実家の犬なのですが、足に大きな腫瘍(人間でいうガングリコ?)ができてしまいました。今行っている病院では手術ができないとのこと。血液の病気もあって麻酔もかなり慎重を要するとか。宇部市・山口市・小郡町近辺で手術の腕の立つ先生をご存知の方、是非ご一報下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

う~ん、ご心配でしょうがなかなか回答がつきませんね。


今行っていらっしゃる病院では手術可能な他の病院を紹介していただけないのでしょうか。

以下のURLであたりを付けてみられてはいかがでしょうか。
ちなみに山口市には山大の畜産関係の病院もあります。山口大学の農学部で検索してみてください。

では、良い獣医さんが見つかりますように。

参考URL:http://channel.goo.ne.jp/pet/search/hospital/chi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ペットと言えど家族の一員で、自分もあちらこちらに連絡をとってみました。大学病院も考えていたのですが(先生の進めもあって)モルモットにされそうな気がして・・・。でも一応聞いてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/18 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q里親候補の方に子猫を持って行き、その場で引き渡しをおことわりすることになったら・・・?

3週間前に子猫(メス)を保護しました。保護後、ノミの処理、血液や便の検査(結果は全て問題なし)をし、先週1回目のワクチン注射を済ませました。ワクチン注射の際、獣医さんのお知り合いでメスの子猫を飼いたい方がいるので、私が里親を探しているならどうですかというお話をいただきました。現在私は猫を2匹飼っていますが、里親を探すのは初めてなので、こちらで相談させていただければと思い質問を投稿します。

ネットで猫の里親探しについて調べました。もし獣医さんからお話をいただいた里親の方にお願いすることになったら、以下は絶対したいと思っています。
1.里親の方には私が直接子猫を連れて行く。
2.里親の方にはまず2週間子猫と暮らしていただき、問題がなければ正式に子猫を引き渡す。
3.正式に引き渡してから1ヶ月後、里親の方に子猫の様子をお知らせいただく。

上記については獣医さんにも可能かどうか確認しますが、一つ懸念していることがあります。里親の方に初めて子猫を連れて行った際、何かしらの理由でその里親の方に子猫をお任せできないと私が判断し、その場で里親のお話自体をお断りすることになった場合、先方に失礼がないようにどのようにお話したらいいでしょうか?里親の方については獣医さんからだいたいのお話は伺い、以前猫を飼っていたご家族でもあるようなので大きな問題はない感じなので、私の考えすぎかもしれませんが、ネットで猫の里親探しについて調べていると、予想もつかないような様々な問題やトラブルが起きていることを知り、またそのような問題やトラブルが起きた場合、最終的に一番大きな被害を受けるのは猫たちであることを再認識しました。

里親探しをされている団体や個人の中には、まず里親希望者の自宅へ訪問し、猫にとって安全な環境であることを確認した上で誓約書などを交わし初めて猫を引き渡す方々もいるようです。私もそうできればより確実だとは思うのですが、里親候補の方が電車で3時間離れた所に住んでいること、またすでに飼っている先住猫たちのことでも今後お世話になるだろう獣医さんも上記のような可能性(引き渡しをその場で断るかもしれない)を相談した場合、不快に思われるのではないか(里親候補の方は獣医さんのお知り合いですし・・・)などが心配です。

獣医さんにも相談はする予定ですが、猫の里親探しをされたことがある方、里親になったことのある方など、どう思われるかやアドバイスなどお聞かせいただけますでしょうか。また、上記のこと以外にも、里親探しをする際に気をつけること、注意することなども教えていただければ幸いです。

尚、この子猫を私が引き取るという方法もあるのですが、すでに猫を2匹飼っていることや今後引っ越しの可能性があることを考慮し、今のところは子猫には里親を探す方向で考えています。

3週間前に子猫(メス)を保護しました。保護後、ノミの処理、血液や便の検査(結果は全て問題なし)をし、先週1回目のワクチン注射を済ませました。ワクチン注射の際、獣医さんのお知り合いでメスの子猫を飼いたい方がいるので、私が里親を探しているならどうですかというお話をいただきました。現在私は猫を2匹飼っていますが、里親を探すのは初めてなので、こちらで相談させていただければと思い質問を投稿します。

ネットで猫の里親探しについて調べました。もし獣医さんからお話をいただいた里親の方にお願...続きを読む

Aベストアンサー

里親募集経験者です。
私自身も募集を通じて猫を引き取りましたので経験談を。

特別保護活動などは行っておりませんが、つてがありましたので募集の際は色々と相談に乗っていただきました。
長文ですが読んでいただければ幸いです。

活動を行っている皆さんが仰っておられたのは「早く里親さんを捜してあげたいというお気持ちは十分理解できますが、ちょっとでも違和感があればお断りして下さい」ということでした。
訪問の際に何かと理由をつけて自宅に入れてくれない、連絡がつきにくいなど、少しでも「変だな」と思った人に、安易な希望的観測で猫を渡さないでください、と。

私に猫を譲渡していただいた方は、かなり査定の厳しい方だと伺っており、自宅訪問の上での飼い主面会(家族がいれば全員と。ひとりでも反対者がいればダメ)、誓約書の署名はもちろん、その他諸々ありました。

まず私が保護先へ猫と面会し、次の自宅での面会は里親候補と保護主とで行われました。猫はいませんでした。
その際、まず「失礼なことをお聞きするかも知れませんが、どうぞご容赦下さい。譲渡に関してとても大切なことですので、お聞きする決まりになっています」とお断りを入れられました。

その上で、飼育に対する基本的な考えや将来のこと、私は独身ですので、ことに結婚や出産の際、パートナーとの意見の相違ができた時はどうするかなど、かなり細かく聞かれました。(事前に伺っていましたが、その方は基本的に独身の女性には譲らないという信念をお持ちの方でした。譲渡の時は良いのですが、結婚・出産などで環境が変わると、いとも簡単に手放す人が多いのだそうです。)

結果、理解していただいて譲渡に到りましたが、この時の経験は募集する側になった時に活かされました。
出産に関しては欲しくても恵まれないご家庭が多い昨今、話題がナーバスで、かなり話題にするには勇気が要りましたが、猫のためを思い悪者になるつもりでお尋ねしました。(私に譲渡していただいた方とは今でも交流があり、未だにこの時のことを「あの時は不躾な質問でさぞかしお気を悪くされたでしょう。すみませんでした」と仰られます。そんなことは全然なかったですけどね。)

厳しいことを申し上げるようですが、3時間の距離も、獣医さんとのことも、猫にとっては全く関係なく、我々人間の都合でしかありません。

とは言え、獣医さんも親心で仰っているのだと思います。
ネット上には譲渡規約を公開しているところもありますし、それを参考にしてオリジナルで規約を作成し、まず、獣医さん内容を把握していただいた上で先方にお渡しいただけるようお願いしてみてはいかがでしょうか。もちろん、当日破棄の可能性もあることもお話しした上で。

件の里親募集した猫は、只今仮契約中でほぼ決定かと思われますが、この先何年経っても、万一の場合は、勝手に逃がしたり処分したり第三者に譲渡することなく、私が引き取ることになっています。

良縁をお祈りしております。

里親募集経験者です。
私自身も募集を通じて猫を引き取りましたので経験談を。

特別保護活動などは行っておりませんが、つてがありましたので募集の際は色々と相談に乗っていただきました。
長文ですが読んでいただければ幸いです。

活動を行っている皆さんが仰っておられたのは「早く里親さんを捜してあげたいというお気持ちは十分理解できますが、ちょっとでも違和感があればお断りして下さい」ということでした。
訪問の際に何かと理由をつけて自宅に入れてくれない、連絡がつきにくいなど、少しでも...続きを読む

Q乳腺腫瘍摘出手術と避妊手術

昨日8歳♂の診察で、いつもお世話になっている病院に行った際、
9歳♀もついでに診てもらいました。
今まで病気知らずの健康体できていたのですが、
そろそろ10歳になるし、血液検査でもしてもらおうか?!と、
軽い気持ちで診察してもらったところ。。。
乳腺腫瘍らしいモノが発見されてしまいました!!!
1.2×3.2センチ(胴に対して平行して細長い形)でした。
一度授乳経験があり(他人の子ですが)、
それ以降一番下の両乳房だけが
「お座り」している時に、なんとなく「ふっくら」している感じに
見える子だったので、気にしていなったのですが、触ってみたら
わかる程度の大きさになっていました。
もっと早く触っていたら気がついてあげられたのに。。。と
後悔の気持ちでいっぱいです。。。

そこで、質問なのですが。。。
即全部摘出手術を希望したところ。。。
もしかしたら、良性かもしれないし、
1か月程度経過観察でも良いのでは?と言う獣医さんのご意見!
私としてみたら、1カ月様子を見ている間に(悪性ならば)転移して
しまうかも???と思うので、悩んでおります。
また、避妊手術もしたいとずっと考えていたので
全身麻酔をして腫瘍摘出する際、同時にできるものなのか?と。。。
ただ、生殖器関係の部位を同時に、とったり、いじられたりするのは
同じ同姓?!として可愛そう?つらいもの?なのか?とも思い、
悩んでます!

まとめますと。。。
1、経過観察はするべきなのでしょうか?
2、腫瘍摘出手術と避妊手術は同時にしても問題ないものなのでしょうか?
ちなみに、本人?!(本犬)は、9歳といってもまだまだ体力的に
問題なく元気な子です。
ただ、あまりに通院経験がなさすぎて、病院が不得意分野になっているのが気になりますが。。。

昨日8歳♂の診察で、いつもお世話になっている病院に行った際、
9歳♀もついでに診てもらいました。
今まで病気知らずの健康体できていたのですが、
そろそろ10歳になるし、血液検査でもしてもらおうか?!と、
軽い気持ちで診察してもらったところ。。。
乳腺腫瘍らしいモノが発見されてしまいました!!!
1.2×3.2センチ(胴に対して平行して細長い形)でした。
一度授乳経験があり(他人の子ですが)、
それ以降一番下の両乳房だけが
「お座り」している時に、なんとなく「ふっくら」している感じに...続きを読む

Aベストアンサー

3週間程前に似たような質問に回答させて頂きました。
横着させて頂きます^^;

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5641170.html

我が家のワンの腫瘍は、質問者様のワンちゃんのものより小さいものだったと思います。
避妊手術だけと比べて、傷口も大きく入院日数も多かった(費用も^^;)です。
避妊手術も考えておられるとのことですので「何度も手術(麻酔)はかわいそうなので、避妊手術と一緒に腫瘍も取ってください」と言ってはダメでしょうかね?
あとは、セカンド・オピニオンをしてみるのもいいかもしれませんね。

Q地域限定ですみません!猫の里親募集で検索しているとペットショップなどで繁殖引退する猫の里親募集という

地域限定ですみません!猫の里親募集で検索しているとペットショップなどで繁殖引退する猫の里親募集という記事を目にしたことがあります。札幌市のペットショップなどでそのような猫の里親募集の情報があったらおしえて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、情報は知りませんが、もう調べていたらすみませんが、地元の動物保護団体があれば連絡してみてください。
動物病院でも、情報が張り出して有ることもあります。ボランティアしているところがあれば、一時預かりのお願いや里親募集が有ります。
どうぞ不幸なネコに温かな心を届けてあげてください。

Qシェルティーが腫瘍の手術するかもしれません!犬の手術でこれだけは気をつけたらいいってことありますか?

シェルティーが手術するかもしれません!犬の手術でこれだけは気をつけたらいいってことありますか?メスの老犬です。しこりは小さいのですがかなり小さい段階で胸のところに発見でき細胞の検査の上、獣医に悪性の腫瘍かもしれないから手術来週にするといわれました!

Aベストアンサー

細胞の検査の上、獣医に悪性の腫瘍かもしれないから という点に疑問を抱きます。通常行なう細胞診は確定診断を行う時の検査です。胸のしこりということなので多分乳腺腫瘍だと思うのですが、乳腺腫瘍の約半分くらいは良性です。老犬とのことですので極力手術は避けた方がベストです。良性か悪性かの確定診断を行い、仮に良性であり大きくならなければ、そのままにしておき軽めの抗癌剤投与が良いと思います。運悪く悪性だった場合でも方向性は良性と同様で極力手術は避けるべきです。問題は発症した部位です。転移せず一箇所に留まっていて、しかも大きくならなければ、放射線治療と化学療法の併用が良いと思います。
リンパ節への転移が懸念される場合は、早い段階で手術を行い腫瘍を完全摘出することが必要です。現在の病院(獣医師)を完全に信頼されているのであれば、そのまま治療を続けても構わないと思いますが、もし何らかの不安があるのであれば、セカンドオピニオンとして違う病院(獣医師)に行き相談されても良いでしょう。
最近では、犬の腫瘍マーカー検査も行なわれています。確定診断を行う際の一検査として受けられたら如何かと思います。
最後に手術は腫瘍を全摘(全部摘出)しなければ意味がありません。手術には大きなリスクを伴いますので十分に検討してあげて下さい。

参考URL:http://www.pet-life.jp/

細胞の検査の上、獣医に悪性の腫瘍かもしれないから という点に疑問を抱きます。通常行なう細胞診は確定診断を行う時の検査です。胸のしこりということなので多分乳腺腫瘍だと思うのですが、乳腺腫瘍の約半分くらいは良性です。老犬とのことですので極力手術は避けた方がベストです。良性か悪性かの確定診断を行い、仮に良性であり大きくならなければ、そのままにしておき軽めの抗癌剤投与が良いと思います。運悪く悪性だった場合でも方向性は良性と同様で極力手術は避けるべきです。問題は発症した部位です。転移...続きを読む

Q成猫の里親になりたいのですが

猫の里親サイトを見て1歳くらいの成猫の里親になりたいと思っているのですが、猫の飼育経験がない為わからない事ばかりですので、猫飼育ベテランの方どうぞよろしくお願い致します。

・我が家には3歳のミニチュアダックスがいるのですが、このワンコと1歳くらいの猫ちゃんが一緒に生活するのは可能なのでしょうか?
ワンコはいたって温厚な性格ですが、猫は殆ど見たことがありません。

・今度2歳になる子供がおります。猫ちゃんは小さい子供が居る場合飼うのは難しいのでしょうか?

・成猫になってからでもある程度の爪とぎのしつけは可能でしょうか?

幼児と犬もいますので猫を飼うにあたっていろいろ難しい点があると思いますが、できれば里親になりたいのです。
現在の状況で飼うのが難しそうであれば、もう少し時期をみてでも
捨てられた猫や野良猫の里親になりたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

里親になられると言う事でとても素晴らしい事だと思います。
まずは頑張って下さい!って感じですね。

で、にゃんこについてですが1歳くらいであればまだしつけは充分可能だと思います。
爪とぎもにゃんこによっては効かないコもいますが、またたびなんかをつけておけば喜んでそこで爪とぎするコもいますから。
ただ、にゃんこと言っても性格も様々なので、気性の荒いにゃんこだとワンコやお子様と一緒に生活するのは難しくなると思います。
まずは飼う予定であるにゃんこのそれまでの生活環境を確認してからになると思います。
人見知りでワンコとの接点のないにゃんこだったら諦めた方がいいかも。
生まれてすぐの頃からワンコとの接点があるコだったらそれほど問題はないと思いますが、私の知り合いでも途中からワンコと生活してワン&にゃんのケンカがたえなかったって人もいましたので。

あとお子様ですが、にゃんこってバカそうに見えて結構人を見てますよ。
よっぽど尻尾を強引につかんで引っ張る等しない限り大丈夫です。にゃんこの方が避けますから(笑)

Q犬の手術の際の麻酔について

約2週間前の4月25日に、
家の中で飼っている犬(ゴールデンレトリーバー・オス)が、
屋根なしのオリの扉の金具に、
左後ろ足の中指を引っ掛けて、
爪が根元から取れ、大出血をするという怪我をしてしまいました.
いっこうに出血が止まらない為、
すぐに病院へ連れて行ったところ、
「鎮静剤を打った後に麻酔をして、
 止血の処置をします」
と言われ、そのように対応していただきました.
     
その後しばらく通院していたのですが、
昨日、診て頂いた時先生に、
「このままだと治りが遅くなるかもしれないので、
 早く治るのを促す為にも、
 再度麻酔をかけて、
 根元を切開する手術をした方がいいかもしれません」
と言われました.
   
ただ、最初に麻酔を使用した手術をしてから、
まだ1ヶ月も経っていない状態での麻酔を使用しての再手術は、
犬の体に大きな負担になりはしないかと、
家族全員躊躇してしまっています.
(大型犬(40kg)のためか、使用する麻酔の量も、
 小型犬に比べて多いようなので・・・)
   
皆様のご意見を伺えたら有り難いです.
どうか、宜しくお願い致します.

約2週間前の4月25日に、
家の中で飼っている犬(ゴールデンレトリーバー・オス)が、
屋根なしのオリの扉の金具に、
左後ろ足の中指を引っ掛けて、
爪が根元から取れ、大出血をするという怪我をしてしまいました.
いっこうに出血が止まらない為、
すぐに病院へ連れて行ったところ、
「鎮静剤を打った後に麻酔をして、
 止血の処置をします」
と言われ、そのように対応していただきました.
     
その後しばらく通院していたのですが、
昨日、診て頂いた時先生に、
「このままだと治りが遅くな...続きを読む

Aベストアンサー

化膿しているようですとたしかに処置した方が早く治りますし治ったあとの傷口もきれいです。もし麻酔の問題を考えないのならもちろん処置した方がいいです。しかし問題は麻酔の心配ですね。ここからは僕個人の意見として聴いてください→現在ゴールデン君は痛み(ツメですので足をかばって歩くなどの症状)を感じてる様子ですか?痛みがあるようなら早く治す麻酔の処置を薦めます。もし痛みがなく時間がかかっても治るキズでしたら麻酔は薦めません。もちろんあとは飼い主さんに麻酔の危険性を説明し処置した場合と処置しなかった場合の予後をお話してから飼い主さんが希望する方法をとります。どちらが正しいかではなく飼い主さんが納得のいく治療がベターだと思います。

Q仔猫がもしエイズの場合。里親探しの団体はどう対応?

仔猫の場合生後6ヶ月を過ぎないとエイズの感染確認ができないそうです。そこで質問ですが、生後6ヶ月を過ぎ検査したら感染していた場合、里親探しの団体はその猫をどのように扱うのでしょうか。6ヶ月に満たない仔猫を譲渡する場合は里親に確認出来ない旨を了解してもらえば良いと思いますが、保護していた仔猫が生後6ヶ月後i検査したらエイズだった場合です。専門家の方、里親活動されている方、もしくは実情ご存知の方教えていただけませんか?最後に猫を飼って半年~1年後にエイズだとわかった場合、みなさんはどうしますか?

Aベストアンサー

陽性です、と告知していくだけで扱いは変わらないですけど。
現にキャリアっ子の里親募集は普通によく見かけます。
http://love-peace-pray.jp/fiv/index.html
http://www18.ocn.ne.jp/~madamzoo/Foster/fiv.html

子猫でも現時点で+-を検査しておく、というのが大多数だと思います。

うちにも保護当時より陽性のキャリアが三匹いますが、隔離するわけでもなく普通に多頭飼いでみんなと生活しています。
大穴があくまで噛み付いてダクダクに大出血しての大げんか、位しないとうつりません。
むやみやたらと偏見でビビるのは良くないです。

Q高齢ペキニーズの手術の麻酔のリスクについて

先日、ペキニーズのソケイヘルニアの件で質問した者ですが良いアドバイスを頂きました。もう1つ知りたいのはマズルの短い犬で高齢の麻酔のリスクというのはどう云う事が起こる可能性があるのでしょうか?ご存知の方教えて下さい。出来る限り知っておきたいので・・・

Aベストアンサー

初めまして。
マズルの短い犬はえてして鼻道が狭く、呼吸がしづらいというのがあります。そのため人間で言うと鼻づまりの人が一生懸命呼吸をしようとして、鼻道に無理な力が加わり炎症を起こしやすくなり、そのせいでまた一生懸命呼吸をするという悪循環に陥ります。それは同時に気管というところにも圧力がかかり、軟骨が弱かったりすると気管虚脱(きかんきょだつ)になりやすくもあります。また、口で呼吸を行うこともあるために、口の中も炎症が起こり易くなり手術の際にはおそらく気管チューブという肺の近くまで酸素や吸入麻酔薬を送るための管を口から入れることになると思うのですが、炎症が起こっているためにペキニーズなどによくある軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)が増長されて、入れにくくなり危険な状態になることもあります。(自発呼吸を止めて人工呼吸器で手術中に管理しようとする場合)
また、手術が終わっても麻酔が効いているためにうまく自発呼吸ができないために呼吸困難になりやすくもあり、そのあたりを理解している動物病院で行うのが望ましいと思います。肥満であればなおさら、危険度は増します。
鼠径ヘルニアの手術自体はそんなに難しくはないのですが、ペキニーズとなると麻酔リスクの方をよく考える必要があるかもしれませんね。
なんだか専門用語が並んで理解しがたいかもしれませんが、わからなかったらまた、言ってください。

初めまして。
マズルの短い犬はえてして鼻道が狭く、呼吸がしづらいというのがあります。そのため人間で言うと鼻づまりの人が一生懸命呼吸をしようとして、鼻道に無理な力が加わり炎症を起こしやすくなり、そのせいでまた一生懸命呼吸をするという悪循環に陥ります。それは同時に気管というところにも圧力がかかり、軟骨が弱かったりすると気管虚脱(きかんきょだつ)になりやすくもあります。また、口で呼吸を行うこともあるために、口の中も炎症が起こり易くなり手術の際にはおそらく気管チューブという肺の近...続きを読む

Q里親が見つからなかった猫のその後

あなたがもし猫を絶対飼えない状況にあって、
里親もみつからなかった場合、猫達をどうしますか?
猫は野良猫でしたが、里親を探すべく、室内飼いをし、
ようやく人にも馴れてきたおとなの猫です。
どうしますか?
野良猫に戻しますか?保健所に送りますか?それとも他に
何か考えがありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

既に手は尽くされています。
限界を超えてまでは到底無理だと、私は認識しております。

心優しい方だからこそ、見て見ぬふりができなかったのですよね。
ほとんどの人が、関わりたくないと避けて通ることを
貴女様は、ご自分の経済状況やアレルギーを我慢なさってまで
猫のために力を尽くしてくださいました。

もう十分だとおもいます。

保健所も選択肢にお考えとのことですが
最後の慈悲とおもわれて、どうか野に置いてやっていただけないでしょうか。

保健所での飼い主不明猫の扱いは100%【死】です。
炭酸ガスでの【処分】は安楽死とは程遠いものです。

でも、野良ならば…生き延びられる可能性もあります。
事故に遭うかもしれません。
病気に感染する危険もあるでしょう。
毎日、飢えとの戦いになることでしょう。
ゴミもあされず、水は天からもらうしか術はないかもしれません。

でも、それでも人の手によって、苦しみながら生きられるかもしれない命を摘まれるよりはマシです。

一日、ほんの僅かな食事で、あるいは天寿をまっとうすることが出来るかもしれない。
そんなささやかな願いも、その子たちには叶わないかもしれません。

でも、野良ならば、あるいは自然に生きるものを捕食して生きながらえることができるかもしれない。

狭くて暗い絶望だけしかない監獄の中より、たとえ飢えても自由でいたいはずです。

どうか、最後の慈悲とおもわれて保健所だけは御勘弁ください。

貴女様のご尽力は猫たちも分かっているはずです。

これ以上の無理は、なさらないで。

ありがとうございました。
その子達に代わり、心より御礼申し上げます。

PS:このように里親に恵まれない猫たちのケースでは、一番理想的な方法として地域猫というシステムがありますが
残念なことに、まだほんの一部の地域でしか実行されていません。

個人で近いことをするならば、不妊去勢をして決めた場所で給餌するといった方法になります。

そのような手段で、人間よりはるかに短い猫生をまっとうしてもらうことが可能です。

野良猫の平均的な寿命…状態悪(~1、2年)給餌あり(~4、5年)
だいたいこんなところだとおもいます。

ご参考までに・・・

既に手は尽くされています。
限界を超えてまでは到底無理だと、私は認識しております。

心優しい方だからこそ、見て見ぬふりができなかったのですよね。
ほとんどの人が、関わりたくないと避けて通ることを
貴女様は、ご自分の経済状況やアレルギーを我慢なさってまで
猫のために力を尽くしてくださいました。

もう十分だとおもいます。

保健所も選択肢にお考えとのことですが
最後の慈悲とおもわれて、どうか野に置いてやっていただけないでしょうか。

保健所での飼い主不明猫の扱いは100%...続きを読む

Q乳腺腫瘍 手術

我家にはミニチュアダックス6歳になる♀がいます。
先日、しこりを見つけ、病院に連れて行ったところ、触診後、
即座に乳癌と診断され、両サイドに腫瘍があるので、2
回にわけて手術すると言われました。
そこで疑問が・・・
(1)触診だけで乳癌だと簡単に判断できるものなのか
(2)2回手術を行う必要があるのか(シコリの出方にもよると思いますが)
(3)費用は1回の手術で5万円と言われたが、2回行うと10万円になるがそれが妥当なのか
初めての病気なので、わからないことばかりです。
医師が全て正しいのかどうかさえわかりません。
またセカンドオピニオンに行くべきかどうか悩んでいます。
手術の日も決めてしまいましたが…。
経験のある方にどうだったのか意見を聞きたく思い、
投稿させていただきました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

(1)について、触診だけではわかりません。ただし乳腺にしこりが
ある場合は悪性の確率が50%ほどといわれています。
そして組織検査をするには結局のところ麻酔をかけて患部を取らねば
ならないので、怪しいしこりは乳腺ごと手術で取り去り、そして
組織検査に出します。

(2)について、しこり単体を切除しても乳腺が存在する限りまた
出来る可能性が高いです。そのたびごとに麻酔をかけて切除するにも
限度があるため(年をとるごとに難しくなる)乳腺全体をとることに
再発を防ぐ意味があります。一度に両側を手術すると皮膚が伸びず、
傷がくっつきません。よって片側を手術して傷が完治し、皮膚の
伸びが可能になってから(約一ヵ月後)もう一方のサイドを手術します。

(3)については小型犬であれば妥当な線かなと思います。
うちは大型犬なので両サイドのオペで約30万円弱でした。

持病がなく6歳という年齢でしたら乳腺全体を取り、再発を防ぐ手術は
悪性良性にかかわらず妥当だと思います。
組織検査が終わって初めて悪性かどうか分かりますので、(触診
だけで判定されたのなら、しこりの状態が典型的な形状等だったの
かもしれませんが)分かった時点で次の段階の治療が始まります。


お大事に。

こんにちは。

(1)について、触診だけではわかりません。ただし乳腺にしこりが
ある場合は悪性の確率が50%ほどといわれています。
そして組織検査をするには結局のところ麻酔をかけて患部を取らねば
ならないので、怪しいしこりは乳腺ごと手術で取り去り、そして
組織検査に出します。

(2)について、しこり単体を切除しても乳腺が存在する限りまた
出来る可能性が高いです。そのたびごとに麻酔をかけて切除するにも
限度があるため(年をとるごとに難しくなる)乳腺全体をとることに
再発を防ぐ...続きを読む


人気Q&Aランキング