現在必要悪として自動車、ゴミ等の環境問題や、サービス残業、自殺、言葉遣いなど様々なことがありますが、ほとんどの場合は個人の良識の範囲内というきわめて曖昧な倫理規定が社会通念的に通っているのですが、実際の所どこまでよろしいのか考えれば考えるほど分からなくなってきます。そこで必要悪を認めつつ有る程度規制する際に有用なルールの作り方の基となるようなことを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>現時点での一般的に必要悪はどの程度アリかということを決めてしまえないかと思ったわけなんですよね。



ごめんなさい。これはどう答えたらいいのでしょうか。「どの程度アリ」の部分が上手く表現できないのですが、必要悪はどう理想を掲げても常に存在するものだと思うので(表裏一体ですね)。逆に bookmarkさんがゴミ等の環境問題、自殺、言葉遣いなどで例として具体的に示してくれると私も答えやすいのですが・・・

理想と現実の問題点をすり合わせて改善、改革されていくではダメですか?

> そこで必要悪を認めつつ有る程度規制する際に有用なルールの作り方の基となるようなことを教えてください

自動車問題ですが、排気ガスの規制なども排気ゼロにするのは車自体を運転しなければ問題は解決するのですが、今の社会に車がない生活は考えられません。しかし、削減する必要は感じているからルールを過去の経験や歴史に学んで目安として設けるわけですよね。国の体制によっても数値が違うこともあります。「実際の所どこまでよろしいのか?」に関しては後の歴史で判断されることでもあり、今正解がわかるのなら、確実な未来が手にできるはずですよね。だから、どこまでよろしいのか考えられないけど、ベストではなく、ベターと思うことをすることしかできない、と思います。

ちょっと、話が逸れちゃいましたか?
    • good
    • 0

こういうことは時代によって変化していくモノですから、制度の中での民主主義で判断されますよね。



ここで大切なのは、皆が納得できる指標・理念を掲げることで、必要悪があっても理解という解決で共通な利益を共有するようにすること。
更に参加意識が個々人にあると良いですよね。他人事ですと、人は無関心になりますから。

私も極言すると、常識なんてないと思っています。常識・非常識に境は決められないですし、強制されるものでもないと思います。しかし、大きい小さいに関わらずルールを設けるに本当に必要なモノは、教育だと思います。これも受けるだけの教育ではなく、プロセスや結果も状況により変化するものですし、他者を受け入れることができる尊重、寛容を身に付けるような教育です。個人から相手、その他の人々の存在から、社会が成りうるという自己と他人への理解を教えないといけないのかとも思います。

この回答への補足

皆さんが言われていることは、すごく正しく、すごくすばらしいことばかりですが、理想的なことを言われているように感じます。
 現実的な話をすると、(やはり具体例を出さないと話しにくいので出させていただきますと)政府が今やろうとしている構造改革など、明らかに善ととれますが、それにより仕事を失う人もいますよね、つまり仕事を失う人にしてみれば悪ですし、環境の話にしてみても同じようなことがいえますよね。そのような各利益を代表する人として政治屋がいるわけですけど、この人たちに任すとえらく時間がかかるわけですよね。
 また教育の話にしても、今このネット上でブラブラしている人に教育しても、アイデンティティが既に出来上がった年の人たちばかりなので、もう既に遅すぎるわけですよね、だから小学生くらいに教育していかなければいけませんよね、その子たちが社会に出て行くときまで”待て”というのも、気が遠くなるような話ですし、第一そのような教育プログラムを作ったとしても、教えられる人が今の日本にはいないので現実的な話ではありませんよね、だから現時点での一般的に必要悪はどの程度アリかということを決めてしまえないかと思ったわけなんですよね。
 いろいろ考えてみたんですけど、やはり具体例を出しながら教えていただかないと私自身わからないんで、できれば具体例も出してもらって、一般的なことを教えていただきたいです。

補足日時:2001/06/12 09:29
    • good
    • 0

必要悪というのは文字通り、


「悪いこともあるが、必要なので存在が容認されていること」ですよね。
それならば、悪い部分と必要(便利)な部分との比較考量で、それぞれのことがらを決めていくしかないのではないですか。
悪い部分と便利な部分を比べて、便利な部分が多いから許容する。
例えば自動車にかかわる各種規定の中でも、
単体で早く目的地につくためには、交通規制などいらないのですが、
それでは、事故が多くなるなど不都合がおきるので規制するのでしょう。
あるいは排気で大気汚染につながるから、排ガス規制などを行う。
悪い部分をそのまま認めるのではなくて、
比較考量するわけです。

さて、その基準ですが、事柄によって別々ですし、
時代によって変わります。
そして、利点と悪い点の受け方が個人によって異なりますから、絶対的にみなが納得する基準はありません。

こうした衝突する利害を調整するのが政治です。
逆に言えば、みなが納得する基準などないから
政治が必要だということになるのではないでしょうか。
納得いかない人にも強制するだけの正統性が必要なので、
政治に清潔さとか公平さが求められているのでしょう。
もちろん、広い意味の政治とは、国政、自治体の政治だけではなくて、集団であれば多くの確立で利害の衝突は起こります。マンションの理事会、生徒会や会社などなど・・・・でも、「政治」が必要なのでしょう。

わき道にそれてしまいました、すみません(汗)

というわけで、恒久的で普遍的な基準はありえません。
あるすれば、利益を比較考量するという、実に大ざっぱな営みだけでしょうか。
    • good
    • 0

個人の良識の問題です。

宗教とか道徳とかマナーとかの問題で規制できる類ではないのでは。

この回答への補足

説明が足らなかったようですが、個々人を規制するためのルール作成をする場合のお話をしています。
反論はあるかもしれませんが、私は現在の日本において、社会一般的に通用する宗教、道徳、マナーは存在していないと考えています。その場合多くの判断が、個人(特殊な考えをもつ人)に任されていくわけですが、そのような判断を、誰もが納得できるようにするにはどうすればいいかという話しをしています。
またこの質問はは、あえて具体例を避けて話しているので、答えられにくいと思いますがご了承ください。

補足日時:2001/06/11 10:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロンのオゾン層破壊に対する環境問題について

フロンはどのくらいの時間をかけてオゾン層に到達するのか教えてください。
あとフロンが上空に上がっていくのは密度が小さいからということでいいですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にはわかりませんが、成層圏にフロンが到達するのは数年と言われています。
フロンは空気よりも比重は重いです。ですから、フロンが上空にあがるのは、ヘリウムを詰めた風船があがるのとは少し違います。科学的には少し不正確かもしれませんが、空気の動きによって上空まで運ばれると考えてください。

フロンは非常に化学的に安定で、対流圏(成層圏の下、私たちがいるところです)で分解されにくいため、成層圏まで到達してしまうのですね。仮にすぐ分解されてしまうならば、オゾン層を直接破壊することはないでしょう。

Q有用なウェブサイトを教えてください。

ネット上の有用なウェブサイトを教えてください。例えば

Wikipedia → 英語もできれば、ない情報はない
Allabout → 専門家執筆、眉唾物が少ない
2ch → 小馬鹿にしてましたが、探せば生きた情報が手に入る

娯楽系はあまり興味ないかもしれません。色々な世界を見てみたいので、何でもいいんで教えてください。

Aベストアンサー

google
 http://www.google.co.jp/
とりあえず調べ事をしたいなら、ここでほぼ解決。

気象庁
 http://www.jma.go.jp/jma/index.html
日本のお天気についてほぼ100%網羅されたサイト。

ラジコ
 http://radiko.jp/
地上波ラジオ放送をパソコンで聴視できる。放送局が積極的に情報を発信していることもある。

国土地理院
 http://www.gsi.go.jp/
古い地図や航空写真、その他、地理に関する情報・基準が詰まっている。毎日1時間程度の閲覧では全て見終わるまでひと月以上掛かると思われる。


興味を引くような言葉をニュースサイトで入手するってのも有りでしょう。

Q環境問題についてのレポートの書き方が解りません!!

私は、環境問題について調べたいのですが、どうやって調べれば良いのか解りません!
えっと、しらべたいことは「ダイオキシンやオゾン層破壊」と言う題名なんです。
お願いします。

Aベストアンサー

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができます。(人体へのDXN取り込みのほとんどは食品由来といわれています。)また、オゾン層破壊がもたらす紫外線照射による皮膚ガンと関連付けもできるかもしれません。工場などの周辺環境であれば、いわゆる公害(典型7公害で検索してみて下さい。)からまとめるとよいでしょう。ただし、DXNは大気汚染、土壌汚染問題として取り上げることができます。

「ダイオキシンやオゾン層破壊」という題名は、miku1833さんが考えたのですか?与えられたテーマですか?前者であれば、上記意見を参考に再考してみてはいかがですか。与えられたテーマであれば、仕方がないので人体に与える影響という観点でまとめてみてはどうでしょう。ごみ処理問題としても扱えそうですが、こみ処理問題の本質ではないのでよくないと思います。

調べるヒントとして、次のことを参考にしてみては?
DXN:ベトナム戦争、枯葉剤、ごみ焼却、農薬、食品由来
オゾン層破壊:フロン、エアコン・冷蔵庫の冷媒

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができ...続きを読む

Q言葉遣いで・・・・

ども、

ちょっと言葉遣いでもめました・・・

1,2歳の年齢差
上司、部下ではなくせいぜい先輩、後輩(会社の)

で・・・年下の先輩から年上の後輩へAさん!Aくん!
どちらが正しいですか?

それと、単純に社会人としてAさん、Aくん(男性の場合)どちらが正しいと思いますか?私は条件がない場合は完全に”~さん”だと思うのですが。”~くん”派と真っ二つの言い争いです。

いかかでしょう??(ほかのパターンがあれば教えてください)

Aベストアンサー

皆さん、とっても見上げた「社会人」でいらっしゃいます!!
 こういう場合もあるということで。。。
とっても、フランクでリーダーシップのある支店長。。従業員はパート含め100人余り。
20代男性社員に⇒「おい、○○(苗字)。××しとけよ。」
20代女性社員に⇒「○○さん、××するように。」
年上部下(縦関係を気にするタイプ)に⇒(役職名)で呼び、人前で命令や依頼はあまりされない。されても、「お願いします」
同世代部下とは、60前とはいえ、学生時代の体育会系の同志って感じ。事実、「学閥」って、結構いいなあ。。と男同士の関係に「惚れ惚れ」って経験ありませんか??

Q10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?

10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?
現在はCO2による地球温暖化が問題になっていますが10年前はフロンガスによるオゾン層の破壊と窒素酸化物による酸性雨が問題でした。
この二つは現在あまり問題にされませんが、改善されつつあるのでしょうか?

Aベストアンサー

昨日かおとといくらいの新聞に載っていたと思うのですが、オゾンホールは歯止めがかかり回復傾向にあるそうです。ただ,元通りに回復するのは2050年くらい(だったか?記憶が曖昧ですみません)と出ていた気がします。

酸性雨については分かりませんが、最近の調査ではホルムアルデヒドが含まれているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000065-mai-soci

Q交通情報の有用性について

ラジオなどの番組中に定期的にジャティックが流している交通情報がありますが、私の住む名古屋地区では、例えば「○○交差点で5km渋滞しています。○○通りは西行きが混雑しています」の、○○は、誰もが知っている渋滞箇所なんですよね。しかも、何十とある渋滞箇所のうち紹介するのは、掻い摘んでほんの数箇所です。要は「そんなこと言われなくとも判っている」情報がほとんどです。
事故などの偶発的な情報以外は、たまたまそこを通る人に対する情報としては有用かもしれませんが、そのような需要がどれほどあるのか疑問です。
そこで、皆さんの地域での交通情報(VICS以外)の現状を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

東京ですが、ラジオの交通情報はよく参考にしますよ。「○○通り事故渋滞○km」「国賓の来日にともなう規制で首都高の○○入口閉鎖」など、ラジオならではのタイムリーな情報のおかげで、渋滞を避けるルートを選ぶことができた、ということは実際にあります
また東京の場合、「誰もが知ってる渋滞箇所」はいちいち具体的な箇所をいわないで、
「首都高相変わらず交通量多めです」とか「雨と週末が重なり都内全般にクルマの流れ悪くなっています」
のように総論を言います
その後で「そのなかでも特に渋滞がひどいのはどこどこ」というように、こちらの予想以上に混んでいる箇所について具体的に言います
だから、交通情報でこちらの予定しているルート上の地名が出てこないときは
「今日は平日のごく普通の混み方なのでだいたい40分くらいで目的地まで行けそうだな」と考えますし
交通情報で予定ルートに渋滞箇所があるとわかったときは
「こりゃいつもより目的地まで時間がかかるな」とか「迂回ルートを考えよう」となります
もちろん、交通情報にでてこないスポット的な渋滞に遭遇し「こんなに渋滞しているなんてラジオで言ってなかったじゃないか!」と憤慨することもありますが、、、。

東京ですが、ラジオの交通情報はよく参考にしますよ。「○○通り事故渋滞○km」「国賓の来日にともなう規制で首都高の○○入口閉鎖」など、ラジオならではのタイムリーな情報のおかげで、渋滞を避けるルートを選ぶことができた、ということは実際にあります
また東京の場合、「誰もが知ってる渋滞箇所」はいちいち具体的な箇所をいわないで、
「首都高相変わらず交通量多めです」とか「雨と週末が重なり都内全般にクルマの流れ悪くなっています」
のように総論を言います
その後で「そのなかでも特に渋滞がひどい...続きを読む

Q理科のオゾン層

いつも大変おせわになっています。

地球環境問題について調べ・勉強しているのですが、
「オゾン層を構成している物質の原子の記号はO」
という本の一文の意味がよく分かりませんでした。
これについて教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オゾン層を構成しているオゾンは
(というよりもオゾンの濃度が
 高いからオゾン層と呼ばれている)
酸素原子(元素記号O)が3個結合したものです(O3)。
つまりはそういうことだと思います。

ちなみに酸素は酸素原子が2個結合したものです(O2)。

Q女性の「ねーよ」系の言葉遣いについて

自分(33歳男)は性格異常なのかと思って悩んでます。
というのも、女性が「ねーよ」「うるせーな」「うぜー」「こえー」系の言葉を使ってるのを聴くと、怒りで気が狂いそうになるんです。
そんな時は怒りを必死にこらえるため精神安定剤を飲んでいます。

でも、言うまでもなく言葉遣いとその常識というものは時代とともにどんどん変わっていくものでして、
明治、大正時代には汚いとされていた言葉遣いも昭和では日常語となり下品という感覚がなくなったのでしょうし、昭和と平成も当然同じわけで、
現に今時の女の子を見ててもそんな言葉遣いをしない子の方が珍しいぐらいですよね。もう汚い言葉遣いだという感覚は無いんでしょうね。

だからそういう言葉遣いをする女性を非難するのではなく、そんなことで怒り狂いそうになる僕の精神構造の方を変えなくてはならないのでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

ジェンダーフリーとか、男女平等を悪い意味で
使っているから、そういう言葉遣いになるのです。

言葉遣いは、人格を形成するのです。
悪い言葉を使い続けると、性格まで悪く粗雑に
なってきます。
丁寧な言葉を使えば、上品な人格が形成されます。

男と同じ言葉遣いが格好良いとでも、思っている
のでしょう。
そういう女性に育てられた子供も下品に育ちます。
そうやって、日本全体の品が落ちて行くのです。


質問者さんの怒りはもっともだと思います。

Q二酸化炭素がオゾン層破壊?

二酸化炭素がオゾン層を破壊していると聞きますが、空気中での分子量が比較的高い二酸化炭素(44)がオゾン層まで上っていくのでしょうか?重い気体は比較的低いところに留まると思うのですが。また、どのように二酸化炭素がオゾン層を破壊するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、オゾン層を破壊しているのは古いくエアコンや、冷蔵庫の冷媒として利用されている塩素を含む「フロン」です。
二酸化炭素にはオゾン層を破壊する働きはありません。

二酸化炭素は地球から外へ出るはずの熱を通るのを妨げる性質があります。そのため、地球には多くの熱がたまって気温の上昇などにつながります。
そこから、二酸化炭素は「温室効果ガス」と言われるのです。

フロンも温室効果ガスの一種ですのでそこで混同しているのかと思います。

Q不動産屋の倫理

少々事情が複雑なのですが、簡単に書くと、私と父が隣同士に土地を所有しており、父が私の土地とあわせて人に貸すことを考えていました。私も一部を資材置き場に使っているけどほとんど遊ばせた土地なので、父の好きにして良いと言っては有ったのですが、父が不動産屋から紹介された借主が産業廃棄物処理業者でした。わたしは、土壌汚染が心配になり、その業者に貸す事には反対し、不動産屋にも土地の持ち主はその相手に対しては貸す意思が無いことを伝えました。しかし、その後、父は私の土地の分も含めて産廃業者に貸しており、一向に私の言う事を聞く様子もなく、ほぼ絶縁状態です。

ここで皆様に相談なのですが、不動産屋は土地の持ち主が拒んでいるのを知っていながら、その土地を貸す手助けをしても、何のお咎めも無いのでしょうか?職業倫理に反するようなことは無いのでしょうか?ご存知の方、ご意見お聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在の社会、何処で倫理観のある仕事を見つけられるか疑問です。まず、スーパーに行って何のお肉を食べさせられているか?とか、ファミレスに入って陰毛入り定食とか、代金を送付したのに、請求書、振込用紙が来たとか。枚挙に暇がないほど。で、まず失敗は、父子であってもそれぞれが契約者であったら少しは、子の言い分も通ったかも?
やっと仕事が出来た不動産屋に倫理観を求めても無理では。それよりは、どうしても嫌なら内容証明を出し、裁判に持って行き、裁判所からの和議などへ進めたらいかがでしょうか?初めから調停と云わず、裁判と云う形で。実証とか提出書類を経て、結審となる。但しこの場合貸し方、方法があいまいな為、父子間の深い溝を覚悟しなければならないでしょうね。また可能性として、父子が結託すれば業者をギャフンとやれるかも?
根拠は産廃は社会悪化・用途区域の許可条件など。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報