出産前後の痔にはご注意!

例えばCD化やDVD化の様に、「化」を付けるだけで名詞を完了形の様な形に替えられる語、または語句は有るのでしょうか? 意味は多少違いますが、「CD version」という使われ方はしますが、敢えて「CD化」としてみたいのです。

パッと思い浮かぶ語は「producted」ですが、仮に、「CD-producted」としたら意味は通じたとしては、どうもしっくりと来ない。「CD-versionized」、または、「CD-version-ized」では余りに和製英語でしょうか?

博識者のお知恵拝借。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2さん、#3さんご指摘の通り、一般論として 「-化」というときには、”-ize(d)” をつけることが多いです。


たとえばアナログ信号をデジタル化することを、"digitize" といいます。
http://eow.alc.co.jp/search?q=digitize

CD化やDVD化に限ったことであれば、それぞれ特殊のデータ保存形式を採用したという意味合いから、
"CD-format(ted)"、"DVD-format(ted)" という表現を使えるでしょう。
https://www.google.com/?hl=ja&gws_rd=ssl#hl=ja&q …
e.g. "'Live at Wembley Stadium' video now available on DVD-format !"

もっともこの例の場合でしたら、"DVD-format" とは敢えて言わず、
"'Live at Wembley Stadium' now available on DVD !" とするのが一般的です。
つまり、敢えて「CD化して」とか「DVD化して」と言わずとも、「CDで」、「DVDで」とするだけで意味は伝わります。

もともとアナログでしか存在しなかったソフトをわざわざデジタル化したということであれば、上記の "CD/DVD-format(ted)" も使えますし、"CD/DVD-converted" も使えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レクチャー感謝です。

お礼日時:2014/10/01 19:17

それを言うなら「CD-ize」ですね(「CD化され“た”」という過去形なら「CD-ized」)。

造語ですが、これで意味はバッチリ通じます。

ただし、「CD化」という表現は英語でもあまりに一般的なので、特殊な事情がない限り、こうした表現を使うのは不自然です。例えば詩で「realize」と韻を踏ませたいとか、文章でユーモアや風刺を交えて「-ize」の付く言葉をたくさん並べてたいといった時には、こうした造語を使ってもいいです。

ちなみに、「produce」という便利な動詞があるのに「product」という名詞を動詞化するのも、あまりに不自然で意義も感じませんし意味も通じません。かといって「CD-produced」も意味が通じません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レクチャー感謝です。

お礼日時:2014/10/01 19:16

1. -ize を後ろにくっつければ、ある程度は(機会のように辞典に入れば)いけます。


 例えば「日本化する」なら、Japan につけて下記のように Japanize となります。 
http://eow.alc.co.jp/search?q=Japanize
http://eow.alc.co.jp/search?q=Americanize
http://eow.alc.co.jp/search?q=democratize

2。CD とか DVD の場合は、おっしゃる通り CD version が適当で、CD-producted、CD-versionized」、CD-version-ized はいずれも通じますが、ちょっと外れ、として受け止められると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レクチャー感謝です。

お礼日時:2014/10/01 19:17

CD や DVD の場合は、昔のレコード盤の名残りで、pressed on CD/DVD という表現が通じます。



実際に、マスタCD から型取りして量産したりするので、工程的・売り側的にも違和感ないのでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レクチャー感謝です。

お礼日時:2014/10/01 19:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む


人気Q&Aランキング