「健全なナショナリズム」ってありうるのでしょうか?ナショナリズムは絶対危険な発想なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

「健全なナショナリズム」などあり得ない、最初は自然発生的なナショナリズムでも、必ず誰かがそれを利用し始めます、軍人であったり、政治家であったり、野心家であったり、一人一人の国民が監視をして歯止めを掛ければ、等の理想論は、いごき始めたナショナリズムには抗しきれないのは、歴史を見れば解ります。

わずか60年前にも、そのようにして独裁者や一部の軍人に国をめちゃくちゃされました。愛国心を声高に叫ぶ人にこそ、恐怖を感じます。

この回答への補足

よくよく考えてみると「ナショナリズム」自体どういう意味かわかりません。今までなんとなくは理解していましたが。ナショナリズムってどういうものなのかわかりやすく教えていただけませんか。

補足日時:2001/06/03 02:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナショナリズムをわかりやすく解説してください。

国際政治学を志すものです。
「ナショナリズム概念の複雑な変化、民族紛争解決の難しさについて考察せよ。」との課題が出ましたが、ナショナリズム概念の複雑な変化とはどういったものをさしているのか、、というか根本的にナショナリズムがわかりません(泣)

どうかわかりやすく教えてください!!お願いします。

Aベストアンサー

上記の設問の背景として非常に重要なのは、米ソを中心とした冷戦が終わったということですね。
ソ連の崩壊も大きいです。
旧ソ連のロシア以外の国を見ればよくわかりますが、非常に多くの騎馬民族国家があります。それらを無理矢理ソ連や東側諸国という形で統合していたのです。

東西冷戦が終わり、ソ連が解体されたら、多数の民族国家ができました。チェコとスロバキアのように国が民族ごとに分かれたところもありますし、旧ユーゴのように派手な内戦をして民族抗争をおこしたところもあります。
パンドラの箱が開いてしまったという状況ですね。
アフリカでも完全に壊れた国もあります。

民族紛争の解決の難しさは、正義の味方はいないということですね。
どの民族も人口の多い少ないはありますが、絶対的な善悪では語れない。
先進国が介入しても一部地域以外はメリットは無く、デメリットばかりです。
武器は限りなく安く手に入ります。
結局、チンピラを多く雇って、味方以外の人間を多く殺した陣営が勝ちというゲームになってしまっています。

根本的にまずいのは、、、
投票で物事を決めるという民主主義が、多民族が共存する社会では、民族抗争を生む手段になっているということです。
キリスト教系の欧米の平等の概念がアジアやアフリカでは機能していない訳ですから、新たな社会的平等の概念が開発される必要があると思います。

上記の設問の背景として非常に重要なのは、米ソを中心とした冷戦が終わったということですね。
ソ連の崩壊も大きいです。
旧ソ連のロシア以外の国を見ればよくわかりますが、非常に多くの騎馬民族国家があります。それらを無理矢理ソ連や東側諸国という形で統合していたのです。

東西冷戦が終わり、ソ連が解体されたら、多数の民族国家ができました。チェコとスロバキアのように国が民族ごとに分かれたところもありますし、旧ユーゴのように派手な内戦をして民族抗争をおこしたところもあります。
パンドラ...続きを読む

Qナショナリズムが悪いことのように言われるようになった理由

江戸時代の日本が明治維新で近代国家に生まれ変わることができたのは、日本人が強いナショナリズムを持っていたからだということは否定できないと思います。欧米による植民地化を免れることができたのも、日本人が全体として国家意識(≒ナショナリズム)を強く持っており、外国による干渉をはねつけることができたからだというのは誰にも否定できないでしょう。
また、これについては賛否両論あると思いますが、21世紀の現在でもお隣の中国・韓国においては国威発揚のセレモニーが数多く行われていることから分かるように、ナショナリズムを持つことがむしろ称賛されているように思います。

しかしながら、イギリスのEU離脱の際に明らかになったように、日本や欧州先進国においては、ナショナリズムを持つことがあたかも悪いことのように言われており、今の経団連会長は「ナショナリズムを断ち切ることが重要」とさえ言っています。
なぜ、明治維新のときに称賛され、近隣諸国においては今なお称賛されている「ナショナリズム」が悪の権化のような言われ方をされるようになったのでしょうか。
それとも、現代の日本においてもナショナリズムは決して悪いことではないという認識が一般的だが、企業利益を上げるため、財界近辺においてのみ言われているポジショントークだと理解したらよいのでしょうか。

江戸時代の日本が明治維新で近代国家に生まれ変わることができたのは、日本人が強いナショナリズムを持っていたからだということは否定できないと思います。欧米による植民地化を免れることができたのも、日本人が全体として国家意識(≒ナショナリズム)を強く持っており、外国による干渉をはねつけることができたからだというのは誰にも否定できないでしょう。
また、これについては賛否両論あると思いますが、21世紀の現在でもお隣の中国・韓国においては国威発揚のセレモニーが数多く行われていることから分...続きを読む

Aベストアンサー

日本人がナショナリズムを否定したのは、太平洋戦争に負けたからです。

東京裁判史観として公にされている、太平洋戦争の概要は
・軍部と政治家の一部が結託して戦争を遂行した(彼らはA級戦犯として裁かれた)
・彼らは天皇をナショナリズムの頂点に置き、国民(臣民)に「天皇のご意思」として戦争を強要した
・国民は天皇を中心とした国威発揚(ナショナリズムの高まり)に抗いきれず、戦争の遂行に加担せざるをえなかった被害者である。

ということになり、GHQは昭和天皇をそのまま保持しましたので、のちに天皇の戦争責任について議論がおきることになります。
右翼というか保守派は
「天皇は国体そのものであって、戦争責任は軍指導者と天皇を輔弼する内閣が責任を負う。よって天皇には責任がない」
としたのに対して、左翼は
「明治以降、天皇を元首として国威発揚し、教育現場にも肖像をかかげ『お国のため』『天皇のため』と兵隊に行くように教育したのは明らかであるから、天皇にも責任がある」
と天皇制を否定するようになりました。

左右の意見は天皇制については分かれるものの「太平洋戦争はするべき戦争ではなかった」という点は左右ともに一致しており「ナショナリズムを過度に刺激して国威発揚することはよくない」となったのです。

ですから、スポーツの祭典などは別にして、国旗を掲げたり国歌を歌ったりする機会は戦後極端に減り、特に左翼の力が強い労働組合があるところは、旗日でも国旗を掲揚しないのが普通になっていきました。

これが日本がナショナリズムを大々的に喧伝しない理由です。

EUやアメリカなどによるグローバル化は、ナショナリズムを否定してるわけではありません。むしろナショナリズムを基礎としてグローバル化するのに伴って、イギリスはEUから離脱したほうがメリットがある、と判断したわけです。
(実際には後悔しているようですが・・)
そもそも欧米のグローバル化は新たな植民地化と言ってもいいものです。たとえば、ある国の電力設備を途上国に売るとします。その国が補助金を出して途上国全体の電力設備を整えれば、電力設備がある限り、途上国はその国から機材を購入する必要があります。
 こういうことをするのに欧米はすでに植民地政策時代にノウハウを貯めているのに対して、日本は戦争に負けて全部うしなってしまったのです。そういう点では欧米のいうグローバル化に騙されてはいけません。

しかし、途上国にビジネスチャンスがあることも事実です。そう言う点で経団連会長が「ナショナリズムを断ち切ることが重要」というのは国内的には正しいです。日本は実は内需が8割もある大きな国です。たとえば日本の新幹線なんか50年前からあるのに、輸出がはじまったのは10年ぐらい前です。
フランスのTGVの最初の輸出先である韓国のKTXは1990年に着工されていますが、台湾新幹線は1990年代に商談をしているぐらいでした。

日本の一部の家電製品や自動車などは輸出していますが、内需が落ち込んでいる今、グローバル化をするために必要な変革を起こさないといけないわけです。外国に支店や工場をもつ会社はもっと社内英語化をしたほうが効率がよくなるかもしれませんし、中小企業も海外に販売の活路を開くべきかもしれません。そういう対応が欧米に比べると明らかに遅れている、という危機感が「ナショナリズムを断ち切ることが重要」と言う発言につながっているわけで、経済的にはグローバル化しているわけですから、日本もその波に乗る必要がある、ということです。

日本人がナショナリズムを否定したのは、太平洋戦争に負けたからです。

東京裁判史観として公にされている、太平洋戦争の概要は
・軍部と政治家の一部が結託して戦争を遂行した(彼らはA級戦犯として裁かれた)
・彼らは天皇をナショナリズムの頂点に置き、国民(臣民)に「天皇のご意思」として戦争を強要した
・国民は天皇を中心とした国威発揚(ナショナリズムの高まり)に抗いきれず、戦争の遂行に加担せざるをえなかった被害者である。

ということになり、GHQは昭和天皇をそのまま保持しましたので、の...続きを読む

Qナショナリズムって?

漠然とした質問ですが・・。わかりやすく言ってナショナリズムってなんでしょうか・・?

Aベストアンサー

ナショナリズムとは、という質問ですね。
まずはネイションとステイツの区別をつけなくてはなりません。
暴論ではありますが、ステイツとはシステムとしての国家であり、ネイションとは共同体としての国家の事だと言えるかと思います。
そしてナショナリズムとは共同体に対する帰属意識の事だと思います。
国家がある程度ひとつの民族単位でまとまっている場合は、民族としての意識であるし、アメリカのような他民族国家の場合はアメリカという共同体の一構成員であるという意識がナショナリズムというものです。
ナショナリズムというものは、国家が複数の人間による共同体である以上、不可欠なものですが、これに頼りすぎるのは危険であると考えられています。
例えば民族としての、あるいは国民としての、誇りがなくては国家がうまく纏まりません。しかしこれが強すぎると、他民族や他の国家に対して、敵愾心や、蔑視する傾向が強くなるのです。

Qどこからが偏狭なナショナリズムですか?

どこまでが美しい愛国でどこからが偏狭なナショナリズムなのでしょうか?

・国が違うという理由で製品をなるべく避けるようになったら?
・思想を個人の付き合いに持ち込んだら?
・過激なデモに参加したら?

どこからが偏狭なナショナリズムですか?

Aベストアンサー

自分が自国に対して思うことを相手が相手の自国に対して思うことを許せないことではないかと思います。

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q第一次世界大戦と第二次世界大戦がおきた理由 

 第一次世界大戦と第二次世界大戦がおきた理由って何だったんでしょうか?。
 学生時代に習ったはずなのにまったく覚えていません。 
 直接的なきっかけを知りたいんですが。

Aベストアンサー

どちらも植民地と言う名の甘いケーキの奪い合いです。

WW1では確かにオーストリア皇太子暗殺によって勃発しましたが連合国も枢軸国も同様の問題を抱えておりたまたまトランプでジョーカーを引いたのが枢軸国側だと思って貰って結構でしょう。ある意味熾るべくして熾った戦争とも言えます。

それに対してWW2はと言うとこれはWW1の戦後処理の拙さと世界恐慌が連続した事による側面もあったのです。
WW1後のドイツは確かに最悪のインフレに悩まされました。しかしながらドイツ人自身の資質とアメリカからの資金援助(借款)によりなんとか再生への道が見えていた時代が確かにあったのです。しかしご存知の通りアメリカ発の世界恐慌でそれは御破算。かてて加えてフランスがルール地方を強制的に借金(賠償金)の担保として押さえたりと外圧が加わりました。一方でドイツ国内では数十年前までは群雄割拠しておりその後はドイツ帝国として成立した経緯であり、WW1敗戦後のワイマール憲法による民主主義が成熟していたとは言えない状況です。
ちなみにナチスのSA隊とは当時の民主主義時代の選挙活動等で敵対する共産党などの他政党からの妨害を排除するために結成された経緯があります。まぁ平たく言えば政党お抱えの暴力団とも言いますね。勿論これは当時のナチスだけでなく他の党も多かれ少なかれやっていたことです。当時のドイツの民主主義は暴力団を使った抗争とセットになったものとさえ言えるでしょう。
そんな絶望的な状況下でナチスと共産党以外の党が政権を担ったのですがどれもこれも失敗。でドイツ人はダメ元でナチスを選んだのですが・・・悪魔が実在する証明だったのでしょう。彼らは相当に悪どい事をやってでも一定の成果をだしました。ナチスが政権を確立できた要因がここにあります。

一方でフランスやイギリスの思惑もありました。イギリスのチェンバレン首相は融和派でありWW1の再現だけはなんとしても回避したいがためにドイツに譲歩を重ね、それがヒトラーの増長へとつながりポーランド侵攻へと繋がったとする説は当を得ていると言えるでしょう。
しかしこれがソ連を視野に入れると状況は変わってきます。ソ連による共産主義の拡散は他国にとっては脅威以外の何者でもありませんでした。共産化すれば確実にその国のトップは粛清されることが確実だからです。そうした視野から見ればソ連vs英・仏・独・米といった状況の出現もあり得るのです。実際スターリンはその事を一番恐れていました。
地図を眺めれば分かると思いますがソ連がヨーロッパへ侵攻するとなれば一番バッターになるのは確実にドイツ。二番手がフランス・・・となります。そこでチェンバレンはそこも視野に入れての抱込みの意味での譲歩を重ねたと言えるでしょう。実際にWW2以後のドイツは東西に分裂し西ドイツ軍は強力な陸軍国となっていますしね。

少し話が逸れましたがヒトラーがああも政権を維持できた理由として最大の原因がWW1の戦後処理です。同時代の人はこう言っています。
「過酷にしては生温く、生温いにしては過酷だった。」とね。これはもう二度と立ち上がれない位に潰すのか逆に過剰な程に優遇して恩に着せるかして陣営に抱込むかしておけばWW2は回避できたか規模の縮小はできたのではないのか?という考察です。
実際WW2以後はこれを踏まえて日本と西ドイツを西側陣営に引き込む事に成功してますし両国ともPKO等の派兵位で済ませています。WW1での教訓は敗戦国を潰そうとしてもその国民は恨みをバネにして即座に復興して矛先を真っ先に戦勝国に向けてくる事を踏まえた教訓によるものなんですよ。

どちらも植民地と言う名の甘いケーキの奪い合いです。

WW1では確かにオーストリア皇太子暗殺によって勃発しましたが連合国も枢軸国も同様の問題を抱えておりたまたまトランプでジョーカーを引いたのが枢軸国側だと思って貰って結構でしょう。ある意味熾るべくして熾った戦争とも言えます。

それに対してWW2はと言うとこれはWW1の戦後処理の拙さと世界恐慌が連続した事による側面もあったのです。
WW1後のドイツは確かに最悪のインフレに悩まされました。しかしながらドイツ人自身の資質とアメ...続きを読む

Q電車賃を払えない場合は

お金がたりなくなって、乗り越し料金などが払えない場合は駅員さんに言えば後で払いにきたりとか、そういう対処をしていただけるんでしょうか?1人暮らしで今日実家に帰らなくてはいけないのですが、実家に戻るまでの運賃(恥ずかしながら850円です)が捻出できず困っています。家に戻ればお金はあるし、次の日には帰ってこれるとおもうので同じルートでかえって運賃をはらえるのですが・・

Aベストアンサー

初乗り運賃はありますか?
 あればそれで乗って、着駅で持ち合わせが無く後日払うと言う
家人に迎えに来てもらうなどの手が使えます、やった事があります(^_^;

身分証明書とかあれば、後日払いますので、といえばたいがい通してくれますよ.(^_^)v

Q炊いたご飯。冷蔵庫で何日くらい保存できますか?

日曜の朝に炊いたご飯を、水曜の夕飯の時に食べたいと思っています。
冷凍庫に入れないで、冷蔵庫に入れたままにしても大丈夫ですか?
ちなみに冷蔵庫の開け閉めの頻度は少ないです。

Aベストアンサー

3~4日ぐらいなら冷蔵庫でも大丈夫だと思いますよ。
1週間程度なら冷蔵庫で保存していたことがあります。
乾燥してかたくはなりますが、レンジで温めればやわらかくなりました。


人気Q&Aランキング