[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

遺留分減殺請求訴訟において、銀行の根抵当権の設定された土地を共有することになりました。
(被告らが「価額弁償の抗弁」をしません。)
この場合、残債がなければ、銀行は私一人の請求によって、根抵当権抹消の請求に応じるのでしょうか?それとも、共有者と一緒でないと応じないのでしょうか?

競売にすれば、裁判所の職権で根抵当権を抹消することは知っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>・・・1/4を持ち分として相続、以上の場合はどのようになりますでしょうか?



同じです。抹消請求できます。
ただし、持分登記は済ませてからです。

この回答への補足

tk-kubota様
何度もすみません。大切な所なので、今一度、確認させてください。

民法398条の9は、(根抵当権者又は債務者の合併)
となっていますので、民法398の8(根抵当権者又は債務者の相続) の誤りではないですか?
もし、そうだとすれば、債務者は会社なので、債務者の相続ではないので、ご回答の内容が違うのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

補足日時:2013/04/20 11:49
    • good
    • 0

単独で抹消請求できます。


抹消できれば持分権者全員の利益となるので、抹消行為は「保存行為」とされています。(民法252条参照)
保存行為は、他の持分権者の同意は必要ないので単独で申請できます。
なお、抵当権と根抵当権では少々違ってきますが、今回の場合は相続で取得したようです。
相続の場合は相続開始から6ヶ月以内に誰が相続したか登記しなければ被担保債権は確定したものとみなされています。(民法398条の9参照)
と言うことは根抵当権でも抵当権と同じ扱いになります。
以上で、今回は被担保債権は存在しないと言うことですからwencyanさんが単独で任意な請求又は抹消訴訟できます。
実際には、銀行の支店長くらいならばこのことを熟知していないと思います。
様々な条文や判例等示し、本部の管理課に問い合わせば、間違い無く抹消できます。
弁護士でも頭をかじげるかも知れませんが、調べればわかると思います。

この回答への補足

ご説明不足な点がございましたので、補足させていただきます。
根抵当権利者=銀行、債務者=被相続人の興したA社、所有者=被相続人、被相続人の死亡、遺言により私の兄が土地を相続、私が遺留分減殺請求訴訟を提起、兄は、「価額弁償の抗弁」をせず、従って、私が遺留分減殺請求の意思表示によって1/4を持ち分として相続、以上の場合はどのようになりますでしょうか?

補足日時:2013/04/19 22:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございました。
大変、勉強になりました。

お礼日時:2013/04/19 20:30

>この場合、残債がなければ、銀行は私一人の請求によって、根抵当権抹消の請求に応じるのでしょうか?それとも、共有者と一緒でないと応じないのでしょうか?



 根抵当権は、特定の債権を担保するものではないので、元本確定するまでは、たとえ残債がなくても根抵当権は消滅しません。(これが抵当権と違うところです。)
 前に回答した際に読んだ事実関係からすると、被相続人が物上保証人として根抵当権を設定していますから(連帯保証人にはなっていない)、根抵当権設定日から3年経過しているのであれば(通常、元本確定期日は定めらられてないでしょうから)、設定者(の相続人)は銀行に対して元本確定請求をすることができます。元本確定により、根抵当権は特定の債権を担保することになるので、その特定の債権につき返済すれば(残債がなければ、当然に)、根抵当権は消滅します。しかしながら、元本確定請求は、共有者全員が行わなければならないと解されていますので、御相談者一人で請求することは困難だと思います。
 なお、実務では、債務者が残債を全額返済して((あるいは既に残債がない場合)、債務者が銀行に担保解除の依頼すれば、元本が確定していないくても、銀行は抹消に応じるのか普通です。

民法

(根抵当権の元本の確定請求)
第三百九十八条の十九  根抵当権設定者は、根抵当権の設定の時から三年を経過したときは、担保すべき元本の確定を請求することができる。この場合において、担保すべき元本は、その請求の時から二週間を経過することによって確定する。
2  根抵当権者は、いつでも、担保すべき元本の確定を請求することができる。この場合において、担保すべき元本は、その請求の時に確定する。
3  前二項の規定は、担保すべき元本の確定すべき期日の定めがあるときは、適用しない。

この回答への補足

ご親切に以前の質問を覚えていていただいたのですね。ありがとうございました。
根抵当権設定からは、3年どころか、返済してから10年以上経っています。法律的には、銀行は応じる義務はないということを理解しました。

補足日時:2013/04/19 23:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/19 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵当権抹消の費用は誰が負担すべきか?

 銀行からの住宅ローンを完済したとき、抵当権・根抵当権の登記の抹消にかかる
費用は、誰が払うべきなのでしょうか(司法書士に依頼した費用も含む)。

 われわれ、ユーザー側なのでしょうか?

 それとも銀行が払うべきなのでしょうか?

 ご教授ください。

Aベストアンサー

抵当権の抹消登記にかかる費用は、あなたが負担する費用です。
銀行ローンの抵当権は完済された段階で、登記簿の抵当権の抹消を行わなくても
実質消滅しています。銀行は抵当権の抹消書類をあなたにお渡しするだけで、
それであなたが抵当権の抹消登記をしようが、そのまま登記簿上抵当権が記載さ
れたままにしてようが、銀行側は一切関知しません。
ですから、あなたがご自分の自宅の登記簿に抵当権が記載されたままの状態が
嫌なのであれば、ご自分の費用で抹消登記をするほか有りません。

Q根抵当権の抹消手続きをしたいのですが私でも可能でしょうか?

来週、義父がディックで借り入れていた500万円を主人が一緒に行って完済してくることになりました。
その後、その借り入れの根抵当権を抹消したいのですが、なるべく安く済ませたいのでその手続きは私が行こうと思っています。

私なりに調べてみたのですが、正直難しすぎて、結局どうしたらいいのかわかりません。完済したときにディックでもらってくる書類があると思うのですが、それをそっくりそのまま管轄の法務局へ持って行けばいいのでしょうか?それとも全くの素人の私では無理があるのでしょうか?

また、その根抵当権のついている土地は義父名義のもので、借り入れも義父名義での借り入れだったのですが、私が代わりに手続きにいくことは可能なのでしょうか?

仕事を休んで手続きに行かなければならないので、行ってから私ではダメだったとか、足りないものがあってまた後日もう一度・・・となってしまっては困るので、なんとか一回で済ませられるようにと考えています。

質問が多くて申し訳ありません。
ちょっと気持ちが混乱してしまっていて、うまく文章にできませんでしたが、よろしくお願いします。

来週、義父がディックで借り入れていた500万円を主人が一緒に行って完済してくることになりました。
その後、その借り入れの根抵当権を抹消したいのですが、なるべく安く済ませたいのでその手続きは私が行こうと思っています。

私なりに調べてみたのですが、正直難しすぎて、結局どうしたらいいのかわかりません。完済したときにディックでもらってくる書類があると思うのですが、それをそっくりそのまま管轄の法務局へ持って行けばいいのでしょうか?それとも全くの素人の私では無理があるのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

一般的に根抵当権の抹消手続きは以下の書類が必要になります。
(全て金融機関でもらえる書類です)
 ★根抵当権設定契約証書
 ★根抵当権解除証書
 ★根抵当権抹消委任状
 ★登記原因証明情報(オンライン法務局の場合)
 ★資格証明書(有効期間:発効日より3ヶ月)
書類の名称が金融機関によって若干違う場合もありますので参考までに。
また、登記名義人以外の方が手続きを行うことも可能ですが、
登記名義人の委任状が必要になります。
この場合の委任状は上記の金融機関発行の根抵当権抹消委任状の余白欄にお義父様のご署名・ご捺印(認め印で結構です)されても構いませんが、万が一書き損じがあった場合に、金融機関の捨印がないために再度委任状をもらいに行かなくてはならないということになってしまう恐れがあります。
よって、お義父様の委任状は白紙の紙に別途記入されることをおすすめします。
土地に根抵当権がついているとのことでしたが、建物にはついていませんか?
通常土地建物はセットで取得するので建物にもついているのでは?と思います。

法務局では、登記申請書の記入が必要になりますが、親切丁寧に教えてもらえますので、安心して行ってみてください。
ただし月末月初の繁忙期は避けてあげて下さい☆
費用は登記印紙で納めますが法務局で購入できます。

一般的に根抵当権の抹消手続きは以下の書類が必要になります。
(全て金融機関でもらえる書類です)
 ★根抵当権設定契約証書
 ★根抵当権解除証書
 ★根抵当権抹消委任状
 ★登記原因証明情報(オンライン法務局の場合)
 ★資格証明書(有効期間:発効日より3ヶ月)
書類の名称が金融機関によって若干違う場合もありますので参考までに。
また、登記名義人以外の方が手続きを行うことも可能ですが、
登記名義人の委任状が必要になります。
この場合の委任状は上記の金融機関発行の根抵当権抹消委任状の...続きを読む

Q根抵当権抹消手続について

不動産ローンが完済され、根抵当権の抹消を行いたいのですが、銀行側でこれを行うのでしょうか。その場合には手数料の請求があるのでしょうか。また、自分で行うべきということであれば、その手順を教えてください。

Aベストアンサー

事業をしているのであれば、根抵当権は、そのままにしていれば借り入れの時期の評価のままですが、一度はずすともう一度評価が見直しもされ、下がることが今の経済状況では下がり続けて、借り入れが増えれば担保不足になり追加担保も銀行は要求するようになります。事業をしているのであれば、そのままにされて設定銀行からの借り入れが理想です。抵当権設定の手間も費用も省けますから。
 事業資金は、銀行  運転資金は国民金融公庫 と区別することもお勧めします。すべてを銀行に頼ると貸し金引き上げがおきた時に会社の首を絞めることになるので。銀行ばかりに依存しないようにしてくださいね。仕事で精算や倒産会社の評価をする時に感じるのは銀行に依存しすぎた経営が、意外と多いのです。借り手と銀行が言う時は借りない。貸せないという時はどうにかして貸させる。これも銀行の利用方法です。不況下ですががんばってくださいね。根抵当権設定銀行にこのままにして、後日の借り入れの手間を省けるかどうか確認をしておくといいですよ。意外と若い行員さんも知らないで断ることもありますので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報