最新閲覧日:

 こんにちは。

 表題の2つは、どう違うのですか?
教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

もう少し詳しく書いておきます。



ところてんの原料の天草(てんぐさ、トコロテングサ、ココロテングサとも言われます。この辺がところてんを漢字で書くと「心太」の元になっています。)は紅藻類テングサ科の海藻で、、
黒潮の影響をうける海岸付近に多く育ち、
特に伊豆半島あたりが産地として有名です。

このテングサを水で煮て、その煮汁を固めた物がところてんです。

葛きりの材料の「葛」はアジア原産の多年生マメ科のツル性植物で、その「葛」の根を粉にして寒水にさらし出来た物が「くず粉」です。吉野葛が有名ですね。

このくず粉をお湯で溶かして方に流して固めた物が葛きりです。
    • good
    • 0

ところてんは海草のてん草を材料としています。


葛きりは「葛」という植物を材料にしていますので全く異質の物です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ