『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

アメフト選手が履いているスパイクってサッカー用とか野球用じゃなくてアメフト用のスパイクなんでしょうか?

専門店に行けばアメフト専用のスパイクが売っているんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

専用シューズはナイキやアディダス、アシックスなどから販売されています。


http://www.qbclubstore.com/american_football/lis …
http://shop.sportsdirectjapan.com/sports55/9.3/4 …

専用シューズは販売されていますが、バックスやキッカーだとサッカーシューズを履いたり、ラインだとラグビーシューズを履いているプレーヤーも散見します。クリーツ(スタッド)の規定が競技規則の規定(19mm以下等)に合っていれば使えるようです。
ラインの場合は押し合いでの土踏まずから前の踏ん張りが大切なのでラグビーのフォワード用(つま先にスタッドがあるハイカットシューズ、サッカー用はつま先にスタッドがない)を使っていることがあります。
又、キッカーやパンターは立ち足と蹴り足で違うシューズを履くこともあります。

そういや、昔、裸足のキッカーというのがいました。
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1328. …
http://blog.livedoor.jp/ballgamer/archives/34212 …

調べてみると、アメフトには、ジャージやヘルメットは着用が義務づけられていますが、靴はそうじゃないんですね。

日本の公式規則
http://americanfootball.jp/main/contents/rule.html

第1編第4章第3条 必要な装具
すべてのプレーヤーは,以下の必要な装具を着用しなければならない。
a. ヘルメット
b. ヒップ・パッド
c. ジャージ
d. ニー・パッド
e. マウスピース
f. パンツ
g. ショルダー・パッド
h. ソックス
i. サイガード
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメフト専用のスパイクはあるんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/30 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーシューズとラグビーシューズの違い

サッカーシューズとラグビーシューズの違いを教えてください。
イギリスで、8歳の子供をラグビー教室に入れました。
スパイクシューズは、適当にスポーツ用品店で買ったのですが、
練習の時、コーチからそれはサッカー用だと言われました。
理由の説明が英語のためよく理解できませんでした。
(そもそも、英語をよく理解できないことがもんだいですが、、、、、)

なので、サッカーシューズとラグビーシューズの違い、見分け方があれば、
教えてください。

Aベストアンサー

サッカー、ラグビーの経験者です。
簡単に言えば、ラグビーシューズの方がつくりは頑丈だと思います。サッカーにラグビーシューズは使えませんね。足のいろんなところを使う繊細なタッチはできません。しかし、ラグビーだってキックしますから全くサッカーに使えない事はありません。とはいえ、サッカーにわざわざラグビーシューズを使う人はいないでしょう。逆にサッカーシューズをラグビーに使う人は割といるんじゃないかと思います。理由は安いからです。ただ、サッカーシューズをラグビーに使うとラグビーシューズよりは早く壊れると思います。

サッカーシューズ、ラグビーシューズともにソールは固定式と交換式があります。他の回答者へのお礼に「前4本後ろ2本」と書かれていましたので交換式でしょうか。交換式であれば、サッカーシューズにラグビー用のスタッドをつけてしまえばOKです。もちろんそれぞれ専用に開発された物ですからスタッドの位置は異なるでしょうが、そんなことはほとんど気にならないでしょう。ただ、前5本とか前6本とかがラグビー用としてふつうである様な気がします。バックスなら前4本でも良いのでしょうが、フォワード用なら前5本や6本の方が良いのかもしれません。

見分け方は、ハイカットやミドルカットならラグビー用だとわかりますが、ローカットならメーカーや商品に詳しい人でなければわかりません。交換式スタッドなら、サッカー用がついていればサッカーの靴だと思うでしょうね。

ちょっとおかしいな、と思う点が2点あります。1点目、8歳の子供用に交換式のスパイクがあるのだろうか。ジュニア用はたいてい固定式ではないでしょうか。2点目、コーチはサッカー用はダメだ、買い直せ、と言ったのでしょうか。固定式ならサッカー用もラグビー用も芝でプレーする上では大して差がないように思います。とすればコーチは交換式を推奨したのでしょうか。まだ骨格ができていないし筋力も弱い子供には交換式はオーバースペックという気がしますし怪我を誘発する(自分の身体を痛めることに加え、他のプレーヤーを痛めつけてしまう)のではと懸念します。実際、日本の少年ラグビースクールの中には「交換式は禁止」「サッカー用の固定式でも可」としているところもあるようです。

もしラグビー用を購入されるのであれば、日本製が軽くて良いと思います。海外の物は重いし足形が日本人向けではない。ブルーソールやランバードが良いと思います。

サッカー、ラグビーの経験者です。
簡単に言えば、ラグビーシューズの方がつくりは頑丈だと思います。サッカーにラグビーシューズは使えませんね。足のいろんなところを使う繊細なタッチはできません。しかし、ラグビーだってキックしますから全くサッカーに使えない事はありません。とはいえ、サッカーにわざわざラグビーシューズを使う人はいないでしょう。逆にサッカーシューズをラグビーに使う人は割といるんじゃないかと思います。理由は安いからです。ただ、サッカーシューズをラグビーに使うとラグビーシュ...続きを読む

Q私は大学のアメフト部で通用するでしょうか?日本のアメフトはどのくらいレベルが高いのでしょうか?

私は来週卒業するアメリカの高校生ですが、2008シーズンで靭帯を損傷してしまいアメリカの大学でアメフトをするのを断念しました。
高校の最後の年を怪我で逃してしまってとても悔しいので、日本に留学しアメフトを続けたいと思います。

私は怪我をする前(17歳の時)はベンチプレス125kg、スクワット180kg、クリーン110kg、40ヤード走 4.7秒、体重は85kg、身長は177cm当たりでした。ポジションはDTでしたが、うちの学校(ワシントン州ベスト8)では一番上手いDLだったと思います。(その年のDLは前の年に比べて不作でしたので)。手術をして体重が7kgほど減った今でもスクワットとクリーン以外のリフトはほとんど変わっていません(スクワットは150kgぐらいはできるようになりました。)。

日本の大学のアメフト選手とはどれだけ上手いのでしょうか?早稲田や慶応などのウェブサイトを見ましたが上手そうな人は見当たりません。私は日本の大学のアメフトで通用するでしょうか?

あと留学生でも大学でスポーツができるのでしょうか?帰国子女として入学した場合奨学金などはもらえますか?

私は来週卒業するアメリカの高校生ですが、2008シーズンで靭帯を損傷してしまいアメリカの大学でアメフトをするのを断念しました。
高校の最後の年を怪我で逃してしまってとても悔しいので、日本に留学しアメフトを続けたいと思います。

私は怪我をする前(17歳の時)はベンチプレス125kg、スクワット180kg、クリーン110kg、40ヤード走 4.7秒、体重は85kg、身長は177cm当たりでした。ポジションはDTでしたが、うちの学校(ワシントン州ベスト8)では一番上手いDLだったと思います。(その年のDLは前の年...続きを読む

Aベストアンサー

Chezzy79 さん  Kamogawa27です。

>やっぱりアメリカと日本では根本的に違うんですね。

体格は明らかに違いますよね、
見た目はアメリカ大学のLBが日本ではOL,DLって感じですから

>早稲田や慶応などの一応「強豪」の学校ではどうなのでしょう?

私は関西しか生で見てないので特に慶応がどうかはなんともですが、
明らかに体格や選手の鍛えるスキルが学校として高いのは
関学、立命、京大、法政、早稲田 だと思うんですね、
他の大学は選手個々でモチベーションが違うように感じます、
それに早稲田はスポーツ推薦枠を相当拡大して全スポーツの選手スカウティングが激しいですね。

ご存知のようにスクリメージ戦は体格だけではなく 
スイムやらテクニックを有用に使えれば体格差も跳ね返せるし
USAのOL相手にオールスター選ばれるような活躍ができたなら
本当にプレイ的には問題ないですよ、
後は日本の学生のフットボールへの取り組みをどう感じるかですかね?

日本でプレイされるときは暴れまわってくださいね、
ワシントンのシアトルか?タコマか?わかりませんが
そこ出身と聞けばChezzy79さんだとわかりますから楽しみにしています。

参考に 97年に京都大学vsハーバード大(単独チーム戦は史上初)
京都35-42ハーバードだったんですが、
ハーバードのOLはほぼ練習のごとくRunブロックをコントロールし
確か300y以上?400yくらいRunが出たように思います、
これが日米のスクリメージの現実だと感じました。
(京都が35点も取れたのはアメリカに無いOFEにDEFが混乱したから。ウイッシュボーン体型からバックスをTEのように使い外側フラットゾーンへ投げるパスにOLBが全く対応できなかったせいです。)

Chezzy79 さん  Kamogawa27です。

>やっぱりアメリカと日本では根本的に違うんですね。

体格は明らかに違いますよね、
見た目はアメリカ大学のLBが日本ではOL,DLって感じですから

>早稲田や慶応などの一応「強豪」の学校ではどうなのでしょう?

私は関西しか生で見てないので特に慶応がどうかはなんともですが、
明らかに体格や選手の鍛えるスキルが学校として高いのは
関学、立命、京大、法政、早稲田 だと思うんですね、
他の大学は選手個々でモチベーションが違うように感じます、...続きを読む

Q「ラグビーからアメフト」と「アメフトからラグビー」とではどちらが難しいんですか?

「ラグビーからアメフト」と「アメフトからラグビー」とではどちらが難しいんですか?

Aベストアンサー

 日本では大学でアメフトを始める人が少なくないことから、
大学レベルであっても初心者を受け入れる素地があります。
いっぽうでラグビーを大学から始める人はまずいないので、
小さなうちから経験を積んでいないと門前払いになります。

 これはスポーツ文化の違いであり、ラグビーのほうが難しい
ということではありません。高校でどちらかを経験している人が
大学で別のほうに進みたい場合、アメフトのほうが受け入れ体制が
しっかりしているぶん、入りやすいとは言えます。

 なお、アメフトは覚えるべきプレーの数が比べ物にならない
くらい多いことから、知性的でないとプレーできません。本能で
プレーするタイプには向いていないのです。たとえばラグビーの
プロップはアメフトならラインマンの体型ですが、プレーを深く
理解できる頭脳がないと、ラインマンは務まりません。

※ポジション別の知能テストで、QBとラインマンが高得点を
 とるというのが、本場米国における常識です。

 また競技特性として、アメフトは瞬発力のスポーツであり、
ラグビーは持久力のスポーツです。ラグビーのほうがキツイと
考えるのは、短距離走より長距離走のほうがキツイと言うのと
同じようなもので、適切ではありません。

 たとえば同じような競技レベルのラグビーチームとアメフト
チームで、スクラムを押し合うなら、おそらくラグビーが勝つ
でしょう。しかし、パスプレーでのライン合戦ならアメフトが
勝ちます。必要な能力が違うのですから当然のことです。

 なおアメフトでは防具を付けますが、そのぶん当たりはラグ
ビーより強烈です。しかもルール上、攻撃と守備は常に真っ向
から衝突するので、肉体的負担はアメフトのほうが大きいかも
しれません。カラダ表面の傷はラグビーのほうが多く、骨折や
靭帯断裂といったケガはアメフトのほうが多いと思われます。

 ちなみにラグビーはボールキャリアにしかタックルできない
のに対して、アメフトは一部の例外を除いて誰もがタックル・
ブロック可能です。よってプレー中は一瞬も気を抜けません。

 結論として、競技としてはどちらへの移行も難しいですが、
ラグビー → アメフトのほうが受け入れられやすいと言えます。

 日本では大学でアメフトを始める人が少なくないことから、
大学レベルであっても初心者を受け入れる素地があります。
いっぽうでラグビーを大学から始める人はまずいないので、
小さなうちから経験を積んでいないと門前払いになります。

 これはスポーツ文化の違いであり、ラグビーのほうが難しい
ということではありません。高校でどちらかを経験している人が
大学で別のほうに進みたい場合、アメフトのほうが受け入れ体制が
しっかりしているぶん、入りやすいとは言えます。

 なお、アメフトは...続きを読む

Q筋肉で体重を増やすには

168cm 70キロの16歳男です。
筋肉をつけて体重をできれば80キロにしたいです。
いいトレーニングメニューを教えてください。
またそれを続けたらどれくらいで80キロほどになれるでしょうか?

Aベストアンサー

「筋肉だけで80キロ」はきついですよ。
ラグビー選手は、そもそも一定の脂肪を必要としています。
だから体脂肪は15-25%あります。
それが適性なんです。

体脂肪を落としたいならボクサーみたいになるしかないし、トレーニングもそういうトレーニングになります。食わない。たくさん走る。
筋肉ムキムキになりたいならラグビーでなく、ボディビルダーのトレーニングが必要です。
その場合は、「プロテイン飲んで、ともかく重い物を持ち上げまくる。寝る。次の日休む」を繰り返す事ですね。彼らは食うしあんまり走らない。
質にこだわるので卵黄は食うけど卵白は食わないとか、炭水化物や油を一切抜いたりするそうです。トレーニングも食事も偏ってるから、短命の人多いですよ。あなたはそこまでしないとは思いますが。
質自体を上げるには3,4年かかるそうですが、
「おおー」みたいな体を作るには半年で充分ですよ。
三島由紀夫はそれでハマッタそうです。

Qアメフトのスパイクというプレーについて

試合を見ていて思うんですが、スパイクというプレーは反則ではないんですか?
投げ捨ては反則ですし、それと同じ事だと思うんですが。
それとも、終盤にしか出ないプレーなので、興ざめ防止としてあのプレーは成立するのでしょうか?

アメフトに詳しい方、説明してください。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スパイクとインテンショナル・グラウンディングの違いですよね。

インテンショナル・グランディングの定義は、以下の差羽項目が成立したときになります。
・QBがそのダウンのセットした両タックルの内側から
・QBサックによる大幅なロスを免れるために
・有資格レシーバーがいないエリアにパスを投げる

これには例外があり、以下は反則になりません。
・QBが、スナップ前の両タックルがいた位置より外側に移動し、ライン・オブ・スクリメージを越えるパスを投げた場合
・スナップ直後、時間を止めるためにスパイクした場合。
・ディフェンスがそれほど近づいていない段階で、攻撃選手がいないところにボールを投げた場合。
・ディフェンスに追われ、QBが横に流れて、攻撃選手がいなかったが、ライン・オブ・スクリメージを越えるパスを投げた場合。

と言うことで、スパイクは除外項目に該当するのでインテンショナル・グラウンディングとはなりません。なお、スパイクは「スナップ後に一連の流れで速やかに足元に向かって投げ」なくてはなりません。一旦ポケットに入って、ディフェンスが来てからのスパイクはインテンショナル・グラウンディングになります。

また、インテンショナル・グラウンディングは結構オフィシャルの見逃しが多く、よほどあからさまでないと適用されません。
なお、インテンショナル・グラウンディングには罰退規定が無く、起こった地点でロスオブダウンが適用されます(インゴールで発生したらセーフティになる)。スパイクに反則が適用されたとしてもせいぜい1ヤードで、元々ダウンを捨てて時間を止める覚悟でするのがスパイクで、ロスオブダウンは覚悟の上です。ニーダウンのように、次のダウンの開始位置がスパイク位置でもいいとは思いますが、せいぜい1ヤードですし、そのために一々審判が協議してレフリーシグナルをしてインジケーター移動というのはゲームが細切れになりすぎると言うこともあるかも知れません。スパイクが行われるのはほとんどが2ミニッツウォーニング以降の試合の山場ですから、煩雑さを避けゲームのテンポからも反則を取らないという考えかも知れません。

実は、私がアメフトを見始めた40年くらい前(NETのNFL中継と東京12chのVANの番組やNCAA)にはスパイクはインテンショナル・グラウンディングの対象でした。それを廃止したのですから、理由があったのでしょう(私は上記と推測しますが)。

スパイクとインテンショナル・グラウンディングの違いですよね。

インテンショナル・グランディングの定義は、以下の差羽項目が成立したときになります。
・QBがそのダウンのセットした両タックルの内側から
・QBサックによる大幅なロスを免れるために
・有資格レシーバーがいないエリアにパスを投げる

これには例外があり、以下は反則になりません。
・QBが、スナップ前の両タックルがいた位置より外側に移動し、ライン・オブ・スクリメージを越えるパスを投げた場合
・スナップ直後、時間を止めるためにスパイ...続きを読む

Q体重を変えずに体脂肪率だけ下げるトレーニング

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオーバーカロリーにした上で「太る」必要があると書かれています。

また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

それで質問なのですが、
体重70kg、体脂肪率20%→体重70kg、体脂肪率12%
にするには、

1. 食事制限無しで体重を変化されることなく、ジョギングと筋トレをそれなりの過度で行い、
体脂肪率の減少のみを追求するトレーニング

2. まず、食事制限を行い、有酸素運動中心のトレーニングを行い、体重を65kg程度にまで落とす、
それから食事をオーバーカロリーにした上で、筋トレ中心のトレーニングを行い体重を70kgまで上げる。
それから有酸素運動でまた65kgに落とす、というトレーニングを繰り返す。

のではどちらの方が効率的に体脂肪率を下げることができるのでしょうか?

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオー...続きを読む

Aベストアンサー

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解りやすく言えばこのように理解してください。

>また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

これは別に目的次第です。非効率というのは、単に有酸素運動をおこなうと、筋肉が付きにくくなるというだけです。


ウェイトトレーニング、短距離走、格闘技などの、強度が高い運動をしていれば、その中身の濃さに従って皮下脂肪は限りなく薄くなり、かつ筋肉量は食事量の範囲において最大限に維持できます。運動内容が軽ければ軽いほど、即ち無酸素運動ではなく有酸素運動で、有酸素運動の中でも負荷の軽いもの、たとえばジョギング、ウォーキングなどに行くに従い、体脂肪率は下げられなくなります。
有酸素運動≒持久トレーニングの代表であるマラソンでさえ、だいたい時速18~20kmで走る。なかなか強度の高い運動なんですが、それでもやはり運動内容が軽すぎて体脂肪率は見た目以上に高い。細くガリガリなのは体脂肪率が低いのではなく、運動量が多いから筋肉・脂肪共に限界まで減っているからです。


選択肢は2つです。

1.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にする。食事量は体重が増減しない程度に食べる。

これは普通に運動している人がやってる方法であって、劇的な変化はありません。2年、3年かかると思います。でも、これだけでも方法少しずつ体脂肪率は下がり、体つきはシャープに変わって行きます。


2.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にするというのは同じ。食事をコントロールして増量・減量する。例えばまず500Kcal程度オーバーカロリーになるように食べ、筋肉を付ける。5~8kgぐらい太って、これ以上太るのが嫌だなと思ったらまた食事量を戻す。そうすると体重は70kgまですぐに戻る。運動内容のおかげで、太る時は筋肉が優位につき、痩せる時も筋肉が減らずに皮下脂肪だけを優位に減らすことができます。これで、前回の70kg時点より体脂肪率の低い70kgになります。だいたい1の方法で2年かかるぐらいの肉体改造が、3ヶ月~半年で終わります。これを2~数回繰り返せば、比較的早く12%前後の体脂肪率を目指せます。もちろん、筋トレの内容がどれだけガッツリ出来ているか次第で効率は変わります。


有酸素運動、ジョギングなどは、別にやってダメということはありませんし、必ずしもマイナスになるとは限りません。趣味ならやっても良いと思います。ただ、食事制限の補助として体重を下げるためには有効だが、体脂肪率を下げるには効率的でないし、有酸素運動を中心に行うつもりなら、体脂肪率はある程度高いままです。体脂肪率が低いと、持久的な有酸素運動はできないですしね。

有酸素運動は脂肪を中心に使う運動なのだから、それを習慣にすれば逆に脂肪を減らさずにため込む体質にならなければならない。体はその運動習慣に適応するため、体脂肪率の高い体を維持しようとします。

また、反対に筋肉のほうは長時間のジョギングなどの有酸素運動では必要ではなく、むしろ重くて邪魔な存在であるため、からだはこれを分解して減らそうとします。筋肉量は強い力を出すために必要になるものであって、軽い運動には必要ないからです。
むしろ持久的な運動になるほど、重くてしかも無駄にエネルギーを消費する筋肉というのは無邪魔になります。

運動強度が高く、あまり長時間運動しないことが、筋肉量が多く皮下脂肪の少ない体、即ち体脂肪率の低い体型になる秘訣。

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解...続きを読む

Qアメフト タイトエンドは難しいですか?

wikipediaですが

体が大きく強いことが第一だが、足が速く、パスキャッチ能力があり、戦術理解度が高いことも重要である。 ラン・パスに渡る重要ポジションであり、強いチームには必ず優れたTEがいる。

とあります。

NFLを見ているとタイトエンドは身長190~200cmぐらい、体重120kgみたいな体格の選手ばっかりなイメージです

ラインのようなブロックができてレシーバーと同じぐらいのキャッチ力が必要で足が速くて身長190cm以上、体重120kgぐらいの体格じゃないと無理ですか?

Aベストアンサー

近年TEの重要度は増しています。パス偏重の時代あり、確実なキャッチを見込めるTEはどのチームも欲しいでしょう。3rd Down1をパスでとりたいときなども重要視されます。
仰るとおりラインブロックをする重要なポジションでもあるので質問者さんの言われる体格は不可欠だと思います。

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Qなんで日本ではアメフトよりラグビーの方が人気があるの?

失礼極まりない言葉を出しますが、質問するには欠かせない要素なので許してくださいね。

スポーツニュースを見ているとラグビーのニュースとかは見るんですが、アメフトのニュースはあまり見ません。
どうしてでしょうか?アメフトは結構おしゃれなスポーツなのに対して、ラグビーは『男!』って感じのスポーツじゃないですか。それなのにラグビーって人気がありますよね。アメフトは歴史が浅いと言われてますが、サッカーも浅いですよね?どうしてアメフトは人気が出ないのでしょうか?
何か心当たりがある方教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

アメリカンフットボールは何故人気がないのか
という論点に絞って回答します。

・歴史が浅い

コレは日本の歴史のことではありません。
アメリカでも、フットボールがこれほど絶大な人気を集め始めたのは、
ここ30年くらいの話です。
もう亡くなりましたが、
ピート・ロゼールという人物が1960年代に今のNFLの形を作り上げました。
それまではAFLとNFLというふたつのリーグが存在し、
選手などを取り合っていたのですが、それが不毛な争いだということに気づき、
二つのリーグが合併して現在のNFLになっています。
その時のとりまとめ役をしたのがピート・ロゼールです。
ロゼールはNFLを反映すべくその手腕を発揮します。
その一つがテレビ放映権の一括管理です。
そして、ABC放送とマンデイ・ナイト・フットボールの契約を成立させて、
テレビの力をバックにその人気を高めていったのです。
当時、アメリカにはテレビが一家に一台以上の時代になり、
日曜日に家族で楽しむスポーツ番組として定着して、今に至ります。
コレに比べて、野球は一元管理などの経営戦略を統一することが、
既得権益のために上手く出来ずに
フットボールにアメリカ人気ナンバーワンスポーツの座を明け渡すことになります。
こう見てみると、日本ではフットボールがアメリカで人気が上昇したときには、
まだまだ野球全盛の時代で、テレビで見るスポーツで人気があったのは、
野球の他にはプロレス、相撲、ボクシングだったのです。
そして、まだまだテレビは高級品の時代で、
テレビのチャンネルや放送時間の関係で、
番組数も限られていたため、
アメリカンフットボールの人気のための土台を作る環境になかったことが、
今の低人気に繋がっていると考えられます。


・ダウンシステムが理解しにくい

ファーストダウンについて、
至極簡単に説明して5分くらいで理解させることが出来れば、
フットボールの人気は格段に上がると思われますが、
なにせ、コレを理解させることが難しいです。
私はもう15年ほどフットボールをテレビで楽しんでいますが、
これを理解させるのは非常に難しいです。

10ヤード進めば新しい4個のダウンがもらえる
4回目に10ヤードを獲得できそうになければ、パントする
ただし、勝負に出てギャンブルもある。


これだけのことですが、実際、
これを簡単に確実に全く知らない人に理解させることが出来ない限り、
この先も日本でのフットボール人気を高めることは難しいと思います。


・かぶり物はダメ?

テレビの世界ではこういう定説があるそうです。
モータースポーツ、アイスホッケー、アメリカンフットボールのことをさすそうです。
モータースポーツもF1があるのでは?と思われるかもしれませんが、
最近はセナがいなくなったせいで視聴率も低下気味です。
かぶり物とはフルフェイスヘルメットのことを指します。
フルフェイスヘルメットをかぶるスポーツで、視聴率を取れる物は日本にはない、
と言う意味らしいです。
アメリカの四大スポーツの中で、
確かにアイスホッケーとフットボールは日本では人気がありません。
両方共に、スピード感にあふれ面白いと思うのですが・・・
モータースポーツもF1は別格として、
他のカテゴリーはほとんど在来のテレビ電波では放送されていません。
これは選手の顔の表情がよく見えないからだと云われていますが、
その辺のことは定かではありません。


以上・・・・参考になったでしょうか?

アメリカンフットボールは何故人気がないのか
という論点に絞って回答します。

・歴史が浅い

コレは日本の歴史のことではありません。
アメリカでも、フットボールがこれほど絶大な人気を集め始めたのは、
ここ30年くらいの話です。
もう亡くなりましたが、
ピート・ロゼールという人物が1960年代に今のNFLの形を作り上げました。
それまではAFLとNFLというふたつのリーグが存在し、
選手などを取り合っていたのですが、それが不毛な争いだということに気づき、
二つのリーグが合併して現在のNFL...続きを読む

Qアメフトの面白さが分からないのですが

野球、サッカーは面白いですが、アメフトのルールは知っていますが、面白いと感じる所まで行きません。トライフォーポイントとかナゼ?と思ってしまいます。オープンスペースを作ってそこにボールと味方を敵よりも速く送りこむのが基本だとは友達から聞きました。やはり、自分でプレーしないと面白さは分からないものでしょうか?

Aベストアンサー

アメフトのルールをどれくらいご存知か分かりませんが、確かに難しいといえるかもしれません。本当かどうか知りませんが、アメリカでできたスポーツはルールが難しいと聞いたことがあります。イギリスで生まれたサッカーは紳士のスポーツなのでルールが簡単だ。それがアメリカでアメリカン・フットボールになって、複雑になった…あるいは、イギリスのクロケットがアメリカのベースボールになってルールが難しくなった…等々です。私には根拠のない話だと思いますが…。

さて、アメフトですが、私には面白いです。留学していた時、秋から正月にかけて毎週土曜日はカレッジフットボールを観戦していました。防具を付けていますが身体がぶつかる時に、ガシッとかドスッとか迫力ある音が聞こえてきます。実を言うと卒業した大学が2年連続でNCAAのチャンピオンになり、今シーズンも1位にランクされていて毎週末はインターネットを通じて試合の経過をチェックしていて目が離せません。

フットボールは、フォーメイションが複雑で、オフェンスとデフィエンスで2000くらいのバリエーションがあって、それを覚えていなければならないそうです。他にもスペシャル・チームといってパントなどのキッキングゲーム専門のチームもあります。選手は専門が完全に分かれています。サッカーのようにポジションがディフエンスの選手が得点することはありません。(パスインターセプトで得点するのは別です)たとえば攻撃のときフロントラインはただひたすら相手の選手をブロックするだけでパスを受け取ったりしてはいけません。パスを受け取れる選手は背番号でたとえば80番台とかと決まっています。コーチは、作戦を考案するためにたとえばトロイ戦争から第二次世界大戦やそれこそイラク戦争などの戦術まで研究しています。フロリダ州立大学の有名なヘッド・コーチのボビー・ボーデンは毎年シーズンオフにはフランスのノルマンジーに行って、有名な上陸作戦に思いをはせるそうです。

アメリカのプロフットボール(NFL)やカレッジフットボールを観たことのある目には、日本のアメフトは動作が鈍いというかスローモーションで観ているようで観る気になりません。あれを観て質問者さんが面白さが分からないというのはその通りだと思います。はっきり言って日本人のするスポーツではありません。陸上の100mの決勝に日本人が出られないのと一緒で、身体的に日本人では無理です。

面白く思ってもらうには、NFLかカレッジ・フットボールでどこか贔屓のチームや選手を作って、思い入れをもって観てもらうしかないでしょう。

アメフトのルールをどれくらいご存知か分かりませんが、確かに難しいといえるかもしれません。本当かどうか知りませんが、アメリカでできたスポーツはルールが難しいと聞いたことがあります。イギリスで生まれたサッカーは紳士のスポーツなのでルールが簡単だ。それがアメリカでアメリカン・フットボールになって、複雑になった…あるいは、イギリスのクロケットがアメリカのベースボールになってルールが難しくなった…等々です。私には根拠のない話だと思いますが…。

さて、アメフトですが、私には面白いです。...続きを読む


人気Q&Aランキング