プロが教えるわが家の防犯対策術!

 廃材を使って棚を作りたいのですが、木材の円柱と円柱の間に板を挟みたいのですが、ボンドではなく、ねじでしっかりと固定したいです。

 円柱と円柱をつなぐ用のねじってありませんか?

 木材の板をはさむので、なるべく長いものがいいのですが

A 回答 (5件)

木にオニメナットを打ち込んで、ナットのように使う。


ボルトはねじを切った長い棒があるからカットして使う。

円柱に切り込みを入れて棚板を差し込み、
水平方向で締め付ける。
その場合も上記のねじ切り棒を使うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど
オニメナットはよさそうですね
検討してみます

お礼日時:2014/08/12 07:57

ANo.2です。



> 埋め込みがうまくできるかどうか心配で寸

 埋め込む前に鬼目ナットの周りに木工用ボンドを塗っておくと良いでしょう。
 ナットがしっかりと固定されます。
 ただし、先の私の回答も、おそらく他の多くのご回答も、

> 廃材を使って棚を作りたいのですが

 との事なので、ドリルなどDIYに必要な工具は当然お持ちと思った上での回答でした。

> ドリルなどももっていませんので

 これは困りましたね。
 これを機会に安物で良いからホームセンターで必要な電動工具を手に入れることをお薦めします(充電式ドリルなら2000円くらいから買えます)。
 あるいは、知り合いから借りるとかホームセンターや地域自治体の市民工作室などで工具を使わせてもらう方法もあるのでお考え下さい。

 それはさておき、そういう事情であるのなら、電動工具を使わないで何とか出来ないかと考えて見ました。 添付図を見て下さい。

(1)板の裏側から木ネジを1本貫通させておきます。
(2)板の表側から木ネジ数本で下の円柱を固定します。
(3)上の円柱を木ネジの先端に押し当てて、円柱を回して押し下げて木ネジに食い込ませていきます。

 という方法は、どうでしょうか。
 なお、円柱の端面と木ネジには、あらかじめ木工用ボンドを少量塗っておくと、がっちりと固定できます(ただしその分、分解や取り外しの時は骨が折れます)。
「円柱と円柱を繋ぐねじありませんか?」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほうほう
なるほど
これなら、特別な工具も必要なくできますね
手軽にできる方法なので、採用しようと思います

ありがとうございました

お礼日時:2014/08/13 12:55

鋼管用吊りバンドとか、ユニバーサルジョイントとか呼ぶ金具があるけど・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べてみましたが、
ちょっと、使うのは厳しそうですね
回答ありがとうございました

お礼日時:2014/08/13 06:25

なお、重量のかかる所においては「ずん切りボルト」を中心に、カラーやナットをかませて使えば良い。



中間の所は=
・円筒木材部は半分に割いて掘り込みを作り、またくっつける。
・ロングドリルの加工をして穴を貫通させる。
・疑似品でカバーするなど、いずれかの方法で出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり
オニメナット
をかませて
ズン切りボルトになりますかね
オニメナットがうまく加工できるかどうか、
ドリルなどももっていませんので

お礼日時:2014/08/13 06:25

ANo.1のご回答にかぶりましたが、上下の円柱の端面中心に穴をあけて図のような埋め込みナットをたたき込み、板に両切りボルトを通して両側から円柱を回してネジで挟み込む方法はどうでしょう。



↓木材に埋め込む「鬼目ナット」の例
http://www.life-diy.com/02_mokkou_4-2.html
「円柱と円柱を繋ぐねじありませんか?」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これが一番いいですかね
近所のホームセンターにもありましたので、検討してみますが、
埋め込みがうまくできるかどうか心配で寸

お礼日時:2014/08/13 06:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q棒と棒をつなげる

こんにちは。
日曜大工のテクはそれなりに身についてきたのですが、
棒と棒を接続させるにはどうしたらいいだろうと思います^^;
基本は太さが同じ棒を接続させたいのですがどんな部品を買ったらいいのでしょうか。」
ついでに長さが異なる棒同士、棒と板のようなものを接続させる方法もご存知でしたらお願いします。
できれば100ショップの小物で、なければホームセンターで買えるものでお願いします。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

棒と棒を接続…
ちょうどサイズが合うパイプが有れば、それに打ちこんでやります。
ホームセンタでカット対応しているところだと、端材で捨ててある場合がありますし、50円とかで売ってる事があります。パイプに合わせて棒を選ぶ、または加工となります。

棒と板を接続…
ホームセンタに棒にはめ込むフランジがあるので、棒の両端からこのフランジを入れて固定
あと、こたつの足のようにねじ込むタイプの金具もありましたね

Q木材の円柱にこんな加工できますか?

 ウッドラック製作に余った、木材の円柱があまっています。
 ルミナスのスチールラックを持っているのですが、ウッドラックで余った木材円柱をルミナスの延長ポールを足せませんか?
 要するにこれを
http://www.luminous-club.com/products/detail.php?product_id=981
 円柱の木材にねじこませられれば、なんとかなりそうなのですが。
 
 かなり見た目不恰好ですが、物の裏になり見えないことから、木になることもなく、是非とも流用したいのですが。
 

Aベストアンサー

内径を彫ってねじ込むのと、外形を削りだす手間は変わらないはず。
その金具の内径にあわせてほぞを削りだして差し込むほうが精度がいりません。差し込む相手もパイプですから。
で、それはルミナス延長パイプを買うより工賃が高いでしょうね。

Q円柱タイプ 雌ネジ上下

外径5mm
内径3mm
長さ25~30mm

円柱の素材の端に雌ネジ穴が開いていて板と板の間に挟んで使います
 
【ボルト3MM】|【板】|【円柱】|【板】|【ボルト3MM】  ・・・ イメージ  


何かを乗せる訳ではありませんのでアルミ素材とかの柔らか目のものでも問題ありません

以上のサイズを見たしている商品を探しています
素材は金属/プラスチックなんでも問題ないと思います

なにかありましたら教えて下さい

Aベストアンサー

スペーサーという部品があります。
M3ねじ(3mm)の場合、標準外径はφ6です。
ここだけ御容赦いただければ、多種多様の適合品があります。
 真鍮/ステン/アルミ/各種樹脂/セラミックス等
六角柱でよければ、さらに選択肢が拡がります。

http://www.hirosugi.co.jp/products/shape/spacer.html
これに限らず、ワード「M3 スペーサー」で検索可能です。

用途からして考え難いですが、どうしても外径φ5ということであれば、ホムセン等で内径3/外径5のパイプを購入し、長いボルトを貫通させる(この場合一方はナットになります)か、内径2.5程度のパイプ両端にM3ねじを加工する(材料次第では簡単)方法もありますね。

Q木の棒と棒を接合するには?

木工初心者です。
木の棒(直径2~3センチ)の先端に、さらに棒をくっつけたいのですが、困っているのが、接着剤などで完全にくっつけたくないことです。また、つなぎ目が分からないようにくっつけたいのですが…。取り外しが可能で、ある程度安定した接合方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「鬼目ナット」というのを使うとできそうなのですが、良いサイトが見つかりませんでした。
木に埋め込むようなタイプのナットです。あとはもう片方に木に埋め込めるボルトをつけられればできると思います。
ビリヤードのキューの連結のようなイメージです。

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

Q2本の棒をつなぐ方法

1.5mの棒と1mの棒をつないで2mの長さにしたいのですが
重なる部分をどうやってつなげば頑丈でしょうか。

その棒の両端を高さ2m位の棚に置き、
700g程度の物をつるしたいのです。

棒は、よく100均などで売っている細い突っ張り棒です。
ひもなど、簡単に手に入るもので縛る方法が良いのですが
材料や縛り方など、教えて下さい。

Aベストアンサー

どちらも突っ張り棒。
をつなぐ。
ということですね。

そしたら、両方ともつなげる部分の蓋を外すか穴を開けるかして、中に割り箸でも入れしまえばどうですか。2本とか3本とか、ピッタリと収まるように。 竹製の割り箸とか、またはサイバシとか、丈夫そうですよね。テコの原理できちんと支えになると思います。あとは繋ぎ目をテープで巻けば、何故つながっているのか外から見えません。
外側から添え木のように補強するより全然かっこいい気がするんですが。

Qイレクター・スペーシアのプラスチックジョイントをボルト止めする方法

イレクター・スペーシアでは、プラスチックのジョイントは専用接着剤で固定する設計になっているかと思います。
ただ、接着してしまうと、使わない時に分解して収納することができません(そういう使い方を想定していないのでしょうけども)。かといって、メタルジョイントの場合、種類が少なく、少々使いづらい部分もあります。

そこで、プラスチックジョイント・パイプに穴をあけ、ネジやボルトでパイプを固定する方法ってないでしょうか?
そういう方法を解説しているサイトなどでも良いので、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

回答番号2です。
プラスチックジョイントとパイプを脱着可能にすると強度的には全く期待できません。
力のかかるジョイント部がプラスチックで弱いのに加え、接合部の応力をボルトという「点」で受け止めることになるので・・・
やっているケースでは極力応力のかからないところでやっているのと、壊れても「やっぱり」という結論になっています。

なのでこれに関して『事故例』とか『問題』というかたちで公表するのは完全な言いがかりとなります。
まともな公表例はせいぜいが『笑い話』(やっぱダメだったわー♪)としてです。
耐久性も勘合部がじきに緩くなってくるのでそれなりになります。

ある程度強度が必要な場合はやっぱりジョイントとパイプは接着する必要があります。
そのうえで収納できるように、というのであれば形状を工夫し、荷重のかからないようにするぐらいです。

強度か厳密に計算する必要がある、というかソコまでハイレベルなことができる人なら・・・・それこそ鋼管を溶接して1から作ります。(苦笑)

イレクターはあくまでもお手軽で軽強度で使用するためのものです。

とはいってもイレクターを使った折り畳みのブツですが、実は自分も作っています。
ジョイントを使って一部のパイプを勘合ピンとして抜き差しする格好で作ってあります。

添付画像は自分が製作し、使っているもの例です。
トラックの荷台において使う鳥居です。(荷台に置いてあるだけで、荷物ごと縛って使用)
脚の部分はイレクターパイプを3角形に組んでいます。

T字型のジョイントを使っていますが、横棒の側を何か所か接着せずに動くようにしています。
矢印の部分が接着していないとこです。(上の右側、奥の右側、手前の両方)
手前の部分の横棒を抜いて足の部分をまとめると平たくなって仕舞うのが楽、という寸法です。

使用頻度が少ないのでこういう形になっていますが現在のところ特に問題なく使えています。

回答番号2です。
プラスチックジョイントとパイプを脱着可能にすると強度的には全く期待できません。
力のかかるジョイント部がプラスチックで弱いのに加え、接合部の応力をボルトという「点」で受け止めることになるので・・・
やっているケースでは極力応力のかからないところでやっているのと、壊れても「やっぱり」という結論になっています。

なのでこれに関して『事故例』とか『問題』というかたちで公表するのは完全な言いがかりとなります。
まともな公表例はせいぜいが『笑い話』(やっぱダメだったわー...続きを読む


人気Q&Aランキング