プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本を嫌いな韓国人ゴルファーが来るのは
金の亡者だから?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

韓国人が全員日本を嫌いと考えるのは、浅はかかと。

国と国が、政治的にもめていることと、個人の考えは違います。
    • good
    • 0

国民の総意として日本を嫌いでも、個人的には好きな場合はあります。

日本でも「韓流」という一時のブームにより、日本人による韓国人へのイメージはずいぶんとよかったです。

 ただ、韓国人女子プロゴルファーの事情となると多少違う面も存在します。
 以前は、韓国の女子プロゴルファーは(韓国での2年間の出場義務を経て)アメリカに挑戦するか、そこまでの実力がなかったら一度日本で腕を磨いてアメリカにわたるケースがほとんどでした。しかし最近、いきなりアメリカに挑戦する人や、日本を離れてアメリカに挑戦する人が少なくなり、またアメリカで活躍している選手が日本の試合に出場していることが増えました。なぜなら、アメリカツアーの試合数や賞金総額が減少しているためで、相対的に日本の試合のメリットが増えたからです。ではなぜアメリカのツアーがそうした状況になったかというと、「韓国人のせい」だからです。以前は優勝賞金、賞金総額ともに日本を圧倒していた女子ゴルフツアーでしたが、近年の韓国人の活躍により相次ぐスポンサーの撤退が起きました。また入れ替わったスポンサーも以前と同じ賞金を用意しない場合が多く、結果アメリカ女子ツアーの魅力が(選手にとって)減っていきました。そこに、日本では試合数、賞金額ともに増加傾向にあるために、韓国人が日本のツアーに参戦する確率が高まっているわけです。つまり「韓国人がアメリカツアーのお金を絞り取りやせ細らせ、魅力が無くなったら日本に乗り換えた」というだけです。こうしたことから、そろばんを弾いて自分のお金になるように動いている選手たちと断じざるおえません。もちろん、選手の中には日本が好きで日本に貢献しようとプレーしている選手(イ・チヒ選手や全・美貞選手など)もいますが、韓国人というくくりになると、そうなります(先の「韓流」でも今でも韓国大好きな人はいますが、日本国民としては嫌いになっているのと同じです)。
 ただ、以前の男子ツアーもジャンボ全盛期はアメリカツアーを凌ぐ賞金額だったので世界の一流プレーヤーがたびたび来日していました。賞金を稼ぐのがプロの本分であるわけで、賞金が多いところを求めるのはむしろ普通です。しかし、日本人感覚としては「アメリカツアーをこんなにした張本人が、お金が無くなるといなくなるのは世界的に評判を下げるだけ」であり、国民の代表という意識の欠落はもっともです。こうした部分を考えると悪いイメージの「金の亡者」という言葉はそっくりそのまま当てはまります。そりゃあ、日本の試合でも韓国人同士の優勝争いを演じられても見る気にもなりませんし、スポーツニュースで取り上げられなくなればスポンサーも開催する意味がありません。
 以前、アメリカで「優勝スピーチを英語でしてほしく、その英語力がない人は試合に出られない」という制度を作ろうとしましたが韓国人等による猛反発で撤回されました。しかし、大会はスポンサーと観客、テレビの視聴者によって成り立っているわけであり、その制度は選手以外には大きなメリットがあり、導入してもよかったと思います。(まぁその制度は韓国人排斥制度として提案されたようですが)。ただ、宮里藍選手等は英語の勉強を一生懸命し英語もある程度でき、アメリカでの評判も良好です。お金を稼ぐためだけでなくアメリカで活躍することを目的としている彼女はそのようにアメリカに溶け込みますが、お金だけが目的の人は(優勝スピーチでお金がもらえない限りは)やらないでしょう。
    • good
    • 3

賞金を稼ぎたいから、というのは間違いありません。


それはプロである以上日本人も韓国人もおなじです。

松山がアメリカ行ってるのもアメリカで通用する実力があり
賞金額は日本の数倍あるからです。

自分の実力が通用しそうなところであれば
より賞金が高く稼げるところに行くのはあたり前ですね。
韓国人に限ったことではありません。

もっと実力がつきアメリカで通用するならアメリカ行きますよ。
そりゃ日本人だって同じでしょ。

「韓国人」が金の亡者だからという言い方は当てはまりません。
賞金を稼ぎたいのが金の亡者というなら
日本人選手も金の亡者となります。

他人(韓国人)を卑下しているような発言は自分(日本人)
をも卑下、貶める言葉となります。気をつけて下さい。

そもそも韓国人のゴルフ選手が政治的主義主張を持って
ゴルフなんかやってませんよ。
プロである以上「稼ぐ」ということとそのための手段の「ゴルフ」しか頭にありませんよ。
嫌いとか好きとかそんなものナーんも考えてないと思いますよ。
    • good
    • 0

その通り。


似た気候で時差も少なく賞金は多い。
来ない理由なんてないです。
プロとして個人の感情より賞金を優先するのは当然かと。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング