柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

一般社団法人の定款を一般社団法人の社員以外の者が閲覧する事はできますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律


(定款の備置き及び閲覧等)
第十四条 設立時社員(一般社団法人の成立後にあっては、当該一般社団法人)
 は、定款を設立時社員が定めた場所(一般社団法人の成立後にあっては、その
 主たる事務所及び従たる事務所)に備え置かなければならない。
2 設立時社員(一般社団法人の成立後にあっては、その社員及び債権者)は、
 設立時社員が定めた時間(一般社団法人の成立後にあっては、その業務時間)
 内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。ただし、第二号又は第
 四号に掲げる請求をするには、設立時社員(一般社団法人の成立後にあっては、
 当該一般社団法人)の定めた費用を支払わなければならない。
 一 定款が書面をもって作成されているときは、当該書面の閲覧の請求
 二 前号の書面の謄本又は抄本の交付の請求
 三 定款が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録
  された事項を法務省令で定める方法により表示したものの閲覧の請求
 四 前号の電磁的記録に記録された事項を電磁的方法(電子情報処理組織を
  使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法であって法務省令で
  定めるものをいう。以下同じ。)であって設立時社員(一般社団法人の成立
  後にあっては、当該一般社団法人)の定めたものにより提供することの請求
  又はその事項を記載した書面の交付の請求
3 定款が電磁的記録をもって作成されている場合であって、従たる事務所に
 おける前項第三号及び第四号に掲げる請求に応じることを可能とするための
 措置として法務省令で定めるものをとっている一般社団法人についての第一項
 の規定の適用については、同項中「主たる事務所及び従たる事務所」とあるの
 は、「主たる事務所」とする。

ということで,社員(働いている職員ではありません)以外では,
債権者に閲覧等の請求権があると法定されています。

ですがその法人がホームページを持っている場合,
そのホームページ内で定款を公開していることもあります。

また,定款の記載事項の一部は登記事項になっているので,
その範囲であれば法務局(登記所)で登記事項証明書を取得することにより,
その内容を確認することが可能です。
(登記事項は一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第301条参照)

なお,従来の社団法人と異なり一般社団法人の設立に許認可は不要ですので,
自治体に請求というのは無理ではないかと…
NPO法人ならできたと思いましたけど…
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返事遅くなって済みません。詳しく丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/10/17 11:12

団体としての登記が為されているかどうかとか登記の内容をお知りになりたいのなら「法務局」です。



「定款」を確認するには、社団法人の許認可を与えている自治体に「情報公開請求」をすれば良いでしょう。

社員以外の者でも「情報公開請求」に基づき閲覧、資料を手にすることは可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなって済みません。回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/10/17 11:13

一番簡単な方法は若干費用がかかりますが、その法人の登記簿謄本を法務局で請求すれば謄本に記載されています。

    • good
    • 0

一般社団法人の定款が書面にて作成されている場合には、その書面の閲覧請求は無料で出来ます。

定款謄本の交付を請求する場合には費用を支払うことになります。これは電磁的記録にて作成した電子定款を書面にて交付してもらう場合も同様に費用がかかります。

つまりそれ以外の物は請求権が無いので見れません。

この回答への補足

定款謄本の交付や電磁的記録にて作成した電子定款を書面にて交付の請求はどこですればよいのですか?
また費用はいくらぐらいかかるものですか?

補足日時:2013/10/17 11:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅くなって済みません。回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/10/17 11:15

一般社団法人の定款が書面にて作成されている場合には、その書面の閲覧請求は無料で出来ます。

定款謄本の交付を請求する場合には費用を支払うことになります。これは電磁的記録にて作成した電子定款を書面にて交付してもらう場合も同様に費用がかかります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他社の定款の目的をみる方法は?

会社の定款の目的を変更しようとしているのですが、他社の定款の目的を参考にして、変更と考えています。他社の定款の目的を参照する方法には、どんな方法がありますか
?教えて下さい。

Aベストアンサー

お近くの法務局(登記所)へ行き、類似商号調査用の会社名一覧表を閲覧すればよろしいでしょう。類似商号確認のための閲覧は無料です。

手続きは参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.296kaisha.com/houmu_ruijishougou.html

Q協同組合の定款を閲覧したいのですが。

協同組合の一組合員です。
臨時総会にむけて、組合の定款の閲覧を希望しました。
私は、臨時総会が開催される場所で、開催の前に閲覧を希望しました。
理由は、協同組合の事務所に出向いて、臨時総会に参加するより、移動の手間がかからないからです。
組合事務所から、定款は持ち出すことができないと、主たる事務所での閲覧以外は拒否されました。
そのように法律で定まっているのでしょうか?
中小企業等協同組合法の第34条の2が送信されてきましたが、
よくわかりません。
詳しい方、どなたか教えて頂けませんでしょうか

Aベストアンサー

 組合事務所から、定款は持ち出すことができないのは嘘です。そのような法律は存在しません。ただし共済規定にそのような規定があれば別ですが・・

 別に、謄写の請求をすればいいのでけどね
 


(定款の備置き及び閲覧等)
第34条の2 組合は、定款及び規約(共済事業を行う組合にあつては、定款、規約及び共済規程又は火災共済規程)(以下この条において「定款等」という。)を各事務所に備え置かなければならない。
《追加》平17法087
《改正》平18法075
2 組合員及び組合の債権者は、組合に対して、その業務取扱時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。この場合においては、組合は、正当な理由がないのにこれを拒んではならない。
一 定款等が書面をもつて作成されているときは、当該書面の閲覧又は謄写の請求
二 定款等が電磁的記録をもつて作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を主務省令で定める方法により表示したものの閲覧又は謄写の請求
《追加》平17法087
3 定款等が電磁的記録をもつて作成されている場合であつて、各事務所(主たる事務所を除く。)における前項第2号に掲げる請求に応じることを可能とするための措置として主務省令で定めるものをとつている組合についての第1項の規定の適用については、同項中「各事務所」とあるのは、「主たる事務所」とする。

 組合事務所から、定款は持ち出すことができないのは嘘です。そのような法律は存在しません。ただし共済規定にそのような規定があれば別ですが・・

 別に、謄写の請求をすればいいのでけどね
 


(定款の備置き及び閲覧等)
第34条の2 組合は、定款及び規約(共済事業を行う組合にあつては、定款、規約及び共済規程又は火災共済規程)(以下この条において「定款等」という。)を各事務所に備え置かなければならない。
《追加》平17法087
《改正》平18法075
2 組合員及び組合の債権者は、組合に対して、...続きを読む

Q一般社団法人の責任はだれが取るの?

一般社団法人は出資ゼロでも設立できるようですが、責任関係はどうなるのでしょうか。有限責任でその時有していた財産のみ返済すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

 一般社団法人社員の責任については,一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般社団法人法」という。)27条に,「社員は、定款で定めるところにより、一般社団法人に対し、経費を支払う義務を負う。」と定められているのみです。

 また,一般社団法人法には,無限責任社員の責任について定めた会社法580条のような規定はありません。

 よって,一般社団法人社員の責任は,有限責任といえます。

 なお,同法人の役員等がその職務を行うに当たって悪意又は重過失が合った場合に第三者に生じた損害を賠償する責任を負う(一般社団法人法117条)ことは,また別問題です。


【一般社団法人及び一般財団法人に関する法律】
http://law.e-gov.go.jp/announce/H18HO048.html

Q一般社団法人の検索について

先日お会いした方からいただいた名刺が『一般社団法人日本〇〇〇〇』と書いてあり
会話の内容もちょっと怪しかったので調べてみました。

登記はしてありました。(H24年設立)
ただ社団法人検索サイトで検索しても名前も出てこないし普通に検索しても何も名前が引っかからない
のでまともなとことは思えないのですが、詳しく調べる方法はありますでしょうか?

お金のかかる話なのでちゃんと素性を調べたいのですが何も出てこなくて悩んでます。

詳しくわかる方、回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

社団法人(一般→公益)の常任理事を長く務めたことがあります。

かつての社団法人は、設立自体が厳しく、それぞれの所轄官庁が決算の監査などを通じて、監査していました。
10年ほど前に、社団法人・財団法人の許認可制度が厳しくなり、所轄官庁が認める社団法人を、
公益社団法人と称するようになりました。

従来の社団の中で、公益に移行した社団は限られています。多くが、一般社団法人のままというのが、現状でした。
公益社団法人の認可条件が非常に厳しかったためですが、
一方で、社団法人は誰でも作れるようになった、という経緯があります。

現在、平成28年ですから、平成22年前後から設立された社団法人の中には、従来の一定数の会員数を持ち、
特定の目的のために活動する団体という定義が当てはまらない社団が少なからずあるのが事実です。

社団法人だからと、軽々に信用するのは、若干問題があると思います。
社団である以上、定款と事務局が存在するはずですから、それらを精査の上、
判断されるのが賢明と考える次第です。

参考までに。

Q有限会社の代表取締役と取締役

取締役とか代表取締役など役職がありますが、昔商法のお話しを聞いたときに「有限会社は取締役は対外的な代表権を取締役一人一人もつ」とききましたが、現実に代表取締役を置いていても同じことが言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

取締役は何人いても良いんでしょうが、代表取締役はその中の代表者であって一人しかいないと思います、又取締役が一人しかいない場合は代表取締役という存在せずに取締役○○様になると思います。

Q一般社団法人の監督官庁とは?

こんにちは。よろしくお願いします。
平成25年4月に、一般社団法人の認可を受けた団体の役員をやっております。

平成23年にある団体の事務員が、業務上横領で逮捕された事件があって、
特例民法法人時代ですので、県庁から、通知がありました。

『重大な問題がある場合は、主務官庁である知事に報告しなさい』という趣旨の
通知でした。

去年ですが、その文書を持ってして、問題があるから、
監督官庁に報告する。と、言っている方が居ます。
(重大な問題でなく、手当の問題で、それも数千円単位。)

特例民法法人時代なので、
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律 抄
(平成十八年六月二日法律第五十号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO050.html

特例民法法人の業務の監督(第九十五条―第九十七条)
がありますから、知事に報告すると云う事なんですが、

一般社団法人になることによって、業務の監督というのは、
変わったんじゃないかと思います。

旧民法第67条(法人の業務の監督)
1 法人の業務は、主務官庁の監督に属する。
2 主務官庁は、法人に対し、監督上必要な命令をすることができる。
3 主務官庁は、職権で、いつでも法人の業務及び財産の状況を検査することができる。

とありますが、この旧民法第67条は削除されたと聞いております。

民法条文解説.com
http://www.minnpou-sousoku.com/category/article/3/67.html
によると、
『2008年の民法改正以降の本条に対応する新規定は、特にありません。
ただし、主務官庁ではなく裁判所による監督の規定として、
法人法第47条・第86条・第87条などが規定されています。』
です。


一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
(平成十八年六月二日法律第四十八号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO048.html

第47条は、(裁判所による社員総会招集等の決定) ですし、
第86条…(業務の執行に関する検査役の選任)
第87条…(裁判所による社員総会招集等の決定)
でした。

と言うことで、
現在は、一般社団法人になっているので、
監督官庁というのは、知事ではないから、知事に報告する意味はないと思います。
問題があれば、
地裁に訴えなければ、ならないという解釈でいいのでしょうか?

こんにちは。よろしくお願いします。
平成25年4月に、一般社団法人の認可を受けた団体の役員をやっております。

平成23年にある団体の事務員が、業務上横領で逮捕された事件があって、
特例民法法人時代ですので、県庁から、通知がありました。

『重大な問題がある場合は、主務官庁である知事に報告しなさい』という趣旨の
通知でした。

去年ですが、その文書を持ってして、問題があるから、
監督官庁に報告する。と、言っている方が居ます。
(重大な問題でなく、手当の問題で、それも数千円単位。)

特例民法...続きを読む

Aベストアンサー

>一般社団法人になることによって、業務の監督というのは、変わったんじゃないかと思います。

移行の認可をした行政庁が、移行した一般社団法人の公益目的支出計画の実施が完了したことを確認するまでは、公益目的支出計画の履行がなされているかについて、認可行政庁の監督を受けます。


一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

(通常の一般社団法人又は一般財団法人への移行)
第四十五条  特例社団法人又は特例財団法人は、移行期間内に、第五款の定めるところにより、行政庁の認可を受け、それぞれ通常の一般社団法人又は一般財団法人となることができる。

(移行期間の満了による解散等)
第四十六条  移行期間内に第四十四条の認定又は前条の認可を受けなかった特例民法法人は、移行期間の満了の日に解散したものとみなす。ただし、第四十四条の認定又は前条の認可の申請があった場合において、移行期間の満了の日までに当該申請に対する処分がされないときは、この限りでない。
2  前項本文の場合には、第九十六条第一項に規定する旧主務官庁(以下この款及び次款において単に「旧主務官庁」という。)は、前項本文の日後遅滞なく、同項本文の規定により解散したものとみなされた特例民法法人の主たる事務所の所在地を管轄する登記所に解散の登記を嘱託しなければならない。

(行政庁)
第四十七条  この節における行政庁は、次の各号に掲げる特例民法法人の区分に応じ、当該各号に定める内閣総理大臣又は都道府県知事とする。
一  次に掲げる特例民法法人 内閣総理大臣
イ 二以上の都道府県の区域内に事務所を設置するもの
ロ 第四十四条の認定を受ける特例民法法人にあっては、公益目的事業を二以上の都道府県の区域内において行う旨を定款又は第百三条第二項第二号の定款の変更の案で定めるもの
ハ 第四十五条の認可を受ける特例民法法人(第百十九条第一項に規定する公益目的支出計画において同条第二項第一号イ又はハに規定する事業を定めるものに限る。)にあっては、当該事業を二以上の都道府県の区域内において行う旨を定款又は第百二十条第二項第二号の定款の変更の案で定めるもの
ニ 第四十五条の認可を受ける特例民法法人(ハに掲げるもの以外のものに限る。)にあっては、同条の認可の申請の際における旧主務官庁が旧民法第八十四条の二第一項に規定する都道府県の執行機関でないもの
ホ ロに規定する特例民法法人にあっては公益目的事業、ハに規定する特例民法法人にあっては第百十九条第二項第一号イ又はハに規定する事業が国の事務又は事業と密接な関連を有する事業であって政令で定めるものであるもの
二  前号に掲げる特例民法法人以外の特例民法法人 その事務所が所在する都道府県の知事


(移行法人の義務等)
第百二十三条  第百二十一条第一項において読み替えて準用する第百六条第一項の登記をした一般社団法人又は一般財団法人であってその作成した公益目的支出計画の実施について次条の確認を受けていないもの(以下この節において「移行法人」という。)は、同条の確認を受けるまで、公益目的支出計画(第百二十五条第一項の変更の認可を受けたときは、その変更後のもの。以下この款において同じ。)に定めたところに従って第百十九条第二項第一号の支出をしなければならない。
2  第四十五条の認可をした行政庁(以下この節において「認可行政庁」という。)は、移行法人の公益目的支出計画の履行を確保するために必要な範囲内において、移行法人を監督するものとする。

(公益目的支出計画の実施が完了したことの確認)
第百二十四条  移行法人は、第百十九条第二項第一号の支出により公益目的財産残額が零となったときは、内閣府令で定めるところにより、認可行政庁に公益目的支出計画の実施が完了したことの確認を求めることができる。

(報告及び検査)
第百二十八条  認可行政庁は、移行法人が次のいずれかに該当すると疑うに足りる相当な理由があるときは、この款の規定の施行に必要な限度において、移行法人に対し、その業務若しくは財産の状況に関し報告を求め、又はその職員に、当該移行法人の事務所に立ち入り、その業務若しくは財産の状況若しくは帳簿、書類その他の物件を検査させ、若しくは関係者に質問させることができる。
一  正当な理由がなく、第百十九条第二項第一号の支出をしないこと。
二  各事業年度ごとの第百十九条第二項第一号の支出が、公益目的支出計画に定めた支出に比して著しく少ないこと。
三  公益目的財産残額に比して当該移行法人の貸借対照表上の純資産額が著しく少ないにもかかわらず、第百二十五条第一項の変更の認可を受けず、将来における公益目的支出計画の実施に支障が生ずるおそれがあること。
2  前項の規定による立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者の請求があったときは、これを提示しなければならない。
3  第一項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。

(勧告及び命令)
第百二十九条  認可行政庁は、移行法人が前条第一項各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該移行法人に対し、期限を定めて、必要な措置をとるべき旨の勧告をすることができる。
2  認可行政庁は、前項の勧告を受けた移行法人が、正当な理由がなく、その勧告に係る措置をとらなかったときは、当該移行法人に対し、その勧告に係る措置をとるべきことを命ずることができる。

>一般社団法人になることによって、業務の監督というのは、変わったんじゃないかと思います。

移行の認可をした行政庁が、移行した一般社団法人の公益目的支出計画の実施が完了したことを確認するまでは、公益目的支出計画の履行がなされているかについて、認可行政庁の監督を受けます。


一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

(通常の一般社団法人又は一般財団法人への移行)
第四十五条  特例社団法人...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。

Q「啓蒙」と「啓発」

ある認識を「一般に広めたい」活動をするとき
・○○の啓蒙活動
・○○の啓発活動
どちらが良いでしょうか?

「○○」部分が、やや学術的な内容だったので
「啓蒙活動」という記述にしたら、
その文書の受領先から、
「<啓発>の方がいい」といわれました。
(聞きづてのため理由不明)
「啓蒙」だとエラそーな(上からものを言うような)
感じで受けてとめられるのか、とも思いますが、
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

少し聞いたことがあるのですが、
「啓蒙」というのは知識のない人に対して、そのことに関する「知識」を授けることで、「啓発」は知識の有無に関係なく、それまで気づいていなかったことを「気づかせる」といったような意味であったと思います。
ある意味「啓蒙」は、相手を無知扱いすることになりかねませんので、受領先様の真意はそのあたりではないでしょうか。
そういった意味で、経験上、官公庁などでは「啓発」という文言を好まれる傾向にあるようです。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報