会社設立時、電子定款で設立しました。
公証人役場でUSBにデータ貰ったのですが、PDF定款とXML,XSLファイルがありました。
これはどのように使うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

会社を起ち上げたことがないので参考程度にお聞きください。



PDF定款:提出書類
PDF定款は大手企業の会社説明などにHPであげられたりしていますので
PDFになっているとデータとしてあげやすいというところです。

XML  :ホームページのファイル
XMLの内容がどうなのかわからないのですが、会社のHPを作成するのに
必要な事項など載っているかもしれませんので内容を確認したほうがいいと思います。

XSL  :XML文書を表示する際の書式や装飾などを指定する言語が書いてあるファイル
XSLはXMLと関係があるだけで中は見なくても大丈夫です。

ファイルの内容から考えられるのは、
PDF定款をホームページなどで見せるためのファイルが入っているか、
公証人役場のホームページファイルが入っているかのどちらかじゃないですか?
どちらにしろ、不必要ではないファイルかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合同会社の電子定款を自分で作成した場合、電子定款である旨を定款内に記載する必要はありますか?

合同会社の設立を考えております。
電子定款の作成を行政書士等に頼むと1万円程度かかりそうなのですが、調べてみると、電子署名さえ出来れば作成するのは大したことなさそうなので(私はe-taxのために公的個人認証サービスを利用しています)、自分で電子定款を作ってしまうつもりです。
で、ネットで調べてみた電子定款の文例では、
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、社員○○○○、同○○○○及び同株式会社○○○○の定款作成代理人である行政書士○○○○は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名をする。」
と、電子定款である旨と、電子署名してある旨が記載されているのですが、これは個人で電子定款を作成した場合でも記載した方がいいのでしょうか。
また、記載する場合は
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、電磁的記録である本定款を作成し、これに代表社員○○○○が電子署名する」
のように社員名でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

合同会社は公証役場の認証が不用ですので、言葉は悪いですがそれなりの体裁が整っていれば、問題ないでしょう。

参考までに、以前私が合資会社を組織変更し合同会社となった際に、定款を作成したときの文章を書きます。

『以上、合資会社 ABCを組織変更し、合同会社 XYZ 設立のために社員 A、同 B の代理人である社員 C は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名する。』

このように表記し、社員A(代表社員)と社員Bから社員Cへの委任状を定款の最後に添付しています。
定款は社員全員で作成するものです。全員の電子署名が原則でしょう。例外的に委任での作成も可能ですので、このようにしましたね。私は法務局で言われなかったので用意しませんでしたが、委任状には印鑑証明が本来必要かもしれません。

Q公証人役場へ行かずに定款を出してしまいました

会社の設立登記をしたのですが、定款を公証人役場で公証するのをしていませんでした。
登記はできたのですが、定款は法的には無効なのでしょうか。
また、何か支障があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 持分会社(合同会社、合資会社、合名会社)の原始定款であれば、公証人の認証は不要です。

Q定款公証人手数料5万円は設立費用処理できる?

会社法28条には、「定款の設立費用等を除く設立費用を会社の費用として処理する場合には、それを定款に記載せねばならない」という内容の記載があります。
これは、定款公証人手数料50,000万円は設立費用として処理できないということでしょうか?

どなたかご教授頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

定款公証人手数料50,000万円は設立費用として処理できます。

会社法第28条第4号のかっこ書きで、「定款の認証の手数料その他株式会社に損害を与えるおそれがないものとして法務省令で定めるものを除く。」と規定されているので、定款の認証の手数料については、定款に記載する必要はなく、会社の創立費として処理できるということです。

なお、「その他株式会社に損害を与えるおそれがないものとして法務省令で定めるもの」とは、会社法施行規則第5条に下記のとおり規定されていますが、これらについても定款に記載することなく会社の創立費とすることができます。

(設立費用)
第五条  法第二十八条第四号 に規定する法務省令で定めるものは、次に掲げるものとする。
一  定款に係る印紙税
二  設立時発行株式と引換えにする金銭の払込みの取扱いをした銀行等に支払うべき手数料及び報酬
三  法第三十三条第三項 の規定により決定された検査役の報酬
四  株式会社の設立の登記の登録免許税

Q会社設立 公証役場について質問

払い込みをする公証役場ですが、

東京都内、A区で設立の場合
A区内の役場のみでしょうか?
区内に無い場合
他の区でしたらどこでも良いのでしょうか?
それとも23区内、都下全域どこでも大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

法務局の管轄は都府県においてはその都府県単位、北海道においては4つに分かれています。
各都道府県には複数の法務局がありますが、それは支局・出張所であって、ここで言う管轄は、その上位の本局単位で考えます。

ですから、東京都に本店を設置するなら、東京都内の公証役場なら、どこでも構いません。

参考
http://www.koshonin.gr.jp/tei.html#04

Q合同会社設立の際の電子定款の電子署名について

合同会社を設立しようと思っています。そこで問題になるのが電子署名です。
e-taxに用いられるような自治体発行の電子署名で良いのでしょうか?
自治体発行だと住基カードを用いますので、個人署名になります。
しかし、考えてみると会社設立時に法人の電子署名があるはずがないので
これで良いのではないのか?と思うのですが。公証人役場の認証を受けて
それを法務局に持ち込み、その後法人登記ができると言う段取りを考えると
この電子署名で良いように思うのですが。会社設立後e-taxを使う際には会社の
電子署名などが必要かもしれないですが。その認識で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

設立時定款の作成者は、発起人となります。
発起人とは、設立時の株主です。
この発起人が作成者として電子署名すればよいのです。

発起人が複数いる場合には、全員が電子署名するか、電子署名する人にしない人が委任する形でも問題ないことでしょう。

行政書士などが電子定款を代理作成する場合も、発起人の代理人としての作成だったと思いますからね。

電子定款の写しとして印刷する際には、委任状の写しも一緒に閉じることでわかりやすいですね。

私は、合資会社から合同会社へ組織変更(種類変更)を行いましたが、その手続きは合資会社の解散と合同会社の設立を同時に行う流れとなり、合同会社の定款も必要となりました。電子定款にし、私以外の発起人から委任状をもらい、私が発起人の代表者として電子署名しましたね。問題なく法務局で登記申請が受理されたので、法的にも様式的なものは問題なかったのでしょう。

私は株式会社も経営し、株式会社の設立時には行政書士に依頼したため、参考となる者が手元にありました。あまり苦労はしませんでしたね。
最近の行政書士には、電子定款作成のみの受任もしてくれて、紙定款の印紙の範囲で対応してくれることがほとんどだと思います。私の知っている行政書士は、合同会社にはありませんが、電子定款の作成・公証役場での認証代理まで行って、15,000円でしたね。カードリーダーやら重機カードまで用意して、びくびくするぐらいであれば依頼してしまったほうが楽という考え方もありますし、定款の内容も専門家にチェックしてもらうことで、今後許認可届け出事業などを行う場合を想定して作成してもらえますからね。

頑張ってください。

設立時定款の作成者は、発起人となります。
発起人とは、設立時の株主です。
この発起人が作成者として電子署名すればよいのです。

発起人が複数いる場合には、全員が電子署名するか、電子署名する人にしない人が委任する形でも問題ないことでしょう。

行政書士などが電子定款を代理作成する場合も、発起人の代理人としての作成だったと思いますからね。

電子定款の写しとして印刷する際には、委任状の写しも一緒に閉じることでわかりやすいですね。

私は、合資会社から合同会社へ組織変更(種類変更)を行い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報