A 回答 (6件)

一般家庭にもインターネットに接続できる環境が普及して、随分と


便利な世の中になったなぁ、と私は思います。

知り合いに伝えたいことがあれば電子メールを送信したり、知りた
い情報をweb上で簡単に検索する事も出来ます。
(料理のレシピから、専門知識まで簡単に得られますよね。)

あなたがこうやって、日本中の人からリアルタイムで意見を求めて
いる事も、ITによって実現していると言っても良いでしょう。

数年前は電子メールアドレスなんて一部の人しか持ってませんでし
たが、携帯電話の機能向上のお陰で、今では多くの人が電子メール
のやり取りをすることも出来ます。

本当に、便利になったなぁ、と私は常々思いますよ。

#あげあしを取るようで申し訳ないですが、ITとはInfomationTechnology
#の略称なので、IT技術と言う表現は本当は正しくないのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答下さった皆さんには感謝です。
ポイントを上げられなっかった方にも感謝でいっぱいです。
おかげで問題が解決しました。
IT技術とはいわないということで・・・
何と愚か者と思われたでしょう・・
また機会がありましたら無知な私に回答をお願いします。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/06/07 15:04

私がコンピューターを初めて買ってからちょうど10年になります。


この10年で変わったことの1番は、PCの価格が異常に(当時と比べて)
安くなったと言うことです。
まぁ、使用者も少なかったでしょうが。

それと、家庭でのコンピューター通信(インターネットではない)は、
キャラクター(文字)で行っており、画像、ましてや動画や音声が
通信できるなんて夢のような話でした。
何たって、通信速度が2400bpsが主流でしたからね。

インターネットは大学間だけがそろそろできはじめたのが10年くらい
前じゃなかったでしょうか。
私の記憶が正しければ、1992年にネットスケープのバージョン1.0が
登場したような・・・

爆発的にコンピューターが売れ始めたのは、1996から7年くらい
ではないでしょうか。
Windows95発売日はお祭りのような騒ぎでしたよ。
購入するために徹夜組がでましたね。

それと、みなさんもかかれていますが、携帯端末(特に携帯電話)の
普及も目を見張るものがありますね。
10年くらい前はまだポケベルもそれほど流行していなかったので
はないでしょうか。
もう、ポケベル自体をほとんど見なくなりましたね。
PHSは確か、1995年の登場だと思います。

うーん、振り返ってみるとこの10年はすごい早さで流れてきたのですね。
    • good
    • 0

それはなんと言っても、インターネットによるネットワーキングでしょう。

e-mailから始まって、ネットオークション、ネットモール、ネットコミュニティなど多くのバーチャル市場が出現しました。また携帯にもネットがはられました。企業の取り引き形態も個人のライフスタイルも、がんがん変わってます。

10年前と言えば、企業がほそぼそとクライアント・サーバー・システムで、ネットワーキングをやっていた時代です。今のような盛り上がりは、アメリカでは1995年以降、日本では昨年からです。まさに、第3次産業革命、「新結合」と言うにふさわしいこの頃です。そしてそれは、地球レベルで進行しています。

ちなみに、第2次産業革命、「新結合」は、1900年前後、鉄道と電話の敷設によって起きました。それで今の会社の形態が整ったのです。ただしこのときは国家レベルでした。

いまわれわれは、大変な時代に居るんですね。
    • good
    • 0

□ 電子メールでコミュニケが速くなった(タイムシフトした)


会った事の無い友人がいるが、会ったことある友人はやはり良い 笑
□ テレビ以外にチラチラ動く画面(パソコン)とピポパポ音のする電子機器(電話)
が増えたが、トラブルと時間ロスの増加と比較すると、情報フィルタリングの  ほうが大変なので実社会に影響するほど信頼するメディア機材とは考えていな  いしする気も無い
□ パソコンデジタルで(楽器・音)セミプロスペックのことは家庭でできるようになった 完成度の高いソフト(音楽)はめったに無いので、ヘタだけど自分で創造
するのは楽しい、しかしソフトウェアという形で未熟で不安定なものが
必要なのでそこで金と時間をロスするようになった。
□ 電子メディアやソフトが増えて、月額月賦で企業へ貢君生活になってる気がする自分はすべて現金で買ってるのに、月額がなぜ増えるのか納得いかん!!
□ ネット大戦で外国人と戦ったがその国民性の違いが見えて楽しくもあり
ムナクソ悪くもあり、自分というものの中の日本人を再認識した。
□ バーチャルな世界観を一巡してしまうと、およそ3年もあれば
  実社会での生身の創るということの美しさであらためて美しく見えてきた
  話す人よりは、つくる人がなぜか立派に見える
□ cookieなどひも付き追跡が増えた、社会的な発言でも他者の意思でしか消せないものもあるので、数年前の自分の発言をみると怖い気がする 笑

■ インターネットはカラッポの洞窟......納得
自分は現実社会がいいし自らの手を汚す 職人が好きだ 
バーチャルなクチパク社会はなんか怪しい 爆笑

そんな感じですね僕個人の意見としましては。距離時間を超えて
人に出会える、機会が増える、そうした意味で電子メールだけは
とても有意義だしありがたいです、その他はテレビと一緒 苦笑
    • good
    • 0

やはり変わったことといったら身の回りの情報端末機器の増加でしょうか。


まず今は無きポケベル、携帯をはじめとした携帯情報端末機器、一家に一台の時代に入ったパソコンなどなど。
これらの機器は地球を小さくしてくれますね。

ITの進歩もいいですが最近は使用者のモラルや人間性の低下が気になります。
これからはITの進歩に伴った人間育成が急務でしょうね。
IT犯罪が増えたのでは技術者たちも心を痛めてしまいますからね。
    • good
    • 0

10年前ですとNTTの回線もまだアナログ回線が多かったのではないでしょうか。


今では、インターネットも、ケーブルテレビの回線を利用できるようになりましたし、光ケーブルも導入されてきています。
スピード、情報量共にその能力がアップしてきています。
それだけではなく、こういった環境の変化が仕事の質そのものも変えようとしています。
例えば、土木や建築の図面ですが、回線能力アップのお陰で、発注側と受注側でお互い顔を見ないで契約することも可能になってきています。
主婦が、自宅でインターネットで受注して納品すると言うことが実際に行われています。
これなんか大きな職場環境の変化だと思いますね。
思いつくままにあげてみましたが、こんなものでよろしいでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAi技術の発展で人間は勉強する必要がないと思いました。つまりこれからは資本主義をやめ共産主義に移行す

Ai技術の発展で人間は勉強する必要がないと思いました。つまりこれからは資本主義をやめ共産主義に移行すべきだと思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

AIが支配者・為政者になる共産主義がよいなら、勉強しないでもいいでしょう。すべての人間は平等にAIの管理の元で平和に幸せに平等に暮らすのです。

私は嫌だな。

だから勉強はもっと必要になります。もっとも「暗記」は重要ではなくなります。暗記ものはAIが答えてくれるでしょうから、それよりも世の中を洞察し判断力を身に着け、創造的な価値を生み出す能力を身に着けるために勉強が必要になりますよ。

Qシミュレーション仮説は可能性の高い仮説でしょうか? 現在の技術の進歩 また 技術的特異点などを見ると

シミュレーション仮説は可能性の高い仮説でしょうか? 現在の技術の進歩 また 技術的特異点などを見るとそのようなことができるコンピュータができるのでしょうか?

Aベストアンサー

ゼロと言ってる人もいればほぼ100%と言ってる人もいる。
というかこの世界の正体を知る必要はないと思う。
知ったところでこの世界が現実であろうが神が作った世界であろうが夢を見ているのであろうが今の現実に満足していればいい。

Q工事担任者事件 AI・DD総合種の受験について

本日解禁の回答発表で自己採点した結果
AI第1種合格しました!

そこで総合種を目指したいと思っているのですが
総合種を取得するには

(1)総合種の試験に合格する
(2)AI第1種、DD第1種を取得し申請する

この2通りの方法があると考えていいのでしょうか?
(ちなみにAI1種の技術法規、DD1種の技術法規があれば総合種の技術法規を免除できるのですか?)


この2通りの方法だとすれば、それぞれのメリット・デメリット等々あれば教えて頂きたいです。
一般的にはどちらが多いのでしょうか。


ちなみに技術はAI、DDそれぞれ内容が違うのは分かりますが、基礎・法規はAI、DDで内容に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

DD第一種に合格して、総合種の資格者証を取得することが一般的だと思います。
メリットはDD第一種の範囲に学習を集中出来るということになると思います。

ちょっといやらしい方法になりますが、お金と時間があればこんなことも可能です。

総合種とDD第一種は試験時間が重ならないので同じ試験日に両方とも受験できます。
学習はもちろんDD第一種の範囲だけします。
AIを合格してから間隔が空かない受験になりそうなのでAIの知識も残っていると思いますので。

これですとどちらかが合格すれば総合種が取得できますし、両方不合格でも科目合格の組み合わせで総合種が取得できる場合もあるため
総合種取得の確率が上がることになります。

http://www.shiken.dekyo.or.jp/charge/exam/manual.html#p19

>(ちなみにAI1種の技術法規、DD1種の技術法規があれば総合種の技術法規を免除できるのですか?)

この問いは上の参考Webサイトを見てください。
免除になるという回答になると思います。

今回はどちらを受験する場合でも基礎は免除になりますので、技術と法規の受験になります。

実際に私がやったんですけどね。(そのときは両方とも試験は合格しました)

DD第一種に合格して、総合種の資格者証を取得することが一般的だと思います。
メリットはDD第一種の範囲に学習を集中出来るということになると思います。

ちょっといやらしい方法になりますが、お金と時間があればこんなことも可能です。

総合種とDD第一種は試験時間が重ならないので同じ試験日に両方とも受験できます。
学習はもちろんDD第一種の範囲だけします。
AIを合格してから間隔が空かない受験になりそうなのでAIの知識も残っていると思いますので。

これですとどちらかが合格すれば総合種が取得できま...続きを読む

Qオスプレイは現在の日本にある技術で製造可能ですか

オスプレイが起こす事故が問題になっていますが、現在の日本が保有している技術では製造できないのでしょうか。プロペラの軸方向を変えるというのは相当難しいことなのでしょうか。オスプレイのような飛行機はヘリコプターと同様に民生用としても有用だと思います。

Aベストアンサー

#7/#8です。思い出したことがあったので、オスプレイから離れちゃういますがVTOL機の一つの考え方として。

1950年代のイギリスにフェアリー・ロートダインというチップジェット(回転翼単に小型のジェットエンジンを装備して回転する方式)で駆動する回転翼を通常のターボプロップの機体の上に付けた形態の飛行機がありました。実用化を目指してデモ飛行まで行われましたが、運行コストが高く、騒音や振動の問題などで実用化には至りませんでした。
http://en.wikipedia.org/wiki/Fairey_Rotodyne

で、これをモダンにリファインしたのがシコルスキーS-72 X-WingやBoeing X-50 Dragonflyです。いずれもまだ実用化には遠そうですが、ティルトローターに比べて冗長性がある分、安全性は確保できそうです。
日本はこういう方向を目指してみてもよいかと思うのですが、ヘリの技術の蓄積もそんなに豊富じゃないですなあ(純国産出来るくらいはある)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sikorsky_S-72
http://en.wikipedia.org/wiki/Boeing_X-50

というわけで、民間用VTOLは遼遠な道のりのようです。大概の用途はヘリと固定翼機ですんじゃいますからね。#8で紹介したシンポジウムのレポートのように、日本国内で300-400機という超楽観的予測のようには行かないでしょうね。民間ヘリだって800-900機しかないんですから。

#7/#8です。思い出したことがあったので、オスプレイから離れちゃういますがVTOL機の一つの考え方として。

1950年代のイギリスにフェアリー・ロートダインというチップジェット(回転翼単に小型のジェットエンジンを装備して回転する方式)で駆動する回転翼を通常のターボプロップの機体の上に付けた形態の飛行機がありました。実用化を目指してデモ飛行まで行われましたが、運行コストが高く、騒音や振動の問題などで実用化には至りませんでした。
http://en.wikipedia.org/wiki/Fairey_Rotodyne

で、これをモダ...続きを読む

Qなぜ最近急にAIが話題なのですか?

Googleとか、音声認識とか、ブラウザのCOOKIEとか、AI的なことは昔からあったと思うのですが、
どうして最近急にAIが流行してるのでしょうか?

AIにかんして、なんかの革新的な技術が発見された?あるいは発達した?のでしょうか?


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>どうして最近急にAIが流行
多分囲碁・将棋ソフトがAIを駆使していてプロを負かす位に発達して来たからだと思います。

昔のAIはif then else型のプロジェクションとか、フレームワークで構成されていて、大した事は無く廃れました。

今はもう少し発想を変えた「ディープラーニング(特徴表現学習)」の研究結果・過程を応用したものになっています。

但し、今も、人間の脳との決定的な機構差が以下に表れています。
人:情報量を多く蓄える程、アウトプットまでの処理時間は短くなる
AI:情報量を多く蓄える程、アウトプットまでの処理時間が長くなる

未だ未だ、決定的な機構の違いがある証拠です。

Q現在の科学技術で有人宇宙飛行はどのへんまで行けるのですか?

現在の科学技術で有人宇宙飛行はどのへんまでいけるのでしょうか?。火星に行く計画があるようですが火星が限界でしょうか?。太陽系の外に行くのは無理ですか?

Aベストアンサー

昔のSFなら、とっくに太陽系内ぐらいは有人探査船が行き、月や火星
に基地があったりしてなくてはいけないのですが...。ちょっと現実
は難しいようです。↓
恒星間航行 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E6%98%9F%E9%96%93%E8%88%AA%E8%A1%8C

長期間の航行に必須のように思われていた↓これもまだだし。
コールドスリープ Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97

閉鎖空間の問題も山積み...。↓
バイオスフィア2 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A22

まだ時間がかかりそうです...。せめて火星有人探査くらいは早急に
実現して欲しいものです。↓
マーズ・ダイレクト Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88

昔のSFなら、とっくに太陽系内ぐらいは有人探査船が行き、月や火星
に基地があったりしてなくてはいけないのですが...。ちょっと現実
は難しいようです。↓
恒星間航行 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E6%98%9F%E9%96%93%E8%88%AA%E8%A1%8C

長期間の航行に必須のように思われていた↓これもまだだし。
コールドスリープ Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97

閉鎖空間の問題も山積み...。↓
バイオス...続きを読む

QAIを作る事は何故難しいんですか?

AIを作る事は何故難しいんですか?

AIはタイムマシンに並ぶ程の究極の発明の一つですよね。
もし人間並みのAIが出来れば、研究をAIに任せて恐ろしい速さで科学技術が進歩すると考えられるからです。
タイムマシンの作り方さえAIが教えてくれるかも知れません。

ゴキブリ並みの知能をもったAIを作ってもノーベル賞もらえるらしいですね。

宇宙の創生や、ガンの治療法等いろいろな議論がされてますが、知能をもったAIの作り方に関しては検討も付いていないイメージがあります

Aベストアンサー

現在のコンピュータは、記号化された情報を、プログラムした規則に従って高速で演算するものです。
この半世紀の間で演算速度もメモリ量も飛躍的に拡大しましたが、この基本的原理は今も変わっていません。
情報が記号化されてさえいれば、猛烈な速さで計算することは出来ますが、問題はその「記号化」です。

> AIを作る事は何故難しいんですか?
現実の様々な膨大な(しかもほとんどが無駄・無関係な)情報の中から、必要な情報だけを選び出して意味を持つ概念・記号に変換することが、現在のコンピュータにはとてつもなく難しいからです。

例えば大勢の人間が写った映像情報の中から特定の人間を記号として選び出すことを考えて見ます。
人間なら幼児であっても大勢の中から親の顔を見分け「ママー!」と意味を持った概念に結びつけることが、無意識にいとも簡単に出来てしまいます。
しかしこれをコンピュータに行わせようとすると、ビットパターンの画像情報の中から必要な情報だけを抽出し判定して「特定の人物」という記号に変換する作業には、非常に複雑で難しい演算が必要になります(しかも完全には出来ていません)。

同じようなことは、例えば不完全な言葉から意味を推察する場合などをはじめ、人間がごく普通に行っている殆どの活動について言えます。

人間がどうやって脳内で必要な情報を抽出・整理して知的活動をしているのか、そのメカニズムは未だ殆ど解明されていませんが、たぶんコンピュータの演算方法とは全く異なったやり方で行われている事だけは間違いないでしょう。

そのメカニズムが解明されれば、コンピュータでその真似をさせることで、AIは一気に実用化され発展することでしょう。
その意味でタイムマシンとは比較にならないくらい、実現可能性は高いと思いますよ。

なお未だにAIそのものは実現していませんが、人工知能研究の過程で「エキスパート・システム」など、限定された分野ではありますが一部実用化はしています。

お薦めの入門書:
「ロボットにつけるクスリ---誤解だらけのコンピュータ・サイエンス」星野 力、アスキー出版局(2000年) ISBN4-7561-3312-6

現在のコンピュータは、記号化された情報を、プログラムした規則に従って高速で演算するものです。
この半世紀の間で演算速度もメモリ量も飛躍的に拡大しましたが、この基本的原理は今も変わっていません。
情報が記号化されてさえいれば、猛烈な速さで計算することは出来ますが、問題はその「記号化」です。

> AIを作る事は何故難しいんですか?
現実の様々な膨大な(しかもほとんどが無駄・無関係な)情報の中から、必要な情報だけを選び出して意味を持つ概念・記号に変換することが、現在のコンピュータにはと...続きを読む

Q硫黄島の地下陣地を現在の技術で作ったら?

硫黄島の地下陣地は少しの爆薬の他はほとんど人力で掘ったというように聞きますが、あのような陣地を現在の技術で作ろうとすると、どれくらいの速度(例えば10mあたりの時間)で作業が可能なのでしょうか?
通常のトンネル作業用機械のように、大規模なものではなく、人員用に特化し、かつ安全性(コンクリート吹き付けや支保工等)より速度を重視した機械を作れば、かなりの短時間でできるように思うのですが・・・
詳しい方がいらっしゃいましたら、技術的根拠も含め教えていただければと思います。

Aベストアンサー

人間が歩けるギリギリの大きさのトンネルを掘る場合に現代技術ではどれくらいの速度で掘れるか?
という意味でいいですか?

小規模用のTBM(トンネルボーリングマシン)を使った場合で、
国内の普通の状態で山を抜く場合を想定すると、1月で100~150m。地質条件がよければ1月で800m(大断面の日本記録。)
発破を使った昔ながらの方法では、1月で50m。以下の資料による。(掘削速度はかなり控えめのように見えます。)
http://www.nef.or.jp/ieahydro/contents/pdf/a2/rtdl/314-2.pdf
小規模用TBMの写真:
http://www.enecho.meti.go.jp/hydraulic/living/develop/techno/top3.html

>かつ安全性(コンクリート吹き付けや支保工等)より速度を重視した機械
掘り進む速度がネックなので、安全性を犠牲にする必要はありません。
(断層などにぶつかった場合は話は別。)
あと、推進工法といって掘削機械(TBMなど)の後ろにコンクリート管(直径2mくらい)
を置き、そのままコンクリート管を押し込んでしまう方法もあります。
ただし、延長があまりに長いと押しこむのが無理となり、延長約1キロまで。

人間が歩けるギリギリの大きさのトンネルを掘る場合に現代技術ではどれくらいの速度で掘れるか?
という意味でいいですか?

小規模用のTBM(トンネルボーリングマシン)を使った場合で、
国内の普通の状態で山を抜く場合を想定すると、1月で100~150m。地質条件がよければ1月で800m(大断面の日本記録。)
発破を使った昔ながらの方法では、1月で50m。以下の資料による。(掘削速度はかなり控えめのように見えます。)
http://www.nef.or.jp/ieahydro/contents/pdf/a2/rtdl/314-2.pdf
小規模用TBMの写真...続きを読む

QAIは人類を滅亡させませんか?

既に囲碁とかの世界では人類を超えていますし、時期に数学の世界で人類を超えるのではないでしょうか?人類には解けない命題を一瞬で解いてしまうとか・・・
そのうちにAIが新技術を開発するようになるでしょう。その時、人類はその技術を理解できるのでしょうか?危険を含んでいたとしても予測できるでしょうか?AIにインプットするデーターがほんの少し間違っていただけで地球滅亡・・・というのを回避できるのでしょうか?AIが悪意を持つことはないのでしょうか?人間がなぜ悪意を持つのか人間は理解しているのでしょうか?人間が悪意を持つ以上、人間と同じように思考するに至ったAIも悪意を持って人類を滅ぼすのではないでしょうか?

Aベストアンサー

その可能性は高いですね。 ホーキング博士他世界の著名人も同じ心配をしています。 一方、心配する必要はないという人もいるようですが。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/03/stephen-hawking-ai-spell-the-end-_n_6266236.html

Q日本の伝統技術が世界の最先端技術だと

思えることを考えています。
たとえば、
http://ameblo.jp/papakiti1/entry-11015901625.html
にあるように、法隆寺の制震構造が東京スカイツリーの制震に活用されているということで、このほかにもいろんなものがあるのではないかと考えます。
そこで、日本の伝統技術(一応江戸時代までに日本で確立されていた技術)と現在の先端技術を比較した形でお願いします。

Aベストアンサー

法隆寺などに見られる木造建築(西岡常一を棟梁とする技術集団)
金沢を中心とした金箔の加工技術(0.1ミクロンの薄膜化)
古伊万里などからはじまった磁器とその彩色技術は後に西欧に渡り、マイセンなどで真似られた。
日本刀や日本酒などの製造技術もそうかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報