光は波動性に基づく動きをしているように考えられていたが、
実はごく弱い光を観測してみると粒子性を持った動きをする
とありました。

どういう意味ですか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

夜空の星の話です、説明不足でした。


補足します。

6等星のような弱い光の星(弱いとは光の量が少ないということです)を見ていると普通の人なら見えます。このとき、目を閉じ、もう一度目を開けた瞬間に見えるのは光が粒子でないと説明できないということでした。

この光の粒子性のことを光子(こうし:エネルギーE=hν)と言います。視神経が感知するには約100個の光子が必要だそうです。1個の光子でも認識できるという人も居られます。このように目に感じるのはハッキリと光子だという以上、光が波では説明できないのではないでしょうか?

ここの「教えて」はいろんなレベルの方が読まれていることを考えて、分かり易い言葉で説明することに努めています。
    • good
    • 0

弱い光という言葉の定義が良くわかっておりませんが、


光の粒子性は、光電効果から説明することができます。

光は波動か?粒子か?、歴史上の多くの物理学者たちが、この疑問の解明に取
り組みました。光の反射、屈折などが、波動説・粒子説の立場で説明されまし
たが、最初に軍配をあげたのは波動説でした。光が干渉を起こす現象が粒子説
では説明できなかったからです。このため、しばらくの間は光は波動であると
信じられてきました。ところが、光電効果という現象が見つかりました。光電
効果は真空中の金属に紫外線などの短い波長の光を当てると金属内の自由電子
が外へ飛び出してくる現象です。光電効果を詳しく調べてみると、興味深い現
象がいくつか見つかりました。

(1) 電子は光があたったとたんに金属の外へと飛び出してくる。
(2) 光の波長を変えて実験してみると、飛び出してくる電子の運動エネルギー
  は光の波長が短いほど大きい。
(3) ある波長より長い波長の光では、光の明るさをいくら強くしても電子は飛
び出してこない。
(4) 電子が飛び出してくる波長の光では、光の明るさに関係なく光が飛び出し
てくる。
(5) 光の明るさを強くしても飛び出してくる電子の運動エネルギーは変わらず、
  飛び出してくる電子の個数が増加する。

電子の運動エネルギーが光の強さに無関係という結論が、光の波動説に大きな
衝撃を与えました。光が波なら光を強くすれば光のエネルギーが大きくなり、
飛び出してくる電子のエネルギーも大きくなるはずだからです。また、光が波
なら、いかなる波長の光でも、明るさを強くするか、あるいは十分に時間をか
ければ、電子はエネルギーを蓄積して金属の外へ飛び出してこなければなりま
せん。しかし、結果は予想に反したのです。光の波動説はここで大きくつまづ
くことになりましたが、一方で波の性質を示す光を目の前にして多くの物理学
者が頭を悩ませました。
 この光電効果の不思議な現象を正しく説明したのがアインシュタインでした。
彼は一九〇五年に「光はその振動数に比例したエネルギーをもつ粒子(光子ま
たは光量子)である」という光量子説を発表し、光電効果から光の正体を解き
明かしました。彼は光が弾丸のような粒子だったら、(1) のように、光がぶつ
かったとたんに電子が飛び出してくるのは不思議ではないと考えました。また、
光は振動数に応じたエネルギーをもつ粒子であるため、光の明るさを強くして
も光子一個のエネルギーは変わらないと考え、(2)~(4)の現象を説明しました。
さらに光の明るさが強くなるということは、光子の数が増えることであると考
え、(5) の現象を説明したのです。アインシュタインが、光が粒子の性質と波
の性質をあわせ持った光子であることを見事に結論づけたことによって、光の
波動説と粒子説の論争に終止符が打たれることになったのです。

参考:光と色の100不思議(東京書籍)
   ブルーバックス物理のABC(講談社)

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/
    • good
    • 0

物理分野の性質を理解するのに、やはり生物の知識が必要な例を


持ち込んでくるのはどうかと思います。
なぜなら、視神経を刺激するためにはなぜ光子として考えなければならないか、
つまり視神経が光から刺激を受ける仕組みを理解していなければならないからです。
そこで、きちんと光電効果から光の粒子性を説明しましょう。

また、私の前回の書き込みで少し間違いがあったので、訂正します。

>光の強度とエネルギーに関係はありません。
  全エネルギーと強度は関係がありますね。

では、光電効果の説明をします。

真空中におかれた金属に振動数νの光を当てます。
この光のエネルギーはプランク定数hを用いて、hνと表されます。
このとき、νを変化させると運動エネルギーKを持った電子が真空中に
放出されます。
このときの運動エネルギーKは
 K=hν-W
と表されます。ここで、Wは仕事関数と呼ばれ、金属の種類によって
決まっている量です。
この式からわかるように、光の振動数νがある大きさを越えないと、
電子は真空中に放出されません。
次に、振動数は一定で、光の明るさ(これが光の強さと言われている)を
変化させます。
光の強さを変化させても、放出される電子の運動エネルギーは変化しませんが、
放出されてくる電子数が変化します。
暗くすると、放出される電子数が減少するのです。
このような減少を説明するとき、振動数νを持った光はエネルギーhνを持った
粒子であると考え、その明るさは粒子の個数nの大きさで表されると考えると
説明できます。


>実はごく弱い光を観測してみると粒子性を持った動きをする

 したがって、これはごく弱い光でも光電効果が起こるためには、光が粒子性を
 持っていなければならいというふうに書いてあったのではないでしょうか?

しかし、弱い光でも干渉や回折、反射をするので波動性がないわけではありません。

あと、光の強度と全エネルギーについての説明です。
光の全エネルギーは1つの光子が持つエネルギー(hν)を全粒子数(n)倍すればいいので、

  E=nhν

となります。
強度が小さくなると、粒子数nが減少するので、全エネルギーは減少します。
ここで注意してほしいのは、全エネルギーが小さくなると強度が小さくなると言うことは
いえないと言うことです。

わからないことがあれば、追加質問してください。
できる限り、詳しく説明するように心がけます。
    • good
    • 1

ニュートン力学では粒子と波動は別の存在であり、両方の性質を持つ存在はありえない、古典論では粒子は物質であり、はどうは物質の運動=現象である、つまり粒子と波動は両立しえないものである。


しかし、古典物理学では、粒子とされていた電子が、波動性をもち波動と把握されていた光が粒子性をあらわす実験結果が発見され、「粒子-波動のニ重性」と言うものがあらわれたそうです。
学校で習ったことですけどね。
光電効果とかコンプトン効果とかヤングの干渉実験(粒子=非干渉、波動=干渉)など色々調べてみるといいかもしれませんね。
つまりは、kajuramさんの回答が的を得ていると思います。
    • good
    • 0

 光は粒つぶだなぁと思うと2つの性質で光の強さが決まります。


 ひとつは光の振動の速さ(振動数)によるもので、赤外線はあったかいだけだけど
紫外線は日焼けするみたいに原子や分子に与える影響が異なります。
ちなみに、携帯電話でおなじみの電波も光の一種ですが、日焼けしたりしません。これは、振動数が低いためです。逆に、レントゲン写真でおなじみのX線は振動数が高くDNAを傷つけてしまうくらい強力です。
 もう一つの性質は、粒つぶの数です。これは、ちりもつもれば山となるで、振動数が低い光でもたくさんあつまると大きなエネルギーになります。電子レンジは周波数としては目に見える光よりだいぶ振動数が低い光(電波)でも、水分子の振動数に共鳴するようなものを大量に発生させることで食べ物をあっちい状態にしています。
 さて、ご質問の「弱い光を観測してみると粒子性を持った動きをする 」というのは
光が数えられるくらい、粒が少ないとき、(フォトンカウンタで)1個2個...と数えられる、といっているだけのように思います(レーザーのような位相が揃った波の場合は実は粒子数の揺らぎが大きくなって絶対量としての粒の数をうまく数えられなくなります=そして、これを端折ったのがご質問の解説ではないでしょうか)。しかし、べつにたくさんあっても、粒は粒です。どちらかというと、前半で述べたような周波数の高い光のほうが(したがって、あるいみ強い光のほうが)、波としての粒子としてみなせると考えるのではないでしょうか(波らしいい性質としての回折が少ないため)。
    • good
    • 0

どのような本にそのような嘘の解説が書いてあったのでしょうか?



強い光であろうと、弱い光であろうと波動性と粒子性の両方を示します。

それと、光の弱いと強いをどのように定義しているのでしょうか?
通常、光の強度とエネルギーに関係はありません。

>夜空を見上げて御覧なさい。目を開けた瞬間に見えるでしょう。
>------ 光が波だとすると、視神経を刺激して見えるまでには数秒は
>かかるでしょう。

何のことでしょう。
この説明で、粒子性と波動性の違いを理解できたのでしょうか?
私には、理解できません。

光の粒子性は、光電効果を説明するために必要です。
波動性は、干渉や解説の説明に必要です。
    • good
    • 0

質問者の補足にお答えします。


例を光合成にしましょう。

光合成するには一定以上のエネルギーが「一度に」必要です。

例えば、跳び箱を超えるには、その高さを飛び越えるだけの運動エネルギーが必要です。それ以下のエネルギーで何回跳び箱に走っても飛び越えることは出来ません。一度にそれだけの運動エネルギーが必要なのです。

次に、光電効果を例にしましょう。

真空中で、金属に、光を当てると電子が飛び出してくる現象です。

波長の長い光を長時間あてても、電子は全く出てきません。しかし、波長の短い光を当てると、その瞬間に電子が飛び出してきます。一定振動数より大きな光でないと、光電効果は起こりません。

可視光線より、紫外線が波長が短い光です。X線よりγ線がもっと短い光(電磁波)です。紫外線が多いときに、日焼けをするのはそのためです。

疑問点がありましたら、また、補足欄に書いてください。
    • good
    • 0

光を検出できるものがあり、それは光があたると色が変わるとします(わかり安くするために


そのように言っときます。便宜上、以下これを「画面」と呼びます。)
そして、ものすごく弱い光を2つのスリットを通して、画面に当てると、光は勿論、波動性がある
ので、干渉して、干渉縞が画面上に現れます。しかし、その干渉縞ができる過程は、画面に
つぶつぶが徐々についていって、そのつぶつぶの跡が多数重なっていくと、干渉縞ができあがる
というぐあいになっているのです。干渉縞ができるのは、光の「波動性」で、また、つぶつぶができ
るのは光の「粒子性」です。こういう実験を見た事があります。

これがもし強い光だと、一気につぶつぶが画面について、いきなり干渉縞ができあがるように見える
ので、粒子性は観測されない、ということだと思います。
    • good
    • 0

光が粒子性でないと説明できない現象を紹介した方が良いでしょう。



夜空を見上げて御覧なさい。目を開けた瞬間に見えるでしょう。------ 光が波だとすると、視神経を刺激して見えるまでには数秒はかかるでしょう。

光合成も光の波動性では説明できません。

われわれが日焼けするのも光が波動ではやはり説明できません。

これらの現象は皆、光が粒子性でないと説明できない現象です。光を段々弱くしていっても長時間たちますと、日焼けします。光が波だと、光を弱くすれば、日焼けをさせるようなエネルギーはないはずです。

では、ついでに、光が波でないと説明できない現象も紹介しておきます。

干渉と回折です。以前、ニュートンリングの質問がありましたが、これは光の干渉です。

この回答への補足

なぜ光が波だと弱くしたときに日焼けさせるようなエネルギーがないのですか?
また、粒子だとなぜエネルギーがあるのですか?

補足日時:2001/06/03 21:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光で映画レンタルしていますか?

世間では光への移行が進んでいるようですが、我が家はお恥ずかしながらまだADSLです。光にすると映画などをレンタル出来るそうで、実際のレンタルビデオだと貸出中や延滞金があるのに、それがないとのこと。皆さんは本当に光で映画などをレンタルしているのでしょうか?もしもしているとすれば、どこの事業者のどの料金プランでどのように使っているのか教えていただけますか?

私は関西で戸建てに住んでいますので、選択肢としてはeo光かフレッツひかりのどちらかだと思われます。しかし例えばNiftyのひかりTVの場合、お値打ちプランだと月額3675円もの高額な料金になります。ツタヤ等の実店舗でレンタルビデオ1回につき500円としても月に8本以上もレンタルしないとひかりTVがお得になりません。せいぜい月に1~3本しか見ない我が家ではツタヤの実店舗に今まで通り借りに行くほうがお得に思われます。

Aベストアンサー

インターネット動画配信サービスを行っているところもありますよ。

huluというサービスは月額980円で見放題というサービスがあります。

Q光の波動性&粒子性について。

光の波動性&粒子性について。

光が「光子」という粒子性を持っているのではなく、空間が「それ以上分割出来ない基本単位」という性質を持っている、と考えた方が分かり易い様な気がするのですが・・・
電車の電光掲示板をみていて、よくみれば小さなランプが面上に配列されていてランプの点滅しか出来ないのに、文字などがまるで途切れる事なくスムーズに流れていく様子が、光の粒子性と波動性みたいだな・・・と思いました。
この場合のランプが「空間の基本単位」であるとすれば、その方がイメージし易い気がします。

だから、光は基本的には波動性のみを持つものであり、この宇宙の性質として「基本空間で分割されてしまう」というシステムがある為に、粒子性を帯びているような実験結果が出てきてしまう、ではダメなんでしょうか?

Aベストアンサー

物理の言語はあくまで数式。実験で検証するのも数式からくる数字です。
波動性と粒子性は数式の持つ意味を一般言語に翻訳・意訳しただけです。
イメージの方を変更しても、あまり意味は無いんですね。

大学で習う理論では空間は連続空間です。プランク長さという
特徴的長さを持ちますが、空間を分割することはしませんので、
これらの理論は、あなたのイメージに合いません。

しかし、固体電子論でならう強束縛模型(URL 参照)は、
あなたのいう電光掲示板で、
電球を固体中の原子に、
点滅を電子に、
置き換えたイメージがぴったりです。
当然、電子も粒子性と波動性を有していますので、あなたの発想は、
この理論では正しいといえるでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E7%B5%90%E5%90%88%E8%BF%91%E4%BC%BC

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Q波動性と粒子性

量子力学で波動性(スリットの干渉とか)を示す実験と粒子性(光電効果とか)を示す実験で、もし一つの光について交互にそれらの実験をするとどうなるのでしょうか?
たぶん、そんな実験は無理だと思いますが。
光は波動性・粒子性をそれらの実験毎に示すのでしょうか?
それとも一つの実験をすると状態が確定するみたいなことにはならないのでしょうか?
勉強すればするほど不思議なのですが・・・。
とにかく受け入れろってことなのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

素粒子は、粒子のように振る舞うことも、波動のように振る舞うこともありません。それは、位置や運動量、あるいは、振動数や波長という物理量をもつことで、粒子性や波動性もつのです。粒子像や波動像は、素粒子の一面に過ぎません。素粒子は、これらの性質を持ち合わせている”何か”なのです。

>波が収縮すれば本当に粒子のように振舞うのか?
波が収縮するということ自体が、位置が確定するということであって、これが粒子性の表れなのです。

Q映画の背景で換気扇がゆっくり回って光が射し込んでいる映像

よくある映画のシーンで、背景に換気扇がゆっくり回っていてその隙間から光が射し込んでクルクルまわっているいる映像をよく見るのですが、これを一番最初にやった映画や監督は誰ですか?

大抵の映画にこのようなシーンがあるような気がするのですが・・・何故なんでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リドリースコットだと思います。ブレードランナーや、ブラックレイン、エイリアンなどに、そのようなシーンがでてきます。パッと思い浮かんだのが、リドリースコットです。

参考URL:http://www.i-breeze.com/ayachi/direct/direc_r/direc_r02.html

Q波動性と粒子性の比較について

光の特徴である波動性と粒子性について、法則、現象、及び具体的現象について例をあげるとしたらどんなことがありますか?
波動性はホイヘンスの原理、ヤングの干渉が法則であり、現象としては空間の伝搬をし、具体的例として反射や屈折が考えられました。
また、粒子性では、マクスウェルの方程式、現象としてはフォトンであり、光電効果が考えられました。
その他の法則や現象について教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず訂正として、電磁波を記述するマクスウェルの方程式は波動の方程式ですよ。
光自体の量子化は第二量子化といって量子電磁気学ですね。

あと具体例ですよね。
波動性を表す物は回折現象とか、色々あると思いますので割愛します。

粒子性を表す物としては、光電効果が一番有名ですがコンプトン効果もあります。
あと、フォトンカウンティングなども粒子性がよく現れている例ですね。
少し異なりますが、巨視的量子力学効果が現れているフォトニック効果もその仲間といえましょう。
(フォトニック結晶もキーワードになります)

フォトンエコーも量子力学的な効果ですが、半古典論(物質側を量子力学、光は古典論)で導くことが出来るので少し異なるかもしれません。

一言で波動性、粒子性と言ってもどこで切り分けるのかは結構微妙ですから、割と広めな解釈で例を挙げました。

Q光と闇が対決する映画を教えてください

光と闇が対決する映画を教えてください。
洋画邦画アニメなんでもいいです。
たとえば「幻魔大戦」みたいなものでしょうか?

よろしくご教示お願いします。

Aベストアンサー

アニメ 「バンパイヤーハンターD」

 人間とバンパイヤーの混血、D(ディー)が
バンパイヤーたちと戦います。
 人間からはバンパイヤの仲間のように見られ
嫌われるDですが、彼に救われた人たちは彼への
感謝の気持ちを忘れていません。


洋画 ブレイド

 この日本アニメのパクリだと言われているハリウッド
映画に「ブレイド」というのがあります。
出産の直前に母親がバンパイヤーに襲われ、
人間でありながら、バンパイヤーたちが持つ
特殊なパワーを身につけたブレイドとバンパイヤー
たちの戦いを描きます。吸血本能だけは薬で
押さえ戦うブレイドですが、徐々に限界に近づき
苦戦を強いられます。

Q素粒子の波動性と粒子性について

素粒子の波動性と粒子性について

基本的に以下の考え方で合ってますか?
  間違いを(表現を含めて)指摘していただけると幸いです。
  
  例として「電子雲」ですが。

  電子はある時間内に存在位置の確率の波として原子核の周囲に
 雲のように広がって存在するといわれています。

  この意味するところは、

 (1)個々の電子は一個の粒子だがその位置は時々刻々と変化する。
  変化は高速なので、ある一定時間内では雲のように見える。

 (2)その位置の変化をグラフにプロットすると最終的に波の分布として
  現れるが、不連続で決まった時刻Tにどこに現れるかは解らない。
  それは確率に従う。 

  基本的にはこういうことですよね?

 仮にその波が正弦波であったとして、この波の進行と時間の関係をグ
 ラフにすると波の振幅ポイントが時刻とともにバラバラである。
 (確率分布する) 

 この順序をあとから組みなおせば、正弦波であったことが解る。

 ということですね? 

 これって何かに似ているな~と思って考えたんですが、
 IPなどのパケット通信のやりかたに似ていませんか?

  例えばPCのディスプレーの画像を1画面表示するのになにも左上から
 順番に走査してドットを表示してゆく必要はなく、ランダム(中央付近だっ
 たり、その少し右上だったり)にドットを表示してゆき単位時間内に1画面が
 完成すれば、フレームレートが高いと人間には左上から走査した画像と
 区別がつきません。(遅ければその違いは歴然と解ります)

 各ドットは送られた色情報(明度、輝度、彩度)さえ歪まなければば送信
 した画像が再生されます。(静止画も動画も同じです。) 

  一方、波動(波)であるということと、周期性(波のような性質)をもつと
 いうことは同義ではない気がするのですが...

  例えば円盤の回転運動ですが、円周の一点の位置と時間の関係は
  グラフに描くと波として描けます。 でもそれは描けるだけで実際に波
  打っているわけではありませんよね。 位置の周期性はあってもバイ
  ブレーションは感じません。(回転運動を別の何かの往復運動に変換
  はできますが、別の何かが必要です。)

  これが時計回りと反時計回りの往復運動なら明らかに波動(波)ですよ
  ね。
  高速なら相当なバイブレーションを感じるはずです。(質量やエネルギー
  によりますが。)

  この往復運動の円周の1点の位置を同様にグラフに書くと回転と同じに
  なってしまいます。

  この場合、回転運動には周期性はあるが波動(波)ではない。
  ということになりませんか? 


そこで、
 
  素粒子の場合は位置情報の周期性は予めもっている。
  (位置的振幅と振動数がグラフにプロットできるので波の性質がある
  ように見える。)

  ただその順序は確率に従いバラバラでパケット通信のようになってい
  る。(各位置の時刻指定がない)
  しかも一旦位置が決まると次の位置は

  (1)位置の波の周期が1サイクルするまで同じ位置には絶対これない。
  又は(2)1周期内に同じ位置にこれても、その確率が極めて低いので
  無視できる。
  
  (1)(2)はどちらが正しいのか知識がありません。 ご教授下さい。
 
  素粒子になぜそのような性質があるのかと問われてもわからないし 
  観測事実なのですね。
  (確率に従うならば次の瞬間にはすぐ隣に来ることもあるはずなの
  で球面内の乱反射運動などではないですよね?)

  考え違いでしょうか?

  そうなると空間伝播する光は一種のパケット通信網ですね?

  (もしかすると、この世は本当は素粒子によるデジタル方式で近似的
  にアナログに見えるだけなのでしょうか? こては余談です。 ふとそ
  う思っただけです。)

素粒子の波動性と粒子性について

基本的に以下の考え方で合ってますか?
  間違いを(表現を含めて)指摘していただけると幸いです。
  
  例として「電子雲」ですが。

  電子はある時間内に存在位置の確率の波として原子核の周囲に
 雲のように広がって存在するといわれています。

  この意味するところは、

 (1)個々の電子は一個の粒子だがその位置は時々刻々と変化する。
  変化は高速なので、ある一定時間内では雲のように見える。

 (2)その位置の変化をグラフにプロットすると最終的...続きを読む

Aベストアンサー

ANo1のコメントについて

>(観測データ)を並べると軌道に見えるということでもないのですか?

ANo.3の方も書いていますが、測定をすると状態が変わってしまうので、たとえば、

(A) 10秒後に測定し、引き続き15秒後にも測定する
(B) 10秒後には測定せず、15秒後だけ測定する

では測定が系に影響を与えるため結果が変わってしまいます。
このため個々の粒子を時々刻々追っていっても、そうしてえられた軌跡は、
擾乱を受けずに運動している場合の粒子の軌道(仮に軌道があるとしても)とは全く異なるものになってしまいます。


>とすると電子の「XX軌道」ってどういう概念なのでしょうか?

この軌道と言う名前は、電子が原子核のまわりを回っていると思われた時代の名残といっていいと思います。ここでいう「軌道」とは、エネルギーや角運動量などで指定される電子の状態のことです。


それから、量子力学では確かに状態を確率の波(波動関数)で記述します。しかし、これは本質的に複素数の波で、現実世界に実在するものであるのか、計算の便宜上の存在でしかなく実在はしないものなのか、という点についても結論は出ていません。

わかっていることは、『この複素数の波(波動関数)の絶対値の二乗を確率(密度)として取り扱う(確率解釈)と現実に起きている現象をいまのところうまく説明できている』、ということだけです。

ANo1のコメントについて

>(観測データ)を並べると軌道に見えるということでもないのですか?

ANo.3の方も書いていますが、測定をすると状態が変わってしまうので、たとえば、

(A) 10秒後に測定し、引き続き15秒後にも測定する
(B) 10秒後には測定せず、15秒後だけ測定する

では測定が系に影響を与えるため結果が変わってしまいます。
このため個々の粒子を時々刻々追っていっても、そうしてえられた軌跡は、
擾乱を受けずに運動している場合の粒子の軌道(仮に軌道があるとしても)とは全く異なるものになっ...続きを読む

Qプリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトをもらえますか?

プリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトプレゼントをもらえますか?
一人で行った場合。

Aベストアンサー

チケットを買わずに入れる下の娘と
チケットを買った私は貰えませんでした。
チケットを買って入った上の娘だけが貰えました。
だから貰えないんですよ。なんだか納得いきませんが。

ちなみに昨秋の光るライトはミラクルライトII
この春のものはミラクルライトIIIです。

新しい主人公にちなんで
「幸せゲットだよ~♪」と言いたいところですが。。

Q電子や光子の波動性と粒子性について

こんにちは、王次郎です

”光の物理”(小林浩一 著,東京大学出版会)p.35には、光の粒子性と波動性に関して以下の様に紹介されています。

『光の行動は、観測されるまでは空間に広がった波動、つまり電磁波の立場で考えなければならないし、観測されてはじめて、光は粒子、つまり光子としての顔を見せることになる。(中略)光が原子や電子あるいは一般には物質と出会い、エネルギーを交換するときには、光は粒子のように行動し、それ以外のときには波動のように振る舞うといってよいだろう。』

量子力学では、例えば電子の波動関数は、電場や磁場などの物理的な存在ではなく、状態(可能性)として空間に広がって存在しているとされていたと思います。光の波動性が、電磁場としての物理的な存在であるのに対して、電子などの粒子の波動性は波動関数で計算される状態の波であるとすると、電子や粒子の波動性と光の波動性は別物なのでしょうか?
それから、光もシュレーディンガー方程式で波動関数が計算できるのでしょうか?

Aベストアンサー

当たり前ですが光子は光の速さで飛んでますので,非相対論的なシュレーディンガー方程式ではなく相対論的なクライン=ゴルドン方程式にしたがいます。

クライン=ゴルドン方程式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%B3%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F

これは自由粒子の相対論的エネルギーの式

E = √[ (mc^2)^2 + (pc)^2 ]

を二乗して,Eとpを演算子に置き換えて波動関数に作用させることで導かれます。光子は質量が0なので,最終的には,なんのことはない,普通の波動方程式になります。

このときの波動関数と現実に観測される電場の関係がどうなっているかはは知りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報