ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

卓球を始めて半年ですが、バックハンドのつなぎのショットで悩んでいます。

ラケットはシェーク、ラバーはフォア面が裏ソフト、バック面が表ソフトです。

ボールを頂点までに捉えられない場合、裏ソフトはドライブでつなぎができますが、表ソフトの場合、みなさまはどのようにつなぎを行っていますか。

ご指導お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ついこの前、WRM やっすんが YouTube でバック表の解説をしてました



打球点を落とした下回転打ち、バック表【卓球知恵袋】


この動画は下回転打ちについてですが、普通のバックハンドでも同じことが言え、参考になると思います

PS: 僕はシェーク裏裏で、表はほとんど使ったことないですけど
    今はシェーク裏裏が多かったそうですが、20年~30年
   ちょっと前、ペン表ですごい強い人がいたり、シェークでも
   バックは表の人が多かったそうで、流行があると言ってました

   僕は卓球始めたばかりなので裏裏なんですが、30台~40台
   の表の選手にボロボロにされて、悔しいです
    • good
    • 0

まだ半年ですよね。


裏ソフトにしてしまえば良いんじゃないでしょうか。

表ソフトに拘りがあるのでしたら、表ソフトならではの打法を工夫してみるのが良いと思われます。
別に頂点過ぎてからでも叩けないわけではありませんし、裏ソフトに比べれば掛かりにくいとはいえ、その他のラバーに比べれば回転も十分に掛けられます。
ANo.2さんの書かれているようにドライブで繋いでも良いでしょうし、あえてナックルを送るのも意表を付けて良いかもしれませんし、サイドスピン/カットブロックという手もありますよ。
対上回転のナックルやカットブロックは、回転に敏感な裏ソフトではしにくい技術ですから、裏ソフト全盛の現代ではあまり使われません。
巧く戦術に組み込むと展開を優位に持ち込めますよ。

一番良いのは、「ボールを頂点までに捉えられない」なんて事態にならないようにプレイすることなんですけどね。
    • good
    • 0

表ソフトでもドライブはかけられます。

ただ裏ソフトのように擦ったり食い込ませたりというより粒に引っ掛ける感覚だそうです。
なのでドライブで繋げは良いかと存じます。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

バック・フォアに関係なく、ご自分のラバーの「ひっかかり」の感じを分かっていないと、



例えフォアで普通にドライブで返しても、ラケットの角度で思った所にボールは行きません。

バックに裏ラバ使う方が多いのは、バックの方がラケットの角度があいまいになりやすいから、

回転を殺して返すために裏ラバ使います。

ようは、相手の球の回転の強さや、どちらに回転してるか等も考えて、表で返すか裏で返すか?

このように、どんな回転の球も返すには、相手の打ち方見て判断することですね。

上手くなれば、すごく良いラバーでもバックで回転殺して返せるようになります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む

Qラバーの厚さについて

今、F面厚、B面厚でやっています。
あまり筋力がある方ではないので厚にしていますが、何かと球のスピードが出ません。
先輩に貸してもらって特厚で打ってみたのですが確かにスピードは出やすかったです。
ラバーによって差はあると思いますが重くなるのでしょうか。
また、中はやはり軽いのでしょうか。そして、スピードが出ないのでしょうか。
そのへんがよくわからないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラバーは厚いほどスピードもスピンも増します。一方で厚いほど重くなります。
ただ、ラバーによってスポンジの硬さに違いがあります。そして硬いほど重いのです。そうすると、スポンジが硬い(=重い)ほど厚さによる重さの差が大きくなるのです。
今使っているラバーがどういうタイプかカタログで確認しましょう。
スポンジの硬度を数字で表している場合は、数字が小さいほど柔らかくて軽いです。
柔らかくて軽いラバーであれば、次に貼り替える時は両面特厚にしてもよいかもしれません。不安であればまずはフォア面だけ特厚、次に替える時は両面というふうにすれば急に重くなって対応できないという可能性が小さくなります。
もしとても硬くて重いラバーならラバーを軽いものに替えるという選択肢も考えてください。硬くて重いラバーはやはり筋力がある上級者向けと考えてもらっていいと思います。
柔らかさを強調したラバーであれば特厚で問題ないと思います。

Q粘着ラバーに合うラケット(シェーク)は?

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良いでしょうか?(もちろん、これら以外のラケットで良さげなものがあればご紹介ください)
・粘着時代に使っていたラケットの後継、孔令輝スペシャル
・ユーザーの評価良し、ティモボル・スピリット
・同じく、コルベル・スピード
・たまには奮発(笑)、バイオリン

私の戦型は前~中陣の回転重視の両面ドライブ、ラバーは両面キョウヒョウ(PRO2)あたりを考えています。
よろしくお願いします。

……友人から「プロで両面粘着なんてあんまりいないよ」「単調になる」とか言われても、自分で打ってて楽しいければいいんですー

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良い...続きを読む

Aベストアンサー

世界最高レベルの中国選手は粘着ラバーユーザーが多いですよ。
ニッタク天極3等も御勧めします。
ニッタクの粘着ラバーはスポンジが硬いので、中強打すれば飛びます。
粘着ラバーの欠点に重いが有ります。
なので一般的にラケットは軽量で弾む物が良いのかと。
記された中ですと孔令輝スペシャル(平均重量84g、スピード:ファースト)も良いでしょうね。

参考URL:http://eshop.butterfly.co.jp/html/item/001/002/item1433.html

Q卓球初心者の自宅での練習法

中一の息子が2ヶ月前から卓球部に入部しました。同じ初心者でも入学当初からやっている子達と比べてかなり実力の差があって、本人はやる気満々で入ったけど、ラリー、試合形式など二人組みの練習は、みな下手な自分とは露骨に組みたがらず、最近、卓球は好きだけど部活は面白くないといっています。顧問の先生はほとんど顔をだしません。家で夜一生懸命鏡に向かって素振りはしていますが、狭い家ではテーブルを置いての壁打ちも無理です。同じ苦労をされた方、自宅でのよい自主トレはありませんか。不器用ですが、根気はある子です。いっそ部活をやめて地域のサークルとも思いましたが時間が合いませんでした。

Aベストアンサー

昔の自分を思いだしちゃいました^^好きこそものの上手なれといいます。頑張って下さい。

練習法はやはり打球感覚を身に着けることが一番の早道です。打球感覚を身に着けるには壁打ちだけでなく色々な方法があります。
・部屋の蛍光灯の紐にボールをくくりつけて打つ。
→結構多くの人がやったことあると思いますが、弱点して強く打ちすぎるとボールが素っ飛ぶという点です。
・体の前でラケットを構え、頭上10cm、30cm、1mというとこまで順番にボールを打ち上げ100回繰り返す。慣れてきたら座りながら打ったり動き回りなだら打ちます。
→自分の狙った場所への打球感覚とか鍛えられます。
・布団の上でのサーブ練習
サーブは、相手へのチャンスボールではなく、自分自身の第1球目の攻撃球です。サーブが上手くなるとかなり強くなりますよ。
→布団の上に座り、そこで実際にサーブを打ちます。勿論布団上ですので、ボールは止まってしまいますが回転はし続けます。その回転の研究をしたりします。あと、同じフォームからいくつものサーブが出せるとより効果的です。
・あとはランニング♪
→卓球はフットワークが大事です。下半身を鍛える意味でもランニングは効果的です。

ざっと自分が行っていたものを簡単に列挙しました。

息子さんの上達を、お祈りしております。

昔の自分を思いだしちゃいました^^好きこそものの上手なれといいます。頑張って下さい。

練習法はやはり打球感覚を身に着けることが一番の早道です。打球感覚を身に着けるには壁打ちだけでなく色々な方法があります。
・部屋の蛍光灯の紐にボールをくくりつけて打つ。
→結構多くの人がやったことあると思いますが、弱点して強く打ちすぎるとボールが素っ飛ぶという点です。
・体の前でラケットを構え、頭上10cm、30cm、1mというとこまで順番にボールを打ち上げ100回繰り返す。慣れてきたら座りながら打った...続きを読む

Qドライブ時の手首の活用方法。

フォア、バックともに、ドライブ時に威力を出す為には、手首の活用が
重要とよく言われていますが、皆さん手首は使っていますか??

というのも、バックドライブはいいのですが、フォアドライブ時に
手首を使うと、ドライブが安定しません。コートに入らないというわけ
ではないのですが、ボールに横回転がかかり、かえってボールが遅くなってしまいます。どのように手首をつかうといいのでしょうか??
また、手首を活用できるようになるための「良い練習方法」が
あれば教えて欲しいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の場合、手首を使うことは意識していません。手首をリラックスした状態でスウィングすると自然と手首がしなるので、それに任せています。手首の動きを意識しすぎると、力が入って手首はもちろん体全体が滑らかに動かなくなります。(あくまでも私の場合です。サーブも手首を大きく使いません)
以前は足の力で打つことを意識してましたが、最近では中国選手を参考にして上半身の筋力でスウィングするようにしています。(腹筋や胸の筋肉)
手首を使うと横回転がかかる原因は、ラケットヘッドが下がっているからではないでしょうか?その状態から手首を大きく使ってドライブを打つと少しボールの外側を打つようになるからだと思います。ラケットヘッドを下に向けず、横向きの状態からスウィングすれば、まっすぐ飛びやすいはずです。

Qフォア打ち、ドライブで肘はあけない?

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考えないけど、自然とあきます

僕の打ち方に近いので、僕はコーチ A の教え方の方がピント来ます

ただ、コーチ A は打つ瞬間に手に力を入れるよう、肘、手首を使って威力を増すよう教えるのですが、僕は力を入れないのが好きなので、打つ瞬間もラケットを握る手はプラーンとしたままだし、肘、手首は自然と曲がるのにまかせてます

という具合に人によって打ち方違うとは思うのですが、

みなさん、フォア、ドライブで肘をしめますか? あけますか? ← 質問

(カットでも肘をしめるよう教える人がいるのでカットも同様なのかもしれません)

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考え...続きを読む

Aベストアンサー

脇はある程度開けないと威力のあるドライブは打てないと思います。
脇が締まりすぎていては腕全体をしならせるのが難しいと思います。
コンパクトな前腕の動きをメインにしたドライブになるでしょう。
前陣での連打に適していると思います。
また、スイングの力の入れどころですが脱力した状態から振り始めるのは良いと思いますが、ラケットが最も速く動く瞬間はスイングを止めた瞬間なので、あくまでインパクトではギュッと力を込めてラケットを急停止させるのが大事です。
そうすることによりフォロースルーが無駄に長くなることなく、振り終わりがニュートラルに近い構えになるので連打もしやすくなります。
スイングの最初から最後まで同じ力加減ではボールに効率よく力を伝えるのが難しくなります。
参考になれば幸いです。

Qバックのラバーが決まりません…

卓球暦3年の裏裏のドライブマンです。
ラケットはコルベルスピードをつかっているのですが
バックのラバーが決まりません。

ラクザ7を使っていて回転はかけやすく気に入っているのですが
ラケットが重くなってしまい思うように振り切れません。

似た感触でできるだけ軽いラバーを探しているのですが
なにかないでしょうか?

Aベストアンサー

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに入る前は 「僕は軽いラケット、ラバーでないとダメだ」 と思い込んでて、重量指定をして軽いラケット探したり、ラバーでも軽いの重量指定してお店が問屋さんからすごい嫌がられたと言ってました

でも、僕は素直なので、コーチから言われたことは、「エッ! 無理」 と思いながら、できるまでします。ラバー重いのに変えた数日は 「僕には無理では?」 と悩んでましたが、慣れます

ただ、コーチによっては、「特厚はレシーブで弾みすぎ、コントロールが難しい。打った感覚が鈍い」 と 厚に戻すよういうコーチがいたり、僕よりはるかに上手な選手で 「厚使ってたけど、重くて中にした」 というおばさんがいたりするので、人それぞれ自分にあった重さがあるのかもしrませんが、、、

そういうコーチ、おばさんの打ち方を見てると、動きが硬いです

腕力で打ってる感じがするので、見ていてこっちが疲れそうです

手とかぶらんぶらんで脚の体重移動、体の回転で打つと腕は全然 疲れないので、力を抜いて打つ打ち方を心がけると重くても大丈夫です

ラクザ7に似たラバーというと、ラザント パワーグリップ、テナジー05、オメガVプロ、エボリューションMX-P どれも良くてお勧めです。重いという人もいますが、僕にはどれも重さの違い感じません。ラクザ7ソフト、アルヘルグは僕には柔すぎました

ankotappuri さんが今、特厚ならラクザ7 厚にするとかでも良いと思います

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに...続きを読む

Qラバー

最近こするドライブと食い込ませるドライブというのを聞くのですがどのような違いがあるんですか??

またそれぞれのドライブに最も合うと思うラバーはなんですか???

Aベストアンサー

擦るドライブは、極端に言うと、ボールの皮をラバー表面で引っ掛ける様に打ちます。
接触面積は小さくなります。
回転重視のドライブ(ループドライブ)になります。
食い込ませるドライブは、ラバーの弾力を十分に生かすよう、ボールをラバーにめり込ませて打球します。
接触面積は大きくなります。
どちらかと言うとスピード重視のドライブ(パワードライブ、ドライブスマッシュ)になります。
パワーヒッターと呼ばれるのは一般にこちらです。

擦るのに向くのは中国系の粘着ラバー、食い込ませるのに向くのはテンションラバーです。
もう少し汎用的に言うと、トップシートが変形しにくいラバーは擦るドライブに向き、しやすいラバーは食い込ませるドライブに向いています。
力がありスイングスピードが速ければ硬いラバーでも食い込ませることができ、その弾力を十分に生かしたドライブが打てますが、逆なら硬いラバーに食い込ませることが出来ないので柔らかいラバーの方が向いてます。

Q前陣速攻のフォアのラバー

初めて質問させていただく中学2年の学校の卓球部に所属しているものですが、現在シュラガーFLにフォア、テナジー25・バック、ペンギン(海夫のスピード系表ラバー)を使用しております。もうそろそろ現在使っているテナジー25が、白くなってきたので貼り替えようと思っています。
そこで、質問です。
ラウンデル、ブライススピードFX、アンドロのロクソン450、オメガ3、スレイバーG3のなかで一番シュラガーとの相性がよく、スマッシュや前陣でのドライブが打ちやすいラバーはどれだと思いますか?あと、それらそれら以外のラバーでよいラバーがあったら教えてください。
あと僕は、テナジー25は使いこなせなくスマッシュは入ったのですが、ドライブが回転がかかるまえにとんでいってしまいはいりませんでした。そのこともふまえてお願いします。

Aベストアンサー

テナジー25はもともと、サービス、ツッツキ、カウンタードライブなど薄く当てた時の回転力に主眼を置いて開発されたラバーです。
粒が大きくスポンジに食い込みにくいので、スピードドライブなどでは貴方が経験した通りになってしまいます。
逆にスマッシュなどのフラットヒットではスピードが出し易くなっています。
スマッシュとドライブのどっちも取りだと、ロクソン450、オメガIIIアジア、スレイバーG3、エクスプレス2(JOORA)辺りが良いのでは?
シュラガーとの相性は分かりません。
厚さは自分で考えてください。

Q表ソフトラバーに最適なラケットの打球感について・・・

表ソフトラバーに最適なラケットの打球感はどれだと思いますか?(ソフト、ミドル、ハードのいずれか一つ)。
皆さんの回答をお待ちしております。
あと、よろしければ理由もお聞かせください。

Aベストアンサー

ハードです。表ソフトで打球感ソフトという組み合わせは普通ありません。
表ソフトは、前陣で、どんどんスマッシュを打っていく選手のために作られています。パチンと弾く感覚で使うので、打球感がソフトだと、ちょっと違和感がありますよね。
打球感がソフトなラケットは、両面裏ソフトラバーのドライブ型の選手が使うのが最適です。しなやかに、相手コートに弧を描いてドライブを打つには、ソフトな打球感の方が気持ちいいですよね。

ちなみに私も表ソフトを使用していますが、ラケットはバタフライの「SK7(打球感ハード)」です。


人気Q&Aランキング