出産前後の痔にはご注意!

質問失礼します。
古いレンズでよく見かけますが、マウント部が黒く汚れているのは、何の汚れでしょうか?
カビなのかサビなのか...
今回頂いたレンズが古く、だいぶ拭いたので、見た目ではましになりましたが、拭いた後のペーパーを見るとまだ黒いのが付きます。
カメラに使用したところカメラ側にも黒いのが付いてしまって、、
あまり使わない方が良いでしょうか?

改善方法などありましたら教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現物を見ないと断言はできませんが、黒い汚れだと恐らくマウント部の潤滑・耐腐食のための油分に細かいゴミが付着したものです。


まだ新しい機材でも、拭いてみるとそれらしきものが付着します。
ある意味、当たり前のことなのです。

マウントに用いられる金属自体が油分を含んだ素材になっていると聞いたこともありますし、単にマウント部に油分を塗布しているだけと聞いたこともありますが、各メーカー・機種ごとの仕様がどうなっているかまでは私には分かりません。
いずれにせよ、通常それほど清掃が必要な部分ではなく、よっぽど派手な汚れ・ゴミでない限り、使用に差し障りが出ることはないはずです。

ただ、古いレンズだと経年劣化で、摩擦・摩耗によるマウント部の細かな欠けやはがれが起こりやすくなって、それが目立つ汚れになっている可能性はあります。
目に余るようでしたら、サポートセンターに相談されてみるとよろしいかと思います。
サポート期限切れ等の理由で、直接手を下してくれることはないかもしれませんが、何らかのアドバイスはもらえると思います。

マウント部だと“サビ”は接合面ではなく端の角辺りから浸食してくるケースが多いですし、黒ではなく茶色か白で出てくると思います。

マウント部に“カビ”はそう簡単に発生しないはずですが、仮にそうだとすると、レンズそのものがカビだらけになっている可能性を心配しないといけません。
痕跡が見受けられたら、とりあえず隔離して考えることになりますし、特に痕跡がなければカビではないと判断していいと思います。
    • good
    • 0

錆なら見れば直ぐに分かるし、カビでも無いと思いますよ。


多分、油分に埃がこびり付いたものではないでしょうか?

取敢えず、無水エタノールで丁寧に拭って見られては?
汚れが取れたら、極薄くミシン油を塗ると良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォーカシングスクリーンとは?

まだ写真は初心者の部類です。MFで写真と撮る場合「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントの山がつかみやすいとか聞きますが?そもそもこの「フォーカシングスクリーン」とはどう言う物ですか?最初からは付いてないのですか?
デジカメで写真を撮ってますが、ほとんどはAFですが、たまにMFで撮りますがピントが合いません(視力が悪いので視度調整はしてあります。)「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントが合いやすくなるのですか?

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様のフォーカシングスクリーンが付いており、用途に応じて交換できるカメラもあります。
AF機では(特にエントリーモデル)、MF時のピントの合せ易さより明るさを優先させる必要上、集光率の高いフォーカシングスクリーンが用いられます。
AF機でも、中級機以上ではフォーカシングスクリーンを交換できるカメラもあり、ピントの山が掴み易いものに交換できますが、ファインダーが暗くなるので、F2.8クラスより明るいレンズが必要です。

要するにフォーカシングスクリーンが交換できるタイプのカメラか否か、お使いのレンズの明るさ等も勘案する必要があると言う事です。

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様の...続きを読む

Qカメラの本体の青いサビの落とし方

うちの押入れから母が使っていた古いカメラが出てきてオーバーホールしました。機構的にはばっちり直ったのですが、ボディーに点々と青いサビ(カビ?)がついていてちょっと気になります。
色々調べた結果「緑青」ではないかと思いますが自信がありません。
金属磨きだとめっきが取れそうですし…よくわかりません。
これをうまく落とすにはどうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

古いカメラのカバー類は、黄銅(銅、亜鉛合金)板にニッケル、クロムなどのメッキですから、メッキのピンホールから、お考えのように銅合金の緑青(青サビ)(塩基性硫酸銅や炭酸銅類)が出てきたものと思います。

金属磨きでは、メッキが取れるので研磨剤が入っていないクリーナーが適当と思います。
わたしは、カネヨ石鹸のクリンボーイを使います。水なしでよく塗りつけて、しばらくして、こすり落とします。
程度により一度で落ちなくても、何度も、繰りかえしこすると取れました。


人気Q&Aランキング