今、燃焼のシミュレーションをC言語を使用して、行いたいと思っています。
何にも知らない私でも理解できる、いい本をご存知の方。または、シミュレーションを行っている方がいましたら、ぜひ教えてください!!

A 回答 (1件)

どんな燃焼の何をシミュレ-ションなさりたいのでしょうか。



「燃焼の数値解析」や「燃焼のシミュレーションを」と言うだけでは何をなさりたいかが分かり難いと思います。

このあたりをハッキリされた方が,よい回答が得られると思います。

この回答への補足

 アドバイスありがとうございます。
 まだはっきり決まってないのですが、てんぷら油火災の際など、炎のまわりは天井に着火してからが早いといわれているので、出火~天井着火~燃え広がるまで。なんかできるでしょうか?教えてください。 

補足日時:2001/05/30 23:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの世界がシミュレーション仮説のようにシミュレーションである可能性はどのくらいありますか? またそれ

この世界がシミュレーション仮説のようにシミュレーションである可能性はどのくらいありますか? またそれを肯定する場合 根拠は何ですか?

Aベストアンサー

ネットゲームで遊んでいる時、もしかするとこの世の構造もネットゲームのようなものなのかもしれないと思うときが稀にあります。
何となくそう思うだけで確固たる根拠はありません。
似ている部分は多々あるような気はする、というだけのことです。
ですが、なぜそのように感じてしまうのか…そこだけは謎です。
なぜならその感覚はシミュレーション仮説が一般的に広まる前から感じていたことですので。
もしかするとシミュレーション仮説はそういった人間の感覚から検証が始まったのかもしれません。

Q発熱量(燃焼熱)が大きいものほど燃焼しやすいのはなぜ?

発熱量(燃焼熱)が大きいものほど燃焼しやすいのはなぜでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

ざっくばらんに言うと、酸化は温度が高いほど活発に行なわれるため、発熱量が多ければ(酸素が供給され続ければ)燃焼(酸化)は早く進む傾向があるということですかね。 

アルミニウムの例は間違えていますね。 スミマセン。 「燃焼しやすい」ってどういう意味? ということを決めないと、話が進まないという例で、発熱量云々の問題ではありませんでしたね。 

「燃焼しやすい=火がつきやすい」という話ならアルミニウムは簡単には火がつきませんけど、発熱量は大きいので、違うという例になります。

Q技術的特異点が来て人工知能が発達したらシミュレーション仮説のように宇宙をシミュレーションしたり 人間

技術的特異点が来て人工知能が発達したらシミュレーション仮説のように宇宙をシミュレーションしたり 人間が機械的なもので魂などないと証明するのでしょうか? そしてそれは私たちが生きている間に起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

>宇宙をシミュレーションしたり、、、。
それは今現在でも計算機でシミュレーションしています。

>人間が機械的なもので魂などないと証明するのでしょうか?
人間が機械的なもので魂などないと証明できないでしょう。

>そしてそれは私たちが生きている間に起こるのでしょうか?
貴方が生きているうち(100年以内)には起きないでしょう。

Q言語理論の文脈自由言語について

「オートマトン 言語理論 計算論I」という本(教科書)を読んでいます。
この本には演習問題がついているのですが、本を読んだだけでは解法が分らない上、
答えがついてないため、解けない問題が多く困っています。
(連休明けに試験があり、その範囲なんです。)

ある言語が文脈自由型ででないことを証明したいのですが、
反復補題(パンピングレンマ)を用いて背理法によるのだろうと思うのですが、
どのように仮定するかの方針が立たないのです。

具体的には次のような問題に対し、「…」のような仮定をしてみました。

a){a^i b^j c^k | i<j<k}
  「z=a^n b^(n+l) c^(n+m) (但し、m>l>0)」

しかし、下記のように背理法による矛盾が示せなかったのです。
どこで間違ったのかは分らないので、間違った個所を指摘していただきたいのです。

よろしくお願いします。

「言語を文脈自由言語と仮定する。
nをパンピングレンマの性質を持つ整数とし、
z=a^n b^(n+l) c^(n+m) (但し、m>l>0)とすると、
z∈L かつ |z|≧n が成立する。
したがって、パンピングレンマから
z=u v w x y (ux≠ε、|vwx|≦n)
と表され、かつ
u v^i w x^i y ∈ L
が成立する。
|vwy|≦n なので、vxがaとcの両方を含むことはない。
vxのパターンにより次の2つの場合を考える
(i)vxが一種類の文字だけからなる場合

(ii)vxが2種類の文字からなる場合」

ここまで書いたところで、
v=b、x=c
とすると、例えば、
u=a、w=bb、y=ccc
の場合を考えると、矛盾が導けないことに気付きました。

「オートマトン 言語理論 計算論I」という本(教科書)を読んでいます。
この本には演習問題がついているのですが、本を読んだだけでは解法が分らない上、
答えがついてないため、解けない問題が多く困っています。
(連休明けに試験があり、その範囲なんです。)

ある言語が文脈自由型ででないことを証明したいのですが、
反復補題(パンピングレンマ)を用いて背理法によるのだろうと思うのですが、
どのように仮定するかの方針が立たないのです。

具体的には次のような問題に対し、「…」のような...続きを読む

Aベストアンサー

連休明けに試験があるとのことで,もう手遅れかもしれませんが...

パンピングレンマですが,

z = uvwxy

となるu,v,w,x,yが1つは存在する,というものと思われます(あまり詳しくないです).

unicorn01さんが仮定したz=a^n b^(n+l) c^(n+m)に対して,v=bとなるものが存在するかというと,必ずしもそうではないのではないでしょうか.

実際,z=a^n b^(n+1) c^(n+2)に対して,v=bというものは存在しないですね.iが0の時にLに属さなくなりますので.

Q左利きの人の中には、右脳で言語を使う人がいるらしいですが、左脳で言語を

左利きの人の中には、右脳で言語を使う人がいるらしいですが、左脳で言語を使う場合と違いはあるのでしょうか?
それとも左右が逆になっているだけですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
左利きで右脳に言語野があるのは、言ってしまえば左右が逆になっただけです。では、もし何らかの違いがあるとしますならば、それは「左言語野の左利き」の方です。

我々の大脳半球は左右が機能分化しており、論理的な処理を行うのは「優位脳」、感性的な処理は「劣位脳」の機能とされています。右利きの大多数は左脳に言語野を持ち、こちら「優位脳」として使っています。左利きの半数は反対の右脳に言語野を持ち、ごく少数ですが左右両方に言語野のあるひともいます。
「右脳優位の左利き」といいますのは、右利きがそのまま反対になっただけであり、機能的には何の違いもありません。そして、この二つを合わせますと、洋の東西を問わず「優位脳の体側支配」が人類の圧倒的多数ということになります。これに対しまして、「左脳優位の左利き」といいますのは「劣位脳の体側支配」であり、少なくとも「利き手支配と言語機能が脳内で逆になっている」ということです。

では、このような「劣位脳の体側支配」が構造的な違いであるというのは分っているのですが、現在では言語機能の非対称や利き手の原因といったものがまだきちんと解明されていませんので、それがどのような影響を及ぼすかといった予測を立てることさえ困難と言わなければなりません。
つまり、良く「天才には左利きいが多い」などと言いますが、それが本当なのか嘘なのか、まだ科学では証明できないのであります。加えて、それが何らかの特徴として外に現れたケースというのはほとんどなく、研究はされているようですが、逆に言いますと、このような「劣位脳支配」のはっきりとした特徴を調べようとするならば、それはよほど特殊な課題でも与えなければ検出することができないといったレベルなのではないかと思います。
ですから、これが長い人生のうちに積もり積もって人格形成などに影響を与えるといったことがないとは言い切れませんが、その特徴が世間一般十人十色の個人差を超えて外に現れ出るということは恐らくなく、あまつさえ、「もしかしたらこの子は天才!」などといった期待はくれぐれも持たない方が良いと思います。

世の中の物や造りはみな右利きになっています。ですから、左利きの人が何かと器用なのは、それに対処するためだと思います。右利きでは体験できないことを仕方なくするわけですから、ちょっとした身のこなしや考え方にも機転の利くひとが多いのではないでしょうか。ただ、グローブやゴルフクラブを友達から借りられないというのは不便ですよね。

こんにちは。
左利きで右脳に言語野があるのは、言ってしまえば左右が逆になっただけです。では、もし何らかの違いがあるとしますならば、それは「左言語野の左利き」の方です。

我々の大脳半球は左右が機能分化しており、論理的な処理を行うのは「優位脳」、感性的な処理は「劣位脳」の機能とされています。右利きの大多数は左脳に言語野を持ち、こちら「優位脳」として使っています。左利きの半数は反対の右脳に言語野を持ち、ごく少数ですが左右両方に言語野のあるひともいます。
「右脳優位の左利き」と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報