「ブロック機能」のリニューアルについて

問題集に出てきてふと疑問に思いました。
両方電流の強さを測るものでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

こんばんは。


検流計は、電流が流れているかどうかを確認するもの、電流計は流れている電流の量を計るもので、定義的なのもは無いと思いますが、それぞれ測定精度が違ってくると思います。検流計:1.5級程度 電流計:0.5級以下ちなみに0.5級であれば、最大目盛り測定時誤差が±0.5%以内の精度ということですね。その他にも、検圧計、電圧計もありますね。
    • good
    • 0

検流計は弱い電流を計る(=検出する)もの


電流計は普通に電流を計るもので、
検流計は感度第一に作られているで
表示の精度はよくありません。
とにかく、電流を検知するのが仕事ですから。
また、普通の検流計はプラスマイナスどちらの
方向に流れても表示が可能です。

電流計の精度はそれなりにありますが、
感度は良くなく、弱い電流に対する精度も良くありません。
電流計の精度はフルスケールに対して
規定されて居るぐらいです。
たとえば、50mAの電流計で誤差1%だとしたら、
0.5mAの誤差がありますが、
これは50mAの電流を測定しているときも
1mAの電流を測定しているときも
同様に0.5mAの誤差となります。
    • good
    • 1

検流計は微弱な電流を検出するための装置です。


(つまり電気が流れてるか流れてないかを調べる装置)

電流計は電流の大きさを測定する装置です。
    • good
    • 0

電流計は、流れている電流の量を測るもの。


検流計は、電流が流れているかどうかを知るもの。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング