60代の母の食事について教えてください。

血液検査をすると結果、総蛋白(TP)が標準値の下限以下です。
TPが低いときはアルブミンも低くなります。

異常値ではないのですが、「老人の低たんぱく」などの話題があるので気になります。

タンパク質を摂ればいいのかと思って、大豆製品や肉、魚、チーズ、等を多くすると、
TPが少し上昇して下限値ギリギリくらいにはなります。

でも、それと一緒にγーGTPが上がって標準値の上限、65くらいになります。

コレステロールは200以下、ALTは20から35くらいです。

特に持病はなく、肥満が、糖分、脂肪の取りすぎには注意しています。
運動は特にしていませんが、買い物などでできるだけ歩くようにしています。
ヨーグルトや牛乳は毎日食べています。
緑黄色野菜もよく食べています。

飲酒はほとんどしません。月1回ワインを2杯くらいです。
なぜ、γーGTPが上がるのかわかりません。

タンパク質が多くても、γーGTPが上がらない食事は何を食べればいいのでしょうか?

料理を作るのは私なのですが、どんなメニューにすればいいのか考え付きません。
母に何を食べさせればいいのか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アルブミンの値はどうなのですか?


総蛋白は栄養状態(=全身状態)を反映しません。例えば肝硬変の人はアルブミンは低値ですが統蛋白は正常か高値です。もちろん、これは病的です。
アルブミンが3.5あれば特に問題ないかと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

アルブミンは4.0前後を上下しています。
総蛋白は6.0前後を上下。

質問では持病なし、と書きましたが、骨粗鬆症の判定が出ました。
骨重が若年の値との比較で65%だそうです。

TPやアルブミンと関係あるのでしょうか?

もしご存知でしたら、よろしくお願いします。

補足日時:2014/06/29 22:27
    • good
    • 17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 【図解付き】肝硬変の基礎知識〜原因・症状・治療法

    肝硬変とはどんな病気か  肝硬変は、ひとつの独立した疾患というよりも、種々の原因によって生じた慢性肝炎(まんせいかんえん)が治癒しないで、長い経過をたどったあとの終末像であって、その肝病変は一般に非可逆的(元にはもどらない)と考えられてきました。すなわち肝硬変とは、種々の原因によってびまん性の肝細胞の壊死(えし)と炎症、再生が繰り返し起こり、その場所に高度の線維が増生した結果、肝臓の本来の小葉(しょ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総タンパク値が低い(血液検査)

2年続けて健康診断の血液検査で、肝臓機能のTP(総蛋白)が基準値より低くB判定が出ました。
去年が6.00、今年が6.10でした(基準値:6.5~8.2)。
他はZTTが1.00(昨年も同じ。基準値は2.3~12.0)で、他は正常値でした。

喘息で通院しているのでかかりつけ医に聞くと「これは気にする必要がない」とのこと。
でも2年続くとやっぱりちょっと気になります・・・・。
いろいろ検索してみましたが、数値が高い場合の話はいろいろありますが、低いときの話が書いていなくて・・・・。
でも最低値が設定してあるということは低すぎるとやはり問題があるのでは?と思うのですが、どうなんでしょうか?

肝機能以外は今年は血液でヘマトクリットが、脂質で総コレステロールと中性脂肪が少し数値がオーバーしていましたが、昨年はいずれも正常値でした。
何か生活で注意することはありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

http://gendai.net/?m=view&g=kenko&c=110&no=16199
http://www8.ocn.ne.jp/~snkulab/06sub.html#tpr

「全身の栄養状態が悪い栄養不良。そうでなければ肝硬変やネフローゼ症候群の疑いがあります」
だそうですが、単に血管内の血液希釈に伴う見かけの低値もあるとのこと。
実は私も毎年のように言われますねぇ。そしてやっぱりどの医師も「まぁ、これはいいです」と仰います(笑)
でも私も少し気にして「低カロリー&高タンパク」なもの...ササミとか豆腐とか白身魚とかを積極的に食べるようにして採血したこともありましたが、あまり結果は変わりませんでした。
あまりに低値だと問題でしょうけど、やっぱり「これは気にする必要がない」のでは?
ちなみに私は6年前から毎年検査してますが、ずっと6.4から6.7くらいです。

Q血液検査の総蛋白(TP)について

血液検査の項目の、総蛋白(TP)について質問です。

総蛋白の値が低い場合、栄養が足りていない状態であることがあると聞いたのですが、
それでは逆に、たんぱく質が多めな食生活を送っていると、
総蛋白の値が高めになるのでしょうか?

食事と関係があるのか気になっています。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「総蛋白(TP)」とは,正式には「血清総蛋白(TP)」と言います。

 アルブミン(血清の濃さを調節),α1グロブリンフィブリノーゲン(血液凝固に関連),α2グロブリン(ビタミン,ホルモン,銅などを運搬)などの種類があり,それぞれに役割を持ちます。

 体内の代謝を円滑にする働きと体内環境を保つ恒常性の働きがあります。こうした血清総蛋白は,体内で合成され続けますが,寿命つきて壊れていく物もあり,一定の平衡状態が保たれるようになっています。

 しかし,肝機能障害や腎機能障害などで体内代謝に異常が生じると,血清総蛋白の値や分画に異変が生じます。
 疾患により,その分画に特徴が見られるため,電気泳動法という検査にておおよその疾患名の診断がつきます。

>たんぱく質が多めな食生活を送っていると、総蛋白の値が高めになるのでしょうか?

 総コレステロールのように,高コレステロール食品を摂取するとコレステロール値が上がる,というものではありません。

>総蛋白の値が低い場合、栄養が足りていない状態であることがあると聞いたのですが

 一般に食事とは直接関係がありませんが,栄養失調では低蛋白血症になります。

 血清総蛋白の値が低くても高くても,体内の平衡バランスが崩れた状態なので,以下のように病変が考えられます。

 高蛋白血症→肝硬変,自己免疫疾患,慢性肝炎,高γグロブリン血症,多発性骨髄腫,粘液水腫,悪性腫瘍など。
 低蛋白血症→急性肝炎,悪液質,栄養摂取不足,腸吸収不全症候群,ネフローゼ症候群,急性腎炎,急性感染症など。

 何かのお役に立てば幸いです。

 

 こんにちは。

 「総蛋白(TP)」とは,正式には「血清総蛋白(TP)」と言います。

 アルブミン(血清の濃さを調節),α1グロブリンフィブリノーゲン(血液凝固に関連),α2グロブリン(ビタミン,ホルモン,銅などを運搬)などの種類があり,それぞれに役割を持ちます。

 体内の代謝を円滑にする働きと体内環境を保つ恒常性の働きがあります。こうした血清総蛋白は,体内で合成され続けますが,寿命つきて壊れていく物もあり,一定の平衡状態が保たれるようになっています。

 しかし,肝機能障...続きを読む

Qタンパク質制限中のアルブミン改善とは?

母(71歳)は現在、肝硬変の末期です。
週1回くらいの頻度で胸やお腹に溜まる水を抜く処置を受けています。

昨日、栄養指導を母と共に受けたのですが、今後はアンモニアの体内蓄積を避けるためにタンパク質摂取の制限が大切だと言われました。

医者からはアルブミンと言う値が低いので胸やお腹に水が溜まりやすいので、栄養改善が大切と言われました。

そこでアルブミン値を改善させる為にどうすべきかをネットで検索したところ、高タンパクの食事をすべきと書いてありました。

では、一体タンパク質を制限しながら、どうすればアルブミン値を改善すればいいのでしょうか?

アルブミン値を改善する為に、摂取すべき食材などのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

栄養士の立場からお答えさせていただきます。
 血清アルブミン値を上げるためにタンパク質をとるということと、アンモニアの産生を抑えるためにタンパク質の摂取を抑えるということで、非常に混乱されているのではないかと思います。
 肝臓は体内で使われるエネルギーの出納とその種類(主に炭水化物、脂質、たんぱく質)を調整したり、体内の老廃物を解毒する役割を担っています。たとえば、多少タンパク質を摂りすぎても、不必要なタンパク質は分解され、その過程で生じるアンモニアは肝臓で無毒化されて尿素になり、腎臓から排出されます。タンパク質が分解されるのはもう一つあって、それはエネルギー源として使用される場合です。これは体内で炭水化物も脂質も利用できないときに起きます。しかし、その場合に生じるアンモニアも同様に肝臓によって無毒化されます。ここでのポイントは、タンパク質の摂取量が「多すぎても少なすぎても」体には良くないということです。過剰なタンパク質は分解され、エネルギーが不足しているときにもタンパク質は分解されます。
 対応策として、まず体たんぱくの分解を防ぐために必要なエネルギー量を考えます。非代償性肝硬変であれば体重1kg当たり25~30kcal程度です。次に体たんぱくの維持に必要なタンパク質の摂取量を考えます。同じく体重1kg当たり1.0から1.2g程度です。後はエネルギーを確保(必要によっては炭水化物や脂質の摂取量を増やす)した上で、適量のタンパク質を摂ることになります。肝臓の機能が低下しているので、体たんぱくの分解を防ぐために夜食を摂ることも勧められます。分枝鎖アミノ酸(BCAA)については入院されているのであれば、おそらく何らかの処置がされていると思います。
 肝硬変の末期は食事療法の効果が相対的に下がります。食事というよりはお薬のような栄養補給が必要になる場合が多いです。食欲が低下することが多いかと思いますが、できればお母様が食べたいものを食べさせてあげてほしいと思います。また、肝硬変では比較的脂質の制限が緩いので不飽和脂肪酸を多く含む青魚などを勧められてはどうかと思います。いずれにしても、栄養士さんとよくご相談下さい。

栄養士の立場からお答えさせていただきます。
 血清アルブミン値を上げるためにタンパク質をとるということと、アンモニアの産生を抑えるためにタンパク質の摂取を抑えるということで、非常に混乱されているのではないかと思います。
 肝臓は体内で使われるエネルギーの出納とその種類(主に炭水化物、脂質、たんぱく質)を調整したり、体内の老廃物を解毒する役割を担っています。たとえば、多少タンパク質を摂りすぎても、不必要なタンパク質は分解され、その過程で生じるアンモニアは肝臓で無毒化されて尿...続きを読む

QGPT と総蛋白が高いと言われたのですが・・・

こんばんは、夫の健康診断の結果について教えてください。

肝機能のところで、
◆GPT 62 (基準値 5-45)
◆総蛋白 8.3 (基準値 6.5-8.2)
◆肥満度 25%
と出てしまいました。
その他は異常なしです。
「GPT」について検索はしてみたのですが、専門的すぎて、日常生活で
何に気をつけたらいいのか、わかりません。

彼はこの1年近く毎朝バナナと牛乳のミックスドリンクを飲み、
しょっちゅう乾しイチジクをつまみます。(けっこう大量に食べます)
濃いラーメンがすきで、月2回くらい行きます。
ふだんは、わたしに合わせて良質のオリーブオイルをたっぷり使った
野菜中心の食生活です。ご飯より、パスタなどのイタリアンが多いです。
肉魚中心ではありません。パン(特に甘いものやバターたっぷりのもの)が
好きです。
昼間は会社なので、定食系でたっぷり食べているようです。
週1回はプールに行きます。スポーツ好きで、がっしりとした筋肉質です。
夏には仕事が忙しくて痩せたのに、最近5kgも太りました。

以上について、何かアドバイスいただけませんか?

こんばんは、夫の健康診断の結果について教えてください。

肝機能のところで、
◆GPT 62 (基準値 5-45)
◆総蛋白 8.3 (基準値 6.5-8.2)
◆肥満度 25%
と出てしまいました。
その他は異常なしです。
「GPT」について検索はしてみたのですが、専門的すぎて、日常生活で
何に気をつけたらいいのか、わかりません。

彼はこの1年近く毎朝バナナと牛乳のミックスドリンクを飲み、
しょっちゅう乾しイチジクをつまみます。(けっこう大量に食べます)
濃いラーメンがすきで、月2回くらい行きます。
ふだんは...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで素人の意見なので、
Drに詳細確認すべきかと思いますが、

GPTが高い>肝炎や脂肪肝の可能性
血中総蛋白が高い>脱水症状ぎみ

あまり水分摂取されない方では?
脂肪の分解も考えて、ウーロン茶などをこまめに
飲んだほうが良いかもしれません。

野菜中心の食生活というファクターを除けば、
過栄養性脂肪肝という生活習慣病の予備軍みたいな
印象もします。出来れば、よく歩く習慣をつける
なども効果ありそうですね。

Q健康診断で低蛋白血症とわかりました。

30代前半です。健康診断で、低蛋白血症の疑いがあるので、3ヵ月後に再検査と言われました。

ネットでいろいろ調べると、癌や糖尿病と関連しているような感じで、怖くなりました。

尿検査で蛋白もなく異常なしだったのに、なぜでしょう。
3ヶ月先まで検査を待つ間も、病気が進行しないか不安です。

ちなみに、
総蛋白 6.4
アルブミン 4.0

でした。

今後、食生活等気をつけるべき点がありましたら、おしえていただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

健康診断で「再検査」や「精密検査」と云われるとドキってしますのね。実は私も、要治療や精密検査が今年もありました。・・・余談はこれくらいで・・・

さっそくですが、babanji 総蛋白6.4 アルブミン4.0ですが、健康診断の結果表にのっている基準値はどれくらいですか、この2項目だけで、低蛋白血症と云われるのは、ちと厳しいすぎるかなとも思います。基準値とは、病院・検査センター・健診機関によって違い、国際基準を採用したり、独自のものをしているところがあります。蛋白6.7~8.3 アルブミン3.8~5.3 が、私の健康診断実施したところの基準値ですね、babanjiの結果からいくと総蛋白が確かに低いですね。でも6.0以下にならなければ、経過観察かなとも思います。5.5以下になりますと、重大な疾患ですね。医師ではないので、最終的にはDr指示ですが、#1方も書かれていますが、女性ですか??ダイエット中ですか??食生活は初期であれば蛋白摂取不足ですから、蛋白質の物を摂るですよね、同じ初期でも 肝硬変初期・糖尿病・甲状腺であれば、即治療ですから・・・・・


絶対ではありませんが、3ケ月後再検査・6ケ月後再検査・特に気にする考えは低くていいです。気になるようでしたら、保険診療として、かかり付けの先生に相談が早いと思います。・・・・


ちなみに尿検査は1回ではあてになりません。朝一の尿と夕方の尿で結果が変わる事もザラです。

健康診断で「再検査」や「精密検査」と云われるとドキってしますのね。実は私も、要治療や精密検査が今年もありました。・・・余談はこれくらいで・・・

さっそくですが、babanji 総蛋白6.4 アルブミン4.0ですが、健康診断の結果表にのっている基準値はどれくらいですか、この2項目だけで、低蛋白血症と云われるのは、ちと厳しいすぎるかなとも思います。基準値とは、病院・検査センター・健診機関によって違い、国際基準を採用したり、独自のものをしているところがあります。蛋白6.7~8...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q高カロリー、高たんぱく質な食品を教えて下さい

夫が精神疾患が原因で激痩せしてしまいました。
好き嫌いはないのですが、元々、あまり食に興味がなく
178cm/60kgと細身でしたが、
今はさらに痩せてしまい55Kgを切ってしまいました。
体脂肪も10%台です。
食欲は現在、普通にあるようです。
私はダイエット食(夫とは若干メニューは変えてあります)なので、
1〜2品、夫の食事に別メニューとしてプラスしたいと思っています。


高カロリーで高たんぱく質な食品、もしくは料理を教えていただけたらと思います。
もしくは食生活上でしたほうが良い習慣などがありましたら、そちらもお願いします。
皆さんのお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

心配ですね。若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。痩せ過ぎはよくありません。

タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。特に高負荷な筋トレが必須。
有酸素運動では筋肉は増えません。余剰タンパク質は体には蓄積されず体外に排出されます。

体重を維持したいなら"高糖質+高脂質のもの"を食べさせればいいです。大量の糖質を摂取すると血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管が痛むので、これを避けるためにインスリンというホルモンが追加分泌されて体中の細胞に血管中の糖を吸収させます。細胞に吸収された糖は脂肪に変換されて蓄積されます。

また大量の糖が含まれる料理中に併せて脂質が含まれている場合、消化吸収されて体内に取り込まれた脂肪は最初のうちは血液中を循環していますが、血糖値を下げるインスリンが分泌されて血糖が下がるときに血液中の脂肪も身体中の細胞に吸収されます。つまろ高糖質+高脂質の食事はインスリンの作用で太る効果が倍増します。

食事で言えばカレーライスは高糖質+高脂質の食事になります。カツカレーなら完璧ですね。丼ものならカツ丼、天丼、他にもラーメンも高糖質+高脂質の食事になります。チャーハンなんかはご飯という糖質にわざわざ油を混ぜて炒めてますから理想の高糖質+高脂質食です。

またパンは小麦粉にショートニングという油脂を混ぜ込んでいるので、それ自体が高糖質+高脂質の食材です。甘い物がお好きならば菓子パンを食べさせてあげるとよいでしょう。

意外に太れないのは肉、魚、チーズ、卵です。摂取するものが脂質とタンパク質だけだと太らないんですよ。糖質を取らなければ脂質はほとんど身体に蓄積されません。例えばマヨネーズも糖質と組み合わせなければ太りません。だから「糖質制限ダイエット」というものが成立します。これらを食べるときは、必ずご飯やパンとセットで食べることをお勧めします。

心配ですね。若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。痩せ過ぎはよくありません。

タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。特に高負荷な筋トレが必須。
有酸素運動では...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報