「囲卵腔」
これ、何て読むのですか?

A 回答 (1件)

「いらんくう」と読みます.


「卵黄周囲隙(らんおうしゅういげき)」とも言うようです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2001/06/05 16:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖母は何て読むのですか?

 魚の名前だと思うのですが、沖母は何て読むのですか?
ナメタですか?

Aベストアンサー

「オイラン」と読ませることが有ります。
青森県の特産海産品に「沖母カレイ」と書く「オイランカレイ」が有ります。青森出張時「八食センター」で読めず、産地の方に教えていただきました。なめたかれいの地方名だと思いますが、魚は地方によっていろいろな名前を待っていますので、難しいです。

Q卵割腔と胞胚腔の違い

卵割腔と胞胚腔とは同じものなのでしょうか。
参考書を見ても卵割腔(胞胚腔)と書かれているものがよくあります。卵割腔と胞胚腔の違いがあれば、知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じものです。しかし,桑実胚期までは卵割腔,胞胚期は胞胚腔と呼ばれます。

個人的には,どちらも割腔で良いではないかと思いますが…

Qウニの発生で卵割腔・胞胚腔ができる理由

どういう必要性があって卵割腔はできるのか
教えてください。
例えば、栄養的な面で、すべての細胞が外部に接触
する必要があるので内側に隙間ができるなど。

Aベストアンサー

卵割の初期にできる割球は、まだ未分化な細胞で特殊な形態を持ちません。つまり、物理的に安定な球形になろうとします。2細胞・4細胞では細胞どうしがの横に接するだけですが、8細胞以降では縦・横の2方向に積み重なります。テニスボールを4個ずつ2段に重ねたと考えてください。8個の細胞の真ん中に空間ができますね。これが卵割腔の始まりです。
16細胞以降、割球は基本的に割球が卵割腔内に落ち込まない方向に卵割面(分裂面)を作りながら卵割するので、細胞が一層になるように胞胚が形成されます。
細胞数が増加すると、確かに
>栄養的な面で、すべての細胞が外部に接触する必要
などがあるかもしれませんね。

Q血圧などの単位「mmHg」って、なんて読むのですか?

カテゴリ違いな気がしましたが、よく分からないのでここで質問します。
#物理学?科学?化学?医療?介護?

インターネットで調べたら、
 「ミリメートル水銀」(googleでは17件)
 「水銀ミリメートル」(googleでは2件)
が出てきました。
どちらも正しいのでしょうか、それともどちらか間違っているのでしょうか。
また、他の読みがあるのでしょうか。(ヒット件数が少なすぎる気がして)

どちらも正しいか、他の読みがある場合は、
どのような読みが一般的なのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらも一般的な用語としては正しいですが、通産省が出している「新計量法とSI化の進め方」には、上の2つのどちらでもなく、「水銀柱ミリメートル」となっています。

Q哺乳類は何故「等黄卵」か?一卵性の四つ子はなぜ生じないか?

明日の試験に出題される事なのですが、調べてみても判らなかったので二つほど質問させて下さい。
高校2年程度の生物の発生についての問題です。
唐突な質問になってしまいスミマセン。

卵の種類には、「等黄卵」「弱端黄卵」「強端黄卵」「心黄卵」の4種類がありますよね。
この卵の種類はそれぞれ卵黄の量が違っています。
("「等黄卵」は全体的に薄く"、"「弱端黄卵」は植物半球にのみ存在"、"「強端黄卵」は動物極の一部を除いて全てが卵黄"、"「心黄卵」は中央部にのみ存在"と習いました)
さらに、基本的には卵黄の量とその動物の体の複雑さは比例している、と教わりました。

そこで質問なのですが、ではなぜ哺乳類は「等黄卵」なのでしょうか?
体の複雑さと比例しているのであれば、「等黄卵」では卵黄は少ないのではないのでしょうか。

もう1つお聞きしたいのは、(話題が飛んでしまうのですが)一卵性の四つ子が生じないのは何故か?ということです。

拙い説明で申し訳ありませんが、どうかご返答のほどよろしくお願い致します。
どちらか一方でも構いませんので、ご返答頂けますと幸いです。

明日の試験に出題される事なのですが、調べてみても判らなかったので二つほど質問させて下さい。
高校2年程度の生物の発生についての問題です。
唐突な質問になってしまいスミマセン。

卵の種類には、「等黄卵」「弱端黄卵」「強端黄卵」「心黄卵」の4種類がありますよね。
この卵の種類はそれぞれ卵黄の量が違っています。
("「等黄卵」は全体的に薄く"、"「弱端黄卵」は植物半球にのみ存在"、"「強端黄卵」は動物極の一部を除いて全てが卵黄"、"「心黄卵」は中央部にのみ存在"と習いました)
さらに、...続きを読む

Aベストアンサー

複雑な動物は大きく成長してから生まれてくる為に、成長する為の栄養が必要でそのため卵黄が多くなります。
哺乳類は母体から栄養が貰えるので、卵黄を多く持っていなくてもよいので、卵黄が少ないものと思われます。
一卵性の四つ子は発生することもあります。
南米に住むアルマジロの仲間は、一卵性の四つ子、五つ子、六つ子などを産むのが普通です。生理的多胚現象と呼ばれています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報