すごく初歩的な質問で申し訳ないのですが、木炭は、熱を加えて作りますよね。で、できあがったものがなぜまた燃料になるのか今一つ分かりません。
化学変化にどういう違いがあるのでしょうか。
「炭焼き」というのは、何が焼けて木炭になるのでしょうか。

A 回答 (5件)

まづ最初に,「化学変化」とは何かを述べておきます。

物質は様々な分子で出来,各分子は原子が結合して出来ています。この原子同士の結合が切れて,新たな結合が生じるのが化学反応で,化学反応が起これば「化学変化」があると言えます。

今の場合,木炭を作る段階では,酸素の無い状態で木を加熱します。木の成分は inorganicchemist さん,nozomi500 さん,MiJun さんが挙げておられる様に主として有機化合物です。つまり,炭素,水素,酸素を中心とし,窒素や硫黄等も含みます。

で,これらを加熱すると,inorganicchemist さんがお書きの様に OH 基(酸素の大部分がこれです)は水となって飛んでいきます(脱水反応と言います)。窒素原子はアンモニアとして,硫黄原子は硫化水素等としてやはり飛んでいきます。しかし,炭素-炭素結合を切る程のエネルギ-が得られませんので,炭素は後に残る事になって木炭が得られます。

この場合,元あった炭素と酸素(窒素,硫黄)との結合が切れて新たな結合が生じています。したがって,化学反応 =「化学変化」が起こっています。

一方,木炭を燃やす場合は,酸素の存在下で加熱します。この場合は,酸素と炭素の結合が生じると多くのエネルギ-が生じますので,炭素-炭素結合も切れて二酸化炭素になります。この場合もやはり化学反応 =「化学変化」は起こっています。

どちらの場合も「化学変化」は起こっているわけですが,何が違うかというと酸素が存在するかどうかです。で,酸素と反応して熱や光の出る反応を燃焼と言います。

つまり,「化学変化にどういう違いがあるのでしょうか。」と言えば,木炭を作る段階では「燃焼」が起きていないが,木炭を使う段階では「燃焼」が起きている点が違います。

以上でお分かりだと思いますが,「炭焼き」というのは何かを焼いて木炭にしているわけではないのです。「焼き」と言う表現を使っていますが,焼いていません。これが「化学変化」の違いです。


いかがでしょうか。私も別に炭焼きの専門家ではありませんので,間違っているようでしたら,遠慮なくツッコミを入れて下さい。素直に謝りますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。「炭焼き」という言葉に惑わされていましたが、これで理解できました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/28 16:27

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「黒炭と白炭の違い」
http://www.dango.ne.jp/matsumot/mame/page8.html
(備長炭の成分分析結果)

「燃焼」に関しては、
http://www1.fuji-tokoha-u.ac.jp/~kihara/chem/fir …
(木炭の燃焼のしくみ)
http://www1.fuji-tokoha-u.ac.jp/~kihara/chem/fir …
(用語解説のページ)

一般に木材には
・セルロース
・リグニン
・ヘミセルロース
・水分
・無機分
・微量成分等
が含まれます。

「炭を焼く」には上記の「白炭」「黒炭」等があり、温度が異なります。それによって、同じ樹木でも熱分解物(冷却すれ木酢液)の成分も異なる可能性があります。
従って、正確(?)には温度によって分解成分とその割合は異なることもありえます。
⇒主題の炭焼きと燃焼では「化学変化」の違いがあります。

蛇足で手元に資料がありませんが、木材にふくまれる蛋白成分は上記のセルロース・リグニン等に比較すればマイナー成分と思いますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.dango.ne.jp/matsumot/mame/page3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お教えいただいたURL、これからゆっくり読んで勉強します。

お礼日時:2001/05/28 16:23

「不純物」というと、その他の物質に失礼(別に木炭のために木があるわけでない)なので、控えます。



「木炭」の主成分はほとんどが炭素です。燃えるときは赤くなって二酸化炭素を放出して、あと灰が残ります。灰は無機質の塊と思ってください。
木が燃えるときは炎をあげ、煙も出しながら燃えます。最後は灰になります。炎を上げるということは、燃える気体(微細な固体もふくめ)がある、ということです。

植物の体はいろんな構成物質から出来ています。野菜を食べるときも、ビタミンがどうだとか、いいます。
炭焼きをすると、たんぱく質などの有機化合物が化学変化して出て行きます。煙になって出て行くものもあれば、タール状になって出て行くものもあります。(「木酢液」というのは、このときに出手くるタール状物質を含んだ液体)
昔、中学校の理科実験で、割り箸を試験管で蒸し焼きして、出てくる煙にマッチの火を近づけると炎を上げて燃える、試験管に単価した割り箸とタール状の液体がのこる、というのをやりました。

hiro1001さんは「ない」といわれますが、たんぱく質がタールに変化するのも立派な化学反応ですね。
酸素が不足しているから、酸化して二酸化炭素になってはいかない。
高温で焼くほど、残った炭素の割合が高くなるので「良質」の炭だといえます。
たんぱく質も大きな分子ですが、炭になるような、炭素どうしが連なった分子構造でないので、セルロースにくらべて分解しやすいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

木炭が燃えるときに炎が出ないことも、そううかがうと理解できます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 16:21

木炭は当然、木を燃やして作るのですが、


植物の身体は主にセルロースというものからできています。

このセルロースというのは、グルコース(ブドウ糖)の
親戚みたいのもので、いずれも炭水化物の一種です。

炭水化物はその字の通り、「炭(=炭素)」が「水と化合した物」
と解釈することもできます。この状態から、水を除くと「炭」
ができるのです。

「炭」についての専門的な知識はありませんが、
おそらく「炭水化物」から「水」を取り除くのが
「炭焼き」で、そのときは、空気をあまり存在させないのだろうと思います。
炭水化物 → 炭 + 水

で、水がなくなって、燃えやすく、燃やしても煙がでなくなった
状態が「炭」でこれが酸化される(燃焼する)ときに
燃料として用いられてるのだと思います。
炭 + 空気(酸素)→ 二酸化炭素
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは、ブドウ糖も蒸し焼きにすれば、粉状の炭になるのでしょうか。
燃焼=酸化ということは、炭を作るときには、木は燃えていないのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 16:30

炭の原料は、山にある木で作ります。


木で有れば何でも良いかというと実は良い炭を作るためには木も決まってくるのですが、基本的にはどんな木でも炭になります。
普通木の中にはいろんなものが含まれています。
人の体を見ても判るように、木も生きていますから沢山の不純物を含んでいます。
それを、蒸し焼きにすることによって炭素だけを残そうとしたものが炭なのです。
純粋に炭素だけが残るわけでは無く、ミネラルなども残りますが、ほとんどの余分なものは蒸気と一緒に外に出てしまいます。
この段階では化学変化はほとんどありません。
答えになっているかどうか判りませんが、酸素を与えないで熱を加えて作るのが炭だと考えても良いのではないかと思います。
残った炭はほとんど炭素ですから、酸素と反応して熱を出すというわけです。
この段階では化学変化がありますね。
ですから、化学変化にどういう違いがと問われると、炭を作る段階では化学変化が無く炭を燃料に使ったときには化学変化があると答えるのが良いのでしょうね。
回りくどい書き方で申し訳有りませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。炭焼きは蒸し焼きにするのですね。

お礼日時:2001/05/28 16:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭と練炭ならどちらを使いますか

あなたは炭と練炭ならどちらを使いますか?

ちなみに私はミックスです。
炭だけだと火が定着するまで30分を要します(←ヘタだから。。)
ですから練炭で火をつけて炭で囲みます。

Aベストアンサー

私は「炭」です。

練炭は、石炭を細かく砕いて固めたものです。
石炭(練炭)は、タール分が多く、石油に似た独特に臭気が発生するため、食材に臭いが移る事があるためです。

炭は「着火バーナー 」などを使用すると、短時間で着火できます。
http://xpoint.ddo.jp/cgi/item.cgi?item_id=lg81063120&ctg_id=c006&page=1

Q臭素の蒸発熱を求める熱化学方程式で

こんにちは。宜しくお願い致します。

[問]水素と臭素から臭化水素が生成する時の熱化学方程式は
H2(気)+Br2(液)=2HBr(気)+73(kJ/mol)
である。
Br-Br、H-Brの結合エネルギーを192(kJ/mol)、366(kJ/mol)とすれば臭素の蒸発熱は何(kJ/mol)か?
[解]
蒸発熱をQ(kJ/mol)とすれば
求める式は
Br2(気)=Br2(液)+Q(kJ/mol) …(1)
よって与式を変形すると
2HBr(気)-H2(気)=Br2(液)-73(kJ/mol) …(2)
また、 題意より
Br=1/2Br2(気)+192(kJ/mol) …(3)
HBr(気)=1/2H2(気)+1/2Br2(気)+366(kJ/mol) …(4)
なので
(2)、(4)より
H2(気)+Br2(気)+2・366(kJ/mol)-H2(気)=Br2(液)-73(kJ/mol)

Br2(気)+2・366(kJ/mol)=Br2(液)-73(kJ/mol)
故に
Br2(気)=Br2(液)-439(kJ/mol)

Q=-489(kJ/mol)
となってしまうのですが何で蒸発熱なのに負数?

(3)式を使わないのも変だと感じています。
何処が間違っているのでしょう?

こんにちは。宜しくお願い致します。

[問]水素と臭素から臭化水素が生成する時の熱化学方程式は
H2(気)+Br2(液)=2HBr(気)+73(kJ/mol)
である。
Br-Br、H-Brの結合エネルギーを192(kJ/mol)、366(kJ/mol)とすれば臭素の蒸発熱は何(kJ/mol)か?
[解]
蒸発熱をQ(kJ/mol)とすれば
求める式は
Br2(気)=Br2(液)+Q(kJ/mol) …(1)
よって与式を変形すると
2HBr(気)-H2(気)=Br2(液)-73(kJ/mol) …(2)
また、 題意より
Br=1/2Br2(気)+192(kJ/mol) …(3)
HBr(気)=1/2H2(気)+1/2Br2(気)+366(kJ/mol) …(4)
なので
(...続きを読む

Aベストアンサー

Br2(気)=Br2(液)+Q(kJ/mol) …(1)
H2(気)+Br2(液)=2HBr(気)+73(kJ/mol) …(2)
Br2(気)=2Br(気)-192(kJ/mol) …(3)
HBr(気)=H(気)+Br(気)-366(kJ/mol) …(4)

(3)(4)が違うようなので直しておきますね。
そして、多分水素の結合エネルギー
H2(気)=2H(気)-432(kJ/mol) …(5)
も解答に必要でしょう。

(4)を2倍して
2H(気)+2Br(気)=2HBr(気)+732(kJ/mol) …(6)
(3)(5)を代入します。
H2(気)+432+Br2(気)+192=2HBr(気)+732
整理して
H2(気)+Br2(気)=2HBr(気)+108(kJ/mol)…(7)
(7)-(2)より
Br2(気)-Br2(液)=35(kJ/mol)
∴Q=35(kJ/mol)
いかがでしょうか?

Qどうして炭は燃えるのでしょうか?

竹などを一度燃やして炭にすると思うのですが、
どうして一度燃えたものが、炭になるとまた燃焼するのか疑問です。
炭の中の微小な穴の中の酸素が燃えている、と勝手に思っているのですが、よくわからないので質問しました。
また、どんなものでも植物であれば炭になるのでしょうか。
炭が気になってます・・・。

Aベストアンサー

炭は炭素が主成分ですから、酸素と反応して燃えるのです。
必要なのは中の微少な酸素ではなく外からの大量の酸素です。

植物、生物すべてだけど、炭素を含んでいますから
すべて炭になりますよ。

Q高校化学の熱化学方程式について

高校化学の熱化学方程式について

『発熱反応ならプラス、吸熱反応ならマイナスをつける』
と参考書に書いていたのですがはなぜですか?

またエネルギー図で『発熱反応は矢印が下向き、吸熱反応は矢印が上向き』とあったのですがこれはなぜですか?

Aベストアンサー

熱化学方程式で書くときは, それぞれの持っているエネルギーを書いてる. 例えば
H2(g) + (1/2)O2(g) = H2O(g) + Q J
では, 右辺の H2O(g) は左辺よりエネルギーが少なく, その差 Q J が燃焼熱として放出されることを意味します.
エネルギー図は「下ほどエネルギーが低い」ように描くので, 「矢印が下向き」=「物質の持つエネルギーが減る」=「発熱反応」ということです.

Q温湿布と冷湿布の使い分けを教えて下さい

こんにちわ。宜しくお願いします。
湿布についてですが、冷湿布と温湿布の使い分けれがよく分りません。

よく、急性は冷湿布、慢性は温湿布などとも書いてありますが、慢性的な腰痛はずっと温湿布を使いつづけた方がいいのでしょうか?

捻挫や軽症のぎっくり腰などの場合も、色々なサイトを見て回ったところ、意見が分かれているようです。
「冷湿布を使った後、温湿布を・・・」というアドバイスもあるようですが、一般的にどのように使い分ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ズバリ!慢性的な腰痛には「温湿布」です(^_^)

一般的に”こっている”状態というのは、筋肉が常に緊張した状態になって血液の循環が悪くなっていること・・・だった気がします。たしか。(笑)

捻挫や軽症のぎっくり腰などの場合、(これは自信がある!)まずダメージを受けた筋肉なんかが炎症や内出血を起こしますよね?
初めに「冷湿布」というのは、その炎症や内出血を止めるために冷さないといけないからなんです。
で、ある程度冷したら今度は「温湿布」。内出血が止まったのに冷し続けると、細胞の活動がゆっくりになりますよね???(だから血もとまるんだし)
止まったら逆に細胞たちを暖めて活性化させて、早くもとの状態に戻してもらいましょー!ってことで、温湿布にするみたいですよ。

整形外科に勤める友人が私に分かりやすいように話したことなので、多少違うのかもしれませんが(笑)なんとなくこんな感じでしょう。

Q不飽和結合についてですがこれは化学基礎の内容ですか?それとも化学ですか? 化学基礎と化学は年々ちょ

不飽和結合についてですがこれは化学基礎の内容ですか?それとも化学ですか?

化学基礎と化学は年々ちょっと変わってるらしく、何が基礎なのか分かりません

教えてください!!

Aベストアンサー

有機化合物は化学基礎では扱いません。
高等学校学習指導要領( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/kou/kou.pdf )
P53~P54

>化学基礎と化学は年々ちょっと変わってるらしく、
そんなことありません。
 教科書や教師が変われば、微妙に変わることはありますが、基本的に教える内容は変わらない。

Q炭って?

炭って食べることが出来るのでしょうか 食べることが出来るとしたらどのような種類の炭なのでしょうか 又 食用として売っている炭と普通の炭ってどのように違うのでしょうか 夏休みなので子供に質問されて困っています どなたか救いの手を!!

Aベストアンサー

炭は食べてもいいでしょうけど、食べれるとは言わないような気がします。
炭を食べて効果があるなら、腸内の腐敗物を吸着し、排出してくれることでしょうか。
炭には多かれ少なかれタール分を含みます、良く焼けば少なくなります。
もう一つは薬効の有る炭です、例えば茄子のヘタの黒焼き、梅ぼしの黒焼きなど
漢方薬、家庭薬として使われてきました。

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Qバーベキュー(BBQ)炭のつけかた

バーベキュー(BBQ)炭のつけかた を教えて下さい。
先日初めてBBQセットを買い自宅でまずためしたのですが、
炭に火がなかなかつきませんでした。
自宅なので簡単に、キッチンのガスコンロに直接、炭を火であぶったのですが、なかなかつきません。
5分程度あぶりっぱなしでやっと火がついたのですが、
それを5本ほどつけるのはとても時間がかかりますし、
BBQセットに炭を入れても炭にある火が広がるどころか狭くなり
肉がやけるほどの火力になりませんでした。結局あきらめホットプレートでBBQを下のですが、1時間後にほったらかしのBBQをみると、
炭全体に火がまわりやっとあつくなっていました。

教えていただきたいのは、炭の付け方を教えていただけないでしょうか?
少なくともガスガスコンロに5分程度あぶっただけでは、
ぎりぎり炭に火は付きますが全体にまで回りませんでした。
うちあわで10分程度あぶっても多少良い傾向でしたが
広く炭に火がいきわたりませんでした。

また、分かっていないのですが、炭だけでよいのでしょうか?
木片や添加剤など必要でしょうか? 
すみませんが、ご回答をお願いいたします。

以上

バーベキュー(BBQ)炭のつけかた を教えて下さい。
先日初めてBBQセットを買い自宅でまずためしたのですが、
炭に火がなかなかつきませんでした。
自宅なので簡単に、キッチンのガスコンロに直接、炭を火であぶったのですが、なかなかつきません。
5分程度あぶりっぱなしでやっと火がついたのですが、
それを5本ほどつけるのはとても時間がかかりますし、
BBQセットに炭を入れても炭にある火が広がるどころか狭くなり
肉がやけるほどの火力になりませんでした。結局あきらめホットプレートでBBQを下の...続きを読む

Aベストアンサー

何年も仕事で炭をおこしています。(バーナー等使っていますが)
大きめの炭だと勝手に思ってしまいました。
着火する炭(種火)は5センチぐらいの大きさで十分です。
大きければ割ってください。
小さい方が火力が上がりやすいです。
それを2~3個芯から真っ赤になるまでにしてください。
(火がついただけでは足りません)
それをBBQコンロの真ん中か風の入り口にくっつけておいてください。
(炭同士が加熱し合いますので)
その付近(出来れば上に)に火がついていない炭を並べます。
(炭同士は離さない事)
(熱は上に上がります)
必ずサイドや下からの種火への風の通り道は確保してください。
通り道がないと種火が死んでしまいます。
後は放置です。
速く火を回したい場合は場合は風の通り道から風を送る事です。
全体が赤くなればokです。

Q熱化学方程式-ヘスの法則:反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式が理解できません。

問)メタン、炭素(黒鉛)、水素の燃焼熱がそれぞれ890,394,286kJ/molであるとき、メタンの生成熱(kJ/mol)を求めよ。
ただし、メタンと水素が燃焼したときに生じる水は液体であるとする。
答え
CH4(気)+2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+890kJ
C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ
H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+286kJ
なので、メタンの生成熱をxkJ/molとおいて
反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式から、
890=(394+2*286)-x ⇔ x=76
∴ 76kJ
なのですが、生成物・反応物の下に生成熱を書きこむと
左辺が76kJ,0kJ、右辺が394kJ,2*286kJ,890kJで
右辺の方が圧倒的に熱量が大きいので、意味が分からなくなりました。
何故、反応熱Q=(反応物の生成熱の総和)-(生成物の生成熱の総和)でないのか教えてもらえませんか?

*別解(組み立て、エネルギー図)は理解できています。

Aベストアンサー

えっと....
メタンでのみ疑問に思いました? 例えば
C(黒鉛) + O2 (g) = CO2 (g) + 394 kJ
の生成物や反応物の下に生成熱を書き込んでみる (普通しないだろうけど, 「してはいけない」ということもないですよね) と
・左辺は (単体だけなので) 0 kJ
・右辺は 394 kJ と 394 kJ で 788 kJ
になるんだけど, 何かおかしいと思いませんか?
で何がおかしいかというと, 「各物質の下に熱量を書き込むのはいいとしても, 書き込むべき熱量は生成熱ではなく『その物質が持っている (単体からの相対的な) 熱量』でなければならない」ということに気付いていないんです.
つまり,
C + O2 = CO2 + 394 kJ
に対して書き込む熱量は (3つの物質それぞれに対し) 0 kJ, 0 kJ, -394 kJ であるべきです. これなら等号で成り立ちますね.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報