人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

藤原のときざねさんと紀貫之さんはどんな関係だったのでしょうか?

A 回答 (2件)

こんにちは



『土佐日記』の注釈書や、古典全集等の注釈を見ると、「藤原のときざね」について、説明を省いたり、「詳細は不明」とするものが多く見られます。しかし、1/3ほどが「在庁官人か」としています。「在庁官人か」の論拠は確認してはいませんが、下記の筋立てで大筋で間違いはないと思います。
ところで、『土佐日記』で、土佐の大津から船出するまでに、具体的な人名、官職名で表記されたものは4名います。「藤原のときざね」「八木のやすのり」「講師」「(主の)守」です。
「八木のやすのり」は、「この人、国にかならずしもいひつかふものにもあらざなり。」としています。つまり、「この人は、国衙で特に召し使っている者でもないということです。」くらいに訳せます。
「講師」は平安時代時代に、令制国に一名ずつ置かれた僧官で、国分寺の住職。
「主の守」=朝廷から令制国に派遣される国司の長。なお、国司は四等官で、上位から守(かみ)、介(すけ)、掾(じょう)、目(さかん)の四階級に分かれます。なお、『国司補任』では、紀貫之の後任の土佐守を、『外記補任』を根拠として、元・大外記で従五位下の島田公鑑としています。
これらをまとめると、京より下向した新任の土佐守、土佐国の宗教界のトップ、在野ではあるが土佐国の有力者となります。そして、文中の「知る知らぬ送りす。」「上中下、酔ひあきて」「ありとある上下、童まで酔ひ痴れて、」という表現を考えると、前土佐守の紀貫之は、土佐国の全ての階層の人々に惜しまれ、見送られたとする情景を描いた-事実かどうかは別にして-と考えられます。とすると、「藤原のときざね」は何を代表するかです。注目するのは、「八木のやすのり」の身分についてだけ説明があることです。逆に考えれば、官にないのは「八木のやすのり」だけなので特記したと考えられます。そうなるとあと残るのは、土佐国の在庁官人(郡司の可能性もありますが)ということになります。
ところで、新任の守を国境で迎える時の儀式に「境迎(さかいむかえ)」があります。京から下ってきた守は、国境前で、正装・帯剣し、国境内には在庁官人が徒列、まず神宝が入国し、次に守が入国、在庁官人のあいさつを受けることになります。ここにあるのは守・在庁官人・神宝(宗教)の三つになります。
そのように考えると、「藤原のときざね」は在庁官人を代表していたと考えられます。
では、在庁官人とは何かといいますと、ウィキとは少し違いますが、令制国の国衙(国庁。現在の県庁のようなもの)で、収税・警察軍事・雑務などの国衙・国務の実務を分担し、下級役人を監督する国衙の役人。現在の上級地方公務員のような存在で、国守(国司)により任命されました。この内、現地の土豪層の出身者が在庁、中央の官人系統の者が官人とされました。親子など代々在庁官人を受け継いでいくものも多かったとされます。中央から派遣される国司は在国しないことも多く(目代以下の受領の側近が下向することも多かった)、国衙の実務は在庁官人(と目代以下)により運営されていることが多かった。
この在庁官人の任命は国守なので、守と在庁官人は上司と下僚の関係ということができます。貫之と藤原のときざねも同じ関係だっただろうことになります。
なお、在庁でなく、郡司という考え方もできるのですが、郡司は平安時代になると影響力を徐々に失い、在庁官人が令制国の実務の担い手になりますので、在庁の可能性の方が断然高いと思います。
新任の守、在庁官人、僧官、在野の人が揃うことにより、「知る知らぬ送りす。」「上中下、酔ひあきて」「ありとある上下、童まで酔ひ痴れて、」という構成が完結することになります。

在庁官人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E5%BA%81% …

以上、個人的な論証ですので、参考程度に。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土佐日記

土佐日記 門出の最後の文

上中下、酔い飽きて、いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。

の「ふざける」と「腐る」の掛詞「あざれ合えり」で、「ふざけ合った」は分かりますが「腐る」というのは何が腐ったのですか?

Aベストアンサー

酔っぱらって海のほとりでふざけ〔あざれ〕あっている、しかし、その海は塩を含んでいるから物が腐る〔あざる〕はずはない。おかしな話だ、ということを言わんとしたもので、何かが特に腐るということではないと思います。早い話が、今で言う「おやじギャグ」に当るものです。

Q見えざなる…?

高校一年生です。

土佐日記の一節に
「国人の心の常として、いまはとて見えざなるを…」
という部分があります。現代語訳は
「(だいたい)地方の人の人情の常としては、今はもう(離任していく者に)用はないと見限って顔出ししなくなるというのが普通だと思うのに」
となっています。
「見えざなる」の部分がよくわかりません。
できれば、文法的な説明をお願いしたいです。
特に「ざ」がよくわかりません…。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古文は専門外なので辞書で調べてみました。
「見えざなる」はもとのかたちは「見えざるなる」だそうです。

見え/ざる/なる→見え/ざん/なる(音便)→見え/ざ/なる(「ん」の無表記)

見え…「見ゆ」の未然形(「姿を見せる」の意)
ざる…「ざり」の連体形(打消しの助動詞)
なる…「なり」の連体形(伝聞の助動詞)
を…接続助詞(「のに」の意)

全部つなげると「姿を見せないというのに」となります。

「ざなり」で「ないそうだ」と覚えたほうがいいでしょう。

Q土佐日記の文

土佐日記の文
  男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり
で、どうして
  男も
なのでしょうか?なぜ
  男の
ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 古い記憶で申し訳ないのですが・・・。
この『も』は、仮定・推量を表しています。(古語辞典でそうした用法があることは確かめました。)
「男もすなる」→「男がするという」
はっきり断定しない、ぼかした表現だと教えられた覚えがあります。
『なる』だけでも推量を表すかもしれませんが、『も~なる』でよりはっきりすると思われます。

Q「長たらしむ」の訳し方を教えてください。

「長たらしむ」の訳し方を教えてください。

「たら」と「しむ」は、完了の助動詞と使役尊敬の助動詞だということはわかったのですが、
そうすると、上の「長」は?
「たら」は連用形に接続すると覚えけど、これは未然形。下にある「しむ」は未然形に接続するからなんだろうけど、長は名詞?
どうやって考えればいいですか?
それから、「しむ」は尊敬で訳せばいいですか?
使役と尊敬の区別方法がわかりません。
教えてください

Aベストアンサー

方向違いならごめんなさい。
これは、
「虎の威を借る狐」<戦国策>ですね。

「長たらしむ」は「ちょうたらしむ」と読み、
「長」は名詞、首領・かしらなどの意。
「たら」は、断定の助動詞「たり」の未然形、資格を表す。
「しむ」は、使役の助動詞「しむ」の終止形。

「天帝使我長百獸。」は使役の構文です。


(天帝は、私を百獣の)長(首領)にした。

Q進研模試でネタバレを使って後悔しています。

先日受けた進研模試で友人からもらった答えを見て受験しました。
手を抜いたと思ったはずが全県でも100番以内に入ってしまいとても後悔しています。
偏差値も30以上上がってしまい絶対にありえない点を取ってしまいました。
先生や皆を裏切ってしまった気持ちでいっぱいです。
先生からの目がとても不安で、とても学校に行ける気がしません。
家に帰ってずっとすみませんでしたと呟いています。
急に上がりすぎたらやはり疑われるのでしょうか?
先生からの信頼が無くなるのがすごく不安で、生きていくのもツラいぐらいです。
先生や親に本当のことを言うべきでしょうか?
本当に後悔しています。次は本気で受けるつもりです。

何か行動しないと悪いとは思っていますが、私自身そこまで頭が良くなく絶対にあのような点は取ることができないと思ってます・・・
どうか私に声をおかけ下さい・・・本当に死にそうな思いです。

Aベストアンサー

ネタバレって言うと柔らかい表現になってしまうけど、要するに不正行為だよね。
>急に上がりすぎたらやはり疑われるのでしょうか?
すごく前向きに捉える人だったら、「今までの努力が実ったんだよ!」ってなるかもしれないけど、普通は言葉では疑わなくても心の中では「おいおい、何があったんだよ。カンニングでもしたか?」って思うよ。
だって偏差値で一気に30ってすごいよ。

>先生からの信頼が無くなるのがすごく不安で、生きていくのもツラいぐらいです。
>先生や親に本当のことを言うべきでしょうか?
絶対に言うべきだよ。
そして謝るべきだよ。
言わないで黙っている方が信用なくすよ。
実際に君は生きていくのが辛いって思うほどストレスを感じてるじゃん。
黙っていたら一生その負い目を背負っていくんだよ。
高校入試や大学入試の本番で不正をして合格したってんなら、罪悪感が消えなくてもず~~っと黙っていれば良い。
だけどたかだか模試ごときで不正をしちゃったんだから、それは何の得にもならないんだから、謝って自分の心を少しでも軽くして、これからちゃんと前向きに勉強に励むべきだよ。

Q土佐日記の「門出」についての質問

国語の古典で、授業で門出を習いました。
そこで疑問に思ったことを質問させてください。
門出の中で、作者である紀貫之は
「男もすなる日記ときふものを、女もしてみむとてするなり。」
のように、自分を女として文を表現していますよね?
私の考えでは、漢文が関係しているのかと踏んでいます。
何故かわかる方、いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

女性に仮託したのは何故か、という問題は色々と論議されているようですが、
・公的な漢文を用いないことで私的な記事内容を記述できる
という指摘が多いように思います。
その背景には、仮名文字が女の文字であり、男は漢字で文を書くことが専らであった為に、
女であるという形をとったのであろうという共通理解があるようです。

しかし、小松英雄氏の「古典再入門」では今までの解釈とは違い
「日記を男文字でなく女文字で書いてみよう」の意であるとされていて、
(女も、してみむではなく、「女文字」でとってらっしゃいます)
「紀貫之は女性のふりなどしていません」とおっしゃっているので、その前提から考えさなければならないかもしれません。
(小松氏は著名な国語史の研究者で、この本も一見の価値ありです。)

さて、今のところ言えるのはこのくらいなのですが、
漢文が関係しているのでは、というのは
どういったことをお考えになっているのでしょうか。
具体的に教えていただけたら、もう少し詳しいことが言えるかもしれません。

Q土佐日記 帰京が理解し辛い…

こんばんは

土佐日記の帰京の部分がテストで出るのですが、現代語訳を読んでもイマイチ内容を理解できません…。
http://orange.zero.jp/teru.oak/gakusyu/tosa/kikyo/yaku.html

どういう場面での話しなのか、
登場人物の解説などお願いしますm(__)m

ちなみに土佐日記はこの帰京以外読んでいません。

Aベストアンサー

j<自宅に帰りついた場面>
月明かりの夜、隣の家人に預かってもらっていた自宅にたどりつき、その荒れたさまに驚く。(預かってくれた人の心も同じ様に荒んでいるのだろう)
隣との間には垣根があるが、状況としては1つの屋敷みたいなものだったので進んで預かってくれたので、遠方からお礼の品物を何かのついでにいつも送っていたが、今夜は「なんということだ」 と口にも出せないほどあきれかえっている。 薄情な人のようだけど謝礼だけはする事にしよう。

<家の周りの状況>
池の様に水がたまっている場所があるが、そばには松の木があった。5~6年のうちに1000年も経ったような感じだ。一部が無くなっており、新たなものも混じって総合的にすごく荒れているので人々(多分、一緒に帰ってきた人々)は「ひどい荒れようだね」 と言っている。

<無くなった子供と小松との対比>
この家で生まれた女の子が(亡くなったので)帰れなくなった。同じ船で帰京した人々の周りはその子供たちが群がって騒いでいる。(楽しそうに見えることの表現) 悲しさを理解してくれる人がその中にいたのでその人と歌(和歌)を読み返した。 
”生まれた子も帰ってこないのに我が家に小松が生えているのを見ることの悲しさよ” → ここで生まれた自分の子供は帰ってこないのに、ここで生えた小松を見ることのは悲しいものだ と言う意味。
詠み足らないようなので又、次の様に詠んだ。
”亡くなった子が松のように千年も見ることができたら、遠い土地で悲しい別れをすることがあっただろうか、そんなことはなかっただろうに” → 亡くなった子供がこの松の様に1000年も見ることが出来たなら、遠い土地で悲しい別れをすることはなかっただろうに。。。
<締め>
忘れがたい事ばかりや残念な事が多いがその気持ちを書きつくすことは出来ないから破り捨ててしまおう。。。

大体こんな感じに分かれていると思います。

j<自宅に帰りついた場面>
月明かりの夜、隣の家人に預かってもらっていた自宅にたどりつき、その荒れたさまに驚く。(預かってくれた人の心も同じ様に荒んでいるのだろう)
隣との間には垣根があるが、状況としては1つの屋敷みたいなものだったので進んで預かってくれたので、遠方からお礼の品物を何かのついでにいつも送っていたが、今夜は「なんということだ」 と口にも出せないほどあきれかえっている。 薄情な人のようだけど謝礼だけはする事にしよう。

<家の周りの状況>
池の様に水がたまっている場所...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング