Santaともうします。

最近の新品のMartinのD-28はいかがなのでしょうか?購入するとしましたら、中古のD-28の方がお勧めでしょうか?

最近の材質は良い物がすくなってきてると聞いたことがあるのですがいかがなものなのでしょうか?
マーチンの音が好きなので、お詳しい方、教えて頂けますと幸いです。
D-35でも結構です。

また、現在お勧めのアコースティックギターメーカーが有りましたら、教えて下さい。
予算は20~30万です。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昔Martinを主にビンテージギターのブローカーをやっていたものです。


結論からいいますと、「今も昔もマーチンはマーチンです。ただし、今のマーチンは昔のマーチンとは違うものです。」

参考URLのグラフを見ていただければわかりやすいと思いますが、90年代から急激に生産台数が伸びているのがわかります。これはテクノロジーが進んで機械化が進んだことによって可能になりました。ちなみに2012年の生産台数はさらに倍近くの10万台に達しています。

例えば昔は手作業で削り出していたネックは今や機械で削られています。私が訪問した90年代にはすでに何台もの巨大な木工マシニングセンタが並んでいました。クランプで固定されていた接着工程はバキュームで行われ、接着剤も速乾性の合成接着剤が使われます。塗料についても同様でしょう。
木材についても、当然選別基準は下がっているでしょうし、新しい素材や人工的に加工された素材も徐々に増えてきています。

もちろんそれがいいか悪いか(製品になった時にギターとして良いものかどうか)は別問題ですが、製品としては同じものと考える方が不自然でしょう。
一方で、諸処の違いを鑑みても出てくる音はやはりマーチンはマーチンなのには感心します。
こういうところがマーチンのブランド力(会社としての歴史)なのかもしれません。


さて、新品か中古か、という点ですが、質問者様の考える中古が90年代以降くらいの範囲であればどちらもさほど変わらないと思います。80年代なら比較的昔の作り方が残る時代です。70年代は無理に生産を伸ばした時期なので品質にばらつきがあります。これらの点を頭の片隅において、でも実際には弾き比べて「ギターとして」の判断をされた方がよいと思います。
つまり、値段や作り方や木材を気にするより、弾き心地や音色で選ぶべきということです。

ただ、新品のギターはまだ狂いが起きる可能性は大きいので数年は気を付けてチェックする必要はあります。その点は古い楽器の方が安定していると言えます。
リペアの有無に関しては受け取り方に個人差があるので何とも言えませんが、個人的にはきちんとしたリペアであれば全く気にしません(リペアにより価値が下がるとは思っていません)。



余計なお世話ですが、私は個人的にはもう新品のマーチンを買うことはおそらくないと思います。
もし買うとすればカスタム系か、最低でもマーキスシリーズあたりでしょうか。
20~30万円ならヤマハのLL-36AREとかLL-26AREあたりも比較検討したい気がします。

参考URL:http://www.tatakauoyaji.com/Martin/Report/daisu2 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

lowrider_2005 様

詳しいご説明、ありがとうございました。
そんなにも以前から機会が使われていたのですか、存じ上げませんでした。。。でしたら、20年前までのギターは同じですね。。。。
でも、新品でもマーチンの音がなる、、、流石はマーチンといったところでしょうか、、、。

私は鹿児島に住んでおります。なかなかリペアクラフトマンを見つけることができないでいるので、中古にしようかどうしようか迷っております。

もしよろしければなのですが、LL-36ARE、LL-26AREをなぜ推薦されるのかお聞きしたいです。
また、現在は中国生産のメーカーが多いと耳にしますが、丁寧に作って、2,30万で購入できるギターを薦めて頂けませんでしょうか?
また、10~20万が無理なく購入できる範囲です。K-YairiやHistory(島村?)はいかがなのでしょうか?

不躾で大変失礼致します。
宜しくお願い致しますと同時に、どうもありがとうございました!!!

お礼日時:2013/12/17 11:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q◆ZEP◆JIMMYPAGE◆MARTIN(D-28 VS 000-28)

レッドツエッペリンの初期の頃、アコースティックな曲が多いですよね、MARTINの「D-28」「000-28」どちらが適しているのでしょうか?
分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

両方ともVery Goodです。ZEPをコピーするためだけにマーチンを買うわけではないとおもうので、実際に楽器屋で手に触れてみて感触のいい方を考えたらどうです?マーチンのギターは本当にクオリティが高いと思いますが、弾きやすさでいうと000かな?使っているアーチストの数では、D-28。…そうですね確かに迷いますね。回答のつもりでしたけど、自信がなくなってきたので、アドバイスにしときます。

QMartin D-28、Gibson J-45によく似たギターがあれば教えてください。

Martin D-28、Gibson J-45の本物が買えればいいのですが…
お金がなく入る予定もないので不可能なのです。
なのでそれぞれに似ているギターがあれば教えてください。
見た目が似ていれば満足です。
このギターをこうすれば…みたいなのでも構いません。
なお後者につきましてはエピフォンのAJ-45以外でお願いします。
金額は7~8万円までです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マーティンならSヤイリ↓

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/tai-sound.co.jp/g/y0004/index.shtml

J45はKヤイリ↓

http://www.watanabe-mi.com/shopping/AG/04AG/KYairi/jy45b.html

QMr.Children桜井さんの使用しているマーチンD-28のピックガード等について

(1)桜井さんの使用しているマーチンD-28についているちょっと変わったピックガードをつけるにはどうすればいいのでしょうか?もちろん全く同じモノでなくて構わないです…
あるサイトでは1万円で、と書いてあったのですが、普通の楽器店等でも出来るのでしょうか?

(2)桜井さんの使用しているギターはストラップピンが変わった位置についていますがあれはどの位置なんでしょうか?
どこといったら楽器店の店員さんに伝わるでしょうか?

(3)桜井さんの使用しているマーチン製のギターストラップは黒色だけ、もしくは茶色かそれとも両方か、わかれば教えてください。

以上の3項目です。マニアックな内容なのでわからないかもしれませんが、力を貸してください。

Aベストアンサー

1)ピックガードについて
ピックガードについては、リペアショップに頼めば希望に合わせてギターにあった物を成形・貼り付けしてもらえるでしょう。普通の楽器店では、そのお店が直接加工をするということはあまりないようにも思いますが、そうしたケースでもリペアをしてくれる部門や業者に取り次いでもらうことは可能だと思います。楽器店と相談してみるのが良いでしょう。その時かかる費用などについても、相談してみれば具体的な金額が出るはずです。あくまでも予想ですが、ピックガード交換くらいであれば、材料費込みで5,000円から10,000円ちょっとくらいで対応してもらえると思います。

2)ストラップピンについて
アコースティックギターの場合、ヘッド側にもピンを打つ場合には、ネックの付け根の裏の、ヒールと呼ばれる部分に打つのが一般的です。

3)ストラップについて
使っているストラップについては、交換が可能な物なので、どちらだけと断言することは難しいように思います。

参考まで。

QD-18かD-28かそれともYAMAHAか…

若い頃に歌っていたフォークソング(日本語の)を歌いたいので、ギターを新しく買いたいと思っています。
コードを押さえてジャンジャン弾くだけでヘタクソなのですが、昔のフォークシンガーが弾いていた雰囲気に浸りたいです。
で、昔あこがれていたマーチンのギターをついに買いたいと思うのですが次の点を教えてください。

・ヘタでもマーチンのギターだといい音だなあって感じますか。(昔使っていたのは25000円のモーリスのギターです)
・3~15万の日本製のギターと比較してマーチンのギターはどうですか。
(それほど感じないのなら安いギターにしようかなとも思ったりしています)
・フォークソングを歌うのにD-18とD-28のどちらがいいのでしょう。
(聞き比べてと言われてもその機会もなく…いざ買いに上京しても店頭で弾かせてもらうのは恥ずかしくてとてもできません)
・それともギブソンやYAMAHAがいいのでしょうか。

フォークソングが好きなだけで、ギターの腕のヘタさや音質の違いが自分で分からないなんてことを考えるとマーチンのギターなど買う資格ないと言われそうですが、そこは勘弁していただいてよろしくお教えください。

若い頃に歌っていたフォークソング(日本語の)を歌いたいので、ギターを新しく買いたいと思っています。
コードを押さえてジャンジャン弾くだけでヘタクソなのですが、昔のフォークシンガーが弾いていた雰囲気に浸りたいです。
で、昔あこがれていたマーチンのギターをついに買いたいと思うのですが次の点を教えてください。

・ヘタでもマーチンのギターだといい音だなあって感じますか。(昔使っていたのは25000円のモーリスのギターです)
・3~15万の日本製のギターと比較してマーチンのギター...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
補足を拝見しましたので、再登場です。  

>「単にD-18と28とを比較されるのでしたら、D-28を」とのことですが、なぜでしょうか。

見た目は全くと言っていいほど同じですね。(良く見ないと判別出来ません。言い換えればそれだけマーチンのDシリーズは同じ形で派手さがないと言えます。そこがマーチンの魅力なんですが…。) 約4万5千円の価格差は何かと言うと、材質が異なります。18のサイドやバックはマホガニーですが、28はロースウッドが使われています。この材質の違いが価格差となっています。オールドマーチンではハカランダ(ギターにとっては最高の木材)が使われていました(今でももっと高級機には使用されています)が、ブラジルの輸出規制(木材が無い状態)に合い、今ではローズウッドがハカランダに取って代わっています。

マホガニーは悪いと言う事ではありませんが、ローズウッドに比べると若干音的に響きが劣るようです。一方、ローズウッドでは、響きも豊かで、高音の伸びも優ります。全体的にマーチンの特徴でもある高温の伸びは伝統的なものですが、より極められているように思います。

D-35や45等になると中々一般人には手が出せない価格となりますが、D-28までなら少し頑張れば何とか手が届く範囲だと思います。他にマーチンでしたらD-1なんかもお手頃だと思います。

↓に貼り付けたのは日本マーチンクラブの公式サイトです。マーチンの全てのギターが掲載されていますので、一度ご覧になられては如何でしょうか?(本国のHPは⇒
http://www.martinguitar.com/index/index1.html)

参考URL:http://www.martinclubjp.com/set_guitar_top.html

No.1です。
補足を拝見しましたので、再登場です。  

>「単にD-18と28とを比較されるのでしたら、D-28を」とのことですが、なぜでしょうか。

見た目は全くと言っていいほど同じですね。(良く見ないと判別出来ません。言い換えればそれだけマーチンのDシリーズは同じ形で派手さがないと言えます。そこがマーチンの魅力なんですが…。) 約4万5千円の価格差は何かと言うと、材質が異なります。18のサイドやバックはマホガニーですが、28はロースウッドが使われています。この材質の違いが価格差となって...続きを読む

Qギター マーチンD-45の修復の跡でしょうか。

5年くらい前に買った、マーチンD-45なのですが、ネックの裏の部分に
添付データの写真のような修復と思われる跡があるのですが、これは何でしょうか。ずっと気にはなっていました。想像するに、何かの事情で穴があき(サスペンダークリップの埋め込み等)その穴を埋めるために木を差し込み表面を削った・・・。のではないかと思われますが。リペア関係に詳しい方に暇なときにお答えいただければありがたいです。

Aベストアンサー

ご想像通り、ストラップピンを外した穴を埋め木してタッチアップしたのでほぼ間違いありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報