位置情報で子どもの居場所をお知らせ

電気屋に行って違いを聞いたら

音楽用→有料で買った音楽をダビングする用
データ用→それ以外の音楽をダビングする用

iTunesなどの有料の音楽は著作権保護プロテクトがかかっているから音楽用でなければ焼けないと言われました。
ネットで調べてみた所そんな事実は出てきませんでした。

私の調べ不足ですか?それとも電気屋側の説明間違いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

基本的にはデータ(mp3)として書き込むか音楽再生データとしての違いです。


CDに関しては音楽用とデータ用の違いは無いです。

DVDにはDRMの関係で分けられています。
DRMはCDでは消滅し、DVDが未だに専用のメディアで無いと『再生』
が出来ない保護が掛かってます。
iTunesの楽曲はデータとしてCDに書き込む事は可能なはずです。
    • good
    • 15

その店員さんは、DRM(Digital Rights Management:デジタル著作権管理)と、CD-Rメディアの話を混同していると思います。



●DRM http://e-words.jp/w/DRM.html

ダウンロード購入する楽曲に、以下のような条件が設定される場合があります。
1、ポータブルプレーヤーへの転送回数制限
2、CDへの書き込み回数制限
3、バックアップの可否

あまり詳しくないですが、iTunes Storeで販売されている曲はすべてDRMフリーになったはずなので、これらの制限は無くなったと思います。

●音楽用CD-Rメディアとデータ用CD-Rメディア
DRMでCDへの書き込みが制限されることと、このメディアの違いには何の関係もありません。DRM制限のために書き込みできないのなら、音楽用メディアでもデータ用メディアでも同じことです。
最近のパソコンであれば、日本製のデータ用メディアが無難だと思います。

○(大雑把な)メディアの違い
音楽用もデータ用も中身は同じです。
ただし、音楽用メディアは音楽用であることを示すコードが付いている点だけが違います。

これは著作権法で、(簡単に言うと)デジタルコピーをする音楽機器やメディアには補償金を掛けますよ、ということになっているためで、CDレコーダーというオーディオ機器を使ってコピーする時には補償金のついた音楽用メディアしか使えないようにするためです。MDも同様でした。

しかし、パソコンは音楽のコピーだけをする機械ではないので、いろいろ議論はありますが、現在のところ、データ用メディアも含めて、補償金の対象にはなっていません。パソコンでは音楽用メディアもデータ用メディアも同様に使うことができます。

デジタルオーディオプレーヤーも、「オーディオ」という言葉が入っているのに、補償金の対象ではなく、議論が続いているようです。

○(細かな)メディアの違い
違いはあります。
現在のデータ用CD-Rメディアの主流は最大書き込み速度が48~52倍速です。
現在の音楽用CD-Rメディアは、データ用としては一世代前の24~32倍速メディアです(尤も、データ用の32倍速メディアもまだ少量は販売されていますが・・)。
現在のパソコンの光学ドライブは、24~32倍速のメディア(または音楽用メディア)を上手に焼けないので、48~52倍速メディアのほうが無難です。また、日本製のほうが無難です(パッケージに印刷されている原産国を確認します)。

・溝の形状と色素
各社とも、現在主流の48~52倍速メディアと24~32倍速メディアでは、溝の形状も色素も違います。それぞれの倍速に最適なように調整されています。
ただ、識者によると、最近は、24~32倍速メディアにも48~52倍速用の色素が使われるようになってきたとのことです。日本製は24~32倍速になるべく特性を合わせるように塗布方法などを考慮しているそうですが、台湾製ではなされていないそうです。

繰り返してしまいますが、現在のパソコンなら、日本製のデータ用48倍速が無難だと思います。


なお、音楽用メディアが高価なのは、補償金のせいではありません。
補償金は、「基準価格(カタログに表示された価格の50%)の3%」と定められていますので、大した額にはなりません。あまり売れないからじゃないかなw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E7%9A%84% …
    • good
    • 15

電器屋の説明が間違っています。



CD-Rの音楽用とデータ用の違いは
音楽用には、音楽用のCD-Rだという認識用フラグが書き込まれてる、補償金が上乗せされているということだけです。
このフラグがないと、CDレコーダーで記録できない仕組みになっています。
PCで録音する限りは関係ありません。

また再生する場合は音楽CDとして焼けば、CD-Rの種類は音楽用でもデータ用でも関係なくほとんどのプレイヤーで再生できます。
再生できないのは音楽用、データ用に関係なくCD-Rのレーザー反射率がCD-ROMよりも劣るため、古い機器ではうまく読み取れないからです。

#3さんの言うような音楽用にはいい素材が使われているという事実もありません。
データ用と全く同じです。
色素にはシアニン、フタロシアニン、アゾが、反射層も銀や金がありますが、これはデータ用、音楽用でわけているのではなく、メーカーや価格による違いです。
音楽用が高いのは、補償金が上乗せされているからで、決して良い素材を使っているからではありません。

太陽誘電(That's)のR for masterシリーズのような特殊なのもあるけど、これは例外中の例外ともいうべきもの。
    • good
    • 14

皆さんの回答以外に意外と知られていない事実を書きます。


ディスクに塗布されている色素に違いがあると思います。
レーザーで焼いて記録する色素にはいろいろな種類がありますが、音楽用CD-Rには音楽を焼くのに適した(つまり高品質で焼ける)色素が使われていると思います。私にはその違いを認識できるような能力はありませんが、聴く人が聴けば違いが判るようです。ただ、それがディスクの価格に見合うものかどうかはわかりません(聴き分ける能力がないので)。
    • good
    • 3

音楽用→CDへの録音機能が付いている、CDレコーダーで録音する用


データ用→それ以外
……です。
PCのドライブは音楽用CDを認識しません(データ用と区別しません)。
全く問題無く使えますが、補償金の分だけお金の無駄になります。
法律的にも、音楽用を使わなければならない理由は全くありません。
また、CDプレイヤーにデータ用CDで焼いたCDを入れても全く問題無く再生します。
(一部の古い機器は再生出来ませんが、これは別の問題です)
    • good
    • 7

かなりの高確率であなたの聞いた電気屋の間違いと思う。



>iTunesなどの有料の音楽は著作権保護プロテクトがかかっているから音楽用でなければ焼けないと言われました。

この話は、音楽用CD-Rとデータ用CD-Rの違いはなんら関係はない。

基本的には音楽用CD-Rには、「このCD-Rは音楽用CD-R」というマークが記録されていて、CDプレーヤーやコンポなどではこのマークを読み取れないとデータ用CD-Rとみなし、記録/再生ができなかったりする。
また、音楽用CD-Rは価格が著作権料の一部(保証金といっている)を含んだものとなっている。

PCでのみ、使用する場合は、機能的に両者に違いはない。

詳細は下記のURLのページに説明があるので一読されたい。

http://www1.tcnet.ne.jp/k-saku/person/page_30.htm
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデータ用CD-Rへの音楽データ書き込み

mp3の音楽データをデータ用CD-Rに書き込んでCDプレイヤーで聞こうとしたのですが、再生することができませんでした。

データの書き込みを行う際にはMediaPlayerを使って行ったのですが、「書き込み」タブのオプションの音楽CDかデータ用CDかの選択でデータ用CDを選んだのがいけなかったのかもしれませんが…。

もしこの文章を見てわかる方がいらっしゃったらぜひ教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

原因はそれですね。
データCDを選択したために、書き込まれたフォーマットが
普通のCDプレーヤーでは読めないフォーマットになってしまったからです。
普通のCDプレーヤーで再生するためにはオーディオCDを指定してください。
ここの指定は、使おうとしているCD-Rが何用の物を使っているのかを
指定するのではなく、作成したいCDの形式がデータ用なのか
オーディオ用なのかを指定するものです。

QCD-R 700MB の最大録音時間は?

CD-R 700MB の最大録音時間は何分でしょうか?
書き込みソフトは Nero6 です。

Aベストアンサー

普通の音楽CDであれば、細かく書くと 79:57.93 です。
一般的には80分と言われています。

ビットレートから総容量で算出出来ます。
MP3やAAC等はヘッダーがあるので、単純には算出出来ません。
ヘッダーは、ヘッダーには入るデータによってサイズが変わ
ります。

QCD-R、DVD-Rのデータ用、録画(録音)用の違い

CD-R データ用
基本は、700MB。パソコンの場合、データでも、音楽CDでも作成可能。

CD-R 音楽用
基本的に、データ用と同じ。コンポのレコーダーで音楽CDを作成する場合に使う。この場合、データ用では、作成出来ない。
でも、音楽用レコーダーがほとんど普及していない為、購入するのは、無駄になりつつある。

DVD-R データ用。
基本は、パソコンの場合、データでも、動画でも、作成出来る。
DVDレコーダーで、書き込む事は不可能。

DVD-R 録画用。
パソコンでも、DVDレコーダーでも、どちらでも使える。
価格的に、録画用が安くなっているので、録画用のDVD-Rを購入しておけば、データ用との違いを意識する必要はない。

上記文章の認識で、間違い箇所、補足事項はありますでしょうか?

Aベストアンサー

CD-R
データ用と音楽用は別物。

データ用:パソコンでデータを保存するのが目的。もちろん音楽CDも作成可能。ただし、CDレコーダーでは使用不可能。価格は30円程度。10枚組の製品が多い。

音楽用:音楽用は音楽の録音に適するように作られている。著作権料も価格に上乗せされているのでCDレコーダーで使用可能。価格は100~150円程度。1枚ずつばら売りされていることが多い。コンビニにあるのは大概こちら。


DVD-R
データ用も録画用も同じ製品。

データ用:パソコンでデータ保存するために作られている。DVDレコーダーでも使用可能。ただし、BSデジタル放送などのコピーワンスの番組は録画不可能。価格は30円~100円。パソコン売り場に置いてある。

録画用:DVDレコーダーで録画するために作られている。もちろんパソコンでデータ保存も可能。普通のものではコピーワンス番組は録画できないが、一部、コピーワンス番組を録画(ムーブ)できる製品もある。価格は30円~100円。データ用より使用料を上乗せしているので、本来は若干高いが最近はDVDレコーダーの普及で録画用の方が安くなっている。コピーワンスに対応した製品は300円程度。DVDレコーダー売り場においてある。コンビニにあるのも大概録画用。

CD-R
データ用と音楽用は別物。

データ用:パソコンでデータを保存するのが目的。もちろん音楽CDも作成可能。ただし、CDレコーダーでは使用不可能。価格は30円程度。10枚組の製品が多い。

音楽用:音楽用は音楽の録音に適するように作られている。著作権料も価格に上乗せされているのでCDレコーダーで使用可能。価格は100~150円程度。1枚ずつばら売りされていることが多い。コンビニにあるのは大概こちら。


DVD-R
データ用も録画用も同じ製品。

データ用:パソコンでデータ保存するために作られ...続きを読む

QPCで焼いたCDがCDプレイヤーで再生できない!!

windows media player(多分最新版?)で焼いたCDを
CDプレイヤーで再生しようとしても再生できません。
PS2に入れても再生できないメディアと表示されます。
使っているのはごく一般的な700MBのCD-Rで
再生に使っているCDプレイヤーは25枚ファイルタイプPD-F25A
とPS2です。

これは私が何か勘違いしているのでしょうか?
ちなみにwindows media playerの設定はいじっていません。
何故再生できないのか見当がつきません。
何かお心当たりありましたら教えてください!!

Aベストアンサー

データCDとして焼かれていることが考えられます

焼いたCDをパソコンで読み取ってみてください。
CD音源以外(MP3・WMAなど)で保存されている場合はデータCDです。
データCDは 対応していないと読み込んで再生しません。


もしデータCD扱いになっているなら以下の方法で
最新版のVer11の場合です

ツールバーの書き込みをクリック
オーディオCDをクリック(黒丸)がつきます

後はそのまま焼いてください

QDVD-RをCD-Rのように利用出来るでしょうか?

音楽をCD-Rに焼きたいのですが、切らせてしまってDVD-Rしかない事が分かりました。買いに行けばいいのですが、もしかしてDVD-Rで代用出来るかどうか知りたくて。

以前DVD-RはCD-Rより容量が多いだけで同じもの?と言う話を聞いたことがあり、もしかしたら80分より多く音楽が入るのでしょうか。

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

CDプレーヤーで再生されるのならCD-Rで。
見た目は同じでも読み取り構造が全く違うのでDVD-RをCDプレーヤーでは再生できません。
PCで再生させるのでしたら元ファイルをそのままDVD-Rに記録すればOKです。

Q品質の良いCD-Rを教えて下さい。

以前、音楽CDを焼くのに、何処のCD-Rが一番品質がいいか質問したのですが、有名メーカーならどこも大差ないと言われたので、店頭に行って聞いた所、やはり最初に思っていた通り、太陽誘電を薦められました。というのもTDKなども生産は台湾などで行われており、太陽誘電だけが国内生産しているとのことでした。

そのお店では、CDR80AWPY50BRが1400円以下で売っていたのですが、Amazonで検索すると1,436円です。でも同じ太陽誘電でも50枚で検索すると、CDR80SPY50BR が1,154円、CDR80AWPY50BRMG が1,365円、CDR80AWPY50BR が1,436円、CDR80AWWY50BR が1,436円、CDR80WPYSBV が1,800円など、色々な種類があります。正直、印刷面の色以外違いが判りません。

何が違うのでしょうか?品質やデータの保持期間などに差はあるのでしょうか?
何も変わらなければ(そうだとしたらなんでこんなに種類があるのか意味不明ですが)一番安い、CDR80SPY50BR 1,154円を買おうと思うのですが。

また、パソコンがNECのノートPCしか無いので、付属のライティングソフトを使うしか無いのですが、Roxio Creator LJなど幾つか付属のソフトがありますが、ライティングソフトによって信頼性が変わるということはありますか?

もうCDの返却日なので、できるだけ早くCD-Rを買いたいです。
よろしくお願いします。

保存はちゃんとケースか、100枚くらいCDを収納できるバック(1枚ずつ白い袋に入れるタイプ)に入れて、直射日光などの当たらない場所で保管します。

以前、音楽CDを焼くのに、何処のCD-Rが一番品質がいいか質問したのですが、有名メーカーならどこも大差ないと言われたので、店頭に行って聞いた所、やはり最初に思っていた通り、太陽誘電を薦められました。というのもTDKなども生産は台湾などで行われており、太陽誘電だけが国内生産しているとのことでした。

そのお店では、CDR80AWPY50BRが1400円以下で売っていたのですが、Amazonで検索すると1,436円です。でも同じ太陽誘電でも50枚で検索すると、CDR80SPY50BR が1,154円、CDR80AWPY50BRMG が1,365円、CDR80AW...続きを読む

Aベストアンサー

既にレンタル期限が過ぎたかもしれませんが・・w

挙げられた太陽誘電メディアは、基本的に、みな同じメディアです。違いは、プリンタブルの色やプリンタブルの面積などです。ほとんどで最大書き込み速度が40倍速となっていますが、中身は基本的に、最後に挙げられた48倍速のCDR80WPYSBVと同じはずです。
CD-Rは超薄利の超大量生産メディアですので、種類がつくれないのです。

それに、太陽誘電製造メディアは太陽誘電が自社ブランドの「That's」で販売しているものだけではありません。太陽誘電が製造し、他社ブランドで発売しているものが沢山あります。SONYブランドは昔から僅かな例外を除けばほぼ100%ですし、TDKブランドやMAXELLブランドなど、昔は自社生産していたブランドでも、現在はかなりの%になります。

見分け方はただ一つ、「原産国が日本」です。現在では、CD-Rメディアを国内で製造しているのは太陽誘電ただ1社だけだからです。怪しいメディアでない限り、原産国は印刷されていますので、ご確認下さい。現在国内で流通している半分以上がこれに該当すると思います。

ただ、ここ数年の間に、太陽誘電は海外生産を進めています。現在では、製造前半を日本で行い、後半を中国で行う、「半日本・半中国」製がほとんどです。なので、店員さんは昔の決まり文句を連発するかもしれませんが、太陽誘電製造メディアにそれほど拘る必要もなくなってきたと思います。

実際、TDKやMAXELLなどそれなりに名の通ったブランドの台湾製メディアですと、CMCやRitekなど、太陽誘電と遜色ないと思います。

ここまでを含めますと、日本で流通している8割以上になると思いますので、
>有名メーカーならどこも大差ない
と言っていいと思います。

いちおう、購入前に原産国をチェックするようにしたらいいかと思います。

なお、No,2さんはCDR-74MYをご紹介されていますが、現在の高速メディアとは違い、16倍速(または8倍速)の頃のメディアですので、現行の一般的な光学ドライブでは難しいかと思います。


>ライティングソフトによって信頼性が変わるということはありますか?
ないと言っていいです。ライティングソフトは命令を出すだけで、実際にはメディアとドライブの問題です。

ただし、ドライブに負担をかけるようなことは好ましくないので、速度は16倍速までに抑え、バーンプルーフを外しておくほうが賢明だと思います。


バックアップに関して
現在のCD-Rはバックアップ用途にはお勧めしません。2~5年が寿命の使い捨てメディアと思ったほうがよいです。バックアップはHDDにとり、故障に備えて複数のHDDにとるのがお勧めです。

既にレンタル期限が過ぎたかもしれませんが・・w

挙げられた太陽誘電メディアは、基本的に、みな同じメディアです。違いは、プリンタブルの色やプリンタブルの面積などです。ほとんどで最大書き込み速度が40倍速となっていますが、中身は基本的に、最後に挙げられた48倍速のCDR80WPYSBVと同じはずです。
CD-Rは超薄利の超大量生産メディアですので、種類がつくれないのです。

それに、太陽誘電製造メディアは太陽誘電が自社ブランドの「That's」で販売しているものだけではありません。太陽誘電が製造し、他社...続きを読む

Q音楽CDのCD-RWってあるのですか?

CDショップで「繰り返し書き込み可能な音楽CDありますか?」と聞いたら「これですよ」って出されたのはCD-RWでした。
でも、これってデータ用ですよね?パッケージの裏に「このCDは音楽CDではありません」と書いてあるし、とりあえず1枚買って帰りました。
しかし、案の定「このCDは音楽CDではありません」となり書き込むことすらできませんでした。
ちなみにメディアはWindows Media Playerです。
そもそも音楽CDのCD-RWというものは存在するのでしょうか?CDショップにあるCD-RWにはすべて裏に「このCDは音楽CDではありません」と書いてあります。
初歩的な質問ですが、Windows Media Playerでもフォーマットできて繰り返し書き込みできる方法、もしくはそういった音楽CDのCD-RWがあるということを知っている方いられましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>しかし、案の定「このCDは音楽CDではありません」となり書き込むことすらできませんでした。

書き込めませんでした?
CD-RWは分かりませんがCD-Rは「このCDは音楽CDではありません」と書いてあるCD-R(データ用)でも書き込めます。
市販CDプレイヤーでも再生できます。
(古い市販CDプレイヤーは再生出来ない場合があります)

>音楽CDのCD-RWがあるということを知っている方いられましたら、よろしくお願いします。

ありますよ。
http://www.maxell.co.jp/products/consumer/rec_cdr_rw/cdrw.html
電器屋さんにも売ってると思います。
でもCDプレイヤーによってはRWは再生出来ない場合があるかもしれません。
互換性、値段を考えるならCD-Rのほうが良いですよ。

QCD-Rに、車のオーディオでも再生できる音楽を書き込みたい

ファイルをドロップするだけだと、PCでは再生できますが、車では再生できませんよね?
みなさんはどのようなソフトでCDを作っていますか?
ご教授下さい。

Aベストアンサー

WindowsMediaPlayerが一番手っ取り早いですね。
PC上でCDにしたい音楽を一ヶ所にあつめ(ひとつのフォルダ)ます。ただし650MB・700MBで再生時間数を調整してください。
そのあとそのフォルダ内でCDに入れたい音楽ファイルを一括選択して
右クリック→書き込みリストに追加(B)をクリック
するとWindowsMediaPlayerの画面に変わりますのでそこで 書き込みタブ をクリック 右上のスピンダイヤルをオーディオCDを選択
左上のスピンダイヤルが 書き込みリスト になっている事を確認したら その上にある 書き込みの開始 ボタンをクリック
これでOKです。

QCD-Rのデータ用と音楽用

データ用CD-Rは普通の音楽機器(CDラジカセ・コンポ等)では再生できないというのは本当ですか?

音楽用CD-Rには著作権料が付加しているので値段が高いのは理解できました。
自分の場合、私的な(自作の商業目的でない)音源なので安いデータ用でいいかな…と思っていたところ、音楽用しか再生できないというのを聞いてどうしたらいいものかと困っています。

今までは大して深く考えていなかったので、データ用でも普通に聞けていた気がするのですが……思い過ごしでしょうか;
どなたか詳しい解説をお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

再生時は、データ用メディアであろうと音楽用メディアであろうと、関係ありません。
著作権法に従い、民生用音楽用レコーダーで書き込む際には、音楽用メディアしか使えないように
なっているだけです。パソコンで書き込むなら、どちらでも構いません。

ここまでで、回答としては十分かと思うのですが、いささか

ちょっと古いですが、まずここをごらん下さい。
データ用と音楽用は基本的に同じだとメーカーが言っています。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20010618/dal15.htm

太陽誘電といえば、CD-Rの開発メーカーで、現在でも国内で製造を続けている唯一のメーカーです。
現在、どこのブランドで発売されていようが、データ用音楽用にかかわらず、原産国表示が日本で
あれば、(NetRICOH限定販売の40倍速メディアを除き)太陽誘電が製造したものです。

ただし、この記事は当時の24倍速メディアまでのことです。
それから、32倍速(中身は24倍速と同じ)を挟んで、現在は48倍速になっています。
太陽誘電の48倍速メディアは音楽用レコーダーでは必須になっている等速書き込みをサポートしません。
今発売されている太陽誘電の音楽用CD-Rメディアは、1世代前の32倍速メディアと同等品です。
少ないながらデータ用にも販売されているので、私は専らこれを使っています。
高額なメディアで、マスター用のSPMPT、音楽用のGPも基本的に同じメディアですが、スタンパの状態
が良い時のものです。
良いショットを音楽用に、良くないショットをデータ用に、回しているかもしれませんが・・w

とはいえ、最近の太陽誘電は基盤のポリカーボネートの原料を安物に変えてから品質が落ちてきた、
という噂もあり、なるべく昔に製造されたっぽいメディアを買うほうがいいかも知れませんww

ちなみに、音楽用メディアの補償金は3%なので、価格にはほとんど影響しません。
あまり売れないから高いのでしょう。

再生時は、データ用メディアであろうと音楽用メディアであろうと、関係ありません。
著作権法に従い、民生用音楽用レコーダーで書き込む際には、音楽用メディアしか使えないように
なっているだけです。パソコンで書き込むなら、どちらでも構いません。

ここまでで、回答としては十分かと思うのですが、いささか

ちょっと古いですが、まずここをごらん下さい。
データ用と音楽用は基本的に同じだとメーカーが言っています。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20010618/dal15.htm

太陽誘電とい...続きを読む

Q音楽CDをコピーしたCD-Rのデータ用と音楽用の違い

音楽CDをWMPでコピーしたいのですが、CD-Rには一般のデータ用と音楽用があります。両者の違いを教えてください。音質的に違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

皆さん書かれているように、音楽用CD-Rには著作権料がCD-R代の中に含まれてます。

構造的にはまったくの違いはありませんが、
メーカーによっては、音楽用CD-Rの方が反射率が若干良いとされてます。

通常のCDを100とすると、データー用CD-Rは70-30程度、音楽用CD-Rは80-40程度。
もちろんCD-Rの個体差や製造時期にもよって、変化しますので一概に音楽用が優れてるわけではありません。

反射率が高いほど、データーの読み飛ばしがないので、一応音質的には良くなるはずですが、
それ以上に、CD-Rを焼いた環境の方が著しく影響します。(書き込み速度とか)


人気Q&Aランキング