ヨークシャテリアの雌で7歳になったばかりです。3ヶ月程前にお腹に小さなシコリをみつけました。現在では近くにもう1つ増えています。大きさは2つとも米粒ぐらいの小さなもので、発見した当初と、さほど変わっていないと思われます。病院で生検を(針でさして細胞をみる)お願いしたところ、結果は悪性の要素がみえたようです。悪性度は大きさの進行からいってもあまり高くないようですが、「手術はなるべく早いほうが」と言うお話になってしまいました。その後病気の内容、症状、治療方法などたくさんご説明いただき、私も早いうちに外科手術をお願いしたいと考えております。しかし様々なリスクもあり、不安がたくさんあります。できるだけ多くの観点から考えて、納得のいく最良の方法を選択し、手術にのぞみたいと考えております。少々難しい質問で恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(1)手術は腫瘍を取るのと同時に乳腺全切除、子宮全切除をするほうが良いと聞きました。このように癌の「畑」を取ってしまっても再発の可能性はありますか?(現在、他への転移はおそらくありません)
(2)乳腺全切除はかなり広範囲にわたる手術となりますが、これにより術後、なんらかの障害はおこりませんか?たとえば筋肉に影響して歩行が困難となるなど。
(3)乳腺全切除は小型犬種では難しいという意見もありますが、そのような情報はありますか?
(4)乳腺を全部切除することは(取り逃しの無いように)、技術的に難しいことですか?獣医師の経験の有無などは重要となりますか?
(5)子宮全摘出は発情期を避けたほうが良いのでしょうか?
以上の点です。1点でもお答えいただければ幸いです。また同じ病気の経験を持たれる飼主の方、どうぞお話をお聞かせください。宜しくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>片側の乳腺は6ヶ月後とは、やっぱり獣医さんのお考えは十人十色ですね。


これは獣医さんの考え方というよりうちのワンは標準体重で余分な贅肉がないから
だと思います。(皮もゆとりがない)
もっと大きな犬でぽっちりタイプならもっと短い期間で良いのだけどとおっしゃ
ってたように思います。(ちょっと記憶があやふやですが・・)

傷跡はほんと全然わかりません。
よく見ても白い細い線が入ったって感じです。
毛の生えてるところは毛を避けて見てもほとんどわかりません。

Yorkshireさんが心配されるのは良くわかります。
私なんてネットで手術痕を見て、がぁ~んってなりました。
即、洋服(全身)を作りました。(痛々しいのが見えないように)
こんな事をしたのが嘘のようです。

術後も飛び跳ねたりは出来なかったけど(切ったところが突っ張るので)普通に
歩けましたし犬は痛みに鈍感だそうで痛がったりもしませんでした。

心配しないようにと言っても無理だと思いますが・・・心配し過ぎないように。
では、手術の成功を祈ってます。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

April21さん、たくさんのご回答をいただきまして、本当にありがとうございました。

心配しすぎないように、がんばります。

明日、また別の病院に行って話しをきいてみようと予定しています。

そして、皆様からいただいた貴重なご意見・ご回答を参考に手術方法を選択し、手術の日程などを決めていきたいと思っております。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 14:19

こんばんは。

ご質問に客観的にお答えいたします。
1)子宮及び卵巣に摘出に関しては、今後お産をさせる予定が無いのであれば、摘出した方がいいと思います。その目的は子宮や卵巣の病気を根本的に予防するためです。具体的には、子宮蓄膿症などが比較的メスのワンちゃんに多く認められる病気ですが、そのもとを摘出してしまえばそういった病気になる可能性は無くなるわけです。では乳腺腫瘍に対する効果はどうかというと、7才になってからでは子宮摘出をしても乳腺腫瘍の発生を抑える効果はほとんどありません。研究によれば、大体2才を超えてから避妊手術を行っても、乳腺種の発生頻度はほとんど変わりません。避妊したメスのワンちゃんでも乳腺腫瘍を発症する可能性はあるわけです。つまり、再発の可能性は決してゼロにはなりません。
2)そういった心配はまず無いでしょう。
3)特に難しいことは無いでしょう。
4)どんなに熟練した獣医師が執刀しても、取り残しの可能性はゼロとはいえませんが、患者さんごとに状況が異なると思いますので、具体的には何とも言えません。
5)できる限り避けるべきです。発情期は子宮への血液の供給が非常に盛んで、血管自体も太くなっています。出血等のリスクを考えれば、避けるべきです。

乳腺の切除に関しても、腫瘍の付近だけを切除する場合と健康な乳腺を全て切除する場合とでも再発率も生存期間も変わらないとされています。何より大切なのは、今の腫瘍が良性なのか悪性なのかをきちんと病理学的に検査することと、肺などに転移がないかをレントゲンで確認することです。
ともあれ、獣医さんと納得行くまで相談し、最終的にはYorkshireさんが決めることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご説明をいただき、ありがとうございました。

教えていただいたお話は、どのような手術を選択するかを決めていく上でとても参考になります。

800字を越えてしまって書けなかったのですが、実は発見当初、かかりつけのお医者さんに相談したのです。その時は「まだ小さいのでこれから数が増えたり、大きくなったりしたらまた来てください」と言われ、病名も聞きましたがそれ以上のご説明をいただけませんでした。

その後、とても心配になり、別の獣医さんに相談に行ったという状況なんです。

ですから、不安も多く、いろいろと研究しているうちに、より心配になってしまった部分を今回質問させていただきました。

また獣医さんとも、相談していきたいと思っております。

レントゲン撮影では肺への転移は大丈夫でした。(小さいものは見えないとのことなので完全に安心はできませんが)、そして麻酔のための身体測定、血液検査も異常がないということなので、後はどの時期に(実は、もうすぐ発情期なんです)、どの先生にすべてをおまかせするかを決め、できる限り早いうちに手術をしたいと思っています。

とても貴重なご回答を本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 02:34

こんにちわ。


姉のところのプードルが生後1年経つか経たないかくらいで、乳腺腫のため手術しました。
やはり、悪性だったので全摘出及び子宮も摘出しています。
(1)おっぱいがあるのは前足の方まであるので、胸からおなかまで体のほとんどを切除していますね。Yorkshireさんちの子は年齢も7歳であるなら今後子供も望めないでしょうし、乳腺・子宮と摘出してしまってもいいのではないでしょうか。そうすれば再発の可能性はないのではないでしょうか。
そのプードルは今年で8歳くらいだったと思いますが、元気です。手術後「丸山ワクチン」を投与したと聞いています。再発したとは聞いていません。術後の傷跡もほとんど目立たず、毛も生えていますよ。(触ったり、良く見たりしないとわからないです)
(2)術後1週間ほどで飛び回っていたと聞いています。おへそはなくなってしまいましたけど。(笑)
(3)ちなみにこのプードルは体重2kg程度と小さい子です。
(4)(5)これについては・・・、ごめんなさいわからないです。
このプードルがかかった病院はごく普通の獣医さんですよ。

ちなみに、プードルの手術の時費用は30万くらいしたと聞いています。丸山ワクチンを接種したのですから高額になってしまったようです。

無事の手術をお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございました。

とても励ましになるご回答で、臆せずに手術に望めるような気がしてきました。

私は犬を家族にしたのは初めてで、手術も初めてなので、本当にいろいろと細かいことまで心配しています。質問内容がやたら細かくてすみませんでした。

でも、ご親切にご回答くださってありがとうございました。

傷跡があまりのこっていない、再発していない、とても元気、など。。。。教えていただいて安心いたしました。

体重2kgはとっても小さなプードルちゃんですね。うちの子は3kg以上あるので大丈夫ですね。

けれど、生後1年とは飼主のお姉さまも大変驚かれたことでしょう。

元気になって本当になによりです。

皆様にご回答をいただけて、治るためへの手術をおこなう勇気が湧いてきました。

また、丸山ワクチンのことについても獣医さんに聞いてみます。

貴重なお話を本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 14:23

>ホルモンが影響していることもあり


ホルモンが影響するから子宮全切除をすると言われました。

残りの方も腫瘍が出来てはいけないので聞いてみたのですが
6ヶ月くらいあけないといけないと言われました。

原因となる子宮全摘もするので乳腺腫瘍になる可能性が低くなるので普通より
長生き出来こともあるとの事でした。(転移とかしてない場合)

手術直後は歪な感じになってましたし傷口も少しみみずばれのようになってま
したが今は全くと言っていいくらい分かりませんし、元気すぎて困るくらいです。
(近所の方から手術が上手だって言われました。同じ手術をしたワンちゃんを
見たことあるけどこんなに綺麗ではなかったという事でした)

子宮全摘するとホルモンバランスの関係で食欲が旺盛になるので太り過ぎない
ように注意してくださいとの事でした。
その通り、食欲旺盛になりましたが段々治まって来ました。
(少し太りましたが今は標準体重くらいです)

>再発の経験はございましたでしょうか?
老犬ではないので再発するならしてると思いますが異常ありません。

獣医さんも十人十色で考え方も手術経験も違いますから気になる事があれば
他の獣医さんの診察を受けてみる方が良いと思います。

他の獣医さんでも同じ結果ならご自分でも納得いかれるのではないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたるご回答をいただきまして、本当にありがとうございます。

再発をしていないとのことで、本当になによりです。そして、そういったお話をお聞かせいただけると、とても心強く感じます。

手術後がほとんど残っていないことも、教えていただけて、安心しました。

元気すぎるapril21さんのワンちゃんのように、うちの子もなりたいです。

片側の乳腺は6ヶ月後とは、やっぱり獣医さんのお考えは十人十色ですね。

けれども、早期発見早期摘出は確かのようなので、別な獣医さんにも不安な部分をもう一度聞いてみます。そして、できるだけ早いうちに手術をしたいと思っています。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 14:11

↓は以前、回答したものです。


(4)で全部切除と書かれてますが左右どちらにも腫瘍があるのですか?
片方ずつしか手術は出来ないように言われましたが・・・。
(うちの場合は片方だけにあったので手術は片方しかしてませんから詳しい事は
分かりませんが・・・。)

>悪性度は大きさの進行からいってもあまり高くないようですが
高くないのに無理してするというのは・・・。
別の病院でも診てもらった方が良いのでは?

グズグズしていて悪い方向に向かってしまってもいけないのでこれ以上は何も
いえません。

お大事にm(__)m

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=68271
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
腫瘍は右側のお尻(下から)数えて2番目の乳首のあたりに2つあります。
獣医さんのお話では、実際に腫瘍があるほうだけを切除しても、ホルモンが影響していることもあり片側の乳腺からの再発の危険性が高くなるとのことでした。

しかし、両側一気の切除は皮膚の関係で難しいので、1ヶ月ないし2ヶ月後に再びもう片方の手術を行うことになるそうです。

でも、こう言われても、2度の手術で両側切除で傷跡も広範囲、となるといろいろ考えてしまうものです。

片方の手術とのことで、その後の組織検査は良性でしたのでしょうか?再発の経験はございましたでしょうか?もしさしつかえなければお教えください。

アドバイスいただいた通り、別の病院でも診ていただこうと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 05:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳腺腫瘍 部分切除手術について

こんばんは、いつもお世話になっております。

先日愛犬が乳腺腫瘍の手術をしました。右にゴルフボール程になってしまったのが1個と
1cm弱が1個、左側に1cm弱が1個。

片側全摘出か部分切除かで悩みました。
ネットで色々調べてみると再発のことも考えて片側全摘出が一般的のようでした。
病院で相談して決めようと思い連れていったところ、
”腫瘍を取って、悪性なら全摘出です”と言われ、相談できるような雰囲気でなく、
ネットでしらべたら片側全摘出が・・・etc
など言えず、そのまま手術をお願いしました。
というのも、その病院は他の病院から紹介されてくる患者さんや車で3時間かけて
くる方も多く腫瘍にも強い病院です。
なので先生がそういうなら・・と任せてしまいました。

1cm弱のしこりの部分は、手術跡も1cmしかなくそこのすぐ近くに乳首も残ってます。
本当にただしこりだけを取って病理検査にだしたようです。
今まで部分摘出といっても、悪性の場合のことも考えて
その腫瘍のまわりを大きめにとってそこの乳腺?乳首?も
取るものかと思ってましたが、実際どうなのでしょうか?

結果は悪性だったので、片側全摘出を進められてます。
費用は結局2倍かかるし、入院・手術を1ヶ月の間に2回もするなんて可哀相でなりません。
術前検査では心臓が少し大きくなっていることも判明しており、何よりも
14歳の老犬に1ヶ月の間に2回も麻酔かけて大丈夫なのか?と心配です。。。

悪性だったことが判明したからには、片側全摘出をした方がいいのでしょうか?
もし1cm弱の悪性だったしこりを大きく切除してたら片側全摘出はしなくても大丈夫だったのでしょうか?

教えて頂けると幸いです。。。

こんばんは、いつもお世話になっております。

先日愛犬が乳腺腫瘍の手術をしました。右にゴルフボール程になってしまったのが1個と
1cm弱が1個、左側に1cm弱が1個。

片側全摘出か部分切除かで悩みました。
ネットで色々調べてみると再発のことも考えて片側全摘出が一般的のようでした。
病院で相談して決めようと思い連れていったところ、
”腫瘍を取って、悪性なら全摘出です”と言われ、相談できるような雰囲気でなく、
ネットでしらべたら片側全摘出が・・・etc
など言えず、そのまま手術をお願いしました。
...続きを読む

Aベストアンサー

やった後にどうするべきだったとか費用が2倍とか言っても意味ないですよね。
自分が言い出せなかったことが一番大きな要因であることは分かっておられるので、今後の方針に目を向けられてはどうですか。
腫瘍をゴルフボールサイズになるまでほっとくのもどうかと思いますが、もっと小さい段階で病理検査をするのが通常です。また例え乳腺の全摘出をしてもサイズがサイズだけに全身転移が濃厚になってきますので乳腺全摘出後も抗がん剤の服用などつらい事はまだまだあります。腫瘍は早期発見早期切除ですよ。

年齢も考慮すると何もせずペインコントロールのみしてあげるという方法もあります。

Qミニチュアダックス 癌腫瘍 乳腺全摘出手術について

初めまして。お世話になります。

13歳になる女の子のミニチュアダックスを飼っています。
避妊手術はしていなく、7歳くらいの時に乳腺に小さなしこりが一つできていました。
当時は、お医者さまと相談し、少し様子をみて、急激に大きくなるようなら悪性の腫瘍の可能性があるので手術を考えていましたが、そのような様子は現れず、10歳くらいまで状態に変化はありませんでした。
その後も気をつけてみていたのですが、10歳を過ぎたあたりから、少しずつ大きくなり始め、2つ目の小さな腫瘍も現れました。
スピードが速いようではなかったのですが、12歳になる前、最初の腫瘍が1cmほどの大きさになってしまった頃に、もう一度お医者さまに相談したところ、
急激な様子はないので何とも言えないが、良性か悪性かは摘出してみなくては分からないとのことで、年齢的に麻酔の心配もあり、手術は勧めない、と言われました。
そこで、そう言われたことに「そういうものなのか~」と思ってしまったのですが、
わんちゃんを飼っているお知り合いの方達にも、相談をしながらお話を聞いていますと、よく「痛がる様子を見ているのは辛かった」「手術しなければよかった」(皆さん主観というよりわんちゃんの様子をみて)ということを耳にして、急激な様子もなくとても元気だし、お医者さまに言われたこともあり、どうして良いのか分からず考える日が続きました。

そして12歳と半分を過ぎた頃から、さらに腫瘍が大きくなりだし、増えてきて、
私が住んでいるところは小さな町なので動物病院も数件しかなかったのですが、もう少し大きな?病院を探し、見てもらうことにしました。
診察の結果、同じことを言われたのですが、麻酔の心配については、前回の先生よりそこまで深刻にはとらえていらっしゃらないようで、手術も転移の可能性などを考えて、した方が良いということでした。
ただ、手術は可能だけれど、通院に2時間ほどかかる場所なので、地元の病院にかかることも勧められました。
しかし、地元の動物病院は手術の評判が良くないので、それは考えられません。
それに念のため問い合わせたところ、やはり、手術の場合は、大きな病院を紹介することになる、ということでした。

ちなみに、手術は、増えてきた小さなものも含めて取ることになり、広範囲で左右の乳腺全摘出と、同時に子宮摘出をすることになるようです。

正直どうして良いのか分かりません。
年齢的、体力的に、乳腺のすべてをとることの傷の痛みを、考えずにすぐに決断することが出来なくなっています。
大きくなった部分だけをとるなら、全部とることを勧めるとのことです。

そちらのお医者さまは、傷の痛みや苦しみよりも、転移や放っておいて悪化することの方を恐れている見方です。最悪のことは後ろ向きには口にはしません。評判も良く、とても良心的なお医者さまに思います。

初期の避妊手術についてや、病院について、もう少し若い時に....などと考えてしまいがちですが、今はそのようなことを考えても仕方がないので、今の状態にとって良い方向を選択したいのですが、どうしても痛みについて考えてしまいます。

年齢的な体力低下はありますが、食欲もしっかりあり、お散歩も大好きで、13歳のスムースでも雪の中を走り回るほど元気です。
しかし腫瘍は少しずつ増えています。

最近は、皮膚の痒みが以前よりかなり強くなり、ひどくてかわいそうなので治療診断をしながらお薬を飲ませているのですが、まだ経過途中ですが、性ホルモンや乳腺腫瘍からの影響の可能性もある、ということなので、なおさら手術を考えています。

元気なので、今のうちということも思い、これ以上手術をしないで放っておくことは考えていませんが、痛みや回復などについてのご意見をお聞かせいただきたいと思います。
そしてできるだけ早く決断できたらと思います。
同じような経験をお持ちの方、乳腺全摘出手術をされた方、他の手術をされた方など、経験談、アドバイスをお持ちでしたら、ご協力お願い致します。

よろしくお願い致します。

初めまして。お世話になります。

13歳になる女の子のミニチュアダックスを飼っています。
避妊手術はしていなく、7歳くらいの時に乳腺に小さなしこりが一つできていました。
当時は、お医者さまと相談し、少し様子をみて、急激に大きくなるようなら悪性の腫瘍の可能性があるので手術を考えていましたが、そのような様子は現れず、10歳くらいまで状態に変化はありませんでした。
その後も気をつけてみていたのですが、10歳を過ぎたあたりから、少しずつ大きくなり始め、2つ目の小さな腫瘍も現れました。
スピー...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。我が家の愛犬も乳腺腫瘍です。
読ませていただいて、お気持ちが本当によくわかります。

我が家の愛犬は12歳のMダックスです。
今日、片側の乳腺の摘出手術をします。

今までの経緯が質問者さまの状況とほぼ同じです。
なので同じように手術をせずここまできました。

余談ですが、昨年、子宮蓄膿症を患い、
それまで通っていた病院に疑問を抱いていたため、
初めて行った病院で緊急手術になりました。
初めての病院だったことや、元気のない状況での
子宮・卵巣の全摘出にとても不安でした。

そちらの病院で、同時に乳腺を摘出するよう
半ば強引に勧められましたが、お断わりしました。
手術は無事に終わり、回復に時間はかかりましたが、
今ではとても元気です。

あの手術は必要なものだったと理解していますが、
耐えきれないほどの不安を愛犬も私も経験し、
なおさら、乳腺腫瘍の手術はしないと決めました。

ですが、ここ数か月前から、一番大きな腫瘍のある
おっぱいから、過剰に分泌液が出て、部屋中が茶色い
シミだらけに。。。

その分泌液が出てきている分にはよかったのですが、
腫瘍が大きくなって圧迫され、分泌液が乳首から
排出できなくなってしまい、ブヨブヨに膿むように
なってしまいました。

薬を飲むと治まりましたが、繰り返す一方。
次第に薬も効かなくなり、自壊するようになりました。
注射器で膿を抜いてもらったり、気にして舐めては
自分で破ってしまい、膿や血が流れ出る状態に、
とうとう手術を決めました。

元気なこの子にとって、手術は命を落とす可能性も
あり、葛藤したけれど、この腫瘍が元気なこの子に
毎日毎日負担をかけていることは間違いなく・・・。
この先、感染症にかかるかもしれない。
ケアも満足にできない。
ならば・・・と。

「手術をしなくてよかった」と言う方もいます。
膿むことなく過ごせるワンちゃんもいます。
ケースバイケースです。

我が家の愛犬のように、今頃手術をするのであれば、
もっと早くにしてあげればよかった、と今は後悔しています。

どなたかのブログを読みました。
悪性の腫瘍は、治療をせずに残りの時間を過ごすと決めた方が
安楽死を選ぶほどのものだと。
手術をしないと決めた飼い主さんが、手術をしてくれと言う
ほどのものだと。

今はそれがよくわかります。

考え方次第ですが、私は、手術をする・しないによっての
寿命の差より、この子が快適に暮らせる今を考えたいです。
腫瘍を苦にすることなく過ごせるこれからを信じたいです。
病気に苦しむことなく、幸せな最期であるよう、この決断を
後悔したくありません。

何か参考になれば、と書かせていただきました。
お互い、最期までかわいがってあげましょうね!

こんにちは。我が家の愛犬も乳腺腫瘍です。
読ませていただいて、お気持ちが本当によくわかります。

我が家の愛犬は12歳のMダックスです。
今日、片側の乳腺の摘出手術をします。

今までの経緯が質問者さまの状況とほぼ同じです。
なので同じように手術をせずここまできました。

余談ですが、昨年、子宮蓄膿症を患い、
それまで通っていた病院に疑問を抱いていたため、
初めて行った病院で緊急手術になりました。
初めての病院だったことや、元気のない状況での
子宮・卵巣の全摘出にとても不安でした。

そ...続きを読む

Q乳腺腫瘍摘出手術と避妊手術

昨日8歳♂の診察で、いつもお世話になっている病院に行った際、
9歳♀もついでに診てもらいました。
今まで病気知らずの健康体できていたのですが、
そろそろ10歳になるし、血液検査でもしてもらおうか?!と、
軽い気持ちで診察してもらったところ。。。
乳腺腫瘍らしいモノが発見されてしまいました!!!
1.2×3.2センチ(胴に対して平行して細長い形)でした。
一度授乳経験があり(他人の子ですが)、
それ以降一番下の両乳房だけが
「お座り」している時に、なんとなく「ふっくら」している感じに
見える子だったので、気にしていなったのですが、触ってみたら
わかる程度の大きさになっていました。
もっと早く触っていたら気がついてあげられたのに。。。と
後悔の気持ちでいっぱいです。。。

そこで、質問なのですが。。。
即全部摘出手術を希望したところ。。。
もしかしたら、良性かもしれないし、
1か月程度経過観察でも良いのでは?と言う獣医さんのご意見!
私としてみたら、1カ月様子を見ている間に(悪性ならば)転移して
しまうかも???と思うので、悩んでおります。
また、避妊手術もしたいとずっと考えていたので
全身麻酔をして腫瘍摘出する際、同時にできるものなのか?と。。。
ただ、生殖器関係の部位を同時に、とったり、いじられたりするのは
同じ同姓?!として可愛そう?つらいもの?なのか?とも思い、
悩んでます!

まとめますと。。。
1、経過観察はするべきなのでしょうか?
2、腫瘍摘出手術と避妊手術は同時にしても問題ないものなのでしょうか?
ちなみに、本人?!(本犬)は、9歳といってもまだまだ体力的に
問題なく元気な子です。
ただ、あまりに通院経験がなさすぎて、病院が不得意分野になっているのが気になりますが。。。

昨日8歳♂の診察で、いつもお世話になっている病院に行った際、
9歳♀もついでに診てもらいました。
今まで病気知らずの健康体できていたのですが、
そろそろ10歳になるし、血液検査でもしてもらおうか?!と、
軽い気持ちで診察してもらったところ。。。
乳腺腫瘍らしいモノが発見されてしまいました!!!
1.2×3.2センチ(胴に対して平行して細長い形)でした。
一度授乳経験があり(他人の子ですが)、
それ以降一番下の両乳房だけが
「お座り」している時に、なんとなく「ふっくら」している感じに...続きを読む

Aベストアンサー

3週間程前に似たような質問に回答させて頂きました。
横着させて頂きます^^;

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5641170.html

我が家のワンの腫瘍は、質問者様のワンちゃんのものより小さいものだったと思います。
避妊手術だけと比べて、傷口も大きく入院日数も多かった(費用も^^;)です。
避妊手術も考えておられるとのことですので「何度も手術(麻酔)はかわいそうなので、避妊手術と一緒に腫瘍も取ってください」と言ってはダメでしょうかね?
あとは、セカンド・オピニオンをしてみるのもいいかもしれませんね。

Q乳腺腫瘍 手術

我家にはミニチュアダックス6歳になる♀がいます。
先日、しこりを見つけ、病院に連れて行ったところ、触診後、
即座に乳癌と診断され、両サイドに腫瘍があるので、2
回にわけて手術すると言われました。
そこで疑問が・・・
(1)触診だけで乳癌だと簡単に判断できるものなのか
(2)2回手術を行う必要があるのか(シコリの出方にもよると思いますが)
(3)費用は1回の手術で5万円と言われたが、2回行うと10万円になるがそれが妥当なのか
初めての病気なので、わからないことばかりです。
医師が全て正しいのかどうかさえわかりません。
またセカンドオピニオンに行くべきかどうか悩んでいます。
手術の日も決めてしまいましたが…。
経験のある方にどうだったのか意見を聞きたく思い、
投稿させていただきました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

(1)について、触診だけではわかりません。ただし乳腺にしこりが
ある場合は悪性の確率が50%ほどといわれています。
そして組織検査をするには結局のところ麻酔をかけて患部を取らねば
ならないので、怪しいしこりは乳腺ごと手術で取り去り、そして
組織検査に出します。

(2)について、しこり単体を切除しても乳腺が存在する限りまた
出来る可能性が高いです。そのたびごとに麻酔をかけて切除するにも
限度があるため(年をとるごとに難しくなる)乳腺全体をとることに
再発を防ぐ意味があります。一度に両側を手術すると皮膚が伸びず、
傷がくっつきません。よって片側を手術して傷が完治し、皮膚の
伸びが可能になってから(約一ヵ月後)もう一方のサイドを手術します。

(3)については小型犬であれば妥当な線かなと思います。
うちは大型犬なので両サイドのオペで約30万円弱でした。

持病がなく6歳という年齢でしたら乳腺全体を取り、再発を防ぐ手術は
悪性良性にかかわらず妥当だと思います。
組織検査が終わって初めて悪性かどうか分かりますので、(触診
だけで判定されたのなら、しこりの状態が典型的な形状等だったの
かもしれませんが)分かった時点で次の段階の治療が始まります。


お大事に。

こんにちは。

(1)について、触診だけではわかりません。ただし乳腺にしこりが
ある場合は悪性の確率が50%ほどといわれています。
そして組織検査をするには結局のところ麻酔をかけて患部を取らねば
ならないので、怪しいしこりは乳腺ごと手術で取り去り、そして
組織検査に出します。

(2)について、しこり単体を切除しても乳腺が存在する限りまた
出来る可能性が高いです。そのたびごとに麻酔をかけて切除するにも
限度があるため(年をとるごとに難しくなる)乳腺全体をとることに
再発を防ぐ...続きを読む

Q乳腺腫瘍の再手術について

9/13に腫瘍摘出(左1乳腺4-5と2、右乳腺2)と
避妊手術をしました。1箇所に低悪性腫瘍が見付かりました。
入院中に傷と別な箇所を噛みむしってしまい
最近やっと全ての傷が治りエリザベスカラーが取れました。

そして最近右5に新たなシコリが見付かりました。
かかりつけの病院は切除することにこした事はないですが
手術もしたばかりだし…ご家族と相談してくださいとの事でした。

考えても考えても結論が出せません。

手術をして切除することが1番に良いと思うのですが
まだ手術をして2ヶ月しか経ってないし、
体の負担は大丈夫なのか??心配です。

手術をしない他に良い方法とか有るのでしょうか??

どうしたら良いのしょうか??
やはり早期に手術をするべきなのでしょうか??

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ワンちゃんは 若いのでしょうか?!

当方の老犬は 12才位の時 乳腺に小さなシコリができ、
年々 大きくなり 隣の乳にも移り、2cm四方になり
ひどい時には 一番大きいのは2×5cmにもなりました。

ただ 老犬の為 手術をせず、シコリの悪性か良性かも
確かめず、半ば覚悟を決めつつ 毎日を大切に過ごしました。

結局 16~17才位になると シコリにも栄養が行かないらしく
一番大きなものが 1.5cm四方にまで小さくなり
18才で 天寿を全うしました。

ただ お散歩仲間の老犬は 背中に大きな脂肪の塊が出来て
良性とのことで切開手術を受け 安心していたら、
また 同じ場所にシコリができ、今度は 悪性とのこと…

2~3か月後 治したい一心で また手術をして 
結局亡くなってしまいました。 14才でした。

やはり 飼い主さんが 強い気持ちを持って 決断するしか
ありません。
でも どちらに決めたにしても、日々 後悔のないように
ワンちゃんを大切にしてあげて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報