人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

至急!今、仮釈中で、保護観察がついてるんですが、帰住地と引き受けにしていた彼女と別れてしまい、行くとこが無いのでとりあえず生活保護を申請しようと思っているのですが、この場合生活保護を受ける情報が市の福祉課から保護観察所や保護司の方に連絡が行くのでしょうか?保護観察と市役所の方で個人情報交換や共有は行われるものなんでしょうか?詳しい方よろしくお願いします。ちなみに元彼女の方は一緒に住めないけど引き受けはそのままで保護司と保護観察所にはちゃんと一緒にいき対応してくれると行っています。市の福祉課と国の保護観察所はどのくらいつながっているのですか?

質問者からの補足コメント

  • ちなみに生活保護を受けるとなれば転居しなければならず転居するには保護観察所長の許可がいり、許可が下りるかもわからず下りたとしても時間がかかるらしいので困ってます。転居後に許可を取るつもりですが、先に生活保護を申請してもだいじょうぶなのでしょうか?相談するにしても保護司の方があまり信用できず保護監察官に聞いてくれと門前払いされてしまい困ってるしだいです。

      補足日時:2015/05/30 14:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仮釈中で、保護観察がついてるんですが、帰住地と引き受けにしていた彼女と別れてしまい、


行くとこが無い

= この時点で即刻仮釈取り消しです。 貴方が逃げたと思うでしょう 
そもそも
生活保護が受けられて快適に一人で暮らせるなんて有り得ません。
    • good
    • 2

まず、仮釈放される条件に以下のような審査があります。



保護観察所は、受刑者が希望する帰住地および引受人について調査を実施する。実施にあたるのは、主に保護司であるが、保護観察官が直接行うこともある。調査は、帰住先の住居は安定して居住できるか、引受人は保護観察所と協力して、受刑者が仮釈放を許された後に社会復帰のために援助できるか、人的・物的環境は更生のためにふさわしいか等多岐にわたり、それらの諸要素を考慮した上で、保護観察所長が総合判断の結果、帰住先が更生に適当かどうかの意見を付して、刑事施設と地方更生保護委員会に連絡を行う。
法務省所管の刑事施設の長は、帰住先が更生に適当であると保護観察所長から連絡を受けた者で、かつ、刑事施設内での処遇の状況が良好である者について、地方更生保護委員会に仮釈放許可を申請する。

上記の規定にあるように、あなたの生活が維持できない状況になれば、裁判所は仮釈放を取り消して、景気満了まで刑務所に収監するだけです。

なので申請できません。
したら現状が知れて、迎えが来ます。
    • good
    • 0

刑期が終わるまで、生活保護の権利がありません。



あなたは現在資格停止中です。

なので申請できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは知りませんでした。聞いた話によると申請した方がいたので・・・ありがとうございました。

お礼日時:2015/05/30 21:18

役所や地域によってもルールが違ったりするので、まずは引っ越しのめどをたてて住民移動する役所の生活保護担当に相談してみてはどうでしょうか。


あとで揉めるよりも正直に言った方が心証もいいですし、何より安心だと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。早速相談に行ってみます。ただ申請して生活保護をうけ転居した場合に保護観察所に知られ、遵守事項違反になり引き戻しにならないかと思い不安です。

お礼日時:2015/05/30 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保護司からの連絡

受刑者身元引きが受け人になったことがある方へ、教えて下さい
(1)刑務所に行ってからどれくらいで保護司から連絡(面接)がありましたか?
(2)保護司をどのように呼んでいますか?「さん」ですか?「先生」ですか?
(3)最初の保護司面接から仮釈放までの期間はどれくらいでしたか?
(4)保護司面接は全部でどれくらいの回数でしたか?
(5)保護司にはどんな事を聞かれ、話ましたか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

身元引受人(法律上は引受人といいます)ではなく、保護司をしています

まず大まかな流れを説明します
1、刑が確定し刑務所に収監されると、仮釈放(仮出場、仮退院を含む)の希望があれば本人の帰住予定地を管轄する保護観察所の長などに対し身上関係の通知等がなされます。(身上関係事項の通知といいます)
2、保護観察所は帰住予定地、身元引受人を調査をします。
通常この調査を保護司が担当し、本人が申告した帰住予定地と引受人の意志などを確認します。(環境調整といいます)
なお、引受人とは受刑者本人が指定した者で、本人以外が指名することはできません。
したがって、本人が仮釈放を希望しない場合は、連絡がありません。

>(1)刑務所に行ってからどれくらいで保護司から連絡(面接)がありましたか?
刑期や罪状によって異なりますが、早ければ保護観察所から保護司に対し1週間程度で連絡があります。このときに環境調査書、身上関係書類が送られてくるのでその書類を受け取った後に引受人と接触します。(事前に引受人と連絡を取る場合もあります)
遅い場合は1ヶ月以上かかる場合もあります

>(2)保護司をどのように呼んでいますか?「さん」ですか?「先生」ですか?
「先生」と呼ばれることもありますが、「○○さん」で結構です。
保護司は職業ではなく、基本的にボランティアです。

>(3)最初の保護司面接から仮釈放までの期間はどれくらいでしたか?
仮釈放までの期間は面接(環境調整)開始とは関係しません。
有期刑の場合は刑期の3分の1、無期懲役の場合は10年以上経過していることが最低の条件です。
 
>(4)保護司面接は全部でどれくらいの回数でしたか?
刑期が長い場合は6ヶ月に1度、短期の場合は1回だけのこともあります。
通常3~4ヶ月に1度です。

>(5)保護司にはどんな事を聞かれ、話ましたか?
まずは 引受人になる意志があるかどうかを聞きます
ほかに調査しなければならないことは法律に定められていて
1 引受人及びその家庭の状況、 2 近隣の状況、  3 本人の犯罪又は非行に対する社会の感情、 4 被害弁償の状況及び被害者の感情、 5 矯正施設に収容前の生活状況及び交友関係 、 6 釈放後の学業又は職業及び生計の見込み、 7 犯罪又は非行の動機及び原因、 8 その他参考となる事

引受人が引き受けを断った場合はその理由
 
環境調整(調査)を受け持った保護司が保護観察を担当するのが通常なので、仮釈放後の保護観察が順調になるためには、保護司に対して本音を語ってもらえればよいと思います。
 
<注> 
法律により、身上関係書類を引受人にお見せすることはできません。
また、環境調整、保護観察が終了した時点ですべての書類を保護観察所に返還し、保護司のところには記録を残さないことになっています。

(参考までに)身上関係書類には引受人でも知らない可能性のあることも書いてあります。法律上記載しなければならないことは
氏名、年齢及び本籍、言渡しをした裁判所や確定の年月日、罪名、刑名及び刑期又は非行名及び収容すべき期間、 収容した日並びに刑期の起算日及び終了日又は収容すべき期間の終了日など 犯罪に関すること。
本人の申告による 
心身の状況、生活歴、犯罪又は非行の概要、動機及び原因、帰住予定地及び引受人の状況、共犯者の状況、被害者の状況、釈放後の生活計画、その他事項 などが記載されています。

 

身元引受人(法律上は引受人といいます)ではなく、保護司をしています

まず大まかな流れを説明します
1、刑が確定し刑務所に収監されると、仮釈放(仮出場、仮退院を含む)の希望があれば本人の帰住予定地を管轄する保護観察所の長などに対し身上関係の通知等がなされます。(身上関係事項の通知といいます)
2、保護観察所は帰住予定地、身元引受人を調査をします。
通常この調査を保護司が担当し、本人が申告した帰住予定地と引受人の意志などを確認します。(環境調整といいます)
なお、引受人とは...続きを読む

Q仮出所は家族にいつわかりますか?

夫が在監中です。
刑期が2年、今月で10ヶ月が過ぎました。

身元引き受けは私の予定です。
仮出所はいつわかりますか?
どのような形でしょうか?

夫より先に知ることになるんでしょうか
通常、仮出所はどのぐらいの期間なんでしょうか

質問ばかりですいません
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

刑法では、刑期の3分の1を経過した後に、当局によって仮釈放が決定されるとの規定があります。
服役態度や反省の程度によっても異なりますが、通常は刑期の半分が過ぎれば仮釈放になると考えればいいかと思われます。

身元引受人には、仮釈放が行われる1ヵ月前までに連絡が入ります。
保護司の方は、仮釈放後の保護観察期間中に生活面全般のお世話をするため、身元引受人の方とも信頼関係が必要なので、電話連絡以外に事前の打ち合わせ等の目的で面談もあるはずです。
保護司は、地元の事情に通じた人徳者が担当になるので、他人の目にふれないように配慮されます。

Q未成年者の保護観察中の再犯

こんばんわ。いつもお世話になっております
突然ですが私の甥(中三)が捕まりました。
バイク窃盗の容疑です。
実は10月(くらい)にも窃盗で捕まって鑑別所まで行き、保護観察処分を受けているところです。
その中での再犯なので、少年院行きが危惧されます。
皆さんにお聞きしたいことはこの状況で甥は少年院に送致されてしまうのか?と言うことです。
保護司の方はそれまでまじめに通っているとのことで大丈夫と仰っているようですが、どうなのでしょうか??
わかりにくくなってしまったのでまとめると

「保護観察中の再犯は確実に少年院送致されてしまうのか」
ということです。
そうでないこともあるのですか??
また、送致されないこともあるとしたらその根拠となる条文を教えていただけませんか??(これは当方が法学部の生徒であるからと言う私的な質問なのですが・・・)
まとまりのない文章になってしまって申し訳ございませんがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

平成16年版犯罪白書(法務省)によると、平成15年における少年保護事件(業過、危険運転致死傷、道交違反及び虞犯を除く)の家庭裁判所終局処理人員は、約14万3800人で、処理区分別では,審判不開始(73.4%)が最も多く、以下、保護観察(12.4%)、不処分(9.7%)、少年院送致(3.5%)の順となっており、刑事処分相当として検察官に送致(逆送)された者は434人(0.3%)であった-という統計があります。

成人の場合、執行猶予期間中の再犯の場合、保護観察処分が付いていれば、2度目に執行猶予判決が出る可能性はほとんどありませんが(刑法第26条の2)、少年の場合、少年法では家庭裁判所が保護処分全てを決めるようです(少年法第24条)。保護司の方がいわれたように、必ずしも保護観察中の再犯は少年院送致というわけでもないようです。
なお、著しく不当な保護処分決定が出されたと感じた場合には、2週間以内に高等裁判所に抗告をすることができます(少年法第32条)。ただし、この場合でも、家庭裁判所の審判の効力は停止されませんから(少年法第34条)、家庭裁判所(原審の裁判所)か高等裁判所に対して執行停止の申立をすることになります。執行停止が認められない場合には、保護処分は執行されます(例えば、少年院送致決定がなされた場合には少年院に収容されます)。
さて、犯罪白書にあるように家庭裁判所の審判を受けた少年のうち、少年院送致となるのは100人中3~4人です。質問者さんのおい君の状況が、この中に入るべきか、私にはなんともわかりません。
質問者さんは、少年院へ行くのは当然というように書いてありましたが、果たしてそう決めつけてよいのでしょうか。一般論として、最近の少年犯罪の傾向は、「凶悪化」ではなく、むしろ「幼稚化」だといわれています。体力だけは大人並でありながら、知力は極論すれば幼児並みだそうです。だから、悪いことをしたという意識が希薄だということです。罪を犯せばどうなるかという意識を、身をもって教えるという意味では、少年院送致が妥当なのかもしれませんが、少年院は、罪を犯した少年達の上位数%が行くところ、いわば選抜組が集まる環境です。感化されないという保証はありません。少年院で過ごす半年なり1年間が中学3年生にとって、その後の人生に与える影響がプラスかマイナスかわからないということです。換言すれば社会にとっても、質問者さんのおい君を今、少年院へ行かせることが、プラスなのかマイナスなのかわからないということです。このへんは、私のような素人ではなく、家庭裁判所が決定することでしょうけど…。
最後に、私の勉強不足ゆえ、少年犯罪と家庭環境との因果関係を、統計的に証明した資料の存在を知りません。少年犯罪は、衝動的なものが多く、家庭環境と結びつけるのはあまりにも漠然としています。感想ではなく、統計的なデータを知りたいものです。

平成16年版犯罪白書(法務省)によると、平成15年における少年保護事件(業過、危険運転致死傷、道交違反及び虞犯を除く)の家庭裁判所終局処理人員は、約14万3800人で、処理区分別では,審判不開始(73.4%)が最も多く、以下、保護観察(12.4%)、不処分(9.7%)、少年院送致(3.5%)の順となっており、刑事処分相当として検察官に送致(逆送)された者は434人(0.3%)であった-という統計があります。

成人の場合、執行猶予期間中の再犯の場合、保護観察処分が付いていれば、2度目に執行猶予判...続きを読む

Q前科持ちで生活保護者でも身元引受人になれますか?

前科持ちで生活保護者でも身元引受人になれますか?
知人男性Aが、今回覚醒剤と有印偽造行使未遂で逮捕されました。確実に実刑なのですが、

私も覚醒剤で去年刑務所を出所したばかりの前科持ちです(仮釈は終わっています)
そして現在、別でBと言う男性の内妻でもあります。

私は生活保護で生活をしているのですが 今回このAの情状証人に立つ予定ですが、このまま前科持ちの生活保護者でもAの身元引受人は可能なのでしょうか? Aとの関係は知人です。

詳しいご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

身元引き受けと、生活保護は関係ありません。

>私は生活保護で生活をしているのですが 今回このAの情状証人に立つ予定ですが、このまま前科持ち>の生活保護者でもAの身元引受人は可能なのでしょうか? Aとの関係は知人です。
問題ありませんよ!
但し、同居は保護受給者の場合は、保護費の問題がありますから、「ケースワーカー」に相談してからにしましょう。

それ以外は、「情状証人」になっても問題はありません。

Q懲役4年6ヶ月、仮釈放までの最短期間を教えてください。

まったくの素人で、何もわからないので、教えてください。
弟が、昨年の8月、懲役4年6ヶ月の判決を下されました。
拘留期間を引いて実質、3年10ヶ月の懲役になりました。
執行猶予はありません。
 収容されてから、更生に向け、頑張っている様子で、
中では、就くのが難しいと言われている、係りについたり、異例の抜擢といわれる仕事についたりしているようです。
弟は、息子が生まれたばかりで、足を洗ってやり直そうとしていた
時に逮捕され、(罪はおかしているので当然なのですが)
本人は、心底後悔したようで、一日も早く、家族の元に帰ってこれるようにと、人一倍努力している様子です。 
 判決が出たのが昨年の8月なので、まだ、刑に服して8ヶ月くらいです。 最短で、どのくらいで仮釈放がつくものなのでしょうか。
また、平均的には、どの程度の期間、収容されているものなのでしょうか。  
 教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経験上で,参考になればです。

>弟が、昨年の8月、懲役4年6ヶ月の判決を下されました。
>拘留期間を引いて実質、3年10ヶ月の懲役になりました。
未決通算を引いて,持込が3年10月の「服役」ね。
未決通算で,8ケ月も引かれてるってことは,実際の拘留期間は長かった
ですね。一年半ぐらいかな。

>中では、就くのが難しいと言われている、係りについたり、異例の抜擢といわれる仕事についたりしているようです。
いわゆる,係りで言えば工場の雑役ね。仕事なら混成工場かな。
工場での雑役につけていれば,仮釈放には一番近道で早いエリート
コースですが,服役8ケ月にして,その職務は難しいなと思います。
8ケ月の月日の経過ですから,おそらく6ケ月無事故と進級の報告と
推測いたします。
きっと,進級(4級→3級)になったのでしょうね。
大変にいいことで,後は工場担当のおっさんに好かれることだけです。

>足を洗ってやり直そうとしていた
組織のことかな?仮釈放なら絶対に脱退届けを書かせます。

>最短で、どのくらいで仮釈放がつくものなのでしょうか。
実際には服役刑期の三分の一が仮釈放に値すると思っていいです。
以前に違う書き込みで類似した質疑がありまして,三分の一なんて,
法律上だけで実際には,そんなに貰えないって未経験者のコピペ君
が言ってましたが,現実にはアリアリです。心配しないで。
(ここじゃないですよ,過去の私の回答欄で見て下さいね)

半分強の刑期が過ぎた時点でパロール(更生審査)にはかかると思い
ます。仮釈放での身元引受人,更生意欲,保護氏の活動などの条件で
まっすぐに事故なく進級していればかなりの可能性で三分の一は,
充分に狙えます。

>平均的には、どの程度の期間、収容されているものなのでしょうか。
分類されて送られた刑務所によって,相当にケースが違います。
例えば初犯刑務所なら,更生目的での刑務所ですので,かなり事故なく
仮釈放目的が受刑者のほぼですから,見込みアリアリ。
逆に累犯刑務所では,収容目的であり事故が多すぎて困難なものです。

事故=つまり懲罰ね。累犯刑務所Gマーク(暴団ね)では喧嘩が日常
茶飯事ですから,足の引っ張りあいですからね。
近畿で言うと,大刑や京刑ね。初犯刑務所が滋賀の膳所とかね。
弟さんてことで,もしも少年刑務所なら(26才まで)奈良,加古川と
コテコテの姫路などの違いね。奈良なら3分の一だらけです。
姫路でも,いい子で大目の仮釈もらってる連中も居ましたよ。

生まれたばかりの子供の写真の差し入れを見れば,どんな状況でも
我慢と辛抱して,中での人間関係での摩擦にも耐えられるはずです。

最も肝心なことは,つまり無事故で2級にでも進級した頃にゴールは
おのずと見えて来ます。

外から出来ることは,子供や奥さんの為にも,早く戻る事を認識させる
為の,手紙の差し入れを随時に渡してやって下さい。
早い社会復帰を,私も願っております。
外からのプッシュも頑張ってあげてね。

経験上で,参考になればです。

>弟が、昨年の8月、懲役4年6ヶ月の判決を下されました。
>拘留期間を引いて実質、3年10ヶ月の懲役になりました。
未決通算を引いて,持込が3年10月の「服役」ね。
未決通算で,8ケ月も引かれてるってことは,実際の拘留期間は長かった
ですね。一年半ぐらいかな。

>中では、就くのが難しいと言われている、係りについたり、異例の抜擢といわれる仕事についたりしているようです。
いわゆる,係りで言えば工場の雑役ね。仕事なら混成工場かな。
工場での雑役につけていれば...続きを読む

Q仮釈放の際の遵守事項について教えてください。

刑務所からの仮釈放の際に、条件として出される一般遵守事項
というのは、どんな内容なんでしょうか。
また、特別遵守事項には、どんな感じのものがあるんでしょうか。
もし、特別遵守事項の内容に対し、本人ではなく引受人等の
家族が不服があった場合にはどうなるんでしょうか?
ご存知の方、いらっしゃっいましたらご回答下さるようお願いします。

Aベストアンサー

> 刑務所からの仮釈放の際に、条件として出される一般遵守事項
> というのは、どんな内容なんでしょうか。

一般遵守事項は以下の通りです(犯罪者予防更生法34条2項各号)。

一  一定の住居に居住し、正業に従事すること。
二  善行を保持すること。
三  犯罪性のある者又は素行不良の者と交際しないこと。
四  住居を転じ、又は長期の旅行をするときは、あらかじめ、保護観察を行う者の許可を求めること。

> また、特別遵守事項には、どんな感じのものがあるんでしょうか。

特別遵守事項は以下の事項と、その他の本人の改善更生に役立つと認められる具体的な事項とされています(犯罪者予防更生法31条3項・仮釈放、仮出場及び仮退院並びに保護観察等に関する規則5条1項各号)。

一  いかがわしい場所に出入りしないこと。
二  射幸的行為にふけらないこと。
三  酒類を過度に飲用しないこと。
四  麻薬、覚せい剤その他の薬物をみだりに使用しないこと。
五  精神又は身体の障害について治療を受けること。
六  家族の扶養等家庭生活上の責任を果たすこと。

及び

一  指定された日までに帰住地に帰住すること。
二  指定された日までに保護観察所に出頭すること。

ただし、犯罪者予防更生法はこのたび成立した更生保護法が施行された時点(来年6月15日までの政令で定める日)で廃止されるので、更生保護法が定める遵守事項も載せておきます(施行後に仮釈放の許可決定を受けた場合はこちらが適用されます)。

〇一般遵守事項(更生保護法50条各号)

一 再び犯罪をすることがないよう、又は非行をなくすよう健全な生活態度を保持すること。
二 次に掲げる事項を守り、保護観察官及び保護司による指導監督を誠実に受けること。
 イ 保護観察官又は保護司の呼出し又は訪問を受けたときは、これに応じ、面接を受けること。
 ロ 保護観察官又は保護司から、労働又は通学の状況、収入又は支出の状況、家庭環境、交友関係その他の生活の実態を示す事実であって指導監督を行うため把握すべきものを明らかにするよう求められたときは、これに応じ、その事実を申告し、又はこれに関する資料を提示すること。
三 保護観察に付されたときは、速やかに、住居を定め、その地を管轄する保護観察所の長にその届出をすること。
四 前号の届出に係る住居に居住すること。
五 転居又は七日以上の旅行をするときは、あらかじめ、保護観察所の長の許可を受けること。

〇特別遵守事項(更生保護法51条各号)

一 犯罪性のある者との交際、いかがわしい場所への出入り、遊興による浪費、過度の飲酒その他の犯罪又は非行に結び付くおそれのある特定の行動をしてはならないこと。
二 労働に従事すること、通学することその他の再び犯罪をすることがなく又は非行のない健全な生活態度を保持するために必要と認められる特定の行動を実行し、又は継続すること。
三 七日未満の旅行、離職、身分関係の異動その他の指導監督を行うため事前に把握しておくことが特に重要と認められる生活上又は身分上の特定の事項について、緊急の場合を除き、あらかじめ、保護観察官又は保護司に申告すること。
四 医学、心理学、教育学、社会学その他の専門的知識に基づく特定の犯罪的傾向を改善するための体系化された手順による処遇として法務大臣が定めるものを受けること。
五 法務大臣が指定する施設、保護観察対象者を監護すべき者の居宅その他の改善更生のために適当と認められる特定の場所であって、宿泊の用に供されるものに一定の期間宿泊して指導監督を受けること。
六 その他指導監督を行うため特に必要な事項

> もし、特別遵守事項の内容に対し、本人ではなく引受人等の
> 家族が不服があった場合にはどうなるんでしょうか?

地方更生保護委員会が決定によってした処分に不服がある場合には、中央更生保護審査会に対して審査請求をすることができます(犯罪者予防更生法49条、更生保護法92条)。しかし、本人以外には審査請求をする権利はないでしょう。

犯罪者予防更生法:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO142.html
仮釈放、仮出場及び仮退院並びに保護観察等に関する規則:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S49/S49F03201000024.html
更生保護法:http://law.e-gov.go.jp/announce/H19HO088.html

> 刑務所からの仮釈放の際に、条件として出される一般遵守事項
> というのは、どんな内容なんでしょうか。

一般遵守事項は以下の通りです(犯罪者予防更生法34条2項各号)。

一  一定の住居に居住し、正業に従事すること。
二  善行を保持すること。
三  犯罪性のある者又は素行不良の者と交際しないこと。
四  住居を転じ、又は長期の旅行をするときは、あらかじめ、保護観察を行う者の許可を求めること。

> また、特別遵守事項には、どんな感じのものがあるんでしょうか。

特別遵守事項は以...続きを読む

Q身元引受人

仮釈放の場合、身元引受人が迎えに行かないと取り消しになりますか。
夫が仮釈放が決まり保護司から迎えに行きますかと聞かれ最初は行きますと
返事をしました。その時に保護司から迎えに行かないと仮釈放が取り消しに
なり満期まで過ごす事になると言われました。
でも、夫が刑務官に聞いたら身元引き受人が迎えに行かなくても仮釈放の
取り消しは無い、一人でも出れると言われて迎えに来なくても良いと夫から手紙が
来ました。私も最初は保護司からそのように聞かれたので迎えに行こうと思いました。
飛行機で行くような遠い所の刑務所にいるので実際費用がかかり、厳しいです。
電車で行ける近場なら迎えに行けますけど遠いと難しい面も有ります。
実際生活苦の見元引き受け人の場合皆、仮釈放は受けられないって事ですよね。

Aベストアンサー

警察に逮捕された人の「身柄」を引き取る場合の「身柄引受人」は、警察署に迎えに行かないといけません。

しかし、仮釈放(保釈)になる人の「身元引受人」は「満期になるまで生活の面倒を見てくれる人」ですから、刑務所まで迎えに行く必要はありません。「身元引受人になります」って意思表示するだけで良いです。

保護司さんは「身柄引受人」と「身元引受人」を混同しているのでしょう。

保護司って、保護司会に所属している「法律のシロウトのボランティア」ですから、言う事はアテになりません。平気で間違った事を言います。

Q仮釈放保護観察付き

仮釈放の保護観察付は自由が無いですか。
仮釈放後、保護観察所で面接をして注意事項が有り守らないと刑務所行きですね。
注意事項の中に7日以上の旅行は保護観察、保護司に連絡をする事と有ります。
友達と遊ぶにも誰と遊ぶの報告を一回一回しなくては駄目ですか。
毎日自由に出歩く事は出来ないですか。一日の内、コンビニに行きたいとか
ビデオレンタルを借りに行きたいとかが有っても報告が必要ですか。
時間外だと保護観察所も休みで当日の連絡は出来ないですね。
身元引受人の所に一日中隠らなくてはいけないですか。

Aベストアンサー

>仮釈放の保護観察付は自由が無いですか。
あります

保護観察では、一般遵守事項と個人遵守事項がありますよね?

日常では、通常での生活に必要なこととして、買い物やコンビニへ行くことや友人と遊ぶこと(犯罪に無関係な友人)であれば、何ら問題はありません。

保護司との面接は、今の生活状態がどんな状態なのかの報告です。

友人と遊びに行った、ビデオレンタルしたなどは報告は必要ありません。

旅行等は、きちんと事前に予定として報告していれば、問題はありません。

保護観察期間が、どれだけあるかは知りませんが、普通に生活していれば問題はありません。

Q仮釈中に・・・・

今年の5月に仮釈になり身元引受人、保護司の所に帰らず7月初めに逮捕されました。残りの刑期は6ヶ月あります。今、東京拘置所に留置されていますがまた刑務所に戻されるでしょうか?そのまま東京留置所に置かれるでしょうか?

Aベストアンサー

>東京拘置所は刑務所と同等と聞きました

これは違いますよ。あくまでも拘置所は未決が収監されるところです。
あまりに刑が短い場合はそのまま居ることもあるようですが、6か月なら刑務所に行くと思います。
ただし、前居た刑務所に行くかどうかは分かりません。

Q犯罪者の生活保護の受給について

生活保護を受けている親戚が障害で訴えられてしまいました。

もしそれが有罪だった場合は、生活保護は打ち切られるのでしょうか?

また罪の重さによっても変わるのでしょうか?

教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

 No.1です。
 自分の知識に少々誤解があり&若干混乱が見られるので、訂正かたがた整理したいと思います。

 1.生活保護を受けていた方が単身者だった場合
 制度を厳密に運用すれば、No.3=No.4の方の仰るとおり、逮捕の時点で生活保護廃止の決定が下っても、文句は言えません。
 但し、不起訴・起訴猶予あるいは執行猶予等で無罪になる可能性がある等すぐに釈放される可能性が高い場合、福祉事務所の判断ですぐには廃止とせずに『停止』に止めておく、という判断がなされる場合も有るようです。犯罪者には、判決が確定するまでは「推定無罪の原則」が働きますので・・・。いずれにしても、「廃止」にするか「停止」にするかの最終決定権限は福祉事務所にあります。
 逮捕後「停止」ではなくすぐに「廃止」となった場合、短期で釈放となっても、有罪となって刑期を終えた後と同様に、生活保護が必要だとなれば新規に申請をしに行くほかはありません。刑期の長短で扱いに差がないことは、既に述べたとおりです。
 生活保護を申請する自由は、日本国民誰でも持っています。前科が有ろうとなかろうと関係ありません。それはNo.2の方の仰る通りですが、但し逮捕後の収監中はそこが留置場だろうと拘置所だろうと刑務所だろうと、そこにいる間は生活保護費は一切出ません。繰り返しになりますが、少なくとも寝る場所と食事は確保されているので、犯罪被疑者もしくは受刑者としての「健康で文化的な最低限度の生活」は保障されているからです。

 2.生活保護を受けていた方の世帯に他にご家族場がいる場合
 この場合は、逮捕された方を世帯からはずし、残る世帯構成員には今までどおり保護費が支給されます。但し、家族構成が変わるので、保護費の額に当然変動(おそらく減)が出ます。どのぐらい減るかは状況しだいですので、福祉事務所のケースワーカーに直接お尋ねください。
 逮捕された方が戻ってこられた場合には、再度世帯員増の手続がとられることになるでしょう。

 No.1です。
 自分の知識に少々誤解があり&若干混乱が見られるので、訂正かたがた整理したいと思います。

 1.生活保護を受けていた方が単身者だった場合
 制度を厳密に運用すれば、No.3=No.4の方の仰るとおり、逮捕の時点で生活保護廃止の決定が下っても、文句は言えません。
 但し、不起訴・起訴猶予あるいは執行猶予等で無罪になる可能性がある等すぐに釈放される可能性が高い場合、福祉事務所の判断ですぐには廃止とせずに『停止』に止めておく、という判断がなされる場合も有るようです。犯...続きを読む


人気Q&Aランキング