって相手が所有権を手に入れたかです。
あなたが賃貸契約を結ぶ前にその物件に抵当権がつけらえていて、抵当権の行使で所有権が移転したのならば、あなたの賃貸借契約はその時点で切れています。
でもおそらくこの胡散臭い手法を見る限り、そうではないでしょう。


もしあなたの契約後の抵当権の行使、あるいはそれ以外の方法による所有権の移転であるならば、あなたの契約は有効ですので、これまで通り家賃を払って住めばいいです。
相手がどんな書類持ってきても無視してかまいませんし、自分の納得いく書面を作る、もしくは作らせて、新たに契約を結べばよいでしょう。
もし相手がどうしても出て行って欲しくてあなたもまんざらでないのであれば、あなたの納得いく金額の転居料をふんだくってOKです。(相手はそういう経費もあることを認識して行動していますので)

あとこの手の話は逐一消費者生活センターに報告相談してください。
答えを聞くだけでなく、役所で相談内容の書類を作ってもらえばそれは経緯の証拠として極めて有力です。

>建物を取り壊すのは所有者の自由です。
人が住んでる家を勝手に壊したら器物損壊で逮捕されます。
何か相手が指摘たら容赦なく110番することが必要です。

まず相手に所有権の証明と所有権移転の経緯を求めましょう。

この手の問題のポイントは、どうやって相手が所有権を手に入れたかです。
あなたが賃貸契約を結ぶ前にその物件に抵当権がつけらえていて、抵当権の行使で所有権が移転したのならば、あなたの賃貸借契約はその時点で切れています。
でもおそらくこの胡散臭い手法を見る限り、そうではないでし...続きを読む

Q契約途中のアパートの管理不動産会社が突然変更になり、家賃の値上げを求められました。

現在のアパートは入居3年目です。
数日前、「アパートの管理不動産会社と大家さんが8月から変更になるので、後日新契約について伺います。」といった内容のチラシが入っていました。

そして今日、新しい管理不動産会社の方が訪問されて、「8月より家賃を1万円値上げしたい。」旨の説明を受けました。
そこで私は、「今日はカミサンも留守なので返事が出来ない。明日、会社に伺う。」と返事をしました。

そこでご質問なのですが、現在のアパートは平成12年4月から入居しています。

現在の契約書の第2条には、
「賃貸借の期間は平成12年4月1日より平成14年3月末日迄とする。但し、期間満了の際、甲乙双方より何等意思表示のない場合この契約は同一条件にて更新されたものとする。」
となっています。

こういったケースの場合、家賃の値上げを素直に聞き入れるしかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約書に書かれているとおり、既に契約が更新されていますから、大家が代わったのは、先方の都合ですから、値上げを無条件に飲む必要は有りません。

あくまでも、話し合いで、納得がいったら値上げに応じることになり、1万円が無理なら5000円で妥協する方法も有り、断ってもかまいません。

又、#4の回答に有る「供託」は、いきなり供託するのではなく、こちらが値上げを断り、相手が、家賃の受け取りを拒否した場合に、そのままにすると家賃の不払いとなり不利な扱いを受けることになります。
それを避けるために、相手が、家賃の受け取りを拒否した場合に法務局に供託をして、家賃を支払った状態にするのです。
この供託金を大家が受け取れば、家賃の値上げを撤回したことになります。

Q所有者と賃貸人の違い

初めて賃貸契約を結ぶのですが
契約書を見ると、所有者と賃貸人の名前が違うのですが、
どちらが大家になるのでしょうか?

そもそも所有者と賃貸人は何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

> そもそも所有者と賃貸人は何が違うの

 所有者はその不動産を所有する人。
 賃貸人は、質問者さんにその不動産を賃貸した人、言い換えると、質問者さんとその不動産について賃貸借契約を締結した人、です。さらに言い換えると、その不動産を使用し、収益する権利を質問者さんに与え、逆に質問者さんから家賃・地代を取る人、です。


 所有者をAさん、賃貸人をBさんとしましょうか。もう一人二人登場しますので、C、Dさんとします。

 ふつう、BさんはAさんからその建物を借りて、質問者さんに賃貸します。なので、Bさんを「転貸人」、質問者さんを「転借人」と言ったりもします

 しかし、そういう場合だけではなくて、例えばすでにAさんが亡くなっているのですが、相続人間で財産の分割が終わっていなくて、相続人のBさんが同じ相続人のC・Dさんの同意を得て(あるいは無断で)、単独賃貸人として質問者さんに賃貸しているなんて場合もありえます。

 あるいはまた、BさんはAさんの命の恩人で、AさんはBさんに文句が言えないのを利用して、勝手にBさんが質問者さんと賃貸借契約を結んだのかもしれません。所有者Aさんは泣いています。

 いろんな事情がありえますが、とにかく、質問者さんがその不動産(たぶん住宅)を使えるようにした人間が「賃貸人」です。

 そして、質問者さんの「大家」は所有者Aではなくて「賃貸人」のBさんのほうです。

 が、が、が、しかし。

 この場合、質問者さんは、所有者Aさんに対しても直接の義務を負っていることになります(民法613条?)ので、もしもAさんが「俺に家賃を払え」と言ってきた場合、「あんたから借りた覚えはナイ」と拒絶するのは難しいことになります。

 とりわけ、「Bに1年分、前払いしたもんね」という前払いは、言ってもムダです。質問者さんはAさんに勝てないことになっています。

 そんなことになったら、ちゅうちょせず、ここで対処法を質問されることをお勧めします。そうでない場合は、所有者と賃貸人が違うことは忘れていていいと思います。賃貸人だけを意識していましょう。
 

 不動産賃貸業を営んでおります。

> そもそも所有者と賃貸人は何が違うの

 所有者はその不動産を所有する人。
 賃貸人は、質問者さんにその不動産を賃貸した人、言い換えると、質問者さんとその不動産について賃貸借契約を締結した人、です。さらに言い換えると、その不動産を使用し、収益する権利を質問者さんに与え、逆に質問者さんから家賃・地代を取る人、です。


 所有者をAさん、賃貸人をBさんとしましょうか。もう一人二人登場しますので、C、Dさんとします。

 ふつう、BさんはAさんからそ...続きを読む

Q入居中に大家さんが変わることになりそうなのですが・・・

今年の6月から3年契約で入居中の借家なのですが、大家さんが物件を売却するようで大家さんが変わるようです。
現在は大家さんと直接契約をしているのですが、新しい大家さんの不動産屋のほうから家賃や契約年数の話し合い、新しい契約をしたいので日曜日に会うことになっています。
このような場合新しい契約が必要なのでしょうか?
私にとって不利な契約になってしまう気がします。
というのも新しい大家さんは自分が住むために買ったということと
大家さんの事情であと1年半以内にはここに移りたいようです。
今の大家さんとの契約で家の中を自由にしてもいいとなっていたので、
入居時に壁紙を張り替えたり、床を張ったり、鍵交換 などしていたので万が一家賃を上げられたり、後1年で退去などの契約にされたら・・
(1)新しい契約を拒否して現在の契約ではだめなのか?
(2)こうなった以上無理に居座るのもいやなので、損害分を少しでも取り戻せないか?
乱筆乱文ですみませんが、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

補足です。
法律論になるのですが、貸主の地位が引き継がれるということは、新大家に対して今までの契約の内容が引き継がれるということです。従って貴方は、新大家に対して建物賃貸借契約に基づいて借主としての義務を果たさなければならないということです。通常の建物賃貸借においては現状を維持・保存する義務はありますが、借主にそれ以上の家の中を自由にしても良いとする権利はありませんので、その辺のところを突っ込まれ、場合に債務不履行責任を問われる可能性もありますので、旧大家との関係で取り決めがあったという事実を証明した方が(現状変更についての同意書のような形)、貴方が今後の新大家との交渉に有利になると思われるからです。新大家に今後も家の中を自由にしても良いと主張するのも、どの程度かにもよりますが、壁紙を貼ったり、床を貼ったり、鍵を交換したりした程度であれば、貸主としても、とりたてて大きな問題ではないのでは?と個人的には考えます。壁紙や床や鍵交換については、大家がやらなくてはいけないというものでもないですが、賃貸の場合現況だと中々借り手がつかないという現実もあり、それを借主負担にするということにして客付けするケースもよくあるからです。
最後に、今後について。
貴方は、現在借地借家法で守られていますので、新大家としても、これに反して正当な事由なく1年以内に追い出すことはできないはずです。借地借家法では、貸主の借主に対する正当事由がない解約は、許されておりません。一応判例では正当事由に代替するものとして立退料の提供があれば可能とするのですが、通常6ヶ月の家賃分ぐらいだと思いますが、反論されたらいかがでしょうか?以上法律論に固執するのも好ましくありませんが、あくまで話し合いを中心に、円満な解決を期待しております。

補足です。
法律論になるのですが、貸主の地位が引き継がれるということは、新大家に対して今までの契約の内容が引き継がれるということです。従って貴方は、新大家に対して建物賃貸借契約に基づいて借主としての義務を果たさなければならないということです。通常の建物賃貸借においては現状を維持・保存する義務はありますが、借主にそれ以上の家の中を自由にしても良いとする権利はありませんので、その辺のところを突っ込まれ、場合に債務不履行責任を問われる可能性もありますので、旧大家との関係で取り決...続きを読む

Qマンションの貸主が変わった場合、連帯保証人が通知を受けておらず新契約書に署名押印していない場合、連帯保証は無効か?

H15年3月に弟がマンションを借りるとき、私が連帯保証人になりました。
H17年12月になっていきなり「家賃を6ヶ月滞納しているから本人の代わりに払え」とマンションの管理会社から電話が来てびっくりしました。

管理会社の名前に聞き覚えがないため、とにかく会って事情を聞いてみましたところ、以下の事実が判明しました。
1)私が連帯保証人として署名捺印したときの貸主(A)の財政状態が悪化し、債権回収会社(B)へ物件が譲渡された。
(B)と弟との間で新たな賃貸借契約が交わされていた。
その契約書の契約日の欄は空欄。連帯保証人の欄に私の住所氏名等が書かれていたが、当然私は自署していない。押印も無い。
2)その後(B)はH17年4月にデベロッパーの(C)へ物件を譲渡。(C)と弟との間で新たな賃貸借契約が交わされていた。
やはり契約書の連帯保証人の欄には私の住所氏名が書かれていたが、当然私は自署していない。押印もしていない。
3)私に電話をかけてきたのは(C)の子会社で、(C)の物件の管理を行っている。

このような場合、私は貸主変更の通知を受けていないし、契約書に押印もしていないので、
・契約書は無効であり、
・(B)に対しても(C)に対しても、私は弟の連帯保証人ではない
と言い切れるでしょうか。
よろしくアドバイスお願いします。

H15年3月に弟がマンションを借りるとき、私が連帯保証人になりました。
H17年12月になっていきなり「家賃を6ヶ月滞納しているから本人の代わりに払え」とマンションの管理会社から電話が来てびっくりしました。

管理会社の名前に聞き覚えがないため、とにかく会って事情を聞いてみましたところ、以下の事実が判明しました。
1)私が連帯保証人として署名捺印したときの貸主(A)の財政状態が悪化し、債権回収会社(B)へ物件が譲渡された。
(B)と弟との間で新たな賃貸借契約が交わされていた。
その契約書の契約...続きを読む

Aベストアンサー

以前不動産屋に勤めていたので、何かの足しに。
結論から言えば連帯保証人では無いです。
が、家賃の滞納が貸主(A)の時の物であれば保障責任がある事になります。
物件は譲渡されたが、賃貸契約も一緒に譲渡された訳では無いです。その証拠に(B)は弟さんと賃貸契約を結び直しているのです。
貴方はあくまで(A)と弟さんの賃貸契約の連帯保証人として署名捺印している訳で、(B)や(C)との賃貸契約の連帯保証人であると自分でも知らなかった&認めていない(署名捺印無し)訳です。

(B)も(C)も賃貸契約書を交わす時、「あれ?契約書に連帯保証人さんの実印が無いですね?これでは駄目ですので、ちゃんと本人に記入捺印してもらって下さい」と言わないので、言わば連帯保証人無しで賃貸契約を結んだ事になっているのです。
この契約内容(連帯保証人抜き)で良いと(B)も(C)も判断した。と思われても反論出来ないので、全うな不動産屋ならこんな初歩的なミスはしません。

余談ですが、弟さんの家賃滞納は事実なのでしょうから債務は残ります(強制退居になっても)。
不動産屋の横の繋がりはあなどれないので、新しい住居を借りようとしても、家賃滞納で追い出された人物と新たに賃貸契約を結ぶ事は難しいと思います。

以前不動産屋に勤めていたので、何かの足しに。
結論から言えば連帯保証人では無いです。
が、家賃の滞納が貸主(A)の時の物であれば保障責任がある事になります。
物件は譲渡されたが、賃貸契約も一緒に譲渡された訳では無いです。その証拠に(B)は弟さんと賃貸契約を結び直しているのです。
貴方はあくまで(A)と弟さんの賃貸契約の連帯保証人として署名捺印している訳で、(B)や(C)との賃貸契約の連帯保証人であると自分でも知らなかった&認めていない(署名捺印無し)訳です。

(B)も(...続きを読む

Qアパートの名義人変更について。いい方法ありませんか?

現在、私の名義で借りて住んでいたアパートに彼が転がり込んできています。
私は実家に帰ろうと思い、
彼はここに住みたいと言っているので名義変更をしたいと思っています。
ただ、一般的に名義変更をすると再契約扱いになって家賃一ヶ月分くらいの手数料が発生するか、
敷金を払いなおしだと聞きました。
このアパートを三年前に契約した際、敷金は12万納めています。
出来るだけお金がかからない方法で名義変更したいのですが、いい方法はありませんか?
一度解約して敷金を返してもらい再契約にそれを回すという方法も考えたのですが、
ペットを飼っているため恐らく壁紙なども全部張替えで敷金が戻ってこない可能性が高いです。
出来るだけお金がかからないで名義変更することは出来ますか?

Aベストアンサー

元不動産の営業マンです。

名義変更などの料金は不動産によって変わると思います。
僕の働いていた会社は料金は掛かりませんでした。

ただ、変更にあたっては条件が出てきます、まずは保障人も変更になります、保障協会など入ってた場合もその変更した保障人で審査し直します。 そして火災保険なども新しく契約してもらいます。それに伴い保障協会と火災保険の料金は掛かります。

あなたの契約での火災保険は途中解約した場合は日割りで返金されます。名義変更も出来ると思いますが、その場合はもちろんあなたに日割り返金は戻ってきません。返金額は保険会社のよっては違いますので保険の契約内容を確認して下さい。

後は敷金です、もちろん全額返金です、ただ、彼氏が同じ金額を敷金として大家に預けなければいけませんので同じ金額が必要です。
ただ、あなたも途中までは住んでいましたのでどこからどこまでは自分で払うかは彼氏と相談して決めるべきです。
礼金はもちろん戻ってきません、大家に対してのお礼金ですので、名義変更でも払う必要は無いと思います。

あと、もしあなたが彼氏の保障人になる場合は審査が通るのは難しいかもしれません。万が一別れた場合は他人と一緒ですので審査は通りずらいです。

最後にペットを飼ってるとの事ですがペット可の物件でしょうか?
ペット可でも無断で飼った場合は退去の対象になりますので。
ペット可でも最初から飼うつもりでの契約なら敷金が高くなると思いますので無断で飼ってたらその分敷金請求されますよ。

あなたが飼っていたペットでしたらその分の修理代は彼氏に払うべきです、どうせ退去の時は彼氏が名義変更してたら彼氏に請求来ますので!

ですから、不動産によっては名義変更に事務手数料なりの料金は変わりますので料金の相場は無いと思います。直接相談交渉で決まります。

安くするには彼氏と敷金について相談交渉するしかないと思います。
あと、この回答は僕が働いていた会社の例ですので参考として受け取って下さい。

元不動産の営業マンです。

名義変更などの料金は不動産によって変わると思います。
僕の働いていた会社は料金は掛かりませんでした。

ただ、変更にあたっては条件が出てきます、まずは保障人も変更になります、保障協会など入ってた場合もその変更した保障人で審査し直します。 そして火災保険なども新しく契約してもらいます。それに伴い保障協会と火災保険の料金は掛かります。

あなたの契約での火災保険は途中解約した場合は日割りで返金されます。名義変更も出来ると思いますが、その場合はもちろ...続きを読む

Qアパート名が変更になったら住所変更は必要ですか?

お世話になります。住民票の現住所に関して質問します。

現在アパートで暮らしていますので、住民票や免許証の現住所にはアパート名が入っています。ところが、近々このアパートの外観を綺麗にして、アパートの名前も変更するといった話がでているようです。

そこで、仮にアパート名が変更になったという前提での質問なのですが、
私が、役所に(住所変更の?)届け出をする必要はありますか? (それとも管理人や不動産屋の方が一括して手続きすることになるのでしょうか?)

あと、そもそも役所に転入届を提出した際にアパート名を記載したため、その結果として住民票の現住所欄にもアパート名が記載されているのですが、
もしもアパート名を記載しなかったら、「1丁目2-3 4号室」といった表示にできたのでしょうか?
(言い換えると、転入届を役所に提出する際には、アパート名称の申告は必須なのでしょうか? 任意なのでしょうか?)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

建物の名称変更の場合、とくに決まった期間はないが、変更後、なるべく早く、本人、または世帯主、世帯員が、届け出た方がいいようです。そのとき、本人などの確認できる書類が(運転免許証、保険証など)必要らしいです。

アパートの正式名称を届けていないことでの不便は、一切ありませんよ。かえって届けていなくて、住所を書くのも楽だしいいですよ。
たまーに、これで、郵便物届くのかって聞かれることはあるけれど、大丈夫ですね、郵便物が行方不明になったことは一切ありません(*^^)v


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング