『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

先日、バンドで練習していたところ
ギターから
「ベースもギターのカッティングのように歯切れ良く弾いて欲しい」
というリクエストがありました。

しかし、当たり前ですがベースをギターのようにカッティングしても音程が消えて弾いた音しか出ません。
(ベースにおけるカッティング奏法は理解しています。)
ニュアンス的にもハンマリングやスラップなどは違う感じもします。

ギターのカッティングとまではいかなくても、ベースで歯切れのよい音を出す事は可能なのでしょうか。
私はベースを初めて3年くらいのためまだ知らない事も多いです。
奏法に詳しい方がいらしたらご回答お願いします。

A 回答 (5件)

歯切れの良い演奏をするには、音を弾くことよりも音を止めることが重要です。


休符を弾くつもりで弾いてみて下さい。
想像ですが、音を弾くことには神経を使っているが、止めることには神経が回っていないんじゃないですか?
例えば、Aの音を出す(弾く)にしても、4分音符なのか?8分なのか?意識して弾いていますか?
分かりやすい例をだしますと、4分音符を弾いてみて下さい。
まずは、4分の長さ、次にスタッカート、次に8分で止める。
どうですか?全然ニュアンスが違うでしょ?
初心者のうちは、音を出すことには神経が回りますが(例えばタイミングだったり音量だったり音色だったり)音を止めることには無頓着になりがちです。
音を出す時は出す、止める時は止める。
休符も音符なんだということを理解して演奏して下さい。
    • good
    • 0

思うにTower of Power のFrancis Rocco Prestiaのようなゴーストノート


http://gyao.yahoo.co.jp/player/00841/v09943/v099 …
を#1さんは語っているんだと思います。

僕もミュートした音で細かく刻むのがよいとおもいます。
    • good
    • 0

そうそう、低域の調整は100~120Hzをブーストしてね。



あと軽くオーバードライブを掛けてもいいね。
(ブーストした高域が強く弾いた時だけ軽く歪む位で)
    • good
    • 0

アンプのセッティングでも結構変わりますよ。



80Hz以下はバッサリカット。
500~800Hzは3dBほどカット(なだらかにね)
1000~7000Hzに向けて徐々に6dBアップ。

こんな感じでセッティングしてみてください。
もちろんピックアップはリアだけでも拾って下さい。

若干特殊効果っぽいセットになるので、エフェクターでこのセットを作っておいて必要な時に切り替えるのが良いかと思いますよ。


もちろん弦は新品、キチンとミュートもして、出来ればピックで弾きましょう(^ー^)ノ
    • good
    • 0

ギターのカッティングで歯切れ良く弾くにはミュート、特に左手のミュートが重要だと思います。


ベースでも歯切れ良く弾くにはミュートが重要だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベースを指弾きする際に困ったことが…

いつもお世話になってます。

普段はピックでベースを弾いているのですが、コピーの曲を演奏する際に原曲が指弾きで演奏されている為、見よう見まねで指弾きで演奏しています。
最初の頃はコツもわからず、音が全然出ない事などもあったのですが、ようやく他のパートと合わせて弾いても聞き苦しくないくらいのレベルまで到達しました。
ところが、先日一人でスタジオに入って練習した際に、アンプに繋いで弾いていたら「カツ、カツ」という指板に弦がぶつかる音が大きすぎて不快になり、気分が萎えてしまいました。

これは単に僕の弾き方に問題があるのでしょうか?
それとも、ベース本体に何か問題があるのでしょうか?
僕の周りにはベース弾きがいないので、一人で悩んでいても全くわかりません。

どなたか、アドバイスを頂けたら嬉しく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私もベース弾きです。10年位演奏しています。
指板に当たる音が気になるという事ですが、まずハード的な問題と演奏方法の問題が考えられます。
ハード的な問題だと、先に上げられた、弦高の低さが考えられます。その楽器をピックで弾いた時は気にならないのであれば問題ないです。あお、ピックアップに弦が当たってしまうと、同じような(もっと酷い)現象になります。
これは弦高・ピックアップの高さを改善すれば良くなると思います。
演奏方法の問題ですが、恐らくこちらの方が怪しいです。
右手のフィンガリングですが、ピックで演奏している時のように、弦がボディーに対して平行に振動するように弾いていますでしょうか?恐らく、指が弦に引っかかるように演奏し、弦の振動がボディに対し斜めになっているのだと思います。特にスタジオで他のパートの音とセッションする時には気が付かないあいだに、ピッキングにチカラが入り、指に弦が引っかかってしまうような演奏になってしまいがちです。
なるべくチカラを抜いて、徐々になれてゆけば改善されてゆくと思います。


人気Q&Aランキング