どちらも、法務大臣資格で、どちらも登記に関する業務を生業とすると思いますが、実際の業務にはどのような差があるのでしょうか?
どちらも、登記については代理人となれる資格なんですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

皆さんがおっしゃられている通りです。

基本的には、不動産登記簿を見ていただいて、表題部の登記(表示の登記)は土地家屋調査士がやって、甲区、乙区の登記(権利の登記)は司法書士が主にします。弁護士でも権利の登記はできます。例外的に土地家屋調査士でも建物の合体登記にかかわる所有権の保存登記はできます。(一方が保存登記されていて、もう一方が未登記か表示登記のみ)

互いに領域が明確に分けられているので、仕事を取り合う事にはなりません。
ただ、土地売買をする時に境界が不明確だと地積がいくらかわからないし、売りにくいので、土地の測量が必要な場合が多いです。
相続の時もそうです。相続の登記は司法書士の分野ですが、相続人の共有にしておくのは自由に処分できないから、分筆ということになります。この時に調査士の仕事が噛んできます。
他にも建物を建てた時に固定資産税のもとになる表示登記は絶対登記しなければなりませんが、保存登記は義務がありません。しかし、多くの人は一戸建を建てる時に即金払いはしません。ローン組みます。ローン先は住宅金融公庫でしょう。この公庫は保存登記を要求します。なぜなら、金を返せない時は、家を競売にかけて債権回収をするので、所有権の保存登記に抵当権の設定をしたいからです。そこで、司法書士の仕事も噛んでくるのです。

司法書士の仕事は弁護士とオーバーラップするところが多く、行政書士からも仕事を奪われてきています。将来性は少ないかもしれません。1件あたりの単価も安いですしね。親が嘆いています。
その点、調査士は専門技術職ですから、司法制度改革からも見放され、独自の職域を持っているから安泰です。17条地図(不動産登記法上、法務局に備えつけられている地図です)も、全国で半分くらいしかできてませんしね。
調査士の難点は知名度が著しく低い事でしょう。測量は隣地の測量とかも必要になるのですが・・・「土地家屋調査士です、測量させてください」と言っても、いぶかしい顔されるだけだし、聞いた話では、泥棒と間違われて警察官呼ばれてしまったとか聞いた事もあります。私は調査士やっていて泥棒と間違われて殴られたりしないだろうかとこわがっていたりします。(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/05/27 19:57

同じ登記に関する業務ということで言えば、kaisoさんの回答の通りです。


私は不動産業に携わる者ですが、仕事上この2つの資格は欠かせないパートナーとなりますので、現場で感じていることから回答したいと思います。
司法書士は不動産売買時の移転登記や抵当権設定、相続登記など書類作成や調査関係の仕事が多いのに対し、土地家屋調査士は測量時の近隣との折衝、官民査定時の関係役所との事前交渉など対人関係の調整に関する仕事が多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/05/27 19:57

こんにちは。

登記といいましても、いろいろな登記があります。土地や建物の権利に関しての登記、法人の登記など。そして、例えばその土地や建物の登記にも、いろいろな登記があります。土地家屋調査士の場合には、土地に関しては、分筆、合筆、地積更正、地目変更などの登記があり、その現地調査、測量を行います。(境界の調査、境界杭の設定など)建物では、新築による表示登記(これをしないと所有権の保存登記ができません。)、増築、種類(用途)・構造・床面積の変更等による表示の変更登記、建物を壊したときの滅失登記など権利以外の登記事項に変更が必要な場合にお願いします。ちなみに司法書士の業務は、登記以外でも広範な業務がありますが、登記に関して代表的なのは、権利に関しての、所有権保存登記、所有権移転登記、相続登記、抵当権設定登記、仮登記、法人の設立登記、合併登記、役員の変更登記、本店移転の登記その他、土地家屋以外でも民事的な法律の専門家ということでしょうか。司法書士の資格を取ってから、弁護士になった方も多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/05/27 19:56

法律的なものの違いは分からないんですが、私の知り合いがやってることは、司法書士は、登記で必要だったりする公的書類を作成してました。

だから、別に登記関係だけじゃないものもやってたと思います。

土地家屋調査士は、路線価やその他諸々から、その不動産の価値を算定してました。。。会計士の人が相続の時に、ある程度の概算として路線価から不動産価値の算出をしてましたけど、最終的には、土地家屋調査士に依頼しましたもん。

でも、土地家屋調査士だけでは、単独でやってなくて、設計事務所や建築事務所の人が、資格の一環として持ってましたよ。私の知り合いの場合は。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法務大臣の指揮権発動は過去に一度だけあったと知りました。法務大臣が指揮

法務大臣の指揮権発動は過去に一度だけあったと知りました。法務大臣が指揮権を発動したかどうか(過去にどういうものがあったか)、国民が知ることはできないのでしょうか?法律上何の問題もないことですから公表しても良いと思うのですが、裁判所の記録のように手続きすると閲覧できる、、、というシステムはないのでしょうか。もし正式な公表がないのであれば、それはなぜですか?どういう支障があるのでしょうか?

Aベストアンサー

当時の政府がぶっ倒れるくらい大規模な政財官にまたがる贈収賄事件だったが、与党幹事長逮捕予定していたところ法相の指揮権発動により幹事長は逮捕されなかった。
この幹事長は後に首相になった佐藤栄作さんです(^^) 20世紀後半の自民党繁栄の基礎ともいえます。

Q取締役の辞任に伴う登記を行う代理人の資格

取締役が辞任したためその旨登記をしたいのですが
(員数は足りているため代わりの者の選任は行いません)、
代理人が登記を行う場合、
その辞任した取締役自身を代理人とすることはできますか?

Aベストアンサー

登記の代理人は司法書士しかできません。

法人の代理人という意味であれば、代表権者か
取締役各自代表できるなら現役の取締役です。
すでに辞任した取締役は法人を代理できません。

Q土地の登記上の面積より実際が広い場合の登記

お世話になります。
この度母が亡くなり、土地を相続したのですが、実際に測量した結果法務局に登記されている土地の面積よりも大きいことがわかりました。
隣との境界も明確になっており、登記上の土地だけ面積が狭く登録されてしまっているようです。
狭く登録されてしまった経緯は、昔のことでわかりません。
そこで、ご質問させて頂きたいのですが、登記上の土地も実際の面積通りに登記し直すためには、どのような手続きが必要になりますでしょうか。

Aベストアンサー

地積訂正登記をする事になります。
測量したとの事ですが、確定測量というものが必要です。確定測量とは、隣接地所有者との印鑑証明書付きの筆界確認書、道路との道路境界明示書が全て揃った状態の測量の事を言います。
土地家屋調査士に相談してください。

さて、実際の面積より登記簿の面積のほうが狭い事はよくある事です。地積訂正されるのはかまいませんが、面積が増えると固定資産税も上がる事になります。上記の確定測量図が揃っていて地籍訂正ができる状態であれば、あえて地積訂正はしない人も多いです。

Q不動産登記の事前通知制度についてです。実際に困った者ではなく不動産登記

不動産登記の事前通知制度についてです。実際に困った者ではなく不動産登記を勉強中のものです。よろしくお願いします。
売買したい土地の登記識別情報が代位者により、登記がされていたので、登記識別情報が提供できない、
所有権の登記名義人がいたとします。事前制度で申請することによって登記識別情報に代わるものが(当該土地の登記事項証明書か何か)、交付されるのでしょうか?

Aベストアンサー

登記所から名義人に本人限定郵便で申請の認否確認がきます。
認めると回答すれば、登記手続きされます。
登記されれば、新たな識別情報が交付されます。

Q助成金の代理業務は社労士の独占業務?

税理士事務所で働いています。
社労士の資格はもっていません。
税理士事務所といっても顧客からは社会保険等に
関する質問や委託が結構あります。
たとえば、健保・厚年においての標準報酬月額変更の届出の依頼
などがあるのですが(サービスでやってる状態です。。。)、
こういうことは顧客からすると税務も労務も同じ法律みたいに
とらえられているようで、一概に拒否するわけにもいきません。。。
そこで、どういった業務まで代理業務としてできるのか、
境界線をご教授願えないでしょうか?
実際上記の業務もダメなような気もしますが。。。
たとえば、助成金の手続き依頼を顧客からされた場合、
代理業務として成立するのでしょうか?
以上、よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

士業境界(業際)問題は難しいですね。
私も税理士事務所で5年経験後、今では経営コンサルタントのようなことをしています。
私の調べでは、税理士と社労士の団体で覚書が締結されているはずです。
税理士は原則として社労士業務は扱えません。しかし税理士の業務に付随して、租税確定のために行う社労士業務は一部認められています。
したがって、新規適用や資格取得関連は扱えませんが、算定基礎や月額変更などは一部可能です。一部と言うのは、顧問契約内容次第の部分と書類の作成は出来ても代理手続きは出来ないからです。行ったとしても使者であり、修正や訂正、個別内容の対応は出来ません。
助成金の申請については、厚生労働省系は社労士の独占業務です。中小企業庁系は場合によっては行政書士の独占業務になります。

税理士である所長が税理士として行う業務と一業者として扱える業務、税理士の資格による行政書士登録により可能な業務を個別に考えて、業際について事務所の見解を定め、顧客に説明すべきです。

何か問題になったとき、税理士の職業賠償責任保険は適用されない可能性があります。最悪所員の責任にする事務所もあるようです。

士業境界(業際)問題は難しいですね。
私も税理士事務所で5年経験後、今では経営コンサルタントのようなことをしています。
私の調べでは、税理士と社労士の団体で覚書が締結されているはずです。
税理士は原則として社労士業務は扱えません。しかし税理士の業務に付随して、租税確定のために行う社労士業務は一部認められています。
したがって、新規適用や資格取得関連は扱えませんが、算定基礎や月額変更などは一部可能です。一部と言うのは、顧問契約内容次第の部分と書類の作成は出来ても代理手続きは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報