ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

コンクリートブロック5段積みの方法を教えてください。

家の周りにフェンス(ブロック5段積みでアルミフェンス)があるのですが、家を建てた時に何かしようと思い途中で止めてもらいました。

しかし、現在は特に使用方法がない為、フェンスを延長しようと考えています。
既存の基礎にブロックを5段積みしアルミフェンスを立てようと思っています。
既存の基礎は元からある側溝なので強度は強いと思います。
まず、基礎に穴を開けその穴に縦筋の鉄筋を入れようと思っているのですが、そんなんで大丈夫でしょうか?穴の深さは300mmは掘る予定です。
穴には専用の接着剤を入れて固めるのがいいかと。
塀部分の寸法は縦1000mm(5個)横3600mm(9個)なので縦筋の鉄筋は8本、横筋の鉄筋は2段目と4段目にと考えています。
色々と調べた結果、このような方法がいいかと考えているのですが、一番分からないのが既存の基礎に穴を開けて縦筋を入れるだけで、5段積まれた塀がもつのかが心配です。
鉄筋アンカーも考えたのですが、短すぎるのと繋ぐのはダメみたいなので止めます。
穴開けて縦筋の鉄筋を入れるだけで大丈夫でしょうか?
ちなみに、縦筋の鉄筋は10mm横筋の鉄筋は10mmと考えています。

道具は全て揃っています。後は、ブロック・鉄鋼・モルタル等の材料だけです。

詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

<既存の基礎は元からある側溝なので><既存の基礎にブロックを5段積みし>


これの意味がわからない。側溝は基礎ではありませんよ。
又、CB積むなら基礎は打ち直しです。アンカーは入っていないのでしょう。あらかじめ、基礎にアンカーを埋め込んでおかないと、後からでは強度が保てませんよ。5段程度であっても上にフェンスまで立てるのであれば、強風、地震で倒れてしまいます。他人に迷惑をかけるような施工はしてはいけません。
    • good
    • 1

 300mmも穴をあける必要はありません。

まったく無意味です。
 鉄筋はコンクリートのひっぱり強度不足を補完する為の物ですから、差し筋アンカー( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%B7%AE% … )のほうが良いです。長さが足りないときは、異径鉄筋( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E7%95%B0% … )を抱き合わせて結束線で締めます。(溶接機があれば店付けで溶接しても良い)
 古いコンクリートを打継ぐときは、打継ぎ用エポキシ( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E6%89%93% … )を使用します。E200が定番でしょう。
 また、ブロック塀はかならず「控え( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%96% … )」によって倒壊を支えます。鉄筋だけで支えることはできません。
    • good
    • 3

現在5段積みのブロックはプロの施工かと、基本同じように真似をして作れば問題はないと考えます。


(それから側溝と呼ばれる物は、道路とかの一部でなく完全にあなたの所有物でしょうね。)

問題点は利用する側溝の強度です。 確かに300mmも入れ込んで専用の樹脂で止めれば、
積んだブロックと分離する事はないでしょう。(=鉄筋を挿し込んだだけでは不可です)

(これに変わる方法は、鉄筋アンカーを打込んで上部をネジ加工したソケットなどで繋ぐ方法もあります)

しかし、倒れるか倒れないかは、側溝のコンクリート?の強さや新しく積んだブロックのモルタルの
付き具合ですね。
(現実に300mmの深さの穴を開けることは非常に困難を伴います。)

私のやり方の場合、ブロックの中央の穴に鉄筋を通した方が丈夫い考えられます。
鉄筋の入る空間とブロックのつなぎ目の目地部分にはすべてモルタルの充填をお願いします。

その上でアルミのフェンスの根入れは風圧次第ですが、余り浅いと折れることも視野に。

また、大きな地震の予想される地域では、それなりの規定(普通の所よりも丈夫に仕上げること)が
決められています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家庭用、簡単なブロック基礎の作り方(ブロック塀2~3段)

簡単なブロック基礎(ブロック塀2~3段)の作り方がわかりません。穴を掘り砂利を敷き、足で踏んでセメントを流してブロックを置きならべていくということですが平行にならないと思います。各ブロックはでこぼこになるとおもいます。また水平器や水糸を使ってどのようにして修正していくのでしょうか?実はホームセンターの人も詳しくは知らないらしく、こちらは家の周囲と犬小屋の塀(子犬がその中で自由になれる様に)をつくりたいのでこまっています。本が1冊だけあって取り寄せたのですが省略が多く、また専門用語だらけでむずかしいでしょう。詳しくわかりやすく超素人に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
いと思います。固まるまで次の日まで待ちます。

基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません
が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。コレを水糸といいます。

この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に
前もって出しておきます。このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。

この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り
に積んでもまっすぐには絶対に積めません。

ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い
て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ
うに決めていきます。当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・

またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。

分かるかな~?

参考URL:http://www.landes.co.jp/ext/diy/block.htm

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
い...続きを読む

Q2~3段の低いブロック塀の基礎は、深く根入れしなくても大丈夫でしょうか?

自宅外構工事にあたり、業者と打ち合わせ中で、隣地との境界を、2~3段のブロック塀とネットフェンスで施工予定です。

境界塀の施工方法を確認したところ、ブロック塀が低いこともあるのでしょうが、「基礎厚10cmで幅30cm、かぶり厚5cm、GLより5cm低い所から化粧ブロックを積む様になる」との説明を受けました。
塀は直線で、ネットフェンスもあまり高くしない予定です。
1.2m以下のブロック塀の基礎は、規正の対象外であるのは承知していまが、
このような施工方法で問題ないでしょうか?
倒壊の危険性が心配です。

基礎断面の概略図を添付しましたので、皆様、ご指導宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 確かにパッと見でも首を傾げたい施工ですね。
全体に化粧ブロック1個下げたほうが無難ですね。
 つまり図面の基礎天端がブロック1個目で、3段積みでしょうね。
確かブロック積みの根入り深さは30センチ以上取れという法律が
あったような気がしますよ。

 あるいは完全な布基礎を施工してブロックを1段積んでからフェンスを建てるというのが耐久性ではずーと上です。
 つまりGLより掘削50センチ、基礎砕石(クラッシャーランC80)厚10センチ。
 捨てコンクリート厚み10センチ、布基礎幅150mmxh40センチ(GLより100mm天端)。
 これに化粧ブロック1段積んでフェンス立て込みというのがよろしい
でしょうね。
 (質問の施工より5センチ低くなります。)

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Qブロックの積み方とフェンス設置の方法

自作フェンスを考えています。過去にも色んな人に教えていただきましてありがとうございます。まったくの素人なんですがこの方法でOKかどうか判断してもらいたいです。
※ ブロック2段積み、その上に支柱をたて木を横張りに張ってフェンスにする。

1、既存の見切りブロックにアンカーを打ち込み、角パイプ(鉄筋の役割と支柱の役割を兼ねる)を入れる。
2、ブロックの中央に穴が開いているのでそこに支柱を通しながら見切りに積む。
3、見切りと1段目と2段目のブロックはモルタルでつける。支柱の隙間もモルタルで埋める。
4、支柱にビスで木をとめていく。

と、こんな感じでいいのでしょうか? 今一つわからないのがブロックとブロックの間(横)もモルタルで埋めるのですか?縦に積む時は、下のブロックにモルタルをのせてその上に次のブロックを積めばいいというのはわかりますが横もやっぱりモルタルでつけるのですが?もしそうだとしたらどのようにやるのでしょう?

アドバイスお願いします~

Aベストアンサー

まずブロック塀の構造について説明します。

ブロック塀を支えている役割をしているのは、ブロック間を縦、横に走るモルタルと鉄筋です。ご質問では2段とのことなので、2段程度であれば横方向はなくても構いません。ただその上のフェンスが風をもろに受けるものであるとか、高さが高いというのであれば横筋も入れた方がよいでしょう。

縦方向のモルタルでは、標準では800mmピッチで鉄筋を入れます。
つまり、一つのブロックのサイズは390mmであり、残り10mmは目地に使いますので、モルタル2個で鉄筋入りモルタル柱という形になります。
端から鉄筋入りモルタル柱、ただのモルタル柱、鉄筋入りモルタル柱と続き、最期は鉄筋入りモルタルにします。ちなみにより強度を増したいと言うことであれば400mmピッチで鉄筋を入れてももちろんかまいません。

これにより、特に鉄筋入りのモルタルがブロック塀が倒れないように支えるわけです。

従いましてご質問にある支柱で支えるというのは出来ません。ブロック同士のモルタル接着はもろいですからそれで倒壊は防ぐことは出来ません。
ご質問にある支柱も一番下のブロック、更にその下にある基礎との間でアンカー固定するというように見えるのですけど、鉄筋とことなり、支柱を入れると今度は逆にモルタル量が少なくなるので、ささえにならず、また角パイプでは強度もなく、モルタル+鉄筋よりずっと弱くなってしまうのではと思います。

で、施工ですが、
鉄筋はすでに一番下のブロックがあるのであれば、そのブロック間のモルタル部分に差筋アンカーで鉄筋を入れます。このとき、少しそのモルタルを削ってその次に施工するモルタルとの密着性がよくなるようにしましょう。
これにより縦方向はOKとなります。

横筋を入れる場合には横筋用ブロックを使います。横筋は縦筋と鉄線(専用のものがあります)で接続します。
正式には一番上のブロックに施工しますが、その場合その上にたてるフェンス支柱と干渉するので、鉄筋をその部分をカットしなければなりません。そこで、フェンス支柱をたてる場合には一つ下のブロックに横筋を入れるとよいでしょう。

業者がやる場合にはブロック間も同時に詰めていきます。(乗せるブロックにモルタルを乗せて、積み上げる)ただ素人がやるのは結構難しいのでブロックを乗せた後に詰めた方がよいです。

とりあえず、概略はそんなところです。

支柱を入れる穴にはモルタルは詰めずに最期に残します。これはブロック塀が完成したあとに入れて建てます。

ブロック塀を施工するときに一番重要なのは水糸をきちんと張って、それに合わせて施工することです。ご質問での塀の長さが不明ですけど、結構重労働(特にモルタル作り)なのでがんばってください。

ちなみに私が施工したときには、既存モルタルにモルタルをつける場合にはプライマーで密着性をよくして(その前に少しはつります)、縦筋は400mmピッチ、横筋も一段したのところに入れています。その上に柱を立ててフェンスとしています。
完成後はびくともしない強固な塀になっています。

まずブロック塀の構造について説明します。

ブロック塀を支えている役割をしているのは、ブロック間を縦、横に走るモルタルと鉄筋です。ご質問では2段とのことなので、2段程度であれば横方向はなくても構いません。ただその上のフェンスが風をもろに受けるものであるとか、高さが高いというのであれば横筋も入れた方がよいでしょう。

縦方向のモルタルでは、標準では800mmピッチで鉄筋を入れます。
つまり、一つのブロックのサイズは390mmであり、残り10mmは目地に使いますので、モルタル...続きを読む

Qブロックを積むとき

ブロックを2段積みしフェンスを立てようと思っています。基礎はもう出来上がっており鉄筋がブロック2段用にもう立っております。
教えて欲しいのは
(1)鉄筋と鉄筋の間にブロックを積んでいくのか、またブロックの穴に鉄筋を通してつんでいくのかを教えてください。個人的にはブロックの穴に鉄筋を通したほうが強いのかなと思いましたがモルタルを重ねるとき、ちょっと鉄筋が邪魔になったので・・・。
(2)ブロックとブロックの間を約1センチ開けるといいますが、ブロックをたてて短いほうにモルタルをのせ、それを横にして、セットしようとするとモルタルが落ちてしまいうまく出来ません。何かコツがあるのでしょうか。モルタルはセメント1に砂3の割合で混ぜ水を加えて混ぜ合わせ、山を作っても崩れない硬さといいますか、ちょっと表現が難しですが。柔らかくしてみたのですがやはり、ずるずると落ちてしまうもので・・・。
以上2点、アドバイスいただければうれしいのですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

経験者から順序不動でお答えしますね。。

まづ道具はきちんとブロック用を使っていますか?
それとモルタルを練っておく小さめの舟(ふね:箱のことです)もありますね。 この道具の使い方とモルタルセメント量が問題です。

>セットしようとするとモルタルが落ちてしまいうまく出来ません

  これがスムーズに出来ればプロ級ですよ。 出来なくて当たり前です。
セメント量を多くして粘り気を出します。 また水の含める量は練ったあとに「ブロックごて」で適量(目地分)を漉き取って少し傾けても落ちない程度の粘性にする必要があるのです。

 これが出来たら布基礎の両端に一個ずつ据え付けてレベル合わせをして
一段目をその日のうちに全部仕上げます。
 全部で積むブロックの量が出ていませんが、私の場合は積んでジョイントモルタル充填して目地切をして、大体一日80個~100個程度施工してます。 プロは何個位積むのかな?。

>鉄筋と鉄筋の間にブロックを積んでいくのか、またブロックの穴に鉄筋を通してつんでいくのかを・・

 これは絶対ナニが何でも「ブロックとブロックの繋ぎ目に」縦筋が来るようにします。 そう施工マニュアルにも書いてあるはずです。 またそのように布基礎のではブロック積用にピッチを@400の倍数で配筋します。
 これを割付といいます。 プロのブロックやさんはこれを土木やさんにくどい様に説明します。 最悪型枠に印をつけてやったりもしていますね。
 
 なじぇなら横筋用のUブロックはジョイント部分以外ふさがっているからですし、そうでなくてもブロックの中穴に入れるよりは一個積む時間は短くなるんだよね。 400x200cx100だから中穴というアホな考えもでるがこれが
大谷石の最細目だったら一日で腰が潰れるよ。
 ああ、それと基礎にモルタルを並べるときは三列と縦の部分で5箇所でね。
先に横だけ3個分ぐらいモルタルを乗っけてからやるのが能率的ですねえ。
 終わったらジョイントに緩くしたモルタル流し込みます。
程よいころに目地切をして目地仕上げをしながらブロックを積んでいきます。
 この一連の流れ作業がスムーズにいかないとまともなブロックは積みあがりません。 
 気温が高くなっていますので目地は乾かないうちに仕上げましょう。

あとフェンスが間柱タイプなのかフリーポールタイプなのかわかりませんが建柱する場合は空モルタルを使います。
 これはフェンス屋さんの施工方法です。 この方法で柱を先に全部建てて
穴の上3センチ程度だけブロック積み用のモルタルで仕上げます。
 この状態でその日の施工をやめて柱が自立できる状態になってからフェンスパネル本体の取り付けとなります。
 この方法が一番施工能率が高いです。 やってみてください。

経験者から順序不動でお答えしますね。。

まづ道具はきちんとブロック用を使っていますか?
それとモルタルを練っておく小さめの舟(ふね:箱のことです)もありますね。 この道具の使い方とモルタルセメント量が問題です。

>セットしようとするとモルタルが落ちてしまいうまく出来ません

  これがスムーズに出来ればプロ級ですよ。 出来なくて当たり前です。
セメント量を多くして粘り気を出します。 また水の含める量は練ったあとに「ブロックごて」で適量(目地分)を漉き取って少し傾けても...続きを読む

Qブロック塀を10m位作りたいのですが、見積もりはいくら位でしょうか?

ブロック塀を10m位作りたいのですが、見積もりはいくら位でしょうか?
ブロックは最安の一般的なもので、1段目を土に半分くらい埋めて、その上にもう1段と考えています。
自分でやろうと思ってますが、水平をだすのが難しそうなので業者さんに依頼した場合、どの位の見積もりになるか知りたいです。
簡単な土留めと考えていますが、人目につきやすい場所なので水平、垂直はしっかりしたいです。
できれば、工賃と、材料費等、項目別の見積もりが知りたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

yakisoba-様 自分で作るならそれ程手間もかからないで出来ますので挑戦してみて下さい。
真直ぐに作るのであれば、棒又は鉄棒を3~4本同じ間隔で立てて糸を張る。(手前から奥へ糸を覗き込めば真直ぐかどうかが分かる。糸の重みで途中が弛まない様に棒にテープ等で仮止めをする。又、糸を2本位張っておけば作業工程の基準となります。)
基礎地盤が大事なので、作る予定の地盤はしっかりと踏み固めて下さい。砂利を5cmくらいに引きつめる。
水平にならすのが良ければ、水平器(100円ショップにある)で所々たる木を下敷きにして測りながら砂利の地固めを行う。
基礎のコンクリート(セメント1・砂3・砂利6を混ぜた物)を流し込む。砂利から5cmくらいの高さまで流せばOK。固まる前にブロックの穴の間隔に合わせて鉄の芯を打ち込む。(安い鉄筋で良い。二段目のブロックの頭から突き出さない長さにする事。ブロック1個に対し、鉄筋2本が普通ですが高く積み上げないので1本でも良い)1日乾燥させる。
モルタルを作る(セメント1・砂2~3)。
後はブロックの四隅にモルタルを親指大に乗せて行き並べて行く。
はみ出したモルタルは竹べらや目地ゴテを使って形をととのえる。
ブロックの切断はタガネ(100円ショップ)で少しずつ傷を付けながら両側から割るとい。上段のブロックの穴に小さい草花を植えるのも良いかも。  健闘を祈る。

yakisoba-様 自分で作るならそれ程手間もかからないで出来ますので挑戦してみて下さい。
真直ぐに作るのであれば、棒又は鉄棒を3~4本同じ間隔で立てて糸を張る。(手前から奥へ糸を覗き込めば真直ぐかどうかが分かる。糸の重みで途中が弛まない様に棒にテープ等で仮止めをする。又、糸を2本位張っておけば作業工程の基準となります。)
基礎地盤が大事なので、作る予定の地盤はしっかりと踏み固めて下さい。砂利を5cmくらいに引きつめる。
水平にならすのが良ければ、水平器(100円ショップにある)で所々たる木...続きを読む

Qコンクリートブロックは何段まで積めますか?

法律は置いて頂いて、ホームセンターで売っているコンクリートブロックは何段まで積む事ができますか?

近くに20段積んでいる場所があります

Aベストアンサー

どこぞの国では、コンクリブロックでビル立ててましたね
やり方次第で、なんぼでも積めるんじゃないでしょうか?
流石に1000段も積んだら、一番下が潰れそうな気はしますが・・・
(重量耐久性の問題になりますね、どの程度あるのか分かりません)

実際問題として
鉄筋も入れず、基礎も軟弱地盤にトロ敷き程度で、ブロック壁作るんなら、3段くらいでぐらついてきます
同じ条件でもコの字型に組んでやれば、5~6段でも結構しっかりしてます

しっかりと基礎を作って、鉄筋や鉄骨を入れてやれば、かなり積めるんじゃないでしょうか?
それでも一直線に壁を作る場合、人の背丈くらいまで積んでしまうと、かなりグラグラしてます
これをT字やL字に支え部分を作って積んでやると、がっちりしてます
積む形にもよるってことですね

普通の人がDIYでやるっていうのなら、10段程度がいいところじゃないかな?
たしか、1段20センチくらいですよね、10段で2m程度
足場組むならともかく、脚立あたりで作業するなら、それより高くなるとかなりしんどい

Q車庫の土間コンクリートの施工方法について教えてください。

自分で車庫の土間コンを施工しようと思います。あとはワイヤーメッシュをスペーサーで浮かして固定し、生コンを流すだけです。生コンは生コン屋さんにもってきてもらう予定です。そこで簡単に施工手順を教えてください。トンボで均一にならしてからどれくらいで木ゴテや金ゴテで仕上げるとかの生コンの目安、時間などです。道具は一通り揃っています。左官屋さん等で詳しい方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が、打設する部分の奥まで届かないときには一輪車で運ぶことになります。後は、ジョーレンやスコップ、そしてトンボで均一にならしますが、均しただけでは内部に気泡が入り、いわゆる「豆板」になりますから、全体にバイブレーターをかけると良いのですが、お持ちじゃないでしょう。で、代わりに棒で、突いて行くのです。(特に、基礎や、型枠の周辺を重点的に、型枠は、金槌で、こんこん叩いて振動を与えてやる)トンボで均した面は砂利が飛び出しているので次に、この砂利を沈めるために、角材(10cm角で、長さは2~3メートル)に足を付けて平均台のようなものを作り、これをひっくり返し、二人でそれぞれの足を持ち、息を合わせて打設したコンクリート面に打ち下ろして(バチャバチャという感じで)行きます、こうすると平らになりつつ飛び出していた砂利が沈み、代わりにモルタルが浮いてきますからその後のコテで均すのが楽になります。
一人でするなら専用の工具が売ってます(名前は知りません。土間均し専用工具で、長方形の金網に取っ手を付け、金網の横にゴムシートが取り付けられている形のもの)
木ゴテだけでも慣れれば砂利は沈んで行くようですが・・・・。
金ゴテ仕上げをしたいのであれば、木ゴテで均した後、表面に浮いた水が引くまでしばらく待ちます。(この、水の引き加減を見分けるのが素人には難しい)
金ゴテで撫でているときにコテが砂利に引っかかると石が浮いてきてきれいに仕上がりませんから、そうならないように、砂利はしっかり沈めて表面にはモルタルの層が出来るように木ゴテで均しておくのです。
金ゴテを使うときは、自分の足形が出来ないようにコンパネを敷いてその上に乗って作業をしますが、可能であれば空中に足場板を渡せるようにしておき、その上に乗って作業が出来れば最高です。
なお、金ゴテで均すときに「表面硬化剤」を使うと、コンクリートに色が付けられてしかも、硬くなり、ほこりが立ちにくくなります。
がんばって、すてきな車庫に仕上げてください。

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が...続きを読む

QDIY 重量コンクリートブロックの6~7段積み

自分で重量コンクリートブロックを6~7段を30メートルほど積みたいのですが、注意点やコツ・要領を教えて下さい。
モルタル?の作り方やどんな道具を用意したらいいのか教えてください。
はじめてなので不安です。

Aベストアンサー

建築業界では組積工事と云います。
ブロック組積経験3年程度の見習工でも、一人前に積む事が難しい作業です。

1.基礎のモルタルが乾かないうちに塀の全ての長さ(30m)の一段目を水平に置きます。
<右端から左端まで水平に置かないと、上の段に影響が出ます。水平を出すには水糸を使用します。水糸は35m用意して下さい>

2.基礎の下(土の部分)まで長さ1.5m 程の鉄筋を40Cmおき(ブロックのつなぎ目)に垂直に差し込み(打ち込み)ます。
<打ち込みは金属製の手ハンマーを使用して下さい>

3.一段目のブロックの上に、鉄筋を横に這わせ、縦に打ち込んだ鉄筋と交差する場所は、細い針金で結びます。
<鉄筋は縦横共直径12~15mm程度のものを使用して下さい。横に這わせる鉄筋はブロック2段に1本です。>

4.水糸を一段目ブロックの22Cm上に張り、少し硬めのモルタルを3Cm程の高さに盛ります。
その上に二段目のブロックを置き、一つずつ水糸に合わせて積んでいき、ハンマーの柄で叩きながら水平を出していきます。
この作業を6~7段目まで続けます。一番上は「横」と云うブロックを使用します。

尚、モルタルが乾く前に、巾20mm程度の金鏝でブロックとブロックの間の目地をブロック面より1~1.5mm程度・抑引きして下さい。

この作業は、おそらく素人の貴方には出来ない作業でしょう。簡単に文章にしてみましたが、地震が来たら倒れるのは必然的です。もし倒れた場合人的被害には損害賠償が付き物です。
素人には無理です。

建築業界では組積工事と云います。
ブロック組積経験3年程度の見習工でも、一人前に積む事が難しい作業です。

1.基礎のモルタルが乾かないうちに塀の全ての長さ(30m)の一段目を水平に置きます。
<右端から左端まで水平に置かないと、上の段に影響が出ます。水平を出すには水糸を使用します。水糸は35m用意して下さい>

2.基礎の下(土の部分)まで長さ1.5m 程の鉄筋を40Cmおき(ブロックのつなぎ目)に垂直に差し込み(打ち込み)ます。
<打ち込みは金属製の手ハンマーを使用して下さい...続きを読む

Qコンクリ地面にアンカーボルトをつける方法

いくつか前の質問で、コンクリのうってある地面に、フェンスを立てるための基礎石ブロックをセメントで固定できるか?とヘンテコな質問したバカ者です。その節はお世話になりました。

考えを変えまして(汗)コンクリにアンカーボルトでフェンス用ポストの金具(アンカーボルトでコンクリに打ち込み式)を取り付けようと思います。

家にはリョービのインパクトドライバー12V(穴あけドリルビット付き)があるのですが、それで、コンクリに穴を開けて、ボルトをつけるのでしょうか?

他に必要な機材はありますか?

万が一、コンクリがひび割れになる・・とかってありますか?どのような点に気をつければよいでしょうか?

Aベストアンサー

1.振動ドリルを調達する。
今回の用途なら、コンクリ12mmの能力があれば十分だと思います。
http://www.homemaking.co.jp/top/dendokogu/sindodoril/pd-12vr.htm
↑こんなのが良いかと。

2.ポストの金具を留める場所に正確に置く。

3.穴を掘る部分を鉛筆でマークする。

4.ポスト金具をいったんどけて、振動ドリルにコンクリート用の刃を取り付け、マークした部分に穴を掘る。少し深めに。

5.全ての穴を開け終わったら、穴の中の粉を吹き飛ばす。

6.ポスト金具を置く。

7.アンカーボルトを差し込む。(穴の底まで達しなくても良いです。)

8.アンカーボルトのナットを指で回して取り付ける。(ナットの位置でアンカーボルトの深さを調整します。)

9.金槌でアンカーボルトの芯棒を叩き込む。

10.スパナやレンチでアンカーボルトのナットをきつく締め付けて金具を固定する。

ざっと、こんな工程でしょうか。
アンカーボルトには、ドリル刃の径がそれぞれ指定されていますので、ちゃんと合ったサイズの刃を使う必要があります。

先にアンカーを叩き込んでしまうと、穴がナナメになっている場合には金具をはめられない事があります。ポスト金具を置いてからアンカーを差し込む方法をお勧めします。または、ポスト金具を置いたまま金具の穴に合わせてドリルで掘るという方法でも良いです。

最初は安価な鉄アンカーを使って、全然関係ない場所で練習してみると良いですよ。慣れれば簡単な作業です。
ちなみに、コンクリブロックにはアンカーボルトは不可ですので御注意を。

1.振動ドリルを調達する。
今回の用途なら、コンクリ12mmの能力があれば十分だと思います。
http://www.homemaking.co.jp/top/dendokogu/sindodoril/pd-12vr.htm
↑こんなのが良いかと。

2.ポストの金具を留める場所に正確に置く。

3.穴を掘る部分を鉛筆でマークする。

4.ポスト金具をいったんどけて、振動ドリルにコンクリート用の刃を取り付け、マークした部分に穴を掘る。少し深めに。

5.全ての穴を開け終わったら、穴の中の粉を吹き飛ばす。

6.ポスト金具を置く。

7.アンカーボルトを差し...続きを読む


人気Q&Aランキング