痔になりやすい生活習慣とは?

不協和音の定義について、
テンションコードは不協和音だという記述を目にしました。


しかしアドナインスなどのコードは聴いた感じ不協和音に感じられません。


具体的にどのような和音が不協和音なのでしょうか?

アボイドノートが含まれなければ違うのでしょうか?


また、少し違う話ですが、サスフォーやアドナインスなどのコードは基本三和音や基本四和音とは言わないだけで、それぞれ三和音、四和音とはいいますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も端折って説明したため、音階(第◯音)と音程(◯度)との使い分けで混乱させてしまったようです。



■音階
ある音階の中の音を指定するときに、中心となる音(和音の場合根音)からの隔たりを数えて第三音、第五音という風に表します。スケールによって根音と第◯音の音程は変わってきます。

■音程
長三度、完全五度というのは音と音の隔たりを表していて、和音の中でも特定の音そのものを表すことは有りません。よって「和音の中に長六度を含む」という表現は「和音の中のいずれか二つの音の隔たりが長六度」ということであり、6の和音を示すという事ではありません。

これらのことを踏まえて、

メジャー・トライアドは、長音階の根音、第三音、第五音を含みます。この和音に含まれる音程(転回除く)は、

 根音と第三音間 = 長三度(不完全協和音程)
 第三音と第五音間 = 短三度(不完全協和音程)
 根音と第五音間 = 完全五度(完全協和音程)

全てが協和音程ですので、協和音と呼べます。

実際のところ、四和音は必ず長短二度音程を含むため協和音にはなりません。またディミニッシュ/オーグメントトライアドも根音と第五音間が、それぞれ減五度・増五度となるため協和音程にはならず、協和音はメジャートライアドとマイナートライアドのみになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ではおさらいすると、和音の構成音の音同士の隔たりで、完全1度・短3度・長3度・完全4度・完全5度・短6度・長6度・完全8度以外の隔たりがあった場合に不協和音であり、結果的に基本的にはメジャートライアドとマイナートライアドくらいしか協和音はないということでよろしいでしょうか?
(C7・CM7・Cm7なども不協和音ということでしょうか?)



また、同じメジャートライアドでも、ピアノなどのかなり高音部分で弾くと不協和音っぽく聞こえますが、それでも協和音なのでしょうか?

お礼日時:2013/02/15 01:05

#1の方も言っていますが、少なくとも現代的な意味では、協和音、不協和音というのは、たくさんある和音の分類の仕方のうちの1つというだけであって、心地よいとかハモッて聞こえるかどうか、とかいう話とは全く関係ありません。



#1の方の通り、
完全協和音
 和音から任意の2音をとりだしたとき、その音程が、ユニゾン(1度)、4度、5度、8度(オクターブ)のみのもの

不完全協和音
 和音から任意の2音をとりだしたとき、その音程が、完全協和音の音程 + 長短3度 + 長短6度 のみのもの

というのがその定義です。
これに当てはまる和音を協和音、当てはまらない和音を不協和音、と便宜上、分けることにしたというだけです。

もちろん、歴史的には、心地よく響く・響かないという分類から来ていました。
それが、意味をなさなくなってしまった(不協和音でも心地よいという感覚ができてきた)、最大の転機は、ルネサンス時代に、それまで「悪魔の音程」と呼ばれて不協和音(というか不協和な音程)の中でも最も忌み嫌われていた三全音(全音3つ分の音程)を、積極的に使いだしたことでしょう。
それが、つまり、セブンス(属七)の和音です。メジャーセブンスの3度と7度の音の間は三全音になっています。
で、セブンスの和音(というか、つまり三全音の関係にある、2音)は、単独では不安定なんで、両側から半音ずつ狭まって長三度に解決する or 両側に半音ずつ広がって短6度に解決する、のどちらかになります。
例えば、C7で三全音の関係にある音はミとシ♭ですが、両側から半音狭まるとファとラになってFメジャーに解決しますし、両側に半音広がるとレ♯とシになってBメジャーに解決します(こちらはいわゆる裏コードというやつです)
というわけで、ルネサンス時代に、不協和音の中でも最も不協和である属七の和音を一瞬使うと(一瞬、不安定な感じを与えて聞き手を緊張させると)、その直後の協和音の解決感がより強調されて、単純に協和音だけしか使わない曲よりも、全体として、聞き手により強い印象を残せる、ということが分かりました。

その後、バロック時代になると、属七→解決というパターンだけではなくて、いろいろな不協和音を使って、不協和音→協和音→不協和音→協和音→ といった感じで交互に使うという手法が出てきます。(バッハなんかもよくやっています)

さらに進んで、古典派の時代になると、もはや、協和音・不協和音は、単なる和音の分類の一種くらいの意味しかなくなってしまいます。(この時代には、既に、現在のいわゆるジャズで使われるテンションコードみたいなものは全て開発され尽くされています)
    • good
    • 1

>ということは、現在の定義では1度、4度、5度、8度のみ含まれている和音ということでよろしかったですか?



いいえ、不完全協和音程(not不協和音程)である三度と六度も含まれます。

>昔は長短三度でさえ…~とはありますが、現在も長三度や短三度が含まれていれば不協和音ということでしょうか?
>sus4より基本のメジャートライアドの方が聴いた感じはきれいに聞こえるのに、sus4は協和音でメジャートライアドは不協和音というのもあまり納得し難いですね。

ですので、メジャートライアドは協和音に含まれます。また、「"和音に含まれるすべての音程間"に不協和音程がないこと」が条件ですので、sus4は第4音と第5音との間が長二度となり、不協和音となります。

>あくまで聴いた感じでは、メジャートライアド、マイナートライアド、メジャーセブンス、マイナーセブンス、アドナインス、くらいまでは協和音な気がしますけどね(笑)

私もです^^;

>サスフォーやディミニッシュやオーグメントは何トライアドというのでしょう?
三和音を明示したい場合、それぞれ最後にトライアドをつければOKです。
サスフォートライアド・ディミニッシュトライアド・オーグメントトライアド
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれ?すいません。再度ご回答を頂いてますますわけがわからなくなってしまったのですが、
まず短三度が含まれているマイナートライアドは不協和音なのでしょうか?
その他に協和音なものは何があるでしょう?

6度があっても不協和音ではないとありますが、C6などのコードの場合5度も含まれていて5度と6度の間は2度だからC6は不協和音ですよね?

あとやっぱりアドナインスは9度が含まれているから不協和音なのでしょうか?

お礼日時:2013/02/14 23:25

ご質問1つ目:


協和音の定義は音楽のジャンルによっても多少異なるかもしれませんが、決して「不快な和音」ではありません。不快な和音(音程)はその人がそれまで聞いてきた音楽の環境によるところが多く、昨今の音楽に聞き慣れた人であれば、11thコードでも快適でしょうし、昔の西洋音楽では長短三度でさえ響きが濁っているとされた時代も有りました。

一般的には協和音とは「協和音程(※)のみを含む和音」とされ、その他は全て不協和音とされるため、属七の和音(ドミナントセブン)でさえ不協和音に分類されます。しかし前述のとおりこれは「不快な和音」ではなく、昔から音楽の構成には積極的に使用されてきました、というよりクラシック・ジャズ・ポップスを含めた現在の西洋音楽体系の根幹として無くてはならない和音です。

というわけで、不協和音が聞いた感じ不快に感じられないということは「そういった音程(今回は長二度)に慣れている」、「その和音が適切に使われている」ということであり、なんの問題もありません。

※…ここでの協和音程とは、完全協和音程(完全一度・四度・五度・八度)と不完全協和音程(長短三度・六度)です。

ご質問2つ目:
単に三和音・四和音といった場合は「和音中の音の種類が幾つか」を表すものですから、sus4は三和音、add9は4和音で問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは、現在の定義では1度、4度、5度、8度のみ含まれている和音ということでよろしかったですか?


昔は長短三度でさえ…~とはありますが、現在も長三度や短三度が含まれていれば不協和音ということでしょうか?


sus4より基本のメジャートライアドの方が聴いた感じはきれいに聞こえるのに、sus4は協和音でメジャートライアドは不協和音というのもあまり納得し難いですね。



あくまで聴いた感じでは、メジャートライアド、マイナートライアド、メジャーセブンス、マイナーセブンス、アドナインス、くらいまでは協和音な気がしますけどね(笑)



というか、もう一つ疑問なのですが、ただのメジャーコードはメジャートライアド、マイナーコードはマイナートライアドというと思いますが、サスフォーやディミニッシュやオーグメントは何トライアドというのでしょう?

お礼日時:2013/02/14 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長調、短調ってなんですか

今さら恥ずかしくて聞きづらいのですが、長調、短調ってなんですか?
よくクラシックの曲名に付いていてもなんのことだかさっぱりわかりません。
長調、短調の種類や意味、存在理由、なぜ上りと下りの音階が違うのか、などどんなことでもよいので教えてください。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたとおり、音階(スケール)がハで始まるときは長調、イで始まるときは短調となるのです。

大体、歌の始めと終わりの音はキーもしくはキーをルートとするの和音の構成音であることが多いので、その辺りで見分けますが、絶対これだ、という法則があるわけではありません。

楽器を演奏できるのでしたら、実際に旋律をなぞってみて、譜面に起こしてみると良いです。

そのときに、とりあえずハ長調と考えて採譜しますが、ある音に必ず#や♭つく事があります。その場合、その#や♭をまとめて楽譜の最初に付けると、その曲の調になります。

コードが弾けるのでしたら、最初のコードがその曲のキーと考えれば間違いありません。つまりCで始まる曲はハ長調、Amで始まる曲はイ短調という具合です。

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたと...続きを読む

Q「Aメロ」「Bメロ」・・・はどの部分のことか

曲の中でよく「Aメロ」「Bメロ」・・・などと言いますが、
それぞれどの部分をそう呼ぶのですか?

Aベストアンサー

↓下記参考になるでしょうか?

http://guiterboys.livedoor.biz/archives/15839090.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2061771

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1876388.html

Aメロ→歌いだしの部分で、比較的おとなしい部分

Bメロ→やや曲調が変わり徐々に盛り上がっていく部分

サビ→クライマックスに達して最高に盛り上がる、その曲の中での最も重要な部分

(一つ目URLより引用)

が一般的な呼び方(意味)のようです。

Q4度と5度が完全である理由を教えてください

.

音程に関して学習しているところです。
「短3度」や「増5度」、「完全4度」と解説書ではよく見かけます。
「長短」「増減」のそれぞれの意味や理由などは感覚的に分かっているつもりです。
ですが「完全4度」「完全5度」に関して、
「なぜ4度の音と5度の音は、1度から見て「完全」なのか」と言う理由を自分なりにちゃんとした「文章で」もっておきたいんです。
「なぜ完全4度、5度なのか」と言うのは先にも書きましたが、「感覚的に」は理解しているつもりです。
ですが、この「感覚的」なことを「言葉」や「文章」に変換しているのですが、なかなか上手く出来ません。
数日前から「完全4度・完全5度・周波数・倍音」と言う語句で検索して、
見事に文章で説明、解説してるサイトはないかと探しているのですが、見つけられません。

「4度」と「5度」は「1度」から見て、何故「完全」なのか?
「文章」で教えてくれませんでしょうか?

今現在の私なりの解説を文章にすると

”1度と4度にあたる音を同時に鳴らすと、濁らないきれいな音に聞こえる。
これはこの2つの音が「協和」しているからである。
だからこの2音の関係は「完全」であるので、「4度」の音は「1度」とからみて「完全4度」の距離にあるのでこう呼ばれている。
「5度」の音も同じである”

ま、こんな感じです・・・・。
この解釈自体が間違っている場合は、さらに詳しく教えてください。
知人いわく「この説明でも十分だと思う」と言ってくれましたが、私としては
「じゃあ、“協和”ってなんだ?」
ってことになるんではないだろうかと思い、この「協和」「協和音」を説明するために
「周波数」や「倍音」と言った語句で検索をかけた・・・
と言う流れです。

大変面倒くさいやつだと思われるでしょうが、どうぞよろしくお願いいたします。

.

音程に関して学習しているところです。
「短3度」や「増5度」、「完全4度」と解説書ではよく見かけます。
「長短」「増減」のそれぞれの意味や理由などは感覚的に分かっているつもりです。
ですが「完全4度」「完全5度」に関して、
「なぜ4度の音と5度の音は、1度から見て「完全」なのか」と言う理由を自分なりにちゃんとした「文章で」もっておきたいんです。
「なぜ完全4度、5度なのか」と言うのは先にも書きましたが、「感覚的に」は理解しているつもりです。
ですが、この「感覚的」なことを「言葉」や「文...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。ベース歴:約40年、52歳の男性です。
若い頃に楽典や和声学など、基礎的なことを独学した者ですが、私の理解している範囲でお答え
したいと思います。

長音程、短音程、増音程、減音程、そして完全音程の意味はお分かりかと思います。
また、完全音程は四度と五度だけではなく、完全一度(同じ音程)と完全八度(オクターブ音程)も
あることはご存知かと思います。

さて、「四度と五度を何故、完全音程と呼ぶのか?」を理解するには、音程を転回(Inversion)する
と良く分かります。

例えば、ド⇒レの長ニ度音程があって、ドをオクターブ上に移動(転回)させると、レとオクターブ上
に移動したドの音程関係は短七度になります。
あるいは、ド⇒ミの長三度音程のドを転回すると、ミとの音程関係は短六度になります。

短音程の場合は、ド⇒レ♭(ド♯)の短二度があって、レ♭(ド♯)と転回したドの関係は長七度に。
また、ド⇒ミ♭(レ♯)の短三度の場合は、転回後の音程関係は長六度になります。

これを整理すると、次のことが分かります。
・長音程の関係はルート音を転回すると短音程に変わる。
・短音程の関係はルート音を転回すると長音程に変わる。
・二度は七度に、七度は二度になる。また、三度は六度に、六度は三度の関係になる。

そこで、四度と五度が出てきます。
ド⇒ファの半音(ミファ間)を1つ含んだ完全四度は、転回するとファ⇒ドになり、同様に半音を1つ
含んだ完全五度の関係になります。
また、ド⇒ソの半音(ミファ間)を1つ含んだ完全五度は、転回するとソ⇒ドになり、同様に半音を
1つ含んだ完全四度の関係になります。
さらには、ド⇒ド(同じ音程)の完全一度は転回すると完全八度になり、ド⇒ド(上)の完全八度は
転回すると同じ音程の完全一度になります。

以上のように一・四・五・八の音程は度数の数字が変化するだけで、長音程が短音程になったり、
短音程が長音程になるような変化はありません。
このことから「完全(Perfect)音程」と呼ばれるのです。

以上ですが、これより詳しいことは分かりません。
お役に立ったでしょうか?

楽しい音楽ライフを!

はじめまして。ベース歴:約40年、52歳の男性です。
若い頃に楽典や和声学など、基礎的なことを独学した者ですが、私の理解している範囲でお答え
したいと思います。

長音程、短音程、増音程、減音程、そして完全音程の意味はお分かりかと思います。
また、完全音程は四度と五度だけではなく、完全一度(同じ音程)と完全八度(オクターブ音程)も
あることはご存知かと思います。

さて、「四度と五度を何故、完全音程と呼ぶのか?」を理解するには、音程を転回(Inversion)する
と良く分かります。

例えば、...続きを読む


人気Q&Aランキング