3種類の色素、
ブロムクレゾールパープル(紫色)、
タートラジン(黄色)
フロキシン(赤色)
の構造(構造式)が分からないので教えてください。
なにか参考になりそうなサイトがあったら教えてください。

A 回答 (2件)

私は病理をしている臨床検査技師です。


tuurinさんのおかげで、検索をしてみると海外のページにとっても便利なサイトを見つけました。
非常に詳しいです。

もしなんでしたら、メルクインデックスか、color index(第4版?)を手に入れられる、あるいはお持ちになっていれば、それを参照していただければ、日本語もあるでしょう。

参考URL:http://members.pgonline.com/~bryand/dyes/dyes.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
英語で書かれていたのではじめは不安になりましたが
なんとか解読しました。
参考になりました。

お礼日時:2001/06/09 11:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
教えていたただいたサイトにいってみました。
知りたかったことが全部わかりました。
inorganicchemistさんは本当に一般人pの方なのかな、専門家なんじゃ・・・って思いました。助かりました。

お礼日時:2001/06/09 11:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食用色素の分離・同定の実験で、チョコレート(赤、黄、黄緑)より抽出した

食用色素の分離・同定の実験で、チョコレート(赤、黄、黄緑)より抽出した色素と標準色素(赤色3号、黄色4号、黄色5号、青色1号、ローダミンB)の色および泳動距離を比較し、チョコレートの各色がどの標準色素に相当するか同定したいのですが、教えてください。
また、その根拠も教えてください。

Aベストアンサー

チョコレートから抽出した色素と標準色素の希薄な溶液(色うすく見えるくらい)をガラスキャピラリ(細管)を用いて、ペーパークロマト用の「角形濾紙」か薄層クロマト用のプレートに、並べてスポットします。
これを溶媒、酢酸エチル、ヘキサン、ジクロロメタン、(ベンゼン)、エーテルなどで下から上へ展開します。
展開は展開槽という容器の中で行ないます。
色素の展開距離/溶媒の展開距離=Rf
として、Rfが等しいものが同一の物質である「可能性が高い」と見なされます。
溶媒を変えてもいつもRfが等しいと「可能性」はより高くなります。

Q食用青色1号と黄色5号

国内で使用される食用青色1号と黄色5号はそれぞれFDAの青色1号と黄色6号としてそのまま米国で使用して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の食用青色1号
http://www.saneigenffi.co.jp/color/gob1.html
日本の食用黄色5号
http://www.saneigenffi.co.jp/color/goy5.html
http://kenko4u.com/archives/2005/09/_fcf.html

貴方が書かれたとおりだと思いますが、素人なので絶対とは書けません。

Qオイル(油)の黄色って何の色ですか?

オイルって大体が黄色ですよね。
以前植物オイルをスキンケアに使っていたのですが、
窓際に置いておいたら日に当たったからか黄色から透明になっていました。
酸化してしまったんだろうなぁと思うのですが、
油が酸化すると何がどうなって黄色から透明になるのか、
そもそもあの黄色は油の何の成分によってなのか気になります。
どなたか詳しい方、教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

私の経験だと、油が酸化していくと、透明→黄色→黒色と変化していくことが多かったと思います。身近な油だと最初から薄い黄色ですが、天ぷら油を使い続けると黒色になっていきますよね。
固形物ですがワセリンも白色→黄色→黒色になります。化粧品でよく使用される脂肪酸エステル系材料も比較的安定ですが、酸化が進むと黄色になるケースがあります。(加水分解後に脂肪酸のアルキルが酸化?)
油単体で黄色の時は色んなケースがありますが、1つの例として二重結合などの共役による光吸収が考えられます。また、不純物により色が着いているケースもあります。
さて、質問者さんのケースですが、その植物オイルに入っていた不純物が日光により分解して色が消えたのではないかと推測します。例えば、酸化防止剤とか植物由来の微量の色素など。その植物オイルに他の材料が配合されている場合は別の化学反応が起きている可能性もあります。

Qターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色

ターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色に変化します。
石鹸を洗い落とすとまたもとの黄色に戻るのですが、この反応は、化学的にはどう説明できるのでしょうか。

幼児教室でウコン染め体験をするので、知りたく思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくはpHの影響だろうと思います。
中性では黄色で、アルカリ性ではピンクっぽくなるということでしょう。
重曹でアルカリ性にしたり、酢で酸性にしても同様のことが起こるかもしれません。
参考URLに説明があります。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/tennen/ukon.html

Q色素増感電池の色素はどうやって電子を運ぶのか

色素増感電池は多孔質のチタニアに色素(金属錯体)を吸着させて
いろいろな波長の光を吸収可能なようにしたものですが
この吸着というのは化学吸着なのでしょうか?物理吸着なのでしょうか?
色素が生成した電子をチタニアを伝搬するということは何らかの化学結合が出来ているのではないかと思うのですが、
一体どういう結合をしているのでしょうか?

それと、色素は絶縁体であると思うのですが、色素がパーティクルではなく単分子層を形成して吸着していないといけないということなのでしょうか?

もし、こういったことに関して詳しく書かれている書籍、サイトがありましたら、合わせて教えて下さい。

Aベストアンサー

> 色素が半導体程度の大きさの禁制帯を持っているというのであれば光によってコンダクションバンドに電子が励起した後、その電子がチタニアに移動するためには、結合を作っていなければ不可能だと思うのですが。

話が混乱していますね.
まず電子移動にとって本質的なのは,移動する距離とその間の障壁の高さであって,障壁が高くても有限でさえあれば,十分近い距離感での電子移動は有限の確率でおこります (量子力学の初歩でやる箱の中の電子の染み出しの問題と同じこと).これは分子間の酸化還元にしても,電極との間での電子移動であっても,何も変わらない基本原理です.化学結合しているかどうかは関係ありません.なお,化学結合があっても,ふつうは結合電子は強く束縛されているので電子移動経路にはなれません (反結合軌道はエネルギーレベルが高すぎて,そこに上げるための障壁が高すぎて役に立たない).
通常の色素による分光増感現象は,色素は単独あるいは凝集体のどちらでも起こります.現在のカラー写真感材ではハロゲン化銀 (実用されているのはヨウ臭化銀) 表面で凝集体を作るような色素をわざわざ使って,その凝集構造によって得られる分光特性を利用していますが,かつては単分子層吸着しただけの色素の系も普通に使われていました.本質的にはどちらでも同じことなのですが,励起準位 (凝集体でもバンドができるほどのサイズにはならないでしょう) のエネルギーレベルが半導体であるチタニアの伝導体の底よりも高く,またチタニア表面での空間電荷層 (通常は空乏層になって電子移動障壁として働く) の厚みがあまり大きくないのであれば,物理吸着した色素からでも有意な確率で電子移動がおこります.
これは,電気分解における電子移動が,電極との化学結合形成とは無関係におこる (たとえば金属錯体の電解酸化) のと本質的には何も変わりません.

> 酸化還元電位が近ければ電子移動が起こるということの意味が全く理解出来ないのですが。

酸化還元「電位」ではなく酸化還元「部位」です.大きな分子の場合,分子全体が酸化還元するわけではなく,実際に酸化還元で状態が変化する部分は分子のある特定の部位 (大小はあるにせよ) で,ここが電極からどれくらい離れているかが電子移動確率に強く効くというだけのことです (本質的にはトンネル効果ですから).

> 色素が半導体程度の大きさの禁制帯を持っているというのであれば光によってコンダクションバンドに電子が励起した後、その電子がチタニアに移動するためには、結合を作っていなければ不可能だと思うのですが。

話が混乱していますね.
まず電子移動にとって本質的なのは,移動する距離とその間の障壁の高さであって,障壁が高くても有限でさえあれば,十分近い距離感での電子移動は有限の確率でおこります (量子力学の初歩でやる箱の中の電子の染み出しの問題と同じこと).これは分子間の酸化還元にしても,...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報