最近、新聞やチラシ、テレビで見たことがあるARというものですが
QRコードとどのような違いがあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

技術的には、QRコードは、一次元バーコードよりは複雑ですが


非常に、簡単に、正確に認識できるように作られているコードです。

コードというのは、そもそも規則を意味したり(ドレスコードとか)
符号を意味することもあります(文字コードとか)

QRコードは、符号化を意味していると思いますが、よくわかりません。
利用方法としては、単なるWebサイトのURLを伝える方法としての利用が多いようです。
QRコード対応カメラは、その情報を、適切なソフトに受け渡すわけですが
実勢としては、Webブラウザーに渡して、作業を移管していることになりますね。


ARコードは、符号化しているというよりも規則…あるいは基準となるものです。

技術的には、その図形の形状を認識することによって
特定の図形とのマッチングを行ないますし
そのうえ、その大きさと角度(かたむき)も検出します。
QRコードが発明された頃のPCでは、到底実用化できないような複雑な処理が行われています。


その上で、ARコードは、ARのために使われます。
ARコードに対応したソフトは、つまりカメラで撮影しつつ
ARコードの認識と、それに連動した映像のリアルタイム合成表示を行ないます。

拡張現実と呼ばれるAR技術は、ニコニコ動画やYouTubeなどを見ると
いくつもの実験的な映像が公開されています。

実写合成と呼ばれる技術があって、これは三次元空間の映像と
3DCGのマッチングを行なう技術なのですが…
三次元空間を撮影した映像から、座標系を検出することは困難です。
ですから、その役割をARコードが担っているわけです。


簡単に言えば、そこに無いものを、カメラを通すことによって
そこにあるかのように見せる技術です。
その基準点として、ARコードとして、図形を記したカードが使われます。

ARコードに対しての、カメラの角度(視点)の変化は
表示されるオブジェクトの角度に連動されますから
視野と同化して見えるオブジェクトは、そこにあるかのように見えるのです。


関連タグ:電脳コイル,遊戯王
とでも書いておけばいいかな。
多くの分野で、技術はマンガやアニメを追いかけています。
    • good
    • 3

ARは、Augmented Reality(拡張現実感)の略です。



http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/38989/m0u/

主に、カメラに写した映像に、CG映像などを組み合わせ、現実には存在し得ないような物体を置いたりします。
カメラの動きにそって、置いている物の映像や角度も変化するため、まるで本当にそこに置いてあるかのような映像になります。
さらに、その物体が人形で、プログラムによって踊らせたりするような例もあります。

ARを実現するためには、必ずしもマーカーは必要としません。
カメラが向いている方向、モノまでの距離、その動きなどを捕らえられれば、映像空間上にCG物体を配置することは可能だからです。

しかし「ARマーカー」として、特定の形を認識するようにするように設計すると、それがカメラに写ったときの変形具合や大きさにより、簡単にそのマークまでの距離や向きが分かりますので、それにあわせてCGオブジェクトを配置することで、カメラの中の風景にCGオブジェクトが置かれているような映像を作ることが出来ます。

ARマーカーは、判別できればどんな形でも構いません。

ただ、丸ひとつや四角2つだけなどあまりに単純すぎると、画像の中に一致する図形が山ほど出てきてしまうので、風景や身の回りの品には存在しないような、ある程度デザインした形をマーカーとしている例が多いと思います。

----

一方、「QRコード」とは、デンソーの開発した二次元バーコードです。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/1 …
http://www.qrcode.com/qrfeature.html

ちなみに一次元バーコードとは、市販の商品にもよく付いているように黒白のバーが並んでいるものです。
でもこれは、数字やアルファベットが数桁~十数桁程度までしか表現できないもので、エラー検知コードは付いていますが、訂正までは出来ません。

二次元バーコードであるQRコードは、縦方向と横方向の両方に情報を詰めるので、コードの1単位は正方形、全体としても正方形のコードが生成されるようになっています。
コードの中には、英数字のほか、日本語も直接入れられ、1つあたり最大1800文字ほども入るようになっています。
また、冗長化によって、ある程度までならコードの一部が欠けていたり、汚れていたりしても読み取れるように出来ています。

このような特徴があるので、印字品質の悪い広告にも使えますし、携帯電話用にURLをコード化して打ち込む必要がなくなったり、住所や電話番号などのデータをいっぺんに渡したりするのにも使えるようになりました。

で、QRの語源ですが、「Quick Response(高速応答)」の略ということです。

QRコードには、3角に大き目の四角がありますが、これを目標にどういう範囲がQRコードであるかを判別し、素早く取りこめるようにしています。
3角に四角がある、かつ、コード全体は正方形であると決まっているため、けっこう斜めの角度から撮影しても読み取れたりします(機種による)。

----

ということで、両者は似ている場合もありますが、まったく別なものです。
    • good
    • 0

QRコード(2次元コード)はデータをバーコード化しています。

また、ARの様に現実に重ねあわせて表示はしません。

マーカーAR(拡張現実)はARマーカーを読み取る事で端末内のデータを読み出し、現実に重ね合わせるように出しています。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近、エレキギターを始めました コード表やバンドスコアを買ったのはいんですが、ウォームアップの仕方

最近、エレキギターを始めました

コード表やバンドスコアを買ったのはいんですが、ウォームアップの仕方が分かりません。

コード練習や曲を弾く前にウォームアップ必要ですよね?

歌なら発声練習とか、金管ならロングトーンとか。
スポーツなら準備体操など…。

初歩的な質問ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・・・なんかマジメですね~考え方が。
 ギターを弾いて40年、ウォームアップなど考えた事もありません。

※強いて言うなら、『その時思いついたフレーズを適当に弾く』
 スタジオに入ってまずは何でもよいので思いつくままに弾く、或いはライブの出番の前だと演奏予定の曲のイントロだけを次々に弾く、などです。
 5分も弾いているとイイ感じに指が回る様になります。

※もしくは・・・何か速いフレーズを決めておく。
 自分には苦手なフレーズが4種類ほどあり、それを繰り返します。最初はイマイチな演奏でも、大体4~5回も繰り返すとフツーに弾ける様になり、それでウォームUP完了です。

Q逆さまのQRコードを見た経験が御座いますが、…。

『QRコード』の3箇所へ【白い正方形の印】が付いていますので、恐らく方向の確認の為にそれ等を参照させているのでしょうが、逆に右下の1箇所だけへ其の印を付けた方が枠が広がって便利だったのではないか、と思われますから、教えて下さい。

どうして右下を除く3箇所へ其の印が付けられたのでしょうか?

Aベストアンサー

目印を一つ見つけて、そこから水平・垂直にマス目がならんでいるか…というと、そうではありません。

撮影距離により大きさは変わりますし、斜めからカメラで撮影すると、平行四辺形状にゆがんだ像となったり、レンズによるパースが付いていたりと、撮影画像は様々な変形をします。
それでもなるべく読み取れるように、マーク2つを繋ぐと、その正方形の水平・垂直線が取れますし、目玉は6x6マスと決まっていますから、その大きさによりマーク間が何マスあるかも測定できます。
それによりコード全体をマス目に分け、各マスで黒・白を判定していっているのでしょう。

また、マークが3箇所であることにより、どっちが上か、ということも判別できます。
それにより、QRコードは逆さ・90度単位の回転だけではなく、360度どの方向を向いていても読み取れるようになっています。

ちなみに、データ量への影響で言ったら、3隅のマークよりも、「誤り訂正能力」の方がよほど大きなインパクトがあると思われます。
誤り訂正能力は、15%・25%・30%など数段階あり、元のデータに加えてそれだけ余分なデータを付け加えて、コードの破損や汚れに備えています。
http://www.qrcode.com/qrgene2.html

例えば25%だったら、出来たQRコードの面積のうち、1/4はエラー訂正用に使われているわけですね。

そうまでして、QRコードは、「(データ量よりも)機械にとっての読み取りやすさ」を主眼に、作られているのだと思います。

目印を一つ見つけて、そこから水平・垂直にマス目がならんでいるか…というと、そうではありません。

撮影距離により大きさは変わりますし、斜めからカメラで撮影すると、平行四辺形状にゆがんだ像となったり、レンズによるパースが付いていたりと、撮影画像は様々な変形をします。
それでもなるべく読み取れるように、マーク2つを繋ぐと、その正方形の水平・垂直線が取れますし、目玉は6x6マスと決まっていますから、その大きさによりマーク間が何マスあるかも測定できます。
それによりコード全体をマス目に分け...続きを読む

Qコード譜つきのスコア

ギター初心者です。

どこかに「コード譜つきのスコア」が載っている大きいサイトは、ないでしょうか??

洋楽を探していますが、邦楽も併せてお聞きしたいです。

みなさんは、どこを使われていますか?

Aベストアンサー

ここは色々なスコアをダウンロードできます。
英語ですが、邦楽もいくつかあります。
パワータブとゆうソフトをダウンロードしないといけませんが
無料のソフトです。
http://www.ultimate-guitar.com/tabs/tommy_emmanuel_tabs.htm
パワータブはこちらから
http://www.ne.jp/asahi/nua/hp/act/pte/pta.html
かなり便利です。再生しながら音が鳴るし
タブ譜もあります。

QQRコードはコピーでも読み取る ?

大事なqrコードが一枚だけ しか
ないので
複製を作っておきたいのですが コピーでも読み取りますか?

Aベストアンサー

精度が余程ひどくなければ読めます。
オリジナルから1度目のコピー程度ならまず読めなくなると言うことは無いです。

下記「誤り訂正符号」のところを参照。
http://www.keyence.co.jp/barcode/2jigenbasic/chishiki4.html

とは言え・・・
基本的にQRコードは一度読めばその情報がPCやスマホなどに入るわけで、QRコードを取っておくよりもそちらの情報をバックアップする方が確実ですが?

Qバンドスコアと弾き語り用コード譜の違い

まだギターを始めたばかりでフォークデュオを組んだばかりの者ですが、バンドスコアのギターの部分と弾き語り用コード譜では何がどう違うんですか?
自分の考えではストロークに違いがあるのでは?と思っています。

それとフォークデュオで路上ライブをしている方々はどっちの楽譜を使って演奏しているんですか?
お願いします!
教えてください!

Aベストアンサー

>バンドスコアのギターの部分と弾き語り用コード譜では何がどう違うんですか?
「バンドスコア」は、原曲CDのアーティストの演奏を、耳コピーして、できるだけ演奏に忠実に譜面に仕上げたものです。
一方、弾き語り用の譜面は、編曲家がアレンジしてギターパートの譜面を書き起こしたり、簡略にはメロディーの上にコードネームだけを書いて、弾きかたは演奏者にお任せというものもあります。
コードネームさえあれば、ギター、キーボード、ウクレレなどの奏者が自由に伴奏が出来ます。
また、上手な人も、下手な人も技量にあった演奏ができます。
「バンドスコア」は、一応、TAB譜などに書いてあるとおりに演奏しなければならないので、技量が未熟だと演奏できません。プロの演奏ズバリの譜面なので、一般的には技術的に難しいです。

>自分の考えではストロークに違いがあるのでは?と思っています。
「バンドスコア」は、プロの演奏ズバリですが、コード譜は制約がありません。技術の及ぶ範囲で好きなように弾けばよいのです。

>それとフォークデュオで路上ライブをしている方々はどっちの楽譜を使って演奏しているんですか?
「バンドスコア」が多いと思います。いわゆる「コピーバンド」であれば、いかに原アーティストに近い演奏であるかが重要なので、たいていは、バンドコピー譜を使っています。耳が良ければ、自分でCDを聞いて、コピーできる人もいると思います。
原アーティストと自分たちを比べ、技量や楽器編成があまりに違えば、「バンドスコア」は役に立ちません。
譜面の値段は、作るときの手間が全然違うので、「バンドスコア」は高いです。

>バンドスコアのギターの部分と弾き語り用コード譜では何がどう違うんですか?
「バンドスコア」は、原曲CDのアーティストの演奏を、耳コピーして、できるだけ演奏に忠実に譜面に仕上げたものです。
一方、弾き語り用の譜面は、編曲家がアレンジしてギターパートの譜面を書き起こしたり、簡略にはメロディーの上にコードネームだけを書いて、弾きかたは演奏者にお任せというものもあります。
コードネームさえあれば、ギター、キーボード、ウクレレなどの奏者が自由に伴奏が出来ます。
また、上手な人も、下手...続きを読む

QQRコードって海外でも使われている?

QRコードについて、質問です。
欧米でも携帯でQRコードを読み込むのって流行っているのでしょうか?
それとも日本の携帯だけですか?外国の携帯はカメラ付きではないような気がします。あの白黒の模様の認知はどのくらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

途上国向けなど廉価版ではカメラのない端末もありますが、カメラモジュールの値段はどんどん下がってきているのでカメラ付きの携帯電話端末は欧米でも一般的です。QRコードは日本独自の規格ではないので海外でもあるにはあって、スマートフォン向けに読み取りアプリなんかが出回っています。ただし、あまり一般的ではないと思います。
日本でどのような使い方が一般的なのか知りませんが、URLやメールアドレスでしょうか。欧米、というかGSM圏ではSMSを多用し、携帯端末でwebやメールアドレスを使うのは一般的ではありません。SMSはキャリアや国境を意識せず使えるので、例えばSMSを使ったアンケート調査みたいなものもあります。

Q文字コード判別ルーチンGetCodeの使用方法

文字コード判別ルーチンGetCodeの使用方法

メールマガジン「.NETプログラミング研究」で紹介されている文字コード判別ルーチンGetCode(http://dobon.net/vb/dotnet/string/detectcode.html)を利用してサイトからダウンロードしたHTMLの文字コード変換をしています
思う通りに変換出来ることもありますが、目も眩むような宇宙語になってしますことも多々あります
このGetCodeルーチンは既にVB.NETでもC#でも相当な実績があると評価されています
ですから使用方法の誤りなのでしょう
ご指摘頂ければ幸いです
ソース(C#)は下記の通りです

string MyReadString; //変換後のHTML文書が格納される

using ( WebClient MyClient = new WebClient())
using ( Stream MyStream = MyClient.OpenRead(http://www.~~))
using ( MemoryStream MyMemoryStream = new MemoryStream())
{
byte[] ByteBuffer = new byte[4096]; //サイトからHTML文書を
MyMemoryStream.Seek(0, SeekOrigin.Begin); // Memory Streamに読込み
while (true)
{
int ReadByteLength = MyStream.Read(ByteBuffer, 0, ByteBuffer.Length);
if (ReadByteLength <= 0) { break; } //読込み終了
MyMemoryStream.Write(ByteBuffer, 0, ByteBuffer.Length);
}

byte[] AllHTML = new byte[MyMemoryStream.Length]; //全HTML文書を
MyMemoryStream.Seek(0, SeekOrigin.Begin); // byte配列に読込み
MyMemoryStream.Read(AllHTML, 0, AllHTML.Length);

System.Text.Encoding enc = GetCode(AllHTML); //文字コードを判定する ←←←この箇所です
MyReadString = enc.GetString(AllHTML); //判定された文字コードで
} // byte配列からstringへ変換する

文字コード判別ルーチンGetCodeの使用方法

メールマガジン「.NETプログラミング研究」で紹介されている文字コード判別ルーチンGetCode(http://dobon.net/vb/dotnet/string/detectcode.html)を利用してサイトからダウンロードしたHTMLの文字コード変換をしています
思う通りに変換出来ることもありますが、目も眩むような宇宙語になってしますことも多々あります
このGetCodeルーチンは既にVB.NETでもC#でも相当な実績があると評価されています
ですから使用方法の誤りなのでし...続きを読む

Aベストアンサー

1,文字コードの自動判定に関して
 自動化を完璧にするのは無理と思われます。
 文中のプログラムをどのように活用されるのかは分かりませんが、
 呼び出し側が自動判定以外に任意の文字コードを指定できるようにする方が個人的には良いと思います。

2,MyMemoryStream.Write(ByteBuffer, 0, ByteBuffer.Length); の部分ですが、
 MyMemoryStream.Write(ByteBuffer, 0, ReadByteLength);が正しいのではありませんか?
 ReadByteLengthが4096以下の場合に余分なゴミデータをMemoryStreamに書き込んでいると思われます。
 念のためデバッグで確認してみてください。

3,以下の部分でMemoryStream からbyte配列にコピーしているようですが、
 MemoryStream.ToArrayを使用すれば、コピーを自分で書く必要はないはずです。
//ここから
 byte[] AllHTML = new byte[MyMemoryStream.Length]; //全HTML文書を
 MyMemoryStream.Seek(0, SeekOrigin.Begin); // byte配列に読込み
 MyMemoryStream.Read(AllHTML, 0, AllHTML.Length);
//ここまでを
//下の行にする
 byte[] AllHTML = MyMemoryStream.ToArray();

□参考URL
MemoryStream.ToArray メソッド
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.io.memorystream.toarray(v=VS.80).aspx

1,文字コードの自動判定に関して
 自動化を完璧にするのは無理と思われます。
 文中のプログラムをどのように活用されるのかは分かりませんが、
 呼び出し側が自動判定以外に任意の文字コードを指定できるようにする方が個人的には良いと思います。

2,MyMemoryStream.Write(ByteBuffer, 0, ByteBuffer.Length); の部分ですが、
 MyMemoryStream.Write(ByteBuffer, 0, ReadByteLength);が正しいのではありませんか?
 ReadByteLengthが4096以下の場合に余分なゴミデータをMemoryStreamに書き込んでいると思...続きを読む

QLINEのQRコードをつけて印刷した場合

手作りの名刺を作ろうと思っています。
その際に、LINEのQRコードを入れようと思っていますが、QRコードをスマホ内で画像保存→名刺のレイアウトに画像挿入→印刷 できちんと読み取れるものなのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

>QRコードをスマホ内で画像保存

つまり写真データの形で保存し、それを印刷して、って事ですよね。
写真データ化した時点でも白黒の境界がぼやけたり白部がくすんだりしますが、
一応スマホはQRコードとして読み取ってるのでこの段階ではなんとか大丈夫なんでしょう。
けどこれを紙に印刷すると、ここでも劣化します。
写真を印刷する際に画質補整されるからです。
あまり細かいと、ついには読み取れなくなる可能性はあります。

しかしそれぞれの段階でどの程度劣化するのか正確にはわからないので
とりあえずやってみるしかないでしょう。
印刷してみてゆがみが酷かったりぼやけてたりメリハリが弱ければ読めない可能性は高いです。
写真データの段階で、QRコードの画像を加工しメリハリつけたり白をより白く(データ上は完全な白に)すれば
キレイに印刷でき、読み取りエラーはかなり改善されると思います。

他には、プリンタの印刷時の設定があるなら「文書」として印刷すると、たぶん補整なしで印刷されます。

でも、写真だとどうしても傾いたりするでしょうから、それを名刺に使うというのはカッコ悪いような気がします。
QRコードを白黒画像で作って貼り付ける方が美しいしエラーの心配も減ります。

QRコードは、テキスト文字コードが2次元コードに変換されてるだけですから、
任意の文字列をQRコード化できます。開発元が無料での使用を認めてるので、
一般人も無料で使えます。
無料で変換作成してくれるサイトもあります。
https://www.google.co.jp/search?q=QR%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89+%E4%BD%9C%E6%88%90&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&biw=1083&bih=826&source=lnms&sa=X&ved=0CAYQ_AUoAGoVChMI4avyvJCMyAIVDJuUCh1jWQh5

QRコードは強力なエラー訂正の仕組みがあり、コードの一部が汚れなどで読めなくなっても
他が無事なら正しく読み取れたりします。
これを利用して、一部をつぶして小さな絵やロゴを入れたりする事も可能です。

>QRコードをスマホ内で画像保存

つまり写真データの形で保存し、それを印刷して、って事ですよね。
写真データ化した時点でも白黒の境界がぼやけたり白部がくすんだりしますが、
一応スマホはQRコードとして読み取ってるのでこの段階ではなんとか大丈夫なんでしょう。
けどこれを紙に印刷すると、ここでも劣化します。
写真を印刷する際に画質補整されるからです。
あまり細かいと、ついには読み取れなくなる可能性はあります。

しかしそれぞれの段階でどの程度劣化するのか正確にはわからないので
とりあえず...続きを読む

QELISAで「codeする」とはコード化するでしょうか

先ほどの「each run」の者です。
血中オステオポンチン濃度を測定するために、ELIZA(酵素免疫測定法)でアッセイするという記述のところで、次のような箇所ががあります。

「The Osteoponctin Assay Kit(XXX社) was used to determine the level of ostepontin; all samples were coded」

この後に標準曲線とか、AUC曲線など出て来ますが、「coded」はアッセイ後にコンピュータ処理するために、サンプルをコード化したということでしょうか。多量のサンプルを解析するために、たとえばELISAアッセイとコンピュータが接続されているので、サンプルにコードをふって置くと考えてしまうのですが、実験をやったことがないので判断できません。どうも誤りのような気がします。正答を戴ければありがたい次第です。

Aベストアンサー

前後の文章が無いので、この文だけではどのような操作がされているのか分からないのですが、
その文章からだけで判断するのであれば、
「キットで各サンプルのOsteopontin濃度を測定した」
で十分意味はわかると思います。
測定後に、数値化してコンピューター処理できるようにしているのでしょうけれども、その操作は「測定した」に含んでいいものです。

「クラスの全員の身長を身長計で測定し、結果を解析できるようにコンピューターに入力した。その結果を解析したところ~」
と書かなくても、
「クラスの全員の身長を身長計で測定した。その結果を解析したところ~」
で意味は通じると思います。

Qスマホのvrを購入しました 画面のサイズ?をあわせるためにvr本体についていたQRコードを読み取った

スマホのvrを購入しました
画面のサイズ?をあわせるためにvr本体についていたQRコードを読み取ったのですが、接続エラーとなってコードを読み取れません
対処法があれば教えてください

Aベストアンサー

何を購入したのかすら不明なので

的確なアドバイスは不可能ですが

QRコードで読み取ったのは

特定サイトへのリンク情報(http://....)

と考えられ そのサイトが今現在、稼動してないから

「接続エラー」と表示されてると考えられます

製品のサポート窓口に連絡を取るか

公式ホームページを探し出して

対処法を見つけてください


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング