詩は、自分の思っていることや気持ちをただ書き連ねるだけでいいのですか。

内容は、どんなことでもいいのですか。
暗い内容の詩でもいいのですか。
書き方は、どんなでもいいのですか。

良い詩、悪い詩ってあるんですか。
その基準はなんですか。

詩に詳しい人。ご回答、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

暗い内容、良い詩悪い詩、などについて。



あなたが決める事なので私がなにか言える事ではないと思いますが、
自分はこれで面白い、良いと思うけれど先生にはわからないんじゃないかとか、無難そうだからという理由で変えてしまったり発表をやめてしまったりするのは良くないと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2014/06/11 07:52

詩とそうではない文章の違いは考えるべきだと思います。



「自分の思っていることや気持ちをただ書き連ねるだけ」の物が詩というわけではないですね。
ではどこが詩とその他の文章と違うのでしょうか。

・短歌、和歌のように五七五のようなリズムがある。(音数律)
・声に出して読んだ時にリズム感や韻がある。また音の響きとして面白い、美しい。

いん【韻・韵】ヰン(1)音のひびき。
音色。
2.おもむきのあること。
風流なさま。
3.(rhyme)音声の諧和美を得るため文中に一定の間隔で同一または類似の音声を用いること。
「ーを踏む
〈広辞苑〉

いん-りつ【韻律】ヰン:詩の音声的な形式。
音声の長・短、子音・母音またはアクセントの配列の仕方によってあらわすものと、和歌・俳句のように音数の形式から成るものとがある。
〈広辞苑〉

・連想や比喩を使っていろいろの意味に取れる、あるいは重なった意味を持っている。
・言葉をどちらかというと少なく、削り落として短いけれども強く残るように工夫されている。
・「写生」と言われている方法で「悲しい」とか「○○と思う」などとは書かないで、自分が感じた出来事や情景を描写する事で読む人に自分と同じ物を感じさせる手法もあります。
・叙情・叙事などの方法もありますが。「もんのすごく悲しい」などと書いてもそれが伝わるとは限りません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2014/06/11 07:54

 わたしは詩を書いていた時がありました。

一部の人から評価されたこともありました。しかし、大成しませんでした。詩だけで食っていけるような世の中ではありませんから、それを覚悟で趣味だと思って続けてください。
 質問者はまだ若い人ですか。そうであれば、近代詩・現代詩の書物や雑誌を読みなさい。その中で気に入ったものが見つかれば、その真似をしてもかまいません。(しかし、そっくり真似たものを投稿などいないように)かなり以前に、古い詩人の「立原道造」の作品「のちのおもひに」を「思いののちに」と変えて雑誌に投稿した人がありました。
 また、シンガーソングライターと呼ばれる人がいますが、その詩の部分を書くのも好きならやってもいいでしょう。いろいろなものに触れている内に学べるものが、きっとあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2014/05/16 10:01

>は、自分の思っていることや気持ちをただ書き連ねるだけでいいのですか。



平文の詩(散文詩)というものがありますので、貴方は「これが詩だ」と思えば詩になると思って言いと思います。
でも詩というのは本来音楽のような韻文を言っていたので、平文で詩を書き、それを他人に認めさせる、というのは難しいかもしれません。

>内容は、どんなことでもいいのですか。
暗い内容の詩でもいいのですか。
書き方は、どんなでもいいのですか。

その通りです。

>良い詩、悪い詩ってあるんですか。

もちろんあります。

>その基準はなんですか。

私見ですが、書いたヒトの心が言葉でうまく、美しく表現されている、訴えかける力が強い、新しい表現があるなどが良い詩なのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2014/05/16 10:02

「詳しい人」ではありませんが、数年前のある新聞から引用。



「詩を書く人だけが詩人ではない。詩人とは遠い世界のことを自分の身の近くに感じられる人だろう。」


『ぼくはこうやって詩を書いてきた』
は谷川俊太郎が気心の知れた編集者と対談してたどった「詩人の軌跡」だ。


何ひとつ書くことはない
私の肉体は陽にさらされている
私の妻は美しい
私の子供たちは健康だ
本当の事を言おうか
詩人のふりをしているが
私は詩人ではない
(「鳥羽1」より)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2014/05/16 10:02

詩の同人に参加しているものです。



内容はなんでもいいですし、
書き方もいろいろです。
暗い内容を悪いとは言いませんが、救いもないもない
ただひたすら暗い内容は私は、
疲れちゃうので、最後まで読まないですね。
読んでもらえないのでは、良くないですよね。

良い詩、悪い詩があるとは思いませんが、
評価される詩、されない詩はあると思います。
その基準がなにかわかれば、
コンクールなんかに入賞できますが
分からないので入賞したことは、ほんのちょっとしかありません。
評価される詩は、コンクール等の入賞作品を
たくさん読むと分かると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

入賞作品を読んでみます。

お礼日時:2014/05/13 14:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

」に関するQ&A: 詩の書き方

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生の宿題に詩があるのですが、そもそも詩とはどういう物?書き方は?詳しく教えて下さい。

小学生の宿題に詩があるのですが、そもそも詩とはどういう物?書き方は?詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

思いつくまま、心のままに書くのが詩では?
ルールがないのが詩のいいところです(^_^)

Q中学生の生活作文ってなにをかけば。

僕は今中2です。夏休みの宿題に生活作文があります。ですが、何を書けば良いのか分かりません。小学生のころなら「海に行った」とか書いていればよかったのですが、中学生で「海へ行った」なんて書くのもどうかと思うし・・・・。
何かアドバイスください。

Aベストアンサー

海へ行ったことだと小学生でも書けそうですよね?
特別な行事を書くのは小学生までかもね^^
休みが入る前と休みが入ってからの生活への変化?を書いたらどうでしょう。
小学校の時の感覚とと中学に入ってからの感覚は少し違うのでは?
その感覚的な事や行動などをまとめてみたらいいと思います。
あとは部活をしていればそのことでもいいかもしれませんね。

抽象的なアドバイスですがもう中学生ですからこのくらいのヒントでいいでしょう?

私の娘も質問者様と同い年なので、もし同じ事を聞かれたら上記に書いた事をヒントとして言いますよ。
宿題頑張ってください^^

Q詩の仲間、詩を公開する場所

自作の詩を作っている者です。
(1)詩について語れる仲間を見つけたいと思っていますが、そのようなサークル等は存在するのでしょうか?
(2)詩を公開できる本は存在するのでしょうか?

回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

通りすがりの検索好きです。
(2)について「雑誌 詩 投稿」で検索したところ、いくつかヒットしました。

未来創作
http://www.miraisousaku.net/
雑誌Cobalt
http://cobalt.shueisha.co.jp/toukou/pc.html
詩学
http://www7.ocn.ne.jp/~shigaku/
詩と思想
http://www5.vc-net.ne.jp/~doyobi/

各雑誌の雰囲気は書店で確かめていただくか、図書館の雑誌コーナーに置いてある場合もあるので、お近くにあれば一度のぞいてみてください。

(1)のサークルや掲示板も、検索すればいろいろ出てくると思いますよ。あとは朗読会のイベントを探して参加してみるとか…。

たくさんの仲間&発表の場が見つかるといいですね。がんばってください。

Q生活作文の書き方について

こんにちわ。今中学3年生です。
生活作文を書かなければいけないのですが、生活作文は普通の作文のように書いていいのでしょうか?部活動のことを題材に書こうとしているのですがよくわからなくて困っています。なので生活作文の書き方を詳しく教えてほしいです。できれば文章構成も教えてほしいです。枚数は3枚です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 読書感想文に近いとは思います。生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。部活は大丈夫だと思います。

1 あらまし
2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて
3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など
4 展望、まとめ

 というところでしょうか。


 例文



 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。ふと部活動を続けて、意味があったのだろうかと考えることがあった。

 


 私は小学校の頃からサッカークラブに入っていた。もともとサッカーに興味があったのではなく、ちょうど親友に誘われて何となくはじめた。しかし、じょじょにその魅力を知った。・・・



 引退後、すぐには自分がサッカーをしてきたことは時間の無駄だったのではないかと思った。しかし、今その考えは間違いだと思っっている。サッカー部だからといって、サッカーの技術だけを学んだわけではない。1年のとき、友達と喧嘩した。2年のとき、総体に敗北した時、先輩と共に涙をながした。日々の練習はつらかったけれど、その一日一日につらさもあれば、笑いもあった。・・・



 サッカー部で、私はたくさん友達に恵まれた。その友達とは部活にかぎらず、一緒に勉強することもあったし、いろんな悩みを相談しあうこともよくあった。今、私はたくさんの価値あるものをもらったのだ。・・・


 適当に書きましたが、みたいな感じなのでしょうかね。3はもっと具体的に、詳細に書けると思いますが、このあたりが一番大事でしょうね。

 読書感想文に近いとは思います。生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。部活は大丈夫だと思います。

1 あらまし
2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて
3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など
4 展望、まとめ

 というところでしょうか。


 例文



 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。ふと部活動を続け...続きを読む

Q笑える詩、ありますか?

笑える詩、ありますか?
面白い詩を探しています。
明日の学校の授業で詩を朗読することになったのですが、
私は今まであまり詩に対して興味がなかったので
どのような詩があるかよく分からないでいます。

どなたか面白い詩を知りませんか?
できれば皆が笑えるような詩がいいです。

ググレカスなどと言わずに笑える詩を教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

工藤直子さんの『のはらうた』、いかがでしょう? シリーズになって何冊か出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%9FI-1-%E5%B7%A5%E8%97%A4-%E7%9B%B4%E5%AD%90/dp/492468421X

学校図書館や、お近くの公共図書館でもたいてい見つかるかと思います。

Q散文詩と小説の違いについて

私は今、中学生なのですが、国語で授業で詩について勉強しています。
そこで、疑問を持ったのですが、外国人の作った詩はリフレインが続いていたりしてとっても長いですよね。詩と小説の境目はどこにあるのでしょうか。もしかして、外国では散文詩と小説の区別がなかったりするんですか?

特に、音楽で出てきたヴォルフガング・ゲーテのドイツ歌曲=リート「魔王」なんかになると、どこか詩なんだと叫びたくなってしまいます。ちゃんとストーリーがあるし、叙情詩ではなく叙事詩といったような趣きがあるのですが……「古池や」とか「雨にも負けず」が詩だというのが普通だった私にとって、理解しがたい点です。

Aベストアンサー

中学生さんが、学校の国語の授業だけでは理解できないのも当然でしょう。
たぶん、ですが、指導要領にそこまで教えるように書いてないんですね。
で、「短い行を幾つも並べたのが詩だ」なんて誤解が生ずるのです。
長くなりますが、覚悟はいいですか?(笑)

詩は韻文で、小説は散文ですね。
では、韻文と散文の違いって何でしょう?
小生も義務教育の頃、「自由詩」「散文詩」ってのが出てきて、何だか分からなくなった覚えがあります。
韻文とは、韻律を具えた文のこと。散文は、韻律を具えていない(のではなく、韻律を気にせずに作った)文のこと。

では、韻律とは何であるか。
ヨーロッパの詩(古代ギリシアを除きます)、中国の詩(これは全時代に共通)において、韻律とは押韻のことです。
押韻というのは、詩の一行一行の出だしかお終いの発音をそろえること。
小生の師匠は、「語呂合わせですから」って身も蓋もないことを仰有ってましたが。
例えば、例に挙げておられる「魔王」。日本語の訳詞を見てたんでは、それこそ散文との区別が付かないですね。
原文の冒頭はこんなです:
Wer reitet so spat(aの上に¨がつきます)durch Nacht und Wind?
Es ist der Vater mit seinem Kind;
Er hat den Knaben wohl in dem Arm,
Er fasst ihn sicher, er halt(aの上に¨がつきます)ihn warm.
各行のお終いを見て下さい。ドイツ語が分かんなくても、同じ綴りが繰り返されてるのは分かりますね? 一行目は「ヴィント」(風)、二行目は「キント」(こども)。ヴィントとキントとで、押韻(語呂合わせ)。三行目と四行目も、「アルム」(腕)と「ヴァルム」(温かく)とで、語呂合わせ。
こんなふうに、語呂合わせを繰り返してどこまでも行くのです。押韻をしている限り、どんなに長くても「詩」です。
押韻のやり方には、幾つか種類があります。「魔王」は一行目と二行目、ですが、ベートーヴェンの「交響曲第九番」の歌詞は、一行目と三行目、二行目と四行目、という具合に押韻してます。3の倍数の行だけ押韻する例もあったはずです。

アクセントの規則というのもあります。アクセントには、言語によって「高低」「長短」「強弱」などの種類がありますが、例えば母音の「長」「短」を、ある規則に従って並べなければならないのです。古代ギリシアの詩、すなわちホメロスの「イーリアス」「オデュッセイアー」などは、押韻はしていませんが、アクセントの並べ方が規則的なので、韻文、つまり「詩」に分類されるのです。岩波文庫で何冊にもなるほど長いですが、長くたって「詩」です。ちなみに、(日本語訳だけ見てるとそういう誤解があって当然ですが)、「長いから叙事詩」というわけではありません。叙事詩は長くなりがちですが、叙情詩だって長くなっていけない訳ではありません。

日本では、アクセントはまず気にする人はいませんね。百人一首を読むときに、係り結びや縁語・枕詞については注意するでしょうが、「アクセントに注意して読みなさい」なんて聞いたことないですよね。日本語ってアクセントには鈍感な言語で、昔のテレビアニメのロボットや特撮の宇宙人は(ああっ、トシがバれる!)、みんなアクセントの高低のない、真っ平らな日本語をしゃべっていました。日本語って、それでも分かっちゃう言語なんですよね。例えば現代中国語では、真っ平らに(高低をつけずに)しゃべったんでは意味不明になります。だから「アクセントの規則」なんてこだわりがあっても、誰にも分かってもらえない。わかってもらえないんじゃこだわっても仕方ないですね。
押韻の方はどうでしょう。語呂合わせですから、誰でも簡単にできちゃいますね。オヤジギャグって言ってバカにされるくらいで。で、誰でもできることを文学者がしたって誰も褒めませんよね。日本では、谷川俊太郎さんと井上陽水さんとが、押韻に挑戦して成功した例外的な人です。

近代になって、既存のことをやっていたんではつまらない、って考える人が現れて(何の分野でもそうですが)、韻文で小説を書いたり、散文で詩を書いたりし始めました。例えばプーシュキンの「イェヴゲニイ・オネーギン」は韻文で書かれています。そこで「韻文小説」と言われますが、「物語詩」って書いてある本もある。「詩」の定義からすると「イェヴゲニイ・オネーギン」は「詩」なんですが・・・。この辺は作者のネーミング(カテゴリー分類)に従うしかないんでしょうね。

日本の「詩」には韻律らしい韻律はありませんから、小生は「日本には詩はない。日本語は詩には向かない」って立場です(ああっ、国文の人から雨霰の非難が・・・)。平安朝の人々もそう思ってたみたいで、古文で「詩」と言えば漢詩のことに決まっていました。和歌はその通り「歌」。
明治になってpoemが入ってきたときに、これを「詩」と訳した。この「詩」が漢詩だけを指すのなら、大して問題はなかったのです(どっちも韻律を具えているから)。問題は、「詩」に和歌や俳句を含めてしまったこと。当時の文学者たちのヨーロッパへの対抗心のなせるわざだと思いますが、お陰で今の中学生が悩まなきゃならない。現代日本文学における「詩」の定義、分かり易いものがあれば小生もうかがいたいです。

長々と失礼しました。読むだけでも辛かったでしょう。文意が伝われば幸いです。

中学生さんが、学校の国語の授業だけでは理解できないのも当然でしょう。
たぶん、ですが、指導要領にそこまで教えるように書いてないんですね。
で、「短い行を幾つも並べたのが詩だ」なんて誤解が生ずるのです。
長くなりますが、覚悟はいいですか?(笑)

詩は韻文で、小説は散文ですね。
では、韻文と散文の違いって何でしょう?
小生も義務教育の頃、「自由詩」「散文詩」ってのが出てきて、何だか分からなくなった覚えがあります。
韻文とは、韻律を具えた文のこと。散文は、韻律を具えていない(...続きを読む

Q詩の書き方

 詩って何でしょう?
私はもう学生ではないですが、子供の頃授業で詩を書くなってことになったら困ったものでした。
 歌詞だったらメロディーにのせて歌ってしまえば
作文だろうが、日誌だろうが、般若心経だろうが、
日本国憲法だろうが、歌詞かもしれません。
 でもそんなものを詩集に載せて詩だといっても誰も納得しないでしょう。
 
 別に上手い詩を書こうなんて思っていません。
詩の書き方にルールはあるんですか、ないなら
作文や毎日書く日誌も詩になってしまいすが、
なにか詩にみえる文体たかがあるのでしょうか?
詩に使うと詩らしく見えない言葉とか、タブーとか
あるのでしょうか?
 
 非常に馬鹿らしい質問ですが、国語の授業が大の苦手だった私です。教えてください。よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

詩というものを文学の一部門と捉えるなら、ルールや形式は当然存在します。
作文は明確に詩とは言えませんし、日記も違います。
詩という言葉の定義からすれば、

風景、人事など一切の事物について起こった感興や想像などを、一種のリズムを持つ形式によって叙述したもの。押韻、韻律、字数などの律格あるものと、散文的なものとある。<広辞苑第三版>

とあります。
言語のリズム感は特殊なので、あくまで拍子とは考え難いようです。

具体的な書き方としては、
肝心なことを明記せずに、読み手に感じさせるように。
断片的な単語の羅列から、深い精神性を表現しようとする。
が代表的といえるかも知れません。
そこにテーマが存在すれば、より深く又は鮮明にとなりうるものでしょう。

「今日は雨が降りました」は日記ですが、
雨に対しての個人的なもしくは、客観的な事実を通しての感情の起こり等を書きつづるなら、それは詩と呼べるかと思います。
もちろん比喩を用いるという方法もあります。

あくまで一例なので、これが全てではありません。
日常会話で使用しない言葉を用いることも、詩的表現を高める上で有効でしょう。
それらの判断は、個人が行うものと考えて良いと思いますから、絶対ルールは存在しないと思います。

ただ、詩表現は自由度が高いので、何をやっても許される的発想も多いのも事実です。
書き手の詩に対する価値の位置づけで様々に変化しうるものですし、その度量の広さも詩表現の良さだとも思います。
そう言う意味では、詩に相応しくない言葉やタブーは無いように思います。

詩というものを文学の一部門と捉えるなら、ルールや形式は当然存在します。
作文は明確に詩とは言えませんし、日記も違います。
詩という言葉の定義からすれば、

風景、人事など一切の事物について起こった感興や想像などを、一種のリズムを持つ形式によって叙述したもの。押韻、韻律、字数などの律格あるものと、散文的なものとある。<広辞苑第三版>

とあります。
言語のリズム感は特殊なので、あくまで拍子とは考え難いようです。

具体的な書き方としては、
肝心なことを明記せずに、読み手に感...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qコメント仲間が出来たのは、いいんですが・・・

僕は、ブログで自作の詩を公開しているのですが、一人で黙々と更新するのは寂しいと思い、
開設当初、同じように自作の詩を載せているAさん(女性)のブログにコメントを書いた事がきっかけで
お互いの作品にコメントしあう様になり、1ヶ月ほど経ちました。(2006年12月現在)
そこで、Aさんのようなコメント仲間?をまた増やそうと思ったんですが、
もし、新しい仲間が出来てコメントしあうようになった場合、

<質問(1)>Aさんは、僕が「新しい仲間」とやり取りを始めた事に対して「イラッ」としないでしょうか?
      自意識過剰とも思ったんですが、僕なら「イラッ」とするかもとも思ったので。

<質問(2)>また、「新しい仲間」に対して「Aさんのブログも見てね」や、
      Aさんに「新しい仲間のブログも見てね」的なフォローをした方がいいのでしょうか?
      僕はちょっと押し付けがましいとも思うんですが。

文章が冗長な上に下手で申し訳ありませんが、是非回答の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ネット上で複数の方とやりとりするのはごく普通のことだと思います。他の方との交流が増えて、Aさんとのコミュニケーションがおろそかになってしまう恐れがあるなら、また別の配慮が必要かもしれませんが。

なんていうんでしょう…ネット上ではあまり囲い込んだ仲間意識など持たず、不特定多数の方とつながる、という考え方でいいのではないかと思うのです。
あなたが最初Aさんにコメントを書いたように、それをBさんにもCさんにもDさんにも広げていくのは、あなたの自由だと思います。
いろんな人があなたのブログに入ってきたときに、Aさんが変わらず、もしくは積極的に交流の中に入ってくれるか、もしくはやきもち(?)をやいて出て行ってしまうかは、これもAさんの自由ではないでしょうか。

<質問(2)>で「押しつけがましいと思う」と言われていますが、私もそう思います。顔が見える付き合いなら新しい仲間を紹介するのは普通ですが、文字だけで物事を伝えるネット上では、言葉が強く伝わりがちになります。とりあえず、新しい仲間との関係はAさんが考えることであって、あなたが誘導する必要はないのでは。

ネット上での付き合いというのは顔が見えませんから、ある程度割り切ることも必要だと思います。他の方と交流しつつも、Aさんに対して変わらず誠実であることが、あなたにできる最大の配慮かと思うのですが。

ネット上で複数の方とやりとりするのはごく普通のことだと思います。他の方との交流が増えて、Aさんとのコミュニケーションがおろそかになってしまう恐れがあるなら、また別の配慮が必要かもしれませんが。

なんていうんでしょう…ネット上ではあまり囲い込んだ仲間意識など持たず、不特定多数の方とつながる、という考え方でいいのではないかと思うのです。
あなたが最初Aさんにコメントを書いたように、それをBさんにもCさんにもDさんにも広げていくのは、あなたの自由だと思います。
いろんな人があなたの...続きを読む

Q原稿用紙の書き方

原稿用紙に詩を書くとき、ルールはあるんでしょうか?

作文で、"題名は2、3マスあける"とか、"名前は最後の1マスあける"とか

"最初の1文は1マスあける"とかは聞くのですが

詩にもそんなルールはありますか?

ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです(>_<)

Aベストアンサー

詩は書式・形式を含め詩だと思うので、(少なくとも現代詩では)ルールがあるはずはないと感じます。

句読点をうつ人もいますし、
一番最下段に字面をあわせて、各行の書き出しをわざとでこぼこにしたり、
きれいに斜めに上げ下げしたり、
行頭を1マスあけたり2マスあけたり変化させてアクセントにしたり、
一行一文字にして横に長くしたり、した名詩もあります。

もちろん、句読点や「」などの記号を使う場合は、原則として通常の原稿の書き方と同じになります。しかし、大家となれば、この原則や禁則をあえて破るというテもありかもしれません。

詩の場合は、ルールより表現としての必然性(どうしてもそういう形式にしたいという理由がある)が大切ではないでしょうかね。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報