マンガでよめる痔のこと・薬のこと

先日、Aディーラーにハイエースバンの12か月点検を依頼したのですが、
以前まで依頼していたBディーラーで同じ12か月点検(費用もほぼ同じ)の際に頂いた
整備記録簿の用紙がAディーラーのものと異なることに気が付きました。

具体的には、Bディーラーでは左肩に「自家用貨物等」かつ右肩に「別表5」と書かれている用紙、
Aディーラーでは右肩に「別表6」と書いてある用紙で別表5の用紙よりも点検項目が簡易的なものです(ネットで調べたら別表6は自家用乗用車用のようですが)。

明後日早朝に、この「別表6」の用紙を提出してユーザー車検を受検しようと思っているのですが、
明日、ディーラーは定休日でこの用紙で問題ないのか問い合わせをすることができず困っております。
今回の別表6の記録簿は検査場で認められるものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ハイエースバンなら自家用小型貨物なので、正しいのは「別表5」です。


同じ貨物車でも軽自動車の場合は「別表6」です。
ユーザー車検では記録簿の有無は支局の考え方により見解は異なりますので、一概に言えません。Aディーラーは明らかに間違っているので、そこの認証資格が問われることになります。
    • good
    • 3

ユーザー車検に整備記録は必要なし

    • good
    • 0

車検で必要なのは、紙の種類ではなく、書かれている項目でしかありません。



項目に問題なければ、自分で作ったものでも、全く問題ありませんよ。
    • good
    • 2

ユーザー車検の場合、


1年車検の車は、6ヶ月前の6ヶ月点検か1年前の車検時の12ヶ月点検の記録簿があれば良いです。
検査後点検扱いですけど・・・

知らん顔して書類を出せば、特に不合格になる事は無いはずです。
文句言われたら前回の記録簿を見せれば合格します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユーザー車検・点検整備記録簿がない時

お世話になります。

今月車検の軽自動車の車検を初めて自分で行ってみる予定です。
必要書類をみていると、点検整備記録簿というのが
必要みたいですが、ありません。

無い時はどうすればよいですか?

詳しい方よろしくお願いいたします。

大阪の高槻支所で受けます。

Aベストアンサー

#2です。

#1さんのアドバイスで、もう記録簿を用意されているかもしれませんね。

#3さんとカブってしまいますが…。
当日までにご自分で記入し用意されるようでしたらご参考までに、書き方の例がこちらのサイトにも載っています。
http://www.uena.net/cat47/030/

また、同じサイトの“点検整備内容”のページには具体的な点検の方法もイラスト入りで説明してありますので
参考にしてみてください。
http://www.uena.net/cat47/040/

Q法定1年点検整備って、受けなければいけないの?

新車を買って一年、ディーラから「法定1年点検整備をお願いします。」との案内が来ました。「道路運送車両法48条に基づき、自家用乗用自動車の使用者は、1年毎、2年毎の定期点検が義務付けられています。」とのこと。
クルマと言うのは定期的に点検しなければいけないのはわかるのでディーラにはしょっちゅう見てもらっていますが、車検以外に1年ごと点検を受けなければ法律違反になるなんてことがあるのでしょうか。できれば受けたくないのですが。
ご存知の方、お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

車検は必ず受けなければなりませんが、法定点検は任意です
私はマイカー暦37年になりますが、法定点検は受けたことは
ありません
ディーラからは商売ですので必ず通知が来ますが、受ける必要
はありません
車の調子が悪くなったら、その都度見てもらえばよいと思います
必要経費しかかかりませんから

Q二次空気導入装置の有無

二次空気導入装置の有無


国産4輪乗用車、とりわけ、平成10年以降のインジェクション車で、
「二次空気導入装置」
が装備されてるクルマって、なにがあるでしょうか?


輸入車や2輪車においては、今でもそのような装置が付けられてるということを
恥かしながら、つい最近知りました。

さらには、現行国産車にも「二次空気~」が付けられたクルマがあると・・・。
(今頃知るなんて、本当に恥かしい限りです。)

そんな装置は、平成初期までの「キャブレターを付けたクルマ」だけで、
きょうびの 「精密に空燃比を制御されたクルマ」では絶滅してると思ってました。

近ごろの国産車で、「二次空気導入装置」を備えてるクルマを教えてください。

Aベストアンサー

エキマニに新気を導入…SA22CのRX-7がありましたねw(サーマルリアクター)

H10年以降だとFC3SのRX-7が後ろ側の触媒(あれ?前だったかな?)に新気を入れてましたね…。

Qユーザー車検、貨物車ベースキャンピングカーの点検記録簿

アドバイスをお願いします。

トヨタ タウンエースベースのキャンピングカーのユーザー車検時に提出する点検記録簿は12ヶ月点検記録簿で良いのでしょうか?
それとも、24ヶ月点検記録簿が必要なのでしょうか?

タウンエース付属のメンテナンスノートには12ヶ月点検と6ヶ月点検の記録用紙しかありません。
前回のユーザー車検時は、車両の保障期間の継続時の点検記録を添付して行いました。(メンテナンスノートとは別の1枚の用紙に記録されていました)
その記録簿には○○ヶ月定期点検整の○○に数字が記載されていませんでした。

今回も、点検をお願いしたら「ユーザー車検の為の点検は受け付けていない」と、トヨタカローラ○○で断られてしまいました。

小型貨物車ベースのユーザー車検時は12ヶ月点検の記録簿の提出で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

記録簿は様式があるようで実はありません。自分で点検した箇所とその結果を記録したノートでもOKです。

また車検の際に「あらかじめ点検をする義務」もありません。
(http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns02.htm)

だいぶ前ですが点検・車検制度が大きく変わったときに「後整備」の認められるようになりましたので万が一、車検に合格しない箇所があってもそこを後で整備、適合したら再検査・・・ということも可能です。

そういう意味では新しい車ならテスター屋さんで合格さえしていれば車検は問題なくクリアできるでしょうね。(古い車でも極端な不具合がなければ問題ないですが)

もっとも再検査は面倒なので点検はきちんとやっておくに越したことはありませんが、付属の記録簿が1年点検(12ヶ月)のものしかないということはベースが商用車でしょうか?それなら12ヶ月のもので良いでしょう。

Qカーエアコンの適正ガス圧が知りたいです。

カーエアコンのガス圧を最適にしたいと思います。ネットで低圧のみのゲージを購入しました。説明書によると、エンジン回転1500回転で低圧のガス圧2.0から2.5キロとなっていたので、測定したら3.0キロありました。減らしたほうがいいのでしょう?車は、H6年型ハイエースでデュアルエアコンです。134Aです。

Aベストアンサー

エアコンの圧力測定は、高・低圧ゲージを繋ぐのが基本です。
以下、測定条件です
エンジン回転数(アイドルアップ作動後):1000±500rpm
ACスイッチ:ON
ファンスイッチ:最強
温度コントロール:最強冷
内外気切り替え:内気
ドア:全開
AC吸い込み口温度:30~35℃(理想値)

低圧側:1.5~2.5kg/cm²
高圧側:14~16kg/cm²

低圧側3kg/cm²ですと若干高めですが高圧側の圧力が不明なので、冷媒量が多過ぎなのかどうかわかりません。
ですが十分冷えるのであれば、このまま使用しても問題ない圧力ですよ。

QワゴンRの異音 プーリー修理は難しい?

当方、車にうとい者ですがよろしくお願いします。

ワゴンR FTSリミテッドに乗ってます
(18年式 MH-21S K6A)
一昨年の冬からキュルキュル音(有名なベルト鳴き?)に悩まされてきました。
ディーラーで純正ベルトに交換しても1~数ヶ月で鳴る、を繰り返し
今までベルト調整2~3回、プーリーの錆びをとってもらったりして、
ベルトを強く張るのはこれ以上無理(切れてしまう)という所まできました。
今のところベルトの亀裂はなし。

で、前々からプーリーの交換も説明されてるので
修理することも真剣に考えだしたのですが
その内容がちょっと腑に落ちません。

以下がディーラー整備担当に説明された内容です。

(1)プーリー交換には約5万ほどかかる

(2)プーリーと呼ばれる部品は数箇所あり、
 まず比較的問題視されやすい場所のプーリーから修理。
 これでも鳴きがやまなかったら別のプーリーへと修理場所がかわる

(3)前もって、鳴きの原因となっているプーリーがどの箇所か特定できないとのこと

(4)全部のプーリーを修理するとなると約20万とか高額になるので
 ひとつずつ手を加えていってもいいのでは?とのこと

(5)プーリー交換にはガス抜き?みたいなものも必要で
(詳しく覚えてません…とにかく何かを丸々交換することになる、とか言ってました)
 プーリー交換するたびに毎回それが発生するとか?
私はマグネットプラグ?だけを交換すると想像してたんですが
もっと手間がかかる作業だと言います

私が一番気になるのは、
手をつける前に原因場所が特定できないことです。
そんなことあり得るんでしょうか?
説明では、どうも手探り状態な印象を受けました。
”ここのプーリーを交換すれば鳴りはやみます”と明確に説明されれば
修理にも踏み切れるのですが…
いざ修理してみないとわからない、というのはちょっとおかしくないですか?
同じような内容を色々検索しても、皆さん1回で修理できて
修理代も高くても10万までにはおさまってるような感じを受けたので。

ちなみに今の状態は
・走り出してしばらくすると停車中にキュルキュル聞こえる(というか鈴虫の音色みたいな感じ)
・走ってる時はほぼ音が聞こえない
(以前は走行中のほうがひどく鳴ってました)
・エンジンかけ始めは無音、走り出してから鳴り出す
・10~数キロ走行後、アイドリングをしばらく続けてると音が止まる
・キュルキュル音が大きくなってきた気がする

こんな感じです
あとディーラー修理は、購入したお店以外でも受け付けてもらえるものですか?

当方、車にうとい者ですがよろしくお願いします。

ワゴンR FTSリミテッドに乗ってます
(18年式 MH-21S K6A)
一昨年の冬からキュルキュル音(有名なベルト鳴き?)に悩まされてきました。
ディーラーで純正ベルトに交換しても1~数ヶ月で鳴る、を繰り返し
今までベルト調整2~3回、プーリーの錆びをとってもらったりして、
ベルトを強く張るのはこれ以上無理(切れてしまう)という所まできました。
今のところベルトの亀裂はなし。

で、前々からプーリーの交換も説明されてるので
修理することも真剣に考え...続きを読む

Aベストアンサー

スズキのディーラーは「スズキアリーナ」と言います。
地元では結構腕の立つ整備士じゃないと勤まらないですけどね。

エアコンコンプレッサーまで視野に入っていますね。
ガスはエアコンのガスで表向きは大気放出厳禁なので一度回収します。

マグネットプラグという言い方もあるのかな?
マグネットスイッチかマグネットクラッチが一般的だと思います。

オルタネーターベルト(オルタネータープーリー、ウォーターポンププーリー、クランクプーリー)
エアコンベルト(エアコンコンプレッサープーリー、クランクプーリー)

ベルトが2本なのでどっちか最低限特定できないんでしょうかね。
エアコンベルト外してしばらく乗ってみればいいと思いますよグリスで音が消えないのなら。
その間エアコンは効きませんが。

ほとんどが社外ベルトの伸びが原因ですが、
アリーナでもわからないようなものは一度見てみたいものです。

Q小型貨物と普通貨物の違いは??

先日、中古車を買いました。まったくはじめてで分からない事があります。車種はニッサンのホ-ミ-バンロングで2700cc平成4年式なのですが、ニッサンの営業の方に安田火災の自動車保険を勧められたのですが、私は農協で加入したいと思ってます。しかし農協のパンフレットをみても分からない事があるのです。それはいろんな種別があるのですが、自家用小型貨物車なのか、普通貨物車なのかという事です。農協に問い合わせしたのですが、小型だと言われました。しかしニッサンの営業マンはキャラバン(ホ-ミ-)は普通貨物だというのです。平日、仕事のため農協の窓口へ行くことができません。問い合わせでも訪問はしてないと言われ郵送で申し込みをしようと思ってます。いったいどちらになるのでしょう?詳しくお知りの方がいましたら、よろしくお願いいたします。
あと、プレ-トは1ナンバ-という事です。

Aベストアンサー

【自家用小型貨物車】
自動車のナンバープレートの色が白地に緑文字で、分類番号が40~49または400~499で、長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.00m以下排気量2000cc以下の貨物車 

【普通貨物】
分類番号が10~19または100~199で、長さ12.00m以下、幅2.50m以下、高さ3.80m以下で小型貨物車枠に収まらないもの

となりますので、1ナンバーなので間違いなく普通貨物車です。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~egm43731/

Q事業用自動車の定期点検について

事業用自動車の定期点検について

事業用自動車の定期点検は3ヵ月毎など決まりがありますが、
5/5に点検を受ければ8/5までに点検を受けなければ何か罰則は
ありますか?
8/5を過ぎても8月以内に点検を受ければ問題ないでしょうか?
(又は1ヵ月以内位)

Aベストアンサー

まず、罰則については、国土交通省のHPで確認できますが、減点方式によるポイント制により、一定のポイントになると、当該自動車の使用停止、登録番号の取り消しなどの行政処分を受けます。
また、点検時期については、それほど厳格ではありません。定期的に3ヶ月点検を行っていればおおむね問題はありません。
しかし、事故を起こした際に陸運支局への届出がないとか、交通違反を起点に、国土交通省の監査が入ることがありますが、その際に定期点検整備記録簿を提示できないと、処罰の対象となります。
従って、過去すべての定期点検を行っており、過去2年間の定期点検整備記録簿がすべて揃っていれば、たまたま運行の都合で未だ実施されていない定期点検については言い逃れができますが、それ以外は処罰の対象となる可能性があります。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03punishment/baseline.html

Qカーエアコンの修理に21万円!@@。

 3月下旬に「カーエアコンへのガス補充」というタイトルで質問をさせていただいた者です。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=54253

 その節は多くの皆様からのアドバイスをいただきありがとうございました。
 さてその車なのですが,多くの皆様の予測どおり,再び漏れによると思われるガスの流出からエアコンの効きが悪くなってきました。いつも車検をお願いしている民間工場に持っていき「とりあえず見積もりを出すから」と言う事で一日預けました。すると今朝・・・。
 修理代金見積もり<21万円~~~!!!@@>
 え゛~~~~だって漏れている箇所を塞いでガスを入れればいいんじゃないの?新車で買ったときエアコンはオプションだったけど(珍しい車)18万円だったんだよ・・そんなに出したら中古車が買えるじゃん!!(><)。(おお泣き)
 どうも納得がいきません。
 もっと安く済ませる方法はないのでしょうか?。
 交換すると書かれていたものは次の部品です。
 エバポレーターASSY・コンデンサー・コンプレッサー・高圧ホース・低圧ホース・レシーバー・ショートパーツ。
 もしどうしてもこの金額かかると言うのであれば修理は断念してエアコンなしの車生活に入りたいと思います。その場合,今後二度とエアコンのスイッチは入れてはいけないのか,送風はしても問題ないのか,などについても教えてください。
 専門家の方のご意見を伺ってみたいです。
 よろしくお願いいたします。
 

 3月下旬に「カーエアコンへのガス補充」というタイトルで質問をさせていただいた者です。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=54253

 その節は多くの皆様からのアドバイスをいただきありがとうございました。
 さてその車なのですが,多くの皆様の予測どおり,再び漏れによると思われるガスの流出からエアコンの効きが悪くなってきました。いつも車検をお願いしている民間工場に持っていき「とりあえず見積もりを出すから」と言う事で一日預けました。すると今朝・・・。
 修理代金見積もり...続きを読む

Aベストアンサー

回答ではなく、ご参考までに。
私の場合、走行中突然エアコンが利かなくなり、民間の修理工場で見てもらったら、ガスは漏れてない、しかしどの部品が悪いか分からないので、エアコン周りの部品を全部取り替えて工賃込みで、10万円と言われ、以前知人が軽でも7万円かかったと言うので、妥当かと思い、当日は時間が無かったので、改めて相談すると言う事にして帰ってきました。
  しかし、以前ディーラーで、電装品はディーラーでも無理で、電装品専門のところに回すと言っていたのを思い出し、電話帳(タウン・ページ)で「電装品」の欄で探した店に行き見てもらったら、計器で調べ、何とかの「ニードル」が詰まっているだけ、部品代、工賃込みで4~5万と言うので頼んだら、ほんとに4万6千円で終わり。
  エアコンは電装品店に行った方が確実だと思いますが。

Qカーエアコンのオイル補充は効果あるのでしょうか?

以前エアコン(冷房使用時)の効きが悪くなったため、ガソリンスタンドへ行ったところオイル補充で良くなると言われました。
言われるがままにオイルを補充したのですが、違いは分かりませんでした。
そもそもこのオイルはどのような効果をもたらすのでしょうか?ガスと一緒に回っているという話を聞いたこともありますが、本当にガスを補充することで冷えに貢献するのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低下やコンプレッサーの破損にもつながります。ガソリンスタンドでそこまで区別して補充しているかどうか極めて疑問です。

ガスの補充については、サイトグラスのあるものではサイトグラスで確認し、泡が見えるようであれば補充の必要がある可能性が大きいです。サイトグラスのない物ではガス量の点検が少々厄介なので、専門家(スタンドには専門家はいないでしょう)に任せたほうが良いでしょう。ガスについても少なくても多すぎても場合冷えが悪くなる原因になります。特に多すぎる場合はごく短時間で破損にいたる場合もあるので要注意ですし、少ない場合でもほとんど冷えないほど、少ない場合はコンプレッサーの焼きつきにつながる場合があります。

エアコンの効きが悪きなる原因には、その他にも色々な要因が考えられますので、一度ディーラーや電装整備工場などへ持ち込み、点検を受けることをお勧めします。ガス漏れの点検や制御系統の点検を含めて、しっかりとした点検整備を行うのは、ガソリンスタンドでは無理です。また、ガスを補充する際に、代替フロン(フロン12の代替品)の使用はお勧めできません。

基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低...続きを読む


人気Q&Aランキング