2011年、岡山市で派遣社員・加藤みささん(当時27)が胸などを10回以上刺されて殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元同僚・住田紘一(30)に対し、岡山地裁は今日14日、死刑判決を言い渡しました。

判決は
「残酷かつ冷酷で、十分に準備した犯罪である」 と指摘し、
「被告の年齢や社会的影響を考慮しても、酌量すべき事情はない」としたうえで、
「極刑を下さざるを得ない」 としました。

加藤みささんの父は、判決を受け、
「極めて妥当な判決をいただいたと思っています。これでやっと、娘の墓前に報告ができるという思いです」と語りました。

事件は2011年9月、岡山市内にある会社の倉庫で起きました。
住田被告は、元同僚で当時27歳の加藤みささんに性的暴行を加えたうえ、
「誰にも言わんから助けて、お願い」 と命乞いをする被害者を殺害、遺体を切断して、川などに遺棄しました。

裁判員裁判では、検察側が
「人を殺すことを、どう考えているのか」と問うと、住田は
「殺人は手段として是認される。捕まなければ人を殺してもいい」と持論を唱えていました。
しかし翌日には、
「申し訳ありませんでした。命ある限り償っていきたい」と態度を一変させ、涙ながらに謝罪したりもしています。

検察側は、
「動機が身勝手極まりない。計画的な犯行で、殺害手段は執拗で残忍」と死刑を求刑したのに対し弁護側は、
「別の女性に婚約破棄されるなど、犯行時は自暴自棄に陥っていた」などと、無期懲役を求めていた。
今日の判決で裁判長は、主文を後回しにし、
「被害者の数は1人であるが、被告の罪責は誠に重大で、死刑の選択をするほかないものと言わざるを得ない。その反省や謝罪は、不十分と言うほかない」と述べました。

被告は黒のスーツで現れ、そしてしっかりと前を見つめていました。
主文が読み上げられたあと、判決を受け止めるような表情で、遺族に向かって深々と礼をし、そして弁護側は即日控訴しました。

判決を受けて会見に臨んだ加藤みささんの父は、
「わたしは控訴を取り下げて、そこから反省が始まると思っているので、反省がないのであれば、とことん、最高裁であろうが、どこまでも戦う。この時点に至っても、まだ反省はしていないのかという思いです。私どもの中に達成感はないです」 と語りました。

・・・達成感があるはずもない現実に、同情の言葉すら浮かびません。
このような事件を起こす者を、事前に無くす方法をどなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

3年前の私でしたら、諸手を挙げて死刑判決を支持していたでしょう。

ですから、死刑賛成者の気持ちは痛いほど分かるんですが、残念ながら 抑止力の点で考えれば 死刑による効果はないと思います。

人間って愛している人から裏切られた時の憎しみって、一番強いんですよ。また、自暴自棄になれば「死」さえ極限の恐怖ではないけど、相手を殺害した後 自分も自殺する度胸もないと言ったところでしょう。また、日本は自殺者が多く、年間3万人ものの人が自ら命を絶っています。それから、日本の死刑の方法は 日本の多くの自殺者が取る方法にも似ています。
私は いじめとか虐待の問題に取り組んでいるんですが 暴力的な厳罰はあくまで対処療法的なものであり 却って事態を悪化させることも学びました。死刑もその延長線と捉えられるかもしれません。

あと、大顰蹙を覚悟で言わせて頂きますが、極道じゃないんだから 被害者の弔い方として 仇を討ったと喜ぶのは仏教でもキリスト教でも推奨されないと思うんですよ。

結局、決定的な方法はないと思います。やはり、一人一人が命の重さを知り、死を忌まう
ことでしょうね。日本人の多くは 死刑とは 人間を襲った猛獣を殺傷処分するような感覚で 何やら「死」を美化している面がありますからね。
今回の事件も 住田紘一が 「僕を振った罰として 僕はみささんを殺した。僕も みささんを殺した罰として死刑を受け入れます。」みたいに考えないといいんですが。加害者が死刑になってハッピーエンドじゃありませんからね。

その方向でいくと、死刑自体徐々に廃止に向かう方向になるんですけどね。

この回答への補足

現行の法律の中であれば、少なからず、死刑執行命令書へのハンコは、遺族に権限があっても良いように思いますし、刑の執行ボタンは遺族に押す義務を持ってもらうべきでしょう。
権利だと、押しにくくなりますから・・・

補足日時:2013/02/15 13:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

住田の場合、命乞いをする相手を平気で殺し、死体を捨て易くする意味も有ってか、五体をバラバラに切り分けたりと、時間をかけてやりたい放題です。

殺された人の人数ではなく、命の尊厳を守るためにも、法の最高刑を適用するのが相応しいと思う人は私だけではないと思います。

ただ死刑というものが、果たして最高刑に値するほどの制度かと考えますと、私も思いは同じで、とてもではありませんが、1に対して1で返して、チャラにするという考え方では、被害者・遺族の気持ちは、なんら報われるところがありません。

無期懲役は、他の有期刑の者と同じ条件ですし、ましてや死刑は、執行されるまでは、未決状態の扱いですから、当人には労働の義務もなく、大概が雑誌を読んだり、配達される立派な弁当を食ったり、日がな一日、お菓子をボリボリかじって遊んでいます。ただ、執行日に死にさえすれば、良いわけです。

無期は他の囚人と変わりなく、死刑は居直ってしまえば、これほど楽な生活はなく、まったく懲罰としては不十分です。

ちゃんと終身刑という制度を導入し、死ぬまで強制労働で苦しめ、そこから発生する賃金の全額を設備費と被害弁償に当てるべきです。

絶対に釈放されることのない、長い時間をかけての重労働で苦しんでいただかないと、人を殺したらどんな目に会うか、という実感を与えることは難しいように思います。

非人道的である、という意見もありますが、そのくらいの徹底した厳罰であってこそ、いくばくかの抑止力になるのではないか、最低でも懲罰として有効なのではないか、と個人的には思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/15 12:09

何度も失礼します。



>いじめの問題は、環境の問題であり、学校のあり方の問題だと私は思っています。
確かに、環境や学校のあり方の問題というのは否定しませんが、虐待の問題とも違い、
親が子供を守る余地があるという点では、子供を体を張って守れない親には不甲斐無さを感じますし、教師と親の大きな違いでもありますし、angel25gtさんも ご多分に漏れず 日本社会の中で暮らす、普通の人間として 所詮他人事としか捉えてらっしゃらないようです。

>「結果的には」を乱用されては、#1で答えが出てしまいます。
angel25gtさん自身が答えを見出されたのなら、この質問は締め切ってもいいのでは?

>死刑の是非はここでは関係なく、人としてこの法廷では、(最高刑)しか求めることができない、と思うしだいです。
住田が控訴した以上、まだ結審していませんから その後の経過を見守るしかないのでは?

こういう殺人事件に限らず、日本の司法は再発防止策はそっちのけで責任者の追及ばかり考える傾向が強いですから、誰も事前になくすことさえ考えていないのでは? まずは ここから始めるべきでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

他人事とは思っていないです。義務教育の中で起こる様々な醜き者との闘いを、日々続けております。なぜなら、自分の子を腐った環境から守るためです。

今日も昼から、弁護士6人と会合します。私は結局、戦う人間なのです。仮にこの事件を減刑しても、再発防止とは全く無関係なことぐらいは、ご理解いただけるものと思います。

人間の命は、常に一定です。一人だと5キロ二人だと10キロといったものではありません。全人類は、全人類の人数分だけ別々の一人です。1人だろうが、10人だろうが失われるものは、一つの命の集合体で、一つの命以上でも以下でもありません。
ご理解いただければ幸いです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/18 03:52

●あなたの国では死刑囚は刑務所にいるのですか?


○そうですね。私の思い込みだったようです。死刑囚は刑務所ではなく拘置所に収監されるのでしたね。お詫びして訂正させていただきます。
 じゃ拘置所で死刑囚はパソコンを与えられインターネットに自由にアクセスできるということでよろしいのでしょうか?どこの国に話でしょう??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死刑囚なら全員パソコンを持てる、というわけではないです、日本では・・・
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/18 01:04

>言い換えれば、被害者側を腐すのがありだとしたら、すべての犯罪は暗黙の正当性を持つことになります。


「正当性」とまでは行きませんが、盗人にも三分の理があると言われるように それなりの理由があるということになりますね。日本の法では 死刑が是認され、死刑が宣告されればいくら命乞いしても情け容赦なく死刑はされますよね。つまり、人を殺すのが法にのっとっているかいないかの違いなんです。
angel25gtさんだって イジメの問題は いじめっ子に厳しいお仕置きをすれば根絶できるとは これっぽっちも思いませんよね。

>・・・顰蹙の問題ではなく、頭の良い人は、その愚かな部分はほじくらないのですよ。
頭の良し悪しとは関係ないでしょう。私より頭の鈍い間は死刑のことしか頭にありませんから。

>#9の回答を自分好みに解釈されているようですが、残念ながらあなたのご意見に一致するものではありません。
ですから、結果的には似たような結論になると言ってもプロセスが違うと申したじゃありませんか。

それと、被告と戦うのはあくまで検察であり、加藤みささんの父は裁判の当事者じゃないんですけどね。死刑が妥当かどうかは控訴審で決まることで 私がああだこうだ言うことでもありません。

この回答への補足

夜分ですが、気になりましたので付け加えさせていただきます。
私は、「死刑にしろ」と言っているのではありません。
無期懲役では、不服であり、最高刑が相応しいと言っている訳です。

想定される事件の中で、住田が行った行為は、最高刑を回避し、二番目を推薦する要素が微塵もありません。そこらへんが、「光市母子殺害事件」と、この件での私の態度の違いです。

補足日時:2013/02/18 03:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いじめの問題は、環境の問題であり、学校のあり方の問題だと私は思っています。

「結果的には」を乱用されては、#1で答えが出てしまいます。

私は「加藤みさ」さんの「父」の気持ちで話しているのではありません。日本社会の中で暮らす、普通の人間として口を開いているだけです。

死刑の是非はここでは関係なく、人としてこの法廷では、(最高刑)しか求めることができない、と思うしだいです。
ご理解いただければ幸いです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/18 02:20

●パソコンで普通にですが・・・何か?


○死刑囚なのに刑務所の独房でパソコンを与えられて自由にインターネットに接続できるって・・・・そんな嘘を平気で言えるとは。本気で受診されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたの国では死刑囚は刑務所にいるのですか?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/17 23:27

>関係ない人の、関係ない質問を貼り付けんとって!


いや、共通点に気付きませんか? 少し乱暴かもしれませんが、多くの人は事件が起きないことを願っているのではなく、規則を破った人や犯罪を犯した人に厳しい制裁を課すことしか頭にないんですよ。

またまた関係のないことですみません。

結局のところ、人の命を救うのは 検察や司法ではなく お医者さんなんですよね。

http://mojimojisk.cocolog-nifty.com/miz/2008/08/ …

この回答への補足

#15とあなたをゴッチャにしてました。流れ的にあなただと思ったのですが、申し訳ありません・・・

補足日時:2013/02/18 02:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#15でのあなたの回答への評価を言わせていただきます。被害者側を腐すことなく回答を出そうとすれば、自ずと正解は難しくなります。言い換えれば、被害者側を腐すのがありだとしたら、すべての犯罪は暗黙の正当性を持つことになります。
・・・顰蹙の問題ではなく、頭の良い人は、その愚かな部分はほじくらないのですよ。

#9の回答を自分好みに解釈されているようですが、残念ながらあなたのご意見に一致するものではありません。

ガキの使いが始まりますので、このへんで失礼します。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/17 23:02

●刑務所にインターネット?頭おかしいんじゃないの?


○そうですね。頭がおかしいと思います。
 死刑囚である質問者さんはインターネットなしでどうやってこんなに頻繁に書き込みを?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンで普通にですが・・・何か?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/17 22:21

「日本と中国 どちらがより良い国なのか?」というご質問でも質問者さん本人が論点をすり替えてらっしゃいましたので、この質問も趣旨がつかみにくいんですが。



どうも みなさん、#10さんを除くと厳罰のことしか頭にないようですが、angel25gtさんは 予防対策と事後処理のどちらに重点を置かれているんでしょうか?

小さいことですが、会社などのクレーム防止とクレーム処理が全く別問題のように、
こういう事件を未然に防ぐ対策と、住田の処遇も全く次元の異なる問題です。

どうして、こういう問題となると中学レベルの人間が多すぎるんでしょうね。
何でも むやみに厳罰すれば犯罪がなくなると思っているんですから。
金が足りない時は借金すればいい、眠れない時は睡眠薬を飲めばいい というのと同じ理屈です。

#9さんの考えも結果的には私と似ているんですが、プロセスに賛成しかねる部分があります。#9さんによると、#6さんも住田も予備軍になる芽をもっていることになります。そして、そういう人間を未然に抹殺するのが正当化されれば 収拾のつかない状況になります。社会を人体に譬えれば アハフラキシーショックみたいなもんです。

完全になくすことは不可能ですが、顰蹙覚悟で書かせて頂ければ 被害者にも落ち度があったということです。
スリや置き引きだって 盗む人が100%悪いとしても 被害者にも落ち度はなかったとは言えないでしょう。

それから#10さんが鋭い指摘をされていたように、死刑がそういう事件を未然に防ぐ手段ではなく、悪人を合法的に殺すという目的化しているんですよ。
マスコミなんかは、逆にそういう事件が起きなくなると困るんじゃないでしょうか?
朝日新聞なんかは 珊瑚の落書きの次に何をしでかすものやら。

交通事故だってそうでしょう。ところで、↓の質問でも 質問者さんは 本当に飲酒運転撲滅のことを考えていないことが伺えます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7929644.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

関係ない人の、関係ない質問を貼り付けんとって!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/17 21:05

●今も静かに執行日を待っています・・・


○日本の刑務所(特に死刑囚)ではいつからインターネットが自由に使えるようになったのでしょうか?
 一度刑務所内で精神科を受診された方がいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

刑務所にインターネット?頭おかしいんじゃないの?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/17 18:07

心が痛む事件です。


ですが、人間一人一人が国や機関に管理されていない以上、いつどこで何が起きようと、事後処理しかできません
防止策として、刑罰を重くしても、ばれなければいい、とか、心中覚悟で犯罪をおかす者を抑止はできません。
100パーセントに近い確率で犯罪を抑止するには、我々の人権やプライバシーを一切排除し、警察に代わる機関を設立し、全ての日本人が今どこにいるか、精神状態はどうか、脈拍や脳の活動状態をコンピュータで管理し、異常がある場合には現場に向かい、
犯罪予備者を確保、隔離するなどしかないでしょうね
平和のため、命の保証のために国にすべてを握られるか否か。
たしか、そんな映画ありましたよね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ココロ痛むでしょう?
何とかしたいですよね・・・
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/17 17:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山口県光市母子殺害事件 本村さんが再婚していた

↓これって、知らなかったのですがTVで報道されましたか?会見で、「妻」じゃなく、「元妻」と被害者は発言すべきだったと思いますが。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120221-906827.html

99年の山口県光市母子殺害事件での上告審判決で、
最高裁第1小法廷が20日、被告の上告を棄却したことを受け、
妻と長女を奪われた本村洋さん(35)が会見を行った。

会見の中で、本村さんが再婚していたことを語った。
「2009年に籍を入れさせていただきました。1人で生活し、
いろいろと精神的に参っていた私を、支えていただける方と出会うことができました」と報告した。
現在は2人で生活しており、殺害された2人の命日には、一緒に祈りをささげているという。
また、事件後、殺害された妻の結婚指輪をネックレスにして肌身離さず身につけていたことについては、
「今日もしてきました。私が棺おけに入るまで、身につけておこうと思います」とした。

Aベストアンサー

よくそんなこと言えるものだね

私も10年以上前、唯一の身内が殺されたが、その憎しみ、怒り、無念、苦悩、悲しみは今でも消えないよ。

身内を守れなかった後悔、無念さを君にはわかるのかね

その私の悲しみを理解してくれているのは、唯一、妻だけだがね。

妻が言うには、夜、今でも私はうなされているそうだ。

出来れば、身内を殺した2人を私のこの手で直接、絞め殺したいくらいだが、殺人者の妻と
周りから呼ばれ、忌み嫌われるだろうから、諦念の感で報復は諦めているが。

守るべき人がいなくなれば、最早怖いものなし。
妻がいなかったら今や私は、天涯孤独だから、今頃殺人したことに反省の念のないその2人+その一族を皆殺しにしているでしょう。

本村氏は人格者ですが、彼以上に彼の奥さんもまた人格者なのでしょう。

あなたが本村氏のご家庭のことにつき、とやかく言う筋合いは全くありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報