この度結婚が決まりました。
完全同居を回避する為、母屋の隣に離れの建設を検討しています。
内容としては、お風呂・トイレ・リビング・寝室・サンルームです。

家づくりの基本が何も分からないのですが、まずは設計をお願いするところからだと思います。
この時の設計費用はどのくらいかかるのでしょうか?
全く見当がつかないので参考までになんでもよろしいので情報をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

設計の前に外観や間取りを決めるところからスタートですね。


競合するのが当たり前なので、HM(ハウスメーカー)や大手の工務店では、この段階で費用が発生するケースはありません。
契約後に正式な設計を行うことになり、この時点から費用が発生することになります。

建築業務を請け負わない設計事務所に頼むとなると、最初から費用が発生することもありますが、その程度の規模なら設計事務所に頼むことはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。
契約前の概算的な設計には費用が発生しないのが一般的という解釈でよろしいでしょうか?

お礼日時:2014/06/23 12:05

離れの設計はいろいろとややこしいです。

増築扱いになるか、敷地分割して新築扱いにするか・・・
どちらにしろざっとの計算ですが、工事費の10パーセントが最低の設計料と思ってもらえばいいでしょう。
勿論、設計する以上、法規的な物から敷地の形状から調べないと設計できないので、ラフプランでもお金はかかります。サービスで行うという事務所もあるでしょうが、気をつけてください。少し怪しい可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>離れの設計はいろいろとややこしいです
本当にそうでした。
新居の構想は振り出しになりそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/24 16:32

離れと言っても新築と手間は一緒です。

戸建てとして価値があるようにキッチンを作っておくのが賢明です。それを節約しても大きな費用差にはなりません。離れではなく完全な住宅にすることによって将来的にもいろいろな使い方ができます。
大きな造作ではないので自分で間取図を作ることです。ハウスメーカーの展示場に行くと間取りプラン集をくれます。地場の工務店の標準仕様で概算見積りを頼むと簡単に出てきます。その概算費用の積算表を見てから、間取りり変更や仕様の変更へと進むと無駄もなく安くできます。間取りが決まると構造材軸組みは材木屋のプレカットPCソフトで簡単に出来てしまいます。後は大工が板を張るだけです。設計費用を支払う必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「離れ」とするには水廻り3点セットを設置するのは違反になります。
そのような理由からキッチンを外すことを検討してましたが、住宅ローンを組むには分筆をしたほうがいいようなので、「離れ」プランが振り出しになりそうです。
簡単な間取りは素人ながら自分でいちおう書いてみました。

お礼日時:2014/06/24 16:31

国土交通省から新しい建築設計・工事監理等の業務法主基準が出ております



http://www.icas.or.jp/kenchikushiho/pdf/0319gyou …

P13ページをご覧ください。

戸建て住宅の場合の標準業務の算定の例が参考になるかと

例えば100m2(30坪)で有れば総合(建築意匠設計)350時間です
一日8時間で割りますと350/8=43.75人
43.75人×20,000=875,000円程度でしょうか。今20,000と入れましたが之は各事務所の考え方しだいです。

これに工事監理が必要になります(確認申請だけ出してはいさようならでは困りますので)
180時間/8=22.5人工 22.5人×20,000=450,000

合計で1,325,000円がいわゆる設計事務所の正当な設計料です。
設計も工事もやりますみたいな会社ですと半分程度になるかもしれませんが費用相当と思って頂いて結構です。
勿論しっかりした会社も有りますが。(自我美賛)

因みに構造は構造計算が必要になるような建物(例えば鉄筋コンクリート+木造の混構造)。設備は設備設計が必要になるような建物の場合には必要になります。

個人的にはNo,5さんのご意見有るように

設計費用の心配よりも、建設費用の総計予算を確定して、この範囲で工事・設計を賄う依頼をする事と思います。

に1票。
    • good
    • 0

ご参考までに、僕の経験では、


設計費用は100万円でした。

図面は書いてもらいましたがこの時点では無料でしたよ。
他社に決定した為、この設計士には一銭も支払っておりませんので間違えありません。
しかし、業者により異なることは十分考えられますので事前確認をお願いします。

土地があるというのは素晴らしく恵まれた環境です。羨ましいですね。
設計だけに100万円というと尻込みする人は多いのですが、やはり依頼するだけの価値はありますよ。
例えば、サンルームとリビングの出入口のリビング側の床の一部に、テラコッタ風のタイルをはり一体感を持たせるなど。

感動するほどお洒落に仕上げてくれます。

住宅メーカーでは出来ないことも無いのでしょうけれど逆に高くつくと思います。
    • good
    • 0

まず、わかりやすくする為にHMや工務店への直接依頼は


確認申請費以外は、やりたい放題で会社利益です。
「そのくらいの規模で設計事務所は必要ない」が落とし穴です。
水廻りが無いだけで、普通の家と変わりません。
法律も規制も、なんら変わる事がないのです。

また、費用については、工事と同じで見積もりを提出します。
自分の経験ですが、設計事務所費用込みでの建設費用は
相見積もりしたHMや工務店より高い事例は全くありません。
よくあるのは、HMなどは1000万ぐらいは高いです。

HMや工務店とは違い、法律的に概算等については規定が
決められていますので、法外な事もありません。
ただ、有名な事務所では名前料が発生するかもしれませんが。

設計費用の心配よりも、建設費用の総計予算を確定して、
この範囲で工事・設計を賄う依頼をする事と思います。
工事発注で、数社の入札など行い、金額や仕様調整をして、
満足と金額のバランスを取り、全体の満足に近づけるの
設計事務所です。
HMなどのように、安易な追加は施主の許可が無い限りありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

住宅メーカーは高いだろうとは見当つくので考えていませんでした。
まずは設計事務所という助言ありがとうございます。
土地が不要な分それ程高くならないと予想しており、一般的な費用を考慮して予算立てする積もりでしたが逆なんですね。
マネープランから検討します。

お礼日時:2014/06/23 17:28

>母屋の隣に離れ



離れという意味=キッチン・ダイニングを含まない
問題は、
>完全同居を回避の志向効果の程度良し悪しや、ミニキッチン的補助つけとかきちんと考えたほうがいいと思いますが、
建設費、同様前例推論ですが1500万円前後と仮定して、普通の名もない(しかし家族関係助言とも小住宅実績は自負ある)設計家として、建築確認申請別、180万円程度は提示したいと思います(^^/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1500万円が相場なんですか。
キッチンなしでそれほど広い建物じゃないんですけど・・・。
結構しますね。
キッチンに関しての助言ありがとうございます。
考えた末の結論です。姑がいないのでキッチンは母屋を使う事にします。

お礼日時:2014/06/23 12:11

設計会社に寄って違うけど建設費の1割~2割が多いと思います。


1500万なら150万~300万、設計会社の知名度に寄って違ってきます。
地元の一般的な設計会社や個人で設計されている所だと1割~1.5割が妥当な金額かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どの時点で費用が発生するんでしょうか?
契約前でも図面書いたからお金頂戴な世界なのか、どうなのか。

お礼日時:2014/06/23 12:13

確認申請 ⇒ 母屋増築 = 同一敷地



     ⇒ 別棟 = 敷地分割

唯間取り書けばいいのか or 工夫(アイデア)を要求するのか 作業量です

設計事務所 or 設計者に概算企画をして貰ったら如何か

其の時に 有賞か無償か事前に決めて於いて下さい 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頼む前に確認と言うことですね。
ありがとうございました。
ちなみに、分筆はせず、別棟離れの建設です。

お礼日時:2014/06/23 12:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小規模な増築の場合の建築確認申請費用は?

木造2階建(築30年)の既存建物に連結(もしくは分離)して、
約8坪(26.4m2)の平屋を増築予定です。

建築基準法の改正で、平成19年6月20以降、建築確認が厳しくなったようですが、
高さ13m未満、軒の高さ9m未満の場合「構造計算適合性判定の対象にならない」とありました。
増築予定の平屋は1階建なので、高さ13m未満、軒の高さ9m未満の条件をクリアしますが、
木造2階建(築30年)の高さは図面で確認しないとわかりませんが、条件をクリアしてれば
構造計算は不要と考えてます。

従って、増築にかかる初期費用として「地盤調査費用」と従来の?「建築確認申請費用」
の2つは最低必要と考えてます。
※「地盤調査費用」は5~7万円位とみてます。

以上で間違いないかの確認と「今回の場合の建築確認申請費用の相場」を教えて下さい。

参考までに、もし木造2階建(築30年)の高さがオーバーしている場合、どの位
建築確認申請費用が増えるのでしょうか?

質問からそれますが、地盤調査は増築の位置と図面が揃わないと実施できないのでしょうか?

木造2階建(築30年)の既存建物に連結(もしくは分離)して、
約8坪(26.4m2)の平屋を増築予定です。

建築基準法の改正で、平成19年6月20以降、建築確認が厳しくなったようですが、
高さ13m未満、軒の高さ9m未満の場合「構造計算適合性判定の対象にならない」とありました。
増築予定の平屋は1階建なので、高さ13m未満、軒の高さ9m未満の条件をクリアしますが、
木造2階建(築30年)の高さは図面で確認しないとわかりませんが、条件をクリアしてれば
構造計算は不要と考えてます。

従って、増築にかかる初...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/j_kenchiku/0_etc/index_tesuu.html(千葉)9000円
http://www.pref.miyagi.jp/kentaku/KenchikuSidou/KenchikuKijun/09tesuuryou.html(宮城)14000円

上記、適当に抜粋しましたが地域により異なります。
「○県建築確認申請手数料」で検索できるはずです、貴方の県也でお調べ下さい。
又、民間機関であれば同様にHPに記載されています。(一般に民間の方が高いです)

地盤調査もスウェーデンサウンディングであればその程度が相場です。

>地盤調査は増築の位置と図面が揃わないと実施できないのでしょうか?
大よその増築位置は分かっているはずです、増築部が8坪であれ既存部分も調べたい所ですので増築部2点、既存部2点の4点程度、建物隅辺りを狙って計測してもらいましょう。
図面はおおよその物で良い、となります、図面が無くても隣地からの離れさえ把握出来ていれば調査可能でしょう。

構造計算は不要です。
壁量などのチェックは必要ですが建築士に依頼するのでしょうから原則審査機関への提出義務はありません。
ただし今件の場合既存部が古い為、壁量チェック等の提出は求められるでしょう。
・・・これらは建築士の仕事、置いておきます。

>もし木造2階建(築30年)の高さがオーバーしている場合、どの位
建築確認申請費用が増えるのでしょうか?

木造の適合性判定は未経験ですので良く分かりませんが単純に考えますと、上記千葉の例では10万程度上乗せ、となるのでしょうね、でもそれは無いでしょう。
初期費用はお見込みの通りとしてもその後の既存部の改修費の方が気になりますね。
行政によって、民間機関によって求めるものは結構違うんですよ。
既存部の筋交プラスで済む場合があれば釘から打ちなおせ(金物を現行法規に合わせろ)等と言う言い換えれば増築不可との指導をするところも一昨年位まではありました。
かなりのスピードで緩和方向へ向かってはいると聞きますが、当たり前の話建築士と相談されて下さい。

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/j_kenchiku/0_etc/index_tesuu.html(千葉)9000円
http://www.pref.miyagi.jp/kentaku/KenchikuSidou/KenchikuKijun/09tesuuryou.html(宮城)14000円

上記、適当に抜粋しましたが地域により異なります。
「○県建築確認申請手数料」で検索できるはずです、貴方の県也でお調べ下さい。
又、民間機関であれば同様にHPに記載されています。(一般に民間の方が高いです)

地盤調査もスウェーデンサウンディングであればその程度が相場です。

>地盤調査は増築の位置...続きを読む

Q増築の場合 設計性能評価 建設性能評価 

総費用2500万かけて(建物2000、諸費用500)蔵を増築します。全面リフォームです。(基礎と木だけ残して他は全部壊します)

その際、設計性能評価 建設性能評価みたいな、第三者的なチェックは増築の場合受けれないのでしょうか。仮に受けれない場合、増築では、こういうチェックはどうすれば受けるの可能なんでしょうか。。
ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

> 設計性能評価 建設性能評価みたいな、第三者的なチェックは増築の場合受けれないのでしょうか。

基本的には受けられません。

> 仮に受けれない場合、増築では、こういうチェックはどうすれば受けるの可能なんでしょうか。。

既存住宅性能評価というのがあります。こちらなら受けれます。

Q二階台所増築費用

こんにちは。
二階に、台所を増築する場合の費用について、お聞きしたいので、よろしくお願いします。
一階の台所の上は、現在は屋根になっておりまして、その屋根の部分に、二階の台所を増築して、現在の二階にある部屋とつなげて、リビングダイニングにしたいと考えております。
家により、状況が全く違うため、なんとも言えないのかもしれませんが、だいたいで良いので、分かる方いらっしゃったら、よろしくお願いします。
最初は、一階に台所を増設しようと思ってましたが、現台所からの配管がかなり長くなったり、リフォームしなきゃない部屋が増えたりして、費用がかなりかかる予感がして。二階に増築したほうが、もしかしたら、安くなるのかな?と思いまして…。
本を買って読んではいますが、なかなか同じようなものも見つからず。
すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 現在屋根の部分を台所に改築するとの事ですが、その部分には現在、屋根を受けている梁があります。この梁が通常の床を作れるように設けられている角材の梁か、丸太の梁か等によって、今ある2階の部屋と同じ高さに床が作れるか確認する必要があります。もしかすると同じ高さにできない可能性があります。その場合は今の台所の屋根の梁も取り替える必要があります。
 2階が新たに載るということは、その分の荷重を1階が負担することになります。現在の建物がそこまで考慮されているとは通常考えにくいので、1階を補強しなければなりません。補強の方法は基本的に「壁」(筋違等)を追加する方法になります。おそらく木造なのだろうと推測しますが、1階の筋違の入っていない壁を解体し筋違を追加します。どれだけ補強する必要があるかは、現状を確認後に、2階増築の計画内容により計算します。2階に増築だから1階は関係ないという訳にはいきません。
 2階増築工事中は1階台所の屋根がない状態になります。その間の生活をいかにするかも検討課題です。降雨等により無傷で済まず、1階台所の内装のリフォームもお考えいただかなければいけないと思います。

 又、増築は以前に比較して法運用が厳格になっています。
 基本的には今ある建物に対して何らかの増築行う場合、既存部分も含めて現行法規に適合するようにしなければいけません。あくまでも基本で増築する部分の規模に応じて以下のような緩和規定があります。
(1)増築する部分の床面積が、今ある建物の延床面積の1/20以下の場合は、既存部分に対する補強は比較的少なくて済みます。
(2)増築する部分の延べ床面積が、既存部分の1/2以下の場合は、増築することによって既存部分が構造的に安全でなくなった場合に耐力壁を追加しなければいけません。
(3)増築する部分の延べ床面積が、既存部分の1/2を超える場合は、既存部分を完全に現行法規に適合させなければいけません。(2)の「安全でなくなった場合の補強」が含まれますし、基礎や筋違等の耐力壁の接合方法等についても、全て現行規定に適合させなければいけません。例えば筋違等の接合方法については、平成12年に法改正されていますから、これ以前の建物はこの規定に適合していないことになり、(3)に該当するような増築工事の場合は、現状の壁をすべて解体して金物を追加しなければいけません。他にもいろいろありますから、とてもおおごとになります。

 (1)は1/20ですから本当に小規模な場合で、質問の場合はおそらく(2)あたりに該当するのであろうと思います。
 「増築」の場合、単純にその部分だけで工事が完結しないとお考えいただかなければいけません。

 1階と2階の台所では、ずいぶんと生活のスタイルが変わると思います。ただ単に「工事費が安い」で選択できるような内容でしょうか? まずはご自身の要望を明確にして、専門家に相談し、要望によって発生する上記のような事項及びそれに係る大まかな費用を提示していただいた上で、更にご自身でご検討いただくという手順になろうかと思います。このような質問コーナーでは大まかなアドバイスになります。
 増築には既存部分の状況が重要になりますから、設計図や確認申請書等の書類をご用意された上でご相談されるとスムーズに話が進行すると思います。

 現在屋根の部分を台所に改築するとの事ですが、その部分には現在、屋根を受けている梁があります。この梁が通常の床を作れるように設けられている角材の梁か、丸太の梁か等によって、今ある2階の部屋と同じ高さに床が作れるか確認する必要があります。もしかすると同じ高さにできない可能性があります。その場合は今の台所の屋根の梁も取り替える必要があります。
 2階が新たに載るということは、その分の荷重を1階が負担することになります。現在の建物がそこまで考慮されているとは通常考えにくいので、1階...続きを読む

Q毎晩失礼します。 45歳独身女性会社員です。 ・親と今すぐ完全同居したくない ・実家はもらえそう ・

毎晩失礼します。
45歳独身女性会社員です。

・親と今すぐ完全同居したくない
・実家はもらえそう
・両親は片方が減築希望、片方がリフォーム希望
です。

私の読みでは、父が減築反対なのでリフォームして二階建て5LDKが残されるという、中途半端なオチになると思います。

さて、私は
・しばらく賃貸
・いよいよどちらか一人が危なくなってきたら同居
・その家に住み続け、年をとってきたら売却して自分がホーム

かと考えています。年末にすみません。

もっといい案はありますでしょうか。

結婚は狙っている人がいますが、長期戦になると思いますのでないものとして計算しています。

また、マンションの購入は現在考えていません。(築浅には手が届かない)転勤ないし専門職での転職、あるいは最悪会社を辞める可能性があります。その場合実家。

現在すぐに打てる手は、とにかく会社から遠くの手頃な賃貸に移る(実家は一度入ると出られない)と考えています。

連日つまらない質問ですみません。

何となくの回答で構いません。お待ちしております。

Aベストアンサー

あとしばらく悩んでみたら?
親父さんが判断つかなくなるまでリフォームもしないで放置。
その後減築リフォーム+同居、そして売却か・・・。
いずれにせよこんなところで他人の勝手な意見聞いてまわるより
身近に友達居ないの?

Q増築費用を教えてください。

田舎にある実家に廊下続きで増築しようと考えていますが、およその費用を知りたくて利用させて頂きます。

実家のすぐ側に夫婦二人分の部屋を増築したいと考えています。

現在、その場所に木造作りの車庫があります~屋根は瓦で車庫としては結構しっかりしていて、4・5畳分くらいの部屋もあります。車庫部分は約15畳分くらいです。

敷地には余裕があるので、その車庫部分をベースに簡単な玄関(勝手口のような)と15畳位のDKと4・5畳位の収納スペースと6畳の寝室とトイレを作りたいと思います。

どれくらいの費用がかかるのかが全くわからないので、概算で構いません。
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

多分、くっつけて建てるのは「無理ですね!」

かの「姉歯事件」でそれまでは“幾分は寛容だった”
増築の扱いが「極めて厳密化」してしまい、

一時期には「増築不可能な状態」にまで、陥っていましたが
さすがに世間の反発が強くて”ジワジワ”と基準が軟化しては来ましたが

今の建築基準法に「適合」していない建物に、くっつける様な場合には
未だに「国土交通省」は強い抵抗をしています。

この様な状態ですから、離して建てる方が良いでしょうね。

”エキスパンジョイント”を使う方法もありますが、
一般的な「木造住宅」では、施工するのが難しいのです。

「補足」があれば「追記」が可能です。

Q母屋に隣接する倉庫をリフォームして住む

現在は賃貸マンションですが、近い将来、妻子とともに農家である実家に戻ることを検討している男です。
同居は物理的・精神的に厳しいため、母屋に隣接する倉庫(鉄骨2階建て、約25坪)の一部を改装してキッチンや寝室、風呂などを作り、当面はそこに住まうことを考えています。物置として倉庫の機能は残します。

問題は、建築基準法では「1つの敷地に住居は1つ」が原則ですよね?
自分なりに調べたところ、「違法建築となる可能性大」「倉庫→住居だと用途変更の確認申請が要るが、おそらく許可されない」「土地を分割すればOKかも」ということが分かってきました。
しかし実家の近所では、上記のような「別棟の二世帯住宅」にしている家が珍しくありません。
ちなみに市街から離れた田園地域で、畑の中にポツポツと家があるような場所です。

素人なので、建築家の方に相談したところ、「増築しないリフォームで、構造もいじらないのなら、(この土地柄では)確認申請も必要ないし、キッチンや風呂も作れる」とのことでした。元々倉庫は住宅よりも頑丈に設計されているので、耐震的にも問題ないだろうとのことです。
念のため、4つの建築事務所に相談し、写真や現物を見せて確認してもらいましたが、4者とも同じような回答でした。皆さん実績のある一級建築士の方です。複数の専門家の意見なので信用してよいのだろうと思っています。

質問の意図としては、実際は「違法」だとしても、現実問題として罰則が科せられるケースはない(少ない)んじゃないの?ということをお聞きしたいのです。
建築の世界では、「建前と現実は異なる」「やったもん勝ち」ということがあるのでしょうか。
建築基準法と税制は別の問題でしょうが、固定資産税の額は変わるかもしれないとは思っています。
住宅密集地なら近所から通報されたりすることもあるのかもしれませんが、過疎の町なので若家族のUターンは歓迎こそされ、通報されることは皆無に近い土地柄です。

実際にこういうケースで過ごしている人や、同じケースで罰則を受けたことがある人(または知っている人)、建築家の方のお話を聞いてみたいです。具体的な工事の話に入る前に、少しでもモヤモヤを解消したいです。
よろしくお願いします(長文ですみません)。

現在は賃貸マンションですが、近い将来、妻子とともに農家である実家に戻ることを検討している男です。
同居は物理的・精神的に厳しいため、母屋に隣接する倉庫(鉄骨2階建て、約25坪)の一部を改装してキッチンや寝室、風呂などを作り、当面はそこに住まうことを考えています。物置として倉庫の機能は残します。

問題は、建築基準法では「1つの敷地に住居は1つ」が原則ですよね?
自分なりに調べたところ、「違法建築となる可能性大」「倉庫→住居だと用途変更の確認申請が要るが、おそらく許可されない」「土...続きを読む

Aベストアンサー

<問題は、建築基準法では「1つの敷地に住居は1つ」が原則ですよね?>
そういう噂をよく聞きますが、1つの敷地に2棟以上の住居が有る例も
数多く知っています。
そう言う自分も、1敷地に2棟の電気水道トイレ付きの家を所有しています。

回答No.3のお礼に有るURLの解説はそれだけに興味有りました。
しかし、法律的にはまさに「敷地の可分・不可分」の解説の最後の部分
<尚、敷地のある土地の権利関係は特に建築基準法では問われていないため、
法務局の公図の敷地形状と建築敷地の形状は合致する必要は無く、
敷地を分割するといっても原則としては法務局で敷地を分筆する
必要は有りません。(※1)
(※1)主に市街化区域内の場合。市街化調整区域内の建築は多くの場合、
許可の必要な開発行為に該当する為「都市計画法」に定められた手続きが
必要であり分筆が必要な場合があります。 >

これを読み返せば、必要が無い場合は分筆しなくともよいし、1つの敷地に
2棟以上の家を建てる事もできますよとなります。
回答No.3の解釈でよいのではないでしょうか。

原則の噂が拡がった理由に付いては、次のQ&Aの回答の説明が
参考になると思います。
http://realestate.yahoo.co.jp/chiebukuro/detail/1479662914/
新築の場合には、融資や登記のために権利を明確化させなければ
ならないため「1つの敷地に住居は1つ」と単純化されているのでは
ないでしょうか。

私のケースでは、1敷地内の広い平屋の1/3を取壊し1軒目(2階建て)、
次の1/3を取壊し(融資は受けず)2軒目(2階建て)、残り1/3を10年後に
取壊し、それで現在は1敷地に2軒です。
取壊した家がまだ有ることになっているので、自分で滅失登記を行いました。
登記相談員の話では、登記は自分の権利を明確化するためのものですから
必要を感じなければ未登記でも放置でも構わないとのことです。
ついでに役所の課税台帳を確認しました。2階建て1棟と平屋2棟!が有ることに
なっていました。変更を要求したら、現地チェックして面積が同じで課税額も
同じだから変え無くとも良いでしょうとそのまま。なんとのどかです。

経費削減のため、最近1軒は電気水道取外しました。2軒の間に渡り廊下を
造りました。今年はトイレが使える方に他方から電気水道を引く予定です。
これで名実共に45年の「違法状態?」からおさらばになる訳です。
国道沿いのいわゆる一等地の話ですが、何か変ですね。

そういえば1月程前のTVで、町の徴税担当者が、農家や自営業者の
家を訪ねて、物置や作業所や離れが課税対象不動産かどうか再評価する
奮戦記が放送されていました。
離れがいつの間にか母屋並みになっていたり、木造納屋が鉄骨に
なって電気水道トイレ完備だったり、チェックは甘かった様です。
ただし、税金関係だけで違法建築とかいう事は問わないのだそうです。

入れ物が違法建築で隣から苦情でも無い限り、その中身はしかるべき税金さえ
頂ければ問題は無いとの姿勢でした。

<問題は、建築基準法では「1つの敷地に住居は1つ」が原則ですよね?>
そういう噂をよく聞きますが、1つの敷地に2棟以上の住居が有る例も
数多く知っています。
そう言う自分も、1敷地に2棟の電気水道トイレ付きの家を所有しています。

回答No.3のお礼に有るURLの解説はそれだけに興味有りました。
しかし、法律的にはまさに「敷地の可分・不可分」の解説の最後の部分
<尚、敷地のある土地の権利関係は特に建築基準法では問われていないため、
法務局の公図の敷地形状と建築敷地の形状は合致する...続きを読む

Q両親の実家に、増築する時の費用で・・・

両親の実家に同居するかもしれない状況ですが、
私たち夫婦用の部屋を作ることで話が進んでいます。

その部屋の増築についてですが、
わたしたち夫婦が住むので、費用を出す分には構わないのですが、
私が出すことで何か問題がありますでしょうか?

素人の私が思いつくことですが、
・増築部分の登記
・税金関係
・相続問題(妹がいます)

アドバイスいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私が出すことで何か問題がありますでしょうか…

「私」ってどんな立場の方ですか。息子さんですか、息子さんのお嫁さんですか。それとも娘婿さんあたりですか。
勝手に「息子のお嫁さん」と解釈させていただきました。

・増築部分の登記
あなたが出した分に応じて共有名義にしてくれるなら、何も問題は起きないでしょう。
共有名義にしてもらえないなら、もし離婚でもしたときに、財産分与がややこしくなるでしょう。

・税金関係
共有名義で登記すれば、あなたにも不動産取得税と、毎年の固定資産税がかかってきます。これらの納税通知書は、連名になっていて、いちばん持ち分の多い人宛に送られてきます。実際に誰が払うかは、家族内で相談してください。
もし、共有名義にしてもらえないなら、あなたが税金を払うことはありません。

・相続問題(妹がいます)
共有名義で登記すれば、あなたが亡くなったとき、あなたが子供を遺しておけば、あなたの持ち分は、夫と子供のものになり、妹さんは関係ありません。
夫も子供も、そして実親もいない場合に限って、あなたの持ち分が、妹さんに相続されます。
共有名義にしてもらえないなくても、夫が先に死ねば、夫の持ち分を、あなたとあなたの子供とで相続することになります。それよりあとは前と同じで、妹さんに相続権が発生する場合もあり得ます。

>私が出すことで何か問題がありますでしょうか…

「私」ってどんな立場の方ですか。息子さんですか、息子さんのお嫁さんですか。それとも娘婿さんあたりですか。
勝手に「息子のお嫁さん」と解釈させていただきました。

・増築部分の登記
あなたが出した分に応じて共有名義にしてくれるなら、何も問題は起きないでしょう。
共有名義にしてもらえないなら、もし離婚でもしたときに、財産分与がややこしくなるでしょう。

・税金関係
共有名義で登記すれば、あなたにも不動産取得税と、毎年の固定資産税...続きを読む

Q建築設計について

リフォームで二階の部屋を解体し、新しく増築しました。
天井が高く無垢を生かした傾斜天井になっていて、梁が役90cm間隔であります。外窓枠から天井までの高さが50cmしかなく、梁が出ている為梁下から外窓枠まで43cmです。
装飾カーテンレールをつけたいとおもっていましたが、エアコン設置場所にもなっているため、普通のカーテンレールしかつけるしかありません。
建築工務店はエアコン設置場所を左側角に予定した様ですが、その位置も、
左壁から外窓枠まで90cmしかありません。 窓枠の隣に梁が10cmある為エアコンの外気穴を付けるとなれば、避けて設置です。エアコン自体幅が80センチで壁から2センチ開けて設置しなければならない規定があるので、エアコン自体設置が無理な場所にもかかわらず、そこに付ける様にしています。
装飾レール設置位置も大体窓枠高さ上に15cm。横幅20cm位出すのが一般的で、どちらにしても、装飾レール自体つけれないと言う事です。

装飾カーテンレール設置をしたいから、天井の高さを考えてお願いしなければならなかったのでしょうか?今どのお家でも装飾レールつけるのが普通だと思いますが…

他の部屋でも同じ事がおこっていて、
一つの部屋では、普通のカーテンレール自体無理で、窓枠内にブライド設置になってしまいました

これって設計ミスじゃないですか?

きちんとお願いしないこちらのミスですか?

設計、建築士の方、又は詳しくわかる方のご回答お願いいたします。

リフォームで二階の部屋を解体し、新しく増築しました。
天井が高く無垢を生かした傾斜天井になっていて、梁が役90cm間隔であります。外窓枠から天井までの高さが50cmしかなく、梁が出ている為梁下から外窓枠まで43cmです。
装飾カーテンレールをつけたいとおもっていましたが、エアコン設置場所にもなっているため、普通のカーテンレールしかつけるしかありません。
建築工務店はエアコン設置場所を左側角に予定した様ですが、その位置も、
左壁から外窓枠まで90cmしかありません。 窓枠の隣に梁が10cmある為...続きを読む

Aベストアンサー

>外観図面の提案など出て、かなり後になってから、マタギを作った作りに変えているので…
床からサッシを取り付ける提案を、15cmの立ち上がりを設けそこからサッシを・・・・・
って事ですよね?
その時点で室内の天井までの有効寸法は決まっているのですから、下を上げれば上が狭くなるのは、当然の道理で、サッシの高さを調整するか?狭くなった寸法で良いのか?本来は施主に確認すべきでしょう。もしくはベランダが小さくとも付帯するなら、マタギを設けなくともベランダの床自体は2階のフロアレベルから下げれば、マタギは無くとも良いわけで、あくまで雨仕舞い状の処理ですから。

展開図などがあれば(正面から見てその面の寸法詳細が記載されている図面)一目瞭然ですし、その場で手書きのパース風の絵でも、寸法さえ入れれば把握できることです。
結局、施工する側がそれに気づいていないのですから、今となっては仕方ないでしょう。

例えば棚を1枚つけてくれ  という注文をして
1、壁の一部に下地を入れ造作して、外見からは棚板1枚しか見えないように作るのか?(当然手間がかかるので費用もかかるが施主に説明、承諾を得た上で)
2、L時の金具をビス留めして棚板を載せておしまい  
なのか・・・・・という使用用途や使い勝手は同じでも仕上がりのスッキリとした美しさや収まりの良さを求めるのかどうかを施主に確認して施工するという習慣が無く、2の施工で当たり前に良いというのが、その施工業者の思考なのだと思います。(極端ですが)

たぶん施工上がりの代表者だと思います。図面さえ間違いなければ施工はその通りなのでしょうが、設計に関しては、素人の私から見ても必要なスキルを満たしていないレベルなので・・・・
しかし、建築士事務所に設計管理を依頼すれば、施工費用の10%~はかかりますから(当方では15%程度いただいています)その分多少落ち度があっても許容する意識は少しは必要かと思います。

問題は建物というのは引渡しでおしまいではなく、今後も不具合やメンテで付き合いは続きます。
しこりを残したままでは良くありません。質問者さんがどうしてくれたら水に流せるのか?ご自分でお考えになり、その条件は提示して受け入れられれば、それで手を打ちましょう。受け入れられない時が問題なのですが・・・・・

>外観図面の提案など出て、かなり後になってから、マタギを作った作りに変えているので…
床からサッシを取り付ける提案を、15cmの立ち上がりを設けそこからサッシを・・・・・
って事ですよね?
その時点で室内の天井までの有効寸法は決まっているのですから、下を上げれば上が狭くなるのは、当然の道理で、サッシの高さを調整するか?狭くなった寸法で良いのか?本来は施主に確認すべきでしょう。もしくはベランダが小さくとも付帯するなら、マタギを設けなくともベランダの床自体は2階のフロアレベルから下げ...続きを読む

Q増築を検討中です。およその費用を教えてください。

250坪位の敷地に40坪くらいの母屋があります。
その脇に増築(平屋)を考えています。

希望間取り:リビング25畳程度、寝室8畳、
    ウォークインクローゼット5畳程度

・平屋希望。
・キッチン・トイレは2つ母屋にあるので不要。
・床暖房やエアコンは不要。
・リビングに大きめな窓が欲しい。各部屋にも窓をつけたい。
・材料にこだわりは無い。

インテリア屋のリフォームコーナーで聞いたら
「新築だと坪50万くらいが一般的だけど
増築だとまた変わってくるかな。。。」って。

母屋はキッチンとバスをリフォームしますが、そちらは親負担です。

結婚式も控えているので、9月までに完成し
安く仕上げたいと思っています。

およそどれくらい掛かる物なのか、何でも良いので
なにか参考になるアドバイスやご意見お願いします!

Aベストアンサー

地域すら書かれていないのでホント、全くの「およそ」ですが、
あくまで安く上げるための間取り、材料で、バス・トイレ・キッチンがない状態なら
800万円で足りるでしょう。
でも普通に施工すると950万円位になるかと。

Q敷地に別棟の住宅を建設

30年ほど前に両親がたてたハウスメーカーの鉄骨2階建ての住宅がある敷地に住んでいます。延床面積が余っているので別棟を増築して二世帯にしたいのですが、その場合既存の住宅とつながっている必要はあるのでしょうか?建築関連法規、および相続税対策も含めたアドバイス、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、色々な事例で考えましょう。

相続税的には同居の場合、家宅の相続税は高額でない限り
ほとんど課税される事はありませんので、ここが要点として・・・

別棟で、(1)キッチン・お風呂を戸別で設置
      (2)キッチン・お風呂を共用する
で大きく変わります。

(1)ですと、敷地を分ける建築の法律に抵触します。
 すると、相続でも別敷地に居住となりますので、優遇は難しく。
(2)ですと、敷地を分けなくても良くなります。
 すると、相続税の優遇対象になります。

また、渡り廊下を建物(屋根・壁・床あり)で繋ぐと、既存と新築別棟と
1つの建物となり、既存の建物も新しい建築の法令対象となり、
場合によっては、改修・耐震補強・外装・内装の遣り替えになり、
高額な工事費用が必要になります。

別棟を既存の建物より3m程度離し、新築を行った後に、渡り廊下など
検討をされた方が、別棟新築だけで済みますからね。

この辺りは、工務店やHMは避けていただき、設計事務所で相談から
工事までをされた方が安価・安心に出来ると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報