最新閲覧日:

ミトコンドリアは酸素とピルビン酸からATPを合成することから考えて、もし脳に酸素が行かなければ、当然ATPが合成されないことは想像がつきます。しかし、ATPがどのように膜電位に影響しているのかをよく知らないので、結果的に脳にどのような作用を及ぼしているのか、いまいち理解できません。

そこでATPの膜電位に対する影響について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

膜電位に関しては、rei00さんの回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ショック時の細胞障害」
なお、詳細がお知りになりたいのであれば、「生理学会」等のAbst,あるいは論文検索されては如何でしょうか?
「脳」「虚血」「動物」「膜電位」等のキーワードでPubMed等で検索されては如何でしょうか?
ネットでもAbst.のタイトル程度は分かりますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www3.kmu.ac.jp/~legalmed/lect/MOF.html
    • good
    • 0

 脳の神経細胞に電気的活動を許す下地を作っているのは,細胞膜を挟んでのイオンによる電気化学的勾配です。

つまり,カリウムイオン(K+)は細胞内濃度が細胞外よりも数十倍高く,ナトリウムイオン(Na+)では逆の関係にあります。

 この濃度差は,Na+-K+ ポンプによって保たれています。Na+-K+ ポンプは,ATP のエネルギーを用いて,Na+ を細胞外に,K+ を細胞内に輸送します。

 この Na+-K+ ポンプの働きによって,Na+ は3個細胞外に運び出され,代りに K+ が2個細胞内に運びこまれます。これにより細胞内部は外部に比べて電位が低くなり,膜電位の生成が起こります(膜電位生成に10%ほど貢献しているらしい)。

「Integrate and Fire Neuron Model」(参考 URL)から抜粋

参考URL:http://www.erato.atr.co.jp/~htabata/integrate.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔でわかりやすい説明をありがとうございました。おかげでATPと膜電位のつながりがはっきりしました。

お礼日時:2001/05/31 10:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ