旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

日曜大工にて厚さ50㎜の木材に直径50㎜ 深さ5㎜(貫通させない)のクボミの穴(半穴?)を開けたいのですが、方法、良い道具などご存知の方、ご教授下さい。
小さい穴径の場合は、ドリルで対応するのですが直径が大きいので方法が思いつきません。
よろしくお願いします。
まったくのど素人ですが電動工具(ドライバー)は持っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

座ぐりドリルを使います。


URL参照
http://diytool.biz/zaguri-drill

センター穴が深くないので、重宝しています。
ただ 50mmはないはず 48mm もしくは52mm だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
座ぐりドリルの存在を初めて知りました!感動です。
52㎜穴でもいけそうです。
早速探してみることにします!!!

お礼日時:2015/08/20 07:56

図示すると

「木材に直径50㎜ 深さ5㎜の半穴を開ける」の回答画像6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん色々とアドバイスありがとうございました!
参考にさせていただき試行錯誤で作業を進めています。
全員の皆様に感謝申し上げます!

お礼日時:2015/09/08 10:38

>この質問は特に50代・男性の方にリクエストされています!


 60代ですけど・・
>厚さ50㎜の木材に直径50㎜ 深さ5㎜(貫通させない)のクボミの穴(半穴?)
 となると、No.1サンの方法しかないでしょう。
「木材に直径50㎜ 深さ5㎜の半穴を開ける」の回答画像5
    • good
    • 0

>少し私の説明不足でしたね。

すみません。
>完全に貫通しない50㎜半穴を考えてます。

いえ、考え方を変えればいいんですよ
座くりドリルを使おうが、普通のドリルを使おうが、深さ5mmの穴だったら結局は最後は彫刻刀などで形を整える作業が必要ですからね。

座くりドリルを使おうが、普通のドリルを使おうが、5mmの深さをキープするにはドリルスタンドが無ければ一定の深さをキープしての作業が必要ですし、
    • good
    • 1

5mm厚の板に大ドリル、小ドリルで穴を開けて、ナイフやノミや木工ヤスリで、半円に削る



それを木工ボンドや木ネジを使って部材に張り付ける
「木材に直径50㎜ 深さ5㎜の半穴を開ける」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し私の説明不足でしたね。すみません。
完全に貫通しない50㎜半穴を考えてます。

お礼日時:2015/08/20 07:55

2種類の方法をあげてみます。



1.ホールソーで5mmの輪郭を付けておいてから、ノミまたは彫刻刀で掘る。
2.トリマーかルーターで掘る

精度がそれほど求められないとか、一つだけ加工するなら1の方法。柔らかい木ならホールソー使わなくてもサークルカッター等でも代用可。
それなりの精度が必要または数多く加工するなら2の方法。5cm穴をあけたガイドを作っておけばあっという間に加工できます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私もこの手しかないと思っていました・・・
複数開けるのでもしそうする場合、力仕事ですね・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/20 07:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木材に円形の凹を作る工具

木材に円形のへこみ(凹)を作る工具の名称を教えてください。貫通する穴ではなくてへこみを削りとるものです。以前東急ハンズで見かけたのですが何と呼ぶか忘れてしまいました。

Aベストアンサー

ファスナービット(座ぐりドリル)、トリマービット(ほぞ切りドリル)のどちらかではないでしょうか。

上記がご希望のものでない場合、穴の大きさによっては、もう少し別なものも有りますが?

Q角材(木材)に丸底の溝を掘る方法

4~5cm角の木材に、底が丸い(U字型の)溝を掘るとしたら、
どのような工具を使えば良いのでしょうか?
長さはせいぜい30cm程度、傾斜をつけたいです。
※ビー玉を転がすおもちゃのようなものをイメージしてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO1です

電動ドリルをお持ちでしたら、ドリル+サンドペーパー

図のような要領でやれば 一番時間短縮でしょうね。
出来ればやわらかい木で 柾目の通った材料を使いたいですね。

結構、他の道具 特にトリマーは高速化回転が伴いますので危険性も増します。

穴の直径と同じ径の30cmほどの棒に両面テープでサンドペーパーを巻きつけ、
ドリルのチャックが合うようにその棒の先端だけを10mmの丸棒に加工さえすれば
ドリルの回転を利用した簡易な回転式サンドペーパーが出来ます。

これを押さえつければ 極簡単に綺麗な溝が出来ますよ。

ここでいうサンドペーパーは ホームセンターにある普通のものではなく
ロール状になっている外観が白っぽいものです。400番位のがありますのでそれでやってください。

もし普通のビー球を転がすならば 直径18mm弱が一番大きなものです。
大体17.2-5mmです。

その程度だと 最初に10mmのドリルで穴を開けて
その後15mmほどの丸棒の先を少し手で削って先ほどの要領で作れば十分間に合います。
出来ればドリルと反対側も手で押さえられるように余分の長さを確保して そこにはペーパーを巻かないで
手のひらで抑えるようにすれば お好きな角度も取れるでしょう。

もちろん手のひらが火傷しないように注意してくださいね。

慣れれば、穴あけから 完成まで10分もかからないでしょう。

NO1です

電動ドリルをお持ちでしたら、ドリル+サンドペーパー

図のような要領でやれば 一番時間短縮でしょうね。
出来ればやわらかい木で 柾目の通った材料を使いたいですね。

結構、他の道具 特にトリマーは高速化回転が伴いますので危険性も増します。

穴の直径と同じ径の30cmほどの棒に両面テープでサンドペーパーを巻きつけ、
ドリルのチャックが合うようにその棒の先端だけを10mmの丸棒に加工さえすれば
ドリルの回転を利用した簡易な回転式サンドペーパーが出来ます。

これを押さえつければ ...続きを読む

Q木に円形の掘り込みをする方法

木に円形の掘り込みをする方法

(いきさつを説明するとややこしいので省略して、部分的な加工方法に絞って質問します。)

木目が横方向の板の面に、直径3cmほどの別の木が、丸棒を埋め込むように木目が交差するような形で埋め込まれています。
埋め込まれていてる断面は、板の面とツライチになっています。

この丸棒が埋め込まれている部分を、5mmほどの深さに掘り込み、別の木の板を円形に加工して、蓋のように埋め込もうと思っています。

こういう場合、直径3cm、深さ5mmの穴(窪み)を加工するには、どのような方法が良いでしょうか?
ノミではこんな小さくて丸い穴は掘りにくいでしょうし、彫刻刀では底の面が平面にしにくいような気がします。
電動工具は現在は持っていませんが、安いものなら購入するのも考慮に入れていますので、こういう穴を加工するのに適した工具を教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルーターという手もあります
電動鑿もあります
彫刻刀でもできます

Q木材に垂直に穴を開けたいのですが、電動ハンドドリルしか持っていないので

木材に垂直に穴を開けたいのですが、電動ハンドドリルしか持っていないのでしっかり垂直に構えたつもりでも出口で5mm以上ずれてしまいます。

近所のホームセンターでは切断はしてくれますが、穴あけはしてくれません(泣)
これだけのためボール盤を買うのはもったいないです。

木材はスギで厚さは80mm、キリの径はφ8mmです。

これをなんとかより正確に垂直に穴をあける方法ははないものでしょうか?

Aベストアンサー

これも紹介しておきますね。ドリルガイドです。

これなら持っていても邪魔にはならないと思います。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/niigataseiki/500415.html

参考URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/niigataseiki/500415.html

Qルーターとトリマーの違い

ルーターとトリマーの違い
あちこちのDIYの店へ行って、ルーターとトリマーの違いを尋ねているのですが、的確な説明をしてくれるお店が全く無くて困っています。
「ルーターではこんなことができるが、トリマーではできない」また逆に「トリマーではこんなことができるが、ルーターではできない」のように、具体的に、できれば画像入りでご説明いただけると有難いです。

ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?
わたしは3mm径の金工用ルーターバーを多数持っているので、これが使えないと困ります。

申し遅れましたが、わたしがしたいのは主として、数mm厚のアルミ板の切削加工(長穴開け)です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

しかし、ルーターには、固定式とプランジ式と2種類あります。普通、作業台に固定して使うのは、固定式の方です。 プランジ式(国産メーカーは、ほとんどこのタイプ)は、手に持っての使用もします。バネによって、刃を含むモーター部分が持ち上げられているので、削るときは押し下げて使用します。手を離せば、刃は浮かび上がります。 言葉で説明すると難しいので、日立やマキタの製品を見て下さい。一目瞭然だと思います。


トリマーは小型ですので、手に持っての使用です。薄い合板のくり抜きなどは、トリマーの領域ですね。

> ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

これについてですが、トリマー、ルーターともに、フリーハンドでの使用はほとんどしません。ガイドを取り付けての使用、定規にあてて使用、冶具を使用。 精度を要求しないところでは、フリーハンドで使用するいこともありますが、慎重にやらないといけません。意外と思い通りには動いてくれませんよ。(特に切削量が多いと)

よって、刃の出し具合、切削位置に合わせてガイドの調整、または、冶具を使って、精度の高い加工をします。 ですから、事前に準備して行うので、切削するときはガイドや冶具に沿わせて動かすだけです。 よって、それほど目視をする必要が無いのです。 また、じっくり見たいなら、ゴーグルは必須です。何が目に飛んでくるか分からないですからね。 正直、見やすいとは言えません。

>また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?

3ミリ用のコレットチャックは、メーカーも用意していません。市販の製品に3ミリコレットチャックがありますが、それが使用する工具にあうとは限りません。 どうしてもというなら、鉄工所で作ってもらうしかない思います。

そもそも、トリマーもルーターも木工加工用です。 中には、アルミ程度の金属加工に使用している人もいるみたいですが、あくまで自己責任です。 でも、そのままでは回転スピードが速すぎるみたいで、スピードコントローラーで回転数を落としているみたいです。 切削ビットは、金属加工用エンドミルでした。

小さいアルミ板に長穴加工なら、安い輸入フライス盤の購入をお勧めします。 大きい板への加工なら難しいですね。 その場合、私なら、トリマー用に長穴用の冶具を作って、アルミ加工専用のエンドミル(6ミリ軸の製品)を買い、スピードコントローラーで回転数を落としてやりますね。ゴーグルは、必須ですよ。 これらの使用方法も、自己責任です。もし、本当にやられるなら、下調べを十分にしてください。冶具の作り方等は、トリマーの本でも買って勉強する必要があるでしょう。

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

し...続きを読む

Q材木を半円形に、くり抜く方法を教えてください

幅4センチ、厚さ2センチの材木があります。
図のように、材木を横から見て
深さ7ミリ位で半円形に、くり抜きたいのでですが
名案が思いつきません。

思いついた案は、
・捨て木とクランプで貼り合わせて、真ん中を木工用ドリルで削る。
・電動木工用ヤスリの刃で気長に少しずつ削る。
くらいです。

もっと綺麗に、簡単にできる方法があれば、教えてください。

Aベストアンサー

>捨て木とクランプで貼り合わせて、真ん中を木工用ドリルで削る

この作業で十分です。
削りたい方の厚みが無いために垂直が出にくいので、捨て木を2x4材などの厚みのある材木を使いクランプで抱え込んでやれば 卓上ボール盤で十分加工出来ますよ。
垂直に7mmの穴を開けるだけですから・・・。

この時にあまり自信が無ければ 穴を開けながら木材の方を垂直を軸として少しずつ動かせて回すような要領で穴あけをすれば多少のぶれも無くなります。

卓上ボール盤が無い場合

6-7mmの丸棒を(鉄・木を問わない)用意してサンドペーパーを両面テープを使って巻き付ける。
丸棒を電動ドリルに取り付けて、卓上に固定した目的の板に宛がって回転させて削る。電動ドリルの反対側に手を宛がってブレ防止をする(ただ 熱くなりますが・・・)

もっとしっかりブレ防止の為には、ドリルの反対側に6-7mmの穴を開けた板を固定してそこに差し込んで ドリルを回転させながら、削りたい板面に押さえつける。 
サンドペーパーは120番位を使用します。

2-3分で削れますが・・・。

Qトリマーで掘れるほぞ穴の深さ

トリマーで掘れるほぞ穴の深さ
ほぞ穴を掘るのにトリマーの購入を検討しています。トリマービットを見ていると、あまり深い穴は掘れそうに見えないのですが、深さ45mmとかは無理でしょうか。
また、お勧めのトリマーがありましたら教えてください。(リョービMTR-41はどうかなと思っているところです。)

Aベストアンサー

私のトリマー(マキタの 3707FC)で、測ってみました。

結果、トリマービットの選択(長さの長い物使用)、チャックへの最小限の長さでの固定、をすれば可能と思います。

私のトリマーの場合、チャックへの固定には、最低15ミリほど必要でした。ベースを目いっぱい押し上げたとき、チャックからベースまでの表面までの距離が3ミリ位。

よって、最小限(コレットチャックの長さの分という意味)で固定した場合、トリマービットの長さから、18ミリを引いた長さが、掘れる深さということになります。

マキタのトリマービットで、一番長いストレートビットは、12ミリ(全長64ミリ)です。よって、46ミリの深さまで可能となります。 他の物は、長さが足りませんでした。 

トリマーの使い方ですが、一度に深くは掘れません。掘っては、ビットをちょっとだし、の繰り返しです。6ミリのストレートビットで、一度に掘れる深さは、6ミリが良いところだと思います。理想は、3ミリづづですかね。

上記は、あくまで私のトリマーの場合であり、すべてのトリマーに当てはまるものではありません。しかし、構造的にほとんど変わらないので、似たり寄ったりだと思います。

ただ、質問者様の希望する深さが、トリマーの能力のぎりぎりラインだと思われるので、しっかり情報収集をして決めて下さい。

私のトリマー(マキタの 3707FC)で、測ってみました。

結果、トリマービットの選択(長さの長い物使用)、チャックへの最小限の長さでの固定、をすれば可能と思います。

私のトリマーの場合、チャックへの固定には、最低15ミリほど必要でした。ベースを目いっぱい押し上げたとき、チャックからベースまでの表面までの距離が3ミリ位。

よって、最小限(コレットチャックの長さの分という意味)で固定した場合、トリマービットの長さから、18ミリを引いた長さが、掘れる深さということになります。
...続きを読む

Q角材に円形の溝を彫りたい

長さ40cmの角材の長辺に、直径2.5cmの半円の長い溝を彫りたいと考えています。
角材は正方形で、一辺が3cmです。
どのような工具を使えば、こういうことができるのでしょうか?
言葉だと伝わりづらいので画像をご参照ください。

なお、私が所有している電動工具は、ブラック&デッカーのマルチエボという商品です。

Aベストアンサー

トリマーでの使い方

この方のHPの内
http://woodgears.ca/router_lift/index.html
こんな方法
http://woodgears.ca/router_lift/molding.html


もしくは この方のHPの何処かに有ります、見失いましたが
作図のような方法
これは テーブルソーを使います

時間があればゆっくり探して下さい
鋸歯に対して有る角度を持ってガイドを当てて作業をすれば 一気に仕上がります。
半円の溝が掘れるはずですし、画像でも見られます。

また他の方法として
テーブルソーが有れば ガイドに沿ってその都度深さを変えながら溝を何度も掘り進めば
後で手作業が残りますがほぼ完璧に仕上がります。

Q2センチ厚の木板に丸穴を掘りたいのですが

子供用の洋服かけを作りたいのですが、両側の板に木の丸棒(2.5センチ経)を渡しハンガー掛けにしたいと思います。丸棒の固定には金具を使用せず、板に直接丸棒を差し込める丸い穴(深さ1センチ程で、貫通はさせない)を掘りたいのですが、どの様な工具を使えばよいのかわかりません。
どなたかご教示頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

専用のピットを使います。神沢鉄工ががその専業メーカーです。
座ぐりに使う場合は先端がねじでなくピラミッド(三角錐)のものがよいでしょう。
神沢鉄工株式会社|製品情報|KANZAWA
http://www.kanzawa.co.jp/product/index.html
のXピットや座ぐりきりを使います。

安くつかせようとしたら、木工ドリル用の先三角の錐
スターエム-木工錐-先三角ショートビット
http://www.starminfo.com/gimune/5b.html

手でもできなくはないですが・・・
スターエム-手廻し用-ミニビット
http://www.starminfo.com/hand/34.html
または、
スターエム-手廻し用-ハンドルD型
http://www.starminfo.com/hand/38.html

スターエム-木工錐-兼用ビット
http://www.starminfo.com/gimune/6.html
の組み合わせです。

丸棒にあわせてサイズが調整できる最初のものがお勧め。

★垂直に穴を開けるのは難しいので、錐よりもそれが最大のポイントですよ。
 家具製作では木工ボール盤を使います。

専用のピットを使います。神沢鉄工ががその専業メーカーです。
座ぐりに使う場合は先端がねじでなくピラミッド(三角錐)のものがよいでしょう。
神沢鉄工株式会社|製品情報|KANZAWA
http://www.kanzawa.co.jp/product/index.html
のXピットや座ぐりきりを使います。

安くつかせようとしたら、木工ドリル用の先三角の錐
スターエム-木工錐-先三角ショートビット
http://www.starminfo.com/gimune/5b.html

手でもできなくはないですが・・・
スターエム-手廻し用-ミニビット
http://www.starminfo.co...続きを読む

Qドリルで開けた穴を大きくする方法

表題に通りですが 金属などを 一旦ドリルで開けた穴を もう少し大きくし
たい場合に 大きいサイズのドリルで同じ穴に開けようとすると 刃先が噛ん
だ状態になってロックしたり折れてしまいますよね。

こんな時はどうすればいいのでしょうか?

諦めて開け直すしか無いのでしょうか?

Aベストアンサー

電気ドリルでは難しいですね。
特に薄い板(1.3~2.6)は難しい。
ガイドがあればいいですが、ないとおむすびのように3角になったり、出口でバリになったり。折れるのは、刃物をもっていかれて、無理に何とかしようとするから、曲がって折れるのでしょう。チャックの部分で空回りして、チャックも刃物も傷みます。
さて、どうするか。
一番簡単なのは、ガイドを作ります。
少し厚めの板(あける径分ぐらい厚み)に穴をあけて、それをあけたい板(穴を合わせるのが面倒ですが)に載せ、2つをシャコ万力(Cになって、ネジがついてるものです。100均で売ってます)で締めて動かないようにしてドリルを入れていけば、大丈夫です。
出口では急に引き込まれますから、そこだけは力を入れて(押し付けではありません。引き込まれないようにです)いきます。
抜け側に同じような板を当てて、締めておけば、万全ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報