【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

下記の記事、
http://eric333.exblog.jp/20445055
直接コメント書き込み欄がないので、同じ傘下のこちらに書かせていただきました。

この記事に反論があります。
1)ダイポールアンテの共振点は給電点インピーダンスで75オームです(ずれは僅か)。※1
2)同記事の下方で「良し」として示される「h型アンテナ」のエレメントは垂直ですが、このエレメントだけを水平にすると「ダイポールアンテナに同軸ケーブル直結」と全く同じになります。元々原理は同じです。※2

結論としては、「ダイポールアンテナと同軸ケーブルの直結」は「h型アンテナ」と同じ原理であり、「問題ない」です。
このときのインピーダンスマッチングは周波数に依存するため、マッチングした周波数が受信利用できる周波数帯、と言うことになります。

皆様はどのように捉えられたでしょうか。

趣味としての地デジ受信を目指しての自作アンテナであれば、あまり気にせずに気楽に作ってみるのが(とにかくはやってみるのが)、こういう分野(趣味)の入り口第一歩です。

#### おまけ
※1 この僅かなずれが許されずにマッチングを取る(VSWRを1.0に近づける)とすれば、TV電波のように広い帯域は、複数局を一つのアンテナで受信できなくなります。逆な言い方をすれば、マッチングをわざとずらして広帯域受信を実現しています。市販品の多素子化はゲインを得るのではなく、広帯域化というのが本来の目的でしょう。
※2「h型アンテナ」に於ける注意点としては、(上向きの)芯線側に被覆を残した場合や下側を網線折り返し(スリーブアンテナ)とした場合はそれぞれに近接する絶縁体誘電率が影響するため、絶縁体の速度係数(1以下)を乗じた値の長さに調整する必要があります。また、ダイポールアンテナは、(水平偏波地域では)水平に設置しますが、h型アンテナもダイポールアンテナと同じ様に(同じなので)横にする必要があります。
※このほかの問題点はバラン変換ですが、当該記事では触れられていないので割愛します。
## うぅ~ん、ジャンル選択が難しい…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

…送信しなきゃ実用上十分ではありますが。



>理由は難しく言うとアンテナと受像機側のインピーダンスが合わないからですね。

 書いた人の理解がちょっと微妙か、という気はしますね。インピーダンス的にはご指摘の通りほぼ一致しているはずなので(まさか50Ω系給電じゃないでしょう)。ダイポールがNGでh型アンテナがOKとするからには、指摘すべきは平衡-不平衡の問題でしょう(h型なら実態としてバランス取れてないので逆に直接不平衡給電向きに出来ない事もないかと)。

>元々原理は同じです。

 h型はGroundPlaneの特殊解と捉える方が一般的なんじゃないかと考えますが。

>趣味としての地デジ受信を目指しての自作アンテナであれば、あまり気にせずに気楽に
>作ってみるのが(とにかくはやってみるのが)、こういう分野(趣味)の入り口第一歩です。

 突き詰めると問題もあるという認識は持っておいた方がいいかも知れませんね。実用上は問題ないにしても。

この回答への補足

> h型はGroundPlaneの特殊解と捉える方が一般的なんじゃないかと考えますが。
改めてウィキペディア百科事典で調べてみたらその通りで、「インピーダンスが約37Ωの不平衡アンテナであり…」とありました。ダイポール75Ω(実際には若干低い)の1/2になるようです。
となれば、h型は地デジ受信機器(一般的には75Ω系)にはバランではなくインピーダンス整合が必須となります。

元記事にあるh型の絵で、下側エレメントがケーブルから離れているので「ダイポール」と比較しました。
実際、網線折り返しではなく網線を取り出しての単独棒状にした場合はダイポールなので…

> 突き詰めると問題もあるという認識は持っておいた方がいいかも知れませんね。
重々承知しております。趣味として長い時間付き合うことでいくつかの問題も選別対応しています(製品開発ではこうはいきませんが)。

ありがとうございました。

補足日時:2013/10/21 19:21
    • good
    • 0

ダイポールアンテナを理想的な状態で設置できれば、同軸ケーブルと直接接続してもあまり問題は生じません。

 周囲に何もない屋上の高いポールの上に設置するような場合です。
 しかし、アンテナ付近に余計なものがあると、左右の素子のバランスに影響を与えます。
その結果、、左右の素子の電流値に差が生じます。 この差電流は同軸ケーブル外側導体にながれ、ケーブルがアンテナと化します。 すなわち、どこまでがアンテナで、どこまでがケーブルなのかわからない状態となります。 こうなると、たとえば、素子の長さを調整して共振点を変えようとしても、思った通りになりません。 当然、マッチングやゲインなどにも影響があります。
    • good
    • 0

 私としては、半波長折り返しダイポールアンテナにして、300Ω平衡-75Ω不平衡変換用マッチングトランスを入れてから同軸ケーブルに接続したくなるなあ。

少しは広帯域受信できそうなので。
 それと、UHF帯は地上からの高さによって受信強度が大きく変わるので、高さ調節しやすいアンテナマストに取り付けたくなるなあ。
 あと、できれば受信していないときはアンテナを隠せるように細工もしたくなるし…。(NHK対策)

この回答への補足

両端折り返しダイポールは組み立てやすいので採用しています。
両端折り返し(300Ω)や片端折り返し(150Ω)のいづれでも給電インピーダンスは反射器(1本)と導波器(1本以上)があれば、その長さ・取り付け間隔調整で75Ωに追い込むことが出来ます。
広帯域化は、執拗にVSWRやGAIN、F/Bを追いかけないことでしょう。
バランはあってもなくても大差無しです。但し、給電ケーブルと各エレメントととの近接では特性劣化がありますが。
地上高(或いは屋根高)は地デジTV周波数は高いので、アンテナマストは用いずに、2階(以上の)窓外で充分です。
○○対策は、塩ビ管13で組み立てて窓(張り出し)取り付けなので、必要な時だけ取り付けや暴風雨時の取り入れが容易です。
見た目もアマチュア的なので(業界人からは)注目もされません。

以上は専用測定器による計測ではなくシミュレータ(ソフト)確認と経験上の感覚的なものですが、ご参考まで。

ありがとうございました。

補足日時:2013/10/21 19:53
    • good
    • 1

精密な測定でもなければVSWRが1.25程度のずれは大きな問題でないのは確かです。


しかし、問題はそこでは有りません。
ダイポールアンテナは平衡給電で使用するものですが、同軸ケーブルは不平衡給電になります。
ダイポールアンテナと同軸ケーブルを直接接続するとダイポールアンテナの左右の素子の電流バランスに差が発生し、アンテナパターンが乱れるなどして本来の性能とは異なったものになります。

その為、ダイポールアンテナと同軸ケーブルを接続する際には「バラン(バランス‐アンバランス変換)」を挿入します。
http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H15/html/H1508 …
http://www.geocities.jp/gomafu_club/ham/wireant/ …
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/14/14981/149 …

この回答への補足

原文の文末 
※このほかの問題点はバラン変換ですが、当該記事では触れられていないので割愛します。

補足日時:2013/10/21 18:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハム用ダイポールアンテナの作り方

倉庫からKENPROのKA-50と言う、昔使っていたバランが出てきました。
これを使って、7,14,21MH帯のオールバンドダイポールアンテナを作って見たいと考えています。
そこで、製作、調整方法の詳細が記載されているサイトがありましたらご紹介願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)貴殿のそのアンテナは、一般的に何と言う名のアンテナでしょうか。
ダイポールだと思います。 
ただ、給電点より両端の高さが若干低いので、厳密にはダイポールに近いインバーテッドVでしょうね。

給電点での折り曲げ角度を大きくして、逆Vの形に近づけると、素子方向に放射する傾向が強くなるため、無指向性アンテナのような性質に近づきます。
全方位を受信したい場合には逆Vは有利かもしれません。ただし、エレメントの端は電圧最大となるので、注意が必要です。


(2)例えば後でバンドを追加してエレメントを増やした場合は、すべてのVSWRの再調整は必要になるのでしょうね。

私は経験則のみで考えています。しかも無線をやめて久しいのではっきりとわかりません。
ただし、VSWRは、他のエレメントからの反射波の影響も受けますので、VSWRが最小になる周波数でも下がらなくなる可能性はあると思います。
最近は、回路シミュレータでVSWRのシミュレーションをしてみることも出来ますね。

Qアンテナの自作

住んでいる地域が弱電界地域にも関わらず、とりあえず
「NHKと地元の局だけ映ればいいや」と思って室内用の地デジアンテナを買ったのですが、NHKの教育が何とかアンテナを持って視聴出来る状態であります・・・。(アンテナ置いたら無理)

別の部屋にはアンテナの線が来ているのですが、今回テレビを設置した箇所にはアンテナ線が来ていません。別の部屋からケーブルを引いてくるにしても結構な労力と配線の取り回しが面倒だと思ったので、買ってきた安い室内アンテナをオモチャにして自作でもしようかと思った次第であります。

地デジ用のアンテナはループアンテナで、「こんなんでほんとに受信できんのか?」と思うくらいチープな作りで、「もしかしたら改造できるかも?」と思ったのですが、簡単に行くものでしょうか。

作り方、もしくは作り方を詳しく載せているサイトを教えてください。

Aベストアンサー

好奇心は大事なことです。
しかしテレビの弱電界といういわば過疎地でべてらんでも苦労する自作アンテナでうまくテレビが映ればアンテナ業者など存在する必要がありません。

お気持ちは尊重しますが、バカことはやめてブースタと小型アンテナを買いなさいとオススメします。

地上デジタルはゴーストが無いので、方向が違っていいからとにかく電波をアンテナでかき集めることを考えてください。
指向性が鋭いアンテナは調整がシビアですからやめましょう。

どうしても自作したいならヘンテナというアンテナで作ってみてください
八木アンテナ並みの利得があり、同軸ケーブルもハンダツケして接続できます。

検索サイトでUHFヘンテナ自作 と入力すれば先輩の記事がみつかると思います。
その他自作アンテナのサイト
http://cyoiwaza.blog76.fc2.com/blog-entry-33.html
http://plaza.rakuten.co.jp/gombei1970/diary/200803200001/
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/dkbcp604/hen/
http://o-oy.blogzine.jp/blog/2010/01/post_d35f.html
http://shiyuan55.blog.so-net.ne.jp/2008-08-14
などが参考になると思いますよ

好奇心は大事なことです。
しかしテレビの弱電界といういわば過疎地でべてらんでも苦労する自作アンテナでうまくテレビが映ればアンテナ業者など存在する必要がありません。

お気持ちは尊重しますが、バカことはやめてブースタと小型アンテナを買いなさいとオススメします。

地上デジタルはゴーストが無いので、方向が違っていいからとにかく電波をアンテナでかき集めることを考えてください。
指向性が鋭いアンテナは調整がシビアですからやめましょう。

どうしても自作したいならヘンテナというアンテナで作...続きを読む

Qアンテナ線の75Ωと300Ωの違い

アンテナ線の75Ωと300Ωの違いは、何なんでしょうか?
何が75Ωと300Ωなのでしょうか?アマチュア無線では、
50Ωいうのも聞きます。
周波数や配線の距離にも関係するのでしょうか?
大変初歩的な質問ですが、お教え下さい。

Aベストアンサー

補足ですが。

同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は300Ωベースで設計され、内部にマッチングトランスを内蔵して、使用用途に合わせ変更が出来ます。


UHFアンテナの大半は200Ωで設計され200フィーダーと同軸が接続できます。
その名残が少し古いCTV、VTRに残って背面に300Ωの端子があります。
ケーブルが同軸で接続端子が300の場合はマッチャーを用いインピーダンス変換をします。

今は、アンテナからの信号は混合され、CTV、VTR内部にセパレーターが内蔵され殆どフィーダーは使用されていません。

参考
市販されているFMのアンテナで300Ωのフィーダーを使用している物があります。T字形したアンテナのエレメントとなる-の両端は短絡され折り返しダイポールアンテナで300にマッチングしています。
アンテナ関係はアマチュア無線の本を読まれると良いと思います。
テレビ関係であれば、家庭電子機器を参考にして下さい。

補足ですが。

同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。
正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。
電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。

今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は30...続きを読む

Qバラン、ダイポールアンテナ…?教えてください。。。

こんにちは!
全くと言っていいほど知識が無い為表現などがおかしかったり、何をしたいのかなど分からなく読みにくいかもしれませんが、どうか宜しくお願いします。。。

送信側:SG-同軸ケーブル-アンテナ →(電波)→ アンテナ-同軸ケーブル-スペアナ:受信側

上記の様に接続して受信電力を見てみようと思っています。(測定周波数は1GHz~3GHzくらいで、周波数に合ったアンテナに変えながらやります)
このアンテナはダイポールアンテナ(?)らしいのですが、言ってしまえば金属の棒一本で、直接同軸ケーブルを接続してます。
ダイポールアンテナって、同じ長さのアンテナを2個横に並べて間にバランが付いているものだと思っていたのですが…。

とりあえず、アンテナのみ(ただの棒?)、アンテナに金属板の地板(モノポール?)、アンテナ+バラン+アンテナ(ダイポール?)の3パターンで受信電力の差を見ようとしています。

この結果を見て何かをしようというわけではありません。ただ、どのくらい変わるのかなんとなく気になったのもので…。

しかし、使おうとしているバランの特性が不明だったり、地板も適切な大きさが分からないのでやる意味があるかはなんとも…。
また、バランをネットで検索してもGHz帯に対応してるバランは見つけれませんでした。。。数百MHz帯がほとんどです。

1GHz~3GHzくらいで対応してるバランはあるのでしょうか?



------------------------------------
ダイポールアンテナは○○というもので、バランは◇◇というもの・・・の様な説明だけでも構いません!
意味が分からないのでまずは○○を見て勉強して!という回答でも構いません!

宜しくお願い致します。。。

こんにちは!
全くと言っていいほど知識が無い為表現などがおかしかったり、何をしたいのかなど分からなく読みにくいかもしれませんが、どうか宜しくお願いします。。。

送信側:SG-同軸ケーブル-アンテナ →(電波)→ アンテナ-同軸ケーブル-スペアナ:受信側

上記の様に接続して受信電力を見てみようと思っています。(測定周波数は1GHz~3GHzくらいで、周波数に合ったアンテナに変えながらやります)
このアンテナはダイポールアンテナ(?)らしいのですが、言ってしまえば金属の棒一本で、直接同軸ケーブ...続きを読む

Aベストアンサー

GHz以上のバランもあることはありますし、通販業者から一個単位で買うことは出来ます。リンクをご覧ください。
しかし、ご所望のような広帯域のものはニーズが無いので、自分で作るしかないでしょうね。
とはいえ、一部にニーズがあるので、先に回答された方がお書きの広帯域用既製品もあります。EMC試験用に各種発売されています。1~18GHzフルカバーのダブルリッジガイドホーンアンテナなんてのもあります。個人がおいそれと買える額ではありませんが。

とりあえずやってみたいだけなら、バラン無しでも動きます。
あまり厳密な解析とか校正を求めておられないようですので、気にしなくて良いのではないでしょうか。
アンテナの校正を本気でやろうとしたら、高度な専門知識とそれなりの設備が必要となります。測定器はお持ちのようですので、測定サイトは20万円/日くらいから借りられますけどね。

参考URL:http://www.tdk.co.jp/tjfx01/j8balun_hhm.pdf

QFM放送を室内でキレイに聞くにはそうしたらよいでしょうか?

どの家もそうやと思うんですがFMの入りが悪いです。電波障害地域では無いので入るはずなんですが・・・。
持ってるコンポにはAM用のアンテナとFM用のアンテナが付いてました。FM用はアンテナケーブルのみ。現在コンポを窓際に置き、アンテナケーブルを外に出してますが局によって聞こえが悪いです。
昔の話ですが、アンテナとしてコンセントの接地側コンセントから電波を貰っていたと聞いたことがあります。実際にやっていたという声も聞きました。それでいけるんやったらコンポってアンテナレスが可能やと思うんですが、どうなんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンポのマニュアルにFM簡易アンテナって書いていませんでしたか?

今お使いのFMアンテナは、正式なアンテナを取り付けるまでのつなぎとして使用するものです。
FM放送を受信するには、それなりのアンテナが必要です。

文章から関西圏の方とお見受けしますが、大阪湾沿岸部以外は、受信状態が不安定な地域が多いですよ。
特に奈良県南部や和歌山県では、かなり受信状態が悪いですから、専用アンテナが必要です。

とりあえずテレビに接続しているアンテナ線をつないでください。
受信状態が改善されることがあります。
またCATVに加入されている場合、FM放送が再送信されていますので、もっとも安定した受信状態になります。
但し周波数変換しているかもしれませんから注意が必要です。

Q1波長ループアンテナの指向特性について判然としない所があります。

1波長ループアンテナの指向特性について判然としない所があります。
1.偏波面について。
   ループ面を地表と平行に寝かせた時は水平偏波と考えて良いでしょうか?
2.指向特性。
   ループ面の方向には無指向性と考えていいのでしょうか?
   または、給電点から+-90度の方向にnull点があるのでしょうか。
   ループ面と直角の方向は一番感度が悪いと考えていいのでしょうか。

ご存知の方、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

#1、#2の回答を書いた者です。 #2の訂正により主張の明確性を欠いたかもしれませんが、以下の点に御配慮願いたいだけで、#1の大枠に訂正はありません。 一波長に近いループであれば「磁界より電界放射優勢」という表現が、まるで磁界が無視し得る程小さいという記述に見えるため訂正しただけです。 「磁界にも増して電界放射優勢」あるいは「磁界と同等に電界放射も優勢」という感じかもしれません。 

電気双極子としての放射指向性については明らかだと思います。 しかし磁界由来の放射が無視できないとなれば、給電点から90度方位への放射の減少の理由を述べる必要があります。 #2で磁界由来放射の打ち消しに触れましたが、その点補足してみたいと思います。 添付図、小さなループでは、電流はどこも一定で、磁束の形は単純です。 しかし一波長に近いループの場合、給電点から90度位置に電流の節が出来、電流方向(緑)は折り返すと思われます。 結果として a 半面による磁界と b 半面による磁界由来の放射は、給電点から90度方位で打ち消すと思います。 一方ループ面と直角方向には強め合うよう作用しています。
  

#1、#2の回答を書いた者です。 #2の訂正により主張の明確性を欠いたかもしれませんが、以下の点に御配慮願いたいだけで、#1の大枠に訂正はありません。 一波長に近いループであれば「磁界より電界放射優勢」という表現が、まるで磁界が無視し得る程小さいという記述に見えるため訂正しただけです。 「磁界にも増して電界放射優勢」あるいは「磁界と同等に電界放射も優勢」という感じかもしれません。 

電気双極子としての放射指向性については明らかだと思います。 しかし磁界由来の放射が無視でき...続きを読む

Q簡単な6エレメントの八木アンテナを作ろうと思いますが、エレメント間隔を

簡単な6エレメントの八木アンテナを作ろうと思いますが、エレメント間隔をどのようにして決めるのかわかりません。エレメント長はいろんな資料に出ているのでわかりますが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

探せばどこかに計算式のようなものがあるのだろうと思いますが、とりあえずこちらではどうでしょう?
http://cyoiwaza.blog76.fc2.com/blog-entry-33.html

Qアンテナ自作、長さ

車でワンセグを見るためにアンテナを自作しようと思っています。

長さは15cmほどがいいと調べましたが、どこからどこが長さになるのでしょうか?

適当なケーブルをアンテナとして繋げるだけと考えていましたので、配線とアンテナの区切りが分かっていません。。形状はループにしようと思っています。

ぜひアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

同軸ケーブルはアンテナではなく、同軸構造にならなくなった部分からがアンテナです。
地デジのUHFバンドは500MHz以下から700MHz以上とワイドバンドになっており、機器内蔵型の地デジアンテナは自動的にアンテナの電気長を変える仕組みが内蔵されています。
(アンテナの長さを物理的に動かすわけではない)
一般的なホイップアンテナの長さをλ/4だとすると、長さの計算は、
光速÷周波数×0.25×0.98くらいになります。
0.25はλ/4で0.98は波長短縮率導体の中を電波が通るときは速度が下がるので、その係数です。

市販のアンテナはワイドバンドに対応できるような仕組みになっているのと、自動車用としては複数の長さの違うエレメントを付けたり、Qを下げてワイドバンドになるような工夫が施されています。

QFMアンテナ

FMチューナーにアンテナを取り付けて上手く受信したいのです。
FMフィーダーアンテナを取り付けたのですが上手く受信できません。
問題はフィーダー線が短く良い受信ポイントにアンテナを設置出来ていないことが原因と思います。
フィーダー線に同軸ケーブルを繋いで上手く問題なく接続できますか?

Aベストアンサー

チューナーにおまけで付いてくるアンテナは左図のような
簡易型です。折り返し(フォールデット)ダイポールとも言います。
利点は簡単なこと、インピーダンスが約300Ωなので
安価な平衡フィーダーが使えることです。ただこのフィーダーは
雑音を拾いやすいので給電部(アンテナの根元)から受信機まで
長い距離がとれません。
同軸ケーブルはシールド効果があり、雑音を拾いにくいのですが、
インピーダンスが50又は75Ωです。ですのでインピーダンスの
変換器(バランといいます)をつけてやらなければなりません。
ただ右図のようにエレメントを切りっぱなしにすれば
インピーダンスはほぼ75Ωになるので不要な電線が手元にあれば
自作してみるのもおもしろいかもしれません。
余談ですがよく耳にする八木アンテナはこのダイポールに
導波器と反射器を設けたものです。

受信だけでしたらインピーダンスとか共振周波数はあまり
厳密に考える必要はありません。大切にことは見晴らしのいい
場所にアンテナを設置することです。
いくらアンテナの性能が良くても室内などでは問題外ですよ。

QFMアンテナの自作について

bayFM (千葉県 78.0MHz / 5kW)にお気に入りの番組があります。
ドライブ中はカーオーディオで聞けるので良いのですが、DIYを行う時は、
自宅横の作業場に、持ち運べるラジオを持って行きます。

が、しかし電波がまったく入りません。当方、神奈川在住です。
(家の辺りは、カーオーディオでは聞けるのですが、同じ持ち運べる
ラジオを家の周辺で使った場合、電波は弱くかなり雑音が入る場所です。
それが、両方を二階家に挟まれた少し家より引っ込んだ作業場(物置)で
使おうとしているので無理もありません。)

そこで、ラジオに付いている棒アンテナでは無理なので、他のアンテナ
を使おうと思います。しかし、1週間に1、2度しか使わないので、
お金は掛けたくありません。自作をしようと、いくつか検索して
みた結果、素人でもわかりやすいサイトを見つけました。
http://www.jamsat.or.jp/features/cheapyagi/index.html

長くなりましたが、質問です。
・そもそも、素人が作ったものでは効果は期待できないものなので
 しょうか?特別、クリアな音まで期待していません。
(ラジオもラジオですし・・・^^; )

・上記サイトは、FM受信となっていませんが、使えますか?

・上記サイトのもので、受信感度を上げることが出来るでしょうか?

・もし、作成方法が良かった場合、サイトの周波数とbayFMの周波数が
 違いますが、寸法は同じで良いのでしょうか?それとも、全部異なって
 きますか?(異なる場合、計算方法をご存知でしたら、教えて
 欲しいのですが・・・)

・他に良いアンテナ、作成サイトなどご存知でしたら、合わせて
 教えて下さい。

何分、電波はまったくの素人なもので、質問が多くて
すみません。この中で、ご存知の回答だけでも構いません。
どなたか、詳しい方、ご教授下さい。
よろしくお願い致します。

bayFM (千葉県 78.0MHz / 5kW)にお気に入りの番組があります。
ドライブ中はカーオーディオで聞けるので良いのですが、DIYを行う時は、
自宅横の作業場に、持ち運べるラジオを持って行きます。

が、しかし電波がまったく入りません。当方、神奈川在住です。
(家の辺りは、カーオーディオでは聞けるのですが、同じ持ち運べる
ラジオを家の周辺で使った場合、電波は弱くかなり雑音が入る場所です。
それが、両方を二階家に挟まれた少し家より引っ込んだ作業場(物置)で
使おうとしているので無理もあり...続きを読む

Aベストアンサー

>・そもそも、素人が作ったものでは効果は期待できないものなので
 しょうか?

ちゃんと受信する周波数に合わせて作ればキッチリ効果が出せますが、質問者さんのご家庭で受信困難となる原因が本当に両隣だけなのか(他に放送局方向に大きな建物があるかどうかなど)が断定できませんので実際の外部アンテナの効果についてはわかりかねます。

>・上記サイトは、FM受信となっていませんが、使えますか?

他の方々のご指摘通りそのままではFM放送の受信には使えません。

>・上記サイトのもので、受信感度を上げることが出来るでしょうか?

そのままでは上がらないと思います。

アンテナの自作はあまりコストがかからずに楽しめることの一つなので「アンテナ 自作」などで検索すると色々な例がひっかかると思います。
テレビアンテナのような八木アンテナを作られる場合、他の方のご指摘が無いことのうち「放送局方向に大きな建物が無いか」がけっこう影響ありそうに思います。隣家がこれに該当する場合は影響の無い高さまでアンテナを上げてやる(または影響の無い場所にアンテナを取り付ける)必要があるかもしれません。
一番簡単に試せるやり方としてはただのビニールケーブルを3mくらい(半波長+α)準備してラジオのロッドアンテナに巻きつける位置を少しづつずらして(=アンテナとして機能する長さを調整する)様子を見てみる、なんてのもあります。

>・そもそも、素人が作ったものでは効果は期待できないものなので
 しょうか?

ちゃんと受信する周波数に合わせて作ればキッチリ効果が出せますが、質問者さんのご家庭で受信困難となる原因が本当に両隣だけなのか(他に放送局方向に大きな建物があるかどうかなど)が断定できませんので実際の外部アンテナの効果についてはわかりかねます。

>・上記サイトは、FM受信となっていませんが、使えますか?

他の方々のご指摘通りそのままではFM放送の受信には使えません。

>・上記サイトのもので、受信...続きを読む


人気Q&Aランキング