プロが教えるわが家の防犯対策術!

1月の後半に中学校でスキー学習があります。
私は今まで一回もスキーをしたことがなくて全く分りません・・・

それで、群馬県のほうにスキーに行くのですが結構寒いですか?

まず、ジャージの半袖、カーディガン、ジャージの上、ウィンドブレーカー、その上にスキーウェアーを着ようと思うのですが滑ってるうちに暑くなりますか?
もし、暑くなっても脱げないのでウィンドウレーカーはやめといたほうがいいですか?

あとスキーに行ってもってったほうがいいものって何ですか?
(しおりに載ってないようなもので)

その他コツなど気をつけたらいいことがあったら教えてください

回答よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>結構寒いですか?



寒いと思っていた方が良いです。
その日の天気によってだいぶ違うのですが。
晴れて風もないというのであれば、それほど寒さは感じませんが、曇っているとなると気温が下がりますから寒さを感じるでしょう。

「1回もスキーをしたことがない」ということは、最初のクラス分けで「初心者クラス」になると思います。
上手い人は身体の使い方を知っているので、十分身体を使って滑ることができますから寒くはないのですが、初心者では上手く身体が使えませんから、その分身体を動かさないので「寒い」ということになります。

まあ、これはその初心者クラスでどのようなことをするのかによっても大きく違ってくるのですが。

>ジャージの半袖、カーディガン、ジャージの上、ウィンドブレーカー

これって着込みすぎですね。
かえって動きにくくなりますよ。
ヒートテック、ジャージの上、セーター、スキーウエアくらいでもよいと思いますが。
首回りを外気にさらさなければ寒くは感じません。
大きめのバンダナを首に巻いておけばOK.

>あとスキーに行ってもってったほうがいいものって何ですか?

帽子、ゴーグルは絶対として、フェイスマスクかな。
ゴーグルで目の周り、フェイスマスクで顔の残りが覆えるので、顔が寒いということがなくなります。
動き回って、息が苦しいときは外してください。

また、ホカロンとかホッカイロのような貼り付けタイプのカイロも便利です。
衣類のお腹や背中の部分に事前に貼っておけば、寒さ対策としてはバッチリですね。

説明を聞いている時やリフトに乗っている時が寒いだけで、身体を動かしてさえいれば寒くはなりません。
天気が良ければ、すごく気持ちいいんですけどね。

ケガには十分気をつけて、しっかり体験してきてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

2日目の午前中は吹雪だったんですがそのほかは晴天でしたっ!
とっても気持ちよかったです!

ウィンドブレーカーは着てかなくて正解でした
フェイスマスクの代わりにネックウォーマーをしてったんですがほっぺの部分がさむかったです・・・。
カイロは背中に貼りました!ぽかぽかしててとってもよかったです

スキーは初めてということもあり心配でしたがとっても楽しめました!

お礼日時:2014/01/24 18:15

北海道在住で、スキーとスノーボードをします。



持参する物については、他の回答者様が多数コメントしているので控えさせて頂きます。

ウエアですが、今のウエアは高機能ですので中はそれほど厚着しなくても暖かいですよ。
水は通さないですが水蒸気は通すような通気性が良いものでしかも暖かい。
あまり厚着をして、汗をかいて肌着がびちゃびちゃ、、、になってしまっては逆効果にもなりますから。

靴下も厚手のものは避けて、普通の靴下にしましょう。
最近の靴下でくすぶしまでしかないものではなく、すねまであるものが良いです。
余裕があるスキーブーツより、ぴったりと足のサイズにあったスキーブーツが操作しやすいので
ダイレクトに感覚が伝わるように薄い靴下の方が良いと思いますよ。

自分、もしくは息子たちにさせていた事ですが肌着を着替える時間がない、もしくは場所がない、場合のちょっとしたアドバイスですが、滑る前、もしくは出かける前に背中にタオルを入れておく。
もしくは、タオルの真ん中に首が通るくらいの穴を開けて、これを肌に直接かぶせてから肌着を着けます。

スキーが終わって、汗をかいていてもこのタオルが汗を吸ってくれて、タオルを抜くことで簡易的な着替えをした状態になります。
途中休憩で、タオルを交換しても良いですね。
ウエアを脱がなくても、首の後ろからタオルを引き抜けばOKですので楽ちんです。
抜いた時に、すーーーっとしますが後でべたつきもなく爽やかですよ。

あと、小さい万能ワックスのスプレーもしくはリキッドを持っていくと雪質が合わず滑らない時の対策になります。

スキーが滑らない方がスピードが出なくて安全だと思っている方もいらっしゃいますが、滑らないということは曲がらないということにもなり操作がしずらくなります。

以上、参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

本当に厚着しなくてよかったです!
けっこうあったかかったです!

参考になりました!

お礼日時:2014/01/24 18:23

もちろん、スキーが出来る=雪が溶けない気温ですから、結構寒いですよ?


体動かしてれば問題ないけれど、初心者まとめて講習があるなら、待ち時間があってなお寒く感じるかも。
動き始めると、結構なこと汗をかきます。気になるなら小瓶のデオドラントを持って行ってもいいですが、割れない入れ物で。

ウェアは風を通しませんから、ウィンドブレーカーは不要です。むしろ内部で汗が結露して冷えてしまいます。
インナーもアウターも汗を吸わずに通して肌を乾燥させてくれる化繊もの。スキーウェアの内は肌着とハイネックのシャツ程度でいいです。足元はジャージよりタイツの方が暖かい。靴下は長め。汗をかくから、下着・肌着・靴下の着替えは必須です。
小さめサイズの貼るカイロを持っていき、寒ければ腰に貼って使う。

その他用意したほうがいいもの
・日焼け止め(夏より日焼けしやすいです)
 必須ですからしおりに書いてあると思うけど。適宜塗り足しましょう。
・ポケットに入れておける高カロリーなオヤツ
 お腹すいても食糧調達困難です。転んでも割れる心配のないM&Msやチョコバーで。
・小さい炭酸ペットボトルに水。
 水分はトイレの問題で控えめにしますが、動くと汗をかくから喉が渇きます。
 炭酸PETボトルはぶつけても割れたりしにくいです。
・フリースのネックウォーマー、リストバンド
 転ぶと袖口や襟から雪が入り、溶けると濡れて体温奪われます。
 袖口と襟元の防備を固めていれば、風と雪の浸入を防げ、寒さはかなり軽減します。 
・フェイスマスク・耳あて
 雪風の時、有難さを実感します。耳あてもポケットにしまっておけるタイプがいい。
・帽子(風があるから帽子止めも)
 雪風・好天どちらでも有難いです。
 寒い時はフリース裏地のニット帽、晴れた日は庇付帽子が重宝です。
・メガネの人はくもり止め(ゴーグルの中で曇る事が)
・リップクリーム
・マジックテープ式のバンド1本
 道路を歩く時、板を縛って持ち運ぶため。ばらける心配がないと背負いやすい。
・洗濯バサミ数個
 (ものに付けて目印にしたり、部屋で濡れたものを干すため。)
・小サイズカラビナ1個
 食事の時など、グローブをウェアに引っ掛けておいたり。
・ZIP付ビニール袋・中
 濡れたものを入れて鞄にしまうため。ZIP付の袋が圧縮も出来て良い。
・ZIP付ビニール袋・小
 ゲレンデに持っていく小物を入れ、濡れるのを防止する
・ポケットティッシュ
 鼻水対策…。


持って行かないと思うけど、転んで壊さないよう携帯などは持っていかない。圏外だったりもする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日焼け止め塗ったんですがちょっと焼けてしまいました。
そのほかにも持ち物教えてくださりありがとうございます。

参考になりました!

お礼日時:2014/01/24 18:21

 他の人と同様、僕もお勧めするのは「薄くそして軽くとも肌に密着し外気を通さない様な、そして保温性が強く軽くて汗を熱に変える素材のアンダーウェア」で上半身・下半身を覆うことを先ずはお勧めします(野球のアンダーシャツなどでも代用はできます)。


 その上に着るのは防水性に優れたスキーウェア(例えばシンサレートやゴアテックスなどの素材を使ったもの)をお勧めします。
 毛糸のカーディガンは、一見温かそうにも見えますが、雪は元々水です。それが低温度の状態で変化したものですから、毛糸が水に触れたなら濡れたままになり逆に体温を奪うことになります。ジャージーも然り。
 初めてのスキー体験ですから、最初から確度のある坂を滑るわけでもないはずで、最初はスキー板の付け方に始まり「止まり方」や「上手な転び方」を繰り返し練習するはずです。ですから「滑っていて暑くなること」は先ずありえません。
 絶対に持っていった方がよいのは、スキー用のグローブです。初心者用のコースであっても、そこに中級者や上級者が時として割り込んでくる場合もあり、スキー板は鋭い刃物と同じですから怪我をする可能性も多分にあり、そうした怪我を未然に防ぐとの意味もあります。
 後は入念にストレッチすることをお勧めします。突然の温度変化により筋肉が収縮しそれによるトラブルもありますので、そうした事態を未然に防ぐとの意味があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

先生にも「雪山は寒いので筋肉が固まってて動きにくいのでストレッチを念入りにしとくように」と言われました。ちゃんとやってて良かったです!

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2014/01/24 18:18

スキーウェアは、現地でレンタルするのですよね?


だとしたら、それほど厚着はしなくても大丈夫です。
通常の体操着(半袖短パン+長袖長ズボンのジャージ上下)でOKです。
すごく寒いのは最初だけ。
特に初心者は、「転んで起き上がる」の繰り返しになるので、めちゃくちゃ汗をかきます。

くわしいことは、担任の先生にでも聞いてみてください。
あと、フェイスタオルはちょっと多めに持っていきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

最初は少し寒かったです・・・
あと、めっちゃ転びましたw
でも楽しかったです

お礼日時:2014/01/24 18:09

凄く寒いので仕度した方がいいと思います。



後は着替え物を用意すれば大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

思ってたより寒くなかったです!
スキーとっても楽しめました!

お礼日時:2014/01/24 18:06

ヒートテックのようなもの



ロンT

に、気温やウェアの質によって
薄手のフリースやパーカー
がいいと思いますよ

下もヒートテックの様なタイツの上に
ウェアで良いと思います
靴下は少し集めで長い物を。


楽しんでくださいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

靴下あつめのものにしといてよかかったです!
すねの部分が結構いたくなりました・・・。

スキーとっても楽しかったです!

お礼日時:2014/01/24 18:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二泊三日の公立中学校スキー教室の費用について

公立中学に子供を通わせております。
二月にスキー教室があり、その費用がどのくらいかかるのか不安です。
私自身、スキーもスキー教室も経験が無いのでどのくらいかかるのか検討もつきません。
学校からいくらくらい集金されるのか、必要なものを揃えるにはどのくらいかかるのか、どのくらいレンタル出来るのか想像もつきません。

東京から猪苗代らしいです。

母子家庭なので就学援助を受けておりますが、それも参加後に二万五千円前後援助してくれるとのことでした。

学校には聞きづらく、親しいママ友も別の中学に進学したので誰にも聞けません。
学校の体育の成績にも関係するので行かせてあげたいです。

ご回答、お待ちしております。
よろしくお願いします(´・_・`)

Aベストアンサー

25000円くらいでした。
レンタル費用は、一式(スキー板、靴、ウエア、手袋、ゴーグル?)で5000円くらい。

ウェアなど自分で持って行っても、たいして値段は変わらないので、荷物が増えるから、90%の生徒はレンタルでした。

家にゴーグルがあったので、それだけは持って行きました。

うちの学校は、下に着る服は、体操着で統一されていたので、買う人はあまり居なかったはずです。
おしゃれな子や、今後もスキーをする子は、持って行ったりしました。

家から持って行くとしても、フリースの服やジャージ、タイツ。

できるだけ荷物は少ない方が良いからね。

靴下は、厚手のが良いのでスキー用の方が良いかもしれないです。
もしくは厚手の靴下を二枚履きにするとか。

今後、学校で説明会があると思います。資料について無かったら、子供が先生に聞くといいですよ。

ちなみに、京都、奈良の修学旅行もそのうち準備があるはずですが、約6万円で、おつりがくるはずです。
1年くらい前から、積立ができるはずです。

交通費+おこずかいで、8000円持って行きました。
大した物買えませんでしたよ。いくらか余らせてきましたけど。

学校の役員をすると、先輩のお母さんから、聞くことができるので、おすすめします。
大体中学は、仕事を休めない人が多いので、土曜日とかの会議もあるはずですし、なかなか仕事の都合が付けられないと、言っておくと、理解してもらえることもあるはずです。

あっという間に卒業してしまうので、これから受験もあるし、少しでも話ができる友達を作ると良いですよ。

25000円くらいでした。
レンタル費用は、一式(スキー板、靴、ウエア、手袋、ゴーグル?)で5000円くらい。

ウェアなど自分で持って行っても、たいして値段は変わらないので、荷物が増えるから、90%の生徒はレンタルでした。

家にゴーグルがあったので、それだけは持って行きました。

うちの学校は、下に着る服は、体操着で統一されていたので、買う人はあまり居なかったはずです。
おしゃれな子や、今後もスキーをする子は、持って行ったりしました。

家から持って行くとしても、フリースの服やジャージ、タ...続きを読む

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Q学校のスキー教室での服装

もうすぐ小学校でスキー教室があります。

スキーパンツの下に何を着るかネットで調べたところ
タイツやスパッツと書いてあったので、
スパッツと厚手の靴下を購入しました。

子供に今日試着させたところ、
スキーパンツを脱いだ時にスパッツは格好が悪いと言い出しました。

お弁当を食べる時とか帰りのバスなどでは
スキーパンツは脱ぐのでしょうか?

経験者の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

状況によるかもしれませんが・・・・・

ジャケット(上着)は脱いでも、スキーパンツまでは脱がないでしょう。
(学年がわかりませんが、小学生がスキーパンツを汚さないように脱ぎ着するのは無理なのでは無いかと)

下半身が冷えないようにやはりスパッツなどは必須と思います。
で、体温調節などは上半身の脱ぎ着で行う。

と言うのが基本的な対処法ではないでしょうか?


人気Q&Aランキング