ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

 自分のパソコンは7なんで全然大丈夫なんですが、親のパソコンが確認したらXPでした。
二台のパソコンは、全然ケーブルとかでつないでなくて、両方とも家の中では無線でインターネットに接続してます。(アドレスは同じです)
ぶっちゃけ、親の方のパソコンは流失して困るような個人情報も入ってないわけなんでこのままと思うのですが、自分の方は個人情報もあればネットバンキングもやってるんで何かあれば非常に困ります。

さて、親の方をこのまま放置して自分の方に何か悪影響が起こる可能性はあるでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

同じネットーク内に


XPと7がいるなら(無線か有線かは関係ありません)

同じルーターからネットしてるなら同じネットワークの中です。

XPのパソコンと7とでフォルダやファイル共有しているなら

windows7はまったく安全ではありません。無防備です。(つまりはWindows7であってもXPに近いレベルで危険です。)

>親の方のパソコンは流失して困るような個人情報も入ってないわけなんでこのままと思うのですが、
>自分の方は個人情報もあればネットバンキングもやってるんで何かあれば非常に困ります。
>親の方をこのまま放置して自分の方に何か悪影響が起こる可能性はあるでしょうか

まずネットの危険は情報流出と
XPを踏み台(経由して)にしてwinndows7へ攻撃や侵入される恐れがあります。

質問者さんのパソコンが攻撃されなくても
親のPC経由で遠隔で赤の他人のPCに侵入し、何か問題が起これば
警察に逮捕され、疑惑が晴れるまでは拘置される恐れがあります。

また、損害が発生すれば被害者から親が犯人でなくても
危険な状態なまま(XPのまま放置)で放置したことになり
損害賠償を求めれる可能性があります。(この場合、上記の犯人でなくても)

危険なPCを放置したという責任からは逃れられません。
簡単にいくと爆弾を爆発させたのは犯人ですが、
爆弾を放置した責任があるというこです。
    • good
    • 0

親の方をこのまま放置して自分の方に何か悪影響が起こる可能性はあります。


ただし、親の方のXPにMicrosoft Security Essentialsをインストールしておけば、2015年7月までは、ほぼ大丈夫になりました。
貴方の7でも、ウイルス感染に絶対に安心とは言えませんので、2015年7月までは問題ないでしょう。

Microsoftは、Windows XPのサポートが終了する2014年4月8日に、Windows XP向けのアンチウイルスソフトウェア「Microsoft Security Essentials」の配布を終了することを明らかにしていましたが、前言を撤回し、Microsoft Security Essentialsのアップデートを2015年7月14日まで継続することを発表しました。
    • good
    • 0

2台のPCはケーブルではなく「同じネットワーク」と言うことで繋がっています。


(アドレスとはIPアドレスと解釈しました)
また親のPCにはメールアドレス等も一切入っていないということでしょうか。

ハッカーではないのでそちらの分野は専門的には判りませんが、
ネットワーク管理だけで考えても内部に侵入される危険性のあるものがおいてあるだけで十分すぎるほど危険です。

完全にネットワーク毎分けるか親のOSを更新するかすべきです。
    • good
    • 0

最悪、ご両親のPCを踏台にあなたの情報が流失する恐れがあります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング